« 「新型コロナウィルスの実体も実態も???のまま要請解除や第二波に備えて、では問題」と「検事長・新聞記者等賭けマージャン問題」等・・・。 | トップページ | 日本での新型コロナウィルス問題は収拾方向に向かっている様相だが、恋愛リアリティー番組出演者の自殺をダシにした有名人利権増大等を画策している様相の番組や常連出演者等が公共の電波上で蔓延れている様相だが・・・。 »

新型(とされている)コロナウィルスの日本での感染流行は自然感染流行なら収束方向が当たり前に成る筈だが・・・。

『「人民支配傾向の臭いが強い、{ハウス}!や{カウントアップ}ロードマップやアラート等々の情動脳側刺激ワード政治手法」は

「小泉政治とも共通点が多い、日本よりも何処かの半島の臭いが漂って来る政治手法実態の様に感じている人々の数も

決して少なく無い筈」だが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の手法も同様」なので

「既に、飼い慣らされてしまっている状態の人々も少なく無い様相でもある」。

「該当ウィルスの実体や日本での感染等の実態が未だ???状態という状態も本当に変」だ。

「普通に考える」なら

「該当ウィルスが自然発生では無い事等は、ほぼ確実な様相」なのだから

「感染の流行も人為的工作等である可能性も含めて考えるのが当たり前」で

「工作の実行手段等を封じる事等」も

「意識的かつ積極的に行わなければならない事に成る」が

「戦後日本の実態は、拉致工作までされているのに未だに、スパイ・工作活動等天国状態のまま・・・の様相」だ。

「其の結果」として

「あらぬ形での日本国民等支配・コントロール等も可能に成り易く成ってしまっている」のだから

「自由・民主主義状態を守る為にも、工作活動等を封じる事は非常に重要な事に成る」のに

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等では、

時代錯誤的な旧日本軍の特高警察等を引き出す事等が得意で、

実態としてはスパイ・工作活動等を仕掛け続けて来ている側を利し続けて来ている状態なのだから、

本当に酷く、劣悪に成る」。

「{伝家の竹刀}緊急事態宣言により、

日本全国で多くの日本国民等が自主的に家や部屋等に主として引きこもっている状態を選択し続けて来た事等により、

該当ウィルスの感染流行が自然のモノだったなら、既に、該当ウィルスのほとんどは実質的に感染力が無い状態が出来ている筈」で

「これからウィルスが苦手な高温多湿時期に成る事も考慮するなら、

鎖国状態を続けている事等により、

新たな該当ウィルスの流入が無い状態が続いている限り、

第二波が起きる可能性もかなり低い状態に成っている筈」だが

「該当ウィルスの感染流行が工作等人為的手段によるモノだった」なら

「話しは全く違って来る事に成る」。

「極めて重大な事実」が「其処に在る」のに「其れを圧殺・黙殺等し続けているテレビ・ラジオ・マスコミ等は本当に変」だ。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「上記の様な{重大事実}圧殺・黙殺と共に、

実害では無く感染を大問題化した情報配信や対策が行われ続けて来ている」ので

「実態としては、既に、日本国内では該当ウィルスの感染流行力等はほぼ無い状態に成っていた」としても、

「情報配信内実や対策等」は「未だに、日本国内に多くの感染流行力等がある該当ウィルスが存在している事が大前提状態」で

「其れを、危機管理の基本は最悪を想定して!」等と

「優等生ぶり、正義ぶり、正当化する、させる」のと

「該当ウィルスの実体や日本での実態を検証する事を主にし、判明した実体・実態を大衆周知する事」とでは

「正に、雲泥の違いがある事に成る」。

「原寸大を大きく逸脱した不要で過剰な対策を実行する事」は

「そのまま、現行経済システム上での膨大な経済的損失を誘う事に直結している事にも成る」のだから

「先ずは、実体・実態検証を!そして、原寸大の必要十分対策等を!の旨等、訴えている」のが

「健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態に成る」。

「訴えるべき」は

「第二波の恐怖やPCR検査の増大等々では無く、

該当ウィルスの実体(発生源・製造元等々)解明と

該当ウィルスの感染流行実態の解明」であり、

「其の大衆周知」こそが「マスメディア等が行うべき本来の仕事に成る」。

「其の辺りがはっきりする」なら

「人民支配が大好きな様相のお偉いさん等々による情動脳側刺激ワード政治等抜き」でも

「多くの人間たちによる該当ウィルス問題に対する必要十分な原寸大対応の具現化が容易に成る」。

「行政が行うべき」は

「必要十分な原寸大対応を行う為に犠牲にせざるを得なく成った者・物・事等に対する補償等であり、

健常状態の人類誰もの、日本国内なら日本国内に居る人々誰もの、人権を守る事に他ならない」。

「また、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が行うべき仕事としては、

現状の人間社会・経済システム上では当たり前に成っている需要と供給に基づいた経済的価値等与えの

根本的正当性等について等の検証等も在る」。

「其の辺りを行う」なら

「多くの人々の中で、

本来在るべき仕事であり相応の経済的価値等が与えられていて当然の事なのに未だ十分に、或いは全く、無い仕事等や

現状では高い経済的価値等が与えられているが、本来は其れが正当では無い仕事等を

見出せる能力等も育成される事に成り、

其れが民度の向上にも直結している事にも成る事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」』。

『「該当ウィルス問題」では

「日本国内の市中感染率と市中免疫・抗体等保持者割り合いの{調査}」を

「抗原・抗体簡易検査キット使用(唾液・血液からの検体採取)で行い、其の経時変化を大衆周知するべき」だ。

「本格感染者では無い該当ウィルス保有~排出中者でも陽性にしてしまっている可能性大の

鼻奥・喉奥からの検体採取では其の様な状態の人々を本格感染者にしてしまう事を助けてしまっている可能性大の

手間も時間もお金もかかる{感度の良い}PCR検査を主軸にした検査・調査等は、

早々に卒業し、

しっかり在る影響力の大きいモノの検出を主にした簡易検査キットによる調査を行い

其の経時変化を大衆周知する事で

実際の該当ウィルスの存在状態等が多くの人々に理解・把握し易い状態を創り出す」なら

「多くの人々の中から、過剰で余分な不安やストレス等は解消される事に成ると共に、

実態通り原寸大の危機意識等が生まれ易く成り、必要十分な原寸大対応の具現化も実現し易く成る事に成る」。

「重要な事」は「上から言われた事に従う事では無い」。

「実害を防ぐ事」であり「健常な実益を得る事」だ。

「上から{ハウス}!等と言われて其れに仕方無く従う、従わさせられる」のでは「独裁政権国家の民の様」であり

「判明した実体・実態情報等に基づいて、実害を防ぐ為に必要十分な原寸大対応を自主的に行う」のが「自由・民主主義の民の当たり前」に

「他ならない」が

「其れが、家や部屋に引きこもる事を主にする事」なら「自主的引きこもり等に成る」が

「自然感染流行ダケで市中に既に該当ウィルスがほとんど無い状態なのに、自主的引きこもりを続ける必要性は低い事に成る」から

「重要な事は実体・実態解明であり其の大衆周知に成る」。

「{カウントアップ}ロードマップ等を大喧伝する前」に

「実体・実態解明を行い、其の結果をありのままに大衆周知する事」が「必要に成っている」のに

「人民支配が好きな様相の上様は・・・」。

「コレでは、●●ファースト等の{汚名}や悪イメージ等が消える訳も無い」が

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等では、何故か、絶賛状態」なのは

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等も、視聴者・読者等支配が大好きで、場合によっては其れを

日本の従●政権化に利用しようとしているから」かも知れない。

「{カウントアップ}規制緩和では、こんなに規制緩和してあげていますよ~!状態の様」で

「段階的に規制緩和するならカウントダウンが普通だと感じている人々の数も多い筈」だが

「該当ウィルス問題なら、

7~8割レベルの人々が免疫を持つ必要銃部な免疫の防波堤構築完了状態が出来るまでは

カウントダウンしても

ゼロには出来得ない事に成る」。

「三段階解除なら、

レベル4くらいからのカウントダウンが適切に成るのに・・・等と感じたり、思ったり、した、させられた人々の数も

多い筈」だが

「其れも、該当ウィルスの市中存在実態等が???状態のまま、では」・・・。

「該当ウィルスは人為的、或いは人工的なモノ」で

「其の感染発生原因は、意図しない流失等」で

「其の後の感染流行の拡がりが成り行き任せ」だったなら、

「該当ウィルス感染拡大問題を大きくしてしまった犯人の一人」が

「鼻奥や喉奥から検体採取するPCR検査である可能性も大きい事に成り」、

「日本では、其の様なPCR検査が非常に少なかった事により、

本格感染者を多数創り出してしまう事も避けられた」ので

「中国武漢由来の第一波は小さい状態で収拾し、

欧米由来の第二波の時は、其の様なPCR検査の数が増やされた分と、より毒性が上がっていた分だけ波が大きく成ってしまった可能性」が

「考えられる」が

「多くの人々の自主的引きこもり等により、既に、感染力が強い状態の該当ウィルスはかなり減っている」のが

「現状の実態に成るんじゃないの・・・?」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数も決して少なく無い筈」で

「もし、そうなら、過剰な要請・規制等は既に不要な筈」なのに

「過剰な要請・規制等を続けている事の責任等は!」等の

「問題にも成り得る事に成る」。

「工作による感染流行だった」なら

「実体・実態解明抜きのままの、感染実態等ダケを工作の仕込み側の都合に沿う様に・・・も可能に成る事に成る」から

「其の辺りの実状を知り得ている者たち等々が、優等生ぶり、正義ぶり、

要請だの規制だの其の解除だのをご都合に合わせて行ったり、

何処の誰のやり方が良いだの・・・等々と

大衆相手に、頼るべき者等を{仕込む」工作等も可能に成る事に成る」。

「何れにしても、実体・実体解明と其の大衆周知が極めて重要に成る事」等は

「もはや、疑いの余地が無い」のだから

「健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、其の方向に向かう論等を大喧伝等していて当然に成る」』。

『「筆者の場合」は

「集合住宅の家の中では、かなり強い工作電磁波が彼方此方から・・・、

家のドアを開けて外に出ると直に、隣接家の換気扇から何等かのモノが大量に・・・。

更に、其の先、エントランスに向かうと、寒い冬でも開いていた窓から、同じ臭いの何等かのモノが・・・、

やって来る状態が行き帰りとも在り、

車にも工作電磁波仕込み等々が・・・状態」で

「周り中に監視(ネット・電話・郵便等も含む)等も含む工作員や其の協力者等と推定出来る者等がうじゃうじゃ・・・状態」で

「出先にも、其のお仲間等と容易に推定出来る者たち等が、ほぼ漏れなく出没・・・」という

「{被}非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等VIP待遇状態が続けられているまま・・・」だが

「もちろん警察等にも届け済み」なのに

「大きな実害が出ない限り、ナカナカ本気で動けないのが現状の日本の警察等の実態であり、戦後日本の法体系等」なので

「其の脆弱性に付け込んでいる非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等は

何十年も旺盛なまま・・・」だ。

「気づいているか?否か?は別にして、同様の状態の下に居る日本人の数もかなり多い筈」と「容易に推定出来る」のは

「其の様な非人道的なスパイ・工作活動等を行い突けている者たちの集団の者たち等」は

「老若男女問わず、世代交代しながら、至るところに数多く居るから」で

「筆者個人ダケに対して、其の様な大仕込みをする事の合理性は無い様なモノに成る」から

「ターゲットにされている人々は当然多数に成る」。

「其の非人道的なスパイ・工作活動等の目的」が「日本の乗っ取り支配等である事」等は

「工作員や協力者等の実態や工作手段等から良く判り」、

「常在戦場で勝つまでは母国・祖国等にも戻れない、戻っても立場が危うい状態に置かれている者たち等と

容易に推定出来る者たち等の哀れ」は

「もし、祖国・母国等に帰る気や思い等などとっくの昔に喪失しているから、

日本国内で暮らし続けるつもりなら、

其の様な非人道的なスパイ・工作活動等を実践してしまっている事自体が、

工作員や協力者等や其の子孫等の未来を暗くする事に直結している事に成る」のだから

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「カルト宗教信者状態の者たち等や妄想族等」なら

「独裁政権等による世界制圧が実現する事に成るから、

其の時の日本での支配階級等に成れる」等の

「実現不可能な{夢}に現実逃避したく成っていても当然に成るのかも知れない」が

「もちろん、言うまでも無く、独裁政権等による世界制圧等の実現が在り得る訳も無い」。

「其れは、人類の精神構造・精神文化の進歩・進化の方向性を知る」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」。

「人類史を振り返るなら、古の時代は、何処でも独裁政権が当たり前だった」が

「其の後、次第に、金権化・民主化し、

金権の無い者たち等が金権を得る為に思想と独裁を利用したのが旧社会・共産主義の実態だったが

当然の如く、東西冷戦では西側の勝利に成った」。

「此の状態を武力や戦争で覆す事はもはや、無理である事」等は

「現状で人類が既に保有出来ている武力の実態を知るなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「だからと言って、仕方無く実践されて来ているのが、非人道的なスパイ・工作活動等の手段だが、

スパイ・工作活動等が行われている事は既にバレている」のだから

「行っている側の勝ちは既に在り得無い状態に成っている」。

「この後、スパイ・工作活動等が放置出来得ないレベルにまで強化されるなら、

躊躇無く、其の対策が一気に強化され、

スパイ・工作活動等を行い続けて来ていた者たち等は摘発され罪が問われ厳罰に処される事に成る」し

「強化出来無いスパイ・工作活動等では其の実効も限定的なモノに成る、ばかりか、何れは、問題化する事に成る」。

「既に、負けている泥船からは、一刻も早く脱出する事」等が「正解に成る事」等は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが、直に解る事に他ならないレベルの簡単な当たり前」だが

「其れを解らない事に出来てしまう」のが「カルト宗教信者状態の者たち等や、妄想族等に成る」。

「実に、哀れな実態が其処に露呈している事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 「新型コロナウィルスの実体も実態も???のまま要請解除や第二波に備えて、では問題」と「検事長・新聞記者等賭けマージャン問題」等・・・。 | トップページ | 日本での新型コロナウィルス問題は収拾方向に向かっている様相だが、恋愛リアリティー番組出演者の自殺をダシにした有名人利権増大等を画策している様相の番組や常連出演者等が公共の電波上で蔓延れている様相だが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事