反日強行暴走状態の韓国大統領も法相候補も釜山出身だそうだが・・・。

『「今でこそ、韓国第二の大都市」でも「日本による保護~日韓併合当初の釜山」は「何も無い様な所」で

「着色されていない汚れた着物を着た朝鮮人庶民がウロウロしていた状態」だった。

「当時、朝鮮半島に渡った日本人たち」は

「朝鮮人が住んでいなかった所に家を建て、

実質的、開拓者として釜山の近代化整備を行った」。

「日韓併合二国間国家間契約に基づいた二国をより進んでいた日本よりに一国化する同化政策上」で

「朝鮮王朝が君臨していた地から遠い田舎状態だった釜山の近代化整備も行われた」。

「海運上で日本と近い釜山を近代化整備する事」は

「朝鮮半島内の近代化整備を行う上でも合理的だった」ので

「釜山の近代化整備は相応に優先的に行われた」。

「武器を持って朝鮮人を隷属させ奴隷の如く使う植民地支配のやり方とは全く違う、

二国間の国家間契約に基づいて金と技術と仕事とノウハウ等を持った日本人が

朝鮮半島内を日本本土並みに急速に近代化整備する同化政策上の実業が行われた」。

「朝鮮人庶民の衛生・生活・経済・教育・文化水準も日本人と同等が目指された」ので

「色の無い汚れた着物を着ていた人々も、次第に、着色された綺麗な着物を着る事が出来る様に成って行った」。

「近代化整備の結果、朝鮮人人口も大いに増えた」が

「釜山での日本主導の近代化整備と

近代化整備による衛生・生活・経済・教育・文化水準の飛躍的向上がもたらした朝鮮人人口の大幅な増加」が

「今の韓国第二の大都市のベースに他ならない」。

「日韓併合当時」は

「同化政策の下で、極一部を除いて、朝鮮半島内の日本人と朝鮮人の仲は相応に良好だった」。

「其れは、先の大戦の終戦時まで続いていた」が

「米国内で植民市支配詐欺を行っていたり、旧ソ連に担ぎ出されたりして、

日本の敗戦につけ込んで火事場泥棒的に朝鮮半島内の支配権を略奪した朝鮮人悪権力者たちによって

事態が急変させられた」。

「朝鮮半島内に居たほとんど全ての日本人が終戦後強制的に日本本土に帰還させられた事により、

それまで日本人が持っていた立場・資産と財産の一部等々を朝鮮人が取得出来る状態が出来てしまった」。

「それまで日本人が社長だった企業も其の企業の工場や店舗等々も、悪権力者のお墨付き次第で朝鮮人が取得出来てしまった」ので

「其の様な手段で立場や資産や財産等々を得た朝鮮人にとっての最重要事は悪権力者に忠実である事」に

「成ってしまった」。

「日本本土に強制帰還させられる時に、日本人の中には、朝鮮人に家等の資産を売った人々も居る」が

「もちろん、そんな状態でまともな金額による取引が行われる訳も無く、

其れは、仲の良かった朝鮮人に安価で家や立場等を譲り渡した実績を残す事で

其の仲の良かった朝鮮人に相応のメリットを与えた事でもあり、

将来的に、戻って仕事を再開出来る様に成ったなら、

同様に安価で立場・家等を復帰させる事が出来る様にする為のある種の担保でもあった」。

「悪者では無い、良心のある常人同士の非常時の取引きの実態が其処に在った」が

「戦後の韓国内の支配権を得た悪権力者等は、自己正当化の為に徹底した反日情報・教育を行い続けて来ている」ので

「其のマインドコントロール下に置かれ続けて来ている多くの朝鮮人たち」は

「ある意味、必然的に、良心のある常人の状態から悪者状態にさせられてしまって来ている」。

「悪者は、常人との約束を平気で破る、ばかりでは無く、

常人の良心につけ込んで更なる不当要求まで平然と行い、

常に、悪者を上にさせる様に、平然と強い続ける」。

「悪者の原点」は「植民地支配詐欺による日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒に成る」ので

「其の正当化の為に!と、日本は永遠に詫び続けろ!等の常道を逸脱した事まで平然と公言出来てしまっている」。

「実態を実態通りに直視する」なら

「植民地支配詐欺で米国を騙せた上に生じた日本の敗戦につけ込んだ戦後火事場強奪を行った者たち等」こそが

「謝罪の必要性がある」が

「悪者はそんな自分たちこそが正義である事を大前提にしたがり、世界中の全ての人々にも其の大前提を強いて来ている」。

「しかし、実体は悪者に他ならない」ので

「其の無理強いは往々にして破綻する」が

「無理強いが破綻した時に、更なる問題を起こす事で自己正当化を図り続けさせようとする」のが

「朝鮮人悪権力者等の実態」だ。

「反日で日本を悪者にしている間は、日本を悪者にしている朝鮮人悪権力者等は正義ぶる事が出来る」という

「如何にも悪者らしい、騙しや詐欺等のやり方の行き着く先」は

「実体や事実・現実の露呈による悪者たち等が現実の地平面に叩き付けられて崩壊する状態」に「他ならない」が

「散々の悪事を積み重ねて来ている、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき存在」は

「散々の悪事を積み重ねて来ているが故に、自省も自浄も自主的是正も出来辛い状態に陥っている」。

「そんな状態に陥っている悪者を世界が正義として認めてしまうなら、世界は悪者の支配下に置かれているのと同じ事と成り、

世界も崩壊する事に成ってしまう」ので

「世界から、悪者が重要な立場・権力・核兵器等大量破壊兵器等を保持している状態を駆逐する事」は

「人類の責務にも成っている」。

「自浄・自主是正無き悪者たち等」には「必然的に、他力的排除が行われる事に成る」。

「核放棄するなら、後が短い北朝鮮金政権等」も

「反日を止めるなら自らが悪者である事がはっきりとしてしまう韓国悪権力者等」も

「崩壊圧力から逃れる事は出来得ない」ので

「必然的に、悪者同士でどちらがより悪いのか?の比べっこをする事に成る」。

「其の比べっこに勝てば、少しの間は、勝った方が正義ぶり易く成る」ので

「韓国悪権力者等がいくら北朝鮮金政権等にすり寄っても、北朝鮮金政権等が韓国悪権力者等を認める事は無い」。

「行き詰った韓国悪権力者等が中国共産党習政権等に救いを求めても、中国共産党自体も悪者に他ならない」ので

「中国共産党の自己正当化の為に成らない事には乗って来ない事に成る」。

「世界中からの強烈なダメ出しの前」に

「韓国国内からの強烈なダメ出しが具現化する事に成る様相が濃く成って来ている」ので

「韓国悪権力者等は韓国国内を押さえ込む事に必死な様相」だが

「多くの良心のある朝鮮人たち等は、当然、自滅を選択する訳も無い」ので

「韓国の政権交代の時がどんどん近づいて来ている」。

「終戦時に釜山に在った日本人墓地」は「今や、朝鮮人の家等でいっぱいだそうだ」が

「其処に在った遺骨が返還されたという話は聞いた事が無く、

悪者たちが海に捨てた等の話が伝わって来ている」。

「植民地支配詐欺~敗戦火事場強奪」にしても、

「戦後日本国内での非人道的なスパイ・工作活動等」にしても、

「悪者たち等の行う事」は「本当に、酷く、人間としての良心の存在さえも疑わしい実態が露呈している」。

「今時の人間世界で、不当な差別はダメ!だが、

人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取った上での善悪差別に基づいた悪の排除は行わないとダメ!」だ。

「実体や事実・現実に叛き続けているばかりか、他の全ての人々にも、そんな悪者たち等と同様の状態を強い続けて来ている

悪者たち等の排除」は

「今時の全人類の重大責務に他ならない」。

「どんなに日本を悪者にしようとし続けて来ていても、

単独では国の存続さえ危うくなっていた~日本による保護~日韓併合時の韓国の実態や

日韓併合二国間国家間契約に基づいて行われた二国をより進んでいた日本寄りに一国化する同化政策等々の、

歴史上の実体や事実・現実も変わらないし、

植民地支配詐欺~日本の敗戦につけ込んだ火事場強奪や

戦後日本国内で行い続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等が

正当化出来る訳も無い」。

「行き詰まりを実感している」なら

「自省し、自浄し、自主的に日本に謝罪・補償等すべき立場に在る」のが

「朝鮮人悪権力者等の実態」に「他ならない」。

「人間としての良心が残っている」なら「出来ない事では無い筈」だが』。

|

「参院選が近いからか?」「北朝鮮金政権等の後が残り少ないからか?」筆者に対する電磁波工作が異常に旺盛に成ったが・・・。

『「金も時間も手間もかかるので迷惑」だが「工作電磁波の悪の実効が出ない様にする為」に

「必要な対策を行い続けている」ので「筆者の場合は、工作電磁波粛清工作」は

「実質的に、無効に成り続けて来ている」が

「対策無しの人間たちの場合」は

「粛清工作の実効が出てしまっている可能性も決して小さく無いレベルにまで、

昨今の工作電磁波の悪の破壊力は大きく成って来ている」。

「参院選時に、

電磁波工作等々を仕掛け続けて来ている者たち等にとって、

都合の悪い政党・政治家等が大きな勢力と成らない様にする為」に

「電磁波工作をより旺盛に行う様に成っているのか?」

「既に、追い詰められている状態に在る、北朝鮮金政権等の先が短い事等を実感せざるを得なく成っているが故の、

最後の一発逆転狙いの悪足掻きか?」等々は、

「筆者の知る由でも無い」が

「日本国内に確実に居る、不健常な集団による非人道的な粛清工作等がより酷く成って来ている事」等は

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、率先して、告発等し、其れを徹底排除する為に必要な対策等を訴えていて当然に成る」。

「しかし、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等のほとんど全て」は

「例えば、北朝鮮による拉致工作でさえも、黙殺・圧殺状態」で

「拉致が発覚した後でさえも、戦時中等の旧日本軍による朝鮮人の強制連行の方が酷い旨等喧伝状態だったりしていた」のが

「現実」で

「その後も、拉致以外に工作活動を行わせない訳も無い、北朝鮮金政権等の命令・指令の下の日本の中のスパイ・工作活動等」は

「黙殺・圧殺状態」が「続いて来ている」。

「そんな戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が実質的に、推奨し続けて来ている政党・政治家等の実態も既に明らか」だ。

「筆者等に対する電磁波粛清工作」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ等推奨の政党・政治家等を指示していないが故」なら

「日本国内でも、中国共産党支配下の中国や北朝鮮の様に、独裁政権の意に沿わない人間は粛清してでも、政権を維持する等の実態」が

「露呈している様相ですらある」。

「北朝鮮金政権等の先が短いが故の悪現象の一つ」なら

「長く続いても、セイゼイ、後1~2の悪現象に成るだろう」が、

「北朝鮮金政権等の裏に居る、日韓の乗っ取り支配を画策している、本当の大悪故の悪現象」なら

「北朝鮮金政権等無き後も、スパイ・工作活動等を行い続ける事等により、日韓の乗っ取り支配を実現させようとする筈」だ。

「自己健常支配の代わりに、他の者・物・事支配を過剰追及し続けて来ている、代々話の罠にもはまってしまっている、

実体としては、酷く、劣悪な者たち等が其処に居る」。

「北朝鮮の裏に居る大悪は、暮らし易い筈も無い北朝鮮内に居るとは限らない」。

「日本国等の中に居る可能性もかなり高い」。

「其れは、拉致工作を始めとする、日本国内で行われ続けて来ている非人道的な集団工作等の実態からも、

相応に推定出来る事に他ならない」。

「当然、公安等の中には、本当の事を知っている者も居るだろう」し

「政権担当者の中にも、本当の事を知っている者も居る筈」だ。

「表の北朝鮮金政権等の問題の解決と合わせた解決を考えているのかも知れない」が、

「昨今の衆参粛清工作等の酷さからする」なら、

「例え、摘発すべき者たちの数が、何十万人レベルに成ってしまっていて」も、

「戦後日本国内で、非人道的な粛清工作等まで行い続けて来ている、スパイ・工作員集団や、その協力者等の徹底摘発」は

「急務」だ。

「何十万人レベルの工作員やその協力者等による、数十年にも渡る粛清工作による犠牲者の数」は

「少なく見積もっても、何百万人レベルに成る」のだから

「徹底摘発~厳罰にも、何の遠慮も要らない事」に「成る」。

「放置して、更なる犠牲者を出させ続ける道を選択する」なら

「ある日突然、地球が無くなる事等も、十分に起こり得る事に成ってしまう」』。

『「悪の代々話を受け継がせる子をどんなに多く産み育てても、全ては、無駄に成る」。

「当たり前の事」だ。

「元の悪は、悪故に、滅ぼされる事に成り」、

「悪の代々話を受け継ぐ子は、滅ぼされた悪と同様に、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事に成る」。

「愚者は悪も受け入れ、継ぐ」が「賢者は悪を告発し、解消させる」。

「人類の世代交代は個の保存では無く、種の保存」だ。

「気づいたら、その親の子だった親とは別人格の者が、どの様な精神構造・精神文化に基づいた行動等を人間世界内で具現化させるのか?」に

「基づいて、その者の人生の本当の価値が決まる」。

「悪を受け入れ、悪を継いだ行動等を人間っ世界内で具現化させた者たちの人生の価値」が

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるレベルに成る事」も

「当たり前の事」だ。

「そんなモノを代々話で、子に継がせる、超自虐親の劣悪極まりない人生等」も

「当然の如く、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事に成る」。

「当たり前の事」だ。

「人間、誰でも、自らが行った事に対する責任から、絶対に、逃れられない」。

「集団粛清工作等、非人道的で、根本的に悪い事を、しない事を続ける事」が「自己健常制御継続の鍵に成る」。

「自らの人生を是正するか?否か?」は「自己責任に成る」。

「悪ばかりが蔓延る地球なら、地球生命体の宇宙への本格進出前の地球抹消が相応しい事に成る」。

「失敗作を完全抹消し、その悪影響を最小限にした後に、また、新たな作品をつくり始めれば良いダケ」だ』。

|

昨日の記事をアップしたら・・・。

『「上方向からの工作電磁波」が「より一生懸命、筆者を狙って、より強く当てられ続ける様に成った」。「風呂でも、トイレでも、洗面所でも、寝床でも、」だ。

「もちろん、筆者の場合」は「対策し続けて来ている」から

「工作電磁波の悪の実効は出ない」が

「この様な事態」と「日本全国各地に居る、工作員集団の実態等」から

「強く、推定出来る事」は

「入浴中や、用便中や、洗面等中や、就寝中等の死亡の場合」に

「決して少なく無い割り合い」で「その原因が工作電磁波である場合がある事」だ。

「飲食物工作で毒物等を盛った場合」は

「綿密に調べれば、死因も、はっきりする」が

「工作電磁波が本当の死因の場合」に

「心不全や脳卒中や呼吸不全等々」の「一般医学的死因とされて、処理されてしまっている場合」が

「少なからずある可能性が非常に大きい」。

「警察等」も

「工作電磁波による殺傷等を防ぐ為」にも

「工作電磁波探知捜査等」を

「意識的、かつ積極的に行うべき」だ。

「其れは、日本全国に広がっていると強く推定される工作員集団による一般日本国民も含む粛清工作等」を

「明らかにする事にも直結している」と

「強く推定出来るから」だ』。

『「車にも仕込まれている工作電磁波」に

「アクセル・ブレーキを踏む右足」を

「つらせる悪の実効がある事」は

「筆者の実体験からも判る」。

「以前の記事にも記した」が

「今の車の前に乗っていた三菱iの時」、

「ホームセンターで買い物後、運転し始めると程なく、

右足右横から強い電気的刺激を受け、

程なく、右足の膝下からくらいが、つってしまった事があった」。

「膝から上はつっていなかった」ので

「即座に、アクセルから右足を外し、左足ブレーキを活用しながら、

バイパスから側道の車が止められる場所にまで移動して、

アクセル右横部のリード線束に手を当てたら

やはり、強い電気的刺激を受けたので、その場所を覗き込んだら

リード線束が右足方向に角を成していた」。

「角の頂点から強い電気刺激が来た」ので

「其処から、電磁波等が発生させられている」と「推定」し

「角をなだらかにした」と「共」に

「角の向きを右足方向から外した」。

「右足が行く部分から手を当てても強い電気的刺激を感じるところが無く成った」ので

「運転を再開」し

「その後は、右足が強い電気的刺激に襲われる事も無く、つる事も無く、

無事借りている駐車場まで戻る事が出来た」。

「普通の状態の車」なら

「少々の電気漏れ、電磁波漏れ等があっても、足をつらせるレベルのモノは在り得ない筈」で

「そんな状態があるのに、その車を売るなら、製造物責任が発生する事に成る」。

「ソフトにせよ、ハードにせよ、電磁波発生の元が仕込まれている」ばかりか

「電磁波発生場所や電磁波が当たる場所の意図的、悪の調整まで行われている可能性が大」と

「強く推定出来た」ので

「その後も(その前から、疑わしいところがあったので、周囲等注視していた)更に、色々と注視等し続けていた」ら

「勝手に、車のドアを開け、

リード線をいじり、位置や角度等を調整している者(車内の物等が盗まれたりした訳では無い。車検証等情報等は盗んでいるかも知れないが・・・。)の存在」や

「電子信号的に、工作電磁波の発生形態を変化させる事により、当たる場所を変えている者等の存在」が

「確認出来た」ので

「車のキーのセキュリティーレベルを上げるべく、今の車に乗り換えた」が

「セキュリティー付きスマートキーでも、

集団的リレーアタック等の手段により、出先でも、勝手な開錠と社内のリード線等いじり等があった」ので

「スマートキーをキー信号波を通さないケースに入れて使用する様にしたら、

勝手な開錠は激減した」が

「スマートキーの使い勝手も相応に悪く成ってしまっている」のが

「現状」だ。

「この様な実体験」から「強く推定出来る事」は

「工作電磁波故が原因』の「車の事故等もかなりある筈という事」で

「例えば、池袋の酷い事故」でも

「加害車両運転者が言っている事が其のまま本当」なら

「工作電磁波による金縛り状態等の事態故の事故だった事」等も

「大いにあり得る事態に成る」。

「警察等も、工作電磁波検知・探知・捜査等を、本気で行うべき」だし

「テレビ・マスコミ等は、工作電磁波や工作員集団等の存在を告発し、実効のある対策を取る事等を訴えるべき」だ。

「車の工作電磁波」は「先ず、ETCに仕込まれ、その後、ターゲットにした者の車に工作員が何度も忍び込みながら、

ソフト・ハード共、仕込んでいる可能性が非常に大きい」。

「車だけでは無く、建造物設備や電線・電話線や信号機関連や家電・パソコン・スマホ等々にも、工作電磁波発生ソフト・ハード等が

仕込まれ続けている」。

「その濃度が高いところ」を

「偶々、車で通り、偶々、強い直進性がある強い工作電磁波が、車運転者等に当たってしまった場合」でも

「金縛り状態等に陥らされてしまう事」は「十二分にあり得る事態に成る」。

「意図的に、工作員集団等が、多くの工作電磁波をターゲットに強く当たる様に向ける調整工作等を行っていた」なら

「かなりの高確率で、意図的に、車両事故や死亡事故等々が起こせてしまう可能性大」だ。

「警察等は、本気で、工作電磁波関連捜査等も行うべき」だし

「テレビ・マスコミ等も工作電磁波や工作員集団を告発したり、工作電磁波・工作員集団対策等の必要性等を訴えるべき」だ』。

『「それら、日本国・日本国民としてなら、当たり前の多くの日本国民の安全を守る為に必要に成ってしまっている事」を

「行おうとしていない様相の者たちの裏には何がある???」

「かつて、北朝鮮関連の工作対策問題等の必要性が言われた時」に

「外交問題になるから、ダメだ!」とか

「国内を二分する大問題になる可能性もあるからダメだ!」等々の「旨」

「喧伝等していた者たち等」の「裏」からは

「北朝鮮労働党等のオトモダチ等の強烈な臭いが漂って来ていた」が

「もはや、其れらの勢力」は「少なくとも、選挙のある政界」では「圧倒的少数派の筈」だ。

「外交問題を理由」に

「国内二分???を理由」に

「多くの日本国民の安全を損ね続けさせたままで良い訳は無い」。

「善悪差別も行わず、悪を蔓延らせ続けたままで良い訳は無い」。

「北朝鮮の手先工作員やその協力者等で、日本国内で粛清工作等を行い続けて来ている者たち等」なら

「北朝鮮に強制送還や強制送致」等でも「適切に成る事に成る」。

「実効のある対策・対処が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「民主党人事以降のNHKの立憲民主党等偏向やゲイノウ人等過剰多用状態」も

「本当に変」だ。

「其処に漂っている」のも

「情報・教育等工作の一環」等の「濃厚な臭い等に成る」』。

『「戦後日本の異常状態是正の為」に

「実効のある対策・対処・是正等が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

|

「丸ごと一人レベルの年齢論の本」等が売れているらしいが・・・。

『「人の意識は丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる」が「生きている人間の実態」は

「今、この瞬間にも細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆もの細胞群」という

「科学レベルで判明している実体」を「十分に利用していない年齢論等の実態」は

「私、こう思っていますから、

皆さんも、こう思えば良い、

そうすれば、自分の思いを支持してくれる人々による

自己承認欲求の代償欲求の追及が上手く行っている状態を感じる事等による

精神心理上の覚醒剤的利権も印税等と共に得られるから・・・」的な

「ある意味、お気の毒な実態露呈になってしまっている様相」で

「この手の有名人(?)商売で集金している出版社等の実態もまた、

ある意味、お気の毒な実態露呈状態になってしまっている様相」なのが

「筆者等が受けた素直な感等」に「他ならない」。

「今時の年齢論等」なら

「細胞レベルに達していて当然」で

「年齢の本質を探究し、その実態を紹介する事」等により、

「多くの読者等の意識上で、

年齢の実体との整合性が高い、

それぞれの人々の年齢感や思い等」を

「構築し易くする事」により

「それぞれの人々の精神構造(自己制御ロジック)の健常進歩・正常進化の助けになる様にする事」こそが

「今時、激烈に求められている必要レベルに達している、健常な情報配信等の仕事に成る」。

「現状まで適応の優等生等が

現状適応優等生であったが故に得られて来ている

他の者からの支持・賛美等や

多目の報酬等や

有名人利権や立場・権力等という

代償欲求追及上の精神心理的覚醒剤{利権}にも成り得ている者・物・事等を

得続けて来ている上で得られている感・考え・思い等に対する

正当化感等を、更に強くすべく、

他の者・物・事等を利用した自己確認行為等を行う事により、

実質的には、他者支配」を「試み」、

「其れに従う、

自己健常制御より、他の者・物・事等による被支配で自己を操っている状態の多くの人々」が

「亡者の列を作っている様相」は

「ある意味、本当に{この世の終わり}の象徴的状態でもある」。

「他者支配側も、他者による被支配側も、

主として、自己健常制御を優先出来る状態を得る事抜き」に

「健常な人間世界の構築は出来得ない」のだから

「他者支配に明け暮れている人々」も

「他者による被支配に明け暮れている人々」お

「いい加減に、自らの精神構造(自己制御ロジック)の健常化・正常化の実務」を

「意識的かつ積極的に行うべき時」は

「とっくの昔に来ている」が

「戦後日本の情報・教育等が余りにも酷く、

現状までの世界中何処の国での人間社会も比べっこ強いで、人々の精神構造の健常成長を阻害状態」だから

「該当年齢論本等の実態もまた、{この世の終わり}の象徴実態としては、ある意味、当然の状態なのかも知れない」が

「その様な状態」等を「放置しままで、良い訳は無い事」等は、

「こんな状態のまま・・・なら、人類滅亡の時が急速に迫って来るダケになってしまう」から、

「極めて当然の事になる」。

「{この世の終わり}の後に本格始動する事になる健常な新世界」に

「出来る限り多くの人々が、出来る限り犠牲も出さずに、軟着陸する事が出来る様にする事」への

「役立つ実効のある情報・教育」が

「今時、激烈に求められている」のだから

「本等を書き出版する方も、本等を売る方も、もっと、もっと、本質と快適を探究する実務」を

「意識的かつ積極的に行うべき」だ』。

『「現状までの、所謂、文系の優等生の実態」は「天動説優等生みたいなモノ」だから

「今時、重用するに値しない」。

「今時に必要なのは、所謂、文系でも、地動説レベルの情報配信であり教育に、既に、成っている」。

「例え、この今時の人類に求められている現実」に対する「理解・把握や意識の有無」等が

「誰かから、直接、問われている事等が無くても!」』

『「では、細胞レベルで年齢を実態把握してみる」なら

「どの様な実体が露呈して来るのだろうか?」

「今、この瞬間にも、細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら存続している生きている人間」の

「今、生まれたばかりの細胞の生年齢は、もちろん、0歳に成る」し

「今、死んだばかりの細胞の生年齢は、もはや、無い」。

「0歳と死体が同居しているのが、生きている人間の実態」だ。

「精神心理学上で」なら「無意識の底に在る、生の本能と死の本能」とでも「表現すべき実態が其処に在る」。

「細胞レベルで命の連続性を検証する」なら

「既に、その繋がりは、地球上の生命発生時まで至っている事」が「科学レベルで判明している」。

「今生きている人間誰もの命の連続性は、地球上で生命が発生した時から」であり

「其れは、何十何億年(正確な年月等は、未だ、検証中だが、何十何億年レベルである事は既に、科学レベルで判明している)にもなる」。

「其の細胞レベルの命の連続性による年齢」は「今生きている、どの人間でも、他の生物でも、全く同じ年齢になる」。

「その中の狭義の自分の発生は、

精子と卵子が一緒に成っ瞬間に成り、

その父とも、母とも違う人類一個体としての別人間の発生から、

細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら、存続し付けて来ている」のが

「今、生きている全ての人間の実態に成る」。

「細胞レベルの命の連続性による年齢」は「人類誰もも同じで、何十何億何千何百何十何万何千何百何十何年」に「成り」、

「狭義の自分個体の細胞群命連続性年齢」は

「現状で世間一般に使われている年齢(丸ごと一人年齢)より、多くの場合、9~10ヵ月程度長い事になる」。

「更に、丸ごと一人レベルだけの年齢観上」では「誕生も丸ごと一人扱い」で

「まるで、人間は丸ごと一人一瞬にして死ぬとしていた丸ごと一人レベルダケの死生観と同様」に

「母体から出てへその緒を切断された途端、或いは、息をし始めた途端等に、その人は産まれたとしている」が

「実際のお産」は「多くの場合、数時間レベルの時間がかかっている」。

「もちろん、その間にも、産まれて来ている赤ちゃんも細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら存続している」。

(「余談になる」が

「占星術等の分離統計学的占い等の場合」は

「その辺りの実状を反映させて、産まれた時間によっては、一日前を誕生日にした方」が

「的中率が高くなる場合が多い様」だ。)

「誕生・死が細胞レベルの実現象である事等を、科学レベルで判明させる事が出来る前」は

「丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる、人の意識そのまま」に

「誕生・死も、年齢も捉えようとしていた上」に

「多くの個々の人々」は

「其れを基にして、人生観・死生観等をつくり出していた」。

「その様な人間たちの集団的合意等の下で、人間社会・経済システム等がつくられ、実用されて来ている」。

「しかし、その実体・実態離れ」が「かなり、激しい事」は

「誕生・死の実態からも明らか」だ。

「丸ごと一人レベルだけ」では

「今、この瞬間にも、生きている人間なら、世界中の何処の誰でもが実体験している死」さえも

「恐れる事」等が「容易に出来てしまう」。

「その恐れを和らげる為に、多くの人間が同意出来る考え・思いによる納得法等が求められ、実用されて来ている」が

「もちろん、どんなに考え・思いによる納得法等を高度に構築しても、現実とは違う実態認識が基」なので

「現実離れが是正される訳も無く、実際に、問題が解決する事も無い」。

「死自体に対する恐怖心等からの解放」は

「誕生・死が、生きている人間なら、世界中の何処の誰でもが、今、この瞬間にも、実体験している、細胞レベルの実現象である事」等を

「意識上で、理解・把握する事」等により「実現する」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に自ら実用する事」で「実現する」。

「死の恐怖から解放された」なら「どう生きるか?」が「重要問題になる場合が多い筈」だ。

「他の問題でも、現実との整合性の悪さを解消して、実解決して行く実務」が

「人類に望まれている事」等は

「少し考えるなら、世界中の何処の誰もが気づける事の筈」だ。

「どう生きるのか?」で「道を誤らない為の重大なヒント」は

「所謂、文系、精神構造・精神文化側でも、科学レベルで判明している実体や事実・現実を自ら意識的かつ積極的に自ら実用する事」だ。

「細胞レベルを科学レベルで理解・把握等していて当然の今時の人間の筈」なのに

「其れを自ら実用せず、丸ごと一人レベルの意識だけに基づいた、天動説レベルの、どう生きるか?論」等では

「ある意味、本当に、情けない事に成る」。

「天動説」とは、

「自分を中心にした理解・把握から得られる感・考え・思い等を圧倒的主軸にして、

星や月や太陽の動きや地球との関係等を説明しようとした論」だった。

「自分を中心にする事よりも、星や月や太陽の動きや地球との関係等の実体・実態を圧倒的主軸にして説明した地動説」の

「方」が

「圧倒的に分り易く、実態把握もし易い」のは

「天動説で自分を中心にしている論者」は

「その論を見聞きする他の人にとって、

元々、自分の中心では無いから、

その人の中心にする事等は、

非常に厄介で、余分なモノになるから」でもある。

「天動説レベルの年齢論や死生観論、人生観論等々」も「同様になる」し

「天動説レベルの人間社会・経済システム等々」も「同様になる」』。

『「細胞の命の連続性からはっきり判る事」は

「丸ごと一人レベルの年齢が、例えば、60歳で同じであっても、

100年前の60歳と今の60歳では、年齢自体も違う事」だ。

「細胞の命の連続性としての年齢、何十何億何千何百何十何万何千何百何十何年かの内、100年の差が其処に実在している」。

「例えば、

今生きている1959年産まれの2019年現状60歳」の「年齢」とは

「1959年より、多くの場合、9~10ヵ月程前に、その細胞群個体としての狭義の自分が発生した、

難十何億何千何百万何千何百何十何歳の細胞レベルの命の連続性の年齢を持つ

1959年-多くの場合、9~10ヵ月の狭義の自分細胞群個体年齢を持つ

今この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続し、生年齢0歳細胞と生年齢が既に無い死体細胞も持つ、

何十兆もの多様な年齢細胞群に成っている」のが

「既に、科学レベルで判明している現実」だ。

「生きている人間の年齢」にも「多様性が在る」が

「人間(動物)の意識」は「丸ごと一人(一個体)レベルに単純化して、捉えたがり、理解・把握したがり、考え・思い・感じたがる」。

「しかし、丸ごと一人の死生観」と「同様の年齢論等」では

「現実離れが激し過ぎる事に成る」。

「人間社会・経済システム等でも事態は同様」だ。

「年齢で言う」なら「丸ごと一人レベルの年齢観ダケでは、例えば、年齢差別等もしがちに成り易い」が

「実体・実態通りの区別や差別なら、合理的になる」が

「年齢で実体や実態が決まっている訳では無い」から

「年齢差別等による処理・対処等」は「往々にして、トラブルの基に成り易い」。

「自動車事故問題でも、問われるべき、区別・差別等されるべきは、運転・判断能力等であり、年齢では無い」。

「仕事でも、恋愛等でも、問われるべきは、能力実態や相性実態等であり、

年齢でも無ければ、学歴等やルックスや収入等々の{上辺の肩書等}では無い」。

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観上で、比べっこに甘んじる」と

「本質的には自虐になる不要な差別を行った上での不当利権等が基となり、数多くの自虐的判断が誘われがちになる」。

「其れは、例えば、現状までの、戦後日本のテレビ・芸能界等の、

戦後日本の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)教育の優等生(=有益分子化成功者)や

ご用達ルックス概念等大衆植え付け後のルックス差別錠の優秀者や

血統相続特待生等の過剰偏重等」が

「実質的に、もたらしている、人間社会への悪影響等からも良く判る」。

「未だに、丸ごと一人の死生観・人生観等を基にした殺傷ドラマ、いじめドラマ等々ばかり・・・を配信していてどうする!」

「細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している人間の実態を意識的かつ積極的に実用する」なら

「殺さなくても、殺したい人間の中で細胞ごとの死は起こっているのだから、殺すべきモノの実体を探究し、

殺すべき、思想や行動等々を殺すドラマ等々が在って当然になる」。

「殺傷方やいじめ方や逮捕方や逮捕され方や言い訳・言い逃れ方等々を、

特定極一部の者たちばかりを主扱いする事による有名人化者覚えと共に{学習}させられている

多くの視聴者等の中から」も、

「まるで、二時間ドラマの様な犯罪を行ってしまう者や、

重用され続けて来ている有名人同様化を狙ったSNS悪用問題動画炎上等の問題行動を行う者等々」が、

「ある意味、必然的に生じてしまう事」等は「極めて、当然の現象になる」。

「現実離れしている単純化」は「無理を生み、無理が不要なトラブル等の元に成る事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「現実離れを是正し、無理を減らして行く事」が

「所謂、文系側にも激烈に求められている」。

「殺すべきモノの実体を探究する」なら「丸ごと一人レベルの殺傷やいじめ等を殺すのが当然になる」。

「その実現方法も既に明らか」で

「科学レベルで既に、判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に自ら実用する事」等により、

「被害者に成ってしまいそうな側も、加害者に成ってしまいそうな側も、自らの精神構造(自己制御ロジック)を

健常進歩・正常進化させる事が出来る為に必要になる{上書き情報・教育}等を提供する事に成る」。

「細胞レベルで現実との整合性を高めた人間社会・経済システム等を実用する」なら

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群自体の快適存続の実現が容易に成っていて当然」で

「世界平和も当たり前に成る」。

「新世界の実態」が

「既に、其処に露呈している事に成る」』。

『「現状経済システム上の経済優等生等でも、

現実離れが激しい、所謂、文系教育等の優等生等でも、

テレビ常連出演者等有名人利権優等生等でも、そう」だが、

「特定個人等をどんなに偏重・優遇等しても、

人類誰もの広義の自分である、地球生命体細胞群の快適存続の役に立つ事」等は「ほぼ確実にあり得無い」。

「むしろ、

同様に、偏重・優遇等されたがる人々や、

偏重・優遇状態にある人々に依存状態に陥る人々や、

不公平・不平等感等を募らせる人々」等が

「増えてしまう場合が遥かに多い実態が露呈し続けて来ている」。

「世界平和とは真逆の方向に力が加わっている実態が其処に露呈している」が

「現状優等生たち等」は「現状故の利権追及等に忙しく、その是正さえ行おうとしていない場合が多い」。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき実態が其処に露呈している」。

「{天動説}優等生」等では「現実として、地球生命体細胞群の快適存続の役に立つ十分な仕事が出来る訳も無い」から

「偏重し続けたり、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「出版社やテレビ・ラジオ局等の起用側」も

「何時までも、有名人化~集金等に明け暮れている場合では無い」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「其れは、他の者・物・事による被支配に狭義の自分を預け過ぎている人々でも同様」だ。

「人類誰もの広義の自分には狭義の自分ももちろん入っている」が

「その快適存続の為に仕事をする」のが

「今時の人類の当たり前」で

「未だに、現状までの人間社会・経済システム上での利権等を追及し続けている」のは

「悪魔に魂を売り渡した者たち等の実態に成る」。

「他者支配や他者による被支配」より

「自己健常支配の継続」だ。

「その為に有益になる情報・教育等を行わなくてどうする!!」』

|

「弾道ミサイル等軍事訓練を指導した金正恩の影武者」と「安倍総理が提案した無条件の日朝首脳会談」・・・。

『「ロ朝首脳会談も失敗」で、「果たして、金正恩」は「未だ、粛清されていないだろうか?」

「その答」は「今後、北朝鮮と他国の首脳会談が行われるか?否か?」で「直に判る事になる」。

「米朝首脳会談が失敗に終わった段階」で

「北朝鮮の本当の実権者に担ぎ出されている様相の、金正恩の立場」は「かなり、危うく成っていた」。

「更に、ロ朝首脳会談も、失敗」では

「もはや、金正恩ではダメ!とされていても、ある意味、当然になる」。

「その場合、金正恩は、どうなってしまうのか?」

「核放棄約束で程なく粛清の様相の金日成」、

「拉致を認めて程なく粛清の様相の金正日」、

の「実例」からすれば、

「幽閉状態」や「粛清済み」でも

「何の不思議も無い事になる」が・・・。

「そんな時に、弾道ミサイルも含む軍医訓練を指導」で

「更なる制裁強化も無ければ、

軍事優先で瀬戸際外交をする方が

金正恩等が行った首脳会談路線よりマシ」等と

「北朝鮮の本当の実権者等が思い込んでしまってもある意味、当然になる」。

「そうなれば、金正恩等は益々、必要無し」になり、

「むしろ、病気等でお亡くなり・・・で、

世界からの同情支援等を買う方が、

むしろ、合理的になる」。

「弾道ミサイルも含む軍事訓練に対し、国連決議違反だから、更なる、制裁を!」と「成れば」、

「軍事路線回帰に対する国際社会からのダメ出しメッセージが伝わる事になる」のだから

「制裁が行われた方が、金正恩等が未だ生きているなら、金正恩等にとっては都合が良い事になる」。

「本当に実権を持っている独裁者」なら

「核放棄反対派を粛清出来ていて当然になり、

軍事訓練を指導するより、軍事~経済転換訓練を指導で当然になる」が

「金正恩等が軍を変換出来ている様相は、全く無い、ばかりか、

むしろ、北朝鮮軍部の意向通りに軍や核も含む兵器等を増大状態である事」が

「露呈している」。

「朝鮮戦争が負けとなれば、戦争責任が問われて当然の北朝鮮軍部や北朝鮮の本当の実権者等」は

「核を使ってでも、朝鮮戦争に勝つ事」等を

「未だに、真剣に考えている様相」が

「露呈している」。

「担がれている様相」で

「本当の実権は十分に与えられていない様相」の

「金正恩等」は

「北朝鮮の本当の実権者等の意向」と

「米国トランプ政権も含む国際社会の意向」の

「間」で

「実権不足故に、どうしようも無く成っている様相が露呈している」ばかりか、

「今までの北朝鮮金政権の実態からすれば、粛清まで迫って来ている、或いは、既に、粛清されている?状態」が

「露呈している」』。

『「果たして、安倍総理の出した、最後のチャンスの助け舟に乗れる金正恩」は「未だ居るのだろうか??」』

『「イラン問題」も「ベネズエラ問題」も「切迫して来ている」ので

「米国トランプ政権としては、北朝鮮問題は、先延ばししたい筈」で

「先延ばしの為の苦肉の策」が

「安倍総理が出す最後の助け舟に成っている可能性も大きい」。

「先延ばしで、北朝鮮がどれ程持つのか?」は

「疑問」だが

「北朝鮮としては、2020年までに日本も韓国同様の従北政権状態にしなければ、危ういレベルに既に達していて、

その実現は、確実に無理」だから

「日本での工作等ももはや、無駄」に「成り」、

「残された手段」は

「世界から同情支援を買う為の指導者交代」や

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる事を覚悟した上での朝鮮戦争休戦取り止め」等に「成る」。

「戦争の裏で、韓国・中国・日本国内等に逃げ延びる策等も練られている筈」だが

「其れが、バレ無い保証は全く無い」。

「開戦よりも、同情支援を・・・で、当面は、日本は諦め、韓国支配に傾注する道」が

「選択される可能性が大きい」と

「推定出来る」が

「何れにしても、北朝鮮問題の解決は、

国家指導者の顔は変わっても内実は変わって来ていない現状までの体制の北朝鮮が持つ時間を考えても、

それ程、遠い未来の事では無い」。

「未だに、日本国内で、スパイ・工作活動等を行い続けている者たち等」は

「本当に、どうかしている」。

「続けるなら、それ程、遠く無い時に、摘発~逮捕が待っている」のだから

「早々に、足を洗っておく事が極めて重要に成っている」』。

『「日本の政府・与党や警察等々も、工作電磁波対策は特に急ぐべき」だ。

「経時変化により、和音が和音の中により細分化する様に入り込む事を繰り返し、より疑似高周波化している、

音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき、

電話線や電線や車や建物設備機器や家電等々にも仕込まれている

{悪魔の輪唱}ソフト・ハード」の

「悪の実効」は

「現状でも、通信障害を招く事があるレベルに至っている」。

「生体電流・電子信号の邪魔レベルから、疑似電子レンジ化レベルに近づいて来ている事等からも、

対策抜きなら、人体への悪影響もかなり出てしまっている筈」だ。

「車の事故や脳・心臓等傷害・障害の裏に工作電磁波が在る場合も決して少なく無い筈」だ。

「本気の徹底摘発を急ぐべき」だ』。

『「昨今の気象状態からも多くの人々が感じている通り、

現状人間世界の終わりの日は、

そんなに遠い先の事では無い」。

「武力戦争では、直接人間同士が殺傷し合う」が

「経済戦争では、経済的圧迫(環境も含む)等により間接的に人間が人間も殺傷している」。

「武力世界大戦が終わり、経済世界大戦状態の人間社会が続いている」が

「この自虐的な殺傷精神文化を何時までも続けられる訳も無い」。

「否応無しに、止めざるを得なくなる時」が「刻々と迫って来ている」のだから

「その前に、次なる人間世界への軟着陸を可能にする為の対策」を

「意識的かつ積極的に行っておくべき」だ。

「未だに、武力世界大戦時代に、散々賛美されていた士官学校等の優等生等を賛美・重用していた事等」と「同様」の

「経済士官学校の優等生等を賛美・重用状態」では

「本当に、情けない」。

「比べっこは、あくまで、比べっこに過ぎず、

本質・快適の探究が疎かなまま、比べっこに傾注し続けている人間世界の行き着く先」は

「人類滅亡になる」。

「当たり前の事」だ。

「逆から言う」なら

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

物質文明側だけでは無く、精神文化側でも実用して、

本質・快適の探究を意識的かつ積極的に行うべきで、

この重要実務を行うなら、

人類滅亡も避けられ、新たな人間世界への軟着陸も可能になる」』。

『「昨今の日本の気象に大きな悪影響をもたらしている」のは

「温暖化であり、中国大陸内で上がっている雨や雪の芯になる汚染物質」だ。

「そして、それは、経済世界戦争上で、中国共産党主導の下、環境より利権が圧倒的に優先されたが故の現象でもある」。

「同様の事態が、其れこそ、世界中で起こっている」。

「ここで、全ての人類が、理解・把握すべき」は

「現状人間社会・経済システム上の経済利権等に過分とも言える重大な価値を与え続けて来ている」のは

「現状までの多くの人間の精神構造(自己制御ロジック)と人間社会の精神文化である事」だ。

「そして、その精神構造と精神文化が、考え・思いによる納得レベルであり、

既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実の実用が圧倒的に不足している事」だ。

「現状までの人間社会・経済システム等への過剰依存状態」とは

「武力世界大戦時に、武力に過剰依存しながら、人間同士が殺傷し合っていた事と同様の事に他ならない」。

「武力世界大戦を止められたのと同様」に

「経済世界大戦も止めなければ人類も含む地球生命体細胞群の長い~永い未来は在り得無い」が

「その為には、武力世界大戦を止める為に経済世界大戦という精神文化が必要だった」のと「同様」に

「経済世界大戦に変わる精神文化が必要になる」。

「其れは、本質・快適を科学レベルで探究する精神構造・精神文化であり、

本質・快適を科学レベルで探究する事でつくり出せる新たな人間社会・経済システムを実用する事になる」。

「自由度が高い、テレビ・ラジオ・マスコミ等からの発信は、もちろん、

経済学者・政治学者・社会学者等も、人間誰もの実体やその実体の根本的目的から科学レベルで整合性を取って、

経済システム・政治システム・社会システム等を提唱等するべき」だ。

「旧来からの宗教レベルの経済・政治・社会システム等々を微に入り細に入り覚えたりする事を利権にして、

自らの下に利権を集めている状態の者ばかり・・・」では

「実質的、宗教信者ばかり・・・状態で、とても、今時に必要な学者等では無くなる」。

「歴史文化遺産等として保持すべき情報等の研究等をする学者等も必要だが、

人類の健常未来の構築に役立つ研究等をしている学者等が皆無状態・・・では、

本当に、情けない」。

「物質文明側で、そんな状態だったなら、

人類が持つ物質文明製品は、未だに、宗教レベル・・・に成る事になる」。

「そうでは無い現実が示唆している事」は

「人類には、科学レベルの実用が出来る事でもある」のだから

「其れを、精神文化側でも実用していない現状は、明らかに異常になる」。

「是正が急務である事等は、もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「北朝鮮問題」にも「イラク問題」にも「ベネズエラ問題」にも

「地球環境問題」にも

「経済問題」にも

「大きな関わりがある」のが

「個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)問題であり、人間社会の精神文化問題」だ。

「現状の多く人々や人間社会の精神構造・精神文化のまま、

直接的に、具現化している問題を解決しようとしても、

環境問題の例からも明らかな様に、

行き詰る事になる場合が多い」。

「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から科学レベルで整合性を取って行く事により、

ほとんどの問題を自虐にならない様に解決する事が可能になる」のだから

「その道を疎かにし続けている事の罪の大きさはかなりのモノになる」。

「その罪に対する罰は、近々、否応無しにやって来る事になる」が

「其れが嫌なら、出来る限りの是正を精一杯行う事」だ』。

|

ブラックホールの可視化映像が公開されたが・・・。

『「存在自体はかなり前から科学レベルで理解・把握されていたブラックホール」も「可視化される」と、

「より多くの人々が、その存在に対する理解・把握や実感等を持ち易くなる」のは

「人間の知覚の中で、視力が大きな割り合いを占めているから」だ。

「ブラックホールが在る事は解った」として

「ブラックホールとは何か?」が「解っているのか?」は

「また、全く別の話しになる」のも

「ルックスで捉えた人の実体把握等を考えるなら、誰もが良く分る事だろう」。

「生きている人類誰も自らが存続している現宇宙の実態把握」は

「人類誰も自らの存在」や「生き方」等々にも

「相応に示唆をもたらす事でもある」から

「意識の有無を問わず、宇宙や生・死等の実体についての理解・把握が薄い事」は

「自らの健常制御や落ち着き等にとって不都合な事にもなる」。

「それは、衣食住や呼吸する空気内実等々の様に、直接短絡的に大きな影響をもたらす事では無い」が

「自らの底や大枠部分と大きな関わりがある無視出来得ない実質、重大事でもある」。

「意識や知覚等が非常に良く発達出来ている人類」が

「地球生命体細胞群の代表として、

宇宙や生・死の実体の理解・把握~実用への道を

意識的かつ積極的に歩んでいる事」には

「応分の必然性がある事になる」』。

『「ブラックホール」とは

「時空同一状態への回帰の為、

光と同じ速度で、未来へと動き(崩壊)続けている時立方面(点群)から

遅れながら存続しているが故に質量を持っている空要素=エネルギー・物質群の中で

反射光の放出さえも押さえ込ませる程重くなった(=それだけ時間からの遅れが大きくなった)集中物質群」だ。

「遅れながらも、時立方面と共に未来へと移動している」から

「時立方面は、ブラックホール内の物質群の非常に大きな質量により、

未来方向への順移動とは反対方向に引っ張られ、

外から内へと渦を巻かされている」。

「この時立方面の渦上に光がある限り、光はブラックホールの外側に出てくる事が出来得ない」ので

「ブラックホールはブラックホールと成っている」。

「非常に大きな質量を持つ物質群故に、

光を物質群周辺持立方面渦上に捉え続ける事が出来ていてブラックホール化している宇宙の一部分」だが

「其れでも、基本的には、時立方面と共に未来に向かって移動(崩壊)し続けている」ので

「現宇宙空間を破って外に出る事」とか「ホワイトホール化する事」等々は「在り得無い」。

「純物理的に、其れらの事態が実現する為」には

「時立方面の未来方向への移動(崩壊)以上の速度で

時立方面を反対(過去とは表現しない方が良いと思うが)方向に移動させる必要が生じる」。

「その為に必要になる質量は無限大になる」のは

「光の速度で移動しようとする物質の重さが無限大になる事等から良く判る」』。

『「極大域」での

「外から内への渦を巻きながらの存在がブラックホールをつくり出す非常に重い物質群」なら

「極小域」では、

「時立面の未来への移動から遅れている空間要素部分」が

「ピークレベルの遅れなら、時間と共に移動で、光等の実態」になり、

「空間要素部分が渦を巻いているが故に物質化している、質量を持ったモノ」の「中」で、

「外から内方向への渦、つまり、時立方面をへこませながら渦を巻いている」のが

「陽子化出来る素粒子」等であり、

「内から外への渦、つまり、時立方面から浮かび上がる渦を巻いている」のが

「電子」等になる』。

『「極小域では、成立している

時立面から浮いて渦を巻きながら質量を持ち、

時立面と共に未来方向に移動している物質群」の

「極大版が純物理的には存在し得無い」のは

「電子が集合化しない事」等から「明らかに成っている」。

「集合一体化出来る」とは「単独より大きな質量化出来る事」であり、

「集合一体化の為には外から内への流れが要る」』。

『「集合一体化して陽子として集まっている素粒子」は

「一緒に、時立方面に転がされながら未来方向へと移動している」。

「その様な単独素粒子より質量が大きな時立方面の引きずり込みに対し、

時立方面から浮く形で転がされている電子等が付き纏い易くなる」のは

「当然の現象でもある」。

「引きずり込みと浮きで中和作用が出る事により、より少ないエネルギーで未来への移動が可能になるから」だ。

「電子も陽子も転がされながら未来方向に移動している」ので

「引きずり込みと浮きの間」と

「憂き故に集合出来ない電子同士の間」には

「それらを転がすに十分な時立方面間が要る」。

「電子軌道等と表現されているモノの実態」だ』。

『「現宇宙の全てのエネルギー・物質等」は

「時空一体化の為の時間の進行(崩壊)により、未来へと運ばれている」ので

「タイムマシンは成立し得無い」。

「タイムマシンが成立する為には、過去や未来が現在と共に存在している必要がある」が

「過去は時間の流れで運び去られ、未来は、未だ出来ていない」のが「現実に成っている」。

「在るのは、時間の流れと共に未来方向に移動し続けている現在だけ」だ』。

『「超後続移動しようとすると重さが無限大に向かって指数関数的に増えて行く」のは

「時間の流れと共に移動する限りは・・・」であり、

「時間の流れの上を滑りながら移動する(区外的な方法は多くの人類の精神構造が健常成長するまでオアズケ!)」なら

「重さを余り増やさずに、超高速で移動する事も可能になる」。

「タイムマシンは出来得ない」が

「宇宙内を超高速移動する事は可能」だ』。

『「時空分離でインフレーション~分離空間要素の部分集約が超高エネルギーを生み出し、時空同一化方向に崩壊する為にでビッグバン

~時空一体化への崩壊故の時間の進行上で生まれ、乗せられているエネルギー群・物質群とその中の生物群~

終極的には、時空一体化への回帰で無に帰そうとしている現宇宙」だが

「生物の存在が無ければ、無に帰した宇宙が再び有化するか?否か?も偶然任せになる」。

「宇宙の実体把握まで出来る生物の存在を有している宇宙の意思」が

「無に帰す事の回避であり、宇宙自体の存続である」と

「感じたり、思えたり、する」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「何れは、

他の宇宙生命体細胞(?)群の生物と共に、

宇宙の子造りや、無に帰す事を回避する為の実働等も行う事になるのが人類の宿命」だが

「その遥か前」に

「地球生命体細胞群としての自虐を必要最小限に抑え続けられる様に

多くの、ほとんど全ての人類の精神構造(自己制御ロジック)とその集大成である人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる事」と

「宇宙に本格進出出来る科学技術力等もつくり出す事」が

「強く、求められている」。

「人類誰もが、

産まれてから、乳離れ、親離れ等して行くと共に、

本能レベル~感情レベル~比べっこレベル~本質・快適探究レベルへと

健常成長し続けようとしている自らの精神構造(自己制御ロジック)を

順当に健常成長させる事が出来る様に、

情報・教育・環境等の健常化・正常化を急ぐべき」だ。

「人類なら、誰もが、ある問題に突き当たった時、

先ずは、

本質・快適探究レベルでの問題解決を図れるようにするべき」で

「比べっこレベルとは、それが不可能な場合のセカンドチョイス」だ。

「人類としての本来の訴え」は

「地球生命体細胞群=広義の自分」の「根本的目的である存続故の訴えが基本」であって「当然」になるが、

「広義の自分を十分に意識出来ていない狭義の自分ダケ状態の人類個体の場合」は

「狭義の自分の本能と勘違い・思い違い出来ている、感情レベルや比べっこレベルの判断等を基に動こうとしがちになり易い」。

「そして、問題の処理方法が、金にしても、権力にしても、立場にしても、力等に依存した身勝手な処理方法に成り易い」。

「その様な旧態依然としたやり方が大衆合意を持つ」と「例えば、戦争の歴史」や

「経済戦争の歴史」等々と「成る」が

「その繰り返しでは、人類滅亡の時が急速に迫って来るのも極めて当然になる」。

「広義の自分の実体やその実体の根本的目的等も十分に理解・把握した上」で

「狭義の自分個体がどの様な解決方法を実践出来るのか?」等を

「本質・快適探究レベルの精神構造(自己制御ロジック)を主に実用して考え出し、実践して行く事」が

「重要になる」。

「上手く行かない」と

「退行現象が出現し易くなり、

先ずは、比べっこレベルが選択され易くなる」が

「其れでも上手く行かないと、感情レベル~本能レベルへと、どんどん退行が進み易くなってしまう」が

「広義の自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取っている」なら

「本能レベルでも、感情レベルでも、比べっこレベルでも、本質・快適探究レベルでも、

基本的に、同じ答えが得られている事になる」。

「広義の自分の実体やその実体の本来の目的」の「情報・教育等が重要な理由が此処に在る」。

「それは、誕生・死等の問題や、死生観・人生観の問題でも同じ」だ。

「丸ごと一人レベルダケの死生観・人生観では、今時、現実との齟齬が激し過ぎる」。

「人間(動物)の意識は、丸ごと一人(一個体)レベルで捉えたがり、考え・思い・判断したがるが、

生きている人間(生物)の実体は、今、この瞬間にも、細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している細胞群に他ならない」。

「丸ごと一人レベルで命の連続性を考える」と

「親や、子や、親戚や、同じ国民や、同じ民族や、同じ人種等々を強く意識しがちに成り易い」が

「細胞レベルの命の連続性を考える」なら

「人類、特に、近い人類ダケへの偏執も薄れ易くなり、その実態が、地球上の生物全てへの繋がりである事等も

理解・把握・認識し易くなり、広義の自分の実体把握も容易になる」。

「広義の自分の実体の根本的目的が存続である事」は「疑いの余地が無い」。

「永遠の命」とは「広義の自分が実現可能な事に他ならない」。

「人類は、動物でも、植物でも、広義の自分の一部を殺し、食べる事で存続している」。

「殺欲動は、存続欲とも重なっている無くし得無い健常欲動に他ならない」が

「殺欲動を殺人欲動に化かしてしまっている原因の一つ」は

「丸ごと一人レベルダケの死生観・人生観でもある」。

「人間は存続の為に基本的に人間を食べる必要が全く無い」のだから

「殺欲動を丸ごと一個体レベルで使い、他の人間に被せたり、する事が無ければ、殺人欲動をつくり出す事も抑えられる事になる」。

「人間同士・人間社会内での問題の処理方法の基本」は

「殺すべき物事等の実体を探究し、その殺すべき実体を殺す事で快適が得られる様に解決する事」に「他ならない」。

「殺すべき物事等の実体を探究せずに、丸ごと一人レベルの殺人欲動等を基に殺傷等を行ってしまう事」等も「殺すべき実体の一つになる」が

「丸ごと一人の殺傷欲動に基づいた殺傷ドラマ・小説等々はゴマンと在るのに、

殺すべき実体を探究するドラマ・小説・映画・音楽・絵画等々や学校教育等々は、ほぼ無いに等しい状態」だ。

「現状の、情報・教育界が余りにも遅れ過ぎている実態が其処にも露呈している」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

|

新元号は「令和」に決められたが・・・。

『「アルファベットの頭文字R」は「18番目」で「1月8日産まれの金正恩信望者等」が「喜んでいそうなところ」は「今一」だが、

「本日報道で暴露された他の日本の古典由来の候補よりはマシと思えた」ので

「金政権の未来が短い事も十分に想定される今日、

今一なところは

余り気にしない事にしよう・・・とも思えた」。

「何れにしても、中国が中国共産党支配下である昨今、

中国の古典由来の日本の元号では、

中国共産党支配下の日本国のイメージも生まれて来易くなってしまう」から

「日本の古典由来の元号の方」が「適切」になる。

「他の日本の古典由来の候補のアルファベット頭文字」は

「エクザイルも連想させる、E」と

「3Kも連想させる、K」で

「頭の漢字が英国を想起させる、英弘」や

「広さ・狭さの連想感が強い、広至」では

「令和」が

「新鮮感もより強く、他よりは、より適切に思えた」』。

『「レイワ」の「音」に

「当て字をする」なら

「麗和」や「礼和」や

「零和」や「霊和」等々や

「令輪」や「令吾」や

「令話」や「令環」等々も

「考えられる」が

「良い意味も悪い意味もつくり出され易い」のが

「当て字の世界」だ。

「今後、上記の様な当て字を使った、賛美や皮肉等々の

どの様な情報配信が多く出てくるのか?」等は

「今後の時代を映す鏡の一つとして、

今から、少々、楽しみ・・・でもある」』。

『「改元自体」は「五月一日」なので

「未だ、エイプリール発表の元号を無しにして替える事も可能かも知れない」が

「元号という象徴的記号よりも、その時代の内実の方が遥かに重要である事等」が

「当然である事」は

「今までのところ、日本が戦地には成らなかった」が

「スパイ・工作活動等だらけ、で、

格差も広がり、

本当の平和や

平らに成る事等とは程遠かった

平成の事を考える」なら

「其れこそ、何処の誰にでも直に判る事になる」。

「平成時代にも、確実に、急速に、進歩・進化した」のは

「多くの物質文明製品」だが、

「令和の時代」には

「物質文明側だけでは無く、精神文化側も、確実に、急速に、健常進歩・正常進化させるべき等と

考え・思っている人々の数」も

「日々、確実に増えている筈」だ。

「精神文化側を、確実に、急速に、健常進歩・正常進化させる、大きな流れが生まれる事を切に願っている」のは

「筆者たちだけでは無い」。

「多くの個々の人類個体」が

「少なくとも、無意識レベルでは、その大きな流れを渇望している実態が露呈している」。

「そして、その生物欲動は人類だけに留まっていない」。

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の悲痛な叫び」が

「其処に在る」。

「乳幼レベルである比べっこの精神構造を多くの人類に強い続けている

現状の人間社会・経済システム等という

多くの人類の基本的人権である精神構造(自己制御ロジック)の健常成長を阻害している

今時としては、非常に出来の悪い精神文化製品」を

「より出来の良い、今時に合う精神文化製品に確実に、健常進歩・正常進化させる

今時の人類の重大実務」を

「確実に実現させる為」にも

「個々の人類個体がそれぞれ自らの精神構造(自己制御ロジック)を

乳幼レベルの比べっこから

成人レベルの本質・快適探究へと

健常進歩・正常進化させる実務を行う事」が

「激烈に求められている」。

「個々の人類の精神構造(自己制御ロジック)や人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる事に有益な仕事をしているべき

情報・教育関連の仕事等を行っている者たち等の多く」が

「未だに、比べっこや丸ごと一人のみの死生観・人生観等々推奨状態では、本当に、情けない」が

「そんな酷く、劣悪で醜悪な実態」は

「平成の終わりと共に、オシマイ・・・に、して頂きたい」。

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取った善悪区別を基」に

「多くの人間が、自己健常支配の継続を主に、自己不健常支配を免疫等を養う為に遊び程度に、して

実生活を送り、

地球生命体細胞群の住処を宇宙にまで健常拡大して行く」なら

「世界平和も、環境問題の解決も、人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群の長い存続~永続という永遠の命も、

実現可能な事に成って行く」』。

『「令和の時代」が「人類の自虐を終わらせる時代になると良い」のだが、

「それは、基本的に、個々の人間個体自らの選択の集大成による事」だから

「先ずは、人類誰もが、狭義の自分を自らがどの様な精神構造(自己制御ロジック)を基に

動かして行くのか?に

かかっている事になる」』。

|

テレビ・マスコミでも学校教育でも「言葉に力を持たせているモノは何か?を探究する事」くらい教えるべきでしょ・・・。

『「言葉によるいじめ等で、自殺等の悲惨事態が起こされてしまっている事」が「未だに、繰り返されている」。

「その原因は何か?」

「言論にしても、書物にしても、物理的に破壊を可能にする大きさや数等が無い限り、

言葉自体」には

「腕力や武器等の様な非常に大きな破壊力が在る訳も無い」。

「それでも言葉が力を持つ場合も在る」のは「言葉に力を持たせている存在が別に在るからに他ならない」。

「それは、何か?」を「探究する事」は

「言葉に不当に大きな力を与えてしまう事等を避ける事にも直結している」。

「探究する」なら「個々別々に、それが、他人から良く思われていたい大きな自己承認の代償欲求だったり、

「自分の意識が否定したい実体や事実・現実だったり、

・・・等々」の

「人間の自己制御に根差しているモノや、現状人間社会上の不当差別圧力等々」である

「実体」を「把握出来る事」に「繋がっている」。

「死や、幽霊に思えるモノ等々」でも、

「正体が判らない内は、過剰に恐れる事も出来てしまう」が

「正体を理解・把握出来た」なら「現実対応・対策等が出来易くなる」。

「例えば、死の実体は、細胞ごとの実現象であり、生きている生物(人間も含む)なら細胞ごとの死を今、この瞬間にも体験しているのだから、

死自体を恐れても、意味が無い事になる」し

「どう生きるか?の現実対応・現実対策を実践し易くなる」。

「幽霊の正体が枯れ折れ花と判れば、もはや、其処に不要で過剰な恐怖心等が付随する事も無くなる」。

「いじめや虐待等を行う者たちが、何故?そんな自虐的な事を行ってしまうのか?」等の「探究」と「共」に、

「学校教育でも、テレビ・マスコミ等でも、教え、情報配信するべき事が其処に在る」』。

『「では、現状の学校教育やテレビ・マスコミ等の情報」は「何を教え、情報配信しているのだろうか?」

「本質・快適等の探究では無く、比べっこ」と

「自己健常支配では無く、他の者・物・事等の支配や他の者・物・事等による被支配」と

「考えを深める事では無く、与えられた情報等を覚える事」等々だ。

「コレでは、多くの人間が、本来なら不要なストレスを抱え、

現状の情報・教育等を、良く覚え、よく学んだ者たち等は、その対価をもとめがちになり、

実体としては、代償欲求の追及になる対価欲求は過大に成り易く、

比べっこ{免罪符}が蔓延る人間社会は不当で過剰な格差社会になり、

多くの人間は不満を内に持ちながら、時には其れを外に暴発・発散等させる事になる」。

「極めて、当たり前の自虐的実態が其処に在る」が

「この自虐的実態にお墨付きを与えている」のが

「現状人間社会・経済システム」という「人類が生み出した、非常に性能の悪い、自虐度の高い、精神文化製品」だ。

「世界中の多くの個々の人間」が「この非常に性能の悪い、自虐度の高い、精神文化製品の圧力の下」で

「自虐人生を強いられている実態が露呈している」。

「全人類が、意識的かつ積極的に、出来る限り早く、是正すべき実態が其処に在る」』。

『「では、どうすれば、是正出来るのか?」

「外から、つまり、精神文化製品から、直接直す事は非常に困難になる」のは

「その精神文化製品自体を多くの人間が実用して、実生活を送っているから」だ。

「人類誰でも、実生活を止める事は、非常に困難で当然になる」。

「しかし、実生活を止める事抜き」に「自らの精神構造(自己制御ロジック)」を

「意識的かつ積極的に、健常進歩・正常進化させる事」は

「十分に可能」で

「現状対策を実践している政治・政策等と、現状是正に有効になる情報・教育等との

正常コラボ状態が実現している」なら

「多くの個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)の健常進歩・正常進化が誘われていて、当然になる」。

「現状では、現状を健常に、正常に、是正して行く事に大いに役立っているべき情報・教育等の多く」が

「比べっこ・代償欲求過剰追及蔓延る現状人間社会の現状賛美状態だから、

「本来なら、在って当然の、多くの個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)の健常進歩・正常進化」が

「大きく損なわれている」のが「実態」だ。

「人類誰でも、産まれてから、乳幼期まで」は、

「比べっこによる支配権(乳房)・被支配権(親等による愛)争い」の

「精神構造(自己制御ロジック)」であって「健常」だが

「健常なら、乳離れ、親離れして行くと共に、

比べっこから、本質・快適探究へと精神構造(自己制御ロジック)は成長しようとする」。

「其処に外から、本来なら不要で本質的には不当で自虐的な圧力を加えている」のが

「現状までの人間社会・経済システム等の人類が生み出して実用している今時としては、明らかに出来が悪過ぎる、精神文化製品」だ。

「物質文明側」では

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的、かつ積極的に、実用する事等により、物質文明製品等の急速な進歩・進化を実現させてきている人類」が

「精神文化側」では、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用せず、

丸ごと一人レベルで捉え・考え・思いたがる人間の意識ダケを過剰偏重し、

考え・思いによる納得レベル、宗教レベルの精神文化製品を、実用し続けて来ている」のだから

「急激な進歩・進化を実現し続けて来ている物質文明側と

進歩・進化拒否状態の精神文化側の齟齬」が

「膨大な人類自虐事態をもたらして来ている」のが「戦争の歴史とも言われている、人間の{自虐}歴史の実態」だ。

「化学爆弾だけでは無く、物理爆弾(核)までつくり出せている人間の物質文明側の急激な進歩・進化」に対し、

「精神文化側では、未だに、丸ごと一人の死生観・人生観や血統・民族主義等に基づいた独裁政権国まで在る」のだから、

「既に、現状でも、その齟齬の膨大性は、其れこそ、世界中の何処の誰でもが理解・把握出来る事」だろう。

「物理爆弾をつくり出せた時は、人間世界の主流最先端精神文化が世界大戦で大戦中だった」から

「物理爆弾の実用という超自虐事態まで起こされてしまった」。

「物理爆弾実用~大戦終了後の人間世界の主流最先端精神文化」は

「武力を後ろ盾にした経済による支配権/被支配権争い」と「成っている」が、

「其処でも優位になれていない独裁政権国等」が

「物理爆弾の絶大なる破壊力等の脅しの裏の他国内でのスパイ・工作活動等により、

不当支配や不当利権等の取得を企み続けて来ている実態まで在る」。

「武力を後ろ盾にしたスパイ・工作活動等による支配権/被支配権争いという酷く、劣悪な精神文化」が

「其処に露呈している」が

「人間世界の精神文化が比べっこレベルである限り、

現状先進優等生国も、酷く、劣悪な精神文化の国も、大枠では、似たり寄ったり・・・状態」で

「未だに、酷く、劣悪な精神文化の国が存在している問題さえ、解決出来ていない」のが

「実状」だ。

「人間世界の主流最先端精神文化が比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと

健常進歩・正常進化する」なら

「比べっこレベルの国々の問題も必然的に解消して行く事になる」のだから、

「この意味からも、多くの個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)を健常進歩・正常進化させる為に有益になる情報・教育」を

「意識的かつ積極的に行う事」は「極めて、重要になる」。

「それなのに、現状は、余りにも、酷い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

続きを読む "テレビ・マスコミでも学校教育でも「言葉に力を持たせているモノは何か?を探究する事」くらい教えるべきでしょ・・・。"

|

「仕込み一杯の、3,1抗日百周年直前」に米朝首脳会談が決まってニンマリの北朝鮮金政権要人等だが、米国は会談前に北朝鮮総攻撃準備等をしておくべきだ・・・。

『「表の見せ球、核・ミサイル等」の「裏」で「スパイ・工作活動等による延命等を画策し続けて来ている北朝鮮金政権等」は

「当然の如く、3,1抗日百周年に合わせて数多くの仕込みを行い続けて来ている」。

「核放棄約束後にも核兵器やミサイル等を増産・配備して来た事」も

「その一つ」だが

「それ以外にも、主として、日韓内等他国内での工作活動仕込み等が在る」。

「3,1抗日百周年持に大爆発させる事が出来る様に合わせて仕込まれ続けて来ている

北朝鮮金政権等が持つ、核・ミサイル等と

主として、日韓内等の電磁波工作・飲食物工作・大気工作等々の

非人道的な工作活動等の{仕込み}」は

「その直前の米朝首脳会談時の{脅し}」にも

「使う予定になっている」と

「強く推定出来る」。

「米朝首脳会談時に米国トランプ政権が北朝鮮金政権等に対し妥協しない」なら

「3,1抗日百周年に合わせて蓄積して来ている

大量の核・ミサイル等や

主として、日韓内等、他国内での工作活動{仕込み}」を

「一気に爆発させるゾ!」の

「{脅し}」と

「ロシア疑惑問題や壁建設問題で困窮状態に追いやられている、

下院を民主党に取られてしまった

米国トランプ政権の{弱み}」に

「つけ込んで、

火事場泥棒的に

米国トランプ政権から

圧倒的に北朝鮮金政権等にとって都合の良い条件を引き出そう等としている

北朝鮮金政権等の{最後の賭け}が

其処に露呈している」。

「その{最後の賭け}の為には、

3,1{仕込み}の直前に

米朝首脳会談を行う事」が

「合理的になる」が

「それば、米国トランプ政権が

北朝鮮をアッと言う間に撲滅出来る準備をしていない事」が

「大前提になっている」。

「逆から言う」なら

「米国トランプ政権が北朝鮮をアッと言う間に撲滅出来る準備をした上で

米朝首脳会談に臨む」なら

「北朝鮮金政権等が{最後の賭け}を行う事=北朝鮮の終わりになる」から

「北朝鮮金政権等」は

「核・ミサイル・他国内での工作活動等々を放棄する

実質的、自首を選択するか?」

「アッと言う間の滅亡を選択するか?」の

「二択に追い込まれる事になる」。

「其処であっという間の滅亡を選択する程、

北朝鮮金政権等の肝は据わっていない」から

「米国トランプ政権がアッと言う間に北朝鮮を撲滅する準備をして

米朝首脳会談に臨む」なら

「北朝鮮金政権等の側が折れるしか無くなり」、

「米国トランプ政権側の妥協は全く必要無くなる」。

「中国共産党習政権等」が

「北朝鮮金政権等の後ろ盾を本気で引き受ける訳も無く

むしろ、米国トランプ政権等との真剣・本格対話に熱心な事」は

「米国トランプ政権等も重々実感を持って知っている事」の筈だ。

「独裁政権等は自己支配が疎かになる」ので

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配とか

覇権争い等々に

没頭し易くなる」が

「米国も含む、自由・民主主義圏の国々やその国の民の多く」は

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配や覇権争い等々より

先ずは、自己健常支配の継続であり、

自国・自国民の安全・安心・健常発展や

真の世界平和や

人権等々への興味が強くなる」。

「自由で人権もある程度以上保障されている

欧米先進諸国や日本等々に渡り

その中で最先端技術等々に関する学びや情報等々を得て

その技術等々を

独裁政権下に持ち帰る事による繁栄の先には

覇権争いが付いている」が

「それは、独裁政権故の悪現象に他ならない」。

「科学技術等々、物質文明側の最先端だけ学んだり、情報等を得たりするダケ」では

「独裁者や独裁政権等の操り人形にされる危険性も高く残っているままになる」が

「精神構造や精神文化の健常進歩・正常進化の方向性等々

精神文化側の最先端も学んだり、情報等を得たりする」なら

「物質文明側の急激な進歩・進化に合わせた

精神文化側の急激な進歩・進化の必要性等も

十分に理解出来る事になり

精神文化の進歩・進化面からすれば、

かなり遅れている状態に他ならない

独裁者や独裁政権等の重大問題を解決する欲動等も

自然と生まれる事になる」。

「逆から言う」なら

「科学技術等、物質文明側の最先端ダケ」を

「独裁者や独裁政権の下の者たちに教えたり、情報提供等したりする事」は

「行ってはならない、非常に危険な事になる」が

「その行ってはならない、非常に危険な事を行ってしまっているが故の

悪現象が

今、実際に露呈しているのが現状の実態」だ。

「この様な人類にとって自虐的になっている不健常な実態を是正する為」にも

「先ずは、全ての先進諸国で精神構造・精神文化側の健常進歩・正常進化の役に立つ

情報・教育等を

意識的かつ積極的に行う事」が

「非常に重要な事に

既に、なっている」。

「行うべき事は既に、はっきりしている」。

「物質文明側同様に、

精神文化側でも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用した

情報・教育等を行えば良いダケ」だ。

「例えば、世界中の何処の誰でも関係がある

誕生・死の実体についても

科学レベルで判明している実体は

誕生・死とは細胞レベルの実現象である事と

人を含む動物の意識は丸ごと一個体(人間なら一人)レベルで

捉えたがり、考え・思いたがる事等になる」。

「それらを意識的かつ、積極的に実用するなら、

例えば、

丸ごと一人の殺傷劇では無く、

誕生・死の実体が細胞事であるのに

人の意識が丸ごと一人レベルで捉えたがるが故に

起こされてしまっている自虐劇の告発等々になる

小説や脚本や映画や音楽や絵画等々や

学校教育等々が

行えていて当然になる」。

「立場・報酬・権力等々がある上に

人類としての能力・脳力も十分に有る者たちなのに、

未だ、その現状の先進諸国の者なら行うべき重大実務を

行えていない、行っていない」のは

「{天動説}利権に縋り付いている

永遠の恥辱に置くべき存在の者たち等になる」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「余りに、遅れ過ぎている上に、

既に、重大な極悪事まで積み重ねて来てしまっている

北朝鮮金政権等の問題」は

「相応に、力を使ってでも、早急に片付けるべき問題になる」が

「先進国なのに、旧態依然とした仕事???しか行えていない、行っていない

精神文化側の仕事を行っている者たち(特に、強い実権を持つ、実権者たち等)の

問題」は

「該当当人も含む、

多くの人々の理解・把握・要望等々の高まりにより

早急に是正される、するべき重大問題に他ならない」』。

『「米中対立問題等の元」は

「精神文化側の進歩・進化等が不十分だった米国にも在る」。

「より酷い精神文化状態である独裁政権支配状態の中国国民等」が

「悪賢く、米国等々先進諸国内に入り込み、

物質文明側の最先端情報・教育・技術等を覚え、盗み、帰り、

独裁政権の利権増大等の為にも

技術提供等々してしまっている事」は

「ある意味、生まれるべくして生まれてしまっている

精神文化側の悪現象の一つに他ならない」。

「精神文化側の問題」を

「物質文明側で解決しようとしても上手く行く訳も無い」のだから

「米国トランプ政権も日本も含む先進諸国等は特に、

当面の現状対策とは別に

精神文化側を急激に健常進歩・正常進化させる重大実務を

意識的かつ積極的に行うべき」だ。

「この重大実務を意識的かつ積極的に行わない場合」は

「漏れなく人類滅亡が付いている」のだから

「立場・権力・報酬・能力等々が在りながら

未だ、行っていない者たち等の責任は極めて重い事になる」。

「是正が急務である事はもはや、言うまでも無い事」だ』。

『「余りにも、酷く、遅れ過ぎている北朝鮮金政権等の問題」は

「物質文明側を使ってでも、早急に処理すべき事になる」。

「筆者の周囲の集団工作員等も

厳罰に処される前に、

早々に

非人道的で陰険な

工作活動等から足を洗うべきだ。

(筆者の場合は、

電磁波工作では、家内でも、車内でも、

防御し辛い顔面・・・工作電磁波が当てられ続けるとシワも出来易くなる。

また、特に、目は、

車運転中に焦点が合わせ辛くして、事故でも誘発させたいのか、

常用駐車場でも、

出先でも、

時には、車内に入り込み、黄濁電磁波対策板等を外したり、ずらしたり・・・。

常用駐車場では、早朝等が多い様だが・・・。

タイヤの空気圧を変える工作等も時々・・・。

集団の様相で、何人かの面は割れているが・・・。

就寝中等では、

昨今では、対策が少し緩い、右腰部が狙われ続けているが、

同じところに執拗に工作電磁波を当て続ける事による傷害狙いか・・・。

もちろん、対策強化したが・・・。

飲食物工作では、

ガン誘発や血管詰まり等々が狙いの様相だが・・・。

行く店は、変な事があったら二度と行かなくして、

買う場所や物をしばしば変える様にしてからは、酷い症状等は出なくなったが・・・。

大気工作では、

増殖する臭い・・・冬季等、免疫が弱まり易い寒い時期が多く、

年毎に臭いも変わっている様相で、

ある程度、人の多いところで、通り縋り等に、

首筋や背中にスプレーに見えないスプレー

(冬季に多い事からも、静電気でも利用しているのだろう・・・)等により、

付けられる事が多いが・・・。

それなりの研究開発が行われ続けている様相だが・・・。

こちらは、肺疾患等狙いか、ガン化狙いか・・・。

侵入工作も未だある。

飲食物への混入や電磁波対策板ずらし等々で

頭・身・体・・・顔面も含む・・・への負担増しや、

発ガン等狙いと推定されるが・・・。

近隣工作員等の面も割れているが・・・。)」

「経時変化のある

複数和音を輪唱的に

より細分化する様に潜り込ませ続け、

疑似高周波化する様に

繰り返しながら、

高密度化している工作電磁波」の

「実害」が

「最大化する時」も

「3,1抗日百周年に合わせている可能性もかなり大きい筈」だ。

「筆者の知る限り、日本国内の至るところに仕込まれている

工作電磁波発生装置・ソフトから発生させられている工作電磁波は

場所を問わず、同じ状態になっている場合が非常に多い」。

「意図的に同調させている上に、

細分化にも限度がある筈だから

その{何等かの目的}を考える」と

「3,1抗日百周年辺りで、悪の実効を最大限にする事等による

インフラ等への障害等が浮上して来る」。

「実際、3~4年程前の筆者の車(以前の三菱I時)に仕込まれていた

当時の未だ、それ程、細分化、疑似高周波化が進んでいなかった工作電磁波」でも

「偶々、車のリード線等の状態と工作電磁波の状態との共振・共鳴故の放電故か、

バッテリー上がりが起こされてしまった事があった」。

「より細分化、疑似高周波化されて来ている工作電磁波の

共振・共鳴点が、多くのリード線等の高効率放電点と合ってしまう様になってしまったり、

細分化による疑似周波数の増加でエネルギー密度が増している工作電磁波が

異常発熱・発火等を誘発し易い共振・共鳴点に合ってしまったりする様なら

大規模インフラ等ダウン等の事態も考えられてしまう」。

「何れにしても、頭・身・体への悪影響からも、

早急に徹底排除対策を進めるべき

工作電磁波が

北朝鮮の核・ミサイル等の如く、発生場所を増やされ続けて来ている事」は

「本当に、異常」だ。

「実効のある対策が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「北朝鮮金政権等の問題が解決される」なら

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等の

問題も

解消する事になる可能性は非常に大きい」。

「北朝鮮金政権等が{自首}するしか無くなる

米朝首脳会談が行われる事を

大いに期待している」が

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「まるで、北朝鮮金政権等の方が有利の如き論調が未だ、蔓延っている」。

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等の臭いが其処にも在る」が

「米朝首脳会談等の結果、北朝鮮金政権等の問題が

本当に、

実を持ち、

良い意味で解決する」なら

「その辺りの実体」も

「何れ明らかに成る筈」だ』。

|

沖縄県知事選では「沖縄のテレビ・ラジオ・マスコミ等の大衆誘導により」」玉城氏が当選した様相だが・・・。

『「米国第一主義は批判・非難等しても、沖縄第一主義については沈黙・黙殺状態」・・・。

「元々、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)系の論調が主」の

「沖縄も含むテレビ・ラジオ・マスコミ等の論調等」に

「操られて投票等する有権者の数が多い」と

「例えば、

旧民主党政権の様な政権が生まれてしまったり、

所謂、左翼系の知事等が生まれてしまったり、

等々、し易くなる」のは

「ある意味、当然の現象になる」。

「旧民主と政権」の「絵に描いた餅、もしくは、妄想的呼び声」は

「最低でも県外!」だったが、

「最低でも県外!{宗教}の教祖、鳩山当時の総理」は

「勉強擦れば、する程・・・」と

「早々に、最低でも県外{宗教}から離脱した」。

「ところが、教組無き後」も

「主として、沖縄では、最低でも県外!{宗教}」は

「生き残った」。

「理想的には、米軍基地など無い方が良い」。

「そんな事は、多くの日本国民が重々承知」だが

「米軍基地も要る」のは

「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等々の実在からも明らかな事等」は

「地動説的に、少し、考えるなら、其れこそ、誰にでも解る」。

「ところが、最低でも県外!{宗教}に毒されてしまった人々」は

「天動説的に考えたがる」から

「実際は、実現不可能、

もしくは、実現が極めて困難で無理やり実現させるなら、かなりの犠牲が出てしまう事」でも

「実現可能」と「勘違い、思い違い等出来てしまう」。

「そんな状態を構築する、させる為に大活躍???して来ている」のが

「沖縄も含む、日本の中の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の

テレビ・ラジオ・マスコミ等が学校教育等々」だ。

「実際は、

玉城氏が当選しても、

米軍の基地再編計画等が変わる訳も無い」。

「世界一危険な基地とも言われている普天間基地を返還する、させる事」は

「喫緊の課題に他ならず、

北朝鮮金政権等や中国共産党政権等の実態・実体から必要となっている、

米軍の必要オペレーションを保てる状態で普天間基地を閉鎖出来る

実質的、唯一無二の選択肢」は

「一部基地機能の辺野古への移設も含む、

沖縄米軍基地の縮小も含む、

米軍再編計画」だ。

「今後も、日本政府・与党も米軍も、本来の計画通り事を進めようとする事になる」が

「それに、抗う、沖縄県知事等が居る事」の「実効」は

「日本と米軍に余分な負担を与える事で

実質的には、北朝鮮金政権等や中国共産党政権等を利す事になる」。

「かつての民主党政権」が

「日本を細らせた反面で、中国や韓国(北朝鮮も含む)等を大いに太らせた」のと

「同様の事態」が

「沖縄米軍基地移設問題で起こされる事になる」。

「多くの沖縄県民にとって、自虐的になる状態」を

「選択した、させられてしまった有権者の方々」は

「本当にお気の毒」だが

「選挙の結果は選挙の結果」だ。

「自虐的選択相応の苦渋を実感する事」で

「二度と、同様の自虐的選択をし難くなる」のは

「旧民主党政権成立の後の総選挙等」からも

「明らか」だ。

「多くの沖縄県民」が

「優等生ぶり、正義ぶり、多くの沖縄県民にとって自虐となる選択を推奨した

沖縄の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の実体を

理解・把握等」し、

「二度と操られなくなるまでには、

もう少しの負の体験や時間等が必要なのだろう」。

「沖縄米軍基地を排除したい」なら

「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等々、

政権維持の為に、反日・反米等を必要にしている問題政権を

解消させる、する事こそが合理的になる」が

「日本の所謂、左翼(親朝鮮等)人脈の場合」は

「北朝鮮労働党や中国共産党のオトモダチ、もしくは、実質的、手下等も多い」から

「親分の保身の為には、日本国・日本国民などどうでも・・・状態の場合も少なく無い」。

「米国第一主義が可能になっている」のは

「米国が現状人間社会の中でかなり優位な状態の国だからに他ならず、

沖縄レベルで沖縄第一主義を貫くなら、

待っているのは困窮になる」。

「それが、現状人間社会・経済システム上の

寒過ぎる現実」だ。

「その辺りの現実認識も???のまま、

或いは、シッカリ認識した上での確信犯の悪として沖縄も含む日本を不利にする為に

意図的に黙殺等して、

最低でも県外!{宗教}の下に

多くの有権者を集め、操り、投票行動等を起こさせた、

おバカ、もしくは、悪たち等」の

「近未来」は「知れている」。

「永遠の恥辱に染まる道の上が待っている」のだから

「其処での名の大きさを少しでも小さくする

前向きな努力を

今の内から行っておいた方が良いと思うが」』。

『「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等」に

「太陽政策」で

「甘く、接し続ける」なら

「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等は膨張し易くなり、

膨張の先には、

沖縄も含む、日本の乗っ取り支配まで付いている」。

「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等の支配下の民になりたいのでは無い」のなら

「それらの政権等に対する悪戯な太陽政策は絶対にダメ!」だ。

「例えば、

核放棄合意等を反故にしたままの酷い状態の内」は、

「主として、北風政策、

状態が良い方向に実際に改善されれば、

応分の太陽政策(つまり、核放棄・・・改善が先)」等の

「実効のある政策手段を世界中で行う事等により、

民主化や

人権を尊重する状態等を

構築させる道の先にこそ、

本当の友好関係等も在る」。

「多くの自国民を粛清する事や恐怖政治等を行う事や

保身の為の核兵器も含む大量破壊兵器等を保有する事等々」により

「その国の支配権を得続けて来ている極悪状態の政権による

侵略・乗っ取り支配行為等々を

防止・抑止し続ける為には、

相応の軍備等々も要る」。

「自由・民主主義圏の米国とタッグを組む事により

日本の防衛の実効を飛躍的に高める手段」は

「非常に合理的な手段でもある」。

「日本の戦後史の実流れ上」で

「米軍基地が沖縄に特に多い状態が出来てしまっている」が

「その是正」は

「一朝一夕で出来る事では無い」。

「是正方向の強い流れをつくり出す事こそが肝要になる」。

「その入り口」で

「米軍や日本国政府・与党等に抗う沖縄県知事を頂いてしまう事」の

「自虐性」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「沖縄県知事が抗えば抗う程、

元気付くのは、

日米では無く、

北朝鮮金政権等や中国共産党政権等々となり、

沖縄米軍基地を縮小する強い流れは出来辛くなる」。

「それでも、安倍自民党政権」は

「沖縄県民に向かっても、真摯に対応する」だろう。

「玉城新知事や多くの沖縄県民の大人の対応」で

「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等々を元気づけるのでは無く、

日米を元気にする事」により

「沖縄米軍基地を縮小させる強い流れが生まれる事を期待したい」。

「理想、もしくは、絵に描いた餅等」では、

「沖縄に新たな米軍基地はつくらせない!」かも知れないが

「実際に、沖縄米軍基地縮小の大きな流れを生み出す方法」は

「肉を切らせて骨を切る手段になってしまっている」。

「その戦いの大元」は

「非人道独裁政権である北朝鮮金政権等や

実質的、問題独裁政権である中国共産党政権等々」だ。

「本当の切るべき骨」は

「非人道であり、独裁」だ。

「此処を見失う、見失わせられる」と

「{宗教}等でも操られてしまう状態に陥り易くなる」。

「悪の大元を見失わない」なら

「現実をありのままに認識する事」も

「{宗教}レベルから現実レベルに自らの考え・思い・感等を成長させる事等も

相応に、容易になる」』。

『「翁長知事の弔い合戦の結果は結果」として

「多くの沖縄県民にとって

現実として

より良い未来が訪れる事」を

「日本国民の一人として切に願っている」』。

|

より以前の記事一覧