「本当の親では無い」で子を殺してしまった義父の精神構造さえも???の様相のテレビ常連出演者等・・・。

『「報道されている該当事件の実態が露呈している」のは「母親による被支配権を比べっこで争っていた先で生まれてしまった惨劇」等に「成る」。

「子にとっては、母親の愛」であり

「該当容疑者義父にとっては、(現状までの報道内容では資産持ち等で経済的自立も容易だった訳でも無い様なので)妻の経済」が

「母親による被支配権の実体」に「成っていた事」等が

「容易に推定出来る」。

「比べっこによる支配権/被支配権争い」とは

「乳用レベルの精神構造(自己制御ロジック)」に「他ならず」、

「健常状態に在る人間」なら

「比べっこによる支配権/被支配権争い」から「本質・快適探究」へと

「自らの精神構造(自己制御ロジック)を健常成長させる事も容易」だが

「現状の人間世界では、其れこそ、世界中の何処の国でも、比べっこによる支配権/被支配権精神構造強い状態の人間社会状態」なので

「かなり多くの人間の精神構造の健常成長が阻害され続けている」のが「実態」だ。

「該当容疑者も殺されてしまった子も其の母親も、テレビ常連出演者等の多くも、其の例外では無い実態が露呈している」。

「仮に、該当容疑者の精神構造が本質・快適に健常成長出来ていた」なら

「子の本当の親では無い発言」に「対して」も、

「同レベルで争わず、容易に子を諭す事等が出来ていた筈」だ。

「例えば、

人間の誕生・死が細胞ごとの実現象である実態からも、

あなたの最初は、其の父親と今の母親によってつくられたけど、

その後は、あなたに関わって来ている人々の中であなたの細胞群が入れ替わっているのだから、

私が父親として関わる様になった後のあなたは、私の子としても成長して来ているのが現実だよ等の旨」を

「諭し」たり

「獣の世代交代によって人類誰もの広義の自分でもある地球生命体細胞群の存続に貢献する為には

遺伝子レベルでより存続に優位な遺伝子を残す事が合理的に成るけど、

人類の場合は、遺伝子だけに頼らず、多種多様な手段で広義の自分の存続に貢献出来るのが現実なのだから、

未だに、遺伝子に拘り過ぎるのは、時代遅れになるよ等の旨」を

「諭す事も出来た筈」だ。

「同じ土俵上での比べっこによる被支配権争い」という「構造」では「無く」、

「親として、大人として、子を諭し、子の精神構造を健常成長させようとする者と子」の「構造」に

「成っていた」なら

「子を殺人する等の事態が誘発される訳も無い」』。

『「仮に、

義父が

経済的自立も容易だったり、、

或いは、他の女性パートナーが容易に得られる何らかの要素等を保有している等の、

余裕を持っていた」なら

「子殺しの前に、離婚~新たなパートナー探し塔の選択肢が浮上していた可能性が大きい」が

「其の辺りの要素」は「現状人間社会・経済システム上故の要素に成る」』。

『「上記の様な実態」から「容易に言える事」は

「同様の新たな事件・事故等を防ぐ為」には

「多くの人間たちの精神構造の健常成長に役立つ情報・教育等を

意識的かつ積極的に行ったり」、

「経済格差の是正を意識的かつ積極的に直ぐに実現する様に行ったり」、

「其の意思のある人間なら、異性パートナーが得られ易い状態に成れる状態の構築を

意識的かつ積極的に行ってり」、

「する事」が「合理的に成る」』。

『「本来なら、精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化に役立つ情報配信・教育等を行っているべき

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が、

未だに、{天動説強い}状態上での利権争奪場の様相を濃厚に露呈し続けている事自体、

酷く、劣悪で、直ちに是正すべき事に成る」が

「其の辺りの是正も出来ない内」は

「実効のある格差是正」も

「異性パートナーが得られ易い状態の構築」も

「実現が困難に成ってしまう」のが「現実」だ。

「比べっこ上では、比べっこの劣位者をつくり出し続ける事が、比べっこ自体の価値向上にも直結しているから」だ。

「もちろん、こんな酷く、劣悪で、人類誰もの広義の自分にとって自虐的な状態の是正が急務である事」等は

「もはや言うまでも無い事に成る」。

「例えば、テレビ等等でも、

満足な分析・解説等も出来ていない、要でも無い者たち等を、

何時までも、常連出演者等として重用し、過分な有名人利権や報酬等々を与え続ける必要は全く無い」。

「其れは、マスコミの常筆でも、学校教育上での教授・講師・教師等々でも、同じ事」だ。

「所謂、文系側の天動説状態の是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「訪日韓国人旅行者が大いに減った」と「騒ぎ、不平・不満・不安等を煽っている」が「其の元凶は?」等を「十分に言わない韓国の手下・手先・其の協力者等テレビ・マスコミ等」の「大問題」・・・。

『「訪日朝鮮人の目的」にも「色々ある」。

「北朝鮮金政権等の百年策略」である

「韓国従北政権化~韓国北朝鮮化~其の移民・難民で日本国内の朝鮮人人口割り合いの増大~帰化・子沢山化による日本の従北政権化~日本の北朝鮮化」で

「韓日の乗っ取り支配体制完成」の

「下見・工作指令等々の為に訪日している者たち等も居る」。

「北朝鮮金政権等が核を持ち、核放棄しない状態を続けられてしまう」なら

「上記の百年策略がより容易に成ってしまう」し

「北朝鮮金政権等が核・ミサイル・他国内での非人道的スパイ・工作活動等を完全放棄する、させられる」なら

「上記の百年策略はその時点で終わりが確定する事に成る」。

「目先の商売利権等ばかりを非常に優先させ、上記の様な国・国民の安全・安心の根幹に関わる重大事」を

「無い事にし続けて来ている、平和ボケ、或いは、確信犯の北朝鮮金政権等の手下、テレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「そもそも、訪日韓国人旅行者等の増大の裏」には

「円安容認政策が在った」が

「昨今の韓国の反日・従北政策等の増強化等により、

円安メリットを喪失させるに十分な程、ウォン安状態と成ってしまっている」ので

「現状では安くてお得???な日本から韓国への旅行」&「高くて反日風潮上行くに行けない韓国から日本への旅行」状態に

「成っている」。

「上記の経済・社会面での実態」からも

「訪日韓国人旅行者の減少原因」が「韓国にある事」は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが直に判る事」に「他ならない」。

「韓国に在る原因」を「日本で騒ぐ事の実効」が

「韓国で原因をつくり出している者たち等を不当に利す事」等にも「成り得てしまう事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「問題の原因をそのままに、問題を起こしている国では無い国が、問題を起こしている国の問題を解消すべく対策を取る」なら

「問題を起こしている国が、問題を起こしているままでも、問題を起こす前と同様のメリットが得られる状態を

問題に巻き込んでいる国の努力で得られてしまう事に成る」。

「この手の悪徳メリットを得る事等が大得意」なのが

「悪朝鮮人権力者等の特徴の一つ」だ。

「本来なら、日本側が取るべき対応」は

「韓国が原因で日本が巻き込まれている問題で日本もデメリットを受けているゾ~!等と大騒ぎする事」等では

「断じて無く」、

「粛々と問題の本質や実体等々を大々的に情報配信等し続ける」等に「成る」。

「韓国が問題を解決した、出来た」なら

「ある意味、自動的に、良好な状態に成る事」に「対して」、

「日本が、悪戯に騒ぎ、大衆不安等を煽り、不要で過剰な、悪徳を利す事に直結している、支援や対応等をする事」等は

「意識的かつ積極的に避けるべき事に成る」。

「韓国人旅行者が減って困っている企業等」なら

「例えば、TPP圏内の国々からの訪日旅行者等を増やすべく企業努力等をする事」等が

「合理的に成る」。

「ズル者・悪人」と「常人・善人」の「付き合い」は

「ズル者・悪人の要求が通らなくなった時点で破綻する場合が多く、

全体を実体通りに検証するなら、常人・善人側のメリットが大いに削がれている場合も多い」が

「常人・善人」と「常人・善人」の「付き合い」なら

「健常状態を保ち易く、ウィン・ウィンの関係の構築も比較的容易で、長続きし易く成る」。

「隣人のズル者・悪人」と「遠くの常人・善人」の

「どちらに向かって門戸を広げるのか?広げているのか?」で

「其の企業の企業姿勢等も直に判る事に成る」から

「今後は、例えば、株価等に大いに反映される事等が、ある意味、当然の現象に成って行く事に成る」。

「ズル者・悪人等を蔓延らせ続ける人間世界では、長い未来も在り得無く成ってしまうから」だ。

「上記は、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、喧伝等していて当然の論や内容に成る」。

「未だに、朝鮮特別扱いしろ!煽り等を行い続けているテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「明らかに酷く、劣悪に成る」ので「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「サウジアラビア石油施設への特攻ドローン武力攻撃の元凶」が

「イランであった実態がどんどん濃厚に判明して来ている」に「連れ」、

「米国トランプ大統領」も「戦争も排除しない旨も含めて喧伝する様に{戻った}」。

「もちろん、戦争以外の手段で、出来るだけ平和的に解決出来る」なら

「其れが良い」が

「元々の精神構造・精神文化の現実離れが激しい勢力」との

「内実のある対話・協議等が非常に成り立ち辛い事」等は

「もう、既に、歴史が実証している様なモノ」だ。

「精神構造・精神文化のある意味、必然」として、

「対話・協議等、知性脳レベルでの合意形成が成立しなかった場合」は

「退行現象が起き、情動脳レベルでの其の集団の納得に縋り付き易く成る」。

「感情的納得の先で往々にして生まれる」のが「対立相手との命がけの比べっこによる決着」だ。

「しかし、情報伝達等も非常に発達している今時の人間世界」では

「武力を用いた命がけの比べっこを行ってしまった場合の勝者がどちらに成るのか?」等は

「余程のおバカや現実逃避者等でも無い限り、其れこそ、直にでも解る」。

「其れは、問題国状態に陥っている内実弱体国の国家指導者等でも同じ話し」に「成る」ので

「例えば、北朝鮮金政権等は現状まででは窮極の大量破壊兵器として多くの人類が認識している核兵器を大量に持つ事等により、

武力による命がけの比べっこを行ったなら、タダでは済まないゾ~!脅しを行い続け、

実際には、行ってしまったなら、アッと言う間に北朝鮮が負ける戦争を遠ざけさせようとし続けて来ている」。

「戦争を遠ざけさせ続けながら、

主として日韓内等、他国内での非人道的なスパイ・工作活動等により、

先ずは日韓の乗っ取り支配を実現させてしまう事等により、

散々の極悪事を積み重ねて来ている極悪独裁政権のままでの延命~利権増大等を画策し続けている」。

「数十年間にも亘る何十万人~の工作員・其の協力者等による非人道的な粛清工作の犠牲者数」は

「どんなに少なくても、何百万人レベル~に成り、其れは、大部分の戦争の犠牲者数より多い」のだから

「戦争を避け、工作活動等対策を十分に行えていない状態」こそが

「極悪者を利している事に成ってしまって来ている」。

「核兵器保有前に戦争で極悪政権を潰していた」なら

「其の後の粛清工作活動犠牲者等は激減していた筈」で

「核兵器を増産し続けている現状からも、核兵器が少ない内に戦争で極悪政権を潰す事の方」が

「戦争を躊躇して、粛清工作犠牲者を増やし続けるより、犠牲者が少なく成る道に成る事」等は

「冷静に少し考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが直に判る事に成る」。

「極悪国家指導者等を潰す為の戦争を行う」なら

「より早く、より常人・善人の犠牲者少なく、より短期で収拾する様に、遠慮無く、確実に行う事」が

「合理的に成る」。

「戦争を行わず、

極悪国家指導者等の精神構造(自己制御ロジック)や其の下の国の精神文化等を健常化出来る」なら

「其れが理想に成る」が

「自己健常支配の継続の重要性」や

「他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配の追及が自己支配欲の代償欲求の追及に過ぎ無い事」等さえも、

「ロクに、情報配信・教育等して来ていない、現状までの人間世界」では

「其の理想」は「絵に描いた餅状態」と「強く推定出来る」。

「現状で実効がある手段」は

「圧力による丸腰化」か「戦争」で

「極悪国家指導者等が圧力による丸腰化に応じる」なら「平和的解決に成り」、

「応じない」なら「戦争に成る事」が

「必然」に「成る」。

「将来に向かって戦争を避けるベースをつくる為」にも

「情報・教育等の精神文化製品を、多くの物質文明製品並みに、急速に、健常進歩・正常進化させる事」が

「非常に重要」に「成る」。

「其の仕事が出来ていてこそ、今時の情報・教育界で仕事をしている者等として相応の立場・報酬・権力等も与えられていて当然に成る」が

「現状では、

まるで、かつての天動説派の如き者たちの様な者たち等が、

旧態依然とした利権構造上で、

旧来からの、比べっこ上での利権等を

奪い合っている実態を露呈している場合がほとんど」なのだから

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

「其れは、イランでも北朝鮮でも同じ話し」に「成る」』

|

「{何処とも戦争はしたく無い}トランプ大統領発言」が戦争に成ると負けが確定している国々等を利し、工作的武力行動等を誘発した様相だが・・・。

『「上記の事態が露呈させている事」は「ボルトン元補佐官の強行発言」の「逆もまた真成り」に「他ならない」。

「人間世界内」で「利されるべきでは無い、悪国家権力者等から、不当利権を剥奪し続ける事」は

「其の国だけの問題では無く、国際問題に他ならない」。

「この{面倒}な国際問題」から

「安易に遠ざかろうとする事」は

「実力の有る国々の代表等が決して行ってはいけない事に他ならず、

物質文明面・精神文化面双方がより進んでいる国々等による、この{面倒}な国際問題への積極介入が在ってこそ、

最低限の世界秩序等の維持も可能に成る」。

「現状では、地域戦争レベルの戦争を止められる程、人間世界の精神文化は進歩・進化出来ていない」から

「地域レベルでの戦争を放棄する」と

「其の事によって利されてしまう」のは

「其の地域の悪徳政権等に成り易い」。

「利を得た悪徳政権等は肥大化し易く成ってしまい、{面倒}な国際問題が{大面倒}な国際問題に成り易く成ってしまう」のだから

「人間世界の精神文化を健常進歩・正常進化させる為に必要に成っている情報・教育等を

意識的、かつ積極的に、大々的に行い続ける」等の

「王道、正攻法の道を歩もうとしていない現状」では

「遠慮の無い地域戦争」こそが

「最低限の国際秩序を守る、守らせる為の、実質的には、唯一無二の手段に成ってしまっている」。

「地域戦争時の被害減少の為」には

「問題悪徳政権国家等を衰退化させる事」が「有効に成る」から

「実効のある経済制裁等は有効な手段」だが

「悪徳政権国家等は悪徳政権国家等であるが故に、其の実効を弱める事等も得意」で

「他の悪徳政権国家等との連携や、

他国内でのスパイ・工作活動等による利権収集と普通の国々をトンネル会社の如く悪用する手段等々により、

経済制裁等の実効を弱める場合もある事」は

「散々の極悪事を積み重ねて来ている、核武装までしてしまっている、北朝鮮金政権等の実態からも明らか」だ。

「逆から言う」なら

「北朝鮮金政権等問題の解決」は

「人間世界が最低限の世界秩序を保てるか?否か?の試金石である事」に「成る」。

「米国トランプ政権等による対話・協議等による実体を伴う解決」が

「実現出来なかった場合」は

「地域戦争を躊躇すべきでは無い理由」が「其処に露呈している」。

「核武装は未だの様相のイラン等の場合」は

「未だ、相応の時間的ゆとりも在る事に成る」が

「散々の極悪事を行い続けている、核武装までしてしまった、北朝鮮金政権等の場合」は、

「既に、待った無し!状態」に「成ってしまっている」。

「ボルトン補佐官まで解任する事により、金正恩にゆとりを与えたトランプ大統領の判断」が

「正解だったのか?否か?」が

「はっきりする時」も「近い」』。

『「韓国文政権等による韓国内北朝鮮化工作も酷い」。

「現状の文政権等の思惑のまま事が進められてしまう」と

「韓国内では政権を持っている限り安泰状態が築けてしまう事に成り、

其の実態は、独裁政権化を誘い、何れは、北朝鮮同様の状態に至る事に成る」。

「其処で、当然、予測出来てしまう事態」が

「そんな国嫌だ!」で「移民・難民の上辺の下で、大量に日本にも渡来して来る韓国国民たち」等の

「具現化」だ。

「タダでさえ、昨今の日本社会の中では、朝鮮系・中国系の人々の割合いが高まり続けて来ている」から

「米国のヒスパニック系人口の劇的増大と同様の事態」が

「日本に訪れ易く成ってしまう事に成る」。

「元々が、自己健常支配の継続より、他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配の精神構造を

国家レベルで養い続けて来ている戦後の朝鮮半島内であるが故の悪現象の先で生まれ続けて来ている者・物・事」が

「北朝鮮の金政権等による独裁であり、数々の極悪事であり、

韓国の反日無罪であり、従北政権誕生等々」なのだから、

「其のスジの人々の人口増加により、そんな精神構造故の悪現象が日本国内でも増え易く成ってしまう事」等は

「想像に難く無い」。

「益々、健常発展が阻害され易く成ってしまう日本社会故に、日本の衰退化も起こり得てしまう事に成る」。

「其の様な悪い流れに向かわない、向かわせない為に必要に成っている」のが

「情報・教育等の健常化・正常化」なのに

「未だに、異常な戦後処理上の実権者人脈等が蔓延り続け、旧態依然とした比べっこ強い状態なのだから、

本当に、酷く、劣悪」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「当たり前の事」だ。

「地球環境の為にも、エネルギー海外依存率を下げる為にも、原発を安全に使う事」が

「合理的に成っている」。

「悪戯な日本のみ反原発が利す」のは

「核兵器を持っている北朝鮮金政権等や中国共産党やロシア等々」や、

「国産原発輸出の韓国・中国等々」に「成る」。

「現状の電力インフラでは、太陽光等再生可能エネルギー発電と火力発電等を置き換える事は非常に困難」だ。

「火力の代わりとしての適合性が高い実用可能な発電方法」は「原発使用発電に成る」。

「ドローン特攻兵器対策も必要」だが

「其れは、ミサイル防衛とは全く別のモノに成る」。

「ミサイル防衛はミサイル防衛として高い必要性を持っている」。

「別の国だからと放置していても大丈夫な場合もあるが、大丈夫では無い場合も決して少なく無い」。

「日韓・日朝問題等をちゃんと解決させる為」には

「単独では国・国民の存続さえ危うく成っていた当時の韓国

~日本による保護

~国力相応の日韓併合二国間国家間契約

~其れに基づく同化政策

~日米開戦~日本の敗戦につけ込んだ朝鮮半島内・日本国内での朝鮮による火事場強奪

~等々の

史実をありのままに原寸大で大々的に情報配信等する事が大いに有効に成る」。

「国と国との約束を守らない国・悪国家権力者等の裏」には

「ファクトベースでは成り立ち得ない悪徳利権が在る」。

「そんなモノを保持~増大させ続ける事等を世界中が認める必要は全く無い、ばかりか、

そんなモノを世界中が認めてしまう事自体が、最低限の世界秩序の崩壊にも直結している事に成る」。

「ファクトベースを逸脱した上に在る悪徳利権等を撲滅させてこそ、

日韓・日朝等の正常で健常な国家間関係等も築ける事に成る」。

「悪徳利権維持~増大等の為にありのままの史実等を圧殺・黙殺等し続けて来ている

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」とは

「悪徳利権を保持~増大させようとし続けて来ている悪者たち等の手下・手先・其の協力者等故」の

「悪実態に他ならない」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「悪徳利権維持~増大の為に非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている者たち等に相応しい」のは

「大罪認定と厳罰」だ。

「非人道的なスパイ・工作活動等を行い続ける」なら

「戦争等の手段を使ってでも滅ぼすべき実体が其処に在る」。

「何故なら、数十年間にも渡る、何十万人レベルでの非人道的粛清工作等による犠牲者数は、

どんなに少なく見積もっても、何百万人~レベルに成り、

其れは、多くの戦争犠牲者数より遥かに大きな数に成るから」だ。

「この実態」からも

「何百万人~粛清を止めさせる為の戦争等」は「躊躇する、させるべきでは無い」。

「似非平和主義者等は、反戦を訴え、非人道的なスパイ・工作活動等を黙認等し続けて来ている」が

「似非平和主義者等の中には、確信犯の粛清等工作員等まで居るのが実態」だ。

「粛清工作員等が自己正当化の為に反戦・反核等を利用している場合も決して少なく無い」。

「健常な自己正当化のやり方は、非人道的なスパイ・工作活動等、本質的に悪い事をしない事に他ならない」が

「本質的に悪い事を行い続けて来てしまっている者たち等は、上辺で正義ぶり、周囲を巻き込む事で、

他の人々等から承認してもらう、他の人々等に承認させようとしたりしがちに成る」。

「根本が酷く間違っている者たち等の非常に哀れで劣悪な実態が其処に露呈している」。

「是正が急務である事等はもはや、言うまでも無い事に成る」。

「日本からの戦争が絶対に無い状態に成っている戦後の日本では、

悪戯な反戦は言わず、反工作活動等を訴えていてこそ、実態に背いていない、今時の日本に必要な訴えに成る」。

「当たり前の事」だ。

「当たり前では無い者・物・事等の裏」には

「往々にして、ファクトベース上では成り立ち得ない不当利権等の維持~増大等を画策し続けている悪者等の意志・命令・指令等が在る」。

「常人・善人等なのに、そんなモノに操られる程、愚かな事は無い」。

「其れは、日本国内でも、韓国国内でも、世界中の何処の国の中で、でも、同じ事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

本日も「朝鮮ご用達大衆ロビー活動」等を行っている様相の常連出演者等満載状態だが・・・。

『「サウジアラビア石油施設攻撃のドローン」を「持ち出し」て「其の経済性等から日本のミサイル防衛等を批判・非難等していた常連出演者等」の

「インチキロジック」は

「ドローン攻撃対策も必要に成っているから、ドローン防衛の充実を!」等と「ミサイル防衛とは別を言う」のが

「当たり前の防衛論に成る、当たり前の考え・思い・感等を抱ける、多くの視聴者等」にも

「直に分った筈」だ。

「其れでも、公共の電波を使った~何百万~の視聴者等に対する情報の一方的大量配信上」の

「視聴者こう思え!煽り」等に

「毒され、操られてしまった視聴者等の数も相応に少なく無い事等も容易に推定出来てしまう」ので

「公共の電波上のインチキ論等の規制・排除等や、視聴者こう思え!煽り等を続けて来ている

常連出演者等の是正や排除や交代等々」が

「必要に成っている事」等は

「冷静に少し考える」なら「其れこそ、ほとんど全ての視聴者等が直にでも解る事に成る」。

「何れにしても、日本の公共の電波を使って、韓国・北朝鮮等の為の大衆ロビー活動等を行い続けて来ている者たち等」を

「何時までも、主たる常連出演者等として重用し続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「日本がファクトベースで事を進められる」のは

「ファクトベースで事を進めるに十分なファクトを積み上げて来ているから」に「他ならず」、

「ファクトベースで事を進められては困る、悪事等を積み重ねて来ている国々等」が

「ロビー活動等により利権の維持~増大等を図り続けようとする」のは

「ある意味、悪であるが故の当たり前」に「成る」。

「この当たり前の事実」を「言わず」に

「ファクトベースが良いですよぉ~!論等を喧伝」等しても、

「悪であるが故の当たり前」が

「止まる、止められる、訳も無い」。

「ファクトベースを言うと共に、ファクトも声高に発信し続ける事により、

ファクトベースの無い悪どものロビー活動等を無効化して、出来てこそ、

本当に実効のある手段を実行している事に成る」が

「現状までの戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が行い続けて来ている事」は

「史実を言わずに、韓国・北朝鮮等の歴史観を紹介する」等々の

「利悪情報・教育状態」で

「そんな事を行い続けて生きている者たち等の実態」は

「日本で韓国・北朝鮮等ご用達の大衆ロビー活動等を行い続けて来ている情報・教育工作員等」に「成る」。

「そうでは無い」等と

「言うのなら」、

「過去の酷い実態に対する訂正・謝罪・補償」等々や、

「今、実行している事等の是正」等が

「急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「少々のファクトを喧伝等するダケでは無く、

単独では国・国民の存続さえ危うく成っていた当時の韓国

~日本による保護

~国力相応の日韓併合二国間国家間契約

~其れに基づく同化政策

~日本の敗戦につけ込んだ韓国・北朝鮮の火事場強奪

~等々、

現在の日韓間・日朝間の問題等に直結している全ての史実をありのままに原寸大で大々的に大喧伝等するべき」だし、

「其の上」で

「現状の個々の問題に対するファクトをありのままに原寸大で大喧伝等するべき」だ。

「其れらの全世界の人々が共有できるファクトベースがしっかりしている」なら

「日本による侵略~植民地支配{詐欺}の二の舞・三の舞等々による不当利権」を

「韓国・北朝鮮等の悪権力者等が貪る、貪ろうとする事等」は

「非常に困難に成る」。

「ファクトベースのメリット」は

「全世界の常人・善人にもたらされる事に成り」、

「ファクトベースのデメリット」が

「全世界の悪人にもたらされる事に成る」。

「其の様な健常状態の構築抜き」に

「人類の長い~永い存続も、地球環境問題等の解決も在り得無い」のだから

「情報・教育等、精神文化側の仕事を行っている者たち等」なら

「行わない方が異常に成る仕事が其処に露呈している事に成る」。

「其の健常な仕事を行わず、行えず」に

「未だに、韓国・北朝鮮等ご用達の大衆ロビー活動等を行い続けているテレビ常連出演者等は本当に酷く、劣悪に成る」。

「もちろん、そんな酷く劣悪な者たち等を常連出演等させ続け、実質的に、公然化等し続けていても、ロクな影響が出る訳も無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

TBSは東京五輪マラソン代表選抜戦でフジでは北朝鮮等問題等を論じていたが・・・。

『「フェア」な「スポーツ比べっこ」は「不快に成らない」が「真夏の東京五輪の代表選抜戦」となると

「早朝にする」等の「{善処}があっても、どうも・・・の感もぬぐい切れない」。

「昨今の気候変動や世界情勢」等からも

「果たして、東京五輪が順当に行われる様に成ったとしても、素直に楽しめる状態に成っている人々がどれ程居るのだろうか」・・・。

「其れでも、フェアなスポーツ比べっこ上で目の前の成果を追及していた選手同士の実直な争い」は

「感動モノ」でもあった。

「多くの視聴者も巻き込んだ、健常レベルの一時的な代償欲求追及ゲーム」が

「其処に在り、

其れは、

今時基準なら要でも無いホンのドラマや反日国ご用達工作情報ニュースショー等々より遥かに良いテレビ配信情報」でも「あった」。

「カレンダー通りの三連休日を感じさせる、ホッとした一瞬を筆者も感じていた」』。

『「時事問題」は「他の局」でと「成り」、

「フジに変える」と

「韓国・北朝鮮問題~日本の国防等について、ある意味、当然の論等が喧伝されていた」が

「ボルトン補佐官の解任関連」については

「其の結果、北朝鮮金政権等が核放棄実務を誠実に行わざるを得なく成った実態の紹介」が

「何故か、無かった事」等に「違和感を覚えた」。

「現状では、トランプ大統領が金正恩を信じている」が

「其の信じている内実」は

「金正恩が完全核等放棄を実践する事」に「他ならない」。

「逆から言う」なら

「金正恩等が完全核等放棄をしない」なら

「トランプ大統領の逆鱗に触れる事に成る」。

「最低でも、騙したな!!で限定攻撃は避けられない」。

「更に、其処で北朝鮮が反撃したり、韓国文政権等が北朝鮮への売韓国政策を行い続け、米国・米軍から遠ざかる状態を続ける」なら

「朝鮮半島での全面戦争のハードルが大いに下がる事に成る」。

「其の場合は、韓国軍が米側に付くなら、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争に成る」が

「韓国軍が北朝鮮共々米国側等に抗う」なら「少々の時間で終わる朝鮮半島丸焼き戦争に成る」。

「従北大統領を頂き続けている」なら「韓国に訪れてしまう可能性が極めて大きい事態」が

「其処に露呈している」。

「トランプ大統領が金正恩との協議等で悪戯な妥協をするなら、北朝鮮に負けた米国大統領に成ってしまう」。

「どんなに絵面が良いトランプ大統領と金正恩との握手画面等が撮れても北朝鮮の完全核等放棄が伴っていない」なら

「トランプ大統領の負け」が「世界中のほぼ全ての人々に、其れこそ、一瞬で理解・把握出来る事に成る」。

「トランプ大統領にも金正恩にも、安易な妥協や誤魔化しは既に許されていない」から

「対話~協議~首脳会談等に北朝鮮の完全核等放棄が伴わない場合」は

「トランプ大統領の逆鱗に触れる事に成る」。

「日本のテレビ・マスコミ等」なら

「上記の様な内実を情報配信出来ない訳も無く、していない事の違和感の裏に在るモノ」が

「疑われて当然に成る」』。

『「日韓併合が正当か?政党では無いか?」等を「論じる」なら

「先ずは、史実の情報配信が在って然るべき」で

「史実抜きに歴史観ダケを言う」と

「其の時点で、日韓が対等に考え・思い・感じられてしまう」ので

「史実抜きの歴史観情報配信の実体」は「利韓・利北朝鮮等に成っている場合が多い」。

「其の様な誤解等」を

「多くの視聴者等に抱かせない様にする為」にも

「最低限、~日本による保護~日韓併合当時の韓国の実態」や

「当時の韓国国家権力者等と日本の国家権力者等の間での話し合い内実」等の

「史実」を「情報配信するべき」だ。

「更に、大戦直後の韓国・北朝鮮等の実態の史実情報を付け足す」なら

「何故?韓国・北朝鮮側が日本による侵略~植民地支配という{歴史観}に拘るのか?」等も

「多くの視聴者等が其れこそ、アッと言う間に理解・把握出来る事に成る筈」だ。

「日韓併合二国間国家間契約」を「史実通り」に

「二国間国家間契約と認識する」なら

「大戦直後の韓国・北朝鮮等による日本の敗戦につけ込んだ火事場強奪」等が

「正当化出来る訳も無い」。

「逆から言う」なら

「火事場強奪利権の先で更なる利権を日本から争奪しようとし続けて来ている悪者たちや其の手下・手先・協力者等」のみが

「史実通りの理解・把握・認識等を拒み続ける必要に見舞われている事に成る」。

「全世界の人々に広く、大々的に、知って頂くべき実体・実態が其処に在る」。

「戦後の北朝鮮金政権等や韓国悪権力者政権等の余りにも酷い行い等を鑑みる」なr

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら行わない方が異常に成る情報配信内容が其処に在る」。

「日本国内で連綿と行われ続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等を十分に、大々的に、告発して来ていない」のも

「明らかに、異常」に「成る」。

「戦後産まれの一般市民まで含む日本人を粛清するスパイ・工作活動等」の

「基本的やり方」は

「ターゲットの健康・仕事・子造り等を工作濃度で阻害し、

ターゲットでは無い悪朝鮮人脈や其のお仲間・協力者等が工作阻害無き状態で優位に仕事や世代交代等を行う事により、

日本国内での存続割り合いを変化させ、

情報・教育工作等も加える事により、合法的にも日本の乗っ取り支配を実現させてしまう方法」だ。

「電磁波工作でも飲食物工作でも侵入工作でも、

いきなり殺傷に至る、戦後日本の現行法・現行の摘発体制でも摘発し易い手段は、

ほとんど用いられていないが、

工作濃度で、ターゲットに傷害や早死にをもたらしたり、子造りを阻害し世代交代時にはターゲットが亡く成っている状態にしたり、

する、戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な手段」が

「集団で工作を行う、行わせる事により、大々的に行われ続けて来ている」。

「何十万人もの集団による数十年にも渡る粛清工作の犠牲者数は、どんなに少なく見積もっても、何百万人~レベルに成る」。

「多くの日本人の少子高齢化の裏」で

「多くの悪朝鮮系や其の協力者等の子沢山がまかり通り」、

「多くの日本人の薄給・酷労働の裏」で

「多くの悪朝鮮系や其の協力者等への利権集中化がまかり通り」、

「日本社会が大いに歪められ続けて来ている」のが「実態」だ。

「現行法に触れ辛いから・・・等々の理由」で

「上記の様な非人道的スパイ・工作活動等の実態を告発さえしないテレビ・ラジオ・マスコミ等は本当にどうかしている」。

「其処に露呈している」のは

「悪朝鮮人脈の手下情報工作機関等の実態に成る」。

「もちろん、言うまでも無く、日本が好きで日本で日本と共存している工作等無縁の朝鮮の方々を悪朝鮮と一緒にしてはいけない」。

「重要な事は、民族・人脈問題等にする前に、善悪差別をちゃんと行う事」だ。

「この意味からも大マスコミレベルでの徹底した調査報道等が極めて重要に成り、

テレビ・ラジオ・マスコミ等を使った其の情報の大量配信も極めて重要に成っている」。

「未だに、この重大仕事を行っていない、行えていないテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「本当に、異常」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「非人道的なスパイ・工作活動等を続けているなら、

悪朝鮮系の人脈の者たち等や其の協力者等は、

先の大戦後、朝鮮半島内のほぼ全ての日本人が日本本土に強制帰還させられた様に、

強制的に、朝鮮半島等へ機関・送致等する、させられるべき」だ。

「其の後の日本社会がチリが晴れる如く、爽快に成る事等は、言うまでも無い事に成る」。

「健常性が戻った日本社会なら、少子高齢化問題も格差問題も、其の解決が容易に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

日韓間問題の論調が「朝鮮特別扱いしろ!煽り」から「問題黙殺・圧殺による利朝鮮煽り」に変化した様相だが・・・。

『「史実や事実・現実関係が明らかに成れば成る程、朝鮮特別扱いしろ!煽りの力はどんどん減って行く」ので

「国と国との約束を守らない韓国文政権の実態が露呈した程度」に

「事実・現実関係情報は抑え、史実は黙殺・圧殺」し

「問題黙殺・圧殺による利朝煽り状態に成っている」のが

「現状の多くのテレビ番組等の実態」だ。

「この姑息な、詐欺師的手法自体」からも

「悪朝鮮の精神文化等の臭い」が「濃厚に漂って来る」。

「日韓間正常化・健常化の為」に「必要に成っている」のは

「史実も含めた実体や事実・現実情報を原寸大で、テレビ・ラジオ・マスコミ等で大量配信等する事等により、

多くの人々が

史実も含めた日韓間の実体や事実・現実等をありのままに理解・把握出来ている状態を構築する事に他ならない」。

「ありのままの史実等を知らない

韓国(北朝鮮も含む)国民や

戦後日本の朝鮮特別扱いしろ!情報・教育等にマインドコントロールされてしまっている日本国民」なら

「現状の韓国(北朝鮮も含む)側の反日運動等も{理解}出来てしまう状態に陥り易い」が

「ありのままの史実を理解・把握出来ている」なら

「韓国(北朝鮮も含む)側の反日運動の実体」が

「単独では国・国民の存続さえ危うい状態に陥っていた韓国~日本による保護~日韓併合二国間国家間契約を

日本による侵略~植民地支配にすり替える{詐欺}により

日本の敗戦につけ込んで火事場泥棒的に戦後の朝鮮半島内を得、

日本本土内でも強奪行為等を行う事で不当に利権を得た悪朝鮮人権力者等や其の手下・手先・協力者等」を

「無理やり正当化させ続ける為の{お手盛り悪徳ファンタジー}の一つの道具に過ぎない事」等も

「直に解る状態に成る」。

「{詐欺}や敗戦につけ込んだ火事場強奪等を行った悪者たちの道具にされている実態に気づく」なら

「反日運動等など恥ずかしくて行える訳も無く、反日感情や思い等も消失し、

史実と良心が導き出させる人間としての結論に成る{悪朝鮮権力者等や其の手下・手先・協力者等の罪と罰の訴求}等に成る」。

「韓国(北朝鮮も含む)でも日本でも、常人や善人がありのままの史実や実体や事実・現実等を原寸大で共有した先にある落ち着きどころ」が

「其処に在る」。

「悪者たちを正当化する為の悪者ご用達{お手盛り悪徳ファンタジー}で操られている状態」に

「本当の其の人間の人生は在り得無い」。

「悪者の手下・手先・協力者等にさせられてしまっている実態が露呈している」。

「常人・善人なら、其れは、恥ずべき実態でもある」。

「其れなのに、戦後日本のテレビ・ラジオ界や公共レベルのマスコミ界や学校教育界等々では、

悪者の手下・手先・協力者等の状態を露呈し続けて来ている者たち等」が

「未だに、過分な立場・報酬・権力等までをも保持出来てしまっている場合も多い」。

「選挙も無いが故に、民意反映も、実権者人脈等の交代等も不十分に成ってしまっている、

公共の電波使用の仕事や公共レベルの大仕事や

ほとんど全ての日本国民の少年期~青年期等も教育する重要な仕事」等の

「実権者等が旧態依然としたまま」とは

「直ちに是正すべき重大問題に成る」。

「ありのままの史実も情報配信しないまま、日韓間問題を実質的に黙殺・圧殺等する事等により

韓国側の不当な駄々等々を実質的に、利している状態」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「日本の中の北朝鮮金政権等による非人道的なスパイ・工作活動等の告発や

徹底摘発・厳罰化等の訴え」等を

「未だに、行っていない事も酷い」。

「筆者の周囲」でも

「家の中でも、外出時でも、公共交通機関内でも、車実用中でも、至るところから、

音響兵器の電子・ホール版とでも表現すべき

複数和音輪唱により、経時変化もし、より疑似高周波化し続けて来ている、

イコライザー操作等で照射方向も調整出来ている

直進性がある縦波ドット波・パルス波で、壁等も透過する、

電力次第で強さもかなり強く出来、

人間の脳・神経・筋肉(心臓・肺・肝臓・腎臓等々の内臓も含む)等にも悪影響を与え、

脳卒中や心不全や不安・イライラ等の神経症状や筋肉痛やつりや痙攣や熱中症状態等々も引き起こさせる事が出来てしまっている、

工作電磁波が発生させられ、

其の中には、明らかに、筆者等特定の人間をターゲットにして当て続け様としているモノまで在る実態が露呈している」が

「シロウトの一般市民である筆者でさえ気づいてる其の様な酷い実態」を

「人間社会取材のプロであるマスコミ人のほとんど誰もが認知さえ出来ていない訳も無い筈」で

「其の大々的告発が行われていない実態が示唆している事」は

「実権者等による圧殺等に成る」。

「筆者所有の車にも工作電磁波発生ソフト・ハードが仕込まれている実態が露呈した時、

ディーラーに其の除去を求めた事もあったが、

調べる事に積極的な人々は何故か直に外され、ディーラー本社が拒否してオシマイにされた事があった」。

「其処にも、実権者等による圧殺の実態が露呈している」。

「其の、まるで、独裁支配圏や旧社会・共産圏の様なやり方」が

「今時の日本社会内で横行している事自体、本当に、酷く、劣悪で、是正が急務である事に他ならない筈」なのに、

「未だに、テレビ・ラジオ・マスコミ等のほぼ全てが、実質的に、工作活動等について黙殺・圧殺状態」だ。

「其処に露呈している」のは「北朝鮮金政権等の実質的、手下・手先・協力者等の実態に成る」。

「もちろん、そんな者たち等に、戦後の日本社会の中で過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無く、

酷い現状の是正が急務である事等は、言うまでも無い事に成る」。

「非人道的なスパイ・工作活動等」には

「侵入工作も、飲食物工作も在る」。

「飲食物工作の主たる手段」は

「弱毒物や有害物等を継続摂取させるやり方」で

「其の工作濃度により、ターゲットを粛清するやり方」だ。

「非人道的なスパイ・工作活動等は

日本全国で何十万人~レベルと推定される集団で、

例えば、侵入工作の場合は、鍵師と侵入工作員とが分業されていたりして、実行されている」。

「ターゲットからの情報盗みや情報発信等を阻害する為のネット工作員等も居る」。

「筆者のコンピも1月8日(金正恩の誕生日)にサイバーアタックで壊された事もあった」し

「今でも、監視中等の実態が露呈していて、記事を強制的に消す手法でアップの妨害をされた事も何度かあった」。

「スパイ・工作員集団」等が「北朝鮮金政権等や日本の中の北朝鮮のオトモダチ政党人脈等と重なっている実態も露呈している」。

「反日・親朝なら、朝鮮で暮らし、朝鮮を良くする事等でも頑張れば良いと感じたり、思ったりしている」が

「工作員集団等が実際に行っている事は、戦後産まれの一般日本国民までをもターゲットにした

電磁波工作や侵入工作や飲食物工作等々の非人道的な手法を使ったスパイ・工作活動等」だ。

「其の悪態自体」が「悪者である事を明らかに示している」ので

「多くの工作員等は悪を正義と{捏造する}事等も得意」で

「自己健常支配の代わりに他の者・物・事等を支配する支配欲の代償欲求の追及にも邁進し続けている

場合が多い」。

「其の実体不健常状態が、工作員自体を工作員の中から常に蝕み続けている事」等に

「気づく」なら「非人道的なスパイ・工作活動等は、直ちに止める事である事等にも、容易に気付ける筈」だが』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等で{情報工作}等を行い続けて来ている者たち等」や

「学校教育等で{教育工作}等を行い続けて来ている者たち等」は

「非自動的なスパイ・工作活動等を行わされている粛清工作員等より罪の意識を軽くし易い様」で

「其の厚顔無恥ぶり」は

「本当に、酷く、劣悪に他ならない」が

「自覚無き者たち等は、鏡に自らの実体が映し出されていても、其れを自らの実体と認めたがらず、

お手盛り{悪徳ファンタジー}上での姿を真実と信じ込み続けたがっている様相」で

「本当に、哀れ」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「簡単な事」だ。

「史実をありのままに原寸大で情報配信」し

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている非人道的な集団スパイ・工作活動等と告発等すれば良いダケ」だ。

「マスコミ人なら出来て当然の仕事」が「其処に在る」。

「行えない、行わない」のは「非人道的なスパイ・工作活動等を行っている側の者たち等に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

トランプ政権が「ボルトン補佐官解任カード」を切ったが・・・。

『「主として、イランに対する強行策の大推奨」が「イラン大統領とのディールを行いたいトランプ大統領」と「全く合わず、解任に至った」のが

「実態」の様だが、

「北朝鮮金政権等に対するメッセージも添えられていた」ので

「実質的には、対北朝鮮カードの一つを切った様なモノ」に「成る」。

「北朝鮮金政権等にとっては、リビア方式を主張していたボルトン補佐官が居る事自体、大いなる脅威に他ならない」から

「核放棄協議を行うなら、ボルトン補佐官は外してくれ!の旨」、

「トランプ政権に要求していた」。

「ボルトン補佐官が居ても、居なくても、核放棄実務者協議に進まざるを得なく成っていた北朝鮮金政権等にとって、

ボルトン補佐官の解任は、更なる核放棄実務者協議実行圧力と成り、

一度、核放棄実務者協議が始められたなら、実効の無い協議結果を受け入れる訳も無いのが、米国トランプ政権の実態」だ。

「日本の中の北朝鮮金政権等の手下・手先・其の協力者等」は

「次期大統領選を睨んだトランプ政権の安易な妥協」等に「期待している様相」だが

「協議結果が安易な妥協なら、米国トランプ政権が北朝鮮金政権等に屈した事に成り、

北朝鮮に負ける大統領では再戦も在り得無い」から

「米国トランプ政権が北朝鮮金政権等に求める内容」は

「確実に完全核放棄等が判る実態を実行する確約等の協議結果に成り、

其の後は、其の協議結果通りに事が進められている事に成る」。

「北朝鮮金政権等が其れに抗うなら、

米国トランプ政権の逆鱗に触れる事と成り、

例え、トランプ大統領が約束を破る話し合いでは話しに成らない北朝鮮金政権等とは、もはや、北朝鮮解放戦争を行うしか無い!」等と

「やって」も「多くの米国国民は其れを支持する事に成る」。

「悪戯な戦争回避より、

核を持つ話し合いでは話しに成らない大悪党を認めてしまつ事によるその後の人間世界への絶大なる悪影響の方が遥かに大きく成ってしまう事」等は

「少し考えるなら、直に、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事だから」だ。

「米国との実務者協議が行われる様に成った時点」で

「北朝鮮金政権等が選択出来る手段」は

「完全核等放棄」か

「滅亡覚悟の負けが決まっている戦争」しか「無く成る」。

「リビア方式を言わなくても、

米国トランプ政権が北朝鮮金政権に負けた状態に成らない様にするなら、

必然的に、実質、リビア方式等に成り、

米国トランプ政権が北朝鮮金政権等に負ける道を選択するならトランプ大統領の再選も無く、政権交代と成り、

新たな米国の政権は米国が北朝鮮に勝ったと誰もが理解・把握出来る手段を実行する事に成る」。

「何れにしても、核等を保持したままの北朝鮮金政権等の未来は短い」。

「解任が決められた後」は

「リビア方式を言ったボルトン補佐官は賢く無かった」等の旨「公言する事」で

「北朝鮮金政権等がより核放棄実務者協議に応じ易い状態をつくり出しているトランプ大統領」だが

「北朝鮮金政権等が、核等を完全放棄しないなら、厳しい対処が必要と決めている事」等は、

「ボルトン補佐官と何ら変わりが無い」。

「先ずは、ディールで、

世界中が、

多くの米国国民も、

納得出来る、

北朝鮮金政権等の核・ミサイル・他国内での非人道的なスパイ・工作活動等の完全放棄の実現を目指す」が

「協議等でダメなら、全ての選択肢がテーブルの上に在る状態に変わりは無い」から

「限定攻撃や斬首作戦やアッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等の外科的手段の実行も大いにあり得る」のが

「現実」だ。

「ボルトン補佐官解任という呼び水」から

「核等放棄実務者協議を行い、実効のある協議結果を出し、実践し続ける事により、

核放棄実務が進み、ミサイルの多くも放棄~解体され、他国内での非人道的なスパイ・工作活動等も完全撤廃される」なら

「其の{ご褒美}として、北朝鮮金政権等の存続を米国トランプ政権等も支持する等の事態が実現可能に成る」が

「核等保有無き、散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等に対して、

北朝鮮国民や被害を受けた国々等々がどの様な償いを求める事に成るのか?」は

「想像に難く無い」。

「最初から自首した方が、より罪と罰も軽くし易い」のは「言うまでも無い事に成る」のだから

「北朝鮮金政権等は手下・手先・其の協力者等の支配下の悪等の意向など気にせず、早々に自首すべき」だが・・・』。

『「何れにしても、

地球環境状態も、

人間社会・経済状態等々も、

もはや、今までのやり方ではどうしようも無く成って来てしまっている昨今、

今後の人間世界が急変して行く事に成る」のは「必然」に「他ならない」。

「ここで極めて重要に成る」のが

「どの様な方向に急変させて行くのか?」の「選択と其の実践」だが

「急速な進歩・進化を実現させる事が出来て来ている物質文明側と同様に、

精神文化側でも

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事で、

急速な進歩・進化を実現させる事の先に見えて来る方向を目指す」のが

「一番自虐度が低い事に成る」のに、

「未だに、旧来からの人間社会・経済システムへの依存を煽り、

物質文明側ダケを偏重させた上での

比べっこの世界の先を探究する、させる、

自虐度が非常に高い方向に向かって、突き進んでいる実態を露呈している人間たちが、

余りにも、多過ぎる状態」だ。

「其の方向の先に在る」のは「人類滅亡に他ならないのに!」

「この自虐状態を是正する、させる為には、情報・教育等を正常化・健常化させる事が大いに有効に成る」。

「今時に必要な情報・教育等を行っている者たち等を重用する事が当たり前になる人間社会状態をつくり出す事」等が

「非常に重要に成る」が

「現状では、

旧態依然とした経済比べっこによる支配権/被支配権争い等を実質的に、大推奨している者たち等や、

旧態依然とした権力構造等の維持等を実質的に、大推奨している者たち等、ばかりが、重用状態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」でも

「未だに、内閣改造で小泉ジュニアが入閣した」ら

「小泉ジュニアの{大宣伝}状態」で

「多くの視聴者・読者等の特定の人等への依存等を煽っている」。

「コレでは、多くの視聴者・読者等の精神構造(自己制御ロジック)等が健常成長し易く成る訳も無い」。

「内閣改造の本質を探究する」なら

「現状の政界の権力構造や其の問題点等も良く判る様に成る」が、

「其れは政治の極一部でしか無く、多くの国民にとってより重要な事が実行政治・政策等の実態である事」等も

「良く判る様に成る」。

「民度の浅い状態で、実行政治・政策等を考え・思い・感じたりする」と

「例えば、短絡的に、原発イヤ!だから反原発等の考え・思い・感等も抱け易く成ってしまう」が

「地球環境問題や日本の電力インフラ設備状態等々の実態と共に、電力政策を考える」なら

「現状では、原発も使用したベストミックス状態が妥当である事等も直に解る事に成る」。

「本質を探究する」なら

「韓国(北朝鮮も含む)等が歴史認識等を持ちだして、日本から不当に利権を争奪しようとしている事態に対して」も

「歴史認識の前に史実の検証が在るべきである事等くらい、直に分る様に成り、

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等で史実をありのままに情報配信等する事等が問題解決の役に立つ事等も

直に分る様に成る」。

「実体や事実・現実と共に在る状態に狭義の自分を置く事により、初めて人間は落ち着ける」のだから

「色々な問題に対して、なるべく早く、穏当に、其の様な状態に狭義の自分を置く事が出来る様にする能力を養う為」にも

「イメージや感情等で悪戯に人間を操る情報・教育等では無く、

実体や事実・現実を探究し、例え、其れが、認め難いモノであっても、其れと共に在る状態に狭義の自分を置く事で落ち着き、

同様の落ち着いた人間同士で、問題の解決策やより良い未来等を探究する事が行える状態を構築して行く情報・教育等を

意識的かつ積極的に行うべき時は、とっくの昔に既に来ているj。

「其の健常対応が出来ていた」なら「現状の人間世界は、もっと、もっと、健常なモノに成っていた筈」だ。

「旧来からの比べっこ上の利権探究に明け暮れて来ている、未熟者たち等に、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「常連出演者等より劣位の{反論}をするご用達ゲスト解説者等を出演させる詐欺師的手法を用いた、朝鮮特別扱いしろ!視聴者煽り」等を行っていた様相だったが・・・。

『「ナチス・ドイツとポーランドの関係」と「日本の韓国(北朝鮮も含む)の関係」が「全く違う事」は「史実をありのままに情報配信する」なら

「ほぼ全ての視聴者も直に判る事に他ならない」が

「史実抜き」で

「常連出演者等が、声高に、加害者は被害者に誤り続けるしかない!等を強調する」と

「多くの視聴者等」が、

「日本も韓国(北朝鮮も含む)に対して、ナチス・ドイツがポーランドに対して行った事と同様の事を行ったのだから、

日本は韓国(北朝鮮も含む)に対して謝り続けた方が良いのでは・・・等の

史実に基づかない誤った認識等を抱かされ易く成ってしまう」。

「公共の電波を使ったイメージによる大衆マインドコントロール等の実態が其処に露呈している」のに

「ご用達ゲスト解説者等は、この重大な事実さえ指摘せず、むしろ、史実を言わない上での論に視聴者等の興味を誘っていた」のだから、

「該当番組の思惑」は「更に、明白に露呈していた事に成る」。

「公共の電波を使った大衆マインドコントロールとは、ラジオを使ったナチス・ヒトラー等が行った事と同じ」で

「其れこそが謝罪すべき実体の在る事に他ならない」が

「日頃から朝鮮特別扱いしろ!煽り等を行い続けて来ている常連出演者等」は

「日本が韓国(北朝鮮も含む)に誤り続けるのが当然という史実無根の誤解イメージを

多くの視聴者等に抱かせる事等により、

実質的には、ホワイト国外しくらいはやめた方が良いのでは・・・等の感や思いを誘い、

韓国を利させようとしていた様相だった」のだから、

「其処には、{確信犯の朝鮮特別扱い強い者}等の実態が露呈している事に成る」。

「其の先で、善悪差別抜きの日韓仲良く論等も喧伝等していた」のだから

「本当に酷く、劣悪に成る」。

「常人・善人」と「常人・善人」なら

「国籍・民族・性別等々問わず、基本的に仲が良いのが当たり前」だが

「ズル者・悪者」と「常人・善人」の「場合」で

「ズル者・悪者が常人・善人にズルや悪を認める事を強いている場合」は

「仲が悪く成っていて当然に成る」。

「昨今の日韓関係」でも

「ズルや悪の存在が無い」なら「仲が良いのが当たり前」だが

「国と国との約束を守らない」等の

「ズルや悪を韓国側が行った段階」で

「ズルや悪を認める事を強いている韓国側と其れはさすがに認めない日本側との仲が悪く成った」のは

「極めて当たり前の現象に成る」。

「逆から言うなら、仲良くする為には、ズルや悪を是正する、させる事こそが正道に他ならず、

悪戯に、相手が新興小国状態だから・・・等々と、ズルや悪を黙認・容認等し続ける事による絶大なる悪の実効」は

「例えば、同様の事態を世界に対して行い続けて来ている北朝鮮金政権等の実態からも、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが良く判る事に他ならない」。

「朝鮮特別扱いしろ!視聴者煽り等を連綿と続けて来ているテレビ番組等の裏に何が在るのか?」は

「史実を黙殺・圧殺等し続けて来ている実態から、多くの視聴者等にも、ある程度は推定出来る筈」だ。

「そんな事を行い続けて来ている者たち等」とは

「史実を知られたら困る者たち等」や

「史実を知られたら困る者たち等に懐柔されている者たち等」や

「史実を知られたら困る者たち等に弱みを握られていたり、脅されていたりして、其れに屈している者たち等」等に「成る」。

「もちろん、言うまでも無く、

そんな者たち等に、日本の貴重な公共の電波を使った情報の一方的大量配信を行う仕事上で

重要な立場・権力等や多大な報酬等を与え続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「ナチス・ドイツが軍事侵攻して侵略~支配したポーランド」と

「単独では国・国民の存続さえもが危うく成っていた当時の韓国の権力者等から頼まれて、

~日本による保護~日韓併合二国間国家間契約を双方合意の下で締結し、

其の後、より進んでいた日本寄りに二国を一国化する同化政策を行っていた~日韓併合時の日本」は

「全く違う」。

「二国間の国家権力者同士が締結した日韓併合国家間契約」を

「日本による侵略~植民地支配とする事により、

日本の敗戦につけ込んだ戦後火事場強奪を正当化し続けたいズル者・悪者等や其の手下・手先・協力者等でも無い限り、

知らせる事・知る事等に抵抗が在る訳の無い史実」が「其処に在る」。

「史実とは全く違う、ご用達捏造史の上での利権を貪り続けたい様相の、ズル者・悪者等」は

「悪徳利権の維持~増大とズル者・悪者の自己正当化の為」に

「其れこそ、世界中の人間たち等にも、ご用達捏造史等に基づく歴史認識等を強いたがる」が

「時代が進めば進む程、多くの人間たち等が使える物質文明製品も進歩・進化し、史実もより史実通りに理解・把握し易く成る」ので

「ズル者・悪者たち等の未来が先細りに成る事は既に決定している」。

「自覚を持つなら、ズル者・悪者でしか無い、ご用達捏造史の上での利権を貪り続けようとしている者たち等」は

「自覚を持ち、自己を健常に支配し続ける事も必然的に苦手に成り易く、

其の様な状態下に在る者たち等の自己健常支配が物理面での健康や豊かさ等の探究等に成り易い」のも

「ある意味、極めて、当然の現象に他ならない」。

「しかし、どんなに其の様な面ばかりを探究し続けていても、実体通りの自己を理解・把握するなら、

ズル者・悪者に他ならず、ご当人の意識の有無を問わず其の実体こそが現実」なので

「現実としてズル者・悪者である者たち等は、自らの内からの崩壊に抗えない状態下に陥っている」。

「自己健常支配が不十分に成れば成る程、其の代償欲求である他の者・物・事に対する支配欲が膨らみ、

其の代償欲求の追及は、時と共に、拡大して行き易い」ので

「ズル者・悪者による実害も、肥大化し易く成ってしまう」。

「其の実態」は「北朝鮮金政権等からも、其れこそ、世界中の何処の誰でもが良く判る事に他ならない」が

「そんな北朝鮮金政権等に対しても、{核を持てば勝ちでしょ!}論等を日本の公共の電波上で平然と喧伝等していた」のが

「史実抜きの二本謝罪し続けろ!論等を喧伝した常連出演者等の実態」だ。

「其処に露呈している」のは

「ズル者・悪者等同士の{共感}等に成る」が

「善悪抜きの{共感}が大好き」なのも

「ズル者・悪者等の特徴」で

「其れは、善悪抜きの{共感}の実効は利ズル・利悪に成るが故の悪現象の一つ」に「他ならない」。

「もちろん、言うまでも無く、利ズル・利悪に繋がっている善悪抜きの{共感}等を公然化させる為」に

「公共の電波等を使わせ続けていて良い訳は無い」。

「史実」も「善悪」も

「公共レベルでは欠損させたり、圧殺・黙殺等したり、させたり、していては絶対にいけない重大事」に「他ならない」。

「史実抜き」や

「善悪抜き」の

「壊れた、或いは、不良品状態の番組」等の「是正」が「急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「史実を言わずに朝鮮ご用達歴史認識を言う、詐欺師的手段で、日本加害者・朝鮮被害者と思え!視聴者煽り」等を常連出演者等が公共の電波を使って行っていたが・・・。

『「史実をありのままに伝える」なら「戦後火事場強奪等を行ったのは朝鮮側であり、其の被害者は日本側」だし、

「日韓併合時に行われていたのは朝鮮半島内の開拓~近代化整備~同化政策に他ならず、植民地支配では無い」。

「其の結果として、色の無い汚れた着物を着ていて読み書きソロバンも出来なかった多くの朝鮮人庶民」は

「着色され洗濯の頻度も高まった着物を着た読み書き(ハングルも含む)ソロバンの出来る日韓併合後の日本国民に成っていた」し

「衛生・経済・生活・文化水準の飛躍的向上により朝鮮人庶民人口も大いに増えた」。

「朝鮮王朝の者たち等は、日韓併合後の日本の準皇族と成り」、

「朝鮮の貴族は、日韓併合後の日本の貴族に成り」、

「朝鮮の財界人等は、日韓併合後の日本の財界人に成った」が

「何れも、単独では国家・国民の存続が危うく成っていたところでの王族・貴族・財界人から、

欧米列強と肩を並べつつ、同等の争いの中にも参加出来ていた、相応に一流国化していた国の準皇族・貴族・財界人」への、

「大出世だった」。

「日韓併合二国間国家間契約が日本による植民市支配だったなら、戦後、植民地支配をした酷い国に大量の朝鮮人が居残っている訳も無い」が

「居残っている」のは

「日韓併合による二国をより進んでいた日本寄りに一国化する同化政策等を嫌に感じたりせず、むしろ歓迎していたから」でもあり、

「日本の敗戦につけ込んだ火事場強奪利権を得たからでもある」のが「実態」だ。

「史実をありのままに知った後」なら

「被害者は日本であり加害者が朝鮮である事」等は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「植民地支配詐欺」により

「戦後の朝鮮半島内の支配権と其れまで日本人が持っていた立場・資産・財産(の一部)等」を「戦勝国のお墨付きの下で得」、

「敗戦直後の日本国内の日本人の資産・財産・立場等を米軍の占領政策に入り込み強奪」等した

「悪朝鮮人権力者等と其の手下・手先・協力者等」は

「其の加害の実態を永遠に不問にさせるべく、

朝鮮半島内では捏造史を基にした反日情報・教育等を行い続け、

日本国内では、日本国内に居る手下・手先・協力者等を利用して、

史実を封印せしめると共に、

悪朝鮮ご用達の歴史観等で多くの日本国民をマインドコントロールし続けようとして来ている」。

「其の氷山の一角」が

「本日のテレ朝朝番の内容であり、其の実態は、タイトルの通り、詐欺師の手法そのまま・・・」だ。

「歴史認識を言う前に、史実をありのままに原寸大で情報配信するべき」だが

「そうする」なら

「加害者朝鮮・被害者日本」という「真相」が「判明する」ので

「本当は加害者なのに、日本を加害者にする事により被害者づらし続ける事による利権を得続けようとしている、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる実態を露呈し続けて来ている悪者たち等」は

「未だに、詐欺師的手法による視聴者マインドコントロール等を行う事により、

朝鮮側の不当利権等を維持~増大させようとし続けている様相」なのだから、

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「日本の公共の電波を使っている情報の一方的大量配信上での事」なのだから、

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「ナチス・ドイツと侵攻されたポーランドの関係」と

「日本による保護~日韓併合二国間国家間契約の日韓の関係」を

「同列にするインチキ論」や

「史実をありのままに言わないインチキの先で生み出されている、韓国被害者・日本加害者論」等を

「公共の電波を使った情報の一方的大量配信により、実質的に、公然化させよう・・・等としている実態」は

「情報工作~大衆誘導そのもの」で

「まるで、やっている事が、ナチス・ドイツの現代版」に「成る」。

「歴史に学んでいる」なら「絶対に行ってはいけない事」が「其処に露呈している」。

「そんな事を行い続けて来ている常連出演者等を何時までも日本の公共の電波上で重用し続ける必要は全く無い」。

「反論や各論さえも無い、朝鮮特別扱いしろ!視聴者煽り」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「史実をありのままに言わない先での韓国被害者・日本加害者論等の実質的、詐欺」で

「多くの視聴者の考え・思い・感等を操る事により、日本の政治・社会等にも悪影響をもたらそうとしている実態」は

「本当に、悪質」に「成る」。

「政治面では、旧民主党系への支持状態を露呈し続けて来ているのが、該当常連出演者等の実態」だが

「韓国の共に民主党支持者等と同様に、戦後火事場強奪利権の先で生まれている様相の利権共有人脈や

其のスジご用達の情報・教育等に染め上げられる事により、其の手下・手先・協力者等として仕立てあげられてしまっている様相の者たち等」の

「行っている事、目指している事」等は

「散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等と同様」の

「とても、革新的でも進歩的でも無い、利権集中悪のお仲間以外徹底支配体制の構築~搾取等」で

「其の実態」は「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「差別の中で唯一、徹底的に行った方が良い差別でもある、善悪差別に基づく」なら

「徹底排除し、厳罰を与えるべき存在が其処に在る」。

「排除し、厳罰を与えるべき悪に、過分な立場・権力・報酬等を与え続ける事により、

実体や事実・現実に基づくなら持てる訳の無い力を与える事の自虐性等」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「全人類が徹底的に用心」し「実効のある対処を行うべき実体が其処に露呈している」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「悪に力を与えずに、実体や事実・現実に力を戻す」なら

「悪は悪でしか無く成り、崩壊する、させられるのが当たり前の存在に成る」。

「其の健常化抜き」に「人類の長い~永い未来は在り得無い」』。

『「未だに、日本の中でも、非人道的なスパイ・工作活動等まで行い続けている」のが

「悪朝鮮人脈や其の手下や手先や協力者等の酷く劣悪な実態」だ。

「電磁波工作・侵入工作・飲食物工作・大気工作等々の

工作濃度で戦後産まれの一般市民までをも粛清しようと続けて来ている

非人道的な工作活動等を告発すべき立場に在る者たち等」が

「未だに、悪朝鮮ご用達の情報工作等を行い続けている様では、本当に、酷く劣悪に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「核を持ったら勝ちでしょ!等論の常連出演者等が韓国革新政権が20年続く旨」等喧伝していたが・・・。

『「日本の民主党政権は官僚に倒された等論」も「言っていた」が「官僚よりバカな実態を露呈していながら政治主導も無い!」等と

「多くの有権者も感じていて、

円高容認政策等により日本が大いに細った裏で中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等が大いに太れていた事」等の

「政策実態」から

「多くの有権者がダメ出しをしていたが故」の

「政権転落だった」からこそ

「現政権への政権交代時には、民主党は大敗と成り、もはや、民主党自体無く成っている」のが

「現実」だ。

「其処に在るのは、日本の民意」であり

「もちろん、官僚の中にも其の民意が在る」。

「民主党政権は官僚に倒されたのでは無く、日本の民意に倒された」のが「現実」だ』。

『「韓国の政治でも同様」だが

「血統民族主義者等を革新と言う事自体、実体離れしている」。

「同じ民族だから・・・と、散々の極悪事を行い続けて来ている、独裁政権の北朝鮮を容認出来る」のは

「北朝鮮金政権等の手下や手先やその協力者等と相場は決まっている」。

「上辺の言葉やイメージで騙す」のは「詐欺師の常套手段でもある」が

「日本でも韓国でも、革新とか進歩派とか、

上辺の、如何にもそちらの方が進んでいるかの如き言葉上での冠を、

そのスジのお仲間マスコミ等によって被せられている勢力の実態」は

「自由民主主義圏の保守派と言葉上での冠を被せられている勢力」より

「遥かに遅れた」、

「旧社会・共産圏の独裁&血統・思想・民族差別主義者等の勢力」に「他ならない」。

「反日無罪!」と「同様」の

「独裁者金無罪!」等の「発送の裏に在る、酷く、古めかしい精神構造や精神文化の実態を理解・把握している」なら

「とても、革新とか進歩派とかの冠を被せる事を是とは出来得ない」が

「実体はどうでも、其のお仲間の利権を其のお仲間以外より、どんな手段を使ってでも優位にし続けたい、悪徳容認者たち等」は

「詐欺師的に、上辺の言葉やイメージ等で大衆を騙す道」等を

「平然と選択出来てしまっている」。

「そんな者たちが自覚を持つ」なら「悪者としての自覚を持つ事に成る」ので

「往々にして、自覚を得る道を避ける代わりに、他の者・物・事支配に邁進している場合が多い」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき実体」が「其処に在る」。

「韓国国民が迫られている選択」は

「日米と共に在る事で日米の様に豊かに成るか?」

「北朝鮮と共に在る事を選択する事で北朝鮮の様に困窮するか?」に

「成っている」。

「この実体」を

「多くの韓国国民が理解・把握する」なら

「北朝鮮と一緒に!派が多数派に成る訳も無い」が

「韓国の中の北朝鮮金政権等ご用達情報・教育工作等により、上記の実態は圧殺・黙殺され、

其の代わりに、同じ民族として北朝鮮と一緒になるなら、朝鮮は日本を超える!等の

実現が在り得無いファンタジーを大喧伝等し、多くの韓国国民をマインドコントロールしようとして来ている」。

「独裁政権の下では、自由闊達な物質文明の進歩・進化も無ければ、自由闊達な精神文化の進歩・進化も在り得無い」。

「そして得られる結果」は「自由民主主義圏より遅れた物質文明と精神文化に包まれた生活」で

「其れを無理やりにでも打破しようとする」と

「自由・民主主義圏の国々の中に入り込み、スパイ・工作活動等により盗んだり、

どんな手段を使ってでも自国を優位にしようと、

偽札製造~使用したり、覚せい剤製造~販売したり、核武装したり、

他国内でのスパイ・工作活動等をより旺盛にしたり、・・・等々する事に成る」が

「もちろん、そんな事が国際社会からの支持を得られる訳も無く、ダメ出しが行われる」から

「現状の北朝鮮は行き詰っている」。

「核・ミサイル・他国内での非人道的なスパイ・工作活動等を完全放棄しない」なら

「先が短い」のが

「北朝鮮金政権等の実態」で

「例え、其れらを放棄しても、独裁政権の先が長い訳も無い事」は

「歴史上の核等無き独裁政権の実態を知れば、其れこそ、世界中の何処の誰もが解る事」に「他ならない」。

「そんなところと一緒に!を掲げている韓国革新政権が20年も持つ」等と

「考え・思える」のは

「北朝鮮金政権等や韓国革新政権等の手下や手先や其の協力者等と相場は決まっている」。

「もちろん、言うまでも無く、其の様な者等を、日本の公共の電波上で常連出演者等として重用し続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「日韓間問題を健常解決する為に必要な情報配信内容」は

「先ずは、~日本による保護~日韓併合~大戦直後~の史実をありのままに原寸大で伝える事」だ。

「多くの日韓国民等が史実をありのままに理解・把握出来ている」なら

「其の実体や事実・現実をベースとした問題の解決方法を見出す事」は

「そんなに困難な事では無く成る」。

「史実を封印し続けている、ばかりでは無く、お手盛りファンタジー捏造史等がまかり通っている状態」では

「解決のベースが無い状態に他ならない」から

「誤魔化すしか無く成ってしまい、例え、其の時、其の場を誤魔化しても、解決していないから、

何度でも、同じ問題でも、再燃させる事も可能に成ってしまう」。

「其の悪の連鎖を断ち切る為の仕事をするべき立場に在る」のが

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」なのに

「未だに、朝鮮優先しろ!煽り(テレビなら、~何百万~もの視聴者に対する情報の一方的大量配信に成るから、其の圧力は非常に大きい事に成るので、正に、煽り状態に成る)」等を

「行い続けているところ」は

「明らかに、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

より以前の記事一覧