サンデーモーニングでは、常連出演者等が「韓国ご用達論やご都合差別論」等をばら撒き、多くの番組では「ゲイノウ人{謝罪会見売り}に大時間を割く」等の公共の電波の酷い使用状態が続いているが・・・。

『「現状の日韓対立問題の元凶」は「韓国側の国家間契約さえ反故にする等の酷く劣悪な精神文化に在る」。

「韓国悪権力者等ご用達の日本の公共の電波上の常連出演者等の実質的、工作情報」によれば、

「日韓基本条約を締結した時の韓国の政権は軍事独裁政権で、

その後、韓国内が民主化されたから、

日韓基本条約も相応に見直されるのが当然等の旨だった」が

「もちろん、言うまでも無く、軍事独裁政権状態であれ、その後の民主化???状態であれ、韓国という国自体に変わりは無く、

其れらの変化要素は、韓国内の事情に他ならない」。

「韓国内の事情を国家間条約より優先さえるべき論」の「実体」とは

「韓国内の事情を国家間条約より上扱いにしろ!」の「韓国上位差別{宗教}」に「他ならず」、

「そんな実質的、カルト{宗教}上でのみ成り立つ論を言う」のは

「該当カルト{宗教}信者等」と「相場は決まっている」。

「日本の公共の電波上」で

「韓国上位差別{カルト宗教}信者等」を

「常連出演者等として重用し続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「二国間の国家間契約である日韓併合を日本による植民地支配とする」のも

「韓国上位差別カルト{宗教}」や

「北朝鮮金政権等上位カルト{宗教}」等の「特徴」だ。

「二国間の国家間契約であった日韓併合を日本による植民地としなければ、

戦後に朝鮮半島内の支配権を得た事自体が、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為である実態が、

其れこそ、世界中の何処の誰にでも直に解る様に成る事に成る」。

「其処で、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒で朝鮮半島内の支配権を得て国を始めた事を正当化し続ける為」に

「韓国上位差別カルト{宗教}信者たちや北朝鮮金政権等上位差別カルト{宗教}信者たち」等は

「日本による植民地支配詐欺」等で「全世界を騙し続けようとして来ている」が

「日本側は、先に国交回復した韓国に対し、

日韓基本条約で全て水に流す手段で韓国にかなりの利を与える事により、

韓国・韓国国民が常道にある国・国民に健常成長する事を期待し続けて来ていた」。

「ところが、韓国悪権力者側は、日韓基本条約による日本からの水に流す愛と多大なる支援を得ていながら、

韓国内では反日情報・教育に邁進した」。

「単独では国の存続さえ困難に成っていたが故に、必要に成っていた他国による絶大支援方の中で自ら選択した日韓併合」により

「滅亡を免れる事が出来たばかりか、朝鮮半島内の急速な近代化整備まで実現させてもらった韓国」なのに

「日本の敗戦につけ込んで、火事場泥棒的に戦後朝鮮半島内等の支配権を得ようとした悪権力者たち」こそが

「現状の日韓間問題の元凶に他ならない」。

「植民地支配詐欺を正当化し続ける為の反日情報・教育等に毒され、韓国上位差別カルト{宗教}信者化されてしまっている韓国国民」等が

「実体や事実・現実に基づいて理性的に考えたり、思ったり、する事が出来ずに、

感情的に成り易い」のは

「ある意味、当然の現象」で

「実体や事実・現実通りに、考えたり・思ったりする」なら

「滅亡寸前だった韓国が日韓併合により日本に救われ、日本主導で朝鮮半島内の急速な近代化整備まで行われたからこそ、

衛生・文化・生活水準も飛躍的に上がり、朝鮮人人口も大きく増大したから、

今現在、存在出来ている朝鮮人の数もかなり多い」のが

「現実」に「成る」ので、

「天に唾する反日運動等の結果が韓国人自らに降りかかって来る事に成る」のも

「極めて当然の事に成る」。

「理性的に実体や事実・現実通りに考えたり、思ったりする」なら

「上記の様な現実が直に頭の中に現れる事に成る反日韓国人等」が

「其処から、現実逃避し続ける為に有効な手段が、感情的である事」に「成る」。

「感情で理性を殺す」なら「恥知らずの蛮行を行い続ける事等でさえ、可能になってしまう」のが

「人間の実態」で

「其の人間の実態を悪用している」のが

「実体や事実・現実情報・教育等を圧殺・黙殺し続けたまま、

反日情報・教育等により多くの韓国国民等の反日感情等を煽り続けて来ている韓国悪権力者等の

酷く、劣悪な実態」だ。

「北朝鮮金政権等下でも同様の事態が起こされ続けて来ている」ばかりか、

「戦後の日本国内には、

先の大戦後、ほぼ全ての日本人が日本本土に帰還した日本側とは全く違い、

日韓併合時に、別天地やより良い仕事・報酬・生活等々を求めて、自主渡来した多くの朝鮮人の大半や、

その中の一部の、戦後の米軍の占領政策等にも入り込んで不当に日本国内で過分な利権等を略奪出来てしまった朝鮮人たち等が

数多く居残り続けて来ている」ので

「日本国内でも、未だに、韓国悪権力者等や北朝鮮金政権等の思惑通りに動かされ続けている者たち等が、

未だに、少なからず存在している」ばかりか、

「公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上等々でも、

未だに、

韓国悪権力者や北朝鮮金政権等ご用達論等を

さも其れこそが真実で正義であるかの如く、喧伝等し続けている者たち等まで居る」ので、

「未だに、少なく無い数の日本人までもが混乱させられ続けている」のが

「戦後日本社会の酷く、劣悪な状態の一例」と「成ってしまっている」。

「もちろん、こんな状態の是正が急務である事等は、もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「米国のトランプ大統領に対する言葉狩りを悪用した似非差別論」等も

「酷く、劣悪」だった。

「元々の、トランプ大統領のツイッターの内実」は

「人種差別では無く、政策や政治・社会思想等に対するクレームであり、

此処米国の文化や社会がそんなに嫌いなら、元々の自国に帰ったらどうか!という

当たり前の、迷惑行為等に対するクレーム」だった。

「其れを、人種差別に変えて喧伝したところに、既に、詐欺師的手法が露呈している」。

「人種差別に限らず、ジェンダー差別でも、移民・難民差別等々でも、

所謂、差別論理悪用{詐欺師}たちに共通している」のは

「善・悪差別を行わない事」だ。

「不法移民と合法移民では、善・悪上で全く訳が違う」が

「其処を抜きにして、移民差別ダケを喧伝する」と

「実質的には、不法移民を不当に利す事に成る」。

「日本の中の在日外国人等に対してでも、其れは同様」で

「先ず在るべきは、善・悪差別」だが

「善・悪差別抜きに、在日外国人差別をするな!と成れば、

反日国国家権力者等の命令・指令の下で、日本国内で非人道的なスパイ・工作活動等までも行い続けている在日外国人等までをも

在日外国人差別はダメ!盾の裏に隠し、不当に利す事に成ってしまう」。

「余程のおバカでも無い限り、世界中の何処の誰でもが、少し考えるなら、直に解る、重要な要素を

抜きにした差別論等」にも

「植民地支配詐欺と同様の精神文化が濃厚に現れている」。

「そんな詐欺師的精神文化が大きな力を持ててしまう国家状態が続く」なら

「日韓併合前の韓国と同様の国家状態に成る」のは

「ある意味、極めて当然の現象」だ。

「そして、衰退し、単独では、国家・国民の存続さえ危うく成ったなら、他国を騙して支援を得続ける手段で、

政権維持を図り続けようとする実態」は

「現状までの北朝鮮金政権等の実態から、其れこそ、世界中の何処の誰でもが良く判る事」に「成る」。

「もちろん、言うまでも無く、そんな精神文化に、日本を染め上げさせてはいけない」。

「酷い精神文化を蔓延らせようとしている者たち等が、渡来系なら、元々の国々にお帰り下さい!等と成る」のは

「極めて、当然の現象」だし、

「其れを手伝ったり、支援したりしている日本人がいるなら、支援している国々へお行き下さい!等と成る」のも

「極めて、当然の現象に成る」。

「そして、酷い、劣悪者ばかり、集まってしまう事になるところは、必然的に、滅亡する事に成る」。

「精神構造や精神文化の健常成長に叛逆する者たち等の行き先」は

「既に、永遠の恥辱に染まる道の上等と決まっている」し

「その様な者たち等を不当に重用し続けるなら、全人類自体が地球と共に消滅させられる事が決まっている」』。

『「公共の電波等を使っている情報の一方的大量配信上で、情報配信出来ていたりする者たち等の資質」は

「厳しく、問われる」のが「当然」だ。

「現状までの実状」は、「早急な是正が必要なレベルに既に達している」。

「即刻の是正が在って当然の実態が其処に在る」。

「自浄しない、出来ないなら、他力的にでも是正する、させるべき実態が其処に在る」』。

『「悪態を露呈したゲイノウ人の謝罪{売り}」に

「公共の電波上の貴重な時間をこれ程、多く割く必要は全く無い」が

「其れでも、該当ゲイノウ人等を大重用しているところ」からも、

「常連出演ゲイノウ人等とテレビ界実権者等の強い結託ぶり等が良く判る」。

「泥棒が逃げる時に他人を指差して、アイツが泥棒です!等と叫んで逃げる悪い精神文化が多々在る何処かの半島」と

「同様の臭いさえ漂って来ている」のが

「該当謝罪会見{売り}上」の

「該当ゲイノウ人等やその応援テレビ実権者・出演者等による、ゲイノウ事務所側が悪い!喧伝等」の

「実態」だ。

「今回の問題程度」なら

「ホンの少しの時間を割いて、

悪態を露呈した常連出演ゲイノウ人二人の謝罪会見がありましたが、

ゲイノウ事務所側の問題を言っていましたので、

その事実関係を調査報道等し、結果が得られた後、真相を報道等します等の旨、

情報配信すれば良い」のが

「公共の電波の常道的使い方に成る」。

「悪態を露呈した常連出演だったゲイノウ人二人の謝罪会見{売り}に、

貴重な公共の電波上で異常なまでの大時間を割いていた実態」は

「本当に、酷く劣悪に成る」。

「こんな時間がある」なら

「昨今の日韓関係の根本是正の為」

「日朝関係正常化の為」にも

「~日韓併合時~終戦時の日本国内の一部朝鮮人等の実体や事実・現実情報」や

「戦後日本国内で行われ続けてしまって来ている

北朝鮮金政権等の命令・指令の下の非人道的なスパイ・工作活動等の告発」等でも

「行う」のが

「日本の公共的テレビ・ラジオ・マスコミ等の本来の役割りに成る」。

「現状まででは、日本側の人脈より、韓国・北朝鮮側の人脈等の方が強い実権を保持し続けて来ている」ので

「其れらの重要情報等が圧殺・黙殺等され続けて来ているダケでは無く、

韓国反日政権や北朝鮮金政権等ご用達の情報が一方的に大量配信され続け、

その大喧伝等をする有益分子的者たちばかり・・・が主たる常連出演者等として重用され続けて来ている状態」だ。

「こんな酷く、劣悪な状態の是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈等を含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

京都アニメ制作会社大量殺傷事件を受けて「精神構造・精神文化の健常化を言わず、ガソリン規制を言う超おバカ等がテレビ出演」では・・・。

『「またまた大量殺傷事件が起きてしまった」のも「所謂、文系の仕事をしている者たち等」が「精神構造・精神文化の健常成長の役に立つ仕事」を

「怠り続けて来ているから」でもある。

「未だに、精神構造・精神文化の健常化を言わず、

凶器として悪用されたのがガソリンだったから・・・と、ガソリン規制に言及していた超おバカ等が

テレビ出演等々では、本当に、酷く劣悪に成る」。

「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取った上に現れる善・悪区別に基づいた悪差別情報」等を

「配信出来て来ていない者たち等からは、反日他国等の手下、情報工作員等の濃厚な臭いが漂って来ている」が

「そんな者たち等ばかり・・・が、テレビ常連出演等状態」では

「今時の人間社会に必要に成っている所謂、文系側の本来の仕事が行える訳も無い」。

「余りにも酷い、所謂、文系側の、情報・教育の先で生まれ続けて来ている」のが

「同様の新たな事件・事故等々」で

「言うまでも無く、大量殺傷事件もその中の一つ」だ。

「凶器として悪用されるモノ」や

「ターゲットとして狙われた場所や人々」が

「物質文明製品の進歩・進化や社会状態の変化等によりそれぞれ違っている」が

「大量殺傷事件等の基本的な精神構造」は

「現状脱出欲動の暴発」に「他ならない」。

「逆から言う」なら

「現状脱出欲動の暴発を抑える事を習得する為に有益な情報・教育等が十分に在る」と「共」に

「現状脱出欲動の暴発を誘い易い劣悪な環境状態等が徹底的に是正される」なら

「ほとんど全ての大量殺傷事件等は防げる事に成る」。

「逆に、現状脱出欲動の暴発を誘発し易い情報・教育・環境状態等を維持、もしくは、拡大し続けるなら、

大量殺傷事件等も起こり続ける事に成る」。

「何度も、何度も、大量殺傷事件等も、起こされてしまって来ている」のに

「未だに、テレビドラマ等では、殺傷・いじめドラマばかり・・・で、

殺欲動を殺すドラマ等は皆無状態」だ。

「学校教育でも、テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報でも、上辺に拘らせたうえでの比べっこが主で、

本質・快適等探究情報・教育等は本当に少な過ぎる状態」だ。

「しかも、命がけの武力による比べっこ支配権/被支配権争い状態だった先の大戦終戦時までの後の

人間世界の主流最先端精神文化は、武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いのまま・・・に

成ってしまったままで、来ている」。

「直接人間同士が殺傷し合う武力による比べっこ」とは「違い」、

「経済による比べっこでは、間接的に多数の人間たちが圧殺されると共に、地球環境は直接的に破壊され易い状態下に置かれ続ける」。

「経済比べっこによる間接的圧殺を免れようと、多くの人間たちは自らの下への大量集金等を行い続けようとしたがる」ので

「そのロジックに好都合な人間社会・経済システム等が社会的合意を得てしまって来ている」が

「其の人間社会・経済システム等が時と共に二極化格差状態をつくり出し、格差をどんどん増大させるシステムである事」は

「実態を検証するなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが、解る事に他ならない」。

「本質・快適を探究するなら、在って当然の、この実態検証さえも、ロクに無いまま、

多くの人々の自らの下への大量集金という経済的圧殺から免れる為の現実逃避的発想、もしくは、妄想等に基づいた

現状までの{比べっこ}人間・経済社会システム等の維持に役立つ、

大金持ち賛美や、

学歴・ルックス・スタイル等々、{上辺の、何でも差別}上での比べっこ推奨・賛美や、

本質・快適探究情報・教育等の圧殺・黙殺等々」が

「行われ続けて来てしまっている」。

「その結果の一つ」が

「人間社会・経済システム的圧殺状態から命がけで自分を解放する」と「共」に、

「酷い圧殺を強い続けて来ていた現状人間社会・経済システム等や

その上に在る、現状脱出欲動を暴発させる者にとっては{恵まれている}と思えてしまっている人々の巻き込み」等々による

「破壊による訴え」を

「伴っている大量殺傷事件等」に「他ならない」。

「多くの人間の精神構造(自己制御ロジック)を

乳幼レベルの比べっこによる支配権(乳房・母乳等)被支配権(親や大人等による愛)争いから、

成人レベルの本質・快適探究へと

健常成長させる為に有益になる情報・教育等抜き」では

「同様の新たな事件・事故等が、物質文明製品や社会状態等々の変化に基づき、使われてしまう凶器やターゲット等を変えながら、

起こされ続けてしまう事に成る」のは

「ある意味、極めて当たり前の現象」に「他ならない」。

「超おバカや反日国等の手下、情報工作員等」に

「公共の電波上や公共的マスコミ上や、学校教育上等々で、優等生ぶり、正義ぶり、紳士ぶり、語らせ続けていたところで、

この重大な、今時の人類に必要に成っている精神構造・精神文化を健常成長させる問題等が解決出来る訳も無い」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取った善・悪区別に基づいた善・悪差別を行う」なら

「例えば、日本国内で、戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な手段を使ったスパイ・工作活動等を行い続けて来ている

集団やその協力者等も、

正しく、悪として差別される事に成る」。

「其の様な情報・教育等を意識的、かつ積極的に大量配信・大々的に行う」なら

「スパイ・工作員やその協力者等」なら

「行っている事が悪事となり、悪事の実行は自己否定に直結する」ので

「非人道的な集団により、一般市民個人までターゲットにしている、スパイ・工作活動等」も

「スパイ・工作員やその協力者等自らの中から、行い辛く成る」。

「他者支配・他者による被支配という代償欲求の世界」から

「自己健常支配による支配欲の本来欲求充足の世界」への

「健常転身が促される事による悪撲滅の実効」は

「その為に有益になる情報・教育等がより多く・より深く行われれば行われる程、より高く成って行く」。

「現状では、自分の下に、金も権力も名誉も集められれば自分の人生は成功!等と大勘違い・大思い違い{出来てしまっている}人間たちも、

未だ、決して少なく無い」が

「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取る」なら

「人類誰もの広義の自分である、地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど)の

根本的目的である存続~永続への貢献が出来ていてこそ{成功}に成り」、

「地球生命体細胞群の中のタッタ数十兆

(細胞数の数え方は、今、この瞬間にも、細胞レベルで、誕生・死を繰り返しながら存続しているのが

生きている人間誰もの実態なので、数自体も常に変化している状態であり、

生きている細胞だけをカウントするのと、死んだ細胞もカウントするのとでは、かなり変わって来る)

かの細胞群である狭義の自分だけの過剰偏重状態に自分を不健常制御し続けて来ている」なら

「不健常制御の分だけ、

{自己責任}の{失敗}に成る」。

「多くの人間たちの{自己責任}の{失敗}を

誘い続けて来ている」のが

「酷く、劣悪な情報・教育等であり、

多くの人間たちの精神構造の健常成長を大きく阻害するとんでもない人権侵害を行い続けて来ている」のが

「比べっこ強いの人間社会・経済システム等の実態」だ。

「其れらの酷く、劣悪なモノを是正して、自虐度の低い状態にする事」でのみ

「~宇宙に本格進出する事が出来るレベルにまで、物質文明技術・製品等を進歩・進化させる事が出来て来ている人類」の

「存続~永続が可能に成る」。

「自虐度が高いまま、高度に発達した物質文明技術・製品等を保持する」なら

「高度に発達した部室文明技術・製品等が人類自信に自虐使用されてしまう事」や

「精神構造の健常成長さえも満足に出来ていない生命体群が宇宙に本格進出してしまう事による膨大なる自虐」を

「解消する為の地球ごと抹消処置」等が

「具現化してしまう事に成る」。

「何度も、何度も、繰り返し、繰り返し、起こされ続けて来てしまっている、大量殺傷事件等からの{警告}を

他人事にしている、自らの実体にさえ未だ気づいていない超劣悪な者たち等」が

「どんなに現状人間社会・経済システム上のお墨付きを得る事が出来たとしても、

人類同士で、他の人類を無理やり巻き込んで行っている{自慰}自体に、本質的な意味・意義等が生まれる訳も無い」。

「経済比べっこ等による圧殺」は

「地球環境にも、

人間以外の全ての生物にも、

人間界で{経済・権力等お手盛り防波堤}で狭義の自分や自分のお仲間等ダケは守っているつもりの人間たち自身にも、

日々、刻々と、その圧殺度を高め続けて来ている」。

「ココまで来ているのに、未だ、その事の重大性に思いが至らない」なら

「本当に、超おバカ」に「成る」し

「重大性に思いが至っているのに、その上での利権収集等に邁進している」なら

「本当に、極悪」に「成る」。

「超おバカ者や極悪者等を人間社会で重用する」なら

「人間社会自体が超おバカ・極悪状態に成ってしまう」のは

「極めて当たり前の事」だ。

「超おバカ者や極悪者等の重用は、即刻にでも止めるべき事」に「成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「男系天皇制だったからこそ現在まで存続出来て来ている天皇制の歴史現実」等抜きのインチキ女系天皇容認論等を常連出演者等が一方的に大喧伝等していたが・・・。

『「つい最近までの人間社会」は「日本に限らず、男性上位」だった。「古の時代に始まった天皇制」が「女系天皇容認状態だった」なら、

「どの様な事に成っていたのか?」

「その時代に大きな実権を持った時の施政者」が

「女系天皇を嫁にする事」により

「天皇家と施政者の家の力関係を逆転させ、

その事により、天皇制はとっくの昔に終わっていた」等の「事態」が

「具現化していた筈」だ。

「男系天皇の場合」は

「天皇家に自らの娘等を嫁に{献上}する事」等は「出来ても」、

「男性上位人間社会の中では、天皇家自体を自らの家の下に収める事に直結している、女性天皇を嫁にする事は出来得ない」。

「男系のみ天皇に成れる仕組み抜き」に

「天皇制の現在までの存続は無い」。

「この重大現実」を「抜きにしたインチキ天皇制論等」では

「現状の男女同権人間社会観等の延長線上に、安易なる女系天皇容認論等が容易につくり出せてしまう」が

「其れは、天皇制が長く存続出来ていた現実とは無縁のインチキ論の域を出ない論に成る」。

「そんなインチキ論だけ」を

「公共の電波を使って一方的に大喧伝等する事」で

「多くの視聴者の頭の中に、女系天皇容認観等を擦り込みたい様相だった」のが

「常連出演者やご用達解説者等々の酷く、劣悪な実態」に「成る」。

「象徴天皇」とは「一般日本社会の人間とは別枠扱いであってこそ可能になる存在」に「他ならない」。

「歴史上の現実」でも

「天皇家自体が実権を持った施政者だった時代は、それ程長く無い」。

「天皇家以外の実権者が現れ施政者と成っても、

天皇家を国・国民の象徴としての頂き続ける事により、

施政者も政権維持をより容易にし続けて来ていた時代」が

「明治維新を迎える前まで続いていた」。

「象徴天皇制」は

「天皇に大きな実権を持たせる事により、

欧米列強にも対応出来る様にする為の挙国一致状態を一気につくり上げた明治~太平洋戦争終戦時の間を除いて、

長い歴史のある制度」に「他ならない」。

「一般市民社会とは別枠の男系天皇制だったからこそ、天皇制が現在まで存続出来ている重大現実」を

「ちゃんと理解・把握・認知等する」なら

「歴史上の繋がりを維持する意味からも、天皇は男系に限る事が非常に重要に成る」。

「女系天皇を容認する」なら

「例えば、北朝鮮金政権等が、核・ミサイル・大量破壊兵器等の脅しと、日本国内での工作活動等により、

日本の乗っ取り支配を実現してしまった後、

女性天皇を側室にして、

日本の頂点に在るのは金家等としてしまう事も可能に成ってしまう」。

「在日の母を持つが故に、朝鮮半島内だけでは無く、日本まで乗っ取り支配が必需に成っている

北朝鮮金正恩政権等の者たちや、日本の中のその手下等や協力者等」が

「女系天皇容認派」なのは

「上記の目的からも、必然の事に成る」。

「女性天皇でも男系の場合なら、危惧は相応に和らぐ事に成る」が

「女性天皇を側室としてしまう事」は「可能なまま」だ。

「象徴天皇制を保持する」なら

「歴史上の重大現実である男系であったが故に現在まで存続出来ている事」を

「きちんと取り入れ、男系のみ天皇に成れる状態を維持する」のが

「正道」に「成る」。

「北朝鮮金政権等問題が在る限り、女性天皇容認には慎重であるべき」だが

「北朝鮮金政権等問題が解消した後」なら

「男系女性天皇は容認されるのが当然に成る」。

「天皇制問題」は、

「もちろん、選挙の争点になどするべき問題では無く、

党派に関わらず、歴史上の重大現実もちゃんと取り入れた上で、冷静かつ慎重に考え、協議等した後で、

多くの日本国民が納得出来る結論を導き出すべき事」に「成る」。

「其れなのに、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等の様相を露呈し続けて来ている者たち等」は

「北朝鮮金政権等の命令・指令通りに事を進めている実態を露わにする事等により、

北朝鮮金政権等の為の、日本の大衆マインドコントロール~誘導情報工作等が

未だに、旺盛に続けられている事」等を

「北朝鮮金政権等にも、日本国内の他のスパイ・工作員等やその手下等にも、伝えたい様相」なので

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「そうでは無いと言うのなら、天皇制が存続している根幹に関わる歴史上の現実等」も

「ちゃんと情報配信するべき」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「グリーンピア問題利用{政治運動}」にも

「大いに呆れた」。

「大元の酷い大盤振る舞い」は

「今の政治家等とは無縁の事」に「他ならない」のに

「悪イメージの伝承感等を漂わせ」、

「実質的には、後処理に奔走した世代の政治家等が対象に成っている、現在の参院選選挙日まで」は

「グリーンピア問題を忘れないように!の旨」で

「いったい、何処の政党・政治家等を利そうとしていたのか?」は

「常連出演者等の日頃の発言内容等からも、良く判る」。

「天皇制問題」が「重大な現実情報抜きのインチキ」なら

「グリーンピア問題利用{政治運動}」は

「過去の問題の悪イメージ」を

「視聴者の頭の中で、後処理に奔走した政党・政治家等に被せさせる、

詐欺師的マインドコントロール」等に「成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「ジャニーズとテレビ局実権者等の結託ぶり」は

「多くの視聴者等も、少なくとも、薄々は気づいている事の筈」だ。

「現行法・現行の摘発体制で摘発出来ない手段を使う事」は

「日本国内の北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等と同様の事」だが

「摘発されないから無垢で無罪という訳では無い事」等も

「多くの視聴者等も、少なくとも、薄々は気づいている事の筈」だ。

「政界より遥かに激しい忖度等満載の様相の戦後日本のテレビ・マスコミ・芸能界等」の

「酷く劣悪な実態の氷山の一角が露呈している様相」だが

「そんな状態上でつくり出されている有名人等に本当の魅力が在る訳も無い」。

「上辺売りアイドル(=偶像)」では「無い」、

「芸や能力等の内実売りの芸能人等の起用が異常に少ない状態の裏」にも

「悪の結託上に在る、上辺売りを容易にし続ける為の悪の策略が在る様相」だ。

「テレビ・マスコミ・芸能界等の実権者等も含めた是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「日本の中の多くの詐欺から」は

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等の臭いが濃厚に漂って来る」。

「金を持っている騙し易い者たち等」を

「割り出す工作」は

「拉致対象者を割り出す工作とほぼ同じ」だ。

「詐欺の手法」も

「拉致対象者を有益分子化するマインドコントロールと基本的に同様の手段に成る」。

「大きな被害に成ってからの公然化」は

「其の詐欺工作による集金結果の報告の様なモノ」だ。

「日本の中の北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作員等やその協力者等を徹底摘発~排除する」なら

「日本の中の詐欺による集金も激減する事に成る」と「強く推定出来る」。

「テレビ・マスコミ等も、日本の中の北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作員等の実態や、

スパイ・工作活動等の実態等々を

意識的かつ積極的に、告発していて当たり前」に「成る」が

「北朝鮮金政権等の手下、情報工作員・機関等なら、其の辺りも、黙殺・圧殺せしめる事が合理的に成る」。

「現状までの多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態が上記のどちらに当たるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「是正が急務である事」も「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

NHK昼ニュースによれば「金正恩の高級車不正送致に大阪と尼崎の企業がかかわっていた」等の事だったが・・・。

『「タイトルの事態」は「日本の中に北朝鮮金政権等の実質的、手下等が実際に居る問題の氷山の一角が公然化された一例」に「成る」が

「もちろん、

拉致工作からも、

北朝鮮内在日人脈実権向上~日本乗っ取り支配必要性構築の為に

在日の母を持つ北朝鮮独裁者を誕生させる目的で行われた、

純朝鮮の故金正男不正入国バラシ工作からも、

電磁波工作・飲食物工作・侵入工作・医療工作等々からも、

明らかな様に、

日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等の数は、決して少なく無い」。

「テレ朝昼番」では

「実質的、韓国の為の日本の輸出規制強化に対する対応論」等を

「朝鮮と近しい常連出演者等」が

「日本の公共の電波を使って、一方的に大喧伝していた」が

「現状の{政治問題}の元凶は、言うまでも無く、韓国文政権等の側に在る」。

「日本の韓国ホワイト国外し」は

「従北政権の実態を露呈し続けて来ている韓国文政権等が招いている自虐劇の一つ」に「他ならない」。

「従北政権では無い、常道に在る政権に韓国が変化するなら、自動的に、現状の問題は解消される事に成る」のだから、

「先行した輸出規制」も「其れに続く、韓国ホワイト国外し」も

「文政権の間ダケの現状で終わる可能性も極めて高い事に成る」のだから、

「日本側は、北朝鮮等に不当に軍事転用可能物質等を輸出されない為にも、

従北政権化されている韓国政権である限り、ホワイト国外し等、必要な対処を行い続け、

協議等をしても、

北朝鮮金政権等と同様に、

従北政権側の要求を、呑むか?否か?レベルの不毛な協議等にしか成り得無い」のだから、

「相手が是正するまでは、無駄な協議等は行わない事」こそが

「合理的に成る」。

「其れなのに、文大統領と安倍総理の首脳会談による解決を訴えていた」のが

「日本のテレビ界で常連出演者等として{主}扱いされている、実質的、韓国文政権等の手下等で、

韓国文政権等が従北政権である実態からも、

其れが、北朝鮮金政権等の実質的、手下等に成る事」は

「冷静に少し考えるなら、多くの視聴者等誰もが、良く判る事に成る」。

「拉致工作を行ったり、手伝ったりした者たち等や、

金正恩に高級車を送り届ける事を行ったりした企業の者たち等と同様の、

北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等の実態を露呈し続けている者たち等」が

「日本の公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育上等々で、{主}扱いされている場合がかなり多い事」は

「其れら日本の情報・教育界自体の実権者等が、北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等である事等の露呈みたいなモノ」に「成る」。

「日本の情報・教育界等が、実質的に、北朝鮮金政権等に乗っ取り支配されたまま・・・で良い訳は無い」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「少し考えるなら、誰でもが判る事」だ。

「何故、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」では、

「日韓併合時に朝鮮半島内に居て、二国を一国化する二国間の国家契約に基づいて、朝鮮半島の近代化整備等を私財までつぎ込んで

頑張っていた日本人等の話しが出て来ないのか?」

「日本の敗戦につけ込んだ実質的、火事場泥棒行為等に対する断罪が無いのか?」

「その辺りの実状を知っている日本人の数は決して少なく無い」のに

「その様な日本人の人権も名誉も徹底的に傷付け続けて来ている上で、

朝鮮人の言い分ばかりを、さも正論の如く、大喧伝し続けて来ているのは、何故か?」

「大戦後、朝鮮半島内のほぼ全ての日本人は強制的に日本本土に引き上げさせられた」が

「日韓併合時に自主的に大量に日本本土内に渡来していた朝鮮人の多くは、

日本の敗戦につけ込んで、米軍の占領政策にも入り込み、非人道的に利権を略奪等した上に、

戦後の日本国内に居残ったまま・・・であるばかりか、

植民地支配詐欺~非人道的略奪行為等々を正当化し続ける為に、

戦後日本の情報・教育界にも深く入り込み、情報・教育工作等も行い続けている」ばかりか、

「そんな者たち等にとって都合の悪い真相等を知る人間に対する、集団的粛清工作等まで仕掛け続けて来ている」。

「植民地支配詐欺~敗戦につけ込んだ火事場泥棒・非人道的略奪行為等々」を

「未来永劫正当化し続ける為」には

「日本国と全ての日本国民を徹底支配し続ける必要がある」等の

「非人間的考え・思い等から、非人道的な集団粛清工作までも何十年にも渡って続けて来ている」。

「何十万人ものスパイ・工作員等やその協力者等による数十年にも渡る非人道的集団工作活動による犠牲者数」は

「少なく見積もっても、何百万人~レベルに成る」。

「北朝鮮金政権等の非人道性は、もはや、世界中の多くの人間たちが十分に理解・把握出来ている事に違いない」が

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等による非人道的な集団粛清工作活動等の実態等は、

日韓内等の情報・教育・政治工作等々により、実質的に、圧殺・黙殺状態が続いて来ている」。

「人間世界から徹底排除すべき極悪が其処に在る」。

「集団粛清工作による犠牲者数は、戦争犠牲者数を超えているかも知れないレベルに成る」のだから

「極悪ども全員の命をもってしても、贖い切れるモノでは無い」。

「人間世界から徹底排除した後に、未来永劫永遠の恥辱に染まる道の上に置き続けるべき存在が其処に在る」。

「其の正常対処を行わない場合、人類自体が、当宇宙から排除される事に成る」。

「極悪どもは、何時までも悪足掻きし続けずに、早々に、自主し、厳罰を受けるべき」だが

「極悪であるが故に、自主は期待薄に成る」。

「自浄が無理なら、外からでも、徹底的に排除しなければ、人類に長い未来は無く成る」。

「健常性を損ない続けているままの生命体や生命体集団である国や組織等々の存続が何れ不可能に成るのは、当たり前の事」だ。

「北朝鮮金政権等や韓国従北政権等の不健常性を是正させようとせず、

不健常~衰退等を理由に周囲からの援助等を要求し続ける極悪精神文化の先」に

「単独では国の存続さえも危うくなった日韓併合前の韓国が出来てしまっていた」のが

「現実」だ。

「日韓併合により、韓国も多くの朝鮮人も命拾いした」が

「其れを、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒等々に結び付けて、不当な手段で戦後の朝鮮半島内で国々を始めてしまった」から

「現状までの数多くの問題も起こされ続けてしまって来ている」。

「韓国と北朝鮮には、米韓合同軍事演習の再開という{踏み絵}が与えられた」が

「{踏み絵}を踏み、米韓軍事演習には過剰反応せず、米朝実務者協議で実効の高い核放棄実務を北朝鮮が約束し、即刻実行する道を進まない」なら、

「{踏み絵}を踏まない訳にはいかない韓国と北朝鮮との間で、何れは、戦争に突入する事に成る」。

「もって今年いっぱいの北朝鮮」と

「是正しない限り、ウォンに対する円保証も失う韓国従北政権」の

「先」に

「核・ミサイル・他国内での工作活動等完全放棄等もしない」なら

「存在出来るのは、戦争ダケに成る」。

「日韓併合により救われてなかったなら、産まれてもいない数多くの命の続き」が

「無く成る事態」を「招いている」のが

「朝鮮悪権力者等が後生大事に抱きしめ続けて来ている極悪精神文化」だ。

「極悪精神文化のままの北朝鮮金政権等やその手下等(韓国従北政権も含む)やその協力者等」の

「未来」は

「極悪精神文化のまま」なら「既に、決まっている」。

「日本の公共の電波上等や公共レベルのマスコミ上等や学校教育上等々」に

「従極悪精神文化者等を蔓延らせ続けている必要は全く無い」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番でも「参院選選挙区紹介政治運動」等が公共の電波を使って行われていたが・・・。

『「選挙区で各候補者を紹介する時」に「候補者の訴え等が切り取られて情報配信されている」が

「その時」に

「民放キー局等の全国放送等」で

「〇〇を勝たせてください!」等の「その選挙区だけに有効な訴え」を「切り取る」のと、

「〇〇党は酷いです!」等の「その積極だけでは無く、全国でも有効になる訴え」を

「切り取る」のとでは、

「全く意味が変わって来る」。

「与党側の候補者の訴えの切取り」が「〇〇を勝たせてください!の旨」だけで

「野党側の候補者の訴えの切取り」が「与党の〇〇党は酷いです!等の旨」なら、

「その番組の多くの視聴者が受けさせられてしまう印象に大きな差が出て来る事に成る」。

「〇〇を勝たせてください!等の訴えの切取り」は、

「紹介されている選挙区の視聴者等なら実感も大きく、興味も持ち易い訴えに成る」し

「その選挙区では無い視聴者等にとっては他人事で、興味も持ちづらい訴えに成る」が、

「与党の〇〇党は酷いです!等の訴えの切取り」は、

「紹介されている選挙区だけでは無く、全国の視聴者等が興味を持ち易い訴えに成る」。

「与党の〇〇党は酷いです!等の訴えの切取り」と

「野党の〇〇党は酷いです!等の訴えの切取り」の

「双方が在る」なら

「未だ、政治的中立性が保たれている事に成る」が

「元々、野党系のテレビ局・番組等では、

与党批判・非難等ダケを取り上げている場合が多い、顕著な政治的偏向性が見受けられ續て来ている」。

「公共の電波の特定周波数独占使用権」を「与えられている者たち等」には

「政界とは違い選挙も無い」から

「以前から応援し続けて来ている政党は、旧社会党~旧民主党~と、実質的に、同じ政党になっていたりする」。

「其処に露呈し続けて来ている」のは

「反体制の与党批判・非難等では無い」。

「自分たちの支持政党・同類オトモダチ人脈系以外に対する批判・非難等」と

「強く、感じたり、思ったり、させられ続けて来ている人々の数も、かなり多い筈」だ。

「公共の電波の特定周波数独占使用権にも、選挙等の手段による民意反映があって然るべき」だ。

「{政権交代}の無いテレビ・ラジオ等による、一方的な情報の大量配信」なら

「政治・社会的偏向性偏重性等が徹底して禁止されていて当然に成る」。

「酷い場合には、公共の電波の特定周波数独占使用権を剥奪される等々の、厳罰規定等があって然るべき」だ。

「選挙中にも、公共の電波を使った、

上辺を変えた数々の実質的、マインドコントロール的手段までも使っている、

内実、政治運動~大衆誘導等を行い続けている様相を露呈し続けて来ているテレビ・ラジオ局等が

実権者人脈の十分な交代も無いまま、存続し続けている事は、本当に異常」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「日本の敗戦につけ込んだ大戦後の異常な処理」にしても、

「韓国悪権力者や北朝鮮金政権等が行って来ている事」は

「実質的に、詐欺であり、略奪等々に成る」。

「元々、詐欺・略奪精神文化で国を始めてしまって来ている大戦後の韓国・北朝鮮等であるが故」に、

「世界にも大迷惑をかける問題行動等を行い続けて来ているのが実態」だ。

「精神文化の健常進歩・正常進化無き状態」では

「同様の事態が繰り返し、繰り返し、行われ続けてしまう事に成る」。

「昨今の日韓の間にある問題の元凶も、言うまでも無く、韓国側の悪い精神文化」だ。

「実体や事実・現実をありのままに認める事等により、

自らの国の精神文化を健常進歩・正常進化させる道では無く、

以前からの詐欺・略奪等の精神文化のまま事を進め続けようとする」なら

「韓国にも、北朝鮮にも、長い先は無く成る事に成る」。

「二国間の国家間契約だった日韓併合に基づく朝鮮半島内の急速な近代化整備」を

「侵略~植民地支配に替えさせる植民地支配詐欺」と

「植民地支配詐欺の先で可能になった日本の敗戦につけ込んだ侵略~略奪」の

「巨大悪事の実態」は

「歴史上の事実・現実を検証する」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが良く判る」。

「其れでも、戦後の日本側は、韓国に対しては、日韓基本条約で全てオシマイにする事により、未来志向で!」と

「韓国悪権力者等にさえも、常人化してくれる事を願い、優遇策を採った」。

「ところが、韓国悪権力者等は、日本側が優遇策を採った事を、活かさず、

更なる駄々をこねる事で、更なる不当利権を得続ける、元々の精神文化そのままの侵略~略奪の道を歩み続けようとし続けて来ている」。

「もちろん、そんな駄々を日本側が認める訳も無い」が

「それでも、談話程度なら・・・等々と、更なる優遇策を講じて、韓国悪権力者等の常人化に期待を寄せ続けて来ていた」のが

「実態」だ。

「しかし、韓国内でも北朝鮮内でも、反日情報・教育マインドコントロール等々まで行う事により、権力を得続けて来ている

悪権力者や金政権等」は

「既に、常人化する事=アイデンティティーの崩壊に成るレベル」に「成ってしまっている」ので

「常人化せず、駄々~詐欺~侵略~略奪精神文化のまま、現状に至ってしまって来ている」。

「もはや、是正すべき、させるべき者・物・事等は何処に在るのか?」も

「健常な人間なら、世界中の何処の誰でもが解る事の筈」だ。

「精神構造・精神文化の健常化という面から行く」なら

「元凶も、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る様にやり易い」のだから、

「歴史上の実体や事実・現実と、其れに対する日韓北の実際の対応等を解り易く列記したモノ等を、

大々的に全世界に発信する事」が

「非常に有効に成る」。

「本来の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、その実務等も意識的、かつ積極的に行っていて当然」だが

「戦後日本の情報・教育界の多く」は

「異常な戦後処理の悪影響上で、朝鮮系・所謂、左翼系に異常な程偏って来ている」。

「政界とは違い、選挙も無い情報・教育界」では

「実権者人脈の十分な交代さえも無い」。

「元々が、実体や事実・現実ありのままでは負けが決まっている者たち等が依存しがちに成る」のが

「核・ミサイル・大量破壊兵器等の脅しや、スパイ・工作活動等」だ。

「戦後日本社会の中では、朝鮮(韓国・北朝鮮問わず)系のスパイ・工作活動等がかなり旺盛に行われ続けて来ている」。

「飲食物工作や侵入工作や医療工作や電磁波工作や事故工作等々を使った非人道的な粛清工作まで多々在る」が

「其れでも、

例えば、北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈等の者たち等は、北朝鮮の拉致より日本の強制連行の方が酷い!等の論を

平然と、公共的マスコミや学校教育内等々でも、喧伝等し続けて来ていた、情報工作員ぶりまで露呈していた」。

「現状でも、上記の非人道的な粛清工作等を知っているのに、告発して、日本国民を救うのでは無く、

圧殺・黙殺等せしめる情報工作活動等に勤しんだり、

場合によっては、粛清工作のお手伝い等までしている様相を露呈し続けている者たち等も、

決して、少なく無い」。

「しかも、一般日本人人脈少子高齢化&その人脈子沢山策略まで実行し続け、

非人道的なスパイ・工作活動等の世代間連鎖状態までつくりあげてしまっている者たち等まで居る」。

「粛清工作等を行ったり手伝ったりしている者たち等に対する徹底した摘発~排除等が必要である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「戦後産まれの一般日本国民までもが粛清工作のターゲットにされ続けて来ている」のだから

「その悪質性はかなりのモノ」だ。

「世界的にも、徹底的に非難されて当然の実態が其処に露呈している」。

「北朝鮮金政権等も、韓国悪政権等も、日本の其れらのオトモダチや協力者等も、

即刻、非人道的な工作活動等を止め、過去の極悪事を詫び、その被害を償い、罪を認め罰を受けるべき」だ。

「其の様な事態が具現化しない場合、

其れ程遠く無い内に、

朝鮮半島内にはかなりの惨劇が訪れる事に成り、

日本国内でもその余波を受け、

非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている者たち等は、徹底撲滅させられる事に成る」。

「何処の国等でも、国等も国民等も、極悪状態の精神構造・精神文化のまま存続し続けられる訳も無い」。

「悪とは、健常存続を損なう事に他ならないから」だ。

「悪の存続の為には、健常存続者等の犠牲が常に必要に成る」が

「健常存続者が永遠に犠牲に成り続ける訳も無い」。

「其の潮目の変化」が

「昨今の米朝関係にも、日韓関係にも、如実に現れている」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、緊急事態条項等をダシに、常連出演者等が自民党に恐いイメージを持たせる、公共の電波を使った反自民政治運動等を行っていた様相だったが・・・。

『「憲法も含む現行法には数多くの不備が在る」のは「根本的に、科学レベルで判明している実体や事実・現実等との整合性を取っていないのだから、極めて当然の現象に成る」ので、

「是正が必要」だが

「その是正を現状までの法構築方上で行う」と

「必然的に、曖昧なモノに成る」。

「根本的に、曖昧な法」なので

「上辺の言語上で権威を持たせたり、

解釈により現実対応が行い易い様にしたり、

・・・等々」の

「誤魔化し手段も必要と成り」、

「誤魔化し手段を実行出来る立場に在る」のが

「政府・与党等に成っている」。

「代理制民主主義上の選挙」とは、

「実質的には、民意による政府・与党等選び」だから

「現状の法構築方上で重要に成る」のは

「それぞれの国民有権者にとって自虐度の低い政府・与党等を選ぶ事に成っている」が

「其処を誤魔化しながら、多くの国民有権者にとっては自虐的になるが特定極一部の者たちや他国等にとっては好都合に成る

政権への投票行動を誘発させよう・・・等とする者たち等が、

公共の電波上等でも頻発し続けて来ている」のが

「戦後日本社会の酷く、劣悪な実態」だ。

「大自然災害時はもちろん、他国からの軍事侵攻や他国人脈等による大規模テロ等々があった場合でも、

国政選挙等が困難になるのは当然の事」で

「其の様な場合に対応する為の、分り易い法が在るのと、無いのとでは、法体系自体の出来の良さに、若干の差が在る事に成る」。

「立法府である国会では、法の構築度をより高める仕事を行うのも当然に成る」。

「若干の進歩でも、進歩無き状態よりはマシに成る」が

「変化には、不安がつきまとう」ので

「其処で、不安を強調するのか?法の進歩を強調するのか?」で

「その情報配信による、視聴者・読者等が抱き易く成る感も変わって来る」のが

「現実」だ。

「法を進歩させようとしている自民党に対し、

不安や進歩不要等を強調していた野党支持者と強く推定出来るテレビ常連出演者等を主にした

公共の電波使用の情報の一方的大量配信の実態」は

「野党等を利す為の実質的、政治運動に成っている」。

「参院選公示中に、野党の為の政治運動等を公共の電波を使って行っている番組等が問題にされない方が異常」だ。

「是正が急務である事等は、もはや、言うまでも無い事に成る」。

「緊急事態条項を一番恐れている」と「強く推定出来る」のは

「日本の中に多数居る、北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作員等やその協力者等」だ。

「例えば、北朝鮮金政権等の命令・指令の下で、日本国内で大々的な表に出るテロ・工作活動等を行わされる事態が具現化した時」に

「緊急事態条項が在り、日本国側が早く厳しい対応も出来る状態と成っている」なら

「例え、何十万人レベルもの者たち等が行うテロや表に出る工作活動等だったとしても、

その被害を最小限に留めさせ、実行者の多くを摘発・拘束等する事が可能に成る」。

「逆に、無い場合」なら

「北朝鮮金政権等による、その様な事を行うぞ!脅しの効力も高く成り、

実際に、実行されてしまうなら、その被害も甚大なモノに成り易く成ってしまう」。

「北朝鮮金政権等と近しい政党等が、緊急事態条項の設定に反対している」のは

「単なる偶然とは思えない実態が、其処に露呈している事に成る」。

「上記の様な具体例を挙げた論等も、喧伝等されていた」なら

「相応に、緊急事態条項に反対の側に偏った公共の電波を使った情報の一方的大量配信では無く成る」が

「該当番組では、内実、緊急事態条項反対派推し論を主に、緊急事態条項賛成派推し論は副にして、

情報配信していた事」は

「それぞれの出演者数や発言時間等々からも、明らか」だ。

「対論無しでは無かったが、最初から主従感が決められている様相」は

「本当に、酷く、公共の電波使用、しかも、参院選公示中では、本当に、劣悪」だ。

「是正が急務である事等は、もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「日本の中の北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作員等やその協力者等」は

「未だに、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の非人道的な工作活動等を旺盛に行い続けている」。

「拉致工作が行われてしまってから、もう何十年も経つのに、

未だに、日本国内の非人道的なスパイ・工作活動等が実質的に、野放し状態に成っている事自体、

本当に異常」だ。

「~何十万人=もの者たちによる、数十年にも渡る、スパイ・工作活動等の犠牲者数」は

「少なく見積もっても、何百万人~レベルに成る」。

「表では、病死や自殺や事故死等々扱い」でも「内実は、工作活動故である場合も決して少なく無い筈」だ。

「現行法・現行の摘発体制では、摘発困難な手段を使っている、非人道的なスパイ・工作活動等の徹底摘発~徹底排除」は

「本当に、急務」だ。

「日本人人口が減っているのは偶然では無い」。

「外国人人口が増えているのも、偶然では無い」。

「異常な戦後処理~の差別的優遇扱い」で

「朝鮮半島の者たちや、中国の者たち等は、容易に日本に入り込み、犯罪者でも無い限り、日本国籍の取得も容易にされている」。

「平和・共存目的の人々ばかり・・・なら、良い」が

「実態としては、日本国内を北朝鮮金政権等や韓国悪権力者等や中国共産党支配下の中国にとって都合の良い状態にする為の、

実質的、スパイ・工作員等も、

かなりの数含まれている」。

「情報・教育工作ぶり等からも、政治工作ぶりからも、その実態は、少し、冷静に考えるなら、多くの日本国民が実感出来る事に他ならない」。

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の非人道的なスパイ・工作活動等に気づいている日本国民の数も決して少なく無い筈」だ。

「昨今の、韓国に対するホワイト国外し等からも、日本からの技術・情報・物品等の不当流出が、北朝鮮の核・ミサイル・大量破壊兵器等々の

開発~製造に大きな役割を果たした来ている実態も良く判る筈」だ。

「資金等の流出の多さ」も

「日本国内に、どれだけの数の、

韓国悪権力者等の実質的、手下等やその教職者等や、

北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等が要るのか?等を考えるなら、

其れこそ、何処の誰でもが良く判る事の筈」だ。

「平和・共存目的では無い、

侵略~乗っ取り支配等目的の臭いを濃厚に漂わせ続けて来ている、

非人道的なスパイ・工作活動等まで行い続けて来ている者たち等に対する、実効のある対策が急務である事」は、

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、「テレビとアイドル、政治」等について、常連出演者等がアレコレ喧伝等していたが・・・。

『「現状までの日本のテレビの一番の問題」は「公共の電波を使っている情報の一方的大量配信なのに、

情報配信実権者等が特定極一部の者たちに成っている状態のままで、

政界の選挙の様な、民意反映システムも無い事」に「他ならない」が

「其処は、黙殺・圧殺状態だった」のだから、

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「常連出演者等が、民放ダケでは無く、NHK等でも同様の者たちばかり・・・という異常な実態の裏に在る」のは

「テレビ局実権者等とゲイノウプロダクション等との強い繋がりに他ならない」。

「男性アイドル、実質、独占企業的状態のジャニーズにしても、

もちろん、そんなテレビ局実権者との繋がりが濃い、ゲイノウプロダクションの一つに他ならず、

テレビ局実権者等との強い繋がりの裏に在るモノ等々を

暴露等するのが、本来のマスコミ等の役割りの一つ」なのに

「テレビ局実権者だけでは無く、ラジオや公共レベルのマスコミ等の実権者や、学校教育界の実権者等の、多くが

同じ人脈状態であるが故に、

その辺りの実態暴露・告発等々も実質的に、無い状態が続いて来てしまっている」。

「薄給アイドル界の枕営業と言い換えられている売春の裏」にも、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界と学校教育界等による悪のコラボの追いやり構造つくりとその容認・黙認思想等の醸成」等が

「在る」。

「男性アイドル界も同様」と「推定出来る」のは

「お亡くなりになった該当事務所のドン」も

「かつて、その手の事で事件化され、有罪判決まで受けているとの話しもあるらしいから」だ。

「本来なら、とっくの昔に無くなっていても何の不思議も無いゲイノウプロダクション等が、存続出来て来ていたばかりか、

巨大化までして来ていた裏に何があったのか?」等は

「想像に難く無い」が

「その辺りにも、現状までのテレビ界等実権者等の悪の資質が露呈している」等と

「感じたり、思ったりしている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「金権比べっこを学力比べっこ等と繋げた新興宗教的思想を多くの生徒たち等に教え込んで来ている」のが

「戦後日本の多くの学校教育等の実態」で

「テレビドラマ等々でも、強姦や売春等々がしばしば公然化」では、

「学力不足や金不足の少女等が、売春等による金稼ぎ等を容認し易く成ってしまっていても、ある意味、当然」で

「其処に、ゲイノウ界という上辺はきらびやかな器の誘いも乗せられる」なら

「悪実権者等ご用達のゲイノウ界大奥等に見入りしてしまう被害者等も後を絶たない事に成る」。

「人脈・血統・思想等的に、悪実権等と同様では無い場合の冷遇」は

「当然の如く在る筈」で

「逆から言うなら、人脈・血統・思想等が、悪実権者等と同じなら、重用され易い事に成る」。

「悪実権者等が、しぼりにしぼった極少数の者たちばかり・・・を主として、テレビ・ラジオ・マスコミ上等で重用する事により、

芸が無くても、能が無くても、有名人化する事が容易な状態を得る事が出来て来ている、

重用者たち等の共通点」は

「その政治・民族・思想指向等からも良く判る」。

「多様性を著しく欠いている戦後日本のラジオ・テレビ・マスコミ等」だが

「一般市民に対する情報の一方的大量配信が行える状態に在ったのが、

実質的に、それらのラジオ・テレビ・マスコミ等だけ状態」で

「学校教育等でも、新聞からの切り抜きやテレビ・ラジオ等ご推奨内容等々を、重用」では、

「実質的、同一人脈のご都合に沿う、情報統制情報・教育状態」で

「染め上げられた者を優等生として重用」となれば、

「ネット普及による情報統制状態の崩壊まで、実質的、大衆誘導等が大いに蔓延り続けて来ていた事」も

「ある意味、当然の現象に成る」。

「ナチス・ヒトラーのラジオ・マスコミ等利用の大衆誘導と同様の実態」が

「戦後日本社会には、ネット普及前まで在り続けていた」が

「そんな時代は、また、東西冷戦の延長線上でもあり、所謂、東側政党等も元気な時代でもあった」。

「ネット普及以降」は「実質的、情報・教育統制状態も崩れ、徐々に是正されて来ている」ので

「本来の民意反映に近い、選挙状態にも成りつつある様相」だが

「未だに、往生際悪く、少しでも、お仲間政党等が有利になる様に・・・等と

トランプ政権批判・非難情報や、韓国市民は政権とは違うから仲良くニュアンス情報等々や、

該当コーナーでも、アイドルだけの話題にせず、政治までも混ぜて、情報配信していた様相だった」のだから

「本当に、呆れた」。

「北朝鮮に、実質的には、厳しいトランプ政権」の「批判・非難等から」は

「日本の中の北朝鮮人脈等の要請、もしくは、其処に対する忖度等の、強い臭い」が

「韓国市民が選んだ大統領は韓国市民とは違うから、市民とは仲良く!ニュアンス情報から」は

「日本の中の韓国人脈等の要請、もしくは、其処に対する忖度等の、強い臭い」が

「濃厚に漂って来る様相」だが

「其れらの事で有利になるところが何処に成るのか?」等は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「北朝鮮のオトモダチ」や、

「民潭の応援も受けていた」のと

「同様の臭い」を「未だに、公共の電波上に蔓延させている様」では・・・。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・芸能界や学校教育界」の

「実権者人脈も含めた是正」は「本当に、急務」だ。

「民意を反映させた実権者人脈の交代等があるべき、

公共の電波を使っている仕事や公共レベルのマスコミ等の仕事や学校教育等の仕事」の

「固定化状態」の

「是正」は「本当に急務」だ』。

『「学校教育」では

「金権比べっこや学力比べっこ」等で「調教する」のでは「無く」、

「本質・快適探究」と「自己健常制御の継続」等を「教えるべき」だ。

「比べっこ故の不要ストレス等は、いじめや虐待等の元にも成っている」。

「自己健常制御の継続により支配欲の本来欲求を充足させ続けている」なら

「その代償欲求として、他の者・物・事の支配や他の者・物・事による被支配を過剰追及する事も無く成る」。

「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性をとった上での善悪区別」も

「非常に重要に成る」。

「現状人間社会は、急速に、終わりに向かって崩壊して行く」が

「現状人間社会の終わりの後に、より自虐性の低い新世界を築けなければ、人類に長い未来が在る訳も無い」。

「自虐性の低い、人間社会・経済システムのベースに成る、

個々の人間の自虐性を低くする実現方法等を教える」のが

「今時に必要な情報・教育」に「成っている」。

「比べっこ強い」は「自虐性を高める」から

「現状人間社会・経済システム等の崩壊速度もより早くする実効がある」。

「結果、実際に、現状人間社会・経済システム等の崩壊速度も高まり続けて来ている」。

「酷いモノを壊す事には、相応の合理性がある」が

「壊した後に、つくれるモノが無ければ、お話しに成らない」。

「比べっこを頑張り、壊す速度を高める人間たちがいる」と「共」に

「自虐度の低い新たな人間社会・経済システム等をつくりだす人間たちも多数要る」。

「現状の所謂、文系の情報・教育等は、余りにも、比べっこ(=崩壊速度向上)側に偏り過ぎている」。

「その原因の一つ」は「固定化している実権者人脈」と「強く推定出来る」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「殺傷ドラマやいじめドラマ等々もあっても良い」が

「殺人欲動を殺すドラマやいじめから解放されるドラマも無くてはならない」のが

「今時の当たり前」だ。

「恋愛ドラマでも、ルックス・体力・地位・報酬・資産等々比べドラマ等もあっても良い」が

「本当に相性の良い相手を見出すドラマも無ければならない」のが

「今時の当たり前」だ。

「支配~解放(=新たな支配)ドラマもあっても良い」が

「他の者・物・事過剰支配追及からの自己、もしくは、集団的、解放ドラマも無くてはならない」のが

「今時の当たり前」だ。

「其れらのドラマの精神構造キーロジック」は

「比べっこから本質・快適探究への健常進歩・正常進化の実現」と

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配という代償欲求過剰追及状態から、

自己健常支配の継続による本来欲求充足状態への精神構造の健常成長」に「成る」。

「今時、ドラマ等々をつくる」なら

「精神構造や精神文化の進歩・進化軸からつくり始めて当然」だ。

「他者支配→自己健常支配」や

「比べっこ→本質・快適探究」等々が

「始めに在って当然」で

「其処に、多種多様な上辺の肉付けを行えば、

多種多様なドラマ・映画等々が出来上がる事」に「成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝等によれば、「韓国ホワイト国外し」を北朝鮮労働新聞が「安倍策動等と非難」しているとの事だが・・・。

『「北朝鮮の問題では無い筈の日本の韓国に対するホワイト国外し」を「北朝鮮労働新聞等が、安倍政権非難等にしている辺り」から

「韓国ホワイト国外しの影響が北朝鮮にもある様相」や

「参院選にあたり、安倍政権非難情報等を日本に蔓延させたい、北朝鮮労働党のオトモダチ人脈等の策動等の様相」の

「臭い」が「濃厚に漂って来る」。

「韓国は、米国ポンぺオ国務長官等に{泣き付き}」、¥3らw「米国ポンぺオ国務長官は、{泣きついて来た韓国文大統領の使い走り}を哀れに思い、理解を示した」が、

「もちろん、どんなに韓国が米国に泣きついても、

米国が日本との大戦中に植民地支配詐欺で騙されたのと同様に、

また騙される事は在り得ない」。

「韓国がいくら米国等に泣きついても、上辺では{よしよしわかったから・・・}等と理解を示されても、

内実では、韓国には、もっと、毅然とした北朝鮮金政権対応等がより強く求められる様に成るダケ」で

「従北大統領の思惑」は「最初から破綻する事が決まっているお手盛り妄想の域を出ない状態」に「成る」。

「実を求める米国トランプ政権」と

「虚の中に世界を引き摺り込む事により、不当利権を得続けようとしている韓国文政権や北朝鮮金政権等」の

「絶大なる差」は

「そのまま、それぞれの国々の状態(経済も含む)等にも直結している」。

「虚政権の下では、実社会・実経済等々が良く成る訳も無い」のだから、

「まともな国民なら、虚政権は一刻も早く終わらせ、実政権化しようとする筈」だが

「戦後の朝鮮半島内等」は

「元々の国の始め方自体が虚状態」なので

「ナカナカ実政権化も出来ず」に

「数々の問題行動等を引き起こし続けながら、世界に大迷惑をかけ続けて来ている」のが

「実態」だ。

「自浄が困難なら、他国等に助けを{お願いする}のが常道」だが

「虚であるが故に、実政権化出来ている国々より、常に、自国を上に置きたがって来ている韓国・北朝鮮の場合」は

「{お願いする}のでは無く、{助けないとお前らが酷い目に合い続けるゾ~!}と、

他国が相手にせざるを得ない問題行動等を次々と起こし続け、

自ら引き起こした問題を解決する為に援助せよ!金をよこせ!!等々と、

駄々をこね続けて来ている」。

「最初の頃の駄々に付き合ってやれば、何れは、情動に在る国へと変化してくれる」等の

「日本をはじめとする、駄々相手国の望みも虚しく」、

「北朝鮮と韓国による、問題行動~駄々の連鎖は止まらず」、

「北朝鮮に至っては、世界中からのダメ出しが出され、制裁が科される状態に既に、成っている」。

「韓国は、一応自由・民主主義圏の一国として扱われ、北朝鮮対応上から、かなり優遇状態に置かれていた」が

「従北大統領政権と成ってしまってからは、更なる問題行動等が頻発させられて来ている」ので

「日本が韓国をホワイト国扱いから除外する」のは

「極めて当然の措置」に「成る」。

「ここで、韓国が、従北状態を悔い改めない」なら

「更なる、制裁措置等が必要と成り、其れは、日本だけでは無く、米国等からにも広がる事に成る」。

「韓国ハーウエイ使用問題」等も「既に、在る」から

「北朝鮮金政権等や中国共産党等に韓国が近づけば近づく程、韓国への制裁も強められる必然性がある事に成り、

其の行き着く先」は

「元を絶たなければダメ!!!」で「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争に成る」。

「中国共産党から見ても、北朝鮮金政権等の側に立つメリットは皆無」で

「解放戦争後に北朝鮮内を中国共産党が管理出来状態と引き換え」に

「解放戦争容認~反撃参加無し&北朝鮮防衛の為に北朝鮮内に中国共産党軍進駐」と「成る」。

「多くの韓国国民等」が

「上記の様な状態を望まない」なら

「即刻にでも、従北政権から常道に在る政権への政権交代を実現させるべき」だろう。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等」も

「行うべき事」は

「脱虚」であり

「歴史上でも、自分の実体でも、現実を認め、現実と共に生きる事」だ。

「単独では国の存続さえも困難な状態に陥っていた」から

「当時の韓国の実権者等」は

「先ず、日本に救済を求め、後に、二国を日本よりの一国化する日韓併合国家間契約を正式に締結した」。

「当時、日本から朝鮮半島等に渡った日本人」は

「武器を持ち、朝鮮を侵略~支配する為に渡ったのでは断じてt無く、

二国間の国家間契約に基づいて、金と技術と仕事等々を持って、

朝鮮半島内を日本本土内同様に、近代化整備する為に渡った」のが「現実」だ。

「元々、二国をより進んでいた日本よりに一国化する国家間契約だった」ので

「朝鮮人の人権も日本人と同等扱いだった」のが「現実」だ。

「朝鮮の王族は、日韓併合後の日本の準皇族に成った」し

「朝鮮の貴族は、日韓併合後の日本の貴族に成った」。

「一般市民」も「日本人と同等の扱いだった」から

「朝鮮半島から日本本土への自主渡来も出来ていた」。

「日本よりに一国化する国家間契約だった」ので

「朝鮮人には、創氏改名で日本人と同様の名前を得る権利も与えられた」。

「日韓併合当初」は「朝鮮半島内」で

「色の無い(白いでは無い)着物を着て、読み書きさえも出来無い朝鮮人一般市民が多数居た」が

「日韓併合後」には

「学校も整備され、インフラも整えられていった」ので

「朝鮮半島内の朝鮮人一般市民の教育・文化・衛生水準も、急速に日本本土並みに成って行った」。

「一般市民レベルでは、元々の教育・文化・衛生水準が当時の日本人と当時の朝鮮人とではかなり違っていた」ので

「学校等も分けられていた」が

「教育水準が日本人同等レベル以上の優秀な朝鮮人は、日本人の学校にも通える様に成っていた」ので

「学校区別も、差別政策では無い」。

「紙の製造も工業化されていなかった当時の朝鮮半島内」では

「オンドル部屋に敷く紙も高く、多くの朝鮮人一般市民の家では、ボロボロの紙を強いていた」が

「日本人が朝鮮半島内でも紙の製造も工業化した」ので

「綺麗な紙を敷ける朝鮮人の家々も増えた」。

「日韓併合時の朝鮮半島内では、元々の教育・文化・衛生水準の違いが、当初は。激しかったが、

時と共に、その差も縮まり、日本人一般市民と朝鮮人一般市民の仲も、相応に良好だった」。

「日韓併合後の方が良い」等を「公言していた朝鮮人も数多かった」。

「インフラ整備が不十分だったが故に、物流は基本的に日本本土経由にされていた当時の朝鮮半島内では、

日本人も朝鮮人も同様に、本土より不利な生活を強いられていた」。

「より近代化整備が進み、物流も朝鮮半島内より良い、日本本土に、

当時の多くの朝鮮人が、仕事やより良い生活やより良い報酬や、別天地等々を求めて、

自主渡来していた時」にも

「朝鮮半島内では、私財までつぎ込んで朝鮮半島内の近代化整備等を頑張っていた日本人も数多かった」。

「戦争の足音が近づいて来る」と

「上記の様な、二国をより進んでいた日本寄りの一国化する国家間契約に基づいた良好な関係」が

「一気に怪しさを増して行った」。

「日本が戦争に勝ったら・・・」

「日本が戦争に負けたら・・・」双方に基づいた「考え・思い」等が

「多くの朝鮮人の頭の中でも渦巻く様に成って行った」。

「朝鮮半島内は、大戦の被害から実質的に免れられた事等も重なり」、

「日本の敗戦につけ込んで、日本人を追い出して、朝鮮半島内のモノを全て、朝鮮人のモノにするなら・・・」の

「悪の欲動」を「増大させた朝鮮人も決して少なく無かった」。

「そればかりでは無く、日本本土に自主的に渡っていた多くの朝鮮人の中には、

米国の占領政策等を悪用して、丸腰にされた日本人に対し、乱暴狼藉を働き、資産等々を略奪した者たちまでもが、

全国各地で顕在化した」。

「米国内等での植民地支配詐欺」と「大戦後の悪の欲動の悪コラボ」で

「戦後の朝鮮半島内」も「日本国内の一部」も「始められてしまって来ている」。

「悪の欲動のコラボ」では「無く」、

「常道に則った、日韓併合国家間契約の解消から、戦後をスタートしていた」なら

「その後の朝鮮の問題は、朝鮮人同士の支配権争い等々レベル」で

「収まっていた筈」だが

「元が、悪の欲動のコラボ」なので

「戦後韓国・北朝鮮等の問題行動~駄々こね等々」は

「大戦後70年以上も経っている現在でも、未だ、旺盛に成ってしまっている」。

「元から直さない限り、収まる訳も無い事の先に在る」のは

「元を直す正道」か

「全てを消し去る壊滅」かで

「後者の為に核・ミサイル・他国内での工作活動等まで保持~拡大し続けて来ている」のが

「北朝鮮金政権等の実態」だ。

「従北政権化された現状の韓国も其れに追従している」から

「早急な韓国の是正無き場合、朝鮮壊滅の時が、どんどん近づいて来る事に成る」。

「日本は、その余波のチリを受けてしまう事に成ってしまう」が

「日本と近い、大問題が無く成る事による、その後のメリットは絶大」で

「其れこそ、アッと言う間に、

チリに埋もれた状態から脱し、

国際社会の中でも、必要な大務を担う事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

本日はほとんど「亡くなったジャニー氏」等の情報でテレビ等は埋め尽くされるのだろうが、工作電磁波等による粛清工作がより旺盛に成っているが・・・。

『「筆者の寝床の下に在る、集合住宅の電源設備と隣の商業施設等の電源設備等からと推定される工作電磁波の強さ」が

「より増されて来ている」ので

「迷惑な事だが、その対策の為に、時間もお金も手間もかけさせられ続けている」。

「寝場所を変えても工作電磁波の照射方向も変えられている実態からも、

筆者の寝どころを覗き見しながら、工作電磁波の発生方向を調整している者の存在も、良く判り、

其れが、上方向からの覗き&粛清用工作電磁波である実態も既に判明している」。

「出先でも、車のスマートキーに対するリレーアタック照射の為に、意図的に筆者の近くに来る者たち等の

頻発が在る」。

「一応、スマートキーの電波が出ない様に、ケースの中に入れている」ので

「出先での車不正開錠による車内リード線等いじり」で

「運転中に筆者の目や顔や頭や心臓やペダルを踏む足等に向かって、工作電磁波が当たってしまう様にされてしまう確率」は

「かなり減った」。

「其れでも、携帯位置情報等の不当所得により、

筆者の居場所を察知して、

筆者の車の前後・左右等から、強い工作電磁波を発生させて当てて来る車や通り上の建物や信号設備等から強い工作電磁波が当てられる事」は

「未だに、頻発している」。

「携帯電源オフ状態や携帯を家に置いて、出歩くと、遭遇確率が明らかに減る」から

「携帯位置情報等が不当に悪用されている可能性が極めて高い事に成る」。

「周囲に現れる強い工作電磁波を当てて来る者たち等」には

「相応に、共通点が在る」。

「●や半●組織員風である事も稀では無い」が

「外での遭遇者は、組合員風やその子世代の学生等である場合が非常に多い」。

「当ブログの内容」等が「困る、或いは、気に入らない」等々から、

「言論による反論等では無く、粛清工作等を選んでいる集団」や

「戦後の日本で産まれた筆者」の「片方の親」が

「日韓併合時に朝鮮半島に居て、当時の朝鮮半島内に実状等の情報を筆者も、ある程度は、知っている」からか、

・・・「何れにしても、集団で、筆者に限らず、個人に、非人道的な粛清工作等を仕掛け続けて来ている者たち等の酷さ」は

「厳罰に値するレベル」に「成る」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による大々的な告発」や

「警察等による徹底的な摘発」等が「在って当然」だが、

「工作活動等を仕掛け続けて来ている集団」が

「戦後日本の政界や情報・教育界等で大きな力を持ってしまっている」等の

「理由から」か、

「現在までのところ、本格的な告発も徹底した摘発も、実質的に、皆無の様相」だ。

「仕方無いので、個人レベルの自主防衛状態と成ってしまっている」が

「自主防衛をしていない人々」なら

「粛清工作により、命や健康等を失わされていたり、個人情報等を吸い上げられて悪用されていたり、・・・等々していても、

何の不思議も無い状態が露呈している」。

「現行法・現行の摘発体制では摘発困難と推定される、

より疑似高周波側に経時変化し続けている複数和音で直進性があり照射場所も使用電力や集中度合い等による強さ等もコントロール可能な

音響兵器の電子・ホール版的事態の有る工作電磁波」や

「鍵にも成らない鍵や、コピー鍵等を悪用した、連続侵入工作による、弱毒物・有害物等仕込み続け」や

「意図的に、撥水スプレー等を高確率・高頻度でターゲットに吸わせる大気工作」等々の

「工作濃度を高める事よる粛清工作」等々の

「非人道的な工作」を「個人相手に、集団で行い続けて来ている、日本国内に居る、極悪集団等」の

「徹底摘発~厳罰」は

「急務」だ。

「もちろん、組織的工作活動の裏には、その命令・指令等を出している大元の悪が居る事に成る」。

「其れが、何処のどの様な者たち等に成るのか?」は

「北朝鮮による拉致を拉致工作と実態通りに捉える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが、容易に推定出来る事に成る」。

「北朝鮮金政権等や、北朝鮮金政権等の裏に居る本当の北朝鮮の実権者たち等」の

「命令・指令」等の「臭いが濃厚に漂っている」が

「そうなら、北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈等の者たち等が、協力等していて、或いは、させられていて、も何の不思議も無い事に成る」。

「一端、拉致工作でも、何でも、工作活動等を手伝ったりしてしまった」なら

「その時点で弱みを握られ、その後の工作活動等も行わされている可能性は極めて大きい」。

「早急に、徹底的に摘発~排除する事」が

「日本国・多くの日本国民の重大メリットに成る」。

「何故なら、日朝交渉時等にも、大いに使える材料に成るから」だ』。

『「北朝鮮の核放棄は、核凍結から・・・」とは、

「核凍結の確認の為に、米国実務者等が北朝鮮内にドンドン入って行ける状態をつくり出す事とセット」で

「その先には、米軍による北朝鮮の核兵器の運び出しも付いている」から

「最終的には、北朝鮮の完全核放棄に成る」。

「北朝鮮側が米国実務者や米軍の受け入れを拒む」なら

「直ちに不成立と成り、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争に成るダケ」だ。

「核放棄実務に非常に強力的だった金正恩等は、その功績から、金正恩時代の極悪事を当面不問にされる事に成る」ので

「ある程度の延命は可能に成る」が

「他国内でのスパイ・工作活動等を完全放棄しない場合」は

「早々に、処刑される方向に導かれる事に成る」。

「この辺りの実状が既に解っている筈」の

「北朝鮮の本当の実権者等」は

「既に、金正恩等の粛清を考えていて当然に成る」から

「金正恩等が先に、其れらの者たち等を粛清するか?」

「其れらの者たち等が、先に金正恩等を粛清するのか?」の

「チキンレースが既に始まっている事に成る」。

「現状では、米国トランプ政権等が金正恩側に付いてはいるが・・・」。

「北朝鮮金政権等と韓国従北政権等の繋がりの濃さ」は

「今更、云うまでも無い事」だろう。

「日本の中の其れらのオトモダチ等も含めて、非人道的なスパイ・工作活動等を行っている者たち等の

徹底摘発~排除等は、本当に、急務」だ』。

『「昨今の日本に対する韓国等の対応」からも、

「北朝鮮金政権等の核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等の問題」からも

「朝鮮半島クラッシュダウンの時」が「迫っている様相」だ。

「日本ダケは下に置きたい朝鮮半島悪権力者等」が

「日本に八つ当たり状態に在る事」は

「そのまま、世界中から十分に相手にされていない実態の露呈にも繋がっている」。

「懐柔工作等で一部実権者等をどんなに寄せても、実が無ければ話しに成らない、世界中の健常人間からの支持は得られる訳も無い」。

「実食に、是々非々で、対処する」なら

「北朝鮮金政権等や韓国従北政権等が行って来ている事等」には

「多くの、世界中の健常な人間が、素直に認められる訳の無い事等が含まれている」。

「其処を是正する事無し」に

「朝鮮半島の明るい未来は在り得無い」』。

『「未だに、北朝鮮金政権等や韓国従北政権等のご用達情報配信等を行い続けている

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等は、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「弱みを握られているが故の現象かも知れない」が

「是正が急務である事等は、もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

日頃から、~旧民主党等~寄りの政治誘導が濃厚な、テレ朝で「反権力ドラマ」が流されるらしいが・・・。

『「この時期に、反権力ドラマをぶつけて来たところ」にも「政治運動の臭いが濃厚に漂っている」が

「権力を言う前」に

「何が権力を持てるのか?」等の「検証情報等が在る事」が

「重要に成る」のが

「今時の時代」に「他ならない」。

「科学の世界」では

「権力を持っている」のは、

「科学レベルで判明した実体や事実・現実」で

「其れを判明させる実務をこなした事等により、判明した実体や事実・現実と同じ立場に居る事が出来ている者たち等」にも

「実体や事実・現実と共に在る限り、相応の権力も得ている事等が可能に成っている」。

「実権の主」は

「実体や事実・現実」であり

「其れと共にある者たち等に、従実権が生まれる」。

「ところが、所謂、文系の比べっこ状態がずっと続けられて来ている人間社会」では

「権力を持てる」のが

「武力にしても、経済にしても、比べっこ上の優位者に成ってしまったままで来ている」。

「あくまでも比べっこ上の権力」なので

「権力を保持出来た者たち等でも、比べっこ上でより優位な者たち等が現れた場合」には

「権力を失う事態等も容易に生じる」。

「比べっこでは無い、本質探究上の権力が実体や事実・現実通りに原寸大で存続~永続するのとは、

全く違う、未熟な、或いは、稚拙な状態が其処に露呈している」が

「この根本的問題」を

「黙殺・圧殺等し続ける事等により、実質的に、無かった事にする事で、

現状で得られている権力を維持~増大等させようとし続けて来ている」のが

「現状権力依存者たち等の酷く、劣悪な実態」だ。

「政府・与党等や野党等や国会議員等々も、権力を持っている」が

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って、情報を一方的に大量配信出来る立場を持っている者たち等も、権力を持っている」。

「~旧民主党等~のお仲間の臭いが濃厚なテレビ等」が

「現状で、反権力ドラマを長し、反権力を喧伝する事の実態」は

「現与党等に対する反権力感を視聴者の中で増大させる政治運動等」と

「感じたり、思えたり、する人々の数も多い筈」だ。

「其の辺りにも、公共の電波の政治利用の濃厚な臭いが漂っている」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「比べっこ上の権力」は「実質的には、虚像」に「他ならない」。

「其れを権力と思えたり、感じたり、認めたり、信じたり、している人間たちの中でのみ、実権が生まれているのが実体」だ。

「ある意味での、宗教的世界」が「其処に露呈している」。

「今時の人間として本当に大切な事」は

「其れに、権力を与える事が自虐に成るか?成らないか?等の検証に基づいた、

その権力に対する、認否等」に「成る」。

「自虐的に成る・成らない」を

「正確に判断する為」には

「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取った善悪区別等が必要に成る」。

「比べっこ上」では

「比べっこに勝てば勝ちで、権力も保持~維持~増大等出来てしまう」が

「本質探究上」では、

「実体や事実・現実離れしているダケで既に負けが決定していて、権力も持てない」が

「実体や事実・現実と共に在るなら、

どんなに多い数の人間集団が其れをどんなに否定し続けようとしていても、

既に、従権力は持てている事に成る」。

「其れは、歴史上の天動説→地動説への進化からも良く判る現実」だ。

「今時、権力ドラマをつくる」なら

「比べっこレベルから本質眼球レベルへの進歩・進化が描かれていてこそ、相応に、合理的な価値も伴っている事に成る」が

「果たして、テレ朝のドラマはどうだろうか???」

「ゾンビアニメ(=原作者が亡くなってしまった後に、キャラだけを都合の良いホンに沿って、独り歩きさせているアニメ)が

大得意な局」だけに、

「ゾンビアニメの血統家族主義等擦り込みと同様」の

「反権力政治思想等擦り込みに成っているんじゃないの・・・」等と

「案じ」、

「公共の電波の、人類にとっての、実質的自虐使用状態等までもが懸念される」等々と

「感じたり、思ったり、している」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「既に、ドラマは撮り終わっているらしい」が

「上記の様な懸念等を見事に吹き飛ばす様に、

政治思想擦り込み等の劣悪な状態だったなら、

比べっこから本質探究への精神構造・精神文化の進歩・進化等の今時に必要な情報配信内容のモノへの

撮り直し等を直ぐにでも行うべき」だろう』。

『「何れにしても、

現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等による、

上辺を工夫しながらの、

内実、そのテレビ・ラジオ・マスコミ等の常連出演者等や実権者等が支持している勢力を利す為の

政治運動ぶり等」は

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「公共の電波の不当利用状態」が「其処に露呈し続けて来ている」。

「元凶」が「政治的偏りのある常連出演者・実権者等ばかりが集まって出来ている戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等の人脈実態」に

「在る事」は

「もはや、疑いの余地が無いレベルの話し」に「成る」。

「選挙も無いから、実権者等人脈の交代も不十分過ぎる、酷く、劣悪な実態が其処に露呈し続けて来ている」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

より以前の記事一覧