« テレ朝朝番では「未だに、PCR検査や強いリーダー等の大推奨!や韓国等の対応賛美!状態」等だったが・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、「総合ウィルス対応指針・機関等でも創れば良いのに」・・・。 »

新型コロナウィルス問題、テレ朝朝番では「未だに、PCR検査の大推奨!」や「理論物理学者等の机上の理想論」等を常連出演者等が公共の電波上で大喧伝等していたが・・・。

『「其れ程遠く無い時期に、抗原検査・抗体検査のキットが出来る」のに「未だに、PCR検査を大推奨!」では「本当に、変」だ。

「しかも、人件費抜きの試薬代ダケを紹介する事」で

「PCR検査は安いイメージ」等まで「多くの視聴者に抱かせようとしていた」り、

「全自動なら手間がかからないし、

全自動の機械でも比較的安価な物も在る(其れでも、ある程度の検体数をこなす事が出来るモデルは何千万円レベル)旨等、喧伝する事」により

「PCR検査は手間も時間もかからないイメージ」等を「多くの視聴者に抱かせようとしていた」り、

等々と、

「まるで、PCR検査の営業マンの如き実態を公共の電波上で露呈していた」のだから

「其の裏に、関連企業株を買っていたり、裏営業手当(お金とは限らないが)等が出ていたり、等々、どんなお金の動き等が在るのか?」等を

「考えさせられたり、感じさせられたり、等々してしまった視聴者等の数も決して少なく無い筈」だ。

「更に、検査数さえ増やすなら、人と人との接触を減らす割り合いも、収拾までの日数も短く成る{筈}!の{机上の理想論}まで付けていた」のだから

「益々、立派な(もちろん、皮肉)PCR検査営業マン等」に「成る」。

「PCR検査関連」で

「まともなニュース(?)は、唾液での検査に切り替える事を医師会が要求し、其の実現も時間の問題と推定出来る事」で

「検体採取場所を唾液へと切り替える事」により

「検査を受ける人々の、該当ウィルスの深部感染を助けてしまうリスクも減り」、

「検体を採取する医師等の感染リスクも減る」のだから

「唾液への切り替えは即刻にでも具現化する、させるべき事」に「成る」。

「何れにしても、既に、ウィルス自体の特定は済み、封じ込めに失敗している該当ウィルスに対して、

PCR検査による感染検知とは、

小魚を切るのにナタを使っている様なモノ」で

「抗原検査・抗体検査のキットが出来た」なら

「主としてそちらを使う事が適切に成る事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「理論物理学者の{机上の理想論}」とは

「封じ込めが可能な状態」なら「実態も伴い易く成る論」に「成り易く成る論に他ならない」が

「封じ込めが失敗している該当ウィルスに対しては、余り意味の無い論でもある」。

「其れは、例えば、倍数の検査や四倍数の検査や全数検査等を実行するなら、どれ程の隔離必要者が生まれるのか?」等を

「考える」なら「其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「現状までの日本の該当ウィルス対策の実体」は

「部分クラスター追いによる部分封じ込め策」で

「其れにより、実害を1~2割程度抑える事により、医療現場の余裕を生み出す策に成っている」。

「幸いな事に、昨年から今年の冬は、インフルエンザの流行が小さかったので、其の分の医療現場のゆとりも手伝い、

該当ウィルスによる実害が現状までは、世界の他の多くの国々と比べても少ないレベルに抑えられ続けて来ている」。

「其の様な部分封じ込め対策上で生み出されている数字をベース」に

「検査数を何倍に増やすなら、収拾までは・・・等と机上で計算等する」なら

「該当理論物理学者と同様の計算結果が得られる事に成る」が

「其れをそのまま具現化すれば良い状態に成っている程、該当ウィルス問題が単純では無い事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「感染ダケを重大に捉え、偏重して論等を組み立てている状態」とは

「地球を取り巻いている天体として、良く判る太陽と月ダケを偏重し、天動説を導き出し易い状態の様なモノ」で

「該当ウィルス問題でも重要に成る」のは

「全体像の理解・把握に成る事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「封じ込めに失敗しているウィルスの対策」では

「感染ダケの大問題化~感染検知検査の大推奨等では無く、

市中感染率と市中免疫・抗体等保持者率の理解・把握が極めて重要に成る」。

「封じ込めに失敗したウィルスの問題を終息させる為には、

全人類の7~8割が其のウィルスに対する免疫・抗体等を保持出来ている必要があるから」だ。

「免疫・抗体等を保持する為」には「ワクチン接種が大いに有効に成る」が

「該当ウィルスに対するワクチンは未だ、其の実用化が出来ていない」。

「現状では、該当ウィルスへの感染~快復により該当ウィルスに対する免疫・抗体等を保持する方法しか、実質的には無い」のが

「実態」だ。

「此処で、感染ダケを大問題化し、感染しているなら直に隔離!とやる」と

「感染しても大丈夫な人々が免疫・抗体等を保持出来る{実益}を大きく損ねる事に成る」。

「結果、終息も、ワクチン頼りに成る」。

「ワクチンが出来、大いに実用化されるまでは、該当ウィルス問題を大きく引き摺り続ける、続けさせる、やり方」が

「其処に露呈している事に成る」。

「該当ウィルスの場合、感染の実態もかなり判って来ている」。

「唾液でのウィルス量が喉より5倍も多い事の裏」には

「人体の内から外への遺物排出の流れが在る」と「推定出来る」し

「大声を出し汗もかく場合も多い、閉じた空間、ライブハウス」や

「口呼吸に成る程身体を動かす場合も多く、汗もかく、閉じた空間、スポーツジム」での

「クラスター発生が多く」、

「人と人との距離は近い場合も多いが、対面した話しはほとんど無い、汗も其れ程書かない場合が多いパチンコ店では、

クラスター発生が報告されていない」事等や、

「日本の東北地方での感染研知者が少ない」のも

「其の地域の人々の、口を余り明けない、言葉数少ない、話し方等と大きな関連性が在る可能性が大きい事」や

「暖かい地方での感染も少ない」のは

「暖かいと免疫も良く働き易く成る人体の特徴と、暖かい湿気のあるところは苦手なウィルスの特徴の組み合わせによる実態と

推定出来る事」等々、

「ある意味、当たり前の実態が露呈している事に成る」が

「其れは、封じ込めに失敗しているウィルスの対策法等を構築する為に重要に成る全体像把握の為にも有益に成る、

惑星情報的事でもある」。

「抗原検査による市中感染率{調査}と

抗体検査による市中抗体保持者率{調査}が行われ、其の結果が大衆周知される」なら

「感染者という星」と

「免疫・抗体等保持者という星」と

「感染も免疫等も無い人々という星」の

「大きさの関係が判る事に成る」。

「其れら三つの星の大きさや力関係を経時変化と共に描く」なら

「誰もが、該当ウィルス問題の現況を理解・把握し易く成る」と「共」に

「其の時、其の場所で適切に成る行動等の具現化も{自主的に}起こし易く成る」。

「免疫・抗体等保持者という星」が「太陽の如く大きく育ち」、

「其の周り」を

「感染も免疫も無い人々という少々大きい星」や

「感染者という小さな星」が

「周る様に成っている状態」が

「該当ウィルス問題の終息状態」に「成る」が

「感染者という星が太陽の様に大きく成ってしまい」、

「其の周りを感染も免疫も無い人々という中くらいの星が周り」、

「免疫・抗体等保持者という星が、小さい状態」が「続いてしまう」と

「大きな犠牲も其の他の実害も出てしまう事に成る」。

「感染も免疫等も無い人々が太陽の如く大きな状態」とは

「該当ウィルス発生前の状態に他ならない」が

「其処に、先ず、感染者の星が生まれてしまい、中国武漢等で大きく育ち、其の後、欧米等でも大きく育ち」、

「其の後を追う様に、免疫等保持者がそれぞれの地域生まれ、其の星の大きさを少しずつ大きくし続けて来ている」のが

「該当ウィルス問題の今までの実態」だ。

「其れは、地域ごとにも描ける図に他ならない」から

「例えば、日本の現状まで~今後の経時変化を図にする事」は

「必要デーに成る市中感染率と市中免疫・抗体等保持者率が判るなら、

其れこそ、直にでも図に出来る人々の数も決して少なく無い筈」だ。

「それぞれの球の力関係」を「球の大きさ」と「引力的」に「表現すれば、力関係が直感的に判り易く成る」。

「更に、一つ一つの星星を、それぞれ其の大きさの分の人型のモデルにでもして色付け、

其れを市中を象徴する図等の中に存在させるなら、

其の地域の市中の状態等が、より実感を持って判り易く成る」。

例えば、

「感染も免疫等も無い人」は「黄色」、

「感染者」は「赤色」、

「免疫・抗体等保持者」は「緑色、もしくは青色」にして

「例えば、全体で100人でも千人でもをそれぞれの割り合いで振り分け、

市中を意味する長方形等のバックグランドの上に散りばめて表現する」と「共」に

「色を合計して、信号の様に、危険度が高い赤色より~橙色~黄色~黄緑~緑等として表現する」なら

「其れを視た誰もが直感的に、其の時、其の場所の該当ウィルス問題の状態等を理解・把握し易く成る」。

「天体図的な全体像」と

「三色の人型モデルの市中図と人型の色を合算した信号的色図」を

「例えば、テレビ画面やマスコミ紙上等々で、毎日、経時変化と共に知る事が出来る」なら

「誰もが、該当ウィルス問題の今と、向かっている方向性」等を

「直にでも理解・把握出来る様に成る事に成る」。

「上から言われて、嫌々にでも自粛行動等や店閉め等や在宅勤務等々を行い続ける、行わせ続けさせられる状態」と

「誰もがウィルス問題の実態・実体把握が容易に出来るが故に、自主的に適切に成る対応行動等を具現化し易く成る状態」の

「どちらが、21世紀の自由・民主主義圏の実態として適切に成るのか?」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「誰かに頼れ~!」や

「何処何処の誰々はリーダーとして良いゾ~!(其れなのに、日本の現政権等は何だ~!)等々の政治運動」等を

「公共の電波を使って行っている暇が有る」なら

「今時の日本のマスメディア等として情報配信すべき内実」が「其処に露呈している事に成る」。

「感染を重大問題化して感染者ダケを減らし、無くして行く事」は

「封じ込めが可能なら、正解に成る」が

「封じ込めに失敗している該当ウィルス等に対して」では

「季節の移り変わりと共に、第二波・第三波が襲い掛かって来た時の脆弱性をより高める策に成ってしまう事に成る」。

「大量の自国民の犠牲者まで出す事を厭わず、多くの中国人に該当ウィルスの免疫・抗体等を持たせる策を採った

該当ウィルスの発生源である可能性大の中国共産党の覇権掌握工作等を手伝ったりしているのでは無い」なら

「日本国内の該当ウィルスに対する脆弱性を低くする策等を提案等していて当然に成る」。

「今までの日本の部分封じ込め策」は

「医療崩壊を防ぎながら、免疫・抗体等保持者率も上げる要素も低く無い、

ある意味、日本の現状で出来る苦肉の事前の策の様なモノに成っている」。

「下手に、

鼻や喉の奥の粘膜を削る検体採取法を使っているが故に該当ウィルスの深部感染の助けに成ってしまっている可能性の高い、

医療従事者の感染リスクも負担も大きい、

時間も手間も費用もかかる、

PCR検査を大々的に行わなかった事」が

「効を奏して来ていた裏」では

「免疫・抗体等保持者割り合いも、増え続けて来ている」のが

「日本のマスメディア等による評判は、異常な程、悪い、

日本の該当ウィルス対策の実態・実体に成る」。

「選挙も無い、戦後の日本の情報・教育界等では、

未だに、旧東側の臭いが濃厚な、北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈や朝鮮系や中国共産党系等の者たち等が

政権与党状態のまま・・・」だから

「現政権等のやる事を優等生ぶり、正義ぶり、批判・非難等する事で、現政権等に悪イメージを付け、

テレビ・ラジオ・マスコミ等実権者等や学校等実権者等のお仲間、

北朝鮮労働党等のオトモダチ人脈等も未だ多々居る、反対、もしくは、審議拒否野党等を

少しでも有利にする、政治運動等」を

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等まで使って行い続けて来ている」のが

「実態・実体に成っている様相が其処に露呈している事に成る」。

「該当ウィルス問題も、其の為のダシとして使われている場合も多い」ので

「本来なら、在るべき情報配信内実等も希薄にされてしまい続けて来ている様相でもある」。

「もちろん、そんな状態の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルスの判っている略歴」は

「遅くとも、昨年11月には、中国共産党支配下の中国武漢辺りに在り、

其の{中国共産党お墨付きの}特定が行われたのが昨年12月」で

「程なく、武漢での感染爆発~封鎖等の大騒ぎに成った」。

「欧米諸国での感染爆発は、其の後」だから

「欧米発のウィルスという中国共産党の主張には説得力が無く、

米国CIAが複数の証拠を既に持っているという、中国共産党のウィルス研究所発のウィルスである可能性が非常に大きい事に成る」。

「自然発生ウィルスでは無い実態が露呈している事に成る」から

「製造物責任が問われて当然」で

「其の補償と再発防止策の具現化」が

「該当ウィルス問題収拾の為には必需に成る」。

「補償ダケで済ませる」なら「其れこそ、天文学的な金額を中国共産党が支払わなければ成らない事に成り」、

「補償と再発防止策のセット」なら「現実的な金額による補償と、中国の民主化による再発防止」が

「適切に成る」。

「中国は早々に、幾つかの国々に分かれてでも良いから民主化するべき」だ。

「一党独裁支配体制は、21世紀の人間社会には古過ぎる」。

「中国共産党と同様の事を行っていて何の不思議も無い」のが

「北朝鮮金政権等に成る」が

「金正恩が、中国共産党による該当ウィルス対策を大称賛!とは、

其の独裁政権同士のお手盛りぶり」に

「もはや、呆れている世界中の人々の数もかなり多い筈」だ。

「独裁政権の酷いところ」は「非人道的な事でも行ったり、行わせたり、出来てしまう事」で

「其れは、科学技術も物質文明製品等も大いに進歩・進化している、21世紀の人間社会には在っては成らないモノでもある」。

「自由・民主主義圏の国々は、非人道的なスパイ・工作活動等は余程、合理的に成る場合以外では行わないが、

独裁支配圏の国々は、非人道的なスパイ・工作活動等を主たる実践手段として選択している実態も露呈している」。

「本来は、裏に在る抑え的モノを主にせざるを得ない程、表では負けているのが、実態に成っている」が

「裏を主にし続けている限り、表では永遠の負け組で、其の様な{お荷物}が、今時~の人間世界でどれ程の間存続出来るのか?」等は

「冷静に少し考える」なら「其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「早々に、非人道的なスパイ・工作活動等や時代遅れの兵器(核兵器も含む)等は完全放棄し、

其の分につぎ込み続けて来ている資源・納涼等を表の世界で使うべき」だ。

「転換し、再生への道を歩む」も

「非人道的なスパイ・工作活動等を主にしたまま滅亡して行く」も

「独裁政権国と其の国の民や其の協力者等の判断と意志次第」だが

「どちらが自虐的に成らない事に成るのか?」等は「もはや、論を待たない事に成る」。

「日本の実態として、筆者の周りでも、筆者に対して、でも、未だに、

非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等が強化され続けている」。

「日本政府・警察・自衛隊等々が、本気で徹底摘発せざるを得なく成る時が、其れ程遠く無いレベルにまで、

強化され続けて来ている」。

「大事上での完全敗北を知るまで行い続けるなら、本当におバカで超自虐的に成る」のだから

「未だに、非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を行っていたり、其の協力等をしていたりする者たち等」は

「早々に、歩んでいる道を変えておくべき」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では「未だに、PCR検査や強いリーダー等の大推奨!や韓国等の対応賛美!状態」等だったが・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、「総合ウィルス対応指針・機関等でも創れば良いのに」・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事