既に詰んでいる中国共産党だが・・・。

『「清末期の中国は、欧米列強等による半植民地状態」だった。「当時、モノを言ったのは、武力」だった。

「第二次世界大戦が終わり、冷戦も終わり、武力がモノを言う、武力比べっこの時代は、実質的に終焉している」。

「現代は、経済戦争の時代」に他ならない』。

『「より新しい、より高度な武力や、より多い有用資源等を持っていたところが勝った、武力比べっこの時代と同様」で、

「経済比べっこの時代である現代」では、

「より高度の科学・生産技術等やより多い有用資源等を持つところ」が「勝ちを得る」。

「より高度の科学・生産技術等を持ち、有用資源等も押さえている欧米列強等」が、

「中国を重要視している」のは「経済的植民地として・・・」に他ならない』。

『「中国・中国国民を支配している中国共産党」が「そんな現代に、行わなければならない事」は、

「言うまでも無く、経済メリットを得られる科学・生産技術等の育成」だ。

「例えば、環境を破壊せずに、衣食住を行い、他の国々に売れる生産物を生産出来る様に頑張る事」だ。

「中国が経済的植民地から脱する道は、それ以外に無い」。

「それなのに、時代錯誤の軍備増強・・・しかも、旧ソ連やロシアの技術・・・という負ける軍備の増強・・・」では、

「無駄過ぎて、傍から見れば、本当に哀れ」である』。

『「かつての清王朝の立場」に「今の中国共産党が在る」。

「日清戦争でも負ける程、衰退した清による中国内統治」が「崩れ、中国内は混沌とした」様に、

「衰退した中国共産党による中国内統治」も「そう遠くない将来崩れる事になる」。

「軍事的に混沌とした過去とは違い、経済的混沌で済む」だろうから、

「混沌の先に、ちゃんとした状態が出来れば良い」のだ。

「中国は、一刻も早く、既に詰んでいる中国共産党による独裁支配体制から脱し、

現代のほとんどの国の標準スタイルである民主化(共産思想上の理想的民主化では無い、現状で出来る一般的な民主化)するべき」だ』。

|

日本の左翼政権は、いい加減に「韓国の為の円高」は止めるべき・・・。

『「現状日本の政権」は、「左翼(親朝鮮現状権力者)民主党政権」だ。「おまけに、日銀のお偉いさんたち」も、「散々、民主党の連中が文句を言って、今の人々になっている」。

「左翼(親朝鮮現状権力者)人脈の人々の判断」は、「朝鮮&在日朝鮮人等>日本」であり、

「行われている政治」も、「その路線の上を走るかたちとなってしまっている」。

「日本が、余りある円高を放置・容認し続ける事」で、「一番のメリットを受けている」のが、

「韓国の家電・自動車等の輸出産業」であり、

「韓国のそれらの輸出産業」は、「日本の技術を学び・或いは、盗み取った上で、国策で行われている」』。

『「日本の左翼政権」が「行っている政治」は、「朝鮮の為の政治」に他ならない』。

『一刻も早く、「日本の為の政治」を行う、「日本の政党」に「政権を持たせなければ」、

「日本の輸出産業」は、「朝鮮の為の政治のせいで」、「壊滅状態に追いやられてしまう」・・・』。

『「民主党等、左翼(親朝鮮現状権力者)政党に、投票してしまう事」は、「一般日本人なら、自虐的」である。

「左翼(親朝鮮現状権力者)政権か?否か?」は、

「外国人参政権に対する賛否」を見れば「明らか」だ。

「主流派、もしくは、実権を持つ者等」が、「外国人参政権」に「賛成」なら、「左翼(親朝鮮現状権力者)」である。

「民主党」も、「社民党」も、「公明党」も、「共産党」も、「左翼(親朝鮮現状権力者)政党」である』。

『「余りある円高」は、「直ちに是正されるべき」である。

「是正出来ない、しない、政権」など、「一刻も早く、政権の座から引き摺り降ろすべき」だ』。

|

「雇用!雇用!!」と言うけれど・・・。

『「経済を良くする為には、雇用だ。・・・」等々の事は、良く言われている。しかし、「雇用で経済を良くする事」は「容易く無い」。

「現状の経済原理に基づいた合理化」等により「職を失った人々」が「元の職と同様の職に就き、元の職と同様の報酬を得る事」が、「どれ程、困難か?」を考えれば、

「誰にでも解る」通り、「雇用で、経済を良くする・・・」は、「幻想なのである」』。

『「それでは、何故、経済が悪くなるのか?」

「実体経済界のお金の流れが滞ってしまっているから」だ。

「何故、実体経済界のお金の流れが滞ってしまうのか?」

「現行経済システムが、過剰な集金行為や、過剰に集金したお金を金融・投資界に回す事に対して、現実的に有効な規制をしていないから」である。

「何故、有効な規制が出来ないのか?」

「現状で、経済システム等を補正する権利や立場を有している者たちの多くが、

過剰に集金出来ている者や、

過剰に集金したお金を金融・投資界に回す事で更なる利益を得ている人々だから、に他ならない」。

「極一部の人間たちのメリット維持の為」に「数多くの一般市民が本来得られるメリットが失われている」のである』。

『「雇用、で得られる仕事の内容も問題」だ。

「リストラされる前にしていた仕事」が「合理化された」のなら、

「リストラされる前にしていた仕事の為に磨いた才能等は使えなくなる」。

「人間社会」では、「どんどん、所謂、仕事の機械化・合理化が行われ」、

「人間がこなさなければならない仕事の絶対量は、減少している」のに、

「人間自体の数は、増え続けている」。

「現行の経済システム」は、

現状の「合理的に仕事をこなす事」で、「大きな報酬を得る事を成功としている価値観」と合わさる事で、

「極一部の成功者たちと、大量の失敗者たちが、必然的に生じてしまうシステム」になっているのだ。

「こんな自虐的なシステム」を「後生大事に抱きしめている義務」など、「何処にも、誰にも、無い」のだが・・・。

そればかりか、「そんなモノを抱きしめ続けている人々が主流のまま」なら、「確実に人類は、滅亡してしまう」のだが・・・』。

『では、「どうすれば良いのか?」

先ず、「仕事の概念を現実化する事」だ。

「地球生命体細胞群の一塊である一人の人間にとっての本来の仕事」とは、

「地球生命体細胞群の存続~永続に貢献する事」である。

「極めて個人的な世界でも、地球生命体細胞群の存続~永続への貢献」という基準から見れば、

例えば、「自分を健康的にコントロールし続ける事」は、「立派な仕事」なのである。

そして、それは、「誰もが得られる新たな雇用」になる。

「自分を健康的にコントロールし続ける事が、本当に仕事に価するのか?否か?」は、

「自分の実体も???のまま、

自分を健康的にコントロールし続ける事も疎かに、

自分の下に大枚を集め、

実体経済のお金の流れを滞らせると共に、

集めた大枚を金融投資界に回して、更なる大枚を稼いでいる様な、

現状の現実離れした価値観の下では、成功者とされている者たちの行っている事」と、

「その実体を比べてみれば明らか」だ。

「地球生命体細胞群の存続~永続への貢献の違い」は、誰の目にも「明らか」である。

「現実的な経済システム」なら、「仕事の報酬」は、「地球生命体細胞群の存続~永続に対する貢献度に基づいて支払われるべき」である。

上記の例なら、「健康的に自分をコントロールし続けている人間」には、「相応の報酬」が当然であり、

「自分の下に大枚を集める事で、地球生命体細胞群の存続~永続を危うくしている人間」には、「罰金や重税等が相応しい」。

「基本的実生活」は、「どんな人間にも必要」である。

「基本的実生活費相当分くらい」を「自分で自分を健康的にコントロールする事で、誰もが得られる様にする事」は、「現実的に、合理的」だ』。

『「人間は、基本的実生活がある程度安定する事」によって、

「その上に構築されるべき、例えば、宇宙開発等の新たな仕事も、

悪戯な利権争い化する事無しに、健康的に行える」。

現状では、「大金持ちを容認する事」と、「誰もが(実際は、極僅かの人間が)大金持ちになれる権利」を「並存させる事」で、「大金持ちの実害や悪」を「誤魔化している」。

その結果、「大金持ちを容認する事」で「基本的生活の安定さえ失っている数多くの人間」の多くが困窮に喘ぎ、一部は、「大金を得る為に、犯罪行為にまで邁進してしまっている」。

そして、「大金を持つ人間たち」が「権力まで持っている結果」、「悪戯な現状維持が続き」「現実化という是正すら満足に行われない」』。

『「現状の経済システムは既に破綻している」。

「現状の経済システムは、人類滅亡まで誘っている自虐的なシステムだ」。

「現実離れしている自虐的な経済システムの早急な是正は必需である」。

「人類滅亡」と「経済システム等の是正」の「どちらを選ぶ事が賢明なのか?」は「言うまでも無い」だろう』。

|

「反日デモ」が「反中国共産党デモ」に化ける日・・・。

『「中国で反日デモ」が起こる原因は、「中国共産党による反日教育」と「中国一般国民の現状脱出欲動」である。

「中国共産党」は「中国一般国民の不満の捌け口」として「日本」を「選び」、

「反日教育」で「大衆を誘導コントロール」して来た。

「中国と日本との関係が薄い間」は、「大きな問題も起き難い」が、

「中国と日本との関係が濃くなると共に」、「嘘っぱちの反日教育に基づいた反日デモ」等では、「中国一般国民のストレスも抜け辛くなる」。

結果、「現在の反日デモの先」には、「反中国共産党デモ」が見え隠れしている』。

『「嘘を基に、自国の一般大衆をコントロールする現状権力者たち」は「数多い」。

しかし、「何れにしても、基が嘘である限り、破綻は時間の問題」である。

「中国の反日教育のロジック」は、「北朝鮮のそれと同様」であり、「そのロジックと同様のロジックで韓国の現状権力者たちも動いている」。

「日本をスケープゴードにし続けている限り、極東地域の破綻」は、「近い」』。

『「破綻を避ける道」は「唯一つ」だ。

「嘘が基の教育・情報等を詫び、真実を基にした教育・情報で、是正する事」である。

「現状権力者たち」に「突きつけられている」のは、

「過去の自分たちの悪行」を「是正しない限り」、

「未来で待っているのは破綻」という、

「是正か?」「破綻か?」という「究極の選択」なのだ』。

『「中国一般国民の多く」が、「日本の過去~現在の実体」を「知れば知る程」、

「中国共産党による反日教育に誘導されていた反日デモ」は「反中国共産党デモ」に「化け易くなる」。

だから、「中国共産党」は、「本音」では、「デモ自体を起こさせたくない」。

「中国一般国民の多く」は、「現状の中国の体制に不満」を抱えている。

「不満を抱かせている元」を「知る人々が増えれば増える程」、

「不満の源泉である中国共産党」への「非難は強まり」、

「中国共産党の都合で起こさせられている反日デモ」は、

「中国一般国民の意思で起こされる反中国共産党デモ」に化けるのだ』。

『日本では、「親朝鮮現状権力者テレビ・マスコミ」等が、

「反日デモ」の「大宣伝」を行い、

「一般日本人に、巨大国家支配者である中国共産党政権の恐怖感を植え付ける事」で

「中国共産党と運命共同体である朝鮮現状権力者たちの保身」を「謀っている」』。

『「日本のテレビ・マスコミの多く」は「一般日本人の手に取り戻すべき」だし、

「反日デモの裏に潜んでいる中国一般国民の不満」を報道し、

「反日デモが反中国共産党デモに化ける可能性」を「広げ」、

「中国の民主化」を「促す」のが、

「本来の自由主義先進国のテレビ・マスコミ等の情報配信」である』。

|

生存が確認された段階で、ほぼ助かる事が決定し、後は時間の問題だった「チリの鉱山事故」と、未だに、解決の目処もたっていない北朝鮮等の工作問題・・・。

『「最後の締めくくりは、もはや政治ショー&救出劇商売ショー」の様相さえ示している「チリの鉱山事故」・・・。

元々、「生存者が確認された段階」で、「現在の技術&世界情勢」からすれば、「救出はほぼ確定的」で、「後は、時間の問題」だった・・・。

後は、余程不運な天災でも無い限り、「次々と救出される」事になる』。

『それと対象的なのが、「(北)朝鮮等による工作問題」だ。「日本で暮らしている」と、「救出がほぼ確定している他国の事故」の問題より、こちらの方が、「ずっと深刻」に感じる。

「(北)朝鮮等による対日工作」は「象徴的」には、「拉致が有名」だが、

「何しろ、未だに、戦争中・・・というのが、北朝鮮権力者の言い分」だし、

「日本人は、未来永劫朝鮮人に賠償し続けるべき・・・というのが韓国権力者の言い分」だから、

「日本国内における日本国の現行法では摘発が困難な不健康な工作活動」は「意外な程多い」のである。

そして、「その事自体」に対し、

「国も政府もロクな対応を示していない」ばかりか、

「大幅に露呈していない物事は、無い物事として扱いたがり」、

「一般国民に対する十分な注意喚起も行っていない」。

「学校教育や、テレビ・マスコミ情報等々でも同様・・・」どころか、「学校教育やテレビ・マスコミ情報では、朝鮮側の言い分が宣伝されている異常な状態」だ。

結果、「数多くの一般日本国民」が、「知らず知らずの内に、半病人状態」で、「本来の実力を発揮出来ない」ばかりか、「元気すら」出辛く、「決して少なく無い数の人々が、本来の寿命より早く命を落とし」、「現状の日本社会の行き詰まりの原因」にもなっている。

「今の日本で元気」なのは、「工作の対象から外れている人々(都市部では、主として朝鮮系)」である』。

『「確実に救出される」であろう、「チリの鉱山事故の生存者たち」のニュースを見て「代償欲求的{救いの気分}に浸っている場合じゃない」のが、

未だに、「他国人脈の不健康な工作活動の真っ只中に置かれたまま」の「数多くの一般日本人」の「実状」なのだ』・・・。

|

「収監中の中国国民に賞を与える事は、中国の法を無視した暴挙」の旨発表し、自分で自分の首を絞めている中国共産党・・・。

『「他国の賞など関係無い」なら、「他国と中国の上下関係は、ある意味、対等」だ。

しかし、「中国の法を他国の者が無視するとはけしからん!」という旨の論の公表は、「中国が他国より上である」旨、「国際社会で公言した」様なものである』。

『「中国」では、「中国共産党」が「国の上」に「立ち」、「中国を支配」している。

「中国共産党」にとって、「国際社会の全の国々」も、「中国同様」、「中国共産党の下に位置し、中国共産党に支配されるべき存在」なのだろう。

そんな「本音」を露呈した今回の「政府高官の会見」・・・。

「中国共産党支配体制の実体」が、また一つ、「国際社会に露呈」された』。

『「中国共産党」は、「自分で自分の首を絞めている」。

「この地球上の全ての国々」は、「中国共産党」が「支配すべき国々」では「あり得ない」。

「それぞれの国々」は、

「ある意味では、対等な立場で、他の国々と現実を共有する」事で、

「世界平和を実現し続けながら、人類の存続をサポートすべき組織」に他ならない。

「国の上に立ち、国を支配する、特別な組織」など、「要らない」のである。

「他の者・物・事を支配し続けようとする特別な組織の行き着く先」は、「現状脱出欲動の暴発」と「相場は決まっている」。

「現状脱出欲動を暴発」させる「方向」に「猛進している組織」に「力を与える事」は、

「現状脱出欲動の暴発による被害」を「大きくしてしまう事」に他ならない。

「中国共産党」は、「早々に、痩せ細り」、

「中国」は、「一刻も早く民主化されるべき」である』。

|

民主党「取調べ可視化議連」、ところで、「捜査手法の現代化や科学捜査徹底の為の議連は?」・・・。

『「取調べの可視化」のみを「実現」し、「捜査手法」も「科学捜査」も「現代化」しなければ、不当に「犯罪を行う方を利するダケ」である事は、筆者も何度も指摘している。

「現状の日本の警察・検察システム」は、「一億総中流社会を前提」に、「抑え目」の「権力・予算・人員・法体制等の下」で「構築」されている。

「そんな状態のシステム」の「現代化」を「行わず」に、「可視化のみ」を「実現」してしまえば、「システム自体のバランス」も「崩れ」、

「益々、過剰な程に、不当に、犯罪を行う方を利するダケ」になってしまう』。

『それなのに、本日も「韓流テレビ」では、

「取調べの可視化」と「記録保存」を「ごちゃ混ぜにした情報工作」まで行い、

「何れにしても、記録は残すべき・・・」旨で「締めくくり」、「実質的」には「取調べの可視化の応援」をしていた。

言うまでも無く、「記録保存」と「可視化」は「全く違う」。

「記録保存」とは、「あくまでも記録を保存する事」であり、

「可視化」とは「権利のある人の要請に応じて、保存してある映像・音声等を開示する事」である。

「保存」と「可視化=開示」の意味は全く違う。

それは、「この記録は、50年間保存。50年後に開示。」という様な例を考えれば、誰にでも解るだろう。

「開示等によって、大きな利益・不利益を受ける可能性がある人等が、存命・現役等、一定以上の立場に在る時」は、「非開示」で、

「大きな利益・不利益を受ける可能性がある人等が、社会的に影響の無い状態になったら」「開示」と言うのが、

「上記の様な処理の意義」だ。

「開示等によって、大きな利益・不利益を受ける可能性がある人等が、社会的に影響のある立場にあろうが、無かろうが、開示する」「取調べの可視化」とは、

「全く意義が違う」のである。

「取調べの記録保管」と、「取調べの可視化」は、「全く別」の話しだ。

「公共の電波を使った大規模情報発信」で、

「全く別の物事」を「ごちゃ混ぜ」にして、

「取調べの記録保管は、必要でしょう。だから、取調べの可視化も良いんじゃないんですか~!」等とやる事は、

「情報による大衆誘導工作」に他ならない』。

『「暴力団の親分の取調べ」等を、

「可視化」すれば、

「公判を見に来ていた子分たち」の中に、

「取調べ官等」に対する

「否開示なら育たない」

「過剰な反抗心」等を「誘ってしまう」可能性も大だ。

そうなれば、「応分の防御体制」が無ければ、必然的に、「取調べ側」も「萎縮し易くなる」。

「多くの犯罪を行わない者たち」にとって、

「取調べを可視化」し、「応分の防御体制」に「金・人材をつぎ込む」事と、

「冤罪防止にも役立つ科学捜査等」に「金・人材をつぎ込む」事の、

「どちらが、より合理的なのか?」は、「言うまでも無い」だろう』。

『「民主党」では、「取調べの可視化議連」が立ち上がり、

「法務大臣」に「要請」していた。

しかし、「捜査手法の現代化議連」や、

「科学捜査徹底議連」等々は、「見当たらない」し「具体的な行動も報じられていない」。

「他の政党」でも、「同様」だが、

こんな時こそ、「民主党」は、「取調べの可視化という、それだけでは犯罪を行う方を利する事に熱心」だが、

「我が党」は、「捜査手法の現代化や、科学捜査の徹底という、犯罪を行う方を不利にし、犯罪を抑制する事を熱心に実現しようとしている。等々」と、

「民主党」の「行動の誤り」を指摘し、「正当な動きを示す」政党が、「出ていなければおかしい」。

そして、「それらの動き」が、「取調べの可視化」同様に、「テレビ・マスコミ等」で「報じられていなければおかしい」。

「それが出ない状態」では、

「何処の政党も、民主党同様の犯罪を行う方を擁護する政党だ!」と「言われても仕方無い」。

「その裏」には、

「その政党・政党員自体による犯罪の隠蔽欲動等が在るのだ!」等と「言われても仕方無い」』。

|

菅ちゃん「解散~総選挙しない」って「強がっても」・・・。

『菅総理は、「解散も総選挙も考えていない」旨強弁しているが、「小沢氏に離党も求めなければ、民意は離れ」、「小沢氏に離党を求めれば、{小沢の子ども}たちも離党・・・」で、

「何れにしても、近未来の菅政権は、弱体化」だ』。

『「国益を考える」なら、

率先して「政界再編~解散総選挙」を行うべきである。

その様に、「真に日本の為」を考えて「行動する」なら、「菅政権も長く続く可能性が出て来る」が、

今までの様に、「日本社会を向かず、党内を向き、国会議員の数で権力を保持しよう・・・」と、

「醜い権力欲に基づいた行動」を「続ける」のなら、

「菅政権の未来」は、「必然的に短くなる」』。

『「菅総理」は、「自民党稲田議員の質問」に対し、「言葉が汚い」旨「上辺の指摘」をした。

「上辺がどんなにジェントルでもやっている事が極悪である人々」と

「上辺の言葉は汚くても、真に愛国心や日本国民の為を思っている人々」のどちらが、

「日本国の国会議員や総理等」として「相応しいのか?」は、言うまでも無いだろう。

「上辺がジェントルで、やっている事が極悪な人々」とは、「どんな人々か?」を「想起」すれば良い。

往々にして、「上辺がジェントル」なのは、「極悪な事を実現する為」だったりするのだ。

「大切」なのは、「上辺では無い」。

「内実」である』。

|

「小沢氏は議員辞職をするべき」が過半数以上、ところで、「民主党政権の支持率」って「何?」・・・。

『報道によれば、世論調査の結果、「小沢氏は議員辞職するべき」が「過半数以上」だったのだそうだ。

反小沢の思いからか?「菅政権の支持率」は、未だに、「半分弱」もある。

「尖閣諸島中国船領海侵犯衝突事件」に対する対応でも「お粗末」だった「菅民主党政権」の「実態」は、

(ご当人の弁では、知らない内に、拉致実行犯の釈放嘆願署名に署名させられたのだそうだが)残っている事実としては、「拉致実行犯の釈放嘆願署名に署名した菅総理」を筆頭に、

「国家公安委員長」に「韓国で反日運動に参加した岡安氏」、

「何故か?韓国語がベラベラだと言う前原外務大臣」、

「横路衆院議長を始めとする旧社会党の面々」等など、

「外国人参政権にも積極的な左翼(=親朝鮮現状権力者・親中国共産党)政権」なのだ。

「小沢氏」とは、「そんな人々が多数いる民主党」の中で、「多くの中国一般国民では無く、極一部の中国共産党員との人脈を持つ一人の豪腕イメージで語られている政治家」に過ぎない。(対中国で大切にすべきは、数多くのまともな中国一般国民であり、自国民の大量殺害まで行ったならず者の国会支配者である中国共産党では無い。

北朝鮮でも、日本国内でも、それは同様だ。

何故か?民主党支持を公言している●暴まで在るようだが、

悪どもとのパイプの太さ等を大物の条件にする事は、間違っている。

日本でも日本の国会議員が大切にすべきは、太いパイプの先の●暴等では無く、一般日本国民である。

日本の国会議員等の立場・実権を持つ者が、他国の悪を応援してしまったら、その国の民主化等の邪魔になるダケである。)

「政治と金」というある意味ではマスコミ連中の目が比較的届き易い問題で摘発され、「強制起訴で裁判になる、他にも多くの問題が見え隠れしている、小沢氏」の「国会議員辞職は当然」だろう。

しかし、「それ以上」に、

「日本の国益を考えるなら」、

「一刻も早く、拉致問題でも北朝鮮>日本の対応を示した旧社会党の面々」も「大きな実権を保持している左翼(=親朝鮮現状権力者・親中国共産党)政権」から

「普通の日本の政権」への「政権交代が必需」である。

「民主党の中」にも、「普通の日本の政治家」はいる。

「民主党内の普通の日本の政治家たち」は、「率先して、集団離党し、政界再編を誘うべき」である。

そして、一端は、

「自民党内の実体左翼(=親朝鮮現状権力者・親中国共産党)連中と、民主党内の左翼連中、実体左翼(=親朝鮮現状権力者・親中国共産党)である公明党や社民党等の連中が集合した一塊」と、

「普通の日本の政治家たちが集合した一塊」の「二大政党制」にでも、なれば良い。

「実体が一般大衆の中で周知」されれば、

「直ぐに、左翼(=親朝鮮現状権力者・親中国共産党)大政党は、衰退」し、

「残った一大政党」が、「より細かな思想信条・政治理念ごとに割れる」だろう。

そして、「幾つかの中政党による連立政権」が「生まれる事になる」だろう』。

・・・・・・・。

『「日本の為になる政治」は、「他国に傾倒している政治家たち」には「出来得ない」。

「多くの有権者」は、

「投票する政党や政治家の実体を見極める」事と共に、

「この現実」を「忘れてはいけない」』。

『左翼(=親朝鮮現状権力者・親中国共産党)民主党政権は、一刻も早く終わらせるべきである。

「世論の不支持」は、「内閣総辞職」や「解散総選挙」や「政界再編」に「直結」する。

「支持表明する事」は、「菅民主党左翼(=親朝鮮現状権力者・親中国共産党)政権による治世で良い」と言っているのと「同じ事」なのだ。

「尖閣諸島中国船領海侵犯衝突事件での対応がお粗末だった」のは、

「菅民主党政権が左翼(=親朝鮮現状権力者・親中国共産党)政権だから」である。

「左翼(=親朝鮮現状権力者・親中国共産党)政権ゆえの対応の悪さ」を「非難」していながら、

「左翼(=親朝鮮現状権力者・親中国共産党)政権支持」では、

「自己矛盾を感じるのが普通」である。

「感じて当然の自己矛盾」も「感じられないくらい」に、

「半病人化・愚民化・操り人形化等々されてしまっている」のなら、

「それこそ、本当に大きな問題」だ。

その様な問題からも、「自分を救い出せるのは自分」である。

日本人なら、誰もが、

「左翼(=親朝鮮現状権力者・親中国共産党)の工作活動(情報・飲食物・人脈的圧迫・電磁波等々まで在る)」を「切り」、

「本来の自分」を「取り戻すべき」である』。

|

日銀「実質ゼロ金利」政策と「円高・ドル安」問題・・・。

『「現行の現実離れした経済システム」は「とっくの昔に破綻」している。その「破綻を誤魔化す為」に、「節操の無い金融資本界での金転がし」が実行され、

「リーマンショックで現状脱出エネルギーが暴発」した。

「その後の後処理」&「現行戻り策」が行われ、練られているのが「現状」だ』。

『「現行の経済システムが完成品」なら、「現行戻りを画策するダケ」で「経済も立ち直る」。

しかし、「現行の経済システム」の「現実離れ」は「相当酷い」。

本来なら、先ず、手を付けるべきは、「現行経済システムの現実離れの是正」という「健康化」である』。

『「現実との整合性が高い経済システム」なら、

「仕事=地球生命体細胞群の健康な存続に対する貢献」である。

「個人レベル」では、

「人は、自らを健康的に存続させる様にコントロールしている事」で「基本となる報酬が得られる」べきであり、

「自らや他の人等の健康的コントロールを阻害する様な者・物・事」に対しては、「罰金や抑制の為の高額な税」等が「当然」だ。

「企業レベル」でも同様である。

そして、「報酬」は、「地球生命体細胞群の健康な存続に貢献している実働者」には「厚く」、

「資本提供利益等を得る否実働利益受給者」には「薄く」、配られ、

「報酬等の格差」も、「人間社会を不健康にしない程度に抑える」のが、「当然」である。

「現状」なら、「先ず是正すべき」は、「お金の実体経済離れ」だ。

「過去の繰り返し」では、「本当の意味での新たな実体経済内の仕事」は「生まれない」が、

「正常進化」の為には、

例えば、「死生観の現実化」や「宗教等の実体把握情報の流布」による「多くの人々の宗教からの解放」とか、

「科学的に不当で過剰な報酬分配や血統相続等の是正」&「全ての人々への良質環境の提供整備」等々、

「実体経済内で行うべき仕事」は、「山ほどある」』。

『「現行のシステムの様」に「比べっこの競争原理で追い立てられないと、やる気が出ないような人」は、既に「精神的に病気」である。

一刻も早く、「自ら」から、

過剰になり過ぎている

「現実逃避という麻薬」と、

「大枚という覚せい剤、もしくは、その追求行為」を

「抜くべき」である。

その上で、「現実を吟味し、本質を追及し、自らが本当に欲しがっている者・物・事に気付け」ば、

「代償欲求の追求欲動」が「本来欲求の充足欲動」に「変わる」から、

「やる気=欲動の喪失」など「起き得ない」のだ。

「過剰な代償欲求の追及欲動」等が阻害されたりすると、「やる気を喪失してしまう様な人」は、

「本来欲求の把握・充足が十分では無い、異常状態=病気」なのである』。

『ところが、「現状」では、「世界中の多くの人々」が「病気状態」で、

「世界中の国々」が、この「経済システムの健康化」の作業を怠っている。

結果、「実体経済から過剰に金融資本界に移されている余剰マネー」が、「その頼り先」を求めて、「右往左往」している。

「現状」は、「ババ抜きを行いながら、金転がしをしている様なモノ」なのだ』。

『「現状の人間社会」では、「お金が代理している価値」は、

「一に、製品等に結び付く科学技術力」、

「二に、資源・エネルギー」、

「三に労働力」だ。

そして、「番外に、現状人間社会を現状人間社会のまま維持する事に貢献している現実逃避のツール・受け皿等」がある。

元々が、「武力を基にした殺し合い&脅しの上手さの比べっこ」で、「民族や国ごとの立場の優劣等を決定して来た人類」の「現状」とは、「そんなモノ」なのだ。

「一に、武力の元である科学技術力」、

「二に、兵器・兵隊を動かす為の資源・エネルギー」、

「三に、実働兵」で、

「番外として、そんな自虐的で悲惨な人間社会の現実から多くの人々を現実逃避させ続ける為の現実逃避のツール・受け皿等」なのである。

「多くの国々」が、「核兵器」という「強烈で使ってしまえば、お互いにタダでは済まない兵器」を「保持する様になった後」、

所謂先進国等が、「武力を経済力に置き換えたダケ」で、「現行経済システムのまま」時を進めて来たから、

「経済戦争」となり、

「経済戦争の行きついた一つの先」が、

「勝者の無い崖っぷち状態」なのだ』。

『この意味では、円にも、ドルにも、ユーロにも、その他の通貨にも、

・・・「どの通貨」にも、「優位性など存在し得ない」。

「現状の円高・ドル安」は、「欧米人等の東洋神秘現実逃避の思い等」が作り出しているダケなのだ』。

『冷静に考えてみれば良い。

「日本と米国の科学技術開発力の差は?」

「日本と米国の資源・エネルギーの差は?」

「日本と米国の労働力の差は?」

「日本と米国の現実逃避産業の能力の差は?」

・・・「現状の円・ドルレートが現実的に妥当なモノなら、現状より極端な円高になる理由など、何処にも無い」のである。

一番の違いは、「米国の場合、優秀な科学技術力やそれを生み出す人材が、先ず、軍に取られていた事」だ。

結果、「米軍は、世界一の軍隊」となり、「現状では、軍事で、米国に対抗出来る国は無い」。

「過去からの人類の人殺し力&脅し」の「比べっこ原理の世界」では、「現状の勝者」は「米国」なのだ。

「ドルは裸の王様」なら「円もユーロも元もその他も裸の王様」である。

「現行の現実離れした経済システム&その経済システム上の通貨自体」が「既に、裸の王様」なのだ。

「人類」は、「この現実から現実逃避してはいけない」』。

『冷静に考えてみれば明らかな様に、

「核兵器を多くの国々が保持出来る様になった後」の「武力による比べっこ&脅しによる優劣」は、

「人類滅亡最終戦争と紙一重」なのだ。

結果、「人類に大規模な戦争がもはや許されていない事くらいは理解出来ている、所謂先進諸国等」が、

「比べっこ原理の精神構造」はそのままに、

「武力を経済に置き換えて、経済戦争の真っ只中・・・」という訳である。

しかし、それでも、「そのまま時を重ねれば、人類は崖から落ちそうになる事くらい」は、

「多くの人々が少なくとも、何となくは気付いている」。

実際は、「現実離れした経済システム」のまま「時を重ねれば」、「人類は崖から落ちる」。

「最後まで崖の上に残る立場」を「争う為」に、また「武力の登場」となり、

「結果、人類は、滅亡してしまう」のだ』。

『「人類滅亡の為」なら、「そんな物事を頑張っても仕方無い」と「誰もが思う」筈だ。

しかし、

「現実逃避のツールや受け皿等を使いながら、

そんな本質を見ないように現実逃避し、

自虐的な比べっこレースに力を加え続けて、

大枚という覚せい剤を追求してしまっている人々」は、

未だに「残念ながら数多い」のである』。

『「経済面」で「今人類が行わなければならない事」は、

「現行経済システム」の「現実離れの是正」である。

「精神面」で「今人類が行わなければならない事」は、

「比べっこ原理に基づく代償欲求追及主義」を卒業し、

「本質追求原理に基づく本来の欲求充足主義」に

「自分を進化させる事」に他ならない。

その「正常進化」に失敗すれば、「人類は確実に滅亡」する』。

『「円・ドルレート」について付記するなら、

「飲食物や一般庶民の収入等から判断」しても、

適当な範囲は、「一ドル/90~110円程度」だろう。

むしろ、「是正すべき」は、「低賃金労働力が提供出来てしまっているような国々」の「社会体制」であり、

「何処の国」でも、「基本的な生活水準が得られ、良質な情報・教育が得られる」のなら、

「他国の企業利益の為に、低賃金で都合良く使われる様な人々」を「生み出さなくなる筈」だ』。

|

より以前の記事一覧