« 新型コロナウィルス問題、「総合ウィルス対応指針・機関等でも創れば良いのに」・・・。 | トップページ | 「検察庁法改定問題」と「言われるべきなのに云われていない新型コロナウィルス問題の重要部分」等・・・。 »

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「{自然発生ウィルスとは限らない}のに、ウィルスとの共存・共生等を訴えていたり、相変わらずの反現政権政治運動等を行っていたり」等の様相だったが・・・。

『「新型とされているコロナウィルスの正体」が「自然発生なのか?人為的・人工的なモノなのか?」も「未だ、はっきりしていない状態」なのに、

「ウィルスとの共存・共生等を訴える」とは

「本当に、変」だ。

「もし、該当ウィルスが人為的、或いは人工的なモノ」で

「該当ウィルスを創り出したり、流失させたり、或いは、意図的に撒いたり、等した国・組織・集団等のお仲間や協力者等」なら

「合理的にも成る実態が其処に露呈している事にも成る」が。

「普通のマスメディア等」なら

「ウィルスとの共存・共生を言う前」に

「自然発生なら」等の「大前提を付けていて当然に成る」し

「該当ウィルス問題」なら

「該当ウィルスの正体究明の一環として、該当ウィルスが自然発生なのか?人為的、或いは人工的なモノなのか?等を

探究していて当然に成る」と「共」に

「感染流行の原因・起因と成った事態等の究明も行っていて当然に成る」。

「該当ウィルスが自然発生」で

「其の感染の始まりも、人間側が自然領域に入り込んだが故」等なら

「ウィルスとの共存・共生状態を構築する責任も人間に在る事に成る」。

「しかし、該当ウィルスが人為的、或いは人工的なモノであり、

其の感染の始まりが、ウィルス研究所等からの流失や、意図的な散布工作等だった」なら

「そんなモノとの共存・共生等はあり得ず、

ウィルス感染問題の責任と補償が発生源と実行源に求められて当然に成る」。

「既に、該当ウィルス」は

「人為的なモノなのか?人工的なモノなのか?は未だ、明らかにされていない」が、

「中国共産党のウィルス研究所から出た旨、

米国トランプ政権が公言している実態も在るし、

米国CIAが其の複数の証拠を盛っている旨の公言まで付いている」。

「其の事実」が「在る現状」で

「(該当)ウィルスとの共存・共生を大喧伝している日本の公共の電波を使っているテレビ番組等」とは

「まるで、中国共産党等の為の情報配信機関の様なモノ」で

「普通なら、ウィルスとの共存・共生等を大喧伝する前」に

「米国トランプ政権や米国CIAが公言している事が事実では無い事等の証明をする」のが

「当たり前に成り」、

「事実か?否か?の検証上で、事実である事が判った」なら

「ウィルスとの共存・共生を言うのでは無く、中国共産党に対し、責任を追及し補償を求めたりする」のが

「当然に成る」。

「ウィルスとの戦いは、人類皆で力を合わせて」も

「自然発生ウィルスなら合理的にも成る話し」だが、

「自然発生ウィルス」を「人類の敵とするのでは無く、共存・共生すべきモノ等として対応する」のも

「合理的にも成る事に成り」、

「人為的、或いは人工的発生のウィルスが、流失したり、散布されたりした」なら

「其の責任を追及し、応分の補償を要求する」のが

「当たり前の事に成る」。

「当たり前では無い論等の大喧伝等の裏」には

「相応の人脈的利権や思惑等が潜んでいる場合が多い」が

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等」が

「特定人脈の利権の為に使われてしまう事を容認し続ける事」は

「ナチス・ヒトラー等の実例からも、非常に危険な事に成る」のは「既に明らかな事に成る」から

「全面的に禁止し、其の様な実態が在るなら、直にでも是正する、或いは、是正させられなければ成らない事に成る」。

「戦後日本の、選挙も無いから{政権交代}も無い情報・教育界」では

「東西冷戦が終わった後も、未だに、旧東側の人脈の者たち等が政権与党状態のまま・・・」だ。

「其の様な人脈的バックグランド故」に

「中国共産党や北朝鮮等々を{擁護}等する論調の大喧伝等」が

公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育等上で続けられてしまって来ている」。

「即刻にでも是正する、させるべき実態が其処に露呈している事に成る」』。

『「相変わらずの、

公共の電波を使って、現政権に悪イメージを付け、

反対、もしくは審議拒否野党等を有利にする{政治運動}等」も

「行い続けられている様相でもあった」。

「該当ウィルス問題で病院に行く為の判断でも、

国による目安を

まるで絶対基準であるかの如きイメージで大喧伝等していた」のは

「他ならぬ、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等だった」のに

「其の事に対する謝罪・反省等は何処へやら、国や現政権等ばかりが悪いイメージの論をマタマタ大喧伝等している

厚顔無恥ぶりの露呈」には

「本当に呆れている視聴者等の数もかなり多い筈」だ。

「そもそも、該当ウィルス問題で実害:実益基軸では無く、感染・PCR検査基軸の論で、

実質的には、多くの視聴者・読者等の不安・恐怖心・ストレス等を煽り、

免疫力の低下や、問題行動等が起こり易い状態を創り出して来ている」のも

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の酷く、劣悪な実態」だ。

「其の謝罪や反省等は何処へやら、国や現政権等ばかりが悪いイメージの大喧伝を行う事で、自らの{罪}を誤魔化そうとしている様」は

「詐欺師の様」で

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「そんなモノ」を

「公共の電波上や公共レベルのマスコミ上等で、其れこそ、常々見聞きさせられ続けられている状態の多くの人々の中」で

「どんな現象が起こされ易く成っているのか?」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「例えば、実質的には、

自分の事は棚に上げて優等生ぶり正義ぶる事がOkであるばかりか、其れにより利権等も得られている事等を

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等から{教えられ}{学び取らされている}視聴者・読者等が、

{其の真似}をして、{自粛警察}等の問題行動等を起こさせられてしまう事態も

生じている様相」だが

「其処で、マタマタ{自粛警察}自体を問題化し、優等生ぶり、正義ぶる為の道具にしている」のが

「酷い、厚顔無恥状態に在るテレビ・ラジオ等常連出演者等やマスコミ常筆等だったりしていて、

其の負の連鎖的、劣悪劇」に

「呆れている視聴者・読者等の数もかなり多い筈」なのに

「負の連鎖劇の生みの親であるテレビ・ラジオ・マスコミ等の責任や謝罪や補償等は、全く出て来ていない様な状態に成ってしまっている」。

「該当ウィルス問題でも、

多くの視聴者・読者等の中で不安・恐怖心・ストレス等を生み出させ、免疫力低下・不順状態や問題行動等を生み出させ易くする

部分偏重情動脳向き情報配信等を行うのでは無く、

多くの視聴者・読者等に{幽霊}を怖がらせるのでは無く、{幽霊}の正体の理解・把握を容易にする、

全体像の理解・把握を容易にする情報配信を行う事で

多くの視聴者・読者等の落ち着きと冷静で合理的に成る対応行動の具現化を誘うのが、

健常状態の今時の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事に成る」。

「現状までは、本当に、酷過ぎる状態に成ってしまっているテレビ・ラジオ・マスコミ等が多い」が

「其の裏に在る」のも「選挙も無いから政権交代も無い{政権与党}人脈の問題」等と

「容易に推定出来る事に成る」。

「今までの{罪}ダケでも、十二分に人脈交代が適切に成るレベルだ!」等と

「感じたり、思ったり、している視聴者・読者等の数はかなり多い筈」だ』。

『「該当ウィルスに対する日本国・政府等の対応」は

「相応に合理的なモノに成っている」から「実際に、他の国々と比べても、致死茶数も致死率も低いレベルに収まっている」。

「例えば、

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が大推奨!して来ていた、

喉や鼻の奥からの検体採取によるPCR検査を多数行った国々の致死率は高く成っている」が

「日本は低いレベルで収まっている」。

「其の理由を推定する事は其れ程困難な事では無い」。

「粘膜上でも中でも比較的長時間生き続ける事が出来る該当ウィルスが在る場合もある

喉や鼻の奥の粘膜を削る方法での検体採取を行うなら、

其の部分の細胞面も出易く成り、其処に該当ウィルスが寝具感染し易く成る」のは

「物理的当たり前の現象に成る」。

「粘膜に在り、排出されるダケ状態だった該当ウィルス」の「深部感染の{手助け}を行ってしまった可能性も高い」のが

「喉や鼻の奥からの検体採取によるPCR検査」で

「そんな検査を数多く行えば行う程、重症化し易く成る人々の数も増え、

しかも、症状が出て病院に入院した後も、同様の手段でPCR検査が繰り返される」なら

「益々、重症化し易く成ってしまう」のも「ある意味、当然の現象に成る」。

「ウィルス感染問題」では

「深部・長時間・大量感染を防ぐ事が重要に成る」が

「感染者を集める事は、ウィルス濃度が高い場所を創る事に成り、

其の場所に隔離等して閉じ込める事は長時間感染の助けにも成ってしまう」し

「更に、喉や鼻の奥の粘膜を削るPCR検査が繰り返し行われる」なら

「深部感染の手助けが繰り返し行われている様なモノ」に「成ってしまっている可能性大に成る」。

「其の様な状態に置かれてしまう人々の数」を

「全部が把握し切れる訳の無い封じ込めに失敗した後のクラスター対策」で

「必要重症患者病床数の確保にも繋がっている部分封じ込め策を採る事」により

「少なく抑えて来た」のが「現状までの日本のやり方」だ。

「客観的に考える」なら

「相応に合理的な策が実行された」のに

「其の実体把握が良く出来ないからか?(劣)、

把握出来ているのに政治運動等の為ワザと悪く行っているのか?(悪)状態の

情報配信を行い続けて来ている」のが

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態に成る」。

「劣悪状態の是正が必要に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「全体像把握の方法等は、前の前の記事に記してあるのでご存知では無い方々は其方をご参照願いたい」。

「抗原検査キット・抗体検査キットによる短時間判定を主にした検査・調査等が実用化される時も近い筈」だから

「マスメディアが本来の仕事を行うなら、

市中感染率と市中免疫・抗体等保持者率と感染も免疫等も無い人率等を大衆周知出来る様に成る時も、

近い事に成る」。

「全体像の理解・把握が容易に成る」なら

「個々の人々のウィルス感染問題への自主的で合理的な対応もより具現化し易く成る」。

「抗体を持っている人々でも再感染もあるウィルスである旨の{脅し」!も未だに、横行している」が

「抗体を持っているなら、再感染しても、無症状や軽症で済む確率が飛躍的に上がる事に成る」のが「事実」だから

「抗体保有には、大いに有効に成る」のが「現実」だ。

「ワクチンも抗体保有の為に摂取する」のだから

「抗体保有をまるで無駄か、無意味であるかの如きイメージで喧伝等するのは、本当に変に成る」が

「感染を大問題化して、不安・恐怖心・ストレス等を煽る為や其の先での現政権に悪イメージを付ける政治運動等の為なら、

合理的に成る喧伝等に成る」。

「もちろん、損な酷く、劣悪な情報配信状態のままで良い訳は無い事に成る」が』。

『「該当ウィルスが中国共産党製で、流失や意図的散布だった場合の対応策」等も

「論じられていて当然に成る」のが

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だが、

「北朝鮮金政権等や中国共産党等と親和性の高い人脈の者たち等が強い実権を保持し続けているままだからか、

其の様な在って当たり前の論等でさえもが、

まるで、日本国内の北朝鮮等による自人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を無い事にしているのと同様に、

圧殺・黙殺状態・・・」だ。

「其の様な状態の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 新型コロナウィルス問題、「総合ウィルス対応指針・機関等でも創れば良いのに」・・・。 | トップページ | 「検察庁法改定問題」と「言われるべきなのに云われていない新型コロナウィルス問題の重要部分」等・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事