« 新型コロナウィルス問題、「諸悪の根源は東京か?中国共産党か?」「未だに、感染{検知}者数を感染者数と大喧伝で大騒ぎ!状態」等では・・・。 | トップページ | 「韓国への武力攻撃等保留・米朝首脳会談は今年中は無理」等が示唆している事は「金正恩は生きているが、表に出られる状態には当分成れない程、重篤」等に成るが・・・。 »

先ほど、フリーズ~消失で本日の記事アッが妨害されたが・・・。

『「中国共産党問題や該当ウィルス問題や地球環境問題や人間社会・経済システム問題や人類誰もの自分の実体や本当の仕事問題」等々を

「記入して、アップしようとしたところ、突然フリーズで其れまでの記事消失と成ってしまった」から

「不正アクセスが在ったと強く推定出来る」。

「本日の記事は、相応に力作だった」ので

「後程、改めてアップする」。

「テレワークについても記した」。

「ネットの安全性問題」は

「当ブログに対するリアルタイム監視~気に障る記事なら不正アクセスしてもアップ妨害」等の「実状」からも

「相応に分る筈」だし

「バーチャルリアリティー3Dアバターと自分AIによる置き換え」も

「可能に成り」、

「其れを商売にする者たち等も出て来る事に成り」、

「そうなると高度な書物等を自分AIに食わせ覚え込ませる等の手段で元々の自分以上の仕事が出来るアバターが出来る事にも成り」、

「管理者・経営者等が其の辺りに思いが至るなら、人間の社員等など雇わなくてもアバター・AIで十分とも成り得る」が

「此処で問題と成る」のは

「仕事とは?」等に「成る」。

「AI付きアバターとロボットで現状の多くの仕事が置き換え可能と成れば」、

「人間が行うべき仕事とは?」等を

「根本的に考えなければ成らない事に成る」が

「其の為に必要に成る」のが

「自分の実体把握と、其の実体の根本的目的の理解・把握等に成る」。

「ホンの短い間にでも、其れこそ何億もの細胞が誕生・死を繰り返しながら存続している」のが

「人類誰も、狭義の自分の実態に他ならない」が

「何億もの細胞の死に対して、いちいち霊やあの世が要る人間は極稀の筈で、

仮に、其の様な何億もの死や霊やあの世等を考え・思ったりしているなら、

日常生活も困難に成り易く成る」。

「人間の意識は、丸ごと一個体レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる」し

「古の人々は、細胞レベルの誕生・死という現実を科学レベルで理解・把握出来ていなかった」ので

「誕生も、死も、丸ごと一人レベルで理解・把握しようとした」。

「丸ごと一人の霊やあの世等は、現実との矛盾を埋める為や、良く解っていなかったところを誤魔化す為には有用だった」が

「もちろん、現実では無い」。

「仕事の面でも、同様」で

「人類誰もの本来の根本的仕事」は

「広義の自分の快適存続~永続への貢献に他ならない」が

「其の本来の根本的仕事の理解・把握が出来ていなかったが故」に

「丸ごと一人の死生観・人生観そのままに、多くの人間たちが仕事として納得出来る事を仕事として来ている」のが

「今までの人間世界の実態」だが

「武力による比べっこ時代は戦争も仕事、

経済による比べっこ時代は経済戦争も仕事、とされていた様」に

「仕事とされている事」が

「必ずしも、人間自体や人間も含む広義の自分の為に成っているとは限らない」ばかりか、

「自虐的なモノに成ってしまっている場合も多い事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「人間社会・経済システム等もまた同様」で

「丸ごと一人レベルで誕生・死を理解・把握しようとしていたのと同様のレベル」の

「人間社会・経済システム上の経済」には

「大いなる自虐性が在る事」等も

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「本当の仕事」と「本当に適切になる人間社会・経済システム」は

「狭義の自分・広義の自分と其の根本的目的から整合性を取る」なら

「判る事に成る」し

「其れ程遠く無い近未来に

AI等が活用され

相応に整合性が高い性能の良い精神文化製品の一つとして生産され実用される事に成る」。

「其の様な方向に人間世界が動かない、動けない、動かせられる様に意図的にしない、なら、

漏れなく人類滅亡の時がやった来てしまう事に成る」。

「そんな時代が直ぐ其処にまで迫って来ている昨今なのに、

未だに、ネット情報配信の邪魔をしている未熟者や悪者等が居るのだから、

本当に呆れる」。

「近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき存在が其処にも在る事に成る」が

「筆者等に対する妨害は、個人レベルで自由に悪戯妨害等している可能性は低く、

何年か前の1月8日(金正恩の誕生日)には当時使っていたバイオが壊される程のサイバーアタックまで受けた」ので

「主としては、北朝鮮系の組織等の者たち等が命令・指令の下で監視したり妨害したりしている」と

「強く推定出来る」し

「大戦後の武力を後ろ盾にした経済による比べっこ精神文化実用人間社会の中での旧社会・共産圏の負けや、

中国共産党の酷い実態も記した」ら

「今回のフリーズ~消失だったりしている」ので

「中国共産党系の組織等の者たち等も命令・指令の下で監視したり妨害したりしている事も強く推定出来る」。

「他国内での言論弾圧までもが必要に成る程、出来が悪い」のが「独裁政権の実体」だ。

「出来が悪く無いなら、より良い反論を喧伝等すれば良いダケ」なのだから

「より良いを生み出せない出来の悪い政権の下では、

通常の健常な手段では、其の国民等がよい生活等も得られる訳も無い」。

「其処を誤魔化し続ける為に、ズルをする」のが

「独裁政権国の更に劣悪なところ」で

「時代遅れのモノでも在ると相応に力に成ってしまっている、核・ミサイル等による武装や、

スパイ・工作活動(言論弾圧も含む、電磁波や薬物等や細菌やウィルス等々を使ったりする、非人道的なモノも多い)等により

不適応分子を粛清し続ける事と、技術・情報等を盗む事等により、

政権維持とズルの先での優位性を確保し続けようとし続けて来ている」のが

「北朝鮮金政権等や中国共産党等の実態」だが

「世界中からダメ出しを突きつけられ、長い経済制裁も続けられている北朝鮮金政権等は崩壊寸前」で

「其の後を追う様に、香港に対する支配力を強めた事で世界中からのダメ出しが生まれ易く成っている中国共産党」も

「世界の企業が中国の工場と消費者に見切りを付ける流れに向かい始める」と

「先細り~崩壊に至る事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「中国人の多くは中国共産党と一体化していない」ので

「中国共産党による支配から自らを解放する事により世界の一員に成れるメリットが膨らめば膨らむ程、

其の全体での力も大きく成る」。

「香港を中国共産党が支配する流れが、中国全体を中国共産党の支配から解放する流れに、変わる時は、

其れ程、遠く無い可能性も大きい」。

「多くの中国人は、賢明だから」だ』。

『「元々は、サンデーモーニングの番組内容の{劣悪さ}故に、記し始めた記事をアップしようとしていた」が

「其の中には、コロナは人類より前に存在・・・等と、まるで新型とされているコロナウィルスが自然発生のモノであるかの如きイメージを

多くの視聴者に持たせようとする意図等さえもが感じられた一部常連出演者等による喧伝内容も在った」。

「もちろん、言うまでも無く、現状までの情報を総合すると、

新型とされているコロナ・ウィルスは、

中国共産党支配下のウィルス研究所か、疫学病院か、からの流失である可能性が高く、

SARSウィルスを弱毒化して感染力を高めた様な構造も人為的、或いは人工的に創り出された可能性が高いと推定出来るのは

工作使用用のウィルスを研究~製造~保持等していて当然に成るのが独裁政権国の実態だから」だ。

「ウィルスを察知されない様に撒く工作員等に持たせる小さな工作兵器等も研究~開発~製造~保持等していて当然に成る」。

「該当ウィルスのパンデミックが、流失からの自然感染流行なのか?工作によるモノも在るのか?等の徹底検証は必需に成っている」。

「ウィルスを製造~保有している事」と「工作用兵器も持っている事」は

「工作使用を可能にしている事に他ならない」。

「独裁政権が覇権掌握や報復経済制裁等の為に比較的毒性が弱い工作用のウィルスを工作使用する可能性」は

「決して小さく無い」。

「此の意味からも、

自己健常支配の対極にしか存在出来得ない独裁政権の実体からも、

独裁政権の禁止くらい国際的に決めるべき」だ。

「中国も中国人等も、北朝鮮も北朝鮮人等も、独裁政権による支配から解放されるべき」だし

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら其の旨の訴え等も大喧伝していて当然に成る」』。

『「人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的から整合性を取った本当の仕事等については、別記事に記す事にする」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 新型コロナウィルス問題、「諸悪の根源は東京か?中国共産党か?」「未だに、感染{検知}者数を感染者数と大喧伝で大騒ぎ!状態」等では・・・。 | トップページ | 「韓国への武力攻撃等保留・米朝首脳会談は今年中は無理」等が示唆している事は「金正恩は生きているが、表に出られる状態には当分成れない程、重篤」等に成るが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事