日米の反現政権メディア等は「陰険なナチス・ヒトラーの特使等までをも賛美」等しているが・・・。

『「敵の敵は味方」とばかりに「極悪非道政権の特使や操り人形等」までをも「反現政権政治運動等の為」に「利用」する。

「ゲスメディア」の「厚顔無恥ぶり」は

「本当に醜悪」だ』。

『「非人道テロ・工作活動等無理強いカルト宗教集団状態」の

「現状の北朝鮮の金政権」を

「健常な人間」なら

「どうやっても、賛美等する訳が無い」。

「それなのに、

{金メダルを取ったのは金正恩の特使}等々」と

「悪戯な賛美」をし

「金正恩等が自首等しない限り成り立つ訳も無い

南北首脳会談や

南北融和や

戦争(軍事力行使)抜きの北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決等」を

「喧伝」する。

「そして、その本当の目的」は

「反日米の現政権政治運動」等だ』。

『「北朝鮮問題の今後」は

「既に、はっきりしている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等側は

何としても

核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しないまま、

3月中までに南北首脳会談を実現させようとする」が

「もちろん、そんな極悪人側の虫の良すぎる要望」が

「叶う訳も無い」。

「実体は直にバレ、

{3月中までの南北首脳会談}は実現しない事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しない限り、

4月には米韓合同軍事演習が始まる事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等側が、

それに何の対応もしないのでは

権威失墜も免れない」ので

「仕方無く、核実験やミサイル発射実験を行う」が

「もちろん、更なる、核・ミサイル開発等を米国が容認する訳も無い」。

「積み重ねて来ている極悪非道な悪事」に

「加えて」

「米国にまで届く核ミサイルの大量保持ともなれば、

極悪非道政権の要求を呑み続けるか、

本格的な核戦争等を覚悟しなければならなくなる」ので

「その前の無力化」が

「必需である事」は

「米国要人も重々承知」だ。

「現実対応として、

其れこそ、

米韓軍事演習中にも、

北朝鮮の核・ミサイル施設等への限定攻撃が行われる事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が反撃する」なら

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者側は軍事反撃はせず、

他国内での工作活動等に活路を見出そうとする事になる」。

「しかし、米・韓等による限定攻撃後直ぐに、

北朝鮮を助ける為に、

中国共産党軍による進駐がある」。

「北朝鮮を韓国化されては困る中国共産党」は

「進駐により北朝鮮を中国共産党支配下の中国並みにする」。

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しない

劣悪国家指導者等は排除・駆逐され、

新たな、中国共産党にとって都合の良い

北朝鮮の国家指導者等が担がれる事になる」。

「米国も中国も納得出来る

大きな戦争には至らない

北朝鮮劣悪国家指導者等問題の解決」が

「其処に在る」』。

『「日・米・韓等の健常なメディア等」なら

「南北首脳会談を煽ったり、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い反戦を訴えたり

・・・等々するのでは無く、

北朝鮮劣悪国家指導者等に

核・ミサイル・他国内での工作活動等の放棄と

自首等」を

「強く勧めるべき」だ。

「何故なら、

北朝鮮劣悪国家指導者等が

核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄し、

自首等しない限り、

近未来」は

「上記の様になるから」だ。

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄」し

「自首等する」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等の延命もあり得る」が

「そうでは無い場合」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の余命は非常に短いモノとなる可能性が非常に大きい」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等を死刑台に誘っている」のが

「北朝鮮問題までも反現政権政治運動等に利用している日・米等のゲスメディア等」の

「実態」だ』。

『「未だに、

日本国内(少なくとも筆者の知る限り)では

電磁波工作等々の非人道的な工作活動等が

旺盛に行われ続けている」。

「陰険なナチス・ヒトラー、

北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「未だに、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

実行し続けている実態」が

「此処にも在る」。

「健常なマスメディア等」なら

「例えば、

電磁波工作の実態暴露等々」を

「行えば良い」。

「個人レベルの筆者でも

ある程度はその実態が把握出来る

実体のある非人道的な工作活動等」だから

「マスメディア等なら少々本気で調査等するダケ」で

「実態を大々的に暴露する事等も可能な筈」だ。

「もちろん、電磁波工作で言うなら、

ある程度の理系の知識や技術等は要る」が

「本当の優等生等なら、

文系だから・・・と理系がチンプンカンプンの訳も無い筈」だ』。

『「今の時代、

メディア人等も

本質が問われている」。

「未だに、

反現政権政治運動や

ゲイノウ宣伝等々で

メシを食い続けよう・・・としている」なら

「本当にゲス」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決への貢献にもなる

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等の

大々的暴露等」は

「健常で能力の有る今時のメディア人等」なら

「積極的に行う価値が非常に大きい

重大事」だ』。

『「工作活動の暴露等さえも面倒」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等に

自首等を薦める情報配信等を行う事等」により

「北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決に力を加えるべき」だ。

「褒め殺し等で、死刑台に誘う」のでは

「やっている事が北朝鮮劣悪国家指導者等と同様になる」。

「そんな精神文化を公然化等する事により

世界中に蔓延らせる事」の

「実害も多大になる」』。

『「何れにしても、

人類が存続するなら、

比べっこ原理主義の時代」は

「近々、終焉に向かう」。

「人類の次世代精神文化」である

「本質・快適探究主義」への

「軟着陸の為」にも

「今、行うべき仕事」を

「疎かにし続けていてはいけない」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

トランプ大統領は演説で北朝鮮の非人道性を大非難、北朝鮮は五輪前日に大量ミサイル軍事パレード、近々辿り着く行く末は・・・。

『「北朝鮮金政権の非人道性は、本当に酷過ぎる」。「それを、実質的に、放置し続けて来てしまっている国際社会の平和ボケぶりも、本当に酷い」。

「話しの通じない、

対話・協議・合意等では無駄な、

北朝鮮劣悪国家指導者等」への「実効のある対応」は、

「生物が言語文化を得とくする前のコミュニケーション手段が体現だった事と同様」の

「体当たり等となる」。

「体当たりされて、

北朝鮮劣悪国家指導者等が人間として目を覚ます」なら

「その後の対話・協議・合意等にも、初めて実効が出て来る」。

「連綿と

身勝手なお手盛りファンタジーの世界で暮らし続けたい様相を

露呈し続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等」は、

「体当たりされたく無い」ので

「大量の核・ミサイル等で身の回りを囲う事を急いでいる」。

「要でも無い事を急ぎ続けて来ている結果

膨大な犠牲が生まれ続けてしまって来ている」。

「膨大な犠牲の責任を問われない様にする為にも、

絶対に、世界中の何処の誰からも、体当たりされない様に、

大量の核・ミサイル等を早急に保持してしまおう・・・」というのが

「北朝鮮劣悪国家指導者等が陥っている負のスパイラル」だ。

「その結果、得られている事」は

「世界中からのダメ出し」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等がどんなに大量の核・ミサイル等を保持したところで、

世界中からのダメ出しは止まず、

負のスパイラルから抜け出さない限り、

米国等、体力のある者からの体当たりを避けられる訳も無い」のが

「現実」なのに』。

『「かつては、

ハリボテジェット戦闘機等を人間が持って行進した軍事パレード」を

「平然と行った北朝鮮金政権」が

「行う軍事パレードの実態」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等のお手盛りファンタジーに満ち溢れた

虚構軍事パレードである場合が多い」。

「今回は、大量の核ミサイル等を引っ張り出す上辺を繕う筈」だが

「その内実」は、

「大部分がハリボテ」と

「強く推定出来る」。

「万一、本物をゾロゾロと出す」なら

「其れこそ、米軍等による北朝鮮問題一気解決の一大チャンスとなる」から

「韓国との協議中や五輪期間中」は

「軍事訓練等を慎む」等の

「米国の言葉」を

「言葉が通じない北朝鮮劣悪国家指導者等が鵜呑みにする訳も無い」。

「現代版のハリボテ軍事パレード」を

「主として、日韓内等の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は

「さも、本物で、凄いモノで、あるかの如く、

散々、喧伝するだろう」が

「そのお手盛り劇」も

「もはや、バレバレ・・・」だ』。

『「少なくとも、

米・日・中・韓等の専門実権者等には、

その実体が掴まれている

ハリボテ軍事パレードの実効は無いに等しく、

五輪後には、

体当たり等が待っている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の哀れな近未来」だ』。

『「核・ミサイル施設等を破壊され、

反撃をすれば、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケなので

反撃も出来ない北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「憂さ晴らしの為」に、

「他国に潜り込ませている手下工作員・協力者等にテロ等を行わせようとする」が

「中国共産党軍に進駐され、その動きも直に止められる事になる」』。

『「近々、

北朝鮮からは、劣悪国家指導者等が排除・駆逐等され、

北朝鮮は、中国共産党支配下の中国並みの状態になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の人脈の者以外の人々なら、

少なくとも、とりあえずは、

世界中の誰もが歓迎する実態」が

「其処にある」』。

『「非人道性が極めて高い

陰険なナチス・ヒトラー」は

「葬られ」、

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等も

雨散霧消状態となる」。

「その結果、人間世界」は、

「次世代人間世界への転換を可能にするべく

破滅に至らない破壊に向かって

動く事になる」』。

『「トランプ大統領」が

「一般教書演説」で

「北朝鮮の非人道性」を

「強く訴えた事の意味は非常に大きい」。

「非人道政権を放置し存続させる事」は

「人類に対する叛逆以外の何モノでも無い」。

「非人道政権が戦略的忍耐で太った事からも明らかな事」は

「言葉の通じない相手に対しては

体当たりこそが

正当な手段になる事」だ。

「徹底した圧力というやんわりとした体当たりで

事態が改善しない」のなら

「やや強い体当たりに相当する

核・ミサイル施設等に対する限定攻撃等こそが

正当になる」。

「それに反撃して来る」なら

「本気の体当たりに相当する

総攻撃=アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争等こそが、

正当になる」』。

『「北朝鮮問題の解決法」は

「既に明らか」だ』。

『「当然、北朝鮮劣悪国家指導者等の側も、

上記の正当な、実効のある、北朝鮮問題の解決法等」は

「分っている」。

「其処で、圧力も強いから・・・と、

話しの通じる状態に是正出来る国家指導者等なら、

未だ、良い」が

「現状の北朝鮮の国家指導者等」は

「未だに、

核・ミサイル等の開発~実戦配備や

主として、日韓内等、他国内での集団工作活動(非人道的なモノも多い)等を

懸命に行い続けている」。

「国際的圧力等」の

「やんわりとした体当たり」では

「変われない」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ。

「やや強い体当たり」が

「激烈に望まれている理由が其処に在る」。

「集団工作活動(非人道的なモノも多い)被害を

受け続けさせられている

主として、日韓内等、他国内の多くの人々や、

圧政による被害を受け続けて来ている

北朝鮮国民の多く」は

「一刻も早い解放」を

「激烈に望んでいる」』。

『「集団工作活動(非人道的なモノも多い)等の被害を受けている

数多い一般市民等」を

「他所」に

「日韓内等の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下や協力者等」は

「集団工作活動(非人道的なモノの多い)等」を

「黙殺し続けて来ている」。

「日本の中でも、

本来なら、積極的に告発等するべきテレビ・ラジオ・マスコミ等の中や

政界等の中にも、

決して、少なく無い数の

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下や協力者等が居る状態」なのだから

「本当に、酷い」。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者たち」が

「其処に居る」』。

『「戦前にこそ必要だった反戦!」を

「戦後の日本で訴える事」や

「差別やグローバリズム等を悪用する事」等により、

「集団工作活動(非人道的なモノも多い)等を行っている者たち等を

利し続けて来ている

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下・協力者等」は

「本当に、酷い」。

「日本からの戦争が無い戦後の日本で訴えるべき」は

「反戦!では無く、

実際の被害が酷い

反スパイ・工作活動!」だ。

「当たり前の事を訴えずに、

集団工作活動(非人道的なモノも多い)等の告発もせずに、

優等生ぶり、正義ぶり、

実質的に、工作活動等を行っている者等を利し通d家て来ている事等」の

「罪は本当に重い」』。

『「政界は、民意に基づいた選挙があり、実権者人脈も入れ替わって来ている」ので

「未だ、マシ」だが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界やl学校教育界等」には

「選挙も無い」から

「人脈交代も無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下・協力者等が

蔓延り続けられている訳」が

「其処に露呈している」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

北朝鮮劣悪国家指導者等が「世界中からNO!」でも態度を是正しない訳・・・。

『「今頃、北朝鮮では、一機でも多くの核ミサイル」等を「つくり続けている筈」だ。

「現状では、米・韓等とは戦争にもならない」から

「北朝鮮側からの先制攻撃は不可能」だが

「北朝鮮が数百機レベルの核ミサイルを実戦配備する」なら

「先制攻撃も可能になる」。

「元々、

生き延びる為」には

「他の国々・他国民等を拡大支配し続けて行く事」が

「必需になる」のが

「極悪非道な独裁体制の宿命」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「先ず、恐怖政治やカルト宗教国家化等の手段」で

「北朝鮮国民を支配下に置いた」。

「次に必要になる」のが

「近隣国である日韓等を支配下に置く事」だ。

「日韓等にとっては、不幸な事」に

「戦後の日韓内には、北朝鮮系の者たちが多数居る」。

「北朝鮮国民支配」で

「親兄弟姉妹や親類縁者等」を

「人質に取られている状態」の

「日韓内の者たちにとって、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令に背く」は

「人質の粛清や困窮状態への追いやりに直結している事になる」。

「結果、日韓内等には、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で動く者たち」が

「かなりの数居る」。

「一旦、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等に手を染めた者たち等」は

「その事自体が弱みになる」。

「例えば、拉致工作を行った者たちやそれに協力した者たち等」も

「北朝鮮劣悪国家指導者等が命令・指令等で動かし易い存在になる」。

「逆らうなら、北朝鮮内の人質等を冷遇したり、粛清工作員等を向かわせる・・・等々」となれば、

「嫌々でも、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令に忠実に動く事になる」。

「そんな、主として、日韓内等、他国内での北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の存在」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の態度を是正させない事に直結している」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって」は

「例え、一発の核ミサイルも撃たなくても、

先ずは、日韓内の工作活動等で

日韓内を乗っ取り支配出来れば、

延命に繋がる事になる」から

「核・ミサイル等の脅し」や「国際的制裁」の「裏」では

「実質的に、制裁無縁の日韓内等の工作活動等が

旺盛に行われ続けて来ている」』。

『「逆から見る」なら

「北朝鮮問題の解決法」は

「明らか」だ』。

『「日韓内等の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」を

「徹底摘発する道」と

「北朝鮮から先制攻撃が出来ない内」に

「軍事的に北朝鮮の核・ミサイル等を無効化」し、

「同時に、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を

徹底的に明らかにする事」で

「北朝鮮による、主として、日韓内等、他国内での工作活動等を徹底撲滅する道」が

「高い実効を持つ事になる」。

「逆に、それらを怠ったり、先延ばしにしたり・・・する」なら

「北朝鮮は、数百発レベルの核ミサイルを実戦配備出来てしまう事になる」。

「そうなれば、

北朝鮮劣悪国家指導者等の支配下に入る事を呑むか、

全世界の破滅に通じる全面核戦争を行うか」になってしまう』。

『「北朝鮮問題の解決」は

「本当に急務」だ』。

『「それなのに、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下の様相を露呈し続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「未だに、北朝鮮問題の実体さえもロクに情報配信していない」。

「中国共産党軍、もしくは、人民解放軍等が進駐するかも・・・」等の

「絵に描いた餅論」で

「お茶を濁している」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が声を大にして言うべき」は

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の徹底摘発等なのに!」』

『「もっとも、テレビ・ラジオ・マスコミ等自体が北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」なら

「言うべき事が言えなくて当然・・・」になるが』。

『「今なら、未だ、間に合う」。

「出来る限り早く、北朝鮮の核・ミサイル施設等」を

「軍事攻撃してでも、無効化するべき」だ。

「現状なら、北朝鮮側の反撃も困難」だ。

「反撃する」なら

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等を行えば良いダケ」だ。

「核・ミサイル施設等を無効化した」なら

「遠慮無く、北朝鮮に進駐し、

北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下の

主として、日韓内等、他国内での工作活動等を

徹底解明し、

徹底撲滅するべき」だ。

「そうすれば、拉致被害者の帰還も実現出来る事になる」』。

『「大相撲問題煙幕」等で

「お茶を濁し続けよう・・・としている者たち等」に

「日本の公共の電波使用や公共的マスコミ等の仕事は馴染まない」。

「今、片付けなければ、重大な事態を招いてしまう北朝鮮問題」を

「一刻も早く、本気で、解決する為」の

「力となる情報配信」さえも

「出来ていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「既に、散々な事を行い続けて来ている

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」に

「相応しい」のは

「応分の罪と罰」だ。

「それから逃れる為に、

北朝鮮劣悪国家指導者等に魂を売り渡している極悪劣悪状態の者たち等」に

「過分な配慮等は全く必要無い」。

「政権も警察等」も

「出来る限り早く」

「全く遠慮する事無し」に

「徹底摘発するべき」だ』。

『「北朝鮮の人質の為」や

「自らの罪を誤魔化し続ける為」に

「一般日本国民等に非人道的な工作活動等を仕掛け続けている

{悪魔に魂を売り渡した者たち}に

相応しい」のは

「永遠の恥辱に染まる道の上」になる。

「非人道的な工作活動により、多くの日本国民を

早死に等させたり、

苦難状態に陥れたり

・・・等々して来ている者たち」には

「それらの被害者の何十倍~何千倍もの生き地獄等が与えられて当然」になる。

「そして、その様な{悪魔に魂を売り渡した者たち}の跡継ぎは、皆無であって然るべき」だ』。

『「今までの罪を自ら清算等出来ない下劣な者たち」に

「これ以上人間世界を荒らさせ続ける必要は全く無い」。

「北朝鮮問題(日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の問題も含む)」は

「即刻にでも解決するべき」だ。

「悪者たちに余分な時間を与える必要は全く無い」。

「悪者たちに余分な時間を与え続けている分だけ

本来の健常な人間世界が損なわれている事」を

「絶対に忘れるべきでは無い」』。

|

「ならず者国家北朝鮮」等に対し「力による平和」を宣言した米国トランプ政権・・・。

『「精神文化の進歩・進化度」から「現状世界各国の状態を見る」なら

「現実主義度がより高い米国」が

「より上位に位置」し

「偽善者的平和主義を訴えている欧州等の国々」が

「その後に続き」、

「自己健常支配より遥かに高い他の者・物・事支配/被支配度が必要な

独裁政権の国々」が

「その遥か下に位置する」事になる。

「独裁政権国家の中」でも、

「より劣位に在る」のは

「より特定極一部の者たちに利権集中が図られてるばかりか、

実際に行っている政策等も、

核・ミサイル等の開発脅しの裏での

他国内工作活動(非人道的なモノも多い)等による

他国・他国民支配度アップ等」という

「北朝鮮」になる』。

『「現状人間世界の国々同士の関係上」で

「精神文化的には、

他の多くの国々より

上位に在る米国」が

「最下位レベルに在る北朝鮮」を

「非難する」のは

「人間世界全体の精神文化向上の面から」も、

「合理的」になる。

「更に、口先や文書等上での解決が実を結ばない

北朝鮮に対し、

力での平和を言う」のも

「当然」になる』。

『「当然では無い事」は

「未だ、力による平和が実現されず、

北朝鮮の核・ミサイル等の開発や他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等が

継続~強化・増大されている事」だ。

「今、この瞬間にも、

北朝鮮の工作活動犠牲者・被害者の数」は

「時と共に増加している」。

「アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争等による北朝鮮善良市民の解放」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)の廃絶」は

「現状人間世界にとりあえずの平和状態をもたらす為」の

「急務」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が早々に態度を是正しない限り、

行われるべき急務」を

「先延ばしにし過ぎる事の実効」は

「人類滅亡」になる』。

『「北朝鮮の軍備が出来るだけ少ない内」に

「早々に北朝鮮問題を力で解決する事」こそが

「極悪非道カルト宗教独裁国家状態である北朝鮮の問題」を

「出来る限り人間世界への被害を少なくした上で解決する為」に

「選択すべき正道」になる』。

『「現状日本社会の中」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等」による

「実害が少ない」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下や

北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子等」だ。

「例えば、テレビ・マスコミ人等や政治家等」なのに

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等による工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「告発~摘発~撤廃等させようとしていない者たち等」が

「其れに当たる」』。

『「北朝鮮の工作活動等を撤廃させる実効のある手段」は

「地道に、実際の工作活動等を徹底的に捜査~摘発等して行く

{時間のかかる手段}」と

「アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争等により

一気に廃絶させる

{時間のかからない手段}」等が

「在る」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」で

「実質的に、

北朝鮮劣悪国家指導者等に

悪の工作活動や核・ミサイル等の開発~配備等の

時間を与える事になる

戦争先延ばし論・回避論等や

偽善的平和論等」を

「喧伝している者たち等」の

「実態・実体」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等になる」』。

『「エルサレム問題」でも

「偽善者たち」は

「米国を責めて正義ぶっている」が

「もちろん、そんな偽正義では、実際の平和は実現し得ない」。

「偽正義の裏」で

「着々と深刻な崩壊が進行するダケ」だ。

「現状人間世界」を

「終わらせる事により

次世代の人間世界の構築が可能な間」に

「現状人間上の本音をぶつけ合い、

現状世界を終わる

荒療治を行わない」なら

「気づいた時には、

荒療治も出来ない重篤状態のまま

人類は雪雪崩的に完全滅亡する事になる」。

「終わりの日抜き」の

「次世代人間世界への軟着陸方法」も

「未だ、実行可能」だが、

「その為には、全世界的に情報・教育等の革命的大改革が必要になる」。

「しかし、

未だに、

現状利権に溺れたまま、狭義の自分の一生を終わらせる事が出来れば良い」等と

「考え・思い・信じ込んでいる様相」の

「偽善者や偽正義者たち等」は

「この重大な革命的大改革にも抗っている」。

「その何処にも、リーダーも優等生も正義等も無い」。

「在るのは旧態依然とした陳腐な精神構造に過ぎ無い

現状利権上の保身等」だ。

「醜悪な実態・実体を露呈し続けている

裸の王様より醜い者たち」の

「大量急変是正等抜き」には

「軟着陸は出来得ない」。

「現実的には、終わりの日を招く策」が

「次善の策」になる』。

『「終わりの日を招く策」が

「実行に移されても、

次世代人間世界の正当な構築方法が???では、

お話しにならない」。

「大量急変是正等は無理」でも

「急変是正出来る者たちが急変是正する事等により

より終わりの日の犠牲を少なくしたり、

より次世代人間世界の始まりをスムーズにしたりする事」が

「可能になる」。

「偽善者・偽正義者等では無い」のなら

「今、現状の人間世界で、ある程度以上の立場・権力等を保持出来ている者たち等が

行うべき実務」が

「其処に在る」』。

『「そもそも、人の誕生・死は細胞ごとの実現象」だ。

「細胞レベルの命の連続性(個の連続性では無い事を、絶対に忘れるべきでは無い)」は

「地球上の全ての生物に繋がっている」。

「生きている一人の人類」とは

「約60兆とも言われている

今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している

地球生命体細胞群の一塊」だ。

「一人の人類」が「狭義の自分」なら

「地球生命体細胞群」が「広義の自分」だ。

「狭義の自分が世代交代で出来ている事」は

「細胞レベルの命の連続性の延長であり、

個の保存では無い」。

「子造り等が出来ない・出来なかった個体」にも

「その命の連続性は繋がっている」。

「人類の世代交代も、個の保存では無く、種の保存」だ。

「個々の細胞群」は

「存続している瞬間・瞬間、

その個体が在る環境と

その個体の意思等により

細胞群自体を変化させ続けている」。

「細胞群の変化」は

「環境にも個体の意思等にも影響される個別の変化」だ。

「それは、同じ、DNAを持つ双子でも、

衣食住情報教育等や

本人の意思等により

例えば、

一人は、英語を話し、一人は、中国語を話し、

一人は、筋骨隆々に成れ、一人は虚弱にしか育てなかったりする事

(どちらの国がどちらの事態を招くか?等は全く別の話し)等々」からも

「明らか」だ。

「親子も、

個体としては、

別人・別人格の細胞群に他ならない」。

「個体として、自分の実体に叛いている人生を歩む」と

「必然的に自信を喪失する」。

「自信を喪失した者」が

「世代交代に救いを求め

自己と子孫等を実体以上に同一視等する」と

「血統家族主義等が生まれる」。

「現実・実体離れしている血統家族主義等を基」に

「人間社会をつくり出す」なら

「現実離れ・実体離れ」が

「崩壊を招く」。

「個人レベルなら、立場・財産等争いが生まれ、

集団レベルなら、集団レベルでの利権争いが生まれ、

それが、戦争にまで至ってしまった事も稀では無い」。

「基の精神文化の現実離れ度が激しい人間社会故の悲劇・惨劇」は

「人類史を見れば誰でにでも分る」。

「基の精神文化の現実離れ度・実体離れ度が激しいのだから、当たり前の話し」だ。

「悲惨な崩壊劇等を激減させる為に行うべき」は

「人類の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い人間社会への

進歩・進化」だ』。

『「人類誰もの実体」は

「約60兆とも言われている細胞群(狭義の自分)」であり

「その命の連続性は地球生命体細胞群(広義の自分)に繋がっている」。

「地球生命体細胞群の本来の目的」が

「存続である事」は

「疑いの余地が無い」。

「人類とは、地球外までにも、地球生命体細胞群の住処を広げる事を可能に出来る

地球生命体細胞群の中の唯一無二の種」だ。

「人類として行うべき」は

「広義の自分を健常存続させながら」、

「広義の自分の

地球無き後の存続も可能にする

高度な物質文明を創造する事等」であり

「その様な高度な物質文明を安全に使いこなす為に

必要十分な精神文化を創造する等」だ』。

『「高度な物質文明の創造等」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」で

「実現し続けて来ている」。

「精神文化側」でも

「同様に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」への

「精神文化の健常進歩・正常進化」が

「今の人類に求められている」。

「この要求に世界レベルで応える事が出来た場合、

ようやく、在るべき次世代人間社会が出来上がる事になる」』。

『「広義の自分の健常存続の為にも

北朝鮮問題は、

早々に解決しなければならない」。

「早々に解決しない場合、

大量の核ミサイル等による大破局が

人間世界に訪れる事になる」。

「まるで、

20年遅れの

1999年7の月

大陸間弾道弾等が来てみんな死ぬ」の如く・・・。

「他の者・物・事の徹底支配を必需とする

独裁政権を維持させる事」は

「人類にとって、本当に、自虐的」だ。

「ロシア・中国等は、少しずつ独裁から抜け出せてきている」。

「北朝鮮が独裁から抜け出せる可能性は

現状の国家体制である限り、

ほぼゼロ」だ。

「北朝鮮の軍備増大・工作活動継続等の為」に

「これ以上時間を与える必要は全く無い」。

「独裁政権の排除」は

「人間世界の精神構造の進歩・進化の面」からも

「正当」になる』。

『「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等」は

「早い方が良い」。

「何故なら、早ければ、早い程、

北朝鮮の軍備が少ないから」だ。

「逆に、北朝鮮が世界中に届く核ミサイルを量産するまで待つ」なら

「20年遅れの1999が実現してしまう事になる」』。

『「今なら、日本も、セイゼイ、少々のチリに埋もれるダケで済み、

その後、不死鳥の如く復興する事になる」が

「20年遅れの1999を実現させてしまう」なら

「皆死ぬ」で

「人類終わり」になる』。

|

「イスラエルの首都をエルサレムと認めた米国」、「ロシア国家ぐるみドーピングで韓国冬季五輪出場権剥奪」、「日本の大相撲問題」、・・・比べっこ時代の崩壊は既に始まり、20年遅れの世紀末がやって来る・・・。

『「それは、地球環境問題からも明らか」だ。「現状までの比べっこ時代の人類の世紀末」が

「かつて、巷で良く、言われていた、1999年頃から、約20年遅れ」で

「やって来ている」・・・。

「今後、現状のまま・・・」なら、

「比べっこ時代の崩壊現象」は、

「加速度的に進んでしまう事になる」。

「超おバカ、もしくは、悪、テレビ・ラジオ・マスコミ等々や、学校教育等々」は

「未だ、比べっこ上の優位者等を賛美・推奨している」が

「崩壊を回避させようとせず、崩壊をより早める事に力を加えていてどうする???」』

『「当ブログ」は、「一般日本国民による日本語表記」なので

「日本国民にとって、身近なところから考えてみよう」。

「日本の大相撲問題」だ』。

『「元々、日本の相撲は、武力による比べっこ支配権・被支配権争い時代の平穏時」に

「力士たちの有り余る力を昇華させる事」により

「武運アップ(立身出世)や豊かな実りや平和等を願う奉納神事」や

「大衆娯楽」として

「つくり出された」。

「平時が続く事により、より娯楽の要素が高くなった」。

「日本の{相撲}の発生」も

「他の精神文化製品同様、

発生当時の人間社会の精神文化欲求上に在り」、

「{相撲}の成長も成長当時の人間社会の精神文化上に在る」。

「日本の武力による比べっこ時代」は

「第二次世界大戦終了時まで続いた」から

「それまでは、日本国内の人間社会が持っている精神文化と

{相撲}との整合性も高く、

{相撲}自体の問題が問われる事は無かった」』。

『「戦後の日本社会」は

「武力による比べっこ」から

「武力をベースにした経済による比べっこ」へと

「日本社会が保有している精神文化」を

「進化」させた。

「経済による比べっこの要素が強く入り込んで来た」から

「{相撲}もより商業化」し、

「横綱や人気力士等は商売にも利用される頻度が飛躍的に上がった」。

「経済による比べっこ」で「より有利な状態を得る為に合理的な手段の一つ」は

「国際化」だ。

「国際化と共に、{相撲}は商業スポーツの色合いが濃くなった」。

「内実としては、より良い報酬・立場等を得る為」に

「外国人力士が部屋入りする事等も増えた」。

「発生時からしばらくは、神事の要素も濃かった相撲」には

「神事的形骸が多々ある」が

「内実」として、

「主として、商業スポーツでの成功を目指している力士(日・外を問わず)や

商業スポーツを見る事による実効を求めている人々等にとって」は

「神事的要素」より

「勝負」が

「より重要」となる。

「その結果、ジャパニーズプロレスリングでも良かった{相撲}」は

「ボクシングの様な、ガチンコスポーツ勝負へと

変質させられて来ている」。

「主要力士の場合、強者同士のガチンコスポーツ勝負が15日も続く場所」が、

「一年に何回もある」のだから、

「怪我人だらけ・・・になる」のは

「ある意味、当然の現象」だ。

「怪我まで伴う場合が決して少なく無いガチンコスポーツ勝負を望まれている人々」が

「力を抜けるところでは、力を抜きたい・・・」等と

「考え・思い・感じたり・・・する」のは

「ある意味当然の現象」で

「その力を抜けるところ」が

「商業スポーツから遠い、相撲の伝統文化面等になり易い」のも

「当然の現象」だ。

「商業スポーツを見る事による実効を期待している人々にとってもそれは同様」になる。

「その逆に、本来の{相撲}を大切にしたい人々(親方・力士等も含む)にとっては、

その様な現象は許容出来ない事になる」』。

『「比べっこの究極」は

「命がけの比べっこ」で

「それが、武力の比べっことなった」のは

「高度な頭脳を持つ人類の必然」だ。

「命がけの比べっこ」が

「基本的に、抹殺状態にある現状の似非平和人間社会」では

「商業スポーツ等にガチンコ勝負を求め、命がけの比べっこの代わりを演じさせよう・・・とする

代償欲求追及者が溢れている」。

「現状の{相撲}の悩み」は

「多くの人々の精神構造の悩みの投影転嫁版」でもある』。

『「高度な頭脳を持つ人類」なら

「精神文化や精神構造の進歩・進化の方向性等から

自らの精神構造を進歩・進化させる事や

人間社会の精神文化を進歩・進化させる事」等により

「この{悩み}を解消させる事も出来る事になる」が』。

『「比べっこ」の「後」の

「精神構造・精神文化」は

「実体・本質・快適等探究」だ。

「比べっこ」とは「結論を比べる事により得る手段」だが

「実体・本質・快適等を探究する為に、比べっこは必需では無い」。

「比べっこ」は

「深い知識も高度な技術も無くても可能」だが

「実体・本質・快適等探究の為には、相応の知識や技術等が要る」。

「比べっこ」は

「人類なら、乳幼時代の精神構造として相応しく、

成人の人類の精神構造として相応しいのは、

実体・本質・快適等探究になる」。

「小~中~高~大時等」は

「比べっこから実体・本質・快適等探究へと

自らの精神構造を健常進歩・正常進化させる時」だ。

「本来の文系情報・教育の肝」は「其処に在る」』。

『「多くの人々の精神構造」が

「比べっこから実体・本質・快適等探究」へと

「健常進歩・正常進化出来ている」なら

「{相撲}」で、

「比べっこ商業スポーツとしての実効」を

「強く求める人々は減る事になる」。

「精神構造が実体・本質・快適等探究に至っている」なら

「力士でも、観客でも、

ガチンコ怪我だらけ・・・」が、

「決して、快適では無い事」は

「直に判る」。

「{相撲}本来の実体を顧みる時、

時の精神文化が生み出した伝統文化遺産的精神文化製品の

必要性や味わい等も良く分る」。

「{相撲}が残るべき精神文化製品となる為に必要な事」は

「ガチンコでは無く、伝統文化的要素の維持・保護等である事」も

「本質から考えるなら直に解る」』。

『「異常な現状の緊張感や対立等」は

「多くの人々の精神構造が未だ、比べっこレベルであるが故の悪現象」に他ならない』。

『「重要な事」は、

「多くの人々の精神構造」を

「一刻も早く、健常進歩・正常進化させる事」だ』。

『「比べっこ五輪」で

「ロシアの国家ぐるみドーピング」という「ズル・インチキ等」が

「バレ」だ。

「スポーツ比べっこはフェアであってこそ価値がある」と

「当然の考え等を持つ、IOC」は、

「ロシアを冬季韓国五輪から排除した」。

「国家ぐるみ・・・とは国家の問題」だから

「国としてのロシアは排除しても、{クリーン}な個人は排除しない」と

「IOCは正義ぶってもいる」。

「報道されている実態から推測する」と

「ドーピング選手も、国家ぐるみドーピングの被害者の様相」で

「クリーンな選手とは、国家ぐるみドーピングの被害者では無かった者たち等」になる。

「何れにしても、この問題の基」は

「国家ぐるみドーピング」だ。

「ロシアを国家ぐるみドーピングに走らせた」のも

「国家同士の比べっこで何としても勝者に成りたい」等の

「比べっこ故の動機」だ。

「五輪の本質」は

「平和の祭典」とも言われている。

「スポーツの本質」は

「人類の限界や新たな世界の体現等に在り、

比べっこ上には無い」。

「それでも、比べっこ原理主義者等」は、

「スポーツ比べっこでの勝利・勝者等」を

「過剰な程、重要に扱いたがる」。

「それは、経済による比べっこ上での使い勝手の良い道具にも出来るから」だろう』。

『「経済による比べっこ」で

「短絡的に勝者を目指す者たちが多過ぎて来ている上」に

「未だ、その是正等も無い」から

「現状の地球環境問題」は、

「加速度的に深刻化しているのに!」』

『「古の時代から在る、

宗教比べっこ」も

「大変」だ。

「何しろ、

宗教」とは、

「実質的には、

徹底的にその宗教を信じる事で

深い納得を得続けようとする手段」だから

「宗教対立は、必然的に深い対立に成り易い」。

「歴史上も、何度も、命がけの対立になっている」』。

『「宗教問題解決の為」には

「先ずは、宗教を別にして、

人々の精神構造や

人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる事」が

「重要」だ。

「宗教を持ち出して、解決を図る」と

「命がけの比べっこになってしまい易いから」だ』。

『「現状人間世界」の

「多くの重大問題」を

「解決させる鍵」は

「個々の人類の精神構造の健常進歩・正常進化」と

「その集大成である人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化」だ。

「本来の文系の仕事」は

「其処に在る」』。

『「時は、急を要している」。

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化に繋がる

精神文化製品が

どんどん発表・発行・公開等される事」により

「加速度的に、多くの人類の精神構造が健常進歩・正常進化」し

「人間世界の精神文化も健常進歩・正常進化する」なら

「無用な戦争も、環境破壊等もかなり避けられる事になる」。

「人間世界の精神文化を次世代に移行させる事」で

「初めて、人類に、宇宙の本格進出権が与えられる事になる」。

「それは、地球生命体細胞群の存続~永続の為の必需品」だ』。

『「未だ、筆者の周りでは、邪魔・妨害・嫌がらせ等々する悪者たち」が

「蔓延っている」。

「北朝鮮等問題(日本の中の工作活動問題も含む)の早期徹底解決」は

「本当に、重要」だ』。

|

いよいよ近づく米朝戦争・・・。

『「日韓等の多くのマスメディア等による{戦争は無いゾ!}等の旨の誤った情報配信」の「実効」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が行い続けている

核・ミサイル等の開発や

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」への

「応援」だった。

「戦争が無い」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「例え、経済制裁等がどんなにキツクなっても、

核・ミサイル等の開発や

主として日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「行い続ける事が出来てしまう」。

「経済制裁の抜け道・裏道等を探し出し、実用する事」は

「工作活動国家にとって、それ程困難な事では無いから」だ。

「しかし、

そもそも、

北朝鮮劣悪国家指導者等は

何故、核・ミサイル等の開発や

主として、日韓内等、他国内での工作活動(j非人道的なモノも多い)等」を

「行い続けているのか?」

「体制維持の為」と「言われている」が

「どんな体制を維持する為か?」こそが

「極めて重要になる」。

「それなのに、

日韓等の多くのテレビ・マスコミ等では、

この重要事項を無い事にしている」。

「戦争は無いゾ!の旨」や

「日韓内等の工作活動問題の黙殺」や

「体制内実を言わない体制維持の為の旨」を

「情報配信し続けて来ている実態」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の臭い」が

「濃厚に漂って来る」』。

『「金正恩の母親」は

「在日朝鮮人」だった。

「金正恩を頂点とした政権を正当化する為」には

「北朝鮮による日本支配も必要になる」。

「北朝鮮による朝鮮半島内の支配は、金日成~金正日時代からの必需事項」だ。

「北朝鮮の体制維持」とは

「北朝鮮による日韓内支配の実現抜きに在り得ない」。

「北朝鮮がそんな事を{望める}裏に在る」のが

「日韓内に少なからず居る北朝鮮人脈の者たちの存在」という訳だ。

「北朝鮮人脈の者たちがテレビ・マスコミ等を牛耳る」なら』。

「日韓内で北朝鮮劣悪国家指導者にとって都合の良い配信情報は蔓延」させられ

「都合の悪い配信銃砲は黙殺」され

「北朝鮮人脈の者たちが政権を取れば、従北政権になる」という訳だ』。

『「北朝鮮が日韓内を支配する為」には

「日韓内から米軍を排除する必要がある」。

「その為の道具」が

「核ミサイル」という訳だ』。

『「日韓内で連綿と続けて来ている

政財界工作や

情報教育工作等々による

北朝鮮にとっての有益分子化工作」と

「その裏で行われている非人道的な

日韓本来人脈の駆逐&日韓内北朝鮮人脈の人口増大工作」や

「飲食物工作や

電磁波工作や

侵入工作や

医療工作等々の手段による

北朝鮮にとっての不適応分子粛清工作」も

「北朝鮮による日韓支配が目的だから行われている事」に他ならない』。

『「核ミサイルで米軍を排除」し

「日韓内の工作活動で日韓内を変質させる事」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等による日韓支配が可能になる」。

「日韓支配の為」に、

「多くの北朝鮮国民の命や生活まで犠牲にして

何十年もの間、

核・ミサイル等の開発と

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

行い続けさせて来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ』。

『「元々」が

「北朝鮮による日韓内支配の為の100年(?)計画」で

「既に、主として、日韓内では、膨大な数の人々を粛清してしまっている上に、

北朝鮮人脈の人口増大化まである程度は図れてしまっている」から

「北朝鮮が劣悪国家指導者の支配下に在る限り、

他国がどんなに止めろ!と迫っても、

北朝鮮が核・ミサイル・工作活動等を放棄する事は無い」』。

『「もちろん、

陰険なナチス・ヒトラーとでも言うべき、

北朝鮮の現体制」を

「維持させ続けていてはいけない」』。

『「数字に拘る北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「金正恩の誕生日である1.8がらみも大好き」で

「2018年には、

北朝鮮劣悪国家指導者等による日韓乗っ取り支配の目途を付けたがっている様相」だ。

「そのセイか?筆者の周り(関東平野)の電磁波工作仕込み」も

「急速に増大している」。

「多数仕込んだ上」で

「音響兵器の電子・ホール版による{悪魔の輪唱}の悪の実効が

最大限に至る」なら

「かなりの人数の人々が、その実害を被る事になってしまう」。

「北朝鮮工作活動問題の解決は、本当に、急務」だ』。

『「もちろん、米国等は、上記の様な実態を重々承知」だから

「陰険なナチス・ヒトラーとでも言うべき北朝鮮に対し、

米国側も一歩も引かない」。

「米・日・韓の被害を最小限に押さえる

軍事作戦がいくつも用意され、

その中で、より良いモノを

実行日時も含めて精査中」と

「強く推定出来る」。

「北朝鮮が核・ミサイル・工作活動を放棄しない限り、

近々、軍事オプションが実行される事になる」』。

『「戦争を避けたい」のなら

「日韓のマスメディア」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に諦めを誘う

情報配信等を行うべき」だ。

「それなのに、未だに、戦争は無いゾ!論等を公共の電波上等でばら撒いている者までもがいる」のだから

「本当に呆れる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が日韓支配を諦めて、

北朝鮮の国家指導者の地位だけを維持したい」のなら

「核・ミサイル・主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

放棄する事」こそが

「合理的になる」。

「その為の動機付けとして、

核・ミサイル施設等への限定攻撃」は

「大いに有効」だ。

「米軍が限定攻撃を与えても、北朝鮮は反撃出来ない」。

「反撃するなら、全面戦争となり、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争に成ってしまうダケだから」だ』。

『「陰険な工作活動国家の劣悪ボス」に

「騎士の心が在る訳も無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者が選択する」のは

「死して恥も残さず」では「無く」

「生き延びて、贅沢生活をする」に「なる」。

「民族主義カルト宗教仮面を被りたがる」のは

「カルト宗教メリットがある内ダケ」だ。

「人類の世代交代が個の保存では無く、種の保存でしかない事」や

「親子も別人・別人格等」は

「今や、多くの人類の共通認識」だ。

「子孫が否定せざるを得ないモノを残そうとする愚かさ」は

「少し考えるなら、誰もが分る」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等」が

「日韓支配という代償欲求の追及に明け暮れている暇がある」なら

「自己健常支配の継続により本来欲求を充足させ続けるべき」だ。

「本質的に悪い事をしない事」こそが

「自己承認の特急券」でもある』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等に残されている時間は少ない」。

「米軍が限定攻撃する前」に

「核・ミサイルの開発と

他国内での工作活動等を

放棄する事」こそが

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等が、生き延びられる道」だ』。

|

歴史教育の見直しと現状文系教育等の重大問題・・・。

『「現状」の「所謂、文系教育やその結果に基づいた所謂、文系の仕事」には「重大な欠陥がある」。

「誰もが、薄々とは感じている筈」の「その重大な欠陥」を

「知覚する事は簡単」だ。

「現状の所謂、文系界の状態」を

「単純化して、比喩する」と

「以下の様な事態となっている」』。

『先生「・・・みんな、人間が新陳代謝している事を{覚えた}かな?」

生徒「{覚え}ました」。

テスト「・・・人間は、●●●●している、の●●●●部分を答えなさい」。

優等生「{新陳代謝}と書く」。

少し足りない生徒「しんちんたいしゃは{覚えている}けど漢字にするとどうだったっけ?」

授業に参加{出来て}いなかった生徒「わけわからない・・・。テスト嫌い!」

・・・・・・・。

「同様の事が、色々な事で行われ、その集大成として、

{沢山覚えた}優等生」は

「より良いとされている学校に行き、より良いとされてる社会的立場を得て

より高い報酬やより高い権力等を持つ」・・・。

「少し足りない生徒」は

「それなりの学校に行き、それなりの社会的立場を得て

それなりの報酬とちょっとした権力等を持つ」・・・。

「授業に参加{出来て}いなかった生徒」は

「不良品扱いされ、キツイ・汚い・苦しい社会的立場を{強いられ}

低い報酬と無きに等しい権力等を持つ」・・・。

「そして、皆、年齢を重ねる」。

「新陳代謝と書けた優等生だった者」は

「大きな家に住み、贅沢な生活をし、子孫も残し易く、大きな墓を求めたりする」・・・。

「少し足りない生徒だった者」は

「それなりの家に住み、それなりの生活をし、

子孫を残せば困窮するので子孫も残し辛く、

それなりの墓を求めたりする」・・・。

「授業に参加{出来て}いなかった者」は

「住処にも苦労し、食わずの生活を強いられる場合も少なく無く、

異性パートナーを得る事も困難で子孫も残せない場合も多く、

墓などどうでも良い・・・等と、諦めていたりする」・・・。

「優等生たちが自分を優等生にして優等生に利をもたらしてくれる社会構造の中でどんなに頑張っても、

社会は不平・不満で溢れ、

殺傷事件は枚挙に暇が無く、

テロ・戦争等まで起きてしまっている」・・・。

「所謂、理系側、

人類の物質文明や物質文明製品は

どんどん現実として進歩・進化し続けている」ので

「殺傷事件やテロ・戦争等に悪用されてしまう物質文明製品もどんどん高度になっている」・・・。

「新陳代謝と書けた優等生が大きな墓を求めたりする」、

「馬鹿らしさ」の「裏」で

「人類滅亡の日がどんどん近づいている」・・・。

「それは、

所謂。文系の仕事の本懐」である

「人間世界の精神文化の進歩・進化」や

「人間の精神構造の健常成長」への

「現実効果を上げられていない

{優等生}に

過分な立場・報酬・権力等を与え続けている結果でもある」・・・。

「新陳代謝という漢字を書ける事」と

「人間の新陳代謝の内実である

人間の誕生・死が細胞ことの実現象である事」を

「ちゃんと理解・把握出来ている事」には

「大きな違いがある」。

「新陳代謝という漢字をかけても、

内実の理解・把握が不十分で

丸ごと一人の死生観・人生観に執着・・・」では

「その何処にも、優等生としての実体は無い」。

「丸ごと一人の死生観・人生観に執着していない」なら

「丸ごと一人レベルで個人を偏重する事により必然的に生じる

人間の不平・不満等を

ワザワザつくり出す事等を

是正しようとする」のが

「当然」になる』。

『「試験で問われる事等を{大量に覚えている}ダケの

似非優等生に

過分な立場・報酬・権力等を与え続けている裏に在る」のは

「立場・報酬・権力等を与える者たちの自己承認欲求の代償欲求の追及」だ。

「{大量に覚えている}ダケの者たちに次を任せる事」で

「自己正当化を謀ろうとしている醜態」が

「其処に露呈している」。

「不平・不満が溢れ、

殺傷事件も枚挙に暇が無い

テロ・戦争まである

人間社会」の

「明らかな改善」が

「出来ていない事」は

「現状までに相応の立場・報酬・権力等を保持して来ている者たち」への

「現実のダメ出し」だ。

「どんなに、

自分たちと同様の状態の者たち等を重用し続ける

負の世代交代を連鎖させたところで、

現実のダメ出し」が

「似非優等生を優等生として認める現実」に

「替わる事はあり得無い」』。

『「人間の精神構造」を

「物質文明側同様に、

意識的かつ積極的に

健常成長させようとしていない現状の人間世界」では

「似非優等生状態の少し足りない人々」も「少なからずいる」。

例えば、

「核兵器廃絶が大切である事」等を

「{覚え}訴えている人々」だ。

「訴えているダケでは実効が無いから、法で縛って実効を得よう・・・」等とは

「少々、合理的でもある」が

「肝心要が抜けている」から

「その実態は{似非優等生}と同様」になる。

「また、法など守らない者たちも少なく無い」のが

「現状人間世界のお寒い実態」だ。

「核兵器廃絶が大切である事」等は、

「ほとんどの人類が重々知っている事」だ。

「でも実現出来ていない」。

「何故か?」

「現状人間世界の基本精神文化」が

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権・被支配権争いだから」だ。

「そんな現状人間世界の精神文化上」では、

「後ろ盾になる武力」も

「より大きい方が有利になる」。

「その結果、現状では最強と多くの人類が考え・思っている核兵器を持つ事」を

「諦めない、諦められない国々や人々等が多くなる」。

「核兵器廃絶の為」には、

「人間世界の精神文化」と

「人類の精神構造」を

「核兵器要らずにする必要がある」。

「つまり、武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権・被支配権争い」という

「乳幼レベルの精神文化」から

「科学レベルで実体・本質・快適を探究し、

人類の実体やその実体の本来の目的からちゃんと整合性を取って、

適材適所の快適人間世界を構築する

成人レベルの精神構造」を

「多くの人類が持つ事」により

「人間世界の精神文化も正常進化させる事」が

「必要になる」。

「精神構造・精神文化の進歩・進化への言及抜きの訴えや法整備等」では

「実効が上がる訳も無い」』。

『「歴史も覚えるモノでは無い」。

「{覚えるべき事}の数が多いの少ないの・・・等」と

「戯けた事でお茶を濁していても仕方無い」。

「その当時、その地域等」での「物質文明状態等」と

「合わせ」て、

「その当時、その地域等」での「人類の精神構造」や

「その当時、その地域等」での「人間世界の精神文化」を

「学ぶ事等により、

精神構造や精神文化の健常進歩・正常進化の方向性を見極め、

今生きている自らや今の人間世界」の

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化の役に立てる事」こそが

「実効のある文系教育として重要」だ』。

『「所謂、文系の情報・教育が健常化・正常化される」なら

「自己健常制御を継続出来ている状態の人間が大部分になる」。

「比べっこ故に必要となる

他の者・物・事の支配や

他の者・物・事による被支配」という

「成人なら代償欲求となる事の過剰追及状態」は

「必然的に抑制」され

「殺傷事件も激減し、

テロ・戦争等の集団的自虐行為は無くす事が可能になる」。

「世界平和」は、

「人類の精神構造と

人間世界の精神文化の

健常進歩・正常進化により

実現可能になる事」だ』。

『「実効が上げられていない者たち」を

「重用し続ける必要は全く無い」。

「それは、所謂、理系・・・物質文明側を見る」なら

「誰もが納得出来る事」だろう。

「現状の所謂、文系・・・精神文化側の世界」は

「この意味からも

明らかに、異常で、オカシイ」』。

『「新陳代謝という漢字を書けても、

丸ごと一人のあの世や魂等を

真剣に{信じられている}

似非優等生等」と

「同様のオカシサ」が其処に在る』。

|

上辺では何も出来無くなっている様相の北朝鮮だが・・・。

『「北朝鮮非難の国際的包囲網」や「北朝鮮を殲滅するに十二分な軍備を使った米韓・ 米日の合同演習」等の「実効故か(?)」、

「もはや、表立った事は、何も出来ない様相の北朝鮮」・・・。

「更に、トランプ大統領の金正恩とお友達・・・つぶやき」も

「{与えられ}、

後」は、

「核放棄宣言して、トランプ大統領とのお友達になる」か、

「殲滅される」かの

「二択しか無い崖っぷち」に

「追いやられている金正恩」・・・。

「それでも、

主として、日韓内等他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」は

「未だ、旺盛なまま・・・」だ。

「まるで、消える直前のロウソクの火の様に」・・・』。

『「北朝鮮が既に詰んでいる事」は

「ほとんどの人々が既に、理解・把握済み」だろう。

「未だに、工作活動等を一生懸命行い続けている者たち」でも

「余程のおバカや悪等では無いのなら、

既に、重々承知の事」だろう。

「それでも、未だに、電磁波工作等々の工作活動等を

連綿と増大させ続けながら行い続けている裏にある」のは

「工作報酬や粛清工作への恐怖心故等」と

「強く推定出来る」。

「拉致工作からも明らかな様」に、

「北朝鮮劣悪国家指導者等により

一般日本国民と北朝鮮に居る工作員等の親戚等を天秤にかけさせられる」と

「北朝鮮に居る工作員等の親戚等を優先」し、

「北朝鮮に居る工作員等の親戚等の為」に

「一般日本国民を平然と犠牲にして来ている」のが

「日本国内で

連綿と

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動等を行い続けて来ている者たちの実態」だ。

「そんな者たちを徹底摘発し、北朝鮮に強制送還・強制送致等する事等」により

「一般日本国民の安全・安心を守れて来ていない日本政府・警察等もどうかと思う」が

「その裏に在る」のが

「北朝鮮による

日本国内の政・財界工作や

情報・教育工作や

核・ミサイル等による脅し」と

「強く推定出来る」。

「その核・ミサイル等による脅し」が

「近々、無効化される事になる」上に、

「現状の日本の政権は従北政権では無い」のだから

「未だに、日本国内で工作活動等を行い続けている者たち」は

「出来るだけ早く、足を洗う事」が

「身を守る事に直結している事になる」』。

『「核・ミサイル等による脅しの無効化」には

「日本国内の粛清工作の無効化も

北朝鮮内の工作員等の親戚等の解放等も

付いている」のだから

「もはや、決している勝負で負け組のままを維持する事」は

「本当に、愚かな事になる」』。

『「北朝鮮問題の今後」は

「既に、決まっている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

自ら

核・ミサイルの開発等と

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

放棄しない場合」、

「間違い無く、

先ずは、

限定的な軍事オプションが実行される事になる」。

「限定的軍事オプションの実行に対し、

中・ロ等が反撃し、

全面戦争を行う道を選択する訳も無い」。

「もちろん、北朝鮮が反撃すれば、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」だ』。

『「限定的軍事オプションの実行に対し、

反撃出来ない

北朝鮮劣悪国家指導者等の実態・実体が露呈する」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等の求心力も地に墜ちる事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等を主軸とした実質的カルト宗教」は

「其処で終わる事になる」』。

『「陰険なナチス・ヒトラーの余命は、もう短い」。

「金正恩等が生き延びたいのなら、

陰険なナチス・ヒトラーを止め、

核・ミサイルの開発等や

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を放棄し

改革・解放政策に転じる事」だ。

「そして、トランプ大統領等の友人となれば、

過去の罪と改革・解放の功が相殺され

生き延びる事も可能になる」』。

『「余程のおバカや悪では無い」のなら

「選択すべき道」は

「既に、重々承知の筈」だ。

「後は、選択を実行する度胸が有るか?否か?の問題」だ』。

『「最悪なのは、チキンレース継続のまま殲滅される道しか選べないチキン」だ。

「チキンを国家指導者にし続けている」なら

「北朝鮮や他国内の北朝鮮系の者たち等もチキンと見なされ、

北朝鮮問題解決の為にチキンとして処理される事になる」。

「金正恩がチキンでは無い大物」なら

「近々、北朝鮮問題は平和的に解決される事になる」』。

『「日本国内で、

未だに、

電磁波工作・飲食物工作・侵入工作等々の

非人道的な工作活動等を行い続けている者たち」の

「近未来」は

「早々に工作活動等から足を洗わなければ、

行って来ている事故に、

惨憺たるモノになる」』。

|

米・英の戦争準備と「起こり得ない第三次世界大戦」&「起こり得るアッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」・・・。

『「左だ!右だ!中道だ!・・・等々」と「イメージ」で「者・物・事を操ろうとする事まで、蔓延れている、平和ボケ日本社会」を「他所」に

「現実世界」は「確実」に

「実効のある問題対処へと動いている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、劣悪な態度を、自ら角を折り、改め無い限り、

北朝鮮問題に対する実効のある対処」が

「行われる事になる」』。

『「どんなに、

日本の中で、

脱原発や戦争反対等の

実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す政策」に

「力を与え」たり、

「イメージ誘導等の手段で、例え、従北政権等を成立させる事が出来て」も

「実効のある対処をする国々」の

「実効のある北朝鮮問題対応を止める事など出来る訳も無い」。

「既に、詰んでいる北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「その現実を認めて、素直に、投了し、

核・ミサイル等の開発や

他国内での工作活動等の

北朝鮮の角を折らない限り、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる実戦争による問題解決が行われる事」は

「確定的な現実」だ』。

『「つまり、実戦争を避けたい」のなら

「北朝鮮劣悪国家指導者等に投了させる事」こそが

「合理的」なのだが、

「未だに、日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下やその協力者等」は

「既に詰んでいる北朝鮮を認めたがらず、

未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を行い、

着実に実戦争を招いている」のだから

「本当に、困ったモノ」だ』。

『「音響兵器」の

「空気の役割」を

「電子とホールに担わせている」のが

「工作電磁波の実態・実体」だが、

「未だに、工作電磁波を発生させるべく、

日本社会の至る所に、

{悪魔の輪唱}ソフト等を仕込んだり、

電子機器等を取り付けたりしている、

近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる者たち」は、

「本当に、遅れている」。

「既に負けている側の者たちが行うべき事」は

「出来る限り、敗戦後の立場を悪くしない事に他ならない」が

「超おバカたちは、既に詰んでいる事さえも???なのかも知れない」。

「実に、御気の毒な事だが」・・・』。

『「在日の母の下に産まれた金正恩」なのだから、

「在日人脈の中には、

金正恩に適切な態度を取らせるべく働きかける事等が出来得る者たちも

少なからず居る筈」だ。

「本気で戦争を避けたい

本当の平和主義者」なら

「命がけでも、行うべき事」は、

「既に明らかな筈」だが』。

『「ノーベル平和賞を与えられたアイキャン等」が

「どんなに核兵器廃絶を訴えても、

多くの人類の精神構造が、

比べっこによる支配権/被支配権争いである限り、

武力比べっこ上で効率の良い道具になる核兵器が無くなる訳も無い」。

「比べっこ上に生きる人類が多い限り、

核兵器廃絶が可能になる時」は

「核兵器以上に効率の良い武力比べっこの道具が普及し、

核兵器保持が馬鹿らしくなる時」になる。

「核兵器廃絶が実現しても、

核兵器以上に凄い兵器が普及・・・では、

何の為の核兵器廃絶運動なのか???」

「偽善では無い核兵器廃絶法」なら

「人類の精神構造や人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化は、

絶対に外せない」。

「当たり前の現実論」だ』。

『「北朝鮮問題解決の為の当たり前の現実論」も

「核兵器廃絶の為の当たり前の現実論」も

「冷静に現実的に考える」なら

「多くの人々の頭の中で直に明らかになる事」だが

「夢やイメージ等で操られている

実質的、現実逃避状態に陥らされている人々」は

「多くの場合、現実を直視する事自体が困難な状態に陥らされている」。

「現実を直視する事」は

「恐い、いけない事等の思想信条」を

「頭の中に焼き付けられる」と

「例えば、人間の誕生・死が細胞レベルの実現象に他ならず、

生きている人間なら誰もが今、この瞬間にも、誕生・死を体験しながら存続している

既に、科学レベルではっきりしている現実」さえも

「認めたがらない状態にも陥る事が{出来て}しまう」。

「もちろん、現実との乖離の分だけ、

現実の自分の人生を損ねている」のだが、

「その様な現実をちゃんと現実通りに理解・把握する事さえも、

出来ずに・・・という場合が多い」。

「実に、もったいない人生が其処に露呈している」・・・』。

『「個人レベルの思想信条は、もちろん、自由」だが

「実質的、現実逃避信者が、

例えば、

公共の電波上や、公共的マスコミ上で、

実質的、大衆誘導を行っていたり、

学校教育上で、現実逃避教を教え込んでいたり、する」なら

「そんな事を蔓延らせている人間社会が現実から乖離し易くなる」のは

「当然の現象」だ。

「その単純化版」は

「北朝鮮を見るなら、誰もが判る」が

「余りにも、現実離れが激しい北朝鮮が在るから・・・」等の

「理由」で

「現実として、現状の日本が良くなる訳も無い」。

「現実との整合性を高める事でのみ、

人間も、人間社会も、

より健常で良い状態に

現実として出来る」』。

『「夢や希望」は

「例えば、未熟時や急変時等」の

「緩衝薬」だ。

「緩衝薬の過剰使用」等で

「ベロベロのロレロレ・・・等になる」のは

「現実の人生を捨てた

実質的、廃人等になる」。

「もちろん、個人レベルなら、

実質的、廃人状態で、自分を休める時があっても良い」。

「しかし、大きな影響がある仕事等を行っているのに、

実質的、廃人状態」は、

「明らかにダメ」だ』。

『「何れにしても、人間世界の急変」は

「必需」だ。

「何故なら、

現状までの

人間社会の精神文化である比べっこ原理主義」は

「既に、限界を迎えているから」だ。

「ここで、

精神構造の健常進歩・正常進化を抜きに、

事を進めようとする」のは

「明らかにおバカ」で

「現実離れしている」。

「情報・教育を大急ぎで、正常化・健常化する必要が有る」。

「何故なら、情報・教育の正常化・健常化が遅れれば、遅れる程、

人類の犠牲者の数も増えてしまうから」だ』。

『「より良い日本社会・人間世界構築の為」にも

「個人レベルでも、社会的実効のある、あらゆる選択」は

「慎重に行い、現実的であるべき」だ』。

|

有権者をバカにしている、仮面保守(内実、左翼=親朝鮮等)の小池仮面で当選を目論む旧民主党(落選組みも含む)等の者たち・・・。

『「朝日新聞上がりの細川氏の下」で「政治家に転身」した「テレビ上がり」の「小池氏」は、

「その後、小沢氏等の下で政治を学んだ」。

「そんな小池氏」を「保守政治家と言う」のは、

「小沢氏」を「保守政治家と言っていた」のと「同じ」になる。

「保守政治家と言われていた小沢氏」の「実体」は

「在日米軍は第七艦隊だけで十分を公言」や

「大量の人々を連れて、中国共産党を表敬訪問した実績」等からも、

「明らかな、所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党等)」の

「政治家」だ。

「因みに、小沢氏は、河野氏や小泉氏や石原氏やと同様」に

「朝鮮系」と言われている』。

『「小池氏」の「実体」も

「小沢氏等同様と強く推定出来る」』。

『「日本の脱原発」とは

「日本の電力事情と環境問題対応を悪くする、

所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中く゚共産党等)」が

「大好きな政策」だ。

「日本の電力事情と環境問題対応が悪くなる分だけ、

相対的に、

中国や韓国等は、経済面等で有利になり、

北朝鮮の核の脅しの力も増す」のだから、

「所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党等)」が

「日本の脱原発を望む」のは

「ある意味、合理的」だが

「普通の日本国民」なら

「上記の様な現実面も考慮」し

「現状では、原発を安全に使うしかない・・・等の現実判断が出来る」のが

「当然」になる。

「耳障りの良い、脱原発に賛同し、日本を悪戯に不利にする」のは

「所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党等)の者たちや、

そのスジのテレビ・マスコミ・友人???等の操り人形等」と

「相場は決まっている」』。

『「安保法制に賛同していれば、保守???」

「もちろん、

安保法制にも反対!という、

明白左翼・反対左翼等では無い事にはなる」が

「安保法制賛成=保守では、断じて無い」。

「日本国・日本国民を守る保守として必要な事」は

「ちゃんと現実として、日本を守り、より良い状態にして行く事」だ。

「国や多くの国民という大船」を

「安全により良い航路に乗せる為」には

「急変は行ってはいけない事」だが、

「仮面保守の者たちは、急変を好む」。

「例えば、小泉元総理等による

急激な操舵による

利権集中悪徳改悪の裏」で

「どれ程多くの一般日本国民が、大海に投げ出されたのか?」は

「その後の格差拡大や少子高齢化等の急増ぶりからも明らか」だ。

「大企業等、既に、{持っている}モノが優遇され、

未だ、{持てていない}モノたちは、冷遇された」から、

「格差が、急激に、益々増大」した。

「数多くの中小零細企業は潰され、

経済苦境等故の自殺者も多く出、

経済苦境等ゆえに子造りや世代交代を諦めざるを得なかった日本国民も多数出た」から

「実際に、少子高齢化も益々加速した」。

「急変で、日本が大きくダメージを受けた裏側」では、

「中国や韓国(北朝鮮も含む)等が、漁夫の利を得ていた」。

「日本の為・・・・等と、正義ぶり、

急変で、日本国・日本国民等に大ダメージを与える」のが

「仮面保守の得意技」だ』。

『「小池都政」も

「ちゃぶ台返しの急変」で

「大混乱&大損失」だが、

「小池氏の知名度は益々上がった」。

「五輪会場問題でも、市場移転問題でも、

結局は、基本的に、元からの案に収まる事になった、

・・・つまり、実質的には、小池氏全敗の、東京都の大混乱」の

「裏」では、

「何処かに国系等の人脈の者や企業等が、漁夫の利を・・・」と

「強く推定出来る」。

「何れ、小池氏の責任も、小池混乱の内実も露わになる事になる」が、

「その前」に

「都知事を辞めて、国政に転身し、

あわよくば、総理大臣になってしまえば、

責任追及を逃れられる」というのが、

「現状の小池氏の実態」だ』。

『「詐欺師的要素満載」なのが、

「仮面●●」だ。

「冷静な現実判断を抜き」に

「詐欺師の耳障りの良い言葉等に乗せられる」と

「騙され、大損させられる」のだから、

「多くの日本国民は、仮面●●に、十分に用心するべき」だ』。

『「希望の党」は

「内実、

旧民主党の面々が主となる、

旧民主党の二番煎じ」だ。

「民主党政権時の実績」は

「総じて、日本を細らせた反面で中・韓(北朝も含む)を大いに太らせた事」だった。

「旧民主党の二番煎じ」に

「力を与えてしまう、

同じ詐欺師に何度も騙される

日本国民の数」は

「もはや、それ程、多く無い筈」だ』。

『「旧民主党落選組みの者たち等にとっての{希望}の党」は、

「旧民主党落選組みの者たち等にとっての{失望}の党」となるだろうが、

「当落を分けている」のが

「現実として、日本国・多くの日本国民に与えた政権時の実影響」なのだから、

「身から出た錆以外の何モノでも無い」。

「身から出た錆を落とし、錆を出さない身となる努力等を十二分に行い、

それが、有権者に認められた」なら

「復活当選等もアリ」だろうが、

「身から出ている錆はそのままに、小池仮面の裏で当選を目論む者たちがゾロゾロ・・・」では、

「多くの有権者」が

「呆れるばかり・・・となる」のは、

「当然の現象」だ』。

『「旧社会党~の連合」が「主たる支持母体の一つである民主党~民進党」とは、

「明らかな、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の政党に他ならない」。

「その大部分を候補者として抜擢しようとしている希望の党」の

「実体」は

「何処の誰が考えても、

民主党の二番煎じ(三番煎じと言うべきか・・・)等」になる』。

『「例え、

お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「どんなに大衆誘導・マインドコントロール等を行おう・・・」としても、

「小沢氏同様の仮面保守ぶり」を

「脱原発等で、既に、露呈している小池氏」や

「希望の党等」に

「乗せられてしまい」、

「日本の急変」で、

「日本国・多くの日本国民を大いに不利にし、

その裏で、中・韓(北朝も含む)等を有利にする事に同意してしまう、

考えや判断の甘い人々の数」は

「時と共に、どんどん減少して行く事になる」』。

『「日本に必要」なのは

「政権交代」や

「急変」や

「二大政党制」等では

「断じて無い」。

「日本国・多くの日本国民の為になる政治」だ』。

『「もちろん、安倍政権が全面的に良い訳も無い」。

「森友・加計等の問題はある」。

「しかし、民主党政権時と比べる」なら

「安倍政権となってから・・・の方」が

「日本国・多くの日本国民にとって、良い状態になっている」。

「小池仮面で、民主党の二番煎じを選択する事」等が、

「どれ程、愚かな事なのか」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「政権交代させる」なら

「現政権より良い政権に交代させなければ意味が無い」。

「現政権より良い政権の準備が十分に出来ている」と

「多くの日本国民が、十分に知る事が出来ていない状態」で

「現政権が嫌だから・・・」等と、

「現政権より悪い政権を選ぶ」のは

「愚かな自虐者が行う事」だ』。

『「実際の選挙は、未だ、少し先」だが

「希望の党の主軸が旧民主党の面々となる事が確定的となった現状」で

「既に、選挙結果は出ている様なモノ」と

「感じている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

|

より以前の記事一覧