« サンデーモーニングでは、新型コロナウィルス問題で「相変わらずのPCR検査の大推奨1」や「劣悪レベルの世界秩序論」等を公共の電波を使って大喧伝等していたが・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、「収拾の基準問題」と「中国共産党ウィルス研究所からという正体」と「旺盛化している日本国内の非人道的な工作活動等の関係」等・・・。 »

新型コロナウィルス問題、「象徴的問題行動等具現化者等をダシに優等生ぶり正義ぶっている、常連出演者等問題」と「良く解らない専門家会議の実効再生産数算出の裏」等・・・。

『「散々のストレス状態を情報面からも生み出す事に大いなる悪の貢献をし続けて来ている実態も露呈しているテレビ番組や

其の常連出演者等」が

「該当ウィルス対策の行動等自粛要請に十分に応じていない状態の、ある意味、問題行動等を具現化してしまっている店や人々等」を

「ダシ」に

「優等生ぶり、正義ぶっている、情報の一方的大量配信」で

「果たして、多くの視聴者等の中に、どの様な現象が起き易く成るのか?」等は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「悪の実効の一つである、{自粛警察}等の生みの親」が「其処に露呈している事に成る」が

「自らが生みの親にも成っている{自粛警察}も問題化してダシにし、

またまた優等生ぶり、正義ぶっている実態までも露呈している」のだから

「其の厚顔無恥ぶりは本当にお見事!(もちろん、皮肉)」で

「其れが、厚顔無恥である事こそが現状人間社会内で優位に生きるコツ!等の思い違い・勘違い等を生み、

其の先で、厚顔無恥状態上での利権等を追及する様な人々を少なからず生み出す事にも繋がっている」と

「強く推定出来る」のだから

「厚顔無恥ぶりを大いに発揮して、問題行動等を具現化している人々等の生みの親にも成ってる実態を露呈させている事に成る」のが

「現状の多くのテレビ常連出演者等の実態に成る」。

「もちろん、言うまでも無く、其の様な酷い状態の是正は急務」に「成る」。

「象徴的問題行動等具現化者等をダシにしている暇がある」なら

「問題行動の具現化は何故、起こされてしまっているのか?」等を

「探究等すれば良い」。

「そうする」なら

「多くの人々の問題行動等具現化の裏」に

「該当ウィルス問題の実態・実体把握の不十分状態・欠如状態等が在る事等」も

「良く解る筈」だ。

「何しろ、封じ込めに失敗してからかなりの時間が経っている現状」でも

「未だに、該当ウィルスの正体も???状態で、

市中感染率も???免疫抗体等保持者割り合いも???

該当ウィルスによる主たる重大実害である肺炎致死者数は、其の一部ダケが時々紹介される程度・・・」という

「まるで、多くの視聴者・読者等の該当ウィルスの実態・実体把握を阻害する為の情報配信状態」だ。

「其の上で、象徴的感染者や象徴的感染致死者をダシにした{脅し}!情報配信が載せられ、

専門家会議や行政等からの要請!が載せられている状態」の

「マスメディア情報配信を毎日・毎日アが得られ続ける」なら

「多くの視聴者・読者等の中では、不安・恐怖心・ストレス等が増大させられ、

実質的には、免疫力の低下や不全状態が誘われ易く成ってしまう」のは

「ある意味、極めて当たり前の事に成る」。

「其の様な{劣悪}なマスメディア情報配信等の害から逃れるべく、マスメディア情報配信を無視したりする」なら

「緊急事態宣言下の要請!」でも

「実感を持って対応行動を起こせる状態では無く成ってしまっている状態の人々も少なからず生まれていて当然」で

「其の様な状態の人々の一部が、問題行動を具現化している」のが「実状」に「成る」。

「此の様な、酷い状態を是正する為」には

「該当ウィルス問題の実態・実体把握を行い易くするマスメディア情報配信を大々的に行い続ける事」こそが

「有効に成る事」等は

「少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」。

「健常状態の本来の今時の日本のマスメディアの仕事が其処に露呈している事に成る」。

「市中感染率」や「市中免疫・抗体等保持者割り合い」の「{調査}が行われている」なら

「其の結果の大衆周知を行い、経時変化も大衆周知するべき」だし

「其れらが未だ、行われていない」なら

「直にでも行うべき1論等を大々的に喧伝等する事」により

「一刻も早い、実態・実体把握を実現する、させる様に力を加える」のが

「健常なマスメディアの仕事に成る」。

「日々の肺炎致死者総数くらいは、マスメディアの取材ででも、導き出す事は可能に成る」のだから

「行政機関等からの発表が無いなら、取材するべき」だし

「行政機関からの発表が在るなら、

直ちに、

元々の感染検知検査割り合いが少ないのだから、該当ウィルスの感染の有無は別でも、抜きでも良いから、

日々の肺炎致死者総数を毎日情報配信し、其の増減を判り易く提示等するべき」だ。

「市中感染率」と「市中免疫・抗体等保持者割り合い」の「経時変化」と

「日々の肺炎致死者数の増減」が

「分る」なら、

「多くの視聴者・読者等が、実感も持って該当ウィルス問題の実態把握が出来易く成る」。

「其の様なベースの上で」なら、

「多くの人々が、政府や行政機関等による要請等も、其れがどれ程合理的なモノに成っているのか?等」の

「判断」を

「実感を持って、齟齬無く行い易く成る」ので

「政府や行政機関等の要請内容が合理的なモノに成っている限り、

其れを外した問題行動等を具現化してしまう人々等も

極めて少なくする事が可能に成る」。

「上記の様な通常の正当な対処法を行わず、

まるで該当ウィルスによる被害の増大を誘っている様な、

部分偏重全体像把握阻害!や{脅し}!情報配信等を、

自ら生み出している問題行動等具現化者等をダシに優等生ぶり、正義ぶり、ながら、

行い続けて来ている」のが

「多くのテレビ常連出演者等の、余りにも酷い、劣悪な実態に成る」。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事に成る実態が其処に露呈している事にも成る」のだから

「永遠の恥辱に染まる道の上での存在を大きくしない為にも、是正が急務に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「専門家会議の言っている実効再生産数」なら

「もう、緊急事態宣言は解除し、自粛は徐々に解除でも良い筈」なのに

「緊急事態宣言が延長される事に成ったのは何故か?」

「また、実効再生産数は、どの様なデータを基にしたどの様な計算により算出されているのか?」

「???だらけ」では

「枯れ折れ花でも幽霊にも感じられてしまう」から「ロクな事は無い」。

「実効再生産数算出の裏」には

「公表されていない市中感染率や市中免疫・抗体等保持者割り合いも在る筈」で

「東京圏の方が、地方も含めた全国よりも、市中免疫・抗体等保持者割り合いも多い」ので

「実効再生産数が少なく算出された」のが「実態」等と

「推定出来る実態が其処に露呈している」。

「マスメディア情報配信でもそう」だが

「市中{感染}率」までは

「相応に積極的に調べるべき論等が在る」のに

「免疫・抗体保持者割り合いに成る」と

「何故か?消極的で、ケチが付けられている場合が多い」。

「其の辺りに、本当の事が判ると困る何か?」が

「潜んでいる可能性大」等と「感じさせられたり、思わされたり、している人々の数も多い筈」だ。

「日本の感染検知検査は、本当に極一部でしか無い」から

「専門家会議の者でも、本当の感染者数は、{少なくとも}4~5倍の旨等、公言していた」が

「今頃に成って、未だに、専門家会議なのに、そんな事を公言している様では、本当に変」だ。

「詩集感染率の{調査}が行われ、

実際の感染者割り合いは、例えば、東京圏では20~30%レベル等と推定出来る旨等の

情報配信を行う」なら

「多くの人々の中で、本当の該当ウィルス問題の実態把握等も進め易く成る事に成る」。

「更に、市中免疫・抗体等保持者割り合いの{調査}結果の公表も付けられる」なら

「多くの人々の中で、益々、本当の該当ウィルス問題の実態把握等が進め易く成る」。

「更に、肺炎致死者数の増減も公表される」なら

「多くの人々の中で、益々、本当の該当ウィルス問題の実態把握等が進み易く成る」。

「本当の実態・実体がバレると困る状態が無い」なら

「合って当然の状態が其処に露呈している事に成る」』。

『「日本の感染者数が少ない事」は「感染検知検査数が少ないのだから、ある意味、当たり前の事に成る」が

「本当の感染者数が、{少なくとも}其の4~5倍!」なら

「圧倒的に少ない日本の該当ウィルスによる肺炎致死者数」が「大きな疑問や謎等に成る」。

「其の疑問や謎等を合理的に説明出来る、一つの解答」は

「該当ウィルスや其の同類ウィルスの免疫・抗体等の保持者割り合いが高い事」で

「例えば、該当ウィルスの前世代版の感染実験等が行われていた」なら

「相応に、其の類のウィルスの免疫・抗体等を保持出来ている人々がすくならず居ても当然に成る」。

「感染実験が、東京圏で大いに行われ、地方等では行われていない」なら

「東京圏の免疫・抗体等保持者割り合いが高く成る事に成り、

其の様なベースの在るデータを基に実効再生産数等が算出されている」なら

「現状で公表されている数字の算出」も「在り得る事に成る」。

「同類のウィルス等の感染実験が行われた事」は

「該当ウィルスもウィルス工作兵器等である可能性を大きくしている事にも成る」ので

「其の様なモノを創り出し、感染実験を行うところは?」等の「探究」と

「ウィルス工作兵器等を開発~製造等し、感染実験等を行った大元等を解消・撲滅等する事」が

「必需に成る事に成る」。

「其の様な実態・実体を誤魔化し続ける為」なら

「日本のマスメディアの異常な情報配信」も

「専門家委員会等のある意味、異常な、

表側の、該当ウィルス問題対応や公表数値・項目や

推奨対応行動等々」も

「ある意味、合理的にも、成り得る事に成る」。

「果たして、本当の実態・実体は?」』

『「該当ウィルスがウィルス工作兵器だった」なら

「市中感染率等を上げるも下げるも、工作を仕掛けている側次第」に「成ってしまう事に成る」。

「重要に成るのは、該当ウィルス等に対する、免疫・抗体等の保持」に「成る」のは

「該当ウィルス等に対する免疫・抗体等を保持出来ている人々の割り合いが多い」なら

「同じ類のウィルスでの工作は其の実効が大いに低く成る」し

「違う類のウィルスを使うなら、工作自体が益々疑われ、露呈し易く、させられ易く成る事に成るから」だ。

「筆者の現状の住まいは集合住宅」だが

「筆者の家の扉を開けて、集合住宅のエントランスに行くまで、或いは、其の帰りには、

少なくとも二か所から、同じ臭いのする、付着すると増えて来る、何等かのモノが、

少なくとも、筆者が通る時には、ほぼ毎回、排出されている」し

「人出が極端に減っているから、街中の大気等は応分に綺麗であって当然なのに、

排出されている臭いと同じ臭いが、アチコチに在る、

ばかりか、

人と人との距離を取る事が大推奨されているのに、筆者との距離を詰めて来る者が、同じ臭いのモノの置き土産をして行く場合もしばしば・・・」だ。

「其の辺り」からも

「該当ウィルス自体か?否か?」は「不明」だが

「何等かのモノを撒く、集団工作が行われている事」は「明らか」だ。

「音響兵器の電磁・ホール版とでも言うべき、

より疑似高周波方向に経時変化し続けて来ている、

オンオフも強弱調整も出来る場合も多い、

イコライザー的捜査で照射方向も変えられる場合も多い、

複数和音的縦波ドット、或いは、パルス波の実態を持つ、

工作電磁波を発生させたり、意図的に当てて来たりするところも、多々在る」。

「工作電磁波肺炎や脳卒中や心筋梗塞や内臓不全等々も大いに在り得る」。

「飲食物工作も旺盛」だ。

「工作飲食物の継続、或いは、大量摂取等による梗塞や内臓不全等も大いに在り得る」。

「侵入工作も在る」。

「筆者の場合でも、僅か、一時間半程度の買い物の間に侵入され、飲食物工作等をされた事もある(もちろん、警察等に届け出済み)」。

「此の様な個人レベルの筆者でも判る異常な実態」を

「告発等しようともしないマスメディアやジャーナリストやマスコミ人等は、本当に変」で

「実効のある対策を十分には行っていない警察や自衛隊や政府・与党等や行政期間等々も本当に変」だ。

「戦後日本の異常な実態が其処にも露営している事に成る」。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルスが自然発生だった」なら

「暖かく成って来ている分だけ自粛も解除で良い事に成る筈」だ。

「免疫学的弱者状態に在る人々に感染させない様にする対策は

該当ウィルスに限らず、今後、通年必要に成る」が

「該当ウィルス自体を過剰に恐れらせられている状態からの脱却」と

「経済も含む人間生活自体の復興」が

「次第に、濃厚に具現化され始めて来て良い時期に達している筈」だ。

「あくまでも、該当ウィルスが自然発生だった場合なら」だが。

「該当ウィルスが自然発生」なら、

「市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いの経時変化」と

「何日か遅れでも構わないので、日々の肺炎致死者総数」の

「大衆周知」が「行えない訳も無い」から

「直ちにでも行うべき」だ』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、新型コロナウィルス問題で「相変わらずのPCR検査の大推奨1」や「劣悪レベルの世界秩序論」等を公共の電波を使って大喧伝等していたが・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、「収拾の基準問題」と「中国共産党ウィルス研究所からという正体」と「旺盛化している日本国内の非人道的な工作活動等の関係」等・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事