「北朝鮮極悪非道国家指導者等との融和」等を言う異常な方々問題・・・。

『「極悪非道では無い、むしろ、圧政被害者や、マインドコントロール被害者等である多くの北朝鮮国民等との融和を言う」なら「話しは解る」が

「北朝鮮極悪非道国家指導者等との融和」を「言う」のは、

「明らかに異常」だ。

「そして、もちろん、異常の裏」には、

「相応の訳が在る」』。

『「韓国国民等の異常の裏に在る」のは、

「原罪」と

「人民困窮化」だ。

「反日無罪がまかり通る裏」に「在る事」と

「同じ事」だ』。

『「ある程度以上、困窮状態に追い込められる」と

「人の中」では

「こんなに困窮させられる自分は特別な存在に違い無い!」等の

「感や意識等を持つ」、

「精神心理的、防衛反応」が

「生じ易くなる」』。

『「その様な状態に陥ってしまっている方々にとって」は

「例えば、

民族とか、国籍とか、

自分が持っている分り易い基本要素」は

「頼り易い、便利な道具」だ』。

『「其処」に、

「悪いのは、あいつ!等の旨」の

「情報・教育等が加えられる」と

「例えば、

反日無罪!等」の「思い等」を

「簡単に、生じさせる事が出来る」』。

『「この心理操作」で

「メリットを受ける」のは、

「多くの人々が、思っている悪者の座」を

「例えば、日本等に向けさせる事により、

自らの悪から目を背けさせる必要が有る者たち」になる』。

『「歴史上の現実」として、

「日韓併合時には、多くの日本人が、朝鮮半島に渡り、

時には、私財までつぎ込みながら、

朝鮮半島内の近代化整備等を頑張った」。

「もちろん、当時の日本人は、

武器等を持って、脅し、略奪等する為に、朝鮮半島に渡ったのでは無い」。

「日韓併合という二国を一国化する国家契約に基づいて、

当初は、荒れ放題だった朝鮮半島内を、

先ずは、当時の日本国内並みに、近代化整備等する為」に、

「金や技術や仕事を持って渡った」のが

「現実」だ』。

『「史実」として、

「日韓併合以降、朝鮮半島内の近代化整備」は、

「急速に進んだ」。

「朝鮮半島内の衛生・教育・経済・文化等の水準」は

「飛躍的に上がった」。

「その結果、朝鮮人人口も、急激に、増大した」』。

『「当初は、余りにも、差があり過ぎた為、

別々状態だった

当時の朝鮮半島内の、

多くの朝鮮人と日本人」も

「朝鮮半島内の近代化整備が進むにつれて、

どんどん近づいていた」。

「戦争前時頃には、

朝鮮人に

企業の中枢である経理等を任せていた日本企業も在る状態にまで、

友好関係は、向上していた」』。

『「その様な日本人朝鮮人友好関係向上の流れの中」で

「反政府武装勢力だった3・1抗日等の者たち」が

「多くの朝鮮人や朝鮮半島内の日本人から、

どの様に思われ、どの様に、扱われていたのか?」は

「言うまでも無い事」だろう』。

『「近代化整備や日本人朝鮮人友好関係等の向上の邪魔をする

迷惑でしか無い、

反政府武装勢力」は

「少数集団にしかならず」、

「早々に、山奥に追いやられ、

実害が極めて低い状態に押さえられていた」のが

「歴史上の現実」だ』。

『「ところが、戦争と日本の敗戦に付け込んだ悪者たち」により、

「朝鮮半島内の状態」は、

「急変させられた」』。

『「日本の敗戦時」には、

「朝鮮半島内の日本人の立場・財産・資産等を

朝鮮人が略奪等する事」は、

「容易」だった。

「善意のある人間なら、出来る筈の無い、敗戦火事場泥棒行為等」だが

「悪意のある者たちにとっては、大きなチャンス以外の何モノでも無かった」のだろう。

「米国要人を植民地支配詐欺で騙す工作まで用いながら、

朝鮮半島内や日本本土内で、敗戦火事場泥棒等に手を染めた」のが

「当時の悪意のある朝鮮人たちの実態」だ』。

『「この原罪を正当化する為の工作」が

「朝鮮半島内の反日情報・教育等」と「日本国内の自虐史情報・教育等」や、

「朝鮮半島内の人民困窮化支配」と「日本国内の大量の朝鮮人残留~仮面帰化等による日本社会要所押さえ」だ』。

『「悪意の下の情報・教育」は

「ネット普及前までは、実質的、情報統制状態だったので横行出来ていた」が

「今は、当然の如く、衰退~消滅方向に向かっている」』。

『「朝鮮半島内の人民困窮化支配状態」と

「日本国内の内実、悪朝鮮人人脈問題」は

「未だ、健在状態」だが

「その実体は、既に、バレている」ので、

「今後は、どんどん衰退~消滅方向に向かう事になる」』。

『「ある意味では、

悪朝鮮人人脈の最後の足掻き的様相を露呈している」のが、

「現状の北朝鮮問題」だ』。

『「悪朝鮮人人脈側の悪足掻き反抗手段の一つ」が

「北朝鮮との融和、宣伝」に他ならない』。

『「北朝鮮との融和」を

「言われる」と

「多くの韓国国民」は

「先ず、民族融和を想起させられてしまっている筈」だ。

「しかし、北朝鮮との融和の実体」は

「先ずは、北朝鮮の劣悪現状国家指導者等との融和」に「他ならない」』。

『「とりあえずの融和太陽政策等を実現させてしまう」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

{使える}核ミサイル等を保有し、

主として、日韓等、他国内での工作活動をより増強・増大・進化等させる事」が

「実現し易くなってしまう」』。

『「そんな事を実現させてしまえば、

北朝鮮劣悪国家指導者問題」が、

「益々、深刻になるダケ」だ』。

『「多くの北朝鮮国民が受け続けて来ている圧政やマインドコントロール等は、

そのまま、或いは、より強化され、

主として、日韓内等、北朝鮮劣悪国家指導者の指令・命令の下の、他国内工作活動等」は

「より増強・増大・進化させられてしまう」・・・。

「現状まででさえ、

拉致や、

飲食物工作や、

侵入工作や、

電磁波工作や、

医療工作や、

政財界工作や、

情報教育工作等々により、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子の粛清や、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子の育成等が、

かなり、大規模に行われてしまっている」のに、

「そんなモノを強化・増大・深化等させる事を許してしまう」なら、

「{使える}核ミサイル等の脅しの下で、

日韓が、北朝鮮劣悪国家指導者等の支配下に置かれてしまう事態」が

「実現させられてしまっても、何の不思議も無い事になってしまう」・・・』。

『「善良市民なら、

絶対に、

北朝鮮劣悪国家指導者等との融和等」の

「異常」を

「認めてはいけない」』。

『「今こそ、北朝鮮劣悪国家指導者問題の実のある解決手段」を

「実行するべき」だ』。

『「一番、犠牲が少なくなる手段」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に、自首させる事」だ。

「その為」には、

「自首窓口を与えながら、

徹底的に圧力を高める事等」が

「実効を持つ事になる」。

「つまり、今、必要なのは、融和宣言等では無い」。

「自首窓口の明確化と、更なる、圧力」だ』。

『「次に、犠牲が少なくて済む」のは、

「斬首作戦」だ。

「大韓航空機爆破や、

他国内で、

化学兵器VXまで使用して、

国家指導者の実の兄までをも、

暗殺したテロを

既に、行ってしまった、

北朝鮮劣悪国家指導者等」には、

「斬首作戦で殺される十二分な資格が有る」。

「遠慮したり、ためらったり、する方が異常なくらい」だ』。

『「自首も斬首作戦も時間がかかり過ぎる様」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

{使える}核ミサイル等を持つ前」に

「アッと言う間に終わる、北朝鮮解放戦争を行う事」が

「適切になる」』。

『「現状なら、米韓日等の連合軍と北朝鮮軍には、圧倒的な差がある」から

「一たび実戦争となれば、

アッと言う間に北朝鮮の敗戦で決着する」。

「作戦次第では、日本はもちろん、韓国内の犠牲も、ほとんど出ない事になる」。

「北朝鮮内と北朝鮮の主として軍人」には

「かなりの犠牲が出てしまう事になってしまう」が

「それは、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で、

主として、日韓内で、行わせ続けて来ている

工作活動による日韓の善良市民の犠牲より、

遥かに少ない数になる」。

「万一、

北朝鮮劣悪国家指導者等に、

{使える}核ミサイルを保有させてしまったなら、

その後に、生じてしまう事になる」、

日韓の善良市民の犠牲が、計り知れない事」を

「考えても、

自首も、斬首作戦も、

実効が無い場合、

北朝鮮解放戦争を行わない選択は、あり得ない」』。

『「困窮状態に追いやられている人々」は

「民族や国や金や権力等を頼りがちになり易い」が

「人間が人間として、根本的に頼れる」のは、

「実体や事実・現実」だ。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける為には、

悪い事を行わない事が肝要になる」。

「血統や民族や国や金や権力等に現実逃避せず、

劣悪を嫌い、

善良を好む判断の下、

実体や事実・現実の上を

健常に歩み続ける事」が

「今、全人類に、強く求められている」』。

|

「従北大統領を選択」で「北朝鮮解放戦争開戦へのお墨付きを出す」のか?韓国有権者・・・。

『「少し考えるなら、誰もが分る事」だが「従北大統領を韓国が選択する事=韓国が北朝鮮劣悪国家指導者の手下状態に置かれる事」だ。

「人権上、

北朝鮮解放戦争等での犠牲者」は、

「最小限に押さえられるべき」だが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」なら

「戦争犠牲も仕方の無い事になる」』。

『「韓国が北朝鮮劣悪国家指導者の手下大統領を選択する」なら、

「国際社会が、

北朝鮮解放戦争を始めるハードルは、

かなり低くなる」。

「韓国民の犠牲」が、

「仕方の無い事になるから」だ』。

『「韓国では、

北朝鮮劣悪国家指導者問題に対する危機感や嫌悪感等が余り無い」というが、

「その現象」は

「言うまでも無く、

韓国内に居る、

多数の、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たちによる

情報・教育工作活動等故」だ』。

『「少し考えるなら、誰もが分る事」だが、

「大韓航空機爆破」や

「韓国内砲撃」や

「他国内化学兵器VX使用暗殺テロ」等々、

「極悪非道の限りを尽くして来ている

国連決議も守らない、

国際社会の意向も無視し続けて来ている、

北朝鮮劣悪国家指導者等との対話等」は

「成り立つ訳も無い」』。

『「実際」に、

「過去の対話の実効」は

「極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮」に、

「核・ミサイル等の開発」や、

「他国内での工作活動の増強・増大等」の

「時間を与えたダケになっている」』。

『「北朝鮮は、

核実権を繰り返し、

北朝鮮のミサイル開発は進行し、

北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下による

韓国内も含む、他国内での工作活動等は、

より増強・増大されて来ている」』。

『「もちろん、こんな状態」を、

「国際社会が放置し続ける訳も無い」から、

「実際」に、

「今や、

中国共産党さえもが、

北朝鮮に実効のある圧力をかけている」』。

『「この時期」に、

「北朝鮮との対話路線を打ち出し、

北朝鮮劣悪国家指導者等に更なる時間を与える」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先以外の何モノでも無い」』。

『「韓国マスコミ等」は、

「本当のマスコミ等なら、

従北大統領候補等に対する、

北朝鮮人脈等からの

資金・利便・利権・異性等々提供等を

徹底的に洗い、

出て来た者・物・事は、

大々的に公開するべき」だ』。

『「朴が悪い事」と

「手下マスコミ等をかかえた

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下大統領候補等が良い事」は

「断じて、同じでは無い」』。

『「現状で、はっきりしている事」は

「今、北朝鮮劣悪国家指導者等に、更なる時間を与えようとする者等」は

「悪者以外の何モノでも無い事」だ』。

『「極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮」に

「{使える}核ミサイル等を保持させ、

他国内での工作活動等をやりたい放題状態にする事」を

「実質的に、援助する者等」は

「悪者以外の何者でも無い」』。

『「多くの韓国国民が、

自ら、

北朝鮮劣悪国家指導者の手下に成り下がりたい」のなら、

「遠慮なく、従北大統領候補に投票するべき」だが、

「それは、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下として、

戦争犠牲者になってしまっても、仕方の無い者としての印」を

「韓国国民が自分で自分の額に押す事でもある」』。

『「上記の様な情報」が

「韓国国内のマスコミ等で言われていない」なら

「韓国国内のマスコミ等の北朝鮮劣悪国家指導者の手下度」は

「かなり高い事になる」。

「そんなモノに操られて、自虐的な投票行動等を起こしてしまう者たち」とは、

「実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等の操り人形」だ』。

『「操り人形が究極の状態となれば、

北朝鮮国民の様に、

選挙には、必ず行くが、

投票先は、

北朝鮮劣悪国家指導者の、

実質的、指示・指定等通り・・・等とされる」。

「其処には、個人の自由も、意思・意志さえも無い」。

「そんな操り人形」を

「生かすも殺すも、

北朝鮮劣悪国家指導者等の勝手」だ』。

『「そんな状態に追いやられる事等」を

「韓国国民が望んでいない」のなら、

「従北大統領への投票」だけは、

「絶対に避けるべき」だ』。

『「それでも、投票する」なら

「戦争で殺してください!流」の

「あり得ない解放を望む程、

心身が痛めつけられている事になる」』。

『「朝鮮半島の民の苦悩の元は、何処にあるのか?」は、

「もはや、言うまでも無い事」だ。

「天に唾し続ける」なら

「本来、産まれていない者たちが、何れ、消滅する」のは、

「ある意味、必然になる」』。

|

フランス大統領選問題・・・。

『「フランス大統領選」での「対立ポイント」は「金権強化と国権・国民権強化」に他ならない。

「現状の社会・経済システム上」では、

「国境線を低くする事=金権強化」になり

「国境線を高くする事=国権・国民権を強化する事による金権の相対的弱化」になる』。

『「そのどちらに、正当性が有るのか?」』

『「事態は、はっきりしている」。

「国同士の対立~国同士の戦争を避けよう」として、

「現状のまでの社会・経済システムのまま、

国境線を低くした」ら、

「相対的に、金権が強化された」。

「金権強化故に、格差が増大」し、

「社会に不満が渦巻き、テロ等が頻発する様になってしまっている」のが

「現状」だ』。

『「何処に根本的な間違いがあったのか?」は

「少し考えるなら、誰もが分る」。

「現状の社会・経済システムのまま、国境線を低くした事」が

「間違い」に他ならない』。

『「国境線を低くする」なら、

「その前」に、

「社会・経済システム」の

「実体や現実との整合性」を、

「もっと、もっと、高めておく必要がある」』。

『「人類誰もの自分の実体」や「その実体の本来の目的」との

「整合性を高くした、

性能のより高い、精神文化製品である

社会・経済システム」に

「進歩・進化させておく必要がある」』。

『「それが、出来ていない内」は

「国境線を相応に高く保ったまま、

国同士の戦争等を避ける道」こそが、

「ベターチョイス」になる』。

『「現状の社会・経済システム」の「実体」は

「現状の社会経済システムに基づいた、{金権}システム」だ。

「金権システム上」では、

「多大な金権を得た者たちが、

更なる金権の強化・増大等を求め易くなる」。

「その為に、合理的になる手段」は

「他の権力を弱める事になる」』。

『「現状の社会・経済システム等」とは

「多くの人類が未だに執着している、

他の者・物・事との比べっこによる支配権/被支配権争い」という

「乳幼レベルの精神構造上」で

「つくり出されている」

「相対的システム」だ。

「比べっこでは、比べる相手より上か?下か?」が

「力を持てる」』。

『「もちろん、持てた力の上に、正解があるとは、限らない」が』。

『「国境線を低くする事」や

「規制緩和等する事」等々により、

「相対的に金権が強化・増大されて来ている」のが

「昨今の社会・経済システムの実状」だ』。

『「金権を強化・増大する」と

「その分だけ、人権も弱化される」のが

「相対的システムの正体」だ。

「金権の下で奴隷化されている多くの庶民の実体」は

「少し考えるなら、誰もが分る」』。

『「金権下奴隷状態から抜け出したい欲動」は、

「多くの人間の中で、必然的に、生まれる」。

「問題は、生まれ出て来ている解決法」だ』。

『「多くの人間の短絡的解決法」は、

「自分ダケが大金持ちになれれば良い」等だ。

「経済的苦境状態から、

直にでも抜け出す為に、

経済的苦境状態が薄いと{思える}場所に

移民・移動等する人々の中」にも、

「この短絡的解決法が、宿っている場合が多い」』。

『「一見、短絡解決法派では無い様に思える上辺を持っている人々」でも、

「その内実」は

「短絡的解決法の信者等である場合も多い」。

「例えば、

産まれ・学歴・人気・集金技術・増金技術等々の

上辺の要素を免罪符」に

「その下で、自分ダケを大金持ちにする事を是としている人々」だ』。

『「現状の社会・経済システム上では、大金持ちの親の下に産まれる事」は

「高額宝くじの大当たり等に、産まれながらに当選している様なモノ」だ。

「逆に、経済的苦境状態にある親の下に産まれる事」は

「大いなるハンディ等を、産まれながらに保持させられている事に他ならない」』。

『「この非人道的な差別」を

「多くの人間に容認せしめ続ける為」には、

「相対的金権システムによる金権縛り」や

「現実逃避マインドコントロール」等が

「有効」になる』。

『「劣悪な精神文化製品に他ならない

現状の社会・経済システムや、

それを維持せしめる為の

劣悪な、所謂、文系の、情報・教育等」による

「マインドコントロール犠牲者」は

「数多い」』。

『「現状の人類世界」は

「実体としては、カルト宗教団体の様なモノ」だから、

「世界中至るところで、

殺傷事件は枚挙に暇が無く、

テロや戦争等々も無くなる気配さえ無い」』。

『「劣悪な社会・経済システムを続ける為には、

誤魔化す為の劣悪な手段の実用も必然」だ。

「国境線が高かった時代の

植民地支配比べっこや、

国レベルの戦争等」が

「其れに当たる」』。

『「相対的金権」を、

「ある意味では、オールリセット的に崩壊~再構築等させる手段」が

「国レベルの戦争」だった』。

『「しかし、現状の人類には、国レベルの戦争は行えない」。

「何故なら、

進歩・進化が非常に疎かな精神文化側とは全く違い、

人類の物質文明側は、

急速な進歩・進化を実現し続けて来ている」ばかりか、

「核兵器等の大量破壊兵器までもが、世界中至るところに、既に、在る状態だから」だ』。

『「現状の先進国同士等が、

本気で、国レベルの戦争を行う」なら

「人類は、アッと言う間に滅亡する」』。

『「もはや、今の人類が行うべき一大事業」は

「誰の中でも、明らか」だろう。

「余りにも、進歩・進化が疎かな、人類の精神文化側」を

「物質文明側以上に、急速に、進歩・進化させる事」だ』。

『「精神文化側を急速に進歩・進化させる方法」は、

「既に、判っている」。

「物質文明側の急速な進歩・進化」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」により

「実現されている」。

「精神文化側でも、同じ事をやれば良いダケ」だ』。

『「例えば、人類も含むほとんど全ての生物の誕生・死」は

「細胞レベルの現象である事等」は

「既に、科学レベルで判明している」。

「それを、意識的かつ積極的に実用する」なら

「多くの人々の死生観や人生観の現実との整合性を

飛躍的に高める事等が可能になる」。

「死生観や人生観の現実との整合性がより高い状態の人々による判断の自虐性」は

「現実離れが激しい、丸ごと一人の死生観や人生観等を保持し続けている人々による判断の自虐性」より

「弱くなる」。

「丸ごと一人の死生観・人生観上」なら

「例えば、丸ごと一人自分ダケが大金持ちや大権持ち等に成る事=人生の成功等」だが、

「細胞レベルの死生観・人生観上」なら

「地球生命体細胞群の本来の目的であるその存続~永続への貢献等が出来ていてこそ

人生の成功等」になる』。

『「現況」では

「国レベルでの戦争に対する抑止効果」は

「急速な進歩・進化を実現し続けて来ている人類の物質文明」が

「ある程度、もたらせている」。

「現況なら、国レベルでの戦争が起きてしまう事等」を

「過剰に恐れる必要は無い」。

「むしろ、恐れるべき」は

「時代遅れの死生観・人生観に基づいた成功像に誘われた人々がもたらす、

主として、格差増大等故の

不満等の爆発・暴発等」だ』。

『「似非人権主義者たち」は

「現行の社会・経済システムを維持してるが故に世界中で生じている、

産まれながらの絶大なる格差という非人道的な大問題」を

「放置・容認したまま、移動の自由等を訴える」。

「丸ごと一人自分ダケが、苦境から抜け出せれば良い等と考え・思う人々」は

「容易に、移動の自由に縋り付く」が、

「移動先で待っている」のは、

「都合の良い、金権奴隷状態」だ。

「其処に不満が生じ無い訳も無い」』。

『「その裏で、金権奴隷を都合良く使う者たち」は

「その者たちが持つ金権を更に、増強・増大出来易くなる」。

「自分ダケが、大金・大権を持てれば成功」という

「本質的には、自虐的な成功観の中で、

現実を直視しない為に、

大量消費自慰生活等に身を委ねさせ続けようとする

その醜悪で劣悪な実態・実体」は

「必然的に、他の多くの人々の中に、不満等を生じさせ、

殺傷事件やテロ等を暴発させる重大因子となっている」』。

『「現状の人間世界」なら

「とりあえずは、国権・国民権を高める方がマシ」になる。

「そして、国同士の戦争が抑制されている内」に

「殺傷事件やテロ等に使われてしまう物質文明製品が

余りにも、進歩・進化してしまう前」に、

「全人類の精神文化を正常進歩・正常進化させる

一大事業」を

「意識的かつ積極的に行わなければならない」』。

『「米国の場合は、人口キャパも十分にあった」から

「トランプ大統領が誕生した」。

「フランスの場合、人口キャパが少ない分」だけ

「有権者のEU依存心理等も高くなってしまう」だろうが、

「現状の人類世界に在る問題の本質」を

「絶対に、見逃さずに、

有権者は、投票先を判断するべき」だ』。

|

日米韓VS北朝鮮、チキンレースの本質・・・。

『「数十年前、金日成時代の北朝鮮」では、「張りぼて戦闘機や、張りぼて戦車等々で、まるで、学芸会の様な軍事パレード」を「行っていた」。

「それを、見た、世界中の多くの国々の人々等」は、

「北朝鮮をバカにし、

北朝鮮に脅威等を覚える事は無かった」。

「ところが、その裏」では、

「既に、

北朝鮮の工作員や協力者等による

スパイ・工作活動等が旺盛に行われていた」』。

『「大衆興味寄せの為の軍事パレード」だから

「みっともないモノでも、行う必要があり」、

「張りぼて、学芸会でも良い」等というのが

「その時の北朝鮮劣悪国家指導者等の考え」だった』。

『「上記の数十年前の事実」は、

「北朝鮮という国家」の

「劣悪国家指導者等の実体」を

「露呈させている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等による

国家戦略等の本質」は

「大衆興味寄せの見せ球に過ぎ無い、

時代遅れの軍備等にあるのでは無く、

その裏で行われている

主として、他国内でのスパイ・工作活動等に在る」』。

『「数十年前の、{張りぼて学芸会軍事パレード}等の裏」では、

「主として、日韓内」で、

「多数の日韓国民が

北朝鮮によって拉致され始めていた」。

「スパイ工作や、日韓国民虚勢化・無害化等工作や、政界工作等々」は、

「既に、旺盛に行われていた」』。

『「戦後の日韓内」には、

「多数の北朝鮮系の者たちや、その協力者たちが居続けている」』。

『「戦後の日韓内」では、

「主として、その人脈の者たち」が、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の指令・命令等の下」で、

「拉致を含む、

多種多様なスパイ・工作活動等を

旺盛に、

行い続けて来ている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の思惑」では、

「大衆興味寄せの見せ球に過ぎ無い時代遅れの軍備」にも

「十分な実効を持たせてしまう事」と

「先ずは、日韓内に、

北朝鮮劣悪国家指導者等との対話路線や

北朝鮮に対する太陽政策等、

親北朝鮮世論を形成させる事」と、

「情報工作・政界工作等の成果として、

先ずは、日韓内に親北朝鮮政権を樹立する事」等が

「当面の目標になっている」』。

『「その為には、もう少しの時間が必要になる」。

「核ミサイルの実用化は、もう直ぐ」だ。

「日韓内の工作活動の成果も出始めている」。

「日本の安倍政権転覆や政権交代等は、失敗に終わりそうだが、

韓国内では、朴政権は転覆し、親北朝鮮大統領が誕生するかも知れない」。

「核ミサイルの実用化に成功し、先ずは、韓国内だけでも、親北朝鮮化出来る」なら

「かなりの確率で、その後が開けて来る」等と

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、今、思っている」・・・』。

『「それが、北朝鮮劣悪国家指導者等の今の本音」だ』。

『「上記の様な北朝鮮劣悪国家指導者等の思惑」が

「実現してしまうとどうなるのか?」』

『「実効を持つ軍備脅しの下に在る

親北朝鮮状態韓国内」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等人脈による支配下に置く事等」が

「実現し易くなってしまう」』。

『「更に、北朝鮮劣悪国家指導者等人脈による、日本内の支配工作等もやり易くなってしまう」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等による、

先ずは、朝鮮半島内と日本内の乗っ取り支配」こそが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の当面の目標」だ』。

『「そして、

その後は、

朝鮮半島と日本をベースにして、

全世界を支配する事」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の

本当の目標になっている」』。

『「元々が、自分で自分を健康にコントロールし続けるのでは無く、

その代わりに、他の者・物・事を支配しようとし続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等の状態」は

「何故生まれたのか?」』

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける為」には、

「本質的に悪い事を行わない事が肝要になる」が、

「北朝鮮劣悪国家指導者等とは、悪事の上に生み出された存在」だ。

「自己正当化の為に、他の者・物・事等の支配に邁進する精神構造」を

「生まれながらに仕込まれている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実体」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」とは、

「日本の敗戦に付け込んだ火事場泥棒という本質的悪事の上」に、

「旧ソ連が担ぎ出した者」を

「無理やり、英雄化して載せた」ところから

「始まっている」』。

『「英雄化の中身も、悪事」だ。

「日韓併合時の、迷惑、少数山奥反政府武装勢力(もちろん、本質的、悪事)の故事」を

「無理やり、美化・正当化(もちろん、本質的、悪事)」して

「被せた」』。

『「その下」で、

「その象徴や権力等の正当化の為」に、

「先ずは、人民支配を行わせた(もちろん、コレも本質的悪事)」』。

『「元々が、旧社会・共産圏の都合」で、

「火事場泥棒の上」に、

「人民支配をさせる為に担ぎ出された者たち」だから、

「既に、大いに、本質的自分を害している者たち」が、

「国家元首等とされてしまって来ている」のが

「実体」だ』。

『「その様な元」を

「無理やり正当化し続けようとする」と

「行わなければならない事等も、

当然の如く酷くなる」』。

『「支配圏を広げる為の、朝鮮戦争然り、

主として、日韓内でのスパイ・工作活動等然り、

大韓航空機の爆破然り、

偽札然り、

覚せい剤然り、

他国内爆破テロ然り、

国連安保理決議無視然り、

国際社会の意向無視然り、

他国内化学兵器VX使用暗殺テロ然り、

コンピューターハッキングによる銀行預金等略奪然り

・・・等々、等々」』。

『「もはや、

北朝鮮劣悪国家指導者等が

自分の実体を実体通り意識・認識する事」には、

「かなりの困難・苦難等が伴う状態になってしまっている」。

「そんな者たちの手下状態に居続けている人々の哀れさ等は、

もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「意識・認識等する事が困難な、自分の実体」から、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が逃げ続けようとするとどうなるのか?」』

『「世界中の他の者・物・事等の全て」を

「支配しようとし続ける極悪欲動(健常欲動は、自己健常支配の継続)等」が

「生じて来てしまう」のは、

「ある意味、当然の現象」になる』。

『「そんな劣悪国家指導者等の下」に、

「国家を築けば、どうなるのか?」

「実体として、カルト宗教国家となってしまう」のは、

「ある意味、当然の現象」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「精神構造上の大病等を治さない限り、

北朝鮮劣悪国家指導者等との話し合い等は無駄」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」の、

「精神構造上の大病を治せる可能性は、極めて低い」』。

『「実際」に

「話し合いが無駄である事」は、

「過去の話し合いの歴史が、既に、実証している」』。

『「過去の、米朝二国間も含む、話し合いの結果」が

「今の北朝鮮の状態」だ』。

『「更なる、話し合いを続ければ、どうなるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が、

「実効のある核ミサイルを保持出来る事になってしまう」と「共」に、

「北朝鮮劣悪国家指導者等人脈による、

先ずは、日韓内の支配」が

「行い易くなってしまう」。

「もちろん、そんな事態は、絶対に阻止しなければならない」』。

『「上記の様な事態が起きない為」に

「必要な事は明らか」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等自らが、

核・ミサイル開発等と他国内での工作活動等を放棄する事」か、

「世界中の圧力や、

場合によっては、

主として、米韓日による実戦争等」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等による、

核・ミサイルの開発等と他国内での工作活動等を

排除する事」だ』。

『「北朝鮮がまたまた弾道ミサイルを発射した」が

「失敗」した。

「世界中は抗議し、

圧力強化に動いている」』。

『「その裏」では、

「主として、日韓内」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下たち」が

「出来る限り早く、

日韓内を北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い状態にするべく、

工作活動等を強化している」』。

『「今のチキンレースの本質」は

「北朝鮮と米国のどちらが実戦争の引き金を引くのか?降りるのか?」には「無い」』。

『「時間稼ぎと核・ミサイル開発や工作活動等の継続により」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

精神構造上の大病状態のまま蔓延り続ける事が出来る状態」を

「構築出来てしまうか?否か?」だ』。

『「否にする為には、北朝鮮に時間を与えてはいけない」。

「時間稼ぎのチキンレースは、北朝鮮の都合に沿う事になる」からだ』。

『「直ちに、核・ミサイルの開発等と他国内での工作活動等を

北朝鮮劣悪国家指導者等が放棄しない」のなら、

「米韓日はもちろん、中も露も、一斉に、北朝鮮に軍事侵攻するべき」だ。

「実戦争は、

他国内には、ほとんど被害をもたらさず、

アッと言う間に終わり、

北朝鮮劣悪国家指導者等の問題は、

早々に解消される事になる」』。

『「北朝鮮は、

劣悪国家指導者等による支配から解放」され、

「最低でも、中国共産党支配下の中国レベルの状態にはなる事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等とその手下たち」は

「本当に、世界中の迷惑」だ。

「根本的に、精神構造上の大病状態なのだから、

国家指導者等の要職に就く前に、

自らの精神構造上の大病を治すべき」だ。

「精神構造上の大病を患っている者たちの手下状態の者たち」は

「一刻も早く、そんな異常状態から自分を解放するべき」だ』。

『「日本国内でも、

北朝鮮劣悪国家指導者人脈等の

決して少なく無い割り合いの者たち」は、

「もう、既に、

数多くの、

摘発され、

逮捕され、

厳罰に処されるべき、

殺傷工作等までも

行ってしまって来ている」のだから、

「近々、大元を排除なり、逮捕等なりした後」は

「どんなに人数が多くても、

続々と、

逮捕~厳罰に処す等の

処置を速やかに行うべき」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の為の工作活動等を行い続けて来ている」のだから、

「事態収拾後の北朝鮮」に、

「強制送還・強制送致等すれば良い」等と

「強く、感じている一般日本国民の数も、かなり多い」』。

『「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下を止めない者たち」とは、

「本当に、深刻な、おバカ等」になる』。

『「人間として健常な資質が有る」なら

「精神構造上の大病者の手下に成り下がるのではなく、

精神構造上の大病者の大病を治す方向に力を加える」のが

「当然」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の一人、金正恩は、

在日二世の子だそうだが、

近い位置に居る者たちの責任」は、

「相応に重い」』。

『「もっとも、近い位置に居る者たち」も

「精神構造上の大病状態」なら、

「人間としての健常等を望むべくも無い事になってしまう」が』。

|

「未だ、十分な実用段階に無い北朝鮮の核兵器」の間に、どうする?北朝鮮劣悪国家指導者等問題・・・。

『「米軍の北朝鮮攻撃」には「韓国の同意が要る」との事だ。しかし、「例えば、北朝鮮の核・ミサイル開発や工作活動等」を

「現状のまま、放置~容認」して、

「近未来において、

韓国・韓国国民等が、

北朝鮮に支配される事」や、

「韓国に、北朝鮮の核を落とされる事」等と

「今の内の米国による軍事行動等による

北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決」の

「どちらを取るか?」等を

「聞かれて」、

「米国による軍事行動等を容認しない旨

回答する

韓国大統領等」は、

「居ない筈」だ。

「もし、その様に回答する韓国大統領が居る」なら、

「その者は、北朝鮮の手先」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題」等は、

「処理可能な内に処理する」のが

「国際社会の常識」だ』。

『「非人道的な工作活動まで積極的に行い続けて来ている

劣悪国家指導者等に

実用度が高い核兵器まで持たせる事の容認」は

「絶対に、あり得ない」』。

『「もはや、

米国はもちろん、

韓国にしても、

日本にしても、

中国にしても、

・・・北朝鮮劣悪国家指導者等が保持出来ている

核・ミサイル等の

これ以上の増強等」を

「容認出来る訳も無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「核開発や工作活動等」を

「自主的に、放棄しない限り、

軍事行動等も含む

全ての絶大なる対応の下」で

「近々、

北朝鮮劣悪国家指導者問題」は

「片付けられる事になる」』。

『「周辺諸国等への被害を

最小限に押さえる策」は

「斬首作戦」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「他国内での、

化学兵器VX使用、

金正恩の実の兄、金正男

暗殺テロ」の

「実行」により、

「国際社会の中」で、

「斬首作戦の標的にされるべき状態」を

「自ら、既に、作り出している」』。

『「米国等による斬首作戦」は、

「既に、動き始めている」』。

『「未だに、

反軍事行動等や

話し合い解決等を

訴える事」等により、

「北朝鮮劣悪国家指導者等による

核・ミサイル等開発や

他国内での工作活動等」に

「更なる時間を与えようとしている者たち」は

「明らかに変」だ』。

『「核・ミサイル等の脅しの下の

工作活動等」により、」、

「北朝鮮劣悪国家指導者人脈の者たち」による

「日韓及び日韓国民支配等」を

「実現させたがっている」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の人脈の者たち等」と

「相場は決まっている」』。

『「普通の日韓国民等」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決の実現に繋がる

具体的な策等」の

「実現等を望んでいて当然」だ』。

『「斬首作戦」然り、

「出来る限り被害を押さえた、出来る限り早く終わる、戦争等」然り、

「日韓内等、北朝鮮による他国内工作活動の徹底摘発~徹底撲滅等」然り、

「中国も含む全世界による実効が直に出る圧力」然り、

・・・等々』。

『「未だに、

話になる訳も無い、

北朝鮮劣悪国家指導者等との

話し合い等を言っている」のは、

「普通では無い人々」になる』。

『「核・ミサイル開発や工作活動等実行等の為」の

「時間稼ぎに直結」している

「北朝鮮劣悪国家指導者等との

話し合い等」を

「訴えている」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先やお友達等以外の何モノでも無い事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決」は

「本当に急務」だ』。

『「早々に解決出来ない場合、

人類が

近々滅亡する事になってしまっても、

何の不思議も無い」』。

『「日本国・日本政府等が

意識的かつ積極的に行うべき事」は

「米国軍事行動等実行時の対応等はもちろん」、

「日本国内の北朝鮮等による工作活動の徹底摘発~徹底撲滅」だ』。

『「言うまでも無く、

その工作活動」は、

「日本国内に居る北朝鮮劣悪国家指導者等の手先の者たちが行っている」。

「日本全国各地から多数の日本国民を拉致{出来た}裏に居た」のも

「その連中」だ。

「その連中」は

「その後も、

北朝鮮劣悪国家指導者の命令等の下」で

「世代交代までしながら、

子沢山工作等までしながら、

連綿と

非人道的な工作活動等を

行い続けて来てしまっている」』。

『「こんな異常事態」は、

「早々に、解消する」のが

「当然」だ。

「日本国内の北朝鮮等による工作活動の徹底摘発~徹底撲滅」は

「本当に、急務」だ』。

『「北朝鮮系の工作の骨子」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって」の

「有益分子の育成」と

「不適応分子の粛清」に他ならない』。

『「具体的には、

支配に適切な数の日本国民」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子にする事」と

「支配するに多過ぎる分の日本国民」や、

「有益分子化出来ない日本国民等」を

「粛清する事」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等により、

有益分子化された日本国民等」の

「実態・実体」は

「多くの人々が直に判る」。

「例えば、

学校教育界や

テレビ・ラジオ・マスコミ界や

所謂、左翼(内実は、親朝鮮等)政財界」等の

「者たち」の

「論調内実等で直に判る」』。

『「戦後日本の情報・教育界」は、

「本当に、異常」だ。

「将来分まで考慮した内実」として、

「北朝鮮劣悪国家指導者等と

日本国・日本国民等」の

「どちらをより利しているのか?」等を

「検証する」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等を利している論等」で

「溢れているから・・・」だ』。

『「将来分まで考慮して論等の内実を検証する」なら

「誰もが、

直に、

決して少なく無い数の

北朝鮮劣悪国家指導者等の有益分子たち」を

「見出す事が出来る」のが

「戦後日本の情報・教育界」の

「本当に、酷い実態」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が

これまで行って来て、

既に、露呈している、

非人道的な悪事・問題等ダケ」を

「取り上げ、

正義ぶって批判・非難」等している

「裏」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令等の下の

日韓も含む他国内での

未だ、十分に露呈させられていない

非人道的な工作活動等」や

「核・ミサイル等の更なる開発等」の「為」の

「更なる時間」を

「与え続ける事に

直結している

北朝鮮劣悪国家指導者等との話し合い等」を

「訴え、

それを平和的解決等と嘯いている

醜悪な実態」は

「本当に、見苦しい」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の下」の

「核・ミサイル等の増強」や

「非人道的な工作活動」等を

「温存」させていて、

「その何処が、平和的解決だ!!!」』

『「連綿と続けられて来てしまっている

北朝鮮劣悪国家指導者等の工作活動等による犠牲者の数」を

「綿密に調べる」なら

「既に、下手な武力衝突等を遥かに超える数になっている事等」も

「判明する事になる」』。

『「工作活動等を放置して、

更に、犠牲者を増やし続ける道」と

「斬首作戦等」では、

「斬首作戦等の方」が、

「遥かに、犠牲者の数が少なくなる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者人脈等による

日韓・日韓国民支配」等の

「最悪事態を望んでいない」のなら、

「北朝鮮劣悪国家指導者問題を出来る限り早く、

実際に、解決する事」に

「反対出来る訳も無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題を解決出来る時間」は

「もう、残り少ない」。

「北朝鮮による核弾頭の小型化が実現してしまう」と

「多数の核ミサイルの脅しの下」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の意志」が

「日韓内等で反映させられ易くなってしまう」』。

『「そうなると、

核戦争を覚悟して徹底抗戦等しない限り、

多くの日韓国民」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の

実質的、奴隷状態」に

「追い込まれてしまう事になる」』。

『「国家指導者の実の兄」を

「他国内」で

「化学兵器VXを使って暗殺した者たち」に、

「更なる時間を与え、

核弾頭の小型化等まで実現させてしまう事」等は

「絶対に行ってはいけない事」に他ならない』。

『「未だ、核兵器が十分な実用状態には無い今の内」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等を排除する事」こそが

「人類の未来を長くする事に直結している」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者の奴隷になる」のと、

「今の内の、

斬首作戦や

アッと言う間に終わる戦争等の軍事行動等」の

「どちらを取るのか?」が

「今、日韓国民に突き付けられている重大質問」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の奴隷になる道」を

「平和的解決の道等と言う」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の人脈の者たち」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「自主的に、核・ミサイル開発等と工作活動等を放棄しない限り、

米軍等による軍事行動等」こそが、

「正義の道」だ』。

『「多くの日韓国民等を

北朝鮮劣悪国家指導者等の奴隷にする道等を推奨し続けて来ている、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手先やお友達等」とは、

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者たち」に他ならない』。

『「電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作や

医療工作等々の

非自動的な工作活動等」を

「無い事にしたり、

黙殺したり、

・・・し続けて来ながら」、

「反戦・平和等を嘯き続けて来ている

実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手先の

情報工作員等」を

「公共の電波上」や

「公共的マスコミ上」や

「学校教育上」等で

「重用し続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本の情報・教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

復興大臣にも、「言葉狩りをする為、怒らせる為の質問」を執拗にして、言葉狩りや怒り態度等が得られると、それをテレビ・マスコミ等上で大問題化する、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)人脈の醜悪工作活動等問題・・・。

『「原発自主避難民」には「タイプがある」。「テレビ・マスコミ等により、心理的に放射能恐怖症状態に追い込まれた人々」と

「所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党等)の反日運動家等」等だ』。

『「所謂、左翼(同上)、反日運動家等」の

「劣悪な実態・実体」は

「多くの日本国民が、既に、重々、承知の事」だろう』。

『「例えば、

今回の復興大臣、言葉狩り・怒り態度狩り問題上」でも

「原発避難当事者等では無い、お仲間、所謂、左翼(同上)の者たち等」と、

「国会前等に集合」し、

「{大臣辞めろ!}等と叫び、大騒ぎしていた」』。

『「復興問題で、肝要な事」は、

「もし、進むべき復興がちゃんと進んでいない等なら、

ちゃんと復興を進めろ!等であり、

{大臣辞めろ!}等」では、

「断じて無い」。

「そして、それは、今時、国会前で大騒ぎする事でも無い筈」だ』。

『「お仲間、所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等共々、

政治運動等」を

「行う為」だから、

「現状の様な、劣悪で醜悪な実態を露呈し続けて来ている」のが

「所謂、左翼(同上)の自主避難民等」の「実態・実体」と

「強く推定出来る」』。

『「日本国・多くの日本国民を不利にする、政治運動等を行う為」に、

「放射能恐怖症等を煽り、自主避難民を多くする情報工作等」を

「所謂、左翼(同上)のテレビマスコミ等が行い」、、

「日本国・多くの日本国民を不利にする政治運動等を行う為」に

「自主避難した、所謂、左翼(同上)の者たち」と

「所謂、左翼(同上)のテレビ・マスコミ・政党等」が、

「大騒ぎ等」する。

「そんな醜態には、もう、うんざり・・・」の

「日本国民の数も多い」』。

『「記者会見や国会等で執拗な質問」をし、

「言葉狩りや、怒り態度狩り」等を、

「積極的に行い続けて来ている実態」からも

「所謂、左翼(同上)の正体」は「明らか」だ。

「日本国・多くの日本国民の為になる事を行いたいのでは無く、

日本国・多くの日本国民の邪魔等を行いたい様相」が

「日本国・多くの日本国民の為になる政策等を訴える事が極めて希薄で、

言葉狩りや、怒り態度狩り等が旺盛な実態上」に

「露呈している」』。

『「所謂、左翼(同上)の、テレビ・マスコミ等」が

「日本の公共の電波上や、

公共的マスコミ上で、

所謂、左翼(同上)ご用達情報ばかり・・・を主に、

大宣伝し続け、

多くの日本国民を、

実質的に、マインドコントロールし続けようとし続けて来ている

劣悪態」も

「未だに、旧来通り・・・」で、

「その様な実態」には、

「もはや、嫌気がさしている一般日本国民の数もかなり多い筈」だ』。

『「記者会見で質問する」なら

「復興内実等をより良く知る為に有益な質問等をする」のが

「普通レベル以上の記者等」で、

「言葉狩りの為、怒り態度狩りの為等の為」に

「復興内実を差し置いて、執拗な嫌がらせ的質問等をする」のは

「記者というより、情報工作員等と言った方が適切」な、

「劣悪状態の者」だ』。

『「劣悪状態の者が、

実質的には、無理やり、導き出した

言葉狩りの結果や、

怒り態度狩りの結果等」を

「基」に

「国会」や

「日本の公共の電波上や、

公共的マスコミ上等」で

「大問題化・大騒動化等する」のは、

「劣悪政党・議員等」や

「劣悪テレビ・マスコミ等」になる』。

『「何故、劣悪か」と言えば、

「そんな事をしたところで、

復興がより進んだり、

日本国・多くの日本国民の状態が良くなったりする事は、基本的に、無いから」だ。

「その裏」で、

「例えば、

特定極一部の、

反日である場合が多い、

所謂、左翼(同上)人脈の者たち」の

「例えば、血税利用の、実質的、不当利権等が守られ易くなるダケだから・・・」だ』。

『「この様な実態・実体に怒り等を覚えている一般日本国民の数もかなり多い筈」だ』。

『「もはや、所謂、左翼(同上)の、旧来通り・・・の政治運動等」の「実効」は

「所謂、左翼(同上)にとっての自虐にしかならない」』。

『「日本国内で、自虐的に、或いは、反日祖国・母国等の為に、

日本国や多くの日本国民の邪魔等をしている暇がある」のなら、

「贔屓の国に行くなり、帰るなりして、

存分に、贔屓の国・国民等の為に尽くせば良い」のだが、

「元の目的」が

「日本の乗っ取り支配等だったりしている」と

「その様な素直な実態には向かわず、

ひねくれている劣悪な実態を

露呈し続ける事になる」』。

『「もちろん、日本乗っ取り支配等を目的としている反日人脈等」を

「日本が放置し続ける必要は全く無い」。

「日本国・多くの日本国民を守る為の適切な対応が必需」だ』。

『「復興内実が、実体や事実・現実に基づいて、原寸大通りに報じられている」なら、

「公共の電波使用や、

公共的マスコミ上」の

「情報配信として、適切になる」が

「政治工作等の為の質問を執拗にした上で得られた

言葉狩りや、

怒り態度狩り等を

大問題化して、

大騒ぎする、

実質的、反政権・与党政治運動等を行っている」なら

「それは、明らかに、

公共の電波使用や、

公共的マスコミ上」の

「情報配信として不適切」だ』。

『「そんな不適切で、劣悪な状態」が

「何故?連綿と続けられてしまっているのか?」

「もはや、言うまでも無い事だろう」。

「実質的に、異常な戦後処理を引き摺り続けているが故」の

「実権者人脈等固定状態故」だ』。

『「実権者人脈等が実質的に固定化されている」から

「雇用も出世も、人脈次第・・・」となり、

「配信され続けて来ている論調」や、

「常連出演者・常筆等」も、

「その人脈にとって都合の良い方向に、

偏向させられ続けて来ている実態・実体」が

「露呈」している』。

『「もちろん、そんな状態の是正」は

「急務」だ』。

『「政界の政権交代の如く、

戦後日本の情報・教育界」には、

「人脈交代が在って然るべき」だ』。

『「不適切で劣悪な仕事等を行い続けて来ている者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本社会の情報・教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

「トランプ大統領で世界の警察復活!」米軍による、シリア、トマホークミサイル攻撃の裏では・・・。

『「世界の警察放棄&戦略的忍耐という優等生言葉の裏に隠れて眺めるダケ・・・状態だったオバマ政権時とは、全く違い、トランプ政権の対応は、本当に、速やか」だ。

「非人道的な化学兵器使用に対する{世界の警察による武力行使}」は

「その効果が、本当に大きい」』。

『「何故なら、ズルや悪行為等を行う事」により、

「不当利権を得ようとしたり、

増大させようとしたりしている

劣悪権力者やその下の者たちに対する

現実的な抑止効果等があるから」だ』。

『「非人道的なズルや悪行為等として」は、

「貧者の大量破壊兵器と言われている

化学兵器等開発~保有~使用ダケでは無く」、

「金のかかる大量破壊兵器である

核兵器開発~保有~使用(実験も含む)」や、

「一般市民相手の集団的工作活動等もある」』。

『「健常な国家や国家指導者等」なら

「非人道的なズルや悪行為等は、行わない」が

「劣悪国家や劣悪国家指導者等」は

「劣悪故に、ズルや悪行為等を選択しがち」だ』。

『「現状の極東地域」では

「北朝鮮問題」の「実体」が、

「劣悪国家・劣悪国家指導者問題となっている」』。

『「破壊力はそれ程大きく無いものの、

通常弾頭版トマホークの

的確なターゲット破壊ぶり」は

「かなりの精度」だ。

「その実証」が

「今回のシリアでも行われた事の意味は大きい」』。

『「トランプ大統領と習主席の首脳会談の間」に

「行われたシリアへのトマホーク攻撃」の

「裏の内実」としては、

「出来る限り、被害を小さく押さえた北朝鮮劣悪国家指導者等殲滅作戦時の実態」を

「習主席等に、理解せしめるに十分だった筈」だ』。

『「習主席等が、米軍による北朝鮮劣悪権力者等殲滅作戦に反対する理由」は

「益々、少なくなった」に違い無い』。

『「元々、北朝鮮問題では、

実は、面倒だから、出来れば、何もせずに漁夫の利狙い」というのが

「習主席や多くの中国共産党幹部等の本音」だ』。

『「漁夫の利」とは

「悪い意味で唯我独尊状態で問題だらけ・・・の現状の北朝鮮」を

「中国共産党支配下の中国に準じる、

親中国共産党国家化する事に他ならない」』。

『「中国自体は、

ロクに動かず、

被害も受けず、

漁夫の利ダケ得られる事」が

「中国共産党の理想」だ』。

『「米国にしてみれば、北朝鮮が中国共産党レベルにまで、少しでも、進化する」なら

「それだけでも、かなり歓迎の筈」だ』。

『「北朝鮮に対する

小規模で的確な

米軍による軍事行動」は

「米中合意可能の範囲に入る」』。

『「しかし、

如何に米軍でも、

そんなに都合の良い軍事行動等が出来るのか?否か?」には、

「実証が要る」。

「その一つの実証例」が

「今回のシリア攻撃になった」という訳だ』。

『「確度の高い情報を基」に

「主として、北朝鮮劣悪国家指導者等ダケを排除する軍事行動」を

「今の米軍」は

「実現出来る事の実証」が

「行われた面もある」のが

「今回の米軍による、シリア攻撃の実態・実体」だ』。

『「中国が北朝鮮に対して、実効のある経済制裁等を行った場合」と

「米軍による、主として、北朝鮮劣悪国家指導者等ダケを殲滅する軍事行動等」を

「天秤にかける」なら、

「北朝鮮発の戦争と成りかねない中国による実効のある経済制裁」より、

「アッと言う間に終わる、犠牲も少ない、短い軍事行動等」の方が、

「遥かにマシ」である事は、

「少し考えるなら、誰でも判る」』。

『「短い限定的な軍事行動の後」に

「親中国共産党政権が、北朝鮮に出来たところ」で

「世界中で、現状の北朝鮮より、歓迎される事等は、確実」だ』。

『「米国も中国共産党も、

とりあえずは、納得出来る、

北朝鮮問題の処理状態」が

「其処に在る」』。

『「何れにしても、北朝鮮の現状放置~容認等はあり得ない」ので

「北朝鮮が、例えば、核実験等を行う」なら

「程なく、軍事作戦が実行される可能性大」だ』。

『「日本国内で、

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や医療工作や拉致工作等々、

一般市民相手に、

散々、非人道的な工作活動を

世代交代までしながら、

行い続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等の手先の者たち」も

「いい加減に、身の処し方等を、真剣に、考え、

罪を軽減する策等を実行に移すべき」だ』。

『「何れにしても、世界は大きく動かざるを得なくなる」。

「動乱を大きくするも、小さく押さえるも、

動乱後の人類の未来を

明るくするも、苦境にするも、

全ては、今、生きている人々の行動等の集大成による事」だ』。

『「精神構造が未熟であるが故に、

自虐要素が強すぎる

インチキ経済・社会システム上の

人類世界」は

「それ程、遠く無い、近未来」で

「終わる」。

「今の全ての人類に求められている事」は

「その後の新たな自虐度の低くなる人類世界に

適合出来る資質を持つ状態にまで、

狭義の自分を

精神構造も含めて、

健常に成長させる事」だ』。

『「非人道的な集団的工作活動というチリ」が

「無くなる近未来の日本から」は

「続々と、新たな人類世界に有益な精神文化製品等が生み出され、

それは、世界中に、配信される事になる」』。

『「ほぼ同時」に

「核レベル以上のエネルギーを実用する物質文明製品等も解禁される事になる」。

「それは、武器として使うなら、其れこそ、山を割き、地球を消滅させる事さえも可能にするレベルの武器となる」が

「平和利用する」なら

「人類が宇宙に本格進出する道具として、非常に実用性が高い道具になる」』。

『「そんな時代」が

「其れこそ、直ぐ其処まで来ている」』。

『「人類の未来を明るくする為」にも

「北朝鮮劣悪国家指導者たち等の排除&北朝鮮の是正&集団的工作活動等の撲滅」は

「急務」だ』。

『「もちろん、

理想を言うなら、無欠開城状態」で

「北朝鮮の劣悪国家指導者たち等」が、

「自主的」に、、

「核・ミサイル・工作活動」等を

「放棄する事」だ』。

『「しかし、

今まで、散々な事を行い続けて来ている者たち」だから、

「如何に、無欠開城状態」でも、

「ノーベル平和章進呈!」とは「行く訳も無い」。

「それでも、被害者補償等を積極的に行う」なら、

「罪と罰の軽減」には

「直結する事になる」』。

『「全ての行動等の選択」は、

「個々の狭義の自分に委ねられている」』。

|

米中首脳会談、「時間稼ぎをしたい習主席」と「実効のある結果を得たいトランプ大統領」対決・・・。

『「工作活動国家の悪権力者等にとって」は「時間稼ぎ」こそが「利権増大に繋がる大メリット」になる。「現状維持」とは、「工作活動及び、その結果の、維持・増大に直結しているから」だ。

「実務・実利国家の実権者等にとって」は

「出来るだけ早く得られる実効」こそが

「実権者の評価に直結する」』。

『「米中」では、

「国家の本質」が

「全く違う」ので

「話し合い」は、

「内容次第で、困難を極める事になる」』。

『「日本国・日本国民にとって、

大いに関わりがある大問題」は

「北朝鮮悪権力者問題」だ。

「実効のある結論を出したいトランプ大統領」と、

「時間稼ぎをしたい習主席」との

「間」で、

「どの様な結論が出されるのか?」』

『「幸いな事」に

「北朝鮮問題」では

「裏」での

「米中合意等」も「簡単」だ』。

『「それは、具体的に考えを進める」なら、

「誰もが分る」』。

『「先ずは、中国による実効のある経済制裁の場合を考えてみよう」。

「実際」は

「北朝鮮に対する中国による実効のある経済制裁等」により、

「北朝鮮の核問題等が、解決出来る訳も無い」。

「北朝鮮悪権力者にとって」は、

「核・ミサイルセットの脅し」の「裏」で

「行い続けている

日韓内等での工作活動」こそが、

「命綱」で

「核脅しを失う事」は

「工作活動を削減しなければならなくなる事に直結しているから」だ』。

『「それなのに、もし、中国が実効のある経済制裁を行うとどうなるのか?」』

『「北朝鮮の実権者」とは

「高齢の国家元首たち」だ。

「高齢者とは、言うまでも無く、若年層に比べ、余命が短き人々」に「他ならない」』。

『「工作活動の削減」は

「工作の失敗~工作活動国家の死」に「直結する」。

「そんな実体」を

「知ったり、

感じたりした、

高齢国家元首たちがどの様な判断をするのか?」は

「言うまでも無い事」だろう』。

『「どうせ、死ぬなら、道連れを・・・」は

「劣悪者たちが導き出し易い劣悪判断」だ』。

『「中国による経済制裁が実効を持つ」なら

「北朝鮮側から仕掛ける戦争になる可能性大」だ。

「そして、その被害は、非常に大きくなってしまう」』。

『「現状維持」なら

「北朝鮮等の核・ミサイル等の増強や、

工作活動による悪の効果の増大が続いてしまう事になる」。

「もちろん、米中共々、現状維持では、納得など出来る訳も無い」』。

『「それでは、

実害が一番小さな、

米中共々納得出来る落としどころ」は

「何処にあるのか?」』

『「それは、もはや、言うまでも無い事」だろう。

「北朝鮮の悪権力者たちを徹底排除」し、

「中国共産党にとって都合の良い者に挿げ替える事」だ』。

『「米中首脳会談」では、

「その為の、小規模の軍事作戦等に対する合意」と

「米国も納得出来る、

中国共産党にとって、

都合の良い、

北朝鮮の国家指導者等の選定合意」等が

「裏」で、

「行われる事になる筈」だ』。

『「今時、本格的な戦争等はダメ」だが、

「劣悪レベルの北朝鮮国家指導者等」を

「中国共産党レベルの者たちに挿げ替える

小規模の軍事作戦等」なら

「十二分に実行可能」になる』。

『「それ」を、

「行った時」と

「行わなかった時」の

「その後を比べる」なら、

「その様な軍事作戦等の正当性」は

「其れこそ、世界中の何処の誰にでも、判る事になる」』。

『「北朝鮮」を、

「中国共産党支配下の中国レベル」にまで、

「ホンの少し、進化させる事」により、

「基本的」には、

「ロシアや中国共産党等と同レベル」の、

「話し合いによる進行」が「可能になる」』。

『「日韓内等の北朝鮮による工作活動」等も、

「中国共産党やロシアレベルにまで抑えられる事になる」。

「非人道性等もかなり軽くなる筈」だ』。

『「平時の拉致や一般人の粛清等まで行う」のが

「非人道国家北朝鮮の実態」だが

「中国共産党」等は、

「主として、困窮時等」には、

「他国の人質等を取る事や

要人を粛清する等はあって」も、

「基本的に、平時に、他国内での、拉致や一般人粛清等は行わない」。

「その位の差」が

「日韓内でも、出る事になる」』。

『「逆に、現状維持」なら

「北朝鮮による

日韓内等での

非人道的な工作活動等が

より増大されてしまう事になる」。

「そして、

それは、

例えば、

東京五輪時等に、

大炸裂させられてしまう可能性大」だ。

「もちろん、

米中の国家指導者ともなれば、

そんな事態を容認する訳も無い」』。

『「北朝鮮問題に対する米中の落としどころ」は

「実質的には、会談前から、既に、決まっている」が、

「日本の中の北朝鮮の手先たち」は

「中国共産党が、現状維持をもたらしてくれる事等」を

「期待している様相」だ』。

『「日本国内の北朝鮮等による工作活動等の摘発」は

「もちろん、日本が意識的かつ積極的に行うべき事」だ』。

『「拉致されるまで何も出来ない」のが

「事後摘発等に徹させられている、

日本の現行法&現行の摘発体制の重大問題」だ。

「拉致されて、北朝鮮に連れていかれてしまった人々に対して、

帰せ!等と訴え続けていても、

一向に問題は解決出来無い」のが

「現実」だ。

「日本全国各地から、多数の日本国民を拉致する為」には、

「言うまでも無く、事前準備が必要になる」。

「その段階で、摘発出来る様にしておく事」こそが、

「拉致被害国家日本の行うべき事」だ。

「もちろん、事前摘発は、世界中の常識でもある」』。

『「事前摘発」に、

「反対し続けている者たち」とは、

「拉致工作実行者や協力者等である可能性が極めて高い者たちなのでは?」

「今でも、北朝鮮悪権力者の命令の下で、工作活動等を行い続けている者たちでは?」等と

「感じている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「日本国内で、

北朝鮮等によると強く推定される非人道的な工作活動等の

実害を受け続け来ている

一般市民の筆者たち」は、

「米中会談により、

北朝鮮問題に対する、

実効のある合意等が得られる事」を

「強く、望んでいる」。

「同時に、

日本国内の事前摘発法・体制整備等」も、

「強く、望んでいる」』。

『「世界中の人々」は

「日韓内等の、北朝鮮の手先、テレビ・ラジオ・マスコミ等」に

「騙され続けていてはいけない」』。

『「北朝鮮等による非人道的な工作活動等を存続させる事」は

「人類滅亡に直結している」からだ』。

|

「米国単独での核排除も・・・」等で、いよいよ、後が無くなって来た状態の北朝鮮悪権力者&その下の人脈の者たち等だが・・・。

『「中国共産党と米国の妥協点」は「北朝鮮の、核抜き、金正恩等抜き、存続の筈」だ。

「更に、中国共産党は、親中国共産党政権を望んでいる筈」だが

「その為」には、

「中国共産党が、米国より積極的」に、

「北朝鮮の体制是正」や

「核放棄等の仕事」を

「行う必要がある」。

「今までの様に、お茶を濁して、誤魔化し続ける策」では、

「トランプ政権が納得する訳も無い」』。

『「北朝鮮」が、

「中国共産党や米国による

強硬策を迎えないで済む様にする為」には、

「北朝鮮自らが、先ずは、積極的に核放棄する必要がある」。

「その上で、金正恩体制を自ら終焉させる」なら

「中国共産党や米国による強硬策抜きの目が出て来る事になる」』。

『「もちろん、北朝鮮の独裁体制が、本当に、金正恩独裁体制」なら

「金正恩が金正恩体制を終わらせる事は、

余程の大物でも無い限り、

出来得ない事になる」。

「内実」としては、

「金正恩では無く、既に、かなり高齢の国家元首たちによる独裁体制」なら

「神輿の上を変える事による、生き残り策の実行は、比較的容易になる」』。

『「北朝鮮の現体制が、神輿の上の金正恩体制」なら、

「米中も、そんな実体は、とっくの昔にお見通しの筈」だ。

「例え、実際の実権を保持している国家元首たちが

金正恩排除等に

生き残れていたとしても、

その後の安泰は

保障されている訳では無い事になる」』。

『「北朝鮮自らによる、

具体的で実効のある是正行動等が無い」なら

「米中の積極介入による、

北朝鮮を是正する作戦等」が

「本格的に動き出す事になる」』。

『「其処で、

中国共産党支配下の中国が渋る」なら

「米国単独でも、

北朝鮮を是正させる作戦等」が、

「確実に行われる事になる」』。

『「何故なら、現状のまま、放置して、

北朝鮮の核・ミサイル等を

今以上に増強させる道」は、

「もう、あり得ないから」だ』。

『「中国による協力の有無を問わず、

出来る限り周辺諸国等への影響が出ない作戦等」が

「実行に移される事になる」』。

『「その時」が、

「刻一刻と近づいて来ている現状」なのに、

「未だに、日本の中の北朝鮮の工作員や協力者やお友達たち」は

「日本国内で、北朝鮮悪権力者等の為の工作活動等を行い続けている」』。

『「例えば、未だに、

森友学園問題等を政争の具とする事による

反安倍政権政治闘争等を続け、

何としても、

テロ等準備罪の成立を阻もうとして続けている」』。

『「そんな日本国内の北朝鮮の裾野」には、

「北朝鮮悪権力者に、先が無い実感」等が、

「未だ、十分に届いていない」のだろう』。

『「或いは、

元々、

元の北朝鮮等の事」は、

「どうでも良いのかも知れない」』。

『「日本の中の北朝鮮の裾野」とは、

「工作報酬や、保身や身の安全等ダケ」が

「目的」の、

「骨の無い、小人集団」等

「なのかも知れない」』。

『「何れにしても、北朝鮮悪権力者人脈の未来」は

「もう、短い」。

「例え、

残れても、

過去の大罪は暴かれ、

永遠の恥辱に染まる道の上の置かれるダケ」になる』。

『「逆から言う」なら、

「工作活動等を、

自白し、

償い、

罪を軽くしたい」のなら、

「今の内に・・・」という事だ』。

『「もはや、

元の威光や実効支配力等」も

「無いに等しい状態」なのだから、

「日本国内のそのスジの工作員や協力者等は、

実質的には、かなり自由に、

自らの行動等を選択出来る状態下にある」』。

『「この後に及んで、

連綿と続けて来ているから・・・等と、

工作活動等に励む」のは、

「余程の、おバカか、悪くらい・・・」だろう』。

『「血統・民族主義カルト宗教等に

マインドコントロールされ続けている者たち」の

「内実」は

「劣

(おバカ)

(実体離れしている劣悪思想等と分っていても、例えば、金や実権等の為に、悪魔に魂を売っている)

者」だ』。

『「気候変動が激しくなり、

地震や火山の爆発が頻発する様になる頃、

大いなる自然の嘆きに誘われ、

多くの人々の無意識は、

その狭義の自分を在るべきところに誘う」』。

『「善き人々は、益々、善く、

悪き者たちは、益々、悪くなる」。

「その流れの上で、

全ての者・物・事の事態・実体」は、

「より明らかになり、

直に、

近未来において、

存続するべき者・物・事のみが存続を許され、

排除され滅ぶべき者・物・事は滅亡の道の上を歩ませられる事になる」』。

『「人類の存続の長さ」も

「{裁きの日}時点」での

「存続に値する者・物・事と

排除され滅ぶべき者・物・事」の

「比率により決まる事になる」』。

『「存続側が十分に大きければ、

人類の長い存続~永続への道が開けて来る事になる」。

「排除され滅ぶ側が余りにも大きければ、程なく、人類滅亡の日がやって来る事になる」』。

『「大自然の嘆きが臨界点を超える事から生まれる{裁きの日}」は、

「突然の嵐の様に訪れる事になる」。

「その日までに、

出来る限り、

排除され滅ぶべき者・物・事を無くしておく事が重要になる」』。

『「北朝鮮悪権力者人脈&その人脈による悪工作活動等撲滅」等は、

「その意味からも、合理的な

人類にとって非常に重要な正義の一つ」だ』。

『「北朝鮮の健常化等において、

関連諸国が、

十二分に承知しておくべき重要事」は

「悪権力者等から解放された北朝鮮からは、

難民が出る必要が無い事」と

「逆に、解放後の北朝鮮内健常整備等の為には、

ある程度以上の健常状態を知っている、

多くの者たちによる協力が必要になる事」だ』。

『「日韓併合以降日本に渡来」し、

「戦後、二国間の国家契約である日韓併合

(日韓併合当時、

多くの日本人は、

金と仕事を持って、

朝鮮半島に渡り、

朝鮮半島内の近代化整備等に邁進した。

日韓併合当時の日韓間に戦争は無く、

当時の日本人は、

武器と弾薬等を持って、

略奪・支配等しに行った訳では無い。)を

日本による侵略~植民地支配だと嘯きながら、

戦後日本社会の中で、

韓国(北朝鮮も含む)の為の工作活動等まで行い続けながら、

日本国内に居続けている、

韓国(北朝鮮も含む)系の者たち」には

「その意味からも、

朝鮮半島内に、戻るべき必然性が生まれる事になる」』。

『「未だに、現状の日本国内で悪工作活動等を行い続けている」なら

「解放後の朝鮮半島内を出来るだけ早く健常な状態にする為に必要になる事等」でも、

「頑張って、身に着けておくべき」だが』。

『「何れにしても、

人類の長い存続~永続の為」にも、

「極東地域の正常化・健常化」は

「急務」だ』。

『「現状の極東地域」は、

「全体としても、状態が酷過ぎる」が

「北朝鮮等、局所の問題」が

「はっきりしている」。

「局所から広がっている問題」が、

「現状の極東地域の問題の主たる部分でもある」から

「局所是正は、全体是正にも繋がっている」』。

『「局所是正に必要な事等は判り易く」、

「そのノウハウ」等は、

「今後、全世界に展開出来る事にもなる」』。

『「北朝鮮強制是正」の

「メリットは、とても大きい」』。

|

「民進党、枝野氏と阿吽の呼吸」籠池氏、国会証人喚問・・・。

『「民進党、枝野氏とのやりとり」では、「籠池氏が、まるで、その質問をされる事が、既に分かっているかの如き状態、

正に、阿吽の呼吸状態」で、

「ポンポンと、

質問と証言」が

「繰り返されていた」。

「他の議員の時」とは、

「明らかに違うリズムや雰囲気」だった』。

『「その辺り」にこそ、

「{籠池劇場}の本質がある」と

「感じている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「本日の籠池氏の証言内容から判明した事」は

「幼稚園経営で困窮状態の籠池氏」に

「小学校設立の経済的ゆとり等は無かった事」だ』。

『「経済面」から

「露呈した事」は

「経営的に上手く行っていない幼稚園ダケでは、

経済的苦境を脱する事が困難な籠池氏」が

「小学校経営にまで手を伸ばす事」で

「経済的苦境を脱しようとした事」等になる』。

『「何としても、

小学校経営を始め、

何としても、

小学校経営で十二分に儲けなければ、

経済的苦境が脱せない様相」等が

「其処に、露呈」していた』。

『「保守系で知名度の高い政治家である安倍晋三、名{利用}」や

「何人かの保守系の政治家利用」も

「その目的に沿ったモノ」と

「考えるなら、非常に合理的になる」』。

『「今時、

単に、

籠池氏が自ら持っている、

思想信条等を広めたい、

思想信条を元にした教育等を行いたいダケ」なら

「其れこそ、ネット利用で、お金をかけずに・・・でも、

十分に可能」だ。

「幼稚園経営や小学校経営等の

大きな経済が動く実業に手を伸ばす裏」には、

「相応の経済的目的等もあるのが普通」だろう』。

『「そして、籠池氏の幼稚園」は、

「儲かっていなかったばかりか、困窮状態だった・・・」。

「その先に出て来たのが、小学校設立だった・・・」』。

『「そんな裏の実態・実体」を

「真正直に、表の顔にする事」は

「籠池氏に限らず、誰もが避けたがる事」だろう。

「そればかりか、

現状の人間社会では、

出来る事なら、永遠に無い事等にしたがる人々も多い」かも知れない』。

『「都合良く、小学校が設立出来、

都合良く、寄付金や生徒や授業料等が集まり、

小学校経営が順調に行える様になっていた」なら、

「上記の様な経済的内実が露呈させられる事も無かった」かも知れない』。

『「しかし、

実際は、

かなり無理をしたからか、

小学校設立自体が

既に、破綻状態」だ』。

『「残された道」は

「新たなスポンサー探し等」というのが

「ありがちなパターン」になる』。

『「元々、森友学園問題」を

「反与党政争の具」として

「利用していた野党やお仲間テレビ・マスコミ等人脈等」には、

「森友学園騒動の中」で、

「与党や安倍政権等に対する{必殺弾}を

つくり出し、

撃ちたい欲動等がある筈」だ』。

『「籠池氏が破綻を避ける為のスポンサーが誕生する土壌等」は

「その辺りにも、ある事になる」』。

『「本日の証人喚問」で

「圧倒的に雰囲気が違っていた」のは、

「民進党、枝野氏と籠池氏」の

「阿吽の呼吸のやりとり」だった』。

『「元々、政治家利用等の{工作}等も積極的に行っている様相の籠池氏」と

「工作活動国家人脈等とも馴染みが深い様相の野党議員等」の

「波長は、合い易い」のだろう』。

『「裏に、

トントン拍子の話し合い等があっても、

何の不思議も無い様相」さえも・・・』。

『「枝野・籠池阿吽の呼吸証人喚問時」に

「放たれた」

「安倍総理夫人がらみの、安倍政権等に対する{必殺弾}」が、

「籠池氏による、総理夫人への依頼」と

「総理夫人の秘書官による官僚への問い合わせ」という訳だ』。

『「総理夫人の意向を総理の意向等と忖度した官僚等」が、

「籠池氏の為に都合の良い状態等を生み出したニュアンス」等により、

「総理夫人や総理が森友学園問題に強く関わっていたイメージ」を

「大衆の中に生み出させる事が出来れば、

{必殺弾}命中~炸裂」という「筋書き」なのだろう』。

『「ところが、

総理夫人付きの秘書官が籠池氏にした返答」は、

「何故か?既に、公開状態」の

「ファックスによる{ゼロ回答}」だった』。

『「其処で、野党側の多く」は、

「総理夫人の秘書官」が

「官僚等に問い合わせをした事自体」を

「大問題化したがっている様相」だ』。 

『「今後も、

野党の一部」は、

「他の人に対する参考人招致や証人喚問等々」で

「仕込み、放った様相の、{必殺弾}」を

「命中~炸裂させるべく

アレコレ策を巡らす」だろう』。

『「野党やお仲間マスコミ等」は

「他にも、

100万円の寄付も、

{必殺弾}にしたい様相」だが

「こちらは、

言った・・・、言わない・・・、の

水掛け論状態」だ。

「そればかりか、

不自然な振込み票からも、

籠池氏側の安倍晋三、名利用欲等の臭い」が

「多くの人の中で、充満して来る始末」だから、

「こちらは、

既に、

不発、もしくは、自爆状態」だ』。

『「どの{必殺弾}にも、

もし、

{必殺弾}命中~炸裂状態となった」なら

「成功報酬」で

「経済的苦境から解放・・・」等の

「裏取引きの臭い」が

「既に、

チラホラ・・・」と

「漂っている」が・・・』。

『「果たして、

森友学園問題の真実は?」等も

「少々は、考えるべき事かも知れない」が、

「多くの日本国民」は、

「こんな問題」で、

「国会や

公共の電波上や

公共的マスコミ上」の

「貴重な時間や紙面等を埋め尽くしている事」の

「実害」という「大問題」を

「真剣に考えるべき」だ』。

『「日本社会で

混乱や騒動等を起こし、

その処理に貴重な時間やエネルギー等を費やさせ、

日本に、

本来なら、不要な、負担等を与える、

反日工作」を

「好む」のは、

「反日国等の悪権力者やその手下等」と

「相場は決まっている」』。

『「森友学園問題を徹底的に掘り下げる事」で

「その辺りまで、露呈させ、排除等する」なら

「今の、騒動等も、相応に、有意義になる」が』。

|

より以前の記事一覧