« 「韓国への武力攻撃等保留・米朝首脳会談は今年中は無理」等が示唆している事は「金正恩は生きているが、表に出られる状態には当分成れない程、重篤」等に成るが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでも相変わらずの反現政権等政治運動状態だったが・・・。 »

「GOTOキャンペーン~現政権批判」や「PCR検査の大推奨」等が未だ旺盛状態だが・・・。

『「新型とされているコロナウィルス問題」に対し「感染基軸で対処する」のと「実害・実益基軸で対処する」のとでは

「其の結果」に「膨大な差が出来てしまう事に成る」。

「感染基軸」なら

「感染している事=重大問題とされ、感染者を増やさない様に感染者は隔離等の

大きな医療環境や医療保健所塔人員等の負担を要求する事に成る」ばかりか

「感染流行を抑える為には自粛!等と人間社会・経済システム等のフリーズ~崩壊化を誘う事態まで要求する様に成ってしまう」。

「感染が問題」なのだから

「感染検知検査が重要とされ、其の結果として、感染者も含む多くの人々が病院等に集合させられ、

最近ようやくWHOも認めた様に、空気感染もある、

飛沫感染もある、

エアロゾル感染もある、

接触感染もある、

該当ウィルスの更なる感染流行の拡大までもが起こされてしまった」のが

「該当ウィルス問題が大問題化され始めた頃の世界中の多くの国々の実態だった」が

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等のもっとPCR検査を!の実質的には、自虐を誘う訴えに

操られなかった国等のやり方により、

日本では検査が絞られていた」ので

「多くの国々で起こされてしまった感染爆発状態を起こしてしまう事は避ける事が出来た」。

「本来、テレビ・ラジオ・マスコミ等が行うべき」は

「先ずは、該当ウィルスの正体探究等」であり

「専門家でも無いのに、PCR検査ばかりを大推奨する事や

其の先で現政権非難の政治運動等を行う事等では無い」。

「感染基軸の対応推し」は「明らかに間違っている」。

「行うべき」は「ジャーナリストらしくウィルス自体やウィルスの実害や行われようとしている対策等の真相解明」等であり、

「基軸にすべき」は「実害・実益」に「成る」。

「現状までの多くの日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の該当問題に対する情報配信内容の実体は、

此の基準に照らすなら、明らかに、酷く、劣悪に成る」。

「ジャーナリスト等としての本来の仕事の状態を取り戻す、取り戻させる為にも、

是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「実害・実益基軸で対応する」なら

「該当ウィルスによる主たる重大実害は感染して重症化してしまう事であり、酷い場合には死に至ってしまう事に成る」から

「其の部分を出来るだけ小さく出来る様に、重症化者への適切な医療・治療等が出来る状態を構築し維持する事」等に「成る」。

「ウィルスパンデミック問題」は

「6割以上レベルの多くの人々が其のウィルスに感染(ワクチンも含む)し免疫・抗体等を持ち、

其のウィルスに対する人間の防波堤が出来上がるまで終息しない」。

「此の意味からすれば、未だワクチンが無い現状では、

感染しても大丈夫な人々が感染して免疫・抗体を保持する事には

相応に実益が在る事に成る」。

「感染してもほぼ大丈夫な状態に当たる人々」と

「感染してしまうと危険な状態に陥り易い人々」の

「区別が相応に出来ている」のも

「該当ウィルスの特徴」だ。

「もちろん、其の区別は完全なモノとしては在り得無い」から

「感染しても大丈夫な状態に当たっている人々でも、極稀に重症化し、其の中の極一部は死に至ってしまう事も在る」し

「感染してしまうと危険な状態に陥り易い人々でも、感染しても全く問題が出ない場合も在る」。

「何事でも100%の安全・安心は在り得無いのが人間世界・自然界の実態」だ。

「飛行機事故が怖くて飛行機には絶対に載らない選択ももちろんアリ」だが

「他の人々に飛行機に乗るな!と強いる事等は、越権行為等に成る」。

「自己責任と自分でも出来る感染等防止対策の充実が在る」なら

「該当ウィルス問題の実害と実益も、相応にバランス良くコントロール出来易く成る」。

「該当ウィルス問題を感染問題として対応し、

感染問題にしているが故の実害を人間社会・経済行動等に一方的に押し付ける権利」等を

「保有出来ている人類のつもり・・・なのかも知れない

独裁者と同様、或いは、独裁政権の下の似非社会・共産主義社会の中の人民指導者のつもり・・・の様相」等を「露呈している」、

「常連出演者・常筆等」は

「感染基軸の対応を多くの視聴者・読者等にも強いようとし、

実害・実益基軸での対応を行っている様相の現政権等を批判・非難等し続けている」。

「多くの視聴者・読者等は、其の様なジャーナリストらしからぬ実態に、呆れている筈」だ』。

『「PCR検査ばかりを大推奨し続けている」のも

「多くの常連出演者・常筆の特徴に成っている」が

「該当ウィルスが在る」なら「其れを培養して増やして検査している事に成る」のが

「PCR検査の実態」だ。

「該当ウィルスの個体数を増やして検査している」のが「PCR検査の実態」だ。

「もし、検査後の陽性分を廃棄処分する時に、悪意のある者等が其れを引き受けられている」なら

「検査しているところで該当ウィルス自体を大量に創り出せている事にも成り得ている」。

「処分に当たっては、殺すとか不活性化するとか償却等するとか、大丈夫に思えそうな手段が採られている筈」だが

「ウィルスや細菌の場合、死んでいる個体でも大量に人体に入ると生きている個体を新たに生み出してしまう事も在る」。

「つまり、死んでいる個体からの感染も創り出せてしまう」。

「PCR検査で増やされた該当ウィルスの検査済み検体」を

「集め、

例えば、其れを

乾燥~粉砕微粒子化し、電気的に人体との親和性が高い様に加工して、工作員等に分けて持たせ、

工作使用する事等も

可能に成ってしまう」。

「例え、中国共産党発の工作用ウィルスだったとしても、

中国から輸入等する事無しに、

現地調達で工作が増大化実行出来てしまうベースを創り出す事にも役立ってしまう」のが

「PCR検査」だ。

「抗原検査や抗体検査では、ウィルス自体を増やす事も無く、

ウィルスのタンパク質や抗体のタンパク質を検出出来る小さな検査キットから該当ウィルスを再構築する事も非常に困難に成る」。

「工作用ウィルスだったなら、現地調達がかなり困難に成る事にも成り得る」。

「昨今の中国共産党等の行っている事から考えても、

該当ウィルスが中国共産党等により工作使用されている可能性を完全否定する事は困難であって当たり前」なのに

「其の辺りの真相究明を徹底して行おうとしている論やジャーナリスト等は未だテレビ・ラジオ・マスコミ等で表に出されていない」。

「該当ウィルスの正体」としても

「中国共産党製である可能性が高く、元々は中国共産党のウィルス研究所か疫学病院等に在った可能性が高い」。

「其れの管理悪くて流失してしまい感染が拡がってしまったのか?」

「意図的な工作使用なのか?」は

「徹底追及されていて然るべき事に成る」。

「其の辺りを探究しないテレビ・ラジオ・マスコミ等は本当に変」だ。

「筆者の周囲にも、未だに、付着すると増えて来る細菌か?ウィルスか?の如きナンラカのモノを換気扇等から散布している者等が居る」。

「日本国内でナンラカの工作が行われ続けている事」は「紛れも無い現実」だ。

「かなり前から、其の様な状態だった」から

「ナンラカのモノの補充が無ければ散布するモノが無く成っていても何の不思議も無い」が

「筆者が其の換気扇の前を通る時等、未だに、かなり大量に散布している時もある」。

「ダニも一緒に散布している様」で

「上から降って来るダニ」で

「ナンラカのモノの人体へのより入り込み易い入口でも創らせる事による

感染確率向上実験等を

筆者等の生体を勝手に使って行っている

非人道的な工作活動等の実態が其処に露呈している事に成る」が

「警察等は、実害が出ないとナカナカ本気で摘発しようともしない」のだから

「本当に戦後日本のスパイ・工作活動天国状態は酷く、深刻な状態に成ってしまっている」。

「換気扇からかなりの量が散布されている時もあるし、

筆者の身体や衣類にも相応に付着している筈なので、

サンプル採取は其れ程難しく無い筈だし

電子顕微鏡等で調べるならウィルスでも細菌でもダニや其の他の微細物質共々直に判る事に成る」のだから

「該当ウィルス問題が未だ、収集していない事等にも鑑みる」なら

「調査~摘発等くらい直にでも行っていて当然に成るのに!」』

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 「韓国への武力攻撃等保留・米朝首脳会談は今年中は無理」等が示唆している事は「金正恩は生きているが、表に出られる状態には当分成れない程、重篤」等に成るが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでも相変わらずの反現政権等政治運動状態だったが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事