「イスラエルの首都をエルサレムと認めた米国」、「ロシア国家ぐるみドーピングで韓国冬季五輪出場権剥奪」、「日本の大相撲問題」、・・・比べっこ時代の崩壊は既に始まり、20年遅れの世紀末がやって来る・・・。

『「それは、地球環境問題からも明らか」だ。「現状までの比べっこ時代の人類の世紀末」が

「かつて、巷で良く、言われていた、1999年頃から、約20年遅れ」で

「やって来ている」・・・。

「今後、現状のまま・・・」なら、

「比べっこ時代の崩壊現象」は、

「加速度的に進んでしまう事になる」。

「超おバカ、もしくは、悪、テレビ・ラジオ・マスコミ等々や、学校教育等々」は

「未だ、比べっこ上の優位者等を賛美・推奨している」が

「崩壊を回避させようとせず、崩壊をより早める事に力を加えていてどうする???」』

『「当ブログ」は、「一般日本国民による日本語表記」なので

「日本国民にとって、身近なところから考えてみよう」。

「日本の大相撲問題」だ』。

『「元々、日本の相撲は、武力による比べっこ支配権・被支配権争い時代の平穏時」に

「力士たちの有り余る力を昇華させる事」により

「武運アップ(立身出世)や豊かな実りや平和等を願う奉納神事」や

「大衆娯楽」として

「つくり出された」。

「平時が続く事により、より娯楽の要素が高くなった」。

「日本の{相撲}の発生」も

「他の精神文化製品同様、

発生当時の人間社会の精神文化欲求上に在り」、

「{相撲}の成長も成長当時の人間社会の精神文化上に在る」。

「日本の武力による比べっこ時代」は

「第二次世界大戦終了時まで続いた」から

「それまでは、日本国内の人間社会が持っている精神文化と

{相撲}との整合性も高く、

{相撲}自体の問題が問われる事は無かった」』。

『「戦後の日本社会」は

「武力による比べっこ」から

「武力をベースにした経済による比べっこ」へと

「日本社会が保有している精神文化」を

「進化」させた。

「経済による比べっこの要素が強く入り込んで来た」から

「{相撲}もより商業化」し、

「横綱や人気力士等は商売にも利用される頻度が飛躍的に上がった」。

「経済による比べっこ」で「より有利な状態を得る為に合理的な手段の一つ」は

「国際化」だ。

「国際化と共に、{相撲}は商業スポーツの色合いが濃くなった」。

「内実としては、より良い報酬・立場等を得る為」に

「外国人力士が部屋入りする事等も増えた」。

「発生時からしばらくは、神事の要素も濃かった相撲」には

「神事的形骸が多々ある」が

「内実」として、

「主として、商業スポーツでの成功を目指している力士(日・外を問わず)や

商業スポーツを見る事による実効を求めている人々等にとって」は

「神事的要素」より

「勝負」が

「より重要」となる。

「その結果、ジャパニーズプロレスリングでも良かった{相撲}」は

「ボクシングの様な、ガチンコスポーツ勝負へと

変質させられて来ている」。

「主要力士の場合、強者同士のガチンコスポーツ勝負が15日も続く場所」が、

「一年に何回もある」のだから、

「怪我人だらけ・・・になる」のは

「ある意味、当然の現象」だ。

「怪我まで伴う場合が決して少なく無いガチンコスポーツ勝負を望まれている人々」が

「力を抜けるところでは、力を抜きたい・・・」等と

「考え・思い・感じたり・・・する」のは

「ある意味当然の現象」で

「その力を抜けるところ」が

「商業スポーツから遠い、相撲の伝統文化面等になり易い」のも

「当然の現象」だ。

「商業スポーツを見る事による実効を期待している人々にとってもそれは同様」になる。

「その逆に、本来の{相撲}を大切にしたい人々(親方・力士等も含む)にとっては、

その様な現象は許容出来ない事になる」』。

『「比べっこの究極」は

「命がけの比べっこ」で

「それが、武力の比べっことなった」のは

「高度な頭脳を持つ人類の必然」だ。

「命がけの比べっこ」が

「基本的に、抹殺状態にある現状の似非平和人間社会」では

「商業スポーツ等にガチンコ勝負を求め、命がけの比べっこの代わりを演じさせよう・・・とする

代償欲求追及者が溢れている」。

「現状の{相撲}の悩み」は

「多くの人々の精神構造の悩みの投影転嫁版」でもある』。

『「高度な頭脳を持つ人類」なら

「精神文化や精神構造の進歩・進化の方向性等から

自らの精神構造を進歩・進化させる事や

人間社会の精神文化を進歩・進化させる事」等により

「この{悩み}を解消させる事も出来る事になる」が』。

『「比べっこ」の「後」の

「精神構造・精神文化」は

「実体・本質・快適等探究」だ。

「比べっこ」とは「結論を比べる事により得る手段」だが

「実体・本質・快適等を探究する為に、比べっこは必需では無い」。

「比べっこ」は

「深い知識も高度な技術も無くても可能」だが

「実体・本質・快適等探究の為には、相応の知識や技術等が要る」。

「比べっこ」は

「人類なら、乳幼時代の精神構造として相応しく、

成人の人類の精神構造として相応しいのは、

実体・本質・快適等探究になる」。

「小~中~高~大時等」は

「比べっこから実体・本質・快適等探究へと

自らの精神構造を健常進歩・正常進化させる時」だ。

「本来の文系情報・教育の肝」は「其処に在る」』。

『「多くの人々の精神構造」が

「比べっこから実体・本質・快適等探究」へと

「健常進歩・正常進化出来ている」なら

「{相撲}」で、

「比べっこ商業スポーツとしての実効」を

「強く求める人々は減る事になる」。

「精神構造が実体・本質・快適等探究に至っている」なら

「力士でも、観客でも、

ガチンコ怪我だらけ・・・」が、

「決して、快適では無い事」は

「直に判る」。

「{相撲}本来の実体を顧みる時、

時の精神文化が生み出した伝統文化遺産的精神文化製品の

必要性や味わい等も良く分る」。

「{相撲}が残るべき精神文化製品となる為に必要な事」は

「ガチンコでは無く、伝統文化的要素の維持・保護等である事」も

「本質から考えるなら直に解る」』。

『「異常な現状の緊張感や対立等」は

「多くの人々の精神構造が未だ、比べっこレベルであるが故の悪現象」に他ならない』。

『「重要な事」は、

「多くの人々の精神構造」を

「一刻も早く、健常進歩・正常進化させる事」だ』。

『「比べっこ五輪」で

「ロシアの国家ぐるみドーピング」という「ズル・インチキ等」が

「バレ」だ。

「スポーツ比べっこはフェアであってこそ価値がある」と

「当然の考え等を持つ、IOC」は、

「ロシアを冬季韓国五輪から排除した」。

「国家ぐるみ・・・とは国家の問題」だから

「国としてのロシアは排除しても、{クリーン}な個人は排除しない」と

「IOCは正義ぶってもいる」。

「報道されている実態から推測する」と

「ドーピング選手も、国家ぐるみドーピングの被害者の様相」で

「クリーンな選手とは、国家ぐるみドーピングの被害者では無かった者たち等」になる。

「何れにしても、この問題の基」は

「国家ぐるみドーピング」だ。

「ロシアを国家ぐるみドーピングに走らせた」のも

「国家同士の比べっこで何としても勝者に成りたい」等の

「比べっこ故の動機」だ。

「五輪の本質」は

「平和の祭典」とも言われている。

「スポーツの本質」は

「人類の限界や新たな世界の体現等に在り、

比べっこ上には無い」。

「それでも、比べっこ原理主義者等」は、

「スポーツ比べっこでの勝利・勝者等」を

「過剰な程、重要に扱いたがる」。

「それは、経済による比べっこ上での使い勝手の良い道具にも出来るから」だろう』。

『「経済による比べっこ」で

「短絡的に勝者を目指す者たちが多過ぎて来ている上」に

「未だ、その是正等も無い」から

「現状の地球環境問題」は、

「加速度的に深刻化しているのに!」』

『「古の時代から在る、

宗教比べっこ」も

「大変」だ。

「何しろ、

宗教」とは、

「実質的には、

徹底的にその宗教を信じる事で

深い納得を得続けようとする手段」だから

「宗教対立は、必然的に深い対立に成り易い」。

「歴史上も、何度も、命がけの対立になっている」』。

『「宗教問題解決の為」には

「先ずは、宗教を別にして、

人々の精神構造や

人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる事」が

「重要」だ。

「宗教を持ち出して、解決を図る」と

「命がけの比べっこになってしまい易いから」だ』。

『「現状人間世界」の

「多くの重大問題」を

「解決させる鍵」は

「個々の人類の精神構造の健常進歩・正常進化」と

「その集大成である人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化」だ。

「本来の文系の仕事」は

「其処に在る」』。

『「時は、急を要している」。

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化に繋がる

精神文化製品が

どんどん発表・発行・公開等される事」により

「加速度的に、多くの人類の精神構造が健常進歩・正常進化」し

「人間世界の精神文化も健常進歩・正常進化する」なら

「無用な戦争も、環境破壊等もかなり避けられる事になる」。

「人間世界の精神文化を次世代に移行させる事」で

「初めて、人類に、宇宙の本格進出権が与えられる事になる」。

「それは、地球生命体細胞群の存続~永続の為の必需品」だ』。

『「未だ、筆者の周りでは、邪魔・妨害・嫌がらせ等々する悪者たち」が

「蔓延っている」。

「北朝鮮等問題(日本の中の工作活動問題も含む)の早期徹底解決」は

「本当に、重要」だ』。

|

いよいよ近づく米朝戦争・・・。

『「日韓等の多くのマスメディア等による{戦争は無いゾ!}等の旨の誤った情報配信」の「実効」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が行い続けている

核・ミサイル等の開発や

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」への

「応援」だった。

「戦争が無い」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「例え、経済制裁等がどんなにキツクなっても、

核・ミサイル等の開発や

主として日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「行い続ける事が出来てしまう」。

「経済制裁の抜け道・裏道等を探し出し、実用する事」は

「工作活動国家にとって、それ程困難な事では無いから」だ。

「しかし、

そもそも、

北朝鮮劣悪国家指導者等は

何故、核・ミサイル等の開発や

主として、日韓内等、他国内での工作活動(j非人道的なモノも多い)等」を

「行い続けているのか?」

「体制維持の為」と「言われている」が

「どんな体制を維持する為か?」こそが

「極めて重要になる」。

「それなのに、

日韓等の多くのテレビ・マスコミ等では、

この重要事項を無い事にしている」。

「戦争は無いゾ!の旨」や

「日韓内等の工作活動問題の黙殺」や

「体制内実を言わない体制維持の為の旨」を

「情報配信し続けて来ている実態」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の臭い」が

「濃厚に漂って来る」』。

『「金正恩の母親」は

「在日朝鮮人」だった。

「金正恩を頂点とした政権を正当化する為」には

「北朝鮮による日本支配も必要になる」。

「北朝鮮による朝鮮半島内の支配は、金日成~金正日時代からの必需事項」だ。

「北朝鮮の体制維持」とは

「北朝鮮による日韓内支配の実現抜きに在り得ない」。

「北朝鮮がそんな事を{望める}裏に在る」のが

「日韓内に少なからず居る北朝鮮人脈の者たちの存在」という訳だ。

「北朝鮮人脈の者たちがテレビ・マスコミ等を牛耳る」なら』。

「日韓内で北朝鮮劣悪国家指導者にとって都合の良い配信情報は蔓延」させられ

「都合の悪い配信銃砲は黙殺」され

「北朝鮮人脈の者たちが政権を取れば、従北政権になる」という訳だ』。

『「北朝鮮が日韓内を支配する為」には

「日韓内から米軍を排除する必要がある」。

「その為の道具」が

「核ミサイル」という訳だ』。

『「日韓内で連綿と続けて来ている

政財界工作や

情報教育工作等々による

北朝鮮にとっての有益分子化工作」と

「その裏で行われている非人道的な

日韓本来人脈の駆逐&日韓内北朝鮮人脈の人口増大工作」や

「飲食物工作や

電磁波工作や

侵入工作や

医療工作等々の手段による

北朝鮮にとっての不適応分子粛清工作」も

「北朝鮮による日韓支配が目的だから行われている事」に他ならない』。

『「核ミサイルで米軍を排除」し

「日韓内の工作活動で日韓内を変質させる事」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等による日韓支配が可能になる」。

「日韓支配の為」に、

「多くの北朝鮮国民の命や生活まで犠牲にして

何十年もの間、

核・ミサイル等の開発と

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

行い続けさせて来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ』。

『「元々」が

「北朝鮮による日韓内支配の為の100年(?)計画」で

「既に、主として、日韓内では、膨大な数の人々を粛清してしまっている上に、

北朝鮮人脈の人口増大化まである程度は図れてしまっている」から

「北朝鮮が劣悪国家指導者の支配下に在る限り、

他国がどんなに止めろ!と迫っても、

北朝鮮が核・ミサイル・工作活動等を放棄する事は無い」』。

『「もちろん、

陰険なナチス・ヒトラーとでも言うべき、

北朝鮮の現体制」を

「維持させ続けていてはいけない」』。

『「数字に拘る北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「金正恩の誕生日である1.8がらみも大好き」で

「2018年には、

北朝鮮劣悪国家指導者等による日韓乗っ取り支配の目途を付けたがっている様相」だ。

「そのセイか?筆者の周り(関東平野)の電磁波工作仕込み」も

「急速に増大している」。

「多数仕込んだ上」で

「音響兵器の電子・ホール版による{悪魔の輪唱}の悪の実効が

最大限に至る」なら

「かなりの人数の人々が、その実害を被る事になってしまう」。

「北朝鮮工作活動問題の解決は、本当に、急務」だ』。

『「もちろん、米国等は、上記の様な実態を重々承知」だから

「陰険なナチス・ヒトラーとでも言うべき北朝鮮に対し、

米国側も一歩も引かない」。

「米・日・韓の被害を最小限に押さえる

軍事作戦がいくつも用意され、

その中で、より良いモノを

実行日時も含めて精査中」と

「強く推定出来る」。

「北朝鮮が核・ミサイル・工作活動を放棄しない限り、

近々、軍事オプションが実行される事になる」』。

『「戦争を避けたい」のなら

「日韓のマスメディア」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に諦めを誘う

情報配信等を行うべき」だ。

「それなのに、未だに、戦争は無いゾ!論等を公共の電波上等でばら撒いている者までもがいる」のだから

「本当に呆れる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が日韓支配を諦めて、

北朝鮮の国家指導者の地位だけを維持したい」のなら

「核・ミサイル・主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

放棄する事」こそが

「合理的になる」。

「その為の動機付けとして、

核・ミサイル施設等への限定攻撃」は

「大いに有効」だ。

「米軍が限定攻撃を与えても、北朝鮮は反撃出来ない」。

「反撃するなら、全面戦争となり、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争に成ってしまうダケだから」だ』。

『「陰険な工作活動国家の劣悪ボス」に

「騎士の心が在る訳も無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者が選択する」のは

「死して恥も残さず」では「無く」

「生き延びて、贅沢生活をする」に「なる」。

「民族主義カルト宗教仮面を被りたがる」のは

「カルト宗教メリットがある内ダケ」だ。

「人類の世代交代が個の保存では無く、種の保存でしかない事」や

「親子も別人・別人格等」は

「今や、多くの人類の共通認識」だ。

「子孫が否定せざるを得ないモノを残そうとする愚かさ」は

「少し考えるなら、誰もが分る」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等」が

「日韓支配という代償欲求の追及に明け暮れている暇がある」なら

「自己健常支配の継続により本来欲求を充足させ続けるべき」だ。

「本質的に悪い事をしない事」こそが

「自己承認の特急券」でもある』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等に残されている時間は少ない」。

「米軍が限定攻撃する前」に

「核・ミサイルの開発と

他国内での工作活動等を

放棄する事」こそが

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等が、生き延びられる道」だ』。

|

歴史教育の見直しと現状文系教育等の重大問題・・・。

『「現状」の「所謂、文系教育やその結果に基づいた所謂、文系の仕事」には「重大な欠陥がある」。

「誰もが、薄々とは感じている筈」の「その重大な欠陥」を

「知覚する事は簡単」だ。

「現状の所謂、文系界の状態」を

「単純化して、比喩する」と

「以下の様な事態となっている」』。

『先生「・・・みんな、人間が新陳代謝している事を{覚えた}かな?」

生徒「{覚え}ました」。

テスト「・・・人間は、●●●●している、の●●●●部分を答えなさい」。

優等生「{新陳代謝}と書く」。

少し足りない生徒「しんちんたいしゃは{覚えている}けど漢字にするとどうだったっけ?」

授業に参加{出来て}いなかった生徒「わけわからない・・・。テスト嫌い!」

・・・・・・・。

「同様の事が、色々な事で行われ、その集大成として、

{沢山覚えた}優等生」は

「より良いとされている学校に行き、より良いとされてる社会的立場を得て

より高い報酬やより高い権力等を持つ」・・・。

「少し足りない生徒」は

「それなりの学校に行き、それなりの社会的立場を得て

それなりの報酬とちょっとした権力等を持つ」・・・。

「授業に参加{出来て}いなかった生徒」は

「不良品扱いされ、キツイ・汚い・苦しい社会的立場を{強いられ}

低い報酬と無きに等しい権力等を持つ」・・・。

「そして、皆、年齢を重ねる」。

「新陳代謝と書けた優等生だった者」は

「大きな家に住み、贅沢な生活をし、子孫も残し易く、大きな墓を求めたりする」・・・。

「少し足りない生徒だった者」は

「それなりの家に住み、それなりの生活をし、

子孫を残せば困窮するので子孫も残し辛く、

それなりの墓を求めたりする」・・・。

「授業に参加{出来て}いなかった者」は

「住処にも苦労し、食わずの生活を強いられる場合も少なく無く、

異性パートナーを得る事も困難で子孫も残せない場合も多く、

墓などどうでも良い・・・等と、諦めていたりする」・・・。

「優等生たちが自分を優等生にして優等生に利をもたらしてくれる社会構造の中でどんなに頑張っても、

社会は不平・不満で溢れ、

殺傷事件は枚挙に暇が無く、

テロ・戦争等まで起きてしまっている」・・・。

「所謂、理系側、

人類の物質文明や物質文明製品は

どんどん現実として進歩・進化し続けている」ので

「殺傷事件やテロ・戦争等に悪用されてしまう物質文明製品もどんどん高度になっている」・・・。

「新陳代謝と書けた優等生が大きな墓を求めたりする」、

「馬鹿らしさ」の「裏」で

「人類滅亡の日がどんどん近づいている」・・・。

「それは、

所謂。文系の仕事の本懐」である

「人間世界の精神文化の進歩・進化」や

「人間の精神構造の健常成長」への

「現実効果を上げられていない

{優等生}に

過分な立場・報酬・権力等を与え続けている結果でもある」・・・。

「新陳代謝という漢字を書ける事」と

「人間の新陳代謝の内実である

人間の誕生・死が細胞ことの実現象である事」を

「ちゃんと理解・把握出来ている事」には

「大きな違いがある」。

「新陳代謝という漢字をかけても、

内実の理解・把握が不十分で

丸ごと一人の死生観・人生観に執着・・・」では

「その何処にも、優等生としての実体は無い」。

「丸ごと一人の死生観・人生観に執着していない」なら

「丸ごと一人レベルで個人を偏重する事により必然的に生じる

人間の不平・不満等を

ワザワザつくり出す事等を

是正しようとする」のが

「当然」になる』。

『「試験で問われる事等を{大量に覚えている}ダケの

似非優等生に

過分な立場・報酬・権力等を与え続けている裏に在る」のは

「立場・報酬・権力等を与える者たちの自己承認欲求の代償欲求の追及」だ。

「{大量に覚えている}ダケの者たちに次を任せる事」で

「自己正当化を謀ろうとしている醜態」が

「其処に露呈している」。

「不平・不満が溢れ、

殺傷事件も枚挙に暇が無い

テロ・戦争まである

人間社会」の

「明らかな改善」が

「出来ていない事」は

「現状までに相応の立場・報酬・権力等を保持して来ている者たち」への

「現実のダメ出し」だ。

「どんなに、

自分たちと同様の状態の者たち等を重用し続ける

負の世代交代を連鎖させたところで、

現実のダメ出し」が

「似非優等生を優等生として認める現実」に

「替わる事はあり得無い」』。

『「人間の精神構造」を

「物質文明側同様に、

意識的かつ積極的に

健常成長させようとしていない現状の人間世界」では

「似非優等生状態の少し足りない人々」も「少なからずいる」。

例えば、

「核兵器廃絶が大切である事」等を

「{覚え}訴えている人々」だ。

「訴えているダケでは実効が無いから、法で縛って実効を得よう・・・」等とは

「少々、合理的でもある」が

「肝心要が抜けている」から

「その実態は{似非優等生}と同様」になる。

「また、法など守らない者たちも少なく無い」のが

「現状人間世界のお寒い実態」だ。

「核兵器廃絶が大切である事」等は、

「ほとんどの人類が重々知っている事」だ。

「でも実現出来ていない」。

「何故か?」

「現状人間世界の基本精神文化」が

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権・被支配権争いだから」だ。

「そんな現状人間世界の精神文化上」では、

「後ろ盾になる武力」も

「より大きい方が有利になる」。

「その結果、現状では最強と多くの人類が考え・思っている核兵器を持つ事」を

「諦めない、諦められない国々や人々等が多くなる」。

「核兵器廃絶の為」には、

「人間世界の精神文化」と

「人類の精神構造」を

「核兵器要らずにする必要がある」。

「つまり、武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権・被支配権争い」という

「乳幼レベルの精神文化」から

「科学レベルで実体・本質・快適を探究し、

人類の実体やその実体の本来の目的からちゃんと整合性を取って、

適材適所の快適人間世界を構築する

成人レベルの精神構造」を

「多くの人類が持つ事」により

「人間世界の精神文化も正常進化させる事」が

「必要になる」。

「精神構造・精神文化の進歩・進化への言及抜きの訴えや法整備等」では

「実効が上がる訳も無い」』。

『「歴史も覚えるモノでは無い」。

「{覚えるべき事}の数が多いの少ないの・・・等」と

「戯けた事でお茶を濁していても仕方無い」。

「その当時、その地域等」での「物質文明状態等」と

「合わせ」て、

「その当時、その地域等」での「人類の精神構造」や

「その当時、その地域等」での「人間世界の精神文化」を

「学ぶ事等により、

精神構造や精神文化の健常進歩・正常進化の方向性を見極め、

今生きている自らや今の人間世界」の

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化の役に立てる事」こそが

「実効のある文系教育として重要」だ』。

『「所謂、文系の情報・教育が健常化・正常化される」なら

「自己健常制御を継続出来ている状態の人間が大部分になる」。

「比べっこ故に必要となる

他の者・物・事の支配や

他の者・物・事による被支配」という

「成人なら代償欲求となる事の過剰追及状態」は

「必然的に抑制」され

「殺傷事件も激減し、

テロ・戦争等の集団的自虐行為は無くす事が可能になる」。

「世界平和」は、

「人類の精神構造と

人間世界の精神文化の

健常進歩・正常進化により

実現可能になる事」だ』。

『「実効が上げられていない者たち」を

「重用し続ける必要は全く無い」。

「それは、所謂、理系・・・物質文明側を見る」なら

「誰もが納得出来る事」だろう。

「現状の所謂、文系・・・精神文化側の世界」は

「この意味からも

明らかに、異常で、オカシイ」』。

『「新陳代謝という漢字を書けても、

丸ごと一人のあの世や魂等を

真剣に{信じられている}

似非優等生等」と

「同様のオカシサ」が其処に在る』。

|

上辺では何も出来無くなっている様相の北朝鮮だが・・・。

『「北朝鮮非難の国際的包囲網」や「北朝鮮を殲滅するに十二分な軍備を使った米韓・ 米日の合同演習」等の「実効故か(?)」、

「もはや、表立った事は、何も出来ない様相の北朝鮮」・・・。

「更に、トランプ大統領の金正恩とお友達・・・つぶやき」も

「{与えられ}、

後」は、

「核放棄宣言して、トランプ大統領とのお友達になる」か、

「殲滅される」かの

「二択しか無い崖っぷち」に

「追いやられている金正恩」・・・。

「それでも、

主として、日韓内等他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」は

「未だ、旺盛なまま・・・」だ。

「まるで、消える直前のロウソクの火の様に」・・・』。

『「北朝鮮が既に詰んでいる事」は

「ほとんどの人々が既に、理解・把握済み」だろう。

「未だに、工作活動等を一生懸命行い続けている者たち」でも

「余程のおバカや悪等では無いのなら、

既に、重々承知の事」だろう。

「それでも、未だに、電磁波工作等々の工作活動等を

連綿と増大させ続けながら行い続けている裏にある」のは

「工作報酬や粛清工作への恐怖心故等」と

「強く推定出来る」。

「拉致工作からも明らかな様」に、

「北朝鮮劣悪国家指導者等により

一般日本国民と北朝鮮に居る工作員等の親戚等を天秤にかけさせられる」と

「北朝鮮に居る工作員等の親戚等を優先」し、

「北朝鮮に居る工作員等の親戚等の為」に

「一般日本国民を平然と犠牲にして来ている」のが

「日本国内で

連綿と

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動等を行い続けて来ている者たちの実態」だ。

「そんな者たちを徹底摘発し、北朝鮮に強制送還・強制送致等する事等」により

「一般日本国民の安全・安心を守れて来ていない日本政府・警察等もどうかと思う」が

「その裏に在る」のが

「北朝鮮による

日本国内の政・財界工作や

情報・教育工作や

核・ミサイル等による脅し」と

「強く推定出来る」。

「その核・ミサイル等による脅し」が

「近々、無効化される事になる」上に、

「現状の日本の政権は従北政権では無い」のだから

「未だに、日本国内で工作活動等を行い続けている者たち」は

「出来るだけ早く、足を洗う事」が

「身を守る事に直結している事になる」』。

『「核・ミサイル等による脅しの無効化」には

「日本国内の粛清工作の無効化も

北朝鮮内の工作員等の親戚等の解放等も

付いている」のだから

「もはや、決している勝負で負け組のままを維持する事」は

「本当に、愚かな事になる」』。

『「北朝鮮問題の今後」は

「既に、決まっている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

自ら

核・ミサイルの開発等と

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

放棄しない場合」、

「間違い無く、

先ずは、

限定的な軍事オプションが実行される事になる」。

「限定的軍事オプションの実行に対し、

中・ロ等が反撃し、

全面戦争を行う道を選択する訳も無い」。

「もちろん、北朝鮮が反撃すれば、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」だ』。

『「限定的軍事オプションの実行に対し、

反撃出来ない

北朝鮮劣悪国家指導者等の実態・実体が露呈する」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等の求心力も地に墜ちる事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等を主軸とした実質的カルト宗教」は

「其処で終わる事になる」』。

『「陰険なナチス・ヒトラーの余命は、もう短い」。

「金正恩等が生き延びたいのなら、

陰険なナチス・ヒトラーを止め、

核・ミサイルの開発等や

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を放棄し

改革・解放政策に転じる事」だ。

「そして、トランプ大統領等の友人となれば、

過去の罪と改革・解放の功が相殺され

生き延びる事も可能になる」』。

『「余程のおバカや悪では無い」のなら

「選択すべき道」は

「既に、重々承知の筈」だ。

「後は、選択を実行する度胸が有るか?否か?の問題」だ』。

『「最悪なのは、チキンレース継続のまま殲滅される道しか選べないチキン」だ。

「チキンを国家指導者にし続けている」なら

「北朝鮮や他国内の北朝鮮系の者たち等もチキンと見なされ、

北朝鮮問題解決の為にチキンとして処理される事になる」。

「金正恩がチキンでは無い大物」なら

「近々、北朝鮮問題は平和的に解決される事になる」』。

『「日本国内で、

未だに、

電磁波工作・飲食物工作・侵入工作等々の

非人道的な工作活動等を行い続けている者たち」の

「近未来」は

「早々に工作活動等から足を洗わなければ、

行って来ている事故に、

惨憺たるモノになる」』。

|

米・英の戦争準備と「起こり得ない第三次世界大戦」&「起こり得るアッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」・・・。

『「左だ!右だ!中道だ!・・・等々」と「イメージ」で「者・物・事を操ろうとする事まで、蔓延れている、平和ボケ日本社会」を「他所」に

「現実世界」は「確実」に

「実効のある問題対処へと動いている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、劣悪な態度を、自ら角を折り、改め無い限り、

北朝鮮問題に対する実効のある対処」が

「行われる事になる」』。

『「どんなに、

日本の中で、

脱原発や戦争反対等の

実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す政策」に

「力を与え」たり、

「イメージ誘導等の手段で、例え、従北政権等を成立させる事が出来て」も

「実効のある対処をする国々」の

「実効のある北朝鮮問題対応を止める事など出来る訳も無い」。

「既に、詰んでいる北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「その現実を認めて、素直に、投了し、

核・ミサイル等の開発や

他国内での工作活動等の

北朝鮮の角を折らない限り、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる実戦争による問題解決が行われる事」は

「確定的な現実」だ』。

『「つまり、実戦争を避けたい」のなら

「北朝鮮劣悪国家指導者等に投了させる事」こそが

「合理的」なのだが、

「未だに、日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下やその協力者等」は

「既に詰んでいる北朝鮮を認めたがらず、

未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を行い、

着実に実戦争を招いている」のだから

「本当に、困ったモノ」だ』。

『「音響兵器」の

「空気の役割」を

「電子とホールに担わせている」のが

「工作電磁波の実態・実体」だが、

「未だに、工作電磁波を発生させるべく、

日本社会の至る所に、

{悪魔の輪唱}ソフト等を仕込んだり、

電子機器等を取り付けたりしている、

近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる者たち」は、

「本当に、遅れている」。

「既に負けている側の者たちが行うべき事」は

「出来る限り、敗戦後の立場を悪くしない事に他ならない」が

「超おバカたちは、既に詰んでいる事さえも???なのかも知れない」。

「実に、御気の毒な事だが」・・・』。

『「在日の母の下に産まれた金正恩」なのだから、

「在日人脈の中には、

金正恩に適切な態度を取らせるべく働きかける事等が出来得る者たちも

少なからず居る筈」だ。

「本気で戦争を避けたい

本当の平和主義者」なら

「命がけでも、行うべき事」は、

「既に明らかな筈」だが』。

『「ノーベル平和賞を与えられたアイキャン等」が

「どんなに核兵器廃絶を訴えても、

多くの人類の精神構造が、

比べっこによる支配権/被支配権争いである限り、

武力比べっこ上で効率の良い道具になる核兵器が無くなる訳も無い」。

「比べっこ上に生きる人類が多い限り、

核兵器廃絶が可能になる時」は

「核兵器以上に効率の良い武力比べっこの道具が普及し、

核兵器保持が馬鹿らしくなる時」になる。

「核兵器廃絶が実現しても、

核兵器以上に凄い兵器が普及・・・では、

何の為の核兵器廃絶運動なのか???」

「偽善では無い核兵器廃絶法」なら

「人類の精神構造や人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化は、

絶対に外せない」。

「当たり前の現実論」だ』。

『「北朝鮮問題解決の為の当たり前の現実論」も

「核兵器廃絶の為の当たり前の現実論」も

「冷静に現実的に考える」なら

「多くの人々の頭の中で直に明らかになる事」だが

「夢やイメージ等で操られている

実質的、現実逃避状態に陥らされている人々」は

「多くの場合、現実を直視する事自体が困難な状態に陥らされている」。

「現実を直視する事」は

「恐い、いけない事等の思想信条」を

「頭の中に焼き付けられる」と

「例えば、人間の誕生・死が細胞レベルの実現象に他ならず、

生きている人間なら誰もが今、この瞬間にも、誕生・死を体験しながら存続している

既に、科学レベルではっきりしている現実」さえも

「認めたがらない状態にも陥る事が{出来て}しまう」。

「もちろん、現実との乖離の分だけ、

現実の自分の人生を損ねている」のだが、

「その様な現実をちゃんと現実通りに理解・把握する事さえも、

出来ずに・・・という場合が多い」。

「実に、もったいない人生が其処に露呈している」・・・』。

『「個人レベルの思想信条は、もちろん、自由」だが

「実質的、現実逃避信者が、

例えば、

公共の電波上や、公共的マスコミ上で、

実質的、大衆誘導を行っていたり、

学校教育上で、現実逃避教を教え込んでいたり、する」なら

「そんな事を蔓延らせている人間社会が現実から乖離し易くなる」のは

「当然の現象」だ。

「その単純化版」は

「北朝鮮を見るなら、誰もが判る」が

「余りにも、現実離れが激しい北朝鮮が在るから・・・」等の

「理由」で

「現実として、現状の日本が良くなる訳も無い」。

「現実との整合性を高める事でのみ、

人間も、人間社会も、

より健常で良い状態に

現実として出来る」』。

『「夢や希望」は

「例えば、未熟時や急変時等」の

「緩衝薬」だ。

「緩衝薬の過剰使用」等で

「ベロベロのロレロレ・・・等になる」のは

「現実の人生を捨てた

実質的、廃人等になる」。

「もちろん、個人レベルなら、

実質的、廃人状態で、自分を休める時があっても良い」。

「しかし、大きな影響がある仕事等を行っているのに、

実質的、廃人状態」は、

「明らかにダメ」だ』。

『「何れにしても、人間世界の急変」は

「必需」だ。

「何故なら、

現状までの

人間社会の精神文化である比べっこ原理主義」は

「既に、限界を迎えているから」だ。

「ここで、

精神構造の健常進歩・正常進化を抜きに、

事を進めようとする」のは

「明らかにおバカ」で

「現実離れしている」。

「情報・教育を大急ぎで、正常化・健常化する必要が有る」。

「何故なら、情報・教育の正常化・健常化が遅れれば、遅れる程、

人類の犠牲者の数も増えてしまうから」だ』。

『「より良い日本社会・人間世界構築の為」にも

「個人レベルでも、社会的実効のある、あらゆる選択」は

「慎重に行い、現実的であるべき」だ』。

|

有権者をバカにしている、仮面保守(内実、左翼=親朝鮮等)の小池仮面で当選を目論む旧民主党(落選組みも含む)等の者たち・・・。

『「朝日新聞上がりの細川氏の下」で「政治家に転身」した「テレビ上がり」の「小池氏」は、

「その後、小沢氏等の下で政治を学んだ」。

「そんな小池氏」を「保守政治家と言う」のは、

「小沢氏」を「保守政治家と言っていた」のと「同じ」になる。

「保守政治家と言われていた小沢氏」の「実体」は

「在日米軍は第七艦隊だけで十分を公言」や

「大量の人々を連れて、中国共産党を表敬訪問した実績」等からも、

「明らかな、所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党等)」の

「政治家」だ。

「因みに、小沢氏は、河野氏や小泉氏や石原氏やと同様」に

「朝鮮系」と言われている』。

『「小池氏」の「実体」も

「小沢氏等同様と強く推定出来る」』。

『「日本の脱原発」とは

「日本の電力事情と環境問題対応を悪くする、

所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中く゚共産党等)」が

「大好きな政策」だ。

「日本の電力事情と環境問題対応が悪くなる分だけ、

相対的に、

中国や韓国等は、経済面等で有利になり、

北朝鮮の核の脅しの力も増す」のだから、

「所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党等)」が

「日本の脱原発を望む」のは

「ある意味、合理的」だが

「普通の日本国民」なら

「上記の様な現実面も考慮」し

「現状では、原発を安全に使うしかない・・・等の現実判断が出来る」のが

「当然」になる。

「耳障りの良い、脱原発に賛同し、日本を悪戯に不利にする」のは

「所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党等)の者たちや、

そのスジのテレビ・マスコミ・友人???等の操り人形等」と

「相場は決まっている」』。

『「安保法制に賛同していれば、保守???」

「もちろん、

安保法制にも反対!という、

明白左翼・反対左翼等では無い事にはなる」が

「安保法制賛成=保守では、断じて無い」。

「日本国・日本国民を守る保守として必要な事」は

「ちゃんと現実として、日本を守り、より良い状態にして行く事」だ。

「国や多くの国民という大船」を

「安全により良い航路に乗せる為」には

「急変は行ってはいけない事」だが、

「仮面保守の者たちは、急変を好む」。

「例えば、小泉元総理等による

急激な操舵による

利権集中悪徳改悪の裏」で

「どれ程多くの一般日本国民が、大海に投げ出されたのか?」は

「その後の格差拡大や少子高齢化等の急増ぶりからも明らか」だ。

「大企業等、既に、{持っている}モノが優遇され、

未だ、{持てていない}モノたちは、冷遇された」から、

「格差が、急激に、益々増大」した。

「数多くの中小零細企業は潰され、

経済苦境等故の自殺者も多く出、

経済苦境等ゆえに子造りや世代交代を諦めざるを得なかった日本国民も多数出た」から

「実際に、少子高齢化も益々加速した」。

「急変で、日本が大きくダメージを受けた裏側」では、

「中国や韓国(北朝鮮も含む)等が、漁夫の利を得ていた」。

「日本の為・・・・等と、正義ぶり、

急変で、日本国・日本国民等に大ダメージを与える」のが

「仮面保守の得意技」だ』。

『「小池都政」も

「ちゃぶ台返しの急変」で

「大混乱&大損失」だが、

「小池氏の知名度は益々上がった」。

「五輪会場問題でも、市場移転問題でも、

結局は、基本的に、元からの案に収まる事になった、

・・・つまり、実質的には、小池氏全敗の、東京都の大混乱」の

「裏」では、

「何処かに国系等の人脈の者や企業等が、漁夫の利を・・・」と

「強く推定出来る」。

「何れ、小池氏の責任も、小池混乱の内実も露わになる事になる」が、

「その前」に

「都知事を辞めて、国政に転身し、

あわよくば、総理大臣になってしまえば、

責任追及を逃れられる」というのが、

「現状の小池氏の実態」だ』。

『「詐欺師的要素満載」なのが、

「仮面●●」だ。

「冷静な現実判断を抜き」に

「詐欺師の耳障りの良い言葉等に乗せられる」と

「騙され、大損させられる」のだから、

「多くの日本国民は、仮面●●に、十分に用心するべき」だ』。

『「希望の党」は

「内実、

旧民主党の面々が主となる、

旧民主党の二番煎じ」だ。

「民主党政権時の実績」は

「総じて、日本を細らせた反面で中・韓(北朝も含む)を大いに太らせた事」だった。

「旧民主党の二番煎じ」に

「力を与えてしまう、

同じ詐欺師に何度も騙される

日本国民の数」は

「もはや、それ程、多く無い筈」だ』。

『「旧民主党落選組みの者たち等にとっての{希望}の党」は、

「旧民主党落選組みの者たち等にとっての{失望}の党」となるだろうが、

「当落を分けている」のが

「現実として、日本国・多くの日本国民に与えた政権時の実影響」なのだから、

「身から出た錆以外の何モノでも無い」。

「身から出た錆を落とし、錆を出さない身となる努力等を十二分に行い、

それが、有権者に認められた」なら

「復活当選等もアリ」だろうが、

「身から出ている錆はそのままに、小池仮面の裏で当選を目論む者たちがゾロゾロ・・・」では、

「多くの有権者」が

「呆れるばかり・・・となる」のは、

「当然の現象」だ』。

『「旧社会党~の連合」が「主たる支持母体の一つである民主党~民進党」とは、

「明らかな、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の政党に他ならない」。

「その大部分を候補者として抜擢しようとしている希望の党」の

「実体」は

「何処の誰が考えても、

民主党の二番煎じ(三番煎じと言うべきか・・・)等」になる』。

『「例え、

お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「どんなに大衆誘導・マインドコントロール等を行おう・・・」としても、

「小沢氏同様の仮面保守ぶり」を

「脱原発等で、既に、露呈している小池氏」や

「希望の党等」に

「乗せられてしまい」、

「日本の急変」で、

「日本国・多くの日本国民を大いに不利にし、

その裏で、中・韓(北朝も含む)等を有利にする事に同意してしまう、

考えや判断の甘い人々の数」は

「時と共に、どんどん減少して行く事になる」』。

『「日本に必要」なのは

「政権交代」や

「急変」や

「二大政党制」等では

「断じて無い」。

「日本国・多くの日本国民の為になる政治」だ』。

『「もちろん、安倍政権が全面的に良い訳も無い」。

「森友・加計等の問題はある」。

「しかし、民主党政権時と比べる」なら

「安倍政権となってから・・・の方」が

「日本国・多くの日本国民にとって、良い状態になっている」。

「小池仮面で、民主党の二番煎じを選択する事」等が、

「どれ程、愚かな事なのか」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「政権交代させる」なら

「現政権より良い政権に交代させなければ意味が無い」。

「現政権より良い政権の準備が十分に出来ている」と

「多くの日本国民が、十分に知る事が出来ていない状態」で

「現政権が嫌だから・・・」等と、

「現政権より悪い政権を選ぶ」のは

「愚かな自虐者が行う事」だ』。

『「実際の選挙は、未だ、少し先」だが

「希望の党の主軸が旧民主党の面々となる事が確定的となった現状」で

「既に、選挙結果は出ている様なモノ」と

「感じている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

|

色々「嵐の前の静けさ」の様相だが・・・。

『「北朝鮮等の問題に限らず、現状人間世界は、かなり行き詰っている」。

「そして、その打開策」も「ロクに行っていない」ばかりか、

「今頃になって、打開策を暗中模索している様相さえ露呈している物事も多い」。

「時を重ねれば、重ねる程、問題は深刻化」し、

「実効のある打開策が限られ、より過激なモノにシフトして行く事」は

「ある意味、当然の現象」だ。

「現状人間世界の終わり」は

「正に、川の流れの先に在る滝の如く訪れる事になる」』。

『「北朝鮮問題の場合」は

「打開策もはっきりしている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の本丸である、

主として、日韓内等、他国内での工作活動等を徹底摘発する方法」と

「{今の内}の、核・ミサイル関連施設等への限定攻撃」だ。

「普通の対話が成り立たない北朝鮮劣悪国家指導者等との対話」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の要求・要望等の実現の為には合理的になっても、

北朝鮮問題の打開策には成り得ない」。

「北朝鮮問題」も

「時が経てば経つほど、より深刻化」し

「北朝鮮劣悪国家指導者等がより有利になった等と勘違い出来てしまう状態が生まれ易くなってしまう」。

「早い、国際的合意が重要になる」が

「本丸である他国内での工作活動を駆使して、早い国際合意の成立を邪魔し続けて来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等とその手下等の実態」だ』。

『「国連安保理で、またまた新たな北朝鮮制裁決議が満場一致で決まった」。

「内容は、今までの制裁決議より、少し、キツイ程度」だが

「中国もロシアも賛成した」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が問題行動を起こさせる度に、

ジワジワと、まるで、真綿で首を絞める様に、

国連安保理の制裁決議が強化され続けて来ている」。

「通常の人間」なら

「とっくの昔に、国際社会の意思・意向に気づき、

国際社会と決別しないつもりなら、

国際社会の意思・意向も考慮しながら、

事に対処しようとする」が

「極悪非道カルト宗教国家北朝鮮の劣悪国家指導者等の場合」は

「{使える}核ミサイルを出来る限り早く保有する事と

他国内の工作活動等」により、

「国際社会の意思・意向を

北朝鮮劣悪国家指導者等に都合の良いモノに変えさせよう・・・」と

「し続けて来ている」。

「客観的に見る」なら

「酷い、身の程知らず状態」だが

「その実態に気づけない」のが

「裸の王様」の「特徴」だ。

「裸の王様は、裸でしか無い」のと「同様」に

「北朝鮮が今更、大急ぎで持とうとしている{使える}核ミサイル」も

「先進諸国の数十年遅れレベルの、

今時、用無しレベルの武器でしか無い」。

「それを{豪華なマント}等と信じ込めている」のだから

「その現実離れぶり」は

「もはや、{病気レベル}等と言った方が適切になる」。

「北朝鮮の{使える}核ミサイルの開発」は

「北朝鮮にとっての自虐でしか無い」のが

「現実」だ』。

『「実質的{病人}もしくは、

他国内でのテロ・工作活動(非人道的なモノも多い)や

自国内での公開処刑等を繰り返させて来ている{極悪人}」を

「国家指導者等として、頂き続けて来ている北朝鮮国民」の

「実態」は

「実質的、カルト宗教のマインドコントロール被害者等になる」。

「産まれながらのカルト宗教マインドコントロール被害者等の

マインドコントロールを解く事」は

「結構、困難な場合が多い」。

「北朝鮮問題が、北朝鮮国内から正常化に向かい辛い」のは

「ある意味、当然の現象でもある」。

「一般世界との境界線に存在している」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を

主として、日韓内等、他国内で行い続けている工作員やその協力者等」だ。

「境界線に存在している者たちの多く」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の下から離れ、一般世界側を選択する」なら

「北朝鮮問題は北朝鮮国内の問題となる」から

「その解決もより容易になる」。

「現状では、未だ、北朝鮮劣悪国家指導者等の下状態の者たちも少なからずいる」が

「この様な状態が急変する時」は

「そう遠く無い筈」だ。

「北朝鮮問題の本質がはっきりすれば、する程、

他国内に居る北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の下から離れて行く事になり、

多くの北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たちの

カルト宗教マインドコントロールを打ち破る臨界点」は

「もう、直ぐ其処」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等で大々的に情報配信している者たち」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等をヨイショ!等するのでは無く、

ちゃんと、実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信をするべき」だ』。

『「愚かな北朝鮮は、地球温暖化が深刻な今日、水爆実験まで行ってしまった」。

「地震の遠因になる可能性もかなりある大迷惑な水爆実験」故に、

「日本列島等で起こるべくして起きる地震」が、

「より早く、より大規模で起きてしまう可能性もある」。

「地球温暖化問題」は

「既に、手遅れ状態」の「可能性も高い」。

「現況」は、

「崩れ始めた地球環境が、

滝に落ちる様に急変する時」が

「刻々と迫って来ている様相」だ』。

『「地球温暖化を引き起こしている元凶」は

「言うまでも無く、現状の人間社会・経済システム」だ。

「武力による比べっこ支配権争いに明け暮れていた人類」は

「核兵器保有~使用以降、

極力、武力使用を控え、

経済による比べっこ支配権争いを主軸とする様にシフトした」が、

「より早く、より強く、より大きく、支配した方が勝ち」という

「基本ロジックは何も変わっていない」。

「多くの人類が、

現行の出来の悪過ぎる経済システム上で、

経済による比べっこ支配権争いに邁進し続けて来ている結果」として、

「地球温暖化も急激に進行してしまって来ている」。

「偽善者たち」が、

「環境税だ!炭素税だ!化石燃料使用は控えろ!等々」と

「いくら、正義ぶって」も

「実効のある温暖化抑止が出来ない」のは

「現行の経済システム上で、チマチマやっているダケだからに他ならない」。

「地球温暖化問題」は

「人間社会・経済システム自体」を

「根本的に改善しない限り、

解決不可能」だ』。

『「ところが、現状までの多くの人類」は

「学校教育時の試験等」で

「より高い点数を取った者が優等生ともてはやされるのと同様」に

「現行の社会・経済システム上」で、

「より高い地位を取り、より多くのお金を持てば、人生成功!等」と

「思いたがっている」。

「その集大成」が

「戦争の歴史」だったり、

「地球温暖化」だったり、

「格差社会化」だったり、

「テロ・殺傷事件等の頻発」だったり、

「世界平和の実現も未だ、未だ・・・」だったり、

・・・等々しているのだから、

「その成功像自体」が

「酷く、間違っている事等」は

「少し、冷静に考えるなら、誰もが判る」。

「それでは、本当の成功」とは、

「どの様な事だろうか?」』

『「その答を見出す為」には

「人間の行動の実体から紐解く事が肝要になる」。

「詳細は、ここでは記さない」が

「人間の行動の実体」には

「本来欲求の充足」と

「代償欲求の追及」が

「在る」。

「例えば、

自分で自分を認める代わりに、

他の者・物・事等に自分を認めさせようとする」のが

「代償欲求の追及」だ。

「ここで、重要な事」は

「本来欲求には、充足がある」が

「代償欲求の追及で、本来欲求を充足させる事は不可能である事」だ。

「自分で自分を認める為」には

「本質的に悪い事をしない事が合理的になる」。

「代償欲求を追及する為」に、

「例えば、

自分の下への利権集め等に傾注し、奔走する」なら、

「他人を蹴落としたり、排除したり・・・する事等さえも、合理的に出来てしまう事になる」。

「在るべき実態」は

「自他共存であり、適材適所」だが、

「自分の下への利権を優先する不健常な考え・思いを基に自分をコントロールする」と

「在るべき状態は、簡単に崩れてしまう」』。

『「多くの人類が、自分の下への利権を優先して来ているのは何故か?」

「本当の自信が持てていないから」だ。

「自分の実体も???」

「本質的に不健常な事等に邁進・・・」等々では、

「自信が持てなくなる」のは

「当然の現象」だが、

「その様な実体を直視し、自分で自分を健常にコントロールし続ける為に有益な

情報・教育等が、

未だ、非常に希薄」なのが、

「現状人類世界の寒過ぎる実態」だ。

「未だに、丸ごと一人ダケの死生観・人生観等までもが蔓延り、

多くの人々が、自分の下への利権集中の為に一生懸命動いている」。

「そして、利権を自分の下に集められた者を成功者等として、崇めている」。

「超おバカの超勘違いも、いい加減にしない」と

「{急変}が否応無しにやって来てしまう」のだが』。

『「産業革命が成立した事」とは

「人類が、科学レベルで判明した実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して、

物質文明の急激な進歩・進化を成し遂げた事」に他ならない。

「産業革命ど同時」に

「精神文化革命も行えていた」なら

「人類のその後は、かなり変わっていた筈」だが、

「産業革命に成功した人類」は

「精神文化面でも、

科学レベルで判明した実体や事実・現実等を

意識的かつ積極的に実用する

絶対に行うべき事である重大事」を

「置去りにし続けて来ている」。

「その結果」が

「酷過ぎる、現状人類世界」だ』。

『「もちろん、こんな歪な状態が何時までも続けられる訳も無い」。

「物質文明製品の急激な進歩・進化に十二分に対応出来る様に

精神文化側も急激に進歩・進化させなければ、

人類に長い~永い未来は在り得ない」。

「近々、訪れる事になる急変後」からが、

「本当に成功出来た人々が数多く居る人間世界になる事になる」』。

『「急変前や急変時の犠牲者を出来る限り少なくする為」にも、

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題くらい、早々に、片付けるべき」だ』。

|

「気候も、益々変・・・」で、益々、近づく、現状人間世界限界(終わり)の日の様相だが・・・。

『「何しろ、現状人間世界で多大な実権を握り占められている」のは「政治家等にせよ、経済人や大金持ち等にせよ、所謂、文系、或いは、人類の精神文化側の者」なのに、

「現状の所謂、文系、或いは、精神文化側の仕事実体レベル」は、

「丸ごと一人の死生観・人生観等や人の考え・思い等に基づく、

現実離れが激しい極劣悪レベル」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用する事」で

「優れた物質文明製品等を生み出し続けて来ている

所謂、理系、或いは、物質文明側の仕事実体レベル」と

「比べる」なら、

「その酷さは、何処の誰にでも直に判る」』。

『「極劣悪レベルの精神文化に基づいて、

人間世界を動かし続けていても、

出て来る結果」は、

「科学レベルに基づいている」。

「考え・思いの上で、上手くやったつもり・・・」でも、

「科学レベルの実体を伴っていないモノ」の

「成果等」は

「上手いモノでは無い、ばかりか、往々にして、酷いモノになっている」』。

『「人類の歴史は、戦争の歴史」だが、

「戦争とは、人類同士の殺し合い」だ。

「つまり、実体としては、自虐に他ならない」。

「自虐を自虐と実体通りに理解・把握・認識させない」のが

「実体離れ、事実・現実離れした、考え・思い等による劣悪な納得」だ。

「戦争を経済戦争に変えたところ」で

「自虐が止まっていない事」は

「経済戦争の犠牲者等の実態からも、直に判る」。

「兵器も金も手段が違うダケの、人殺しの道具になっている」。

「兵器や金が壊すのは、人間ダケでは無い」。

「武力による比べっこ支配権争い」や

「劣悪な経済システム上での金儲け主義等のツケ」は

「人間世界ダケでは無く、

地球環境にもその多くが回され、

現状の地球温暖化問題等を生み出している」』。

『「健常・正常な頭や精神構造を持つ人々」なら、

「人類の自虐を防止する事」を

「本気で考える」が

「武権・金権等中毒者」は

「人類の自虐上に在る権力や報酬等を狭義の自分の下に集める事」を

「本気で考え続け、実践し続けて来ている」。

「大いなる武権・金権等保持者」は

「武権・金権中毒者に成り易い」が

「大いなる武権・金権等保持者」に

「大権を与えてしまっている場合が多い」のが

「出来の悪い現状人間社会システムの実態・実体」だ。

「結果、現状人間社会システムの是正」より、

「現状人間社会システム上での利権集め」を

「優先してしまう、自虐的な人々が、至るところに溢れている状態の是正」も、

「遅々として進まない」』。

『「人間ダケが、どんなに、是正に抵抗し続けていても、

限界(終わり)は来てしまう」。

「地球温暖化は顕著になり、それに伴う環境変動も顕著になり続けている」』。

『「自虐状態を蔓延らし続けている人間社会」では、

「こんな時期に、起こり易い現象がある」。

「エロ・グロ・ナンセンス」だ。

「多くの人々は、少なくとも、薄々とは、自然環境等の限界を感じ取っている」が、

「狭義の自分の下への利権追及者等は、そんな自分の実感も直視したがらない」。

「慰めの為のエロ」や

「現実より、もっと酷い状態を具現化させる事で、現実をマシに思い込ませる為のグロ」や

「理解・把握や考え・探究等を放棄しても、楽しめてしまうナンセンス」等々の、

「現実逃避の受け皿に、身を浸す事で、

警告の実感から、逃げ続けよう・・・としている」』。

『「エロ・グロ・ナンセンス」の「提供」も

「所謂、文系、或いは、精神文化側の仕事???」だ。

「本来、そんなモノ」は「少量で十分」で、

「大量にこなすべき仕事」は

「人類の精神文化を正常進化させる為に有益になる事に他ならない」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用」した

「性能の良い(現実との整合性が高く、使い勝手も良い、等々)精神文化製品を生み出し、提供し続ける事」こそが、

「今時の、所謂、文系、或いは、精神文化側の本来の仕事」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した経済・社会システムへ是正等さえも、

ロクに訴えられない経済学者や社会学者や政治家やマスコミ人や作家等々」では、

「今時、とても、優良な者とは言えない」。

「むしろ、劣悪な者と言うべき状態」だ』。

『「劣悪なら、優良な者に素直に立場・権力・報酬等々を禅譲すれば良い」のだが、

「自らの劣悪性を実体通り見る事から逃避する為の道具を追い求め、

他者からの実体離れした似非評価や、

大量消費自慰生活等の中に身を置く事で、

死ぬまで逃げ切れば、勝ち・・・等と

大いなる勘違いが出来てしまっている

実質的、病人たち」は、

「本当に、往生際が悪い」。

「もちろん、どんなに逃げ続けたところで、

事実・現実が無くなる訳も無い」から、

「現状の立場や似非名声等に縋り付けば縋り付くダケ、

近未来での、永遠の恥辱に染まる道の上での存在が、大きくなるダケ」だ。

「細胞ごとの命の連続を続けられている」なら、

「負の遺産を背負わされる続きの細胞群が不憫に思える」』。

『「出来る限り早く、

所謂、文系、或いは、精神文化側の体制を転換し、

科学レベルで判明している実体や事実・現実の

意識的かつ積極的な使用を当たり前にする事」こそが、

「自虐被害を少なくする鍵」だ。

「自虐被害が多くなる方向にしたままでいる実権者等」の「実体」は

「大量殺人戦犯に他ならない」』。

『「実質的、劣悪者等が、どんなに悪足掻きしても、

来るべき時は、

確実に来る」。

「キッカケは、

大地震等の天災か、

戦争等の人災か

奇跡的禅譲等か、

・・・は、未だ、不明」だが、

「遠く無い内に確実に来る事になる」』。

|

信用出来ないのは「安倍総理か?」「テレビ・マスコミか?」それとも「両方か?」・・・。

『「多くの所謂、左翼(内実、親朝鮮等)のテレビ・マスコミ等による安倍総理や稲田大臣等に対する悪イメージ付け」と

「安倍総理や稲田大臣等のはっきりしない部分がある答弁」の

「対決」は

「本当に、見苦しい」。

「しかし、

加計問題や、

陸自日報隠蔽問題」の

「本質を考える」なら、

「どちらも、大した問題では無い事は、多くの人々が理解・把握出来る筈」だ』。

『「民主党政権時の様」に、

「沖縄米軍基地移設問題をテコに、{沖縄分断工作}等が行われてしまった訳でも無ければ、

日本が大いに細らせれた反面で、中・韓(北朝も含む)等が大いに太れている訳でも無い」。

「一獣医学部新設の大問題化」や

「陸自日報が一時隠蔽状態にあった事」等々、

「実質的、小問題で大騒ぎ出来ている現状の日本」は

「酷い、平和ボケ状態・・・」だが、

「民主党政権時よりはマシになっている事も事実」だ』。

『「筆者が日本の戦後の政権に対して持つ強い不満」は、

「日本国内で、旺盛に活動している、

北朝鮮等の工作員やその協力者等を

ちゃんと摘発して来ていない事」だ。

「拉致までされて、

その後も、

飲食物工作や電磁波工作や侵入工作等々、

非人道的な工作活動等を

世代交代までされながら、

行い続けられて来ている、

ばかりか、

日本国籍を持っている工作員等の子沢山工作等まで蔓延り、

何れは、合法的に日本を乗っ取り支配等する事まで企まれ、実行されている様相」なのに、

「未だ、工作活動を止めさせる実効のある摘発等を行っていない事」は

「本当に、異常」だ』。

『「実質的、小問題を大問題化して大騒ぎしている暇がある」なら

「政治家もマスコミ人等」も

「この戦後日本国内の重大問題」を

「一刻も早く解決する大仕事」を

「行うべき」だ』。

『「一獣医学部を52年ぶりに新設する事の是非」は

「其れこそ、人それぞれ、立場や利権等によりけり・・・」だろう。

「以前から、獣医学部新設に熱心だった獣医学部の無い四国今治」の

「熱心さ」には、

「相応な合理性が有る」と思う。

「後出しで、獣医学部新設を目指した京産大」の

「実態」は

「更なる、利権増大の域」で

「今治と京産大のどちらを優先すべきか?」は、

「普通の感覚なら論を待たない事」だろう。

「問題」は

「今治で獣医学部新設の実業務を行う事になった」のが

「安倍総理の友人の加計氏の学園だった事」になる。

「ここで、総理友人の事業は外さなればいけない事にする事の是非」が、

「考えるべき事になる」が、

「何故か?或いは、当然、多くのテレビ・マスコミ等では、

この根幹に関わる論議を避けている」。

「総理友人である事ろ理由に、事業を行えない事にする」なら

「例えば、公共の電波や公共的マスコミ等を使った

お仲間や友人等の店やゲイノウ人等の

正規の料金等を取る有料コマーシャルでは無い、

番組内宣伝・取材形式の実質、宣伝等も

禁止されて然るべき事になる」。

「そこで、テレビ・マスコミ等では、自分たちの利権を維持したまま、

話しを前に進めるべく、

この基本問題を抜きにして、

論議を進めている」。

「友人だから排除という似非正義論を

安倍政権側ダケに強いているテレビ・マスコミ等は、

其れだけで、十分に悪質」だ。

「実際の加計問題では、

テレビ・マスコミ等のお仲間宣伝等と同様に、

排除されなかったダケ」だが、

「排除しなかった事で、安倍総理に悪イメージを付けようとしている」のが

「ドロボーが他人を指差して、

あいつがドロボーです!と

叫んで逃げる文化の臭いが濃厚な

テレビ・マスコミ等の実態」だ。

「安倍氏が総理になったから、

今治での獣医学部新設では、

総理の友人以外の事業者で行え!」という

「横暴」が

「通る訳も無い」。

「52年ぶりに獣医学部を新設する事を是とする政策」は

「粛々と進行し、ていた」が、

「既得権益側である獣医師会や文科省等」は

「獣医学部新設を

出来れば、止めさせたい筈」だ。

「どうしても、新設するなら、一校ダケに押さえたい筈」で、

「実際に、その様な動きが出ていた」。

「一校ダケにする」なら

「後出しの京産大より、前々から強い要望を出し続けて、相応の準備までしている今治にする」のは、

「健常な判断の域」だろう。

「ここで、法律論を持ち出し、どちらも平等に・・・とやる事」の

「虚しさを解消する実務」が

「必要になった状況等も、

露呈させられている」』。

『「何れにしても、一獣医学部新設は、一獣医学部新設に過ぎ無い」。

「其れを大問題化して、大騒ぎする事のメリット・デメリット」は

「今、大騒ぎしている、させている全ての人々が、冷静に考えるべき事」だ。

「小問題を大問題化して大騒ぎし、

与党側等に悪イメージを付ける事で、

政権や議席等が取れてしまう」なら

「本道の政治・政策面では与党等に敵わない

反対野党等のメリットは絶大になる」。

「もちろん、それは、

そんな事により、政権や政権の状態等が

悪戯に、変えられてしまう、

民主主義とは程遠い状態という

民衆デメリットの上での

不当メリット」だ。

「不当メリットを与える事を是としてしまっている

テレビ・マスコミ等の操り人形状態の人々による実害の大きさ」は

「民主党政権時を

思い出す、知るなら、

多くの人々が直ちに判る」』。

『「今、国会で正義ぶり、テレビ・マスコミ等が、正義の使者の如きイメージで、実質的に大宣伝している」のは、

「民主党政権時に事業仕分けで、日本を細らせた、蓮舫民進党代表等」だ。

「そして、蓮舫民進党代表を大宣伝している」のも

「民主党政権の成立に{大貢献}した、

旧社会党~民主党~民進党系の者等が

実権を握り占め続けて来ている

テレビ・マスコミ等」だ』。

『「つまり、現状の、小問題を大問題化した大騒ぎの実体」は

「テレビ・マスコミ等を政治利用した

民進党等側をより有利にする為の

政治運動等」に他ならない』。

『「陸自の日報一時隠蔽大騒ぎの実体も同様」だ』。

『「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の者たち」は

「所謂、保守系の政治家を悪者にして、正義ぶる事が大得意」だ。

「大戦後の占領軍が、日本の保守派の教師や政治家等を徹底排除しようとした事の

延長線で、

実質的に、

中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)や日本の中のそのスジの人脈・企業・組織等を利す事が

大得意」だ。

「そんな者たち」が

「未だに、

日本の公共の電波や、

日本の公共的マスコミや、

日本の学校教育等の多く」で

「実権を握り占め続けている」。

「其処には、

政治的中立性も、

実体や事実・現実に基づいた原寸大報道等も無い」。

「在るのは、所謂、左翼(内実。親朝鮮等)を有利にする為」の

「政治運動や大衆マインドコントロール等」だ』。

『「日本国内の北朝鮮等の工作員や協力者等をちゃんと摘発して来ていない

戦後日本の政権」も

「十分な信用には値しない」が、

「日本国内の北朝鮮等の工作員や協力者等を告発しない、ばかりか、庇っている様相の上」に、

「政治運動や大衆マインドコントロール等を行い続けて来ているテレビ・マスコミ等」も

「十分な信用に値しない」。

「十分な信用に値しないモノたち」が

「他方を悪者にして正義ぶる茶番劇」は

「本当に醜悪」だ』。

『「そんな事を行っている暇がある」なら

「人類の精神文化を健常成長させる事に有益な情報・教育等を行ったり、

日本の中の北朝鮮等の工作員や協力者等を徹底告発~摘発等したらどうか!」』

『「本来必要になっている仕事を行わず、

茶番劇等でお茶を濁し続けて来ている者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「戦後日本社会の正常化・健常化」は

「もはや、待った無し!」だ』。

|

自由貿易の維持~拡大の前に、現行経済・社会システムの是正でしょ・・・。

『「現行の経済・社会システムのまま、自由貿易等の手段によって、急速な経済成長を行い続ける事=人類自滅器を高速で回す事」に他ならない。

「その辺りの事情を良く判っている米国トランプ政権」等は、

「もはや、現行経済・社会システムの崩壊は、近いから・・・と、

守りに入り、

自国第一主義」だ』。

『「崩壊時に、武力に頼りたがる」のが、

「精神構造が未熟な人間の性」だ。

「精神構造が未熟なのに、その自覚さえロクに持てていない者でも、

国家権力者となれてしまっている国々も、

未だ、多い、のが、現状人間世界の寒過ぎる現実」だ』。

『「崩壊時に、

サバイバル武力比べっこ超自虐ゲームが起きる事を前提にする」なら、

「現状で、世界一の武力を持つ米国が、更なる武力充実を図る」のは、

「極めて、合理的な事になる」』。

『「現状で、一番遅れている」のは、

「武力では敵わないから、

工作活動で・・・、

工作活動の後ろ盾に、

核・ミサイルを・・・等」の

「超時代遅れのやり方に邁進し続けて来ている北朝鮮等の国々」だが、

「その辺りの国々と、

所謂、先進諸国との差」が

「どれ程あるのか?」は、

「北朝鮮に対する、所謂、先進諸国等の対応からも良く判る」』。

『「何れにしても、

武力や、経済等の比べっこの上に、権力安定等を計る、

今時の人間世界には、全く馴染まない、

超古過ぎる国家体制等の先」には、

「悲惨な崩壊劇が待っているダケ」だ。

「それは、所謂、先進諸国でも、

北朝鮮の様な超時代遅れの国々でも、

同じ事になる」』。

『「では、どうすれば良いのか?」

「簡単な事」だ。

「比べっこから卒業して、

最適を探究する精神構造を持つ

経済・社会体制に

正常進化させれば良いダケ」だ』。

『「比べっこの場合」は、

「{他より}秀でていたり、強かったり、美しかったり、・・・等々するダケ」で

「是認される」。

「{他より}劣っていたり、弱かったり、醜かったり、・・・等々するダケ」で

「否定される」。

「是認と否定の先に、

支配権・被支配権等を付け、

支配権・被支配権等が、実効を持つ様に組み立てれば・・・、

現状の経済・社会システムの出来上がり・・・」だ』。

『「そして、その運用基軸」も

「個々の人間の

他の者・物・事との比べっこによる支配権/被支配権争いという

乳幼レベルの精神構造」だ』。

『「精神構造では、乳幼レベルなのに、

物質文明では、核兵器までも保持・・・というのが、

現状の人間世界の

異常なアンバランスの実体」だ』。

『「もちろん、異常なアンバランス状態のまま時を重ねるなら、崩壊する」のは、

「自然の摂理上の必然」になる』。

『「異常なアンバランス状態を是正する鍵」は、

「精神構造面でも、物質文明面の様に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」であり、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

積極実用する事により、

より高性能な精神文化製品を生み出し

それを実用する事」だ。

「経済・社会システムも、精神文化製品に他ならない」』。

『「物質文明製品の場合、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

積極実用し、

最適を求める事で、

より性能の良い物質文明製品をつくり出す事が出来る」。

「現状では、

其処に、

現行の経済・社会システム故の圧力や、

乳幼レベルの精神構造のまま・・・の消費者・実用者等の意向や行動等が加わっている」ので、

「多くの物質文明製品が、最適から、外れた位置に在る」』。

『「多くの物質文明製品が、最適から外れた位置に在る事による、

実害」は、

「かなりのモノになる」。

「最適から外れている」ので、

「基本的に、不満が付き纏う」。

「不満を埋める為に必要となる」のが

「代償」だ。

「精神構造が未熟状態の人々の代償欲求追及心」は

「至るところで、煽られている」。

「現行経済・社会システム上」で

「代償欲求追及心を満たそうとする」なら、

「お金が便利な道具になる」。

「現状の経済・社会システムは、実質、金権システムでもあるから」だ。

「其処で、金集めの比べっこを始める」のが、

「精神構造が未熟な人々」で、

「そんな状態の人々が、頑張れば頑張る程、

悲惨な崩壊が、どんどん近づいて来る」』。

『「自らの精神構造を未熟なままにしている者たち」は、

「上記の意味で、人類滅亡を引寄せている大罪を犯し続けている事になる」』。

『「ところが、現状の人間社会」では、

「実体として、大罪を犯し続けている者たちを、金権経済システム上の成功者等として、

祀りあげている

{超自虐コント}までもが、

まかり通っている」。

「実に、寒い世界」だが、

「その寒ささえ、自覚出来ない」のが、

「精神構造が未熟状態の人々」だ』。

『「お金を求め、

お金持ちに憧れ、

万一、お金持ちになれたなら、

代償欲求の追及に奔走している

亡者の様な人々が、

世界中で蠢いている」・・・』。

『「精神構造未熟の害」は、

「恋愛にも及んでいる」。

「最適を求めず、

比べっこ上で、

秀でていたり、強かったり、美しかったり、・・・等々する者を求めている人々」は、

「未だ、数多い」。

「最適から外れている分だけ不満は大きくなる」が、

「其処をお金や権力や社会的立場等で埋め合わせれば・・・」という

「悪の判断に、身をゆだねる、悪魔に魂を売り渡した状態の者たち」は、

「当然の如く、代償欲求の追及に明け暮れる、

人類滅亡を引寄せる大罪を

より多く行う状態に陥っている」。

「其処で、自己正当化を謀る為に、

人によっては、

子づくりをし、

子どもや子孫に自分を投影・転嫁し、

負の代々話を残しながら、

代償欲求の過剰追及や人類滅亡を引寄せた事等を

成功だ!等と誤認し続けながら、

存在し得ないあの世等に現実逃避しようとしている」。

「酷い場合は、工作活動の世代間継承まである」のが、

「現状人間世界の寒過ぎる現実」だ』。

『「当然、そんな状態で、人間世界が平和になる訳も無い」。

「負の代々話が仕込まれている」のだから、

「そのままでは、代々、戦争等を繰り返す事が必然になってしまう」』。

『「この辺りの実状からも、

人類誰もが、

恋愛面で、最適を求める事」が、

「人類の自虐性を減少させる鍵になる」』。

『「最適より、お金や、社会的立場や、能力や、ルックス等々を優先する」のは、

「人類滅亡を引寄せている悪者以外の何者でも無い」。

「人類滅亡を引寄せる極悪成功像等を風潮し続けているテレビ・マスコミ・学校教育等」も

「悪」だ』。

『「最適を求める為にも、自分を深く知る事は、極めて重要」だ。

「もちろん、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事で!」だ。

「基本中の基本」は、

「生きている人類誰もの自分の実体」が、

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している約60兆の細胞群である事」だ。

「つまり、誕生・死とは、細胞レベルの実現象に他ならない」。

「生物が、細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら、

連綿と存続し続け、

その最先端が、

今、生きている全ての地球上の生物」だ。

「人類誰でも、一人の人間も、其処に在る事になる」。

「細胞ごとの命の繋がりは、

人類誰でも、

其れこそ、

地球上の、他の人間も含む、全ての生物にあると言っても良いだろう」。

「そして、その根本目的」は

「細胞群の存続である事は、疑いの余地が無い」。

「存続が根本目的では無いのなら、

とっくの昔に、

細胞群も、物理崩壊により、消滅していて当然になる」。

「根本目的hが存続なのだから、

細胞群の存続を危うくするモノ・物・事には、

排除されるべき必然が在る」』。

『「高度な物質文明まで保持出来ている現状の人類で言う」なら、

「余りにも、アンバランスな経済・社会システム等の精神文化製品や、

成人としては、余りにも、未熟な、個々の成人の精神構造等」には、

「排除されるべき必然が在る事になる」』。

『「自らの精神構造をちゃんと成長させる」なら、

「自らのより深い部分からの感や信号等も、よりわかり易くなる」。

「現状の経済・社会システム等に翻弄される割り合いも減り、

人類の精神文化製品の健常進歩・正常進化への力添えや、

世代交代のベースとなる恋愛面等での健常判断等も、

生まれ易くなる」』。

『「最適の為には、何事でも、源流対策が極めて重要」だ。

「人間の源流」は、

「自らの精神構造」であり、

「世代交代のベース」だ』。

『「比べっこ原理主義のまま、悪の世代交代のベースをつくり続ける」なら、

「物質文明面と精神文化面の異常なアンバランスが、

悲惨な崩壊劇を生み出すダケになる」のは、

「当然の現象」で

「現状の人間世界は、今、その真っ只中」だ』。

『「余りにも、稚拙で劣悪な、テレビ・マスコミ等の情報や、学校の精神文化側の教育等を

蔓延らせ続ける限り、

是正の速度が、十分に早まる事は無く、

人類滅亡が現実のモノとなってしまう事になる」。

「地球生命体細胞群の長い~永い存続の為には、

人類の精神構造や、精神文化側製品の

稚拙で劣悪な状態の是正」は、

「本当に、急務」だ』。

|

より以前の記事一覧