可能性が高いのは「平昌五輪北朝鮮&韓国の共同開催か?」「米朝開戦が?」、共同開催案の提示で北朝鮮汚染度が高い事を示してしまった韓国要人のおバカ度・・・。

『「北朝鮮解放戦争となる、米朝開戦のハードル」は「北朝鮮汚染度が低い同盟国等の同意割合により、高くも低くもなる」。

「逆から言う」なら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動汚染が高い国々の意向」は

「開戦ハードルの高低に、実質的に、無関係になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下の他国内での工作活動等により、

北朝鮮解放戦争の開戦ハードルが

上げられてしまう」なら、

「実戦争が一番困る極悪非道工作活動カルト宗教国家状態の北朝鮮」は、

「他国内での工作活動ダケをしっかりと行っているダケ」で

「一番困る実戦争を避ける事が出来てしまう事になる」。

「もちろん、

そんな北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達の論理」では、

「世界情勢は動かない」』。

『「米国要人も傾注している事」は、

「日韓等、北朝鮮解放戦争が行われた場合に、

多少でも、戦争被害等が起きてしまう可能性が大きい国々」の

「極悪非道工作活動カルト宗教国家状態である

北朝鮮による工作活動」による

「汚染度の高さ」だ』。

『「今回の韓国要人による」、

「平昌冬季五輪の北朝鮮との共同開催提案」は、

「韓国が北朝鮮の工作活動により、かなり汚染されている事」を

「韓国自ら、露呈させた

一実証例に他ならない」』。

『「それは、

北朝鮮解放戦争のハードル」が、

「益々、下げられる事に直結している」』。

『「更に、

北朝鮮では、

大陸間弾道ミサイル用のエンジンの燃焼実験までもが行われてしまった」』。

『「北朝鮮」は、

「少々は時間が稼げる様に、

内々に行ったつもりかも知れない」が

「もちろん、

その実態は、

アッと言う間に米側にもバレている」』。

『「益々、

米朝開戦を近づけてしまった」のが

「北朝鮮や、韓国」だ』。

『「日本のテレビ等の一部も酷かった」。

「平昌五輪を北朝鮮と共同開催するなら、

北朝鮮の一般市民が、より多くの普通の国々の情報等に触れられる様になるから、

北朝鮮の現政権を打倒する民意が生まれ易くなる旨・・・等々」の、

「実質的、

北朝鮮ご用達の

北朝鮮の為の時間稼ぎ論等」を

「日本の公共の電波上に撒き散らしていた」。

「もちろん、

言うまでも無く、

冬季五輪の共同開催くらい」で

「北朝鮮の多くの国民」に、、

「現政権打倒等の具体的な行動を起こす程の

実影響を与えられる訳も無い」』。

『「基本的に、

スパイ・工作活動国家である現状の北朝鮮」では、

「一般市民の手下諜報員化がかなり進められてしまっている」。

「つまり、同じ民族の同朋を、

保身の為に劣悪国家指導者等に売る事が、

擦り込まれている」ばかりか、

「実際」に、

「売ってしまったり、

売る事に協力してしまった者たちも数多い」』。

『「既に、

実質的、犯罪行為に手を染めさせられてしまっている者たち」が

「選択し易い」のは、

「犯罪者が捕まり、罰せられる、普通の世界では無く」、

「犯罪者のまま・・・なら、

それなりの安定した生活が遅れてしまうが、

犯罪者から抜け出そうとしたり、

犯罪者を告発しようとしたりすると、

粛清されてしまう、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の世界」だ』。

『「同様のロジック」は

「日韓内の工作員や協力者等にも働いている」から、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下やその協力者等は、

日韓内等でも広がり続け、

数を増やして来ている」』。

『「自由主義圏の日韓等内でも、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下化等は蔓延れている」のが

「現状人間世界の寒過ぎる現実」だ。

「冬季五輪の共同開催程度の、

情報化・開放化等」で、

「北朝鮮の現体制が大きな影響を受ける訳も無い」』。

『「そればかりか、

冬季五輪の共同開催」により、

「それぞれの国々の中の工作員やその手下等、実質的、犯罪者同士の交流等が深まってしまう」なら、

「益々、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等が増え易くなってしまう」』。

『「普通の国の犯罪者では無い人々」なら、

「そんな事態を望む訳も無い」』。

『「米朝開戦を避ける為」には、

「早々に、北朝鮮側が、

核・ミサイルの開発~製造等と、

他国内での工作活動等を

放棄する必要がある」。

「主として、日韓内等で、

非人道的な工作活動を行い続けて来ている

犯罪者等」も、

「ちゃんと摘発され、厳罰に処される事が必要」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動というチリ」を

「払拭する為」には、

「相応の大手術が要る」。

「払拭しない場合」は

「現状では、

主として、日韓内がチリに覆われている範囲」で

「済んでいる状態」だが、

「チリの範囲は時と共に、

どんどん広げられてしまい、

最終的には、

全世界がチリに埋もれてしまう事になる」。

「その場合」は、

「そんな事態が来てしまう前」に、

「人類は、早々に、確実に滅亡する事になる」』。

『「大戦後の日韓内における北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下の工作活動等により、

実質的に、殺傷されてしまっている人々の数」は

「ナチス・ヒトラーのユダヤ人大虐殺の数を遥かに超える」。

「工作活動の継続により、

茹でカエル式に殺傷する

非人道行為」は

「即刻、徹底的に払拭されるべき事」だ』。

『「その為の実効のある手段」として、

「主として、北朝鮮内で、大量の犠牲が出てしまう事になる、

北朝鮮解放戦争等」が

「選択された」としても、

「長くなる人類史上では、

必ず、肯定的な評価が得られる事になる{意味のある戦争}になる」』。

『「平昌冬季五輪の共同開催を提案する程、

韓国の北朝鮮汚染度が高く、

現状で北朝鮮の比較的恵まれた場所に居る多くの北朝鮮国民の多くが、

同朋売りやその協力者等の実質的犯罪者であり、

その前に、カルト宗教信者化されてしまっている、

現状の人類の精神医学等の力量内等では、

人類の一般寿命内では、

その快復が

非常に困難な状態に

既に追い込まれてしまっている者たちである事等に

鑑みて」も、

「北朝鮮外の被害が小さい、

北朝鮮解放戦争等」は

「躊躇する必要の無い事」になる』。

『「例えば、日韓等について言う」なら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等が、

継続されてしまう事による被害」より、

「戦争による被害の方が少ない」のなら、

「戦争を行った方が良い」という

「現実判断が可能になる」』。

『「非人道的な工作活動等を温存させてしまった時、生き残る」のは、

「非人道的な工作活動等に手を染め続けて来ている工作員やその協力者やその子孫等になる」。

「そんな者たちに人類の未来を託す事を是とする」なら

「是とする者こそ、排除されるに相応しい者になる」』。

『「韓国要人による、

平昌冬季五輪共同開催提案」と

「北朝鮮による大陸間弾道弾ミサイル用エンジンの燃焼実験」等で、

「米朝開戦が益々近くなった」等と

「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い」』。

『「米国は、北朝鮮解放戦争を躊躇するべきでは無い」。

「北朝鮮が、戦争を避けたい」のなら、

「直ち」に、

「核・ミサイル等の開発~製造等」と、

「日韓等他国内での工作活動等」を

「放棄する事が必要」だ』。

|

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動の臭いが濃い、米イージス艦とコンテナ船の衝突問題・・・。

『「かなり混んでいる海域」でも「双方の船のコントロールが適切な限り、滅多な事では衝突事故など起こる訳も無い」。

「しかし、其処に、何らかの、悪意に基づいた意志等が絡む」なら、

「かなりの高確率」で

「衝突事故等が出現する」』。

『「今回の事故実態から、はっきりしている事」は、

「米イージス艦の質量は、コンテナ船より遥かに小さかった事」と、

「衝突場所」が

「米イージス艦の要所であり、

船と船との衝突など想定していない今時の軍艦の弱点であった事」だ』。

『「米イージス艦側には、船長も含む、数人の負傷者と、7名もの行方不明者まで出てしまっている」が、

「コンテナ船側の被害」は、

「船首部分が少し壊れたダケ」だ』。

『「確実に言える事」は、

「米軍」は、

「使えるイージス艦を、

一隻、

当分の間、

使えない状態にさせられてしまった事」だ。

「しかも、宣戦布告や軍事攻撃等無しで」・・・』。

『「この状態が、何処の誰や、何処の国等を利す事になるのか?」等は、

「昨今の極東情勢を知っている方々なら、

もはや、言うまでも無い事」だろう。

「今頃、北朝鮮劣悪国家指導者等は、

工作活動の成功を祝って、

祝杯でも挙げている・・・」のかも知れない・・・。

「何しろ、極悪非道工作活動カルト宗教国家状態」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等なのだから!」』

『「筆者等が、上記の様な感や思い等と強くした」のは、

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下的様相を露呈し続けて来ているテレビ等」が

「該当衝突問題に対して、

過失等があったのは、

米イージス艦の方であるかの如きイメージ」等で

「情報配信していたから」だ』。

『「泥棒をして逃げる時」に

「無垢の他人を指差して、

{あいつが泥棒です!}等と叫ぶ、

何処かの国・民族等の精神文化の臭い」を

「其処に、感じたから」だ』。

『「何れにしても、宣戦布告前の工作活動等」で、

「イージス艦等、

肝要武力を、

例え、その一部でも、

無力化出来てしまう事」等への

「十分に実効のある対策等」は

「必需」だ』。

『「何しろ、拉致工作からも明らかな様」に、

「日本には、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作員や協力者等」が

「其れこそ、ゴマンと居る」。

「そして、行っている事」は

「基本的に、工作活動」だから、

「その悪質性や、犯罪性等の立証等は、

「相応に、困難な場合が多い」』。

『「例えば、高速道路走行中の車の運転者」に、

「その前後等から、

工作電磁波を当て、

運転者の意識等を失わせたり、

運転者に心不全・脳卒中状態等を起こさせたり」等々しても、

「それが、工作活動による、実質的、殺傷等である事」を

「立証する事」が

「困難な様」に、

「該当、イージス艦とコンテナ船との衝突問題」も、

「その本当の実体を露わにする事」は、

「相応に、困難な事」と

「推定出来る」』。

『「しかし、工作活動には、反対側からの摘発手段が在る」。

「命令・指令・準備等を暴く事」だ』。

『「幸いな事」に

「先の参院国会」で、

「テロ等準備罪は成立」した』。

『「後は、

実効のある運用を出来るだけ早くする事が、

非常に重要になる」』。

『「該当、イージス艦とコンテナ船との衝突問題の裏」に

「工作実行指令等が在ったのなら、

それを露呈する事」等は、

「テロ等準備罪の有効性等を

多くの人々に、

其れこそ、アッと間に、

ご理解等頂くに、

必要十分な実例になる」かも知れない』。

『「日本側が、その様な面で、地に足を付ける」なら、

「それは、

日米同盟の更なる強化に直結する事になる」』。

『「一番避けるべき状態」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の、

日本国内・日本領海内塔での、

工作活動」等を

「蔓延らせ続ける事」だ』。

『「拉致工作実態等からも、明らかな様」に、

「戦後の日本国内」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下」等が、

「其れこそ、ゴマンと居続けている」。

「その中には、非人道的な工作活動等を、

実際に、行い続けている者等も、

多数居る事等」は、

「他の記事にも記している」』。

『「日本の中の韓国系の工作活動等」は、

「結構、大胆で、直ぐなる結果等を求めがちな様相である事」に対して、

「北朝鮮系等の工作活動等」は、

「茹でカエル式で、直ぐなる結果は、あまり求めない場合が多いが、

絶対に露呈しない事を絶対条件に行われ続けて来ている様相」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が、絶対に露呈しない工作活動手段として、選択している様相」なのが、

「弱毒物や、有害物等を、

ターゲットに、

意図的に、継続的に、接種させ続ける手段」や、

「工作電磁波悪用の電磁波工作」等だ』。

『「北朝鮮に、実質的に、人質にされた若い米国人」が

「脳欠損のある状態の意識不明状態で、米国に帰された」が、

「その裏に在った非人道的な悪事が、

工作電磁波使用の

洗脳工作や、

自白無理強い工作等々であった可能性」は

「かなり、高い」。

「経時変化により、

どんどん、数が重ねられ、

疑似高周波化する様に、設計されている様相」の、

「音波同様の、電子側とホール側双方の要素がある、縦波ドット派」と

「強く推定出来る、工作電磁波」の「実効」として、

「人の神経作用(脳神経も含む)への

介入等がある」。

「元々、生物の神経ネットワークでは、電気信号が利用されている」が、

「其処に、介入し、

混乱させたり、

睡魔等を誘ったり、

高揚させたり、

イライラさせたり、

不安にさせたり、

・・・等々が可能」なのが、

「工作電磁波」だ。

「更に、意図的な身体操り等も可能」で、

「例えば、心不全や心停止等を、意図的に起こさせたりする事程度」は、

「現状でも、結構、可能な様相」だ。

「更に、研究~開発等が進んでいる」なら、

「意思・意志等の操り等まで可能になるかも・・・」等と

「悪どもなら、考えたり、思っていたり等々していて当然」で、

「そんな実権に、若い米国人男性が使われてしまった可能性も、

結構大」等と、

「強く推定出来る」』。

『「元々は、壁に耳あり・・・等の古事」から、

「電波を音の様に使う事で、覗きを・・・」等の

「発送から生み出され、

周波数等に傾注した、単純な測定や解析等では、

その存在が、露呈しない様に、

経時変化する様に、設計された

工作電磁波」の様だが、

「複数和音的ドット派による電離作用や、

人間の神経組織等に対する実影響等」の

「効果が意外と、大きかった」ので、

「殺傷工作や、不適応分子粛清工作にも使われる様になり、

それを、今度は、

有益分子化工作に無理にでも使用しようとしている様相」が、

「意識不明の若い米国人男性の裏」に

「在る」のかも知れない』。

『「何れにしても、実戦争となれば、

アッと言う間に、

極悪非道工作活動カルト宗教国家状態の北朝鮮の負け」となり、

「元を失った工作活動の多くも必然的に、終焉」し、

「戦争被害の圧倒的多くは、北朝鮮側に出る事になる」。

「今、一番、戦争を避けたい」のは、

「工作活動に邁進する事で、覇権を得ようと、悪足掻きし続けて来ている

北朝鮮」だ』。

『「日米韓等の側なら、少なくとも、他国内での工作活動を全廃しないのなら、

実戦争も厭わない事等」を

「北朝鮮に突き付け続ける事等」により、

「実際に、自国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動を撲滅する事」が

「肝要」になる』。

『「米イージス艦と、コンテナ船の衝突問題」は、

「徹底して、工作活動の可能性も含めて、裏を洗うべき」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の他国内での非人道的な工作活動等」は

「早々に、撲滅されるべき」だ』。

『「日本国内に居る朝鮮系の人々」でも、

「工作活動無縁」で

「日本社会や日本国民との共生・共栄等を目的として、動いている方々」は、

「大歓迎」だが、

「非人道的な工作活動等を仕掛け続けて来ている者や組織等々」なら

「根本的に、歓迎される訳も無い」。

「根本的に灌漑される訳も無い、

根本的に間違っている事等を行いながら、

上辺等で誤魔化す事等により、

騙し、操り、

無理にでも受け入れさせ続けようとしている、

醜悪で劣悪な連中には、

本当に呆れる」』。

『「人間世界正常化・健常化等により、

半分以上の人類が生き残れる時間」は、

「もう、残り少ない」。

「生き残り可能人数等が、

科学レベルで明らかになった時、

人類には、

究極の選択が突き付けられる事になる」が、

「その時点」で、

「生き残る資質が有ると認定されるに、必要十分な資質を身に着けておく事」こそが、

「今の多くの人類に求められている事」だ』。

『「未だに、

非人道的な工作活動等を行い続けている者等やそれを認めているその子孫等」は、

「真っ先に、

生き残る事に相応しく無い側に放り込まれる者等になる」。

「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下状態で居る事自体が、

見の破滅を招く事になる」』。

『「神様の通信簿」は

「誰にでも付けられる」。

「人類誰もの、自分の実体である地球生命体細胞群の、

本来の目的である、

その存続への実貢献度」を

「科学レベルで算定する」なら、

「誰もが、今の自分の実体を理解・把握出来る事になる」』。

『「物質文明面」では、

「物質文明を健常進歩・正常進化等させる事」等による、

「地球生命体細胞群の宇宙への進出等を可能にして行く事」等や

「人類誰も、一人の人等も含む、地球生命体細胞群の健常・正常状態の維持」等や、

「地球環境等の健常・正常状態等を守る事」等への

「貢献等」が「肝要になる」。

「精神文化面」では、

「科学レベルで、自分の実体やその実体の本来の目的とのの整合性が取れる、

自己健常支配の継続や

それに有効な情報・教育・訓練等への貢献・努力等が肝要」になり、

「他の者・物・事支配や

他の者・物・事による被支配等に

甘んじている者や情報・教育・訓練・努力等の

実評価が悪くなる」のは、

「当然の事」だ』。

『「昨今の地球環境の急変状態等からも、

誰もが、

実感している事だろう」が、

「{裁きの日}が来るまでに、

残されている時は、

もう、少ない」』。

『「裁きの基準」は、

「人間が勝手に決めている、現状経済・社会システム等に沿う事では無い」。

「{神様の通信簿}に沿う事になる」。

「何故なら、そうしなければ、人類が滅亡してしまう必然性を排除出来得ないから」だ』。

|

民進党等や、朝日等は、未だに、「加計学園獣医学部新設関連の、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)官僚等でも勝手に記せ、政治工作の具とも出来てしまう、個人メモ」を、視聴者・読者等に、金科玉条の如く扱わせる事による、実質的、安倍政権転覆工作等に邁進している様相だが・・・。

『「政治工作等をしている暇がある」なら「人類の精神文化の健常進歩・正常進化に力を加える本来の仕事をするべきなのが、今時の官僚・政治家・マスコミ人等、所謂、文系仕事人たち」だ。

「しかし、もし、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下状態に置かれている者等」なら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等を優先するのが、当然になる」・・・』。

『「民進党等や、朝日等」の、

「実体は如何に?」』

『「その辺り」にこそ、

「籠池劇場騒動や、加計問題化」の「本質」が

「見え隠れしている」』。

『「極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮」にとっての

「命綱」は、

「今更、言うまでも無く、

核・ミサイル等も含む、時代遅れの軍備では無い」。

「主として、日韓等、他国内で行い続けて来ている、

終極的には、北朝鮮劣悪国家指導者人脈が、

その国・その国の国民を乗っ取り支配する事等を目的とする、

工作活動」だ』。

『「逆から言う」なら、

「他国内での工作活動が徹底摘発され、撲滅される状態になる事」は、

「極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮の終わり」を

「意味している」』。

『「極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮の国家指導者等」にとって、

「日本国内で、テロ等準備罪が成立し、実効のある運用が行われる事」は、

「日本の中の北朝鮮系の工作活動や工作員等が

事前摘発され易くなる」で

「日本国内で仕掛け続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動の負け」に

「直結している」』。

『「多くの日本国民にとっては、非常に有益な事」だが、

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等にとっては、

行って来ている工作活動等故に、

致命的な事になる」のが、

「テロ等準備罪等、集団的悪事の事前摘発を可能とする法整備の成立~実効のある運用」だ』。

『「法整備上の是々非々論戦等」では、

「元々が、法整備自体が困る人脈の者たち」に

「勝ち目は無い」。

「出来る反抗手段は、骨抜き化くらい・・・になる」が

「骨抜き化は、是々非々論で言うなら、非である事等」は

「多くの一般日本国民にも、直に分る」』。

『「其処で、

法自体の成立を潰す、政治工作」が、

「主として、行われる事になる」』。

『「過去の共謀罪潰し」も

「今回」の、

「安倍総理と無理やりにでも強い関係を持とうとしていた、問題を起こした籠池氏」や

「安倍総理と強い友人関係にある加計氏関連の事業を

無理やり問題化しようとしている

加計学園獣医学部新設{騒動}」も、

「お仲間テレビ・マスコミ等による、その大宣伝」も、

「皆、正当な是々非々論争等では、通ってしまう法整備を潰す為の

実質的、政治工作」に他ならない』。

『「今や、私人で、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)活動家の様相ですらある、

前文科事務次官の前川氏」の

「出会い系バー通い」とは、

「ある意味では、人脈を露呈させている重大事実」だ』。

『「出会い系バー等、風俗関連産業と、

●暴一部や、

所謂、左翼(同上)一部人脈等との

濃い繋がり」は

「日本の中の親朝鮮等のお仲間故」だ』。

『「事務次官時代の前川氏」は、

「ハードな仕事の息抜き」として、

「本来なら、露呈しない筈」の

「所謂、左翼(同上)系の信頼に足る者が推奨した等の店を利用していた」と

「強く、推定出来る」』。

『「ところが、ガードが甘かった前川氏の素行」は、

「所謂、左翼(同上)人脈以外の者等にも、知れる事となった」』。

『「素行内実をより深く知る、所謂、左翼(同上)側の一部の者等」が

「優秀な元官僚に、

所謂、左翼(同上)活動家への転身を強い、

弱みを握られている前川氏」は、

「それに従わざるを得なくなった」等と

「容易に推定出来る」』。

『「前川氏が、

所謂、左翼(同上)活動家として動いている限り、

お仲間テレビ・マスコミ等は、前川氏を庇い続ける情報ばかり・・・を流す」が、

「裏切るなら、本当の実態等が露呈させられてしまう」・・・。

「前川氏の、大汗、出会い系バー通い{自白}の裏」から、

「その様な、実態・実体等の存在等を、感じたりした・・・方々も多かった筈」だ』。

『「前川氏の出会い系バー通い」は

「個人レベルの自由行動等の問題では無い」。

「前川氏が、関わった、関わっている、人脈の問題」だ。

「今の前川氏の発言内容と大きな関わりを持つ、重大要素」に他ならない』。

『「いくら、お仲間テレビ・マスコミ等」が、

「個人の自由行動に過ぎ無い・・・等」と

「問題の本質を誤魔化そうとし続けていても、

その様な、誤魔化そうとしし続けている悪態自体」から、

「この問題の本質を感じ取っている人々も多い筈」だ』。

『「出所不明の個人のメモ」が

「出所が明らかになった個人のメモになったところ」で

「個人のメモは、個人のメモに過ぎ無い」』。

『「その個人のメモ」が

「もし、本当に存在し、

個人のメモなのに、

多数に共有される様な状態にされていた」なら、

「其処にこそ、意図や意志等がある事になる」』。

『「少なくとも、個人のメモ問題」が

「重要法案より優先されて良い訳は無い」』。

『「朝日等がいくら大きくしようとしても、個人のメモは個人のメモ」で

「政治工作目的かも知れず、

政治工作目的なら、

その事自体が問題にされるべき事」だから、

「先ず、その辺りの検証を先にする」のが

「本来のテレビ・マスコミ等」だ』。

『「その上」で、

「もし、政治工作だったのなら、

官僚等による政治工作問題等として、

大々的に報じれば良い」』。

『「その当たり前の検証さえ行わず、

都合の良い、政権転覆工作等の具として、

金科玉条の如く扱っている」のは、

「明らかに、正常でも、健常でも、無い」』。

『「そんな事を行い続けて来ている」のは

「政治工作等を行って来ている側の者等になる」』。

『「日本国内の政争の具では、

もはや、潰せそうも無い、

テロ等準備罪」だが、

「本日のテレ朝昼番」等では、

「{外圧}まで使う事での、

法案潰し・運用骨抜き化政治運動等を行っている様相」だった』。

『「監視社会化を大問題化する事による、

テロ等準備罪の成立潰し、

もしくは、成立後の骨抜き化の様相」だ』。

『「現実」として、

「戦後の日本」では、

「多くの一般市民まで含む日本国民」が

「北朝鮮系等の工作員・協力者等によって、

監視下に置かれ続けて来ている」。

「日本全国各地から、

拉致に適切な多数の者」を

「多数の日本国民の中から、選別出来た事実」からも、

「それは、明らか」だ。

「拉致工作時に、

監視を行わされていた

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等」が

「その後、監視工作・協力等を行わされ続けていない訳も無い」』。

『「現実」として、

「多くの一般市民も含む日本国民」が

「今も、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で動いている

日本国内に居る北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等によって、

監視し続けられている」』。

『「監視自体が直接大被害になる事は、先ず、無い」。

「大被害が出るのは、監視結果が悪用された時」だ』。

『「拉致に適切と判定された者が拉致された事」も

「大被害の実例」だ。

「前川氏の急変の裏にあると、強く推定出来る監視結果」も

「悪用例と強く推定出来、

例えば、

急変した前川氏等の発言内容等が多大な力を持ってしまった時の

日本の政治や社会等が受けてしまう悪影響等を考える」なら、

「監視結果を悪用する事の被害」が

「バカにならない事等」は

「誰もが判る」』。

『「非人道的な悪用法」として、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が不適応分子と勝手に決めた者に対する

電磁波工作・飲食物工作等々の集中高濃度化」が「在る」。

「通常工作濃度」では、

「弱体化や、本領発揮の阻害程度のレベルに収まる場合が多い

電磁波工作や、

飲食物工作等々だが、

監視結果を元に、

集中させ続け、

濃度を高め続ける」なら

「茹でカエル式に、ターゲットを殺傷する事がかなり高確率で可能になる」』。

『「筆者の様に、

気づき、

迷惑で、

面倒でも、

茹でカエルにされない為の

応分の対策を

し続けている」なら、

「電磁波工作や飲食物工作が直接及ぼす、大きな難は、避ける事が可能になる」が

「気づかず、対策無し・・・」では、

「かなり高確率で、殺傷等されてしまう事になる」』。

『「茹でカエル式不適応分子粛清工作」は、

「何十年も前から行われ続けて来ている」ので、

「工作員・協力者等の数から考えても、

日本全国では、

既に、少なくとも、数十万人~百万人以上もの人々」が

「北朝鮮系等による、茹でカエル式不適応分子粛清工作により、

本来の寿命より遥かに早く、殺傷等されてしまっている」のが

「戦後日本社会の寒過ぎる実態・実体」と

「強く推定出来る」』。

『「拉致までされているのに、

拉致工作組織・協力者等を温存させ続け、

それらの者たち等に、

非人道的な査証工作等まで行わせ続けて来ている」のが

「平和ボケが酷過ぎる、戦後日本社会の現実」だ』。

『「平和ボケ化の裏に何があったのか?」等を

「検証したり、考えたりする」なら、

「誰もが、昨今の騒動の内実等にも気づく筈」だ』。

『「平和ボケの裏にあった」のは

「上辺で、優等生ぶり、正義ぶり、紳士ぶる事等は得意な場合が多い、

平和ボケ化情報・教育」であり、

「脱平和ボケ社会整備に繋がる法整備等に対し、

徹底して、

反抗等し続けて来ている

もはや、醜悪な様相さえ露呈している、

平和ボケ化政党・政治家等」だ』。

『「そして、其処に在るのは、人脈の問題でもある」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で行われ続けて来ている

日本国内の工作活動の工作員・協力者等か?」

「否か?」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下やお友達等々」が

「平和ボケを煽り、

スパイ・工作天国状態の日本国内を望み、

北朝鮮劣悪国家指導者等側だけに日本国民を監視させ続ける事を求め、

日本国側が、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等を摘発等する為の監視に反対している」』。

『「監視自体が大被害をもたらす事は無い」。

「冤罪等を防ぐ為にも、

犯罪抑止にも、

防犯カメラ等が有効になっている事からも、

それは、明らか」だ。

「監視結果が悪用されると大被害を生み易くなる」。

「有益分子(拉致工作対象者)

不適応分子(茹でカエル式工作高濃度化対象者)」の

「選別」や

「脅し道具化」等々の

「悪用実例からも、それは明らか」だ。

「監視結果を悪用する事を徹底的に取り締まる事こそが重要になる」。

「その為には、悪どもの監視もアリ」にしなければ、

「取り締まりは困難を極める事になる」』。

『「テロ等準備罪」は

「早々に、成立させるべき」だ。

「そして、

北朝鮮系等による非人道的な工作活動やその協力等を撲滅する、

実効のある運用をする事」こそが、

「戦後の日本社会を覆い続けて来ている大きな暗雲を取り除く道に直結している」』。

|

「現状人間社会・経済システムのままなら、地球温暖化問題は既に手遅れ」が判らない、或いは、現状利権等の為に認めない、自虐的な者たち問題・・・。、

『「地球温暖化の元凶」は「言うまでも無く、現状の多くの人々の行動等の源泉である、精神構造に在る」。

「人類としてなら、乳幼レベルの精神構造に過ぎ無い、

比べっこによる、他の者・物・事支配権/被支配権争い」に

「執着し続ける事」で

「自らの精神構造の健常成長を疎かにしている者たち」による

「集団的社会合意の下で、つくり出され、実用されてしまっている、

現状の人間社会・経済システム」の

「実体」は、

「地球温暖化や、人類滅亡をもたらす、自滅装置」に他ならない』。

『「成長不全状態の精神構造を持つ、

多くの人々による、

集団的合意」が

「自滅装置として機能してしまっている、

現状の人間社会・経済システム等をつくり出し、

その実用を容認し続ける

自虐行為を容認し続けて来てしまっている」。

「その実体」は

「人類滅亡を容認している事と同じ」だ』。

『「個々の人々の精神構造を健常成長させる事抜き」に

「自滅装置の実用」も

「人類滅亡」も、

「避けられない」。

「至極、当たり前の事」だ』。

『「ところが、未だに、

成長不全状態の精神構造や、人類自滅装置は、そのまま」に、

「人類の物質文明側ダケを

更に、進歩・進化させれば、

地球温暖化が防げる等」と

「思い込みたがっている者等が

少なからず、居る」。

「この状態こそが、

今、全人類が全力で、是正すべき状態」に「他ならない」』。

『「何故なら、

この状態の是正無き場合、

近々、人類は、

地球温暖化や

急速に進歩・進化し続けている物質文明の自虐利用等により、

滅亡してしまう事になってしまうから」だ』。

『「多くの人類の精神構造を健常成長させる事」は

「決して、難しく無い」。

「それは、現状の精神構造が未熟状態の人類」でも、

「物質文明の急速な進歩・進化を

実現させ続けて来ている事が出来ている事」からも、

「少し考えるなら、

誰もが、判る事」だ』。

『「何故、

人類は、

物質文明を急速に進歩・進化させ続ける事が出来ているのか?」

「言うまでも無く、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に

実用し続けて来ているから」だ。

「更に、

それを、

現状までの人間社会・経済システム等が

過剰な程に、

追い立てて来ているから」だ』。

『「少し前までの、人類の精神文化の世界標準」は

「命がけの、武力による比べっこ支配権/被支配権争い」だった』。

『「相手{より}秀でた武力を持つ為」には

「現実として、破壊力等が大きな物質文明製品をつくり出すしか無い」。

「現実を探究する為に、実効が有る」のは、

「科学レベルの検証」だ。

「科学レベルで実証出来た物事を実用化する為に必要なモノ」も

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

実用している

製造技術等」だ』。

『「命かけの

物質文明製品比べっこによる、

殺し合い」により、

「人類の物質文明側は、

急速な進歩・進化を実現させ続けて来ていた」。

「戦争により、物質文明が進歩させられて来た」等と

「表現されたりする」のも、

「ある意味、当然」だろう』。

『「しかし、

人類の物質文明製品の急速な進歩・進化」は

「先の大戦末期には、核兵器まで、生み出してしまった」。

「もはや、

命がけの、武力による、比べっこ支配権/被支配権争い」という

「旧来の人間世界の精神文化に執着し続ける事」は

「人類滅亡に直結している事」等が

「否応無しに、多くの人々に理解されている状態になった」』。

『「そこで、

先の大戦後、

多くの人類が選択した」のが

「命がけの、武力による」の「部分」を

「命がけとは、公言しない、或いは、公然化させない、経済による」に

「替えたダケ」の

「比べっこによる支配権/被支配権争い」という

「現状人間世界の{標準}精神文化」だ』。

『「ところが、

当然の如く、

その{標準}精神文化」は、

「早々に、

その崩壊を露呈し始めている」』。

『「武力は止めました!」等と

「言ったり、宣言等したところ」で

「散々、構築し続けて来ている武力物質文明製品が無くなる訳も無い」。

「武力を経済に変えたところ」で、

「行っている事の実体」は

「比べっこによる支配権/被支配権争い」だ』。

『「比べっこ」は、

「当然の様に、不満を生む」。

「本質に根差した落ち着きを与えず、

比べっこ上の勝者・敗者等の上辺に拘らせられる事による、

不安定」が

「勝者にも、敗者にも、

与えられる」。

「不安定は、安定欲動を生じ、

安定欲動を安定欲動と自覚出来ない

精神構造が未熟な者たちの中では、

不安定も不満になる」』。

『「比べっこ不満」を

「押さえ込む為」には、

「なんらかの圧力が要る」等と

「精神構造が成長不十分な者たち」は、

「思い込み易くなる」』。

『「多くの人類の

精神構造の成長が不十分であった結果」として、

「現状の人間世界の上辺」は、

「経済比べっこを主とする為」に、

「金権が強化」され、

「経済比べっこの後ろ盾として、武力が使われる事」の

「大衆合意が成立している状態となっている」』。

『「そして、

強化された金権でも、

後ろ盾の武力でも、

押さえ切れない不満」は

「世界中の至るところで、

殺傷(自殺も含む)事件やテロ・地域戦争等の姿で、

暴発し続け来ている」』。

『「経済による比べっこの内実も、

命がけである事」は

「経済原因の死亡者数等からも、誰もが判る事」だ。

「武力によって、直接殺傷されていないダケ」で

「実質的、殺し合い状態に変わりは無い」。

「更に、

比べっこによる短絡的な結果訴求が、

地球温暖化問題までをもつくり出している」』。

『「これが、経済比べっこの実態・実体」だ』。

『「比べっこし続ける」なら、

「何れは、命がけになる」。

「比べっこ上の勝利には、

相手が亡くなる事による勝利も含まれ」、

「比べる相手がいなくなるまで、比べっこは続けられるから」だ』。

『「フェアプレーの比べっこでは、勝てない相手に対して、

情報・金銭・人等盗みや、

相手の弱体化や殺傷等の

極悪な手段を使ってでも勝利したくなる」のも、

「精神構造が未熟な人間の特徴」だ』。

『「現状の人間世界の実態・実体」は

「正に、

精神構造が未熟な人間たちによる

自虐狂乱劇状態となってしまっている」』。

『「物質文明を進歩・進化させる事で、地球温暖化問題が解決出来る???」

「経済による比べっこを行い続けている限り、絶対に、無理」だ。

「何故なら、

より地球環境にとって良い物質文明製品開発~製造争いの裏」では、

「そんな事無縁の、経済比べっこ争いが、行われ続け、

経済比べっこ争いの勝者たち」は

「その本質的、自虐性がもたらす自信の喪失を誤魔化し続ける為」に

「過剰な、大量消費自慰生活等の中で、溺れ、酔い、続けよう・・・とし、

その様な、本質的悪態を、否応無しに、見せつけられる事となる

経済比べっこの敗者たち」は

「自らが置かれている不当状態解消の為に、

時には、命がけの、反抗に身を投じ続ける事になる」からだ。

「更に、

地球環境に良い、物質文明を開発~製造等出来る者たちの数・割合」と

「そんな事無縁の経済比べっこに邁進する者たちの数・割合」を

「比べる」なら、

「地球温暖化問題」が

「物質文明側の進歩・進化ダケでは、

解決し得ない事」は、

「少し考えるなら、誰もが解る」』。

『「地球温暖化問題」などと、

「口に絹を着せた、はっきりとしない、現実逃避的な言い回しは止め」て、

「人類滅亡問題」とか、

「精神構造成長不全問題」等々の

「本質や実体との整合性が高い旗印等の下」で、

「多くの人類の精神構造を健常成長させる事による、

実効のある解決等を

目指さない限り、

人類は、近々、確実に滅亡する、

或いは、現状人間世界は、終わらざるを得なくなる」』。

『「多くの人類の精神構造を健常成長させる方法」は

「既に、明らか」だ。

「人類の物質文明が、何故、急速な進歩・進化を実現出来ているのか?」を

「思い出すなら、誰もが、直に解る事」だ』。

『「精神文化や精神構造側」でも、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」を

「本気で、大々的に、行えば良い」。

「実は、

こちら側も、

既に、命がけになっている」。

「現状の人間社会・経済システム等を実用し続ける」なら、

「近々、人類の存続可能人口等が、続々と、否応無しに、明らかになって来る」が、

「その時に、存続に値するか?否か?を決める重大な基準となる」のが、

「この精神構造の成長度合いとなるから」だ。

「精神構造の成長度合いを抜きにして、

未熟な人間たちの身勝手でしかない経済や武力等の比べっこ等」で

「存続者を決める」なら、

「人類滅亡が確定してしまうから」だ』。

『「実体としての貢献が無い、

ばかりか、

実体としては、人類にとっても自虐でしか無い、

経済・武力比べっこ上の勝者???に対して相応しいところ」は

「存続可能者リストの最下位部分~永遠の恥辱に染まる道の上」に他ならない』。

『「多くの精神構造を健常成長させる事に有益な情報・教育等さえ、十分に行えていない、

ばかりか、

実質的には、人類滅亡等を近づけてしまう事に力を加えている、

劣悪な者等」は

「早々に、自らの態度や行動・言動等を是正するべき」だ。

「過分な立場・報酬・権力等は、早々に、返上し、返上させられ、

人類にとって必要な仕事が出来る者たち」と、

「替わるべき、入れ替えさせられるべき」だ』。

『「要でも無い、テレビ・マスコミ等の者たち等」は

「人々の現実逃避や、精神構造の不成長等を煽り、

内実としては、人類滅亡を呼び寄せる事等により、

自らの下への集金・集権等を謀り続けよう等とし続けて来ている」が、

「悪魔に魂を売り渡している状態の者たちに相応しい」のは

「罪と罰」だ。

「政治家や学者・要人等が、ロクな事を出来ていない」なら、

「本質から、自虐性を解く、批判・非難等が出来て当然」なのが、

「今時の、テレビ・マスコミ人」だろう』。

『「物質文明側での自虐を抑えさせる為」にも、

「人類の精神文化側の進歩・進化」は、

「本当に急務」だ』。

|

実を取るトランプ大統領の当たり前「アメリカファースト&地球温暖化パリ協定からの脱却」・・・。

『「現状の、実体としては、人類自滅装置である、出来の悪い、経済・社会システム上」で「優等生ぶり、正義ぶっている、全然、優秀でも、正義でも、無い者たち」は

「トランプ大統領を批判・非難する事」で

「自らの愚劣行等を正当化出来る」とでも「思っているのだろう」。

「内実」としては、

「更なる、

恥の上塗りでしか無い、

愚劣な実態を露呈し続けて来ている、

現状テレビ・マスコミ界等の、

自称、優等生、エリート等」が

「正常化・健常化する」のは、

「何時の日か?」』

『「地球温暖化問題の現実」は、

「本当に、深刻」だ。

「現状の、実質、人類自滅装置である、経済・社会システム」のまま、

「中国共産党支配下の中国という、

寒い時期には、暖房も必要な、

超多人口国を巻き込む事で、

現状経済システム上での経済成長や利権増大等を謀ろう」とした

「悪魔に魂を売り渡した者たちの極悪行」により、

「実質的には、既に、手遅れ状態となってしまっている」』。

『「十数年前の試算」でも、

「地球温暖化問題の解決を前提とする」なら、

「例えば、

自動車の燃費で言えば、

全ての車の平均値で、リッター100キロ程度以上走る状態にしなければ、

中国の様な超多人口国まで含めて、自動車を使用する事は無理だった」』。

『「現状は、どうなっているのか?」

「今の、世界一の自動車生産国」は、

「何と!中国共産党支配下の中国」だ。

「もちろん、

中国製の車の平均燃費が、

リッター100キロ以上なんて事は無い」。

「日米欧等、先進諸国製の自動車の平均燃費より、かなり悪いのが現実」だ』。

『「そして、

そんな{地球温暖化促進車}が、

超多人口国である、中国内でも、かなり多く、走り回っている」。

「つくっている分のほとんど全てが、実使用される」のが

「自動車産業の実態」だから、

「それは、当然の現象」だ』。

『「更に、

中国内では、

先進諸国より、

劣悪な、ガソリン等を使用しながら・・・」だ』。

『「冬季等の、石炭使用暖房の頻用」や、

「環境対策不十分な{経済優先}工場」等々と「合わさり」、

「中国の急激な経済成長とシンクロしながら、

地球温暖化も急激に進行して来ている」のが

「現実」だ』。

『「現状の、

実質、人類自滅装置である、

経済・社会システムを是正する事無し」に

「人類の長い~永い存続は、あり得ない」。

「経済・社会システム等、

人類の精神文化側の製品をそのまま使用しながら」、

「科学技術、

つまり、人類の物質文明側を、進歩・進化させる事により、

地球温暖化問題が解決出来る」は、

「ファンタジーに過ぎ無い」』。

『「現行経済・社会システムのまま、

つまり、人類の精神文化側、精神文化製品側をそのままに、

利益を優先する」なら、

「地球温暖化の抑止より、

利益を生み出す物質文明製品等の方が、

より蔓延り易くなる」。

「当たり前の事」で

「実際に、現状は、その様になっている」』。

『「この状態を根本的に改善しない限り、

地球温暖化問題の解決も、根本的に無理」なのは、

「極めて、当然の事」だ』。

『「現状でさえ、既に、手遅れ状態」なのだから、

「今更、

人類の精神文化側を真剣に、大急ぎで、進歩・進化させる事等」を

「明言していない

実効の無い、

パリ協定」等では、

「お話しにならない」』。

『「世界中の多くの人々」が、

「実効の無い、ファンタジー等」で、

「酔えている状態」でも、

「実効の無い事を嫌う、現実主義者等」は

「酔えていない場合が多い」。

「トランプ大統領もその一人」と「強く、推定出来る」』。

『「現状の経済・社会システムのまま・・・なら、

温暖化問題は、どうしようもない」。

「それなら、現状の経済・社会システムのまま、

自国を一番優位な状態にしておこう・・・」等の

「現実的な考え」は

「現状の国家指導者等として、極めて、真っ当な考え」だ』。

『「温暖化、地球環境問題や、テロ・戦争等の問題が、深刻化して行く」のは、

「現状、社会・経済システムが生み出す必然」だが、

「問題が深刻化して行った先」で

「自国と多くの自国民をより守り易い体制を構築しようとする事」は

「現状の国家指導者として、実に、真っ当な事」だ』。

『「ファンタジーで酔っ払って、

実の無い、正義や、優秀さ等に、現実逃避し、

その様な状態を正当化する為」に

「悪戯に、超有名人であるトランプ大統領の実を取る行動等を批判・非難等している、

愚劣な者たち」より、

「遥かに、マシな、今の国家指導者としての選択」が

「其処に在る」』。

『「天動説側

(実際は、実体把握が疎かな愚劣な者たちなのに、

優等生ぶり、

正義ぶっている、

テレビ・マスコミ等)」と

「地動説側

(実を取る、取れている、トランプ大統領等)」の

「差」が

「露呈している」』。

『「はっきりしている事」は

「現状のままの経済・社会システム」は

「近々、

終わる、

終わらせられる、

事」だ。

「何故なら、現状のまま・・・」なら

「世界各地」で、

「地震・火山の噴火・大雨・洪水・異常な寒波・異常な熱波等々、

地球温暖化故の現象が、

頻発し易くなる」と

「共」に、

「殺傷事件・テロ・戦争等々、

現状人間社会・経済システム故の現象が、

人類の物質文明の急速な進歩・進化故に、

より深刻化して行く事になるから」だ』。

『「この問題の解決法」は

「人類の精神文化側の進歩・進化」を

「常に、

人類の物質文明側の進歩・進化より前に

持って来続ける方法」しか

「在り得ない」』。

『「それなのに、

天動説側の、

実質的、愚劣者たち」は

「未だに、ファンタジーで酔っている」のだから、

「本当に、呆れる」』。

『「現状で、合理的な方法」は、

「先ず、自国ファースト」で

「言語・文化等が同様の集団ごとにまとまる」。

「次に、それぞれの集団が、共通理解し易い方法で、

その集団に属している人々の精神文化を

出来るだけ早く、

確実に、

健常進歩・正常進化させる」。

「その後、

人類世界全体の精神文化を

出来るだけ高い位置の、

健常進歩・正常進化した状態ですり合わせ、

実用する事」になる』。

『「トランプ大統領の米国ファースト」は

「その入り口部分を実現させようとしている事になる」』。

『「テレビ・マスコミ等」は、

「トランプ批判・非難等をしている暇がある」なら

「言語・文化等が同様の集団内」で

「出来るだけ早く、確実に、

その集団に属している人々の精神文化を、

健常進歩・正常進化させる為に、

有益な情報配信等を行うべき」だ。

「所謂、文系の大学教授等や政治家等」なら、

「より性能の高い

(つまり、科学レベルで判明している実体や事実・現実等との整合性が高い)

精神文化製品である

社会・経済システム等の

提案・製造・実用化等」を

「行うべき」だ』。

『「現状の人類」は、

「もはや、

天動説レベルのファンタジー等で

自慰等している事が、

容認される状態では断じて無い」。

「立場・報酬・権力等々を持ちながら、

愚劣な仕事???しか出来ていない者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「自分の実体に叛き続けている、悪魔に魂を売り渡した、愚劣者たち」には、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる罰が待っている」』。

|

天皇陛下の退位特例法案が成立する様だが・・・。

『「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)野党等の要望」により、「女系天皇を認める事等を検討する旨」を「付け足された成立となる様」だ。

「ここで、多くの日本国民が考えるべき」は

「日本国・日本国民にとっての、天皇制とは?」になる。

「現実としては、

旧来の男性血統に基づいた天皇制」の

「実体」は、

「男性血統維持~保存では無い」。

「人類の世代交代は個の保存では無く、種の保存」であり、

「血統相続実体としては、むしろ、女系」なのが、

「人類の実態」だ。

「古くから、

日本の皇族以外からも、

天皇の妻や側室を取っていた、

天皇家の血統自体」には、

「本質的、正当性は、ずっと前から、既に無い」。

「それでも、丸ごと一人の死生観・人生観が旺盛」で

「男性、特に、長男優遇精神文化が旺盛だった頃まで」は、

「内実の無い男性血統の幻想上」で

「大衆の思いを一つにする事も可能だった」。

「しかし、その様な時代の精神文化」は

「もはや、今時、通用する訳も無い」』。

『「血統を抜きにする」と

「環境面で、天皇になる環境下に、偶々、産まれた、主として男子等」に

「古の時代から続く、日本国の同一性を保つ為の象徴的な役割を担わせてきた」のが

「天皇制の実体」になる。

「其処に露呈している実体」は

「古から一つである、国家・国民、統合の象徴の為」の

「伝統文化制度」だ』。

『「天皇制を、

実体通り、

伝統文化制度として続ける」なら

「旧来通りの、

男性血統オンリーが、

正当になる」。

「それ以外の制度を選択をする場合」は

「旧来からの伝統文化制度の大改革を行う事になる」』。

『「色々な者・物・事等の本質」が、

「続々と、科学レベルで判明して来ている、今時」、

「全ての、或いは、ほとんど全ての、日本国民の合意が得られる

新たな制度の構築」は

「かなり、困難な事になる」』。

『「短絡的に、男女同権等を振りかざして、

女系天皇も認めるべき論等を言いだす事は、容易」だが、

「天皇制の本質」は、

「血統には無い」のだから、

「血統論の一つである男系・女系論を持ち出しても、

虚しい、騒動等が起きるダケ」だ』。

『「旧来からの伝統文化制度を維持し続ける」なら

「旧宮家等を復活させる」等の

「手当て」等をしなければ、

「何れ、無理になる」。

「旧宮家を復活させる事」と

「産まれながらの環境格差等の是正等の

人間世界正常化・健常化の流れ」は

「相反する事になる」から、

「こちらも、虚しい騒動が起きるダケ」になる』。

『「大局的な本質論で言う」なら

「天皇制の前には、国論や、人間世界論が無ければならない」。

「人類誰もの実体」が、

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら、存続している、

約60兆の地球生命体細胞群の一塊である事」等が

「科学レベルで判明している今時」、

「国や人間社会・経済システム等の人類の精神文化製品」と

「多くの人類の精神構造の成長度合いの関係性」等も

「多くの人々が理解・把握し始めている今時」、

「人類誰もの実体や、その実体の本来の目的から、整合性を取って、

新たな、より性能の良い、人類の精神文化製品としての

国や人間社会・経済システム等を考え出し、構築して行く事」は

「決して、不可能な事では無い」』。

『「その様な、大局的な健常進歩・健常進化上」に

「一体、どの様な、国や、人間社会・経済システム等が生まれるのか?」等を

「考えた上」で

「其処に至る途中の道の上での天皇制」を

「考える」なら、

「虚しい騒動を起こしている暇がある」なら

「より性能の良い、精神文化製品としての、国や、人間社会・経済システム等を造り出し、実用する事に、

力を注ぐべきである事」等は、

「少し考えるなら、誰もが分る」』。

『「現行の性能の悪い、精神文化製品である、国や人間社会・経済システムをこのまま、

後、数十年も使う」なら、

「かなりの高確率で、人類滅亡の日がやって来てしまう事になる」。

「現行のままの天皇制度でも、後、数十年程度は、維持可能」だろう。

「人類滅亡の前」に

「新たな、人類滅亡をもたらさない、性能の良い、精神文化製品である、

国や人間社会経済システム等への乗り換え~実用」が

「強く、求められている」のが

「今時の人類の現実」だ』。

『「国統合の象徴等」は「国への依存度が高い精神状態故に必要なモノ」だ。

「それは、金への依存度が高い精神状態」が

「大金持ち等の金に頼れる実存象徴等を必要としているのと同じ事」だ。

「依存の裏に在る」のは

「自己健常支配の継続の不十分さに他ならない」』。

『「自己健常支配欲等の代償欲求」として、

「過剰な、他の者・物・事支配欲/他の者物事による被支配欲等が生じる」。

「国や、金等に、大きな価値や力を持たせて、狭義の自分を支配させる事」は

「国や、金等で、他の者・物・事を支配し易くする事にも繋がっている」』。

『「自己健常支配の継続度合いが上がって来る」と

「過剰な、

他の者・物・事支配欲や、

他の者・物・事による被支配欲等」は

「生じ辛くなる」。

「全人類が、十分に、自己健常支配を継続出来ている人間世界」なら、

「国や金等々に大権を与える必要が無くなる」。

「国境線を低くしても、安全になり、

経済格差も必要無くなる」』。

『「現状」では、

「タダでさえ、性能の悪い、精神文化製品である、現行の経済・社会システム上」で

「内実として、経済格差拡大の為に、国境線を低くする事を欲している人々が、

過剰な大権や実権等を保持し、

それを、多くの国・金・有名人等々に依存している状態の者等が、支持している」から、

「深刻なトラブルが起きない訳も無い」』。

『「天皇制を、現状維持出来る範囲で、十分にする為」にも、

「人類滅亡を避ける為」にも、

「多くの人類の精神文化の健常進歩・健常進化」は

「急務」だ』。

『「情報・教育等が健常」なら、

「多くの人類の精神文化の健常進歩・健常進化」も

「順調に行われていて当然」だが、

「現状の情報・教育等の多く」は

「本当に、酷い」。

「是正が、急務」だ』。

|

「歪められているのは、行政か?報道か?」実質的、大衆誘導等により、民主党政権を成立させた者たちによる、テロ等準備罪潰しの為の加計問題報道・・・。

『「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、もしくは、お友達等にとって、テロ等準備罪の成立」は「本当に、困る事」なのだろう。

「何しろ、

一学校法人獣医学部新設問題に過ぎ無い、加計学園問題」を

「政争の具化して使う事等」により、

「重要法案である、テロ等準備罪の参院審議等より、優先させようとしているのだから!」』

『「正常な政治」なら

「優先されるべき、優先するべき」は

「重要法案の審議」だ。

「一学校法人獣医学部新設問題に過ぎ無い、加計学園問題」は

「その後で・・・が、当然になる」』。

『「それなのに、

民主党政権を、

実質的、大衆誘導で成立させた事に、

大いに力を発揮したテレビ・マスコミ等」や

「民主党からの流れを大きく含む、民進党等、一部野党等」は

「何としても、加計学園問題の方を優先させようと、

懸命に、足掻いている」。

「何故か?」

「テロ等準備罪が成立する」と

「本当に、困るのだろう・・・」等と

「強く、推定出来る」』。

『「民主党~民進党への流れもかなり多い、

旧社会党」とは、

「北朝鮮労働党との友党関係を持っていた、北朝鮮のお友達」だ。

「だから、実際」に、

「拉致問題で、

拉致被害者が、

旧社会党」に、

「拉致被害者の解放等の為に力を貸して欲しい旨等、{お願い}しに行った時」にも、

「何と!朝鮮総連に、その旨を{報告}に行ったくらい・・・」だ』。

『「日本<北朝鮮のスタンス」は

「とても、日本の国政政党とは思えない」』。

『「言うまでも無く、拉致被害者が出ているという事」は

「日本国内で拉致工作が行われた事」だ。

「日本全国各地から、多数の拉致被害者が出ている事」は

「日本全国各地で、数多くの拉致工作が行われた事に他ならない」』。

『「拉致工作には入念な準備が要る」。

「その時点で、摘発し、工作員等を逮捕出来ていた」なら、

「拉致被害者は生まれていない、

もしくは、

当初の、極僅かの人数で、食い止められていた筈」だ。

「ところが、

事前摘発を可能とする法や体制を持っていない戦後の日本社会故」に、

「日本全国各地から、多数の拉致被害者が生まれてしまった」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下として、

日本国内の拉致工作に手を染めた者たち」が

「その後、

日本国内で、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を

行わせられない訳も無い」。

「だから、実際に、

戦後の日本社会は、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等により、

大いに汚染され続けて来ている」。

「具体的には、日本社会全体を、薄い毒で覆う様な、

飲食物工作や、

電磁波工作や

侵入工作や

自虐情報・教育工作等々」や

「侵入工作や工作電磁波等を利用した、盗聴・盗撮・スパイ工作等々」が

「其れこそ、スパイ・工作活動天国状態の下」で

「行われ続けて来ている」』。

『「発ガン率等が高い裏」にも、

「事故・自殺・自殺とされている殺人・いじめ等の裏」にも、

「北朝鮮の核やミサイル開発の裏」にも、

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来てしまっている、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等が在る」』。

『「戦後日本社会の実態・実体」が、

「ちゃんと、現実通りに、

報道等で大衆周知されているなら、

事前摘発を可能とする法・体制の整備」は、

「とっくの昔に実現していて然るべき事」だ』。

『「ところが、戦後日本の多くのテレビ・マスコミ等」は

「日本国内で行われ続けて来てしまっている

非人道的なスパイ・工作活動等について」、

「実質的に、黙殺して来ている」。

「何故か?」

「ちゃんと告発等する」なら

「自分たちが逮捕等されてしまうからじゃないの・・・」等と

「感じている方々も多い筈」だ』。

『「その辺りの実状」から、

「何としても、テロ等準備罪等の成立を阻止し続けたい報道関係者や政党等」という

「普通では、在り得ない実態」が

「露呈している」と

「強く、推定出来る」』。

『「加計学園獣医学部新設問題」は

「安倍総理と加計氏が友人関係にある事」から

「政争の具と出来るなら、

政権転覆工作が可能になり、

テロ等準備罪の成立阻止に使える」という

「理由」で

「無理やりつくり出されている」のが

「現実」と「強く推定出来る」』。

『「政争の具とする為」に

「北朝鮮工作員等まで関わっている可能性大のスパイ行為等により

盗み出した

文科省内の文書等」を、

「くまなく当たった」が、

「公文書には、使えるモノが無かった」。

「個人のメモの中に、使えそうなメモが在った」ので、

「若干の加工をして、朝日新聞一面で大々的にリークする事」で

「大騒動化を図っている」のが

「実態・実体」と

「強く推定出来る」。

「それだけでは、

元の問題が、所詮は、一学校法人獣医学部新設問題であり、

元の道具が、個人のメモに過ぎ無い」ので、

「せっかくの大騒動化の炎」も、

「直に、小さくなり、消えてしまう事になる」。

「其処で、退職した、出会い系バー通いで、既に、弱みを抑えている、前次官を利用している」のが

「実態・実体」と

「強く推定出来る」』。

『「在職中は、優等生次官だった前川氏」の

「今」は

「まるで、左翼(内実、親朝鮮等)の活動家」だが、

「その裏に在る」のが

「出会い系バー通いで押さえられている弱み」と

「強く推定出来る」』。

『「この様な実態・実体は、少し考えるなら、誰もが、分る事」なのに、

「出会い系バー通い」を、

「個人の問題として、

要素から外させた上」で、

「加計学園問題を考えさせようとさせる情報を発信している者たちの裏」にも、

「押さえられている弱みが在る」と

「強く推定出来る」』。

『「はっきりしている事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に、弱みを押さえられている者たち」に

「日本国内で、過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、

ロクな事は何も無い事」だ。

「加計学園獣医学部新設問題」と

「テロ等準備罪の参院審議~議決」では、

「テロ等準備罪の参院審議~議決が優先される」のが

「当たり前である事」だ』。

『「当たり前の事態を、

ちゃぶ台返し等しようとしている者たちからは、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」・・・』。

|

「北朝鮮極悪非道国家指導者等との融和」等を言う異常な方々問題・・・。

『「極悪非道では無い、むしろ、圧政被害者や、マインドコントロール被害者等である多くの北朝鮮国民等との融和を言う」なら「話しは解る」が

「北朝鮮極悪非道国家指導者等との融和」を「言う」のは、

「明らかに異常」だ。

「そして、もちろん、異常の裏」には、

「相応の訳が在る」』。

『「韓国国民等の異常の裏に在る」のは、

「原罪」と

「人民困窮化」だ。

「反日無罪がまかり通る裏」に「在る事」と

「同じ事」だ』。

『「ある程度以上、困窮状態に追い込められる」と

「人の中」では

「こんなに困窮させられる自分は特別な存在に違い無い!」等の

「感や意識等を持つ」、

「精神心理的、防衛反応」が

「生じ易くなる」』。

『「その様な状態に陥ってしまっている方々にとって」は

「例えば、

民族とか、国籍とか、

自分が持っている分り易い基本要素」は

「頼り易い、便利な道具」だ』。

『「其処」に、

「悪いのは、あいつ!等の旨」の

「情報・教育等が加えられる」と

「例えば、

反日無罪!等」の「思い等」を

「簡単に、生じさせる事が出来る」』。

『「この心理操作」で

「メリットを受ける」のは、

「多くの人々が、思っている悪者の座」を

「例えば、日本等に向けさせる事により、

自らの悪から目を背けさせる必要が有る者たち」になる』。

『「歴史上の現実」として、

「日韓併合時には、多くの日本人が、朝鮮半島に渡り、

時には、私財までつぎ込みながら、

朝鮮半島内の近代化整備等を頑張った」。

「もちろん、当時の日本人は、

武器等を持って、脅し、略奪等する為に、朝鮮半島に渡ったのでは無い」。

「日韓併合という二国を一国化する国家契約に基づいて、

当初は、荒れ放題だった朝鮮半島内を、

先ずは、当時の日本国内並みに、近代化整備等する為」に、

「金や技術や仕事を持って渡った」のが

「現実」だ』。

『「史実」として、

「日韓併合以降、朝鮮半島内の近代化整備」は、

「急速に進んだ」。

「朝鮮半島内の衛生・教育・経済・文化等の水準」は

「飛躍的に上がった」。

「その結果、朝鮮人人口も、急激に、増大した」』。

『「当初は、余りにも、差があり過ぎた為、

別々状態だった

当時の朝鮮半島内の、

多くの朝鮮人と日本人」も

「朝鮮半島内の近代化整備が進むにつれて、

どんどん近づいていた」。

「戦争前時頃には、

朝鮮人に

企業の中枢である経理等を任せていた日本企業も在る状態にまで、

友好関係は、向上していた」』。

『「その様な日本人朝鮮人友好関係向上の流れの中」で

「反政府武装勢力だった3・1抗日等の者たち」が

「多くの朝鮮人や朝鮮半島内の日本人から、

どの様に思われ、どの様に、扱われていたのか?」は

「言うまでも無い事」だろう』。

『「近代化整備や日本人朝鮮人友好関係等の向上の邪魔をする

迷惑でしか無い、

反政府武装勢力」は

「少数集団にしかならず」、

「早々に、山奥に追いやられ、

実害が極めて低い状態に押さえられていた」のが

「歴史上の現実」だ』。

『「ところが、戦争と日本の敗戦に付け込んだ悪者たち」により、

「朝鮮半島内の状態」は、

「急変させられた」』。

『「日本の敗戦時」には、

「朝鮮半島内の日本人の立場・財産・資産等を

朝鮮人が略奪等する事」は、

「容易」だった。

「善意のある人間なら、出来る筈の無い、敗戦火事場泥棒行為等」だが

「悪意のある者たちにとっては、大きなチャンス以外の何モノでも無かった」のだろう。

「米国要人を植民地支配詐欺で騙す工作まで用いながら、

朝鮮半島内や日本本土内で、敗戦火事場泥棒等に手を染めた」のが

「当時の悪意のある朝鮮人たちの実態」だ』。

『「この原罪を正当化する為の工作」が

「朝鮮半島内の反日情報・教育等」と「日本国内の自虐史情報・教育等」や、

「朝鮮半島内の人民困窮化支配」と「日本国内の大量の朝鮮人残留~仮面帰化等による日本社会要所押さえ」だ』。

『「悪意の下の情報・教育」は

「ネット普及前までは、実質的、情報統制状態だったので横行出来ていた」が

「今は、当然の如く、衰退~消滅方向に向かっている」』。

『「朝鮮半島内の人民困窮化支配状態」と

「日本国内の内実、悪朝鮮人人脈問題」は

「未だ、健在状態」だが

「その実体は、既に、バレている」ので、

「今後は、どんどん衰退~消滅方向に向かう事になる」』。

『「ある意味では、

悪朝鮮人人脈の最後の足掻き的様相を露呈している」のが、

「現状の北朝鮮問題」だ』。

『「悪朝鮮人人脈側の悪足掻き反抗手段の一つ」が

「北朝鮮との融和、宣伝」に他ならない』。

『「北朝鮮との融和」を

「言われる」と

「多くの韓国国民」は

「先ず、民族融和を想起させられてしまっている筈」だ。

「しかし、北朝鮮との融和の実体」は

「先ずは、北朝鮮の劣悪現状国家指導者等との融和」に「他ならない」』。

『「とりあえずの融和太陽政策等を実現させてしまう」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

{使える}核ミサイル等を保有し、

主として、日韓等、他国内での工作活動をより増強・増大・進化等させる事」が

「実現し易くなってしまう」』。

『「そんな事を実現させてしまえば、

北朝鮮劣悪国家指導者問題」が、

「益々、深刻になるダケ」だ』。

『「多くの北朝鮮国民が受け続けて来ている圧政やマインドコントロール等は、

そのまま、或いは、より強化され、

主として、日韓内等、北朝鮮劣悪国家指導者の指令・命令の下の、他国内工作活動等」は

「より増強・増大・進化させられてしまう」・・・。

「現状まででさえ、

拉致や、

飲食物工作や、

侵入工作や、

電磁波工作や、

医療工作や、

政財界工作や、

情報教育工作等々により、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子の粛清や、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子の育成等が、

かなり、大規模に行われてしまっている」のに、

「そんなモノを強化・増大・深化等させる事を許してしまう」なら、

「{使える}核ミサイル等の脅しの下で、

日韓が、北朝鮮劣悪国家指導者等の支配下に置かれてしまう事態」が

「実現させられてしまっても、何の不思議も無い事になってしまう」・・・』。

『「善良市民なら、

絶対に、

北朝鮮劣悪国家指導者等との融和等」の

「異常」を

「認めてはいけない」』。

『「今こそ、北朝鮮劣悪国家指導者問題の実のある解決手段」を

「実行するべき」だ』。

『「一番、犠牲が少なくなる手段」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に、自首させる事」だ。

「その為」には、

「自首窓口を与えながら、

徹底的に圧力を高める事等」が

「実効を持つ事になる」。

「つまり、今、必要なのは、融和宣言等では無い」。

「自首窓口の明確化と、更なる、圧力」だ』。

『「次に、犠牲が少なくて済む」のは、

「斬首作戦」だ。

「大韓航空機爆破や、

他国内で、

化学兵器VXまで使用して、

国家指導者の実の兄までをも、

暗殺したテロを

既に、行ってしまった、

北朝鮮劣悪国家指導者等」には、

「斬首作戦で殺される十二分な資格が有る」。

「遠慮したり、ためらったり、する方が異常なくらい」だ』。

『「自首も斬首作戦も時間がかかり過ぎる様」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

{使える}核ミサイル等を持つ前」に

「アッと言う間に終わる、北朝鮮解放戦争を行う事」が

「適切になる」』。

『「現状なら、米韓日等の連合軍と北朝鮮軍には、圧倒的な差がある」から

「一たび実戦争となれば、

アッと言う間に北朝鮮の敗戦で決着する」。

「作戦次第では、日本はもちろん、韓国内の犠牲も、ほとんど出ない事になる」。

「北朝鮮内と北朝鮮の主として軍人」には

「かなりの犠牲が出てしまう事になってしまう」が

「それは、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で、

主として、日韓内で、行わせ続けて来ている

工作活動による日韓の善良市民の犠牲より、

遥かに少ない数になる」。

「万一、

北朝鮮劣悪国家指導者等に、

{使える}核ミサイルを保有させてしまったなら、

その後に、生じてしまう事になる」、

日韓の善良市民の犠牲が、計り知れない事」を

「考えても、

自首も、斬首作戦も、

実効が無い場合、

北朝鮮解放戦争を行わない選択は、あり得ない」』。

『「困窮状態に追いやられている人々」は

「民族や国や金や権力等を頼りがちになり易い」が

「人間が人間として、根本的に頼れる」のは、

「実体や事実・現実」だ。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける為には、

悪い事を行わない事が肝要になる」。

「血統や民族や国や金や権力等に現実逃避せず、

劣悪を嫌い、

善良を好む判断の下、

実体や事実・現実の上を

健常に歩み続ける事」が

「今、全人類に、強く求められている」』。

|

「従北大統領を選択」で「北朝鮮解放戦争開戦へのお墨付きを出す」のか?韓国有権者・・・。

『「少し考えるなら、誰もが分る事」だが「従北大統領を韓国が選択する事=韓国が北朝鮮劣悪国家指導者の手下状態に置かれる事」だ。

「人権上、

北朝鮮解放戦争等での犠牲者」は、

「最小限に押さえられるべき」だが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」なら

「戦争犠牲も仕方の無い事になる」』。

『「韓国が北朝鮮劣悪国家指導者の手下大統領を選択する」なら、

「国際社会が、

北朝鮮解放戦争を始めるハードルは、

かなり低くなる」。

「韓国民の犠牲」が、

「仕方の無い事になるから」だ』。

『「韓国では、

北朝鮮劣悪国家指導者問題に対する危機感や嫌悪感等が余り無い」というが、

「その現象」は

「言うまでも無く、

韓国内に居る、

多数の、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たちによる

情報・教育工作活動等故」だ』。

『「少し考えるなら、誰もが分る事」だが、

「大韓航空機爆破」や

「韓国内砲撃」や

「他国内化学兵器VX使用暗殺テロ」等々、

「極悪非道の限りを尽くして来ている

国連決議も守らない、

国際社会の意向も無視し続けて来ている、

北朝鮮劣悪国家指導者等との対話等」は

「成り立つ訳も無い」』。

『「実際」に、

「過去の対話の実効」は

「極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮」に、

「核・ミサイル等の開発」や、

「他国内での工作活動の増強・増大等」の

「時間を与えたダケになっている」』。

『「北朝鮮は、

核実権を繰り返し、

北朝鮮のミサイル開発は進行し、

北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下による

韓国内も含む、他国内での工作活動等は、

より増強・増大されて来ている」』。

『「もちろん、こんな状態」を、

「国際社会が放置し続ける訳も無い」から、

「実際」に、

「今や、

中国共産党さえもが、

北朝鮮に実効のある圧力をかけている」』。

『「この時期」に、

「北朝鮮との対話路線を打ち出し、

北朝鮮劣悪国家指導者等に更なる時間を与える」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先以外の何モノでも無い」』。

『「韓国マスコミ等」は、

「本当のマスコミ等なら、

従北大統領候補等に対する、

北朝鮮人脈等からの

資金・利便・利権・異性等々提供等を

徹底的に洗い、

出て来た者・物・事は、

大々的に公開するべき」だ』。

『「朴が悪い事」と

「手下マスコミ等をかかえた

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下大統領候補等が良い事」は

「断じて、同じでは無い」』。

『「現状で、はっきりしている事」は

「今、北朝鮮劣悪国家指導者等に、更なる時間を与えようとする者等」は

「悪者以外の何モノでも無い事」だ』。

『「極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮」に

「{使える}核ミサイル等を保持させ、

他国内での工作活動等をやりたい放題状態にする事」を

「実質的に、援助する者等」は

「悪者以外の何者でも無い」』。

『「多くの韓国国民が、

自ら、

北朝鮮劣悪国家指導者の手下に成り下がりたい」のなら、

「遠慮なく、従北大統領候補に投票するべき」だが、

「それは、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下として、

戦争犠牲者になってしまっても、仕方の無い者としての印」を

「韓国国民が自分で自分の額に押す事でもある」』。

『「上記の様な情報」が

「韓国国内のマスコミ等で言われていない」なら

「韓国国内のマスコミ等の北朝鮮劣悪国家指導者の手下度」は

「かなり高い事になる」。

「そんなモノに操られて、自虐的な投票行動等を起こしてしまう者たち」とは、

「実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等の操り人形」だ』。

『「操り人形が究極の状態となれば、

北朝鮮国民の様に、

選挙には、必ず行くが、

投票先は、

北朝鮮劣悪国家指導者の、

実質的、指示・指定等通り・・・等とされる」。

「其処には、個人の自由も、意思・意志さえも無い」。

「そんな操り人形」を

「生かすも殺すも、

北朝鮮劣悪国家指導者等の勝手」だ』。

『「そんな状態に追いやられる事等」を

「韓国国民が望んでいない」のなら、

「従北大統領への投票」だけは、

「絶対に避けるべき」だ』。

『「それでも、投票する」なら

「戦争で殺してください!流」の

「あり得ない解放を望む程、

心身が痛めつけられている事になる」』。

『「朝鮮半島の民の苦悩の元は、何処にあるのか?」は、

「もはや、言うまでも無い事」だ。

「天に唾し続ける」なら

「本来、産まれていない者たちが、何れ、消滅する」のは、

「ある意味、必然になる」』。

|

フランス大統領選問題・・・。

『「フランス大統領選」での「対立ポイント」は「金権強化と国権・国民権強化」に他ならない。

「現状の社会・経済システム上」では、

「国境線を低くする事=金権強化」になり

「国境線を高くする事=国権・国民権を強化する事による金権の相対的弱化」になる』。

『「そのどちらに、正当性が有るのか?」』

『「事態は、はっきりしている」。

「国同士の対立~国同士の戦争を避けよう」として、

「現状のまでの社会・経済システムのまま、

国境線を低くした」ら、

「相対的に、金権が強化された」。

「金権強化故に、格差が増大」し、

「社会に不満が渦巻き、テロ等が頻発する様になってしまっている」のが

「現状」だ』。

『「何処に根本的な間違いがあったのか?」は

「少し考えるなら、誰もが分る」。

「現状の社会・経済システムのまま、国境線を低くした事」が

「間違い」に他ならない』。

『「国境線を低くする」なら、

「その前」に、

「社会・経済システム」の

「実体や現実との整合性」を、

「もっと、もっと、高めておく必要がある」』。

『「人類誰もの自分の実体」や「その実体の本来の目的」との

「整合性を高くした、

性能のより高い、精神文化製品である

社会・経済システム」に

「進歩・進化させておく必要がある」』。

『「それが、出来ていない内」は

「国境線を相応に高く保ったまま、

国同士の戦争等を避ける道」こそが、

「ベターチョイス」になる』。

『「現状の社会・経済システム」の「実体」は

「現状の社会経済システムに基づいた、{金権}システム」だ。

「金権システム上」では、

「多大な金権を得た者たちが、

更なる金権の強化・増大等を求め易くなる」。

「その為に、合理的になる手段」は

「他の権力を弱める事になる」』。

『「現状の社会・経済システム等」とは

「多くの人類が未だに執着している、

他の者・物・事との比べっこによる支配権/被支配権争い」という

「乳幼レベルの精神構造上」で

「つくり出されている」

「相対的システム」だ。

「比べっこでは、比べる相手より上か?下か?」が

「力を持てる」』。

『「もちろん、持てた力の上に、正解があるとは、限らない」が』。

『「国境線を低くする事」や

「規制緩和等する事」等々により、

「相対的に金権が強化・増大されて来ている」のが

「昨今の社会・経済システムの実状」だ』。

『「金権を強化・増大する」と

「その分だけ、人権も弱化される」のが

「相対的システムの正体」だ。

「金権の下で奴隷化されている多くの庶民の実体」は

「少し考えるなら、誰もが分る」』。

『「金権下奴隷状態から抜け出したい欲動」は、

「多くの人間の中で、必然的に、生まれる」。

「問題は、生まれ出て来ている解決法」だ』。

『「多くの人間の短絡的解決法」は、

「自分ダケが大金持ちになれれば良い」等だ。

「経済的苦境状態から、

直にでも抜け出す為に、

経済的苦境状態が薄いと{思える}場所に

移民・移動等する人々の中」にも、

「この短絡的解決法が、宿っている場合が多い」』。

『「一見、短絡解決法派では無い様に思える上辺を持っている人々」でも、

「その内実」は

「短絡的解決法の信者等である場合も多い」。

「例えば、

産まれ・学歴・人気・集金技術・増金技術等々の

上辺の要素を免罪符」に

「その下で、自分ダケを大金持ちにする事を是としている人々」だ』。

『「現状の社会・経済システム上では、大金持ちの親の下に産まれる事」は

「高額宝くじの大当たり等に、産まれながらに当選している様なモノ」だ。

「逆に、経済的苦境状態にある親の下に産まれる事」は

「大いなるハンディ等を、産まれながらに保持させられている事に他ならない」』。

『「この非人道的な差別」を

「多くの人間に容認せしめ続ける為」には、

「相対的金権システムによる金権縛り」や

「現実逃避マインドコントロール」等が

「有効」になる』。

『「劣悪な精神文化製品に他ならない

現状の社会・経済システムや、

それを維持せしめる為の

劣悪な、所謂、文系の、情報・教育等」による

「マインドコントロール犠牲者」は

「数多い」』。

『「現状の人類世界」は

「実体としては、カルト宗教団体の様なモノ」だから、

「世界中至るところで、

殺傷事件は枚挙に暇が無く、

テロや戦争等々も無くなる気配さえ無い」』。

『「劣悪な社会・経済システムを続ける為には、

誤魔化す為の劣悪な手段の実用も必然」だ。

「国境線が高かった時代の

植民地支配比べっこや、

国レベルの戦争等」が

「其れに当たる」』。

『「相対的金権」を、

「ある意味では、オールリセット的に崩壊~再構築等させる手段」が

「国レベルの戦争」だった』。

『「しかし、現状の人類には、国レベルの戦争は行えない」。

「何故なら、

進歩・進化が非常に疎かな精神文化側とは全く違い、

人類の物質文明側は、

急速な進歩・進化を実現し続けて来ている」ばかりか、

「核兵器等の大量破壊兵器までもが、世界中至るところに、既に、在る状態だから」だ』。

『「現状の先進国同士等が、

本気で、国レベルの戦争を行う」なら

「人類は、アッと言う間に滅亡する」』。

『「もはや、今の人類が行うべき一大事業」は

「誰の中でも、明らか」だろう。

「余りにも、進歩・進化が疎かな、人類の精神文化側」を

「物質文明側以上に、急速に、進歩・進化させる事」だ』。

『「精神文化側を急速に進歩・進化させる方法」は、

「既に、判っている」。

「物質文明側の急速な進歩・進化」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」により

「実現されている」。

「精神文化側でも、同じ事をやれば良いダケ」だ』。

『「例えば、人類も含むほとんど全ての生物の誕生・死」は

「細胞レベルの現象である事等」は

「既に、科学レベルで判明している」。

「それを、意識的かつ積極的に実用する」なら

「多くの人々の死生観や人生観の現実との整合性を

飛躍的に高める事等が可能になる」。

「死生観や人生観の現実との整合性がより高い状態の人々による判断の自虐性」は

「現実離れが激しい、丸ごと一人の死生観や人生観等を保持し続けている人々による判断の自虐性」より

「弱くなる」。

「丸ごと一人の死生観・人生観上」なら

「例えば、丸ごと一人自分ダケが大金持ちや大権持ち等に成る事=人生の成功等」だが、

「細胞レベルの死生観・人生観上」なら

「地球生命体細胞群の本来の目的であるその存続~永続への貢献等が出来ていてこそ

人生の成功等」になる』。

『「現況」では

「国レベルでの戦争に対する抑止効果」は

「急速な進歩・進化を実現し続けて来ている人類の物質文明」が

「ある程度、もたらせている」。

「現況なら、国レベルでの戦争が起きてしまう事等」を

「過剰に恐れる必要は無い」。

「むしろ、恐れるべき」は

「時代遅れの死生観・人生観に基づいた成功像に誘われた人々がもたらす、

主として、格差増大等故の

不満等の爆発・暴発等」だ』。

『「似非人権主義者たち」は

「現行の社会・経済システムを維持してるが故に世界中で生じている、

産まれながらの絶大なる格差という非人道的な大問題」を

「放置・容認したまま、移動の自由等を訴える」。

「丸ごと一人自分ダケが、苦境から抜け出せれば良い等と考え・思う人々」は

「容易に、移動の自由に縋り付く」が、

「移動先で待っている」のは、

「都合の良い、金権奴隷状態」だ。

「其処に不満が生じ無い訳も無い」』。

『「その裏で、金権奴隷を都合良く使う者たち」は

「その者たちが持つ金権を更に、増強・増大出来易くなる」。

「自分ダケが、大金・大権を持てれば成功」という

「本質的には、自虐的な成功観の中で、

現実を直視しない為に、

大量消費自慰生活等に身を委ねさせ続けようとする

その醜悪で劣悪な実態・実体」は

「必然的に、他の多くの人々の中に、不満等を生じさせ、

殺傷事件やテロ等を暴発させる重大因子となっている」』。

『「現状の人間世界」なら

「とりあえずは、国権・国民権を高める方がマシ」になる。

「そして、国同士の戦争が抑制されている内」に

「殺傷事件やテロ等に使われてしまう物質文明製品が

余りにも、進歩・進化してしまう前」に、

「全人類の精神文化を正常進歩・正常進化させる

一大事業」を

「意識的かつ積極的に行わなければならない」』。

『「米国の場合は、人口キャパも十分にあった」から

「トランプ大統領が誕生した」。

「フランスの場合、人口キャパが少ない分」だけ

「有権者のEU依存心理等も高くなってしまう」だろうが、

「現状の人類世界に在る問題の本質」を

「絶対に、見逃さずに、

有権者は、投票先を判断するべき」だ』。

|

より以前の記事一覧