国産コンパクトカーを乗り比べていたが・・・。

『「筆者の家から近いディーラーを優先して、スイフト・ノートEパワー・デミオ・アクア」を「乗り比べた」が

「改めて、はっきり判った事」は

「筆者にとっては、FFにファントゥドライブは無い事」だ。

「FRの場合」は

「コーナリング時にアクセルオン」で

「基本的に、締まる」から

「アクセルコントロールにより、

気分良く曲がる事が出来る」。

「しかし、FFの場合」は

「コーナリング時のアクセルオン」で

「基本的に膨らむ」から

「気分が悪くなる」。

「コーナリング時のアクセルコントロールによる楽しみ」が

「大いに削がれる」ので、

「もはや、ファンでは無い」。

「それは、

スポーツタイプのサスを持つ車でも、

サルーンタイプのサスを持つ車でも

基本的物理現象が同じなので、

同じ」だ』。

『「筆者の車使用実態」は、

「元々、公道レース等は嫌いで、

基本的に、気持ち良くドライブを楽しみたいダケ」なので、

「速さは求めない」。

「ほとんどの場合、1~2名+猫+少々の荷物、程度しか積まない」ので

「広大な車内スペースも必要無い」。

「基本的に、年間1万~1万2千キロ程度の使用」で

「高速道路使用は、偶に・・・、程度」だ。

「主として、一般道(山道も含む)でのコントロール性が快適」で

「変なところが無い車」で

「環境性能の良い車」という

「選択基準」で「選んだ」』。

『「日産R32スカイラインの後、

BMWE36の320を初代と末代の二台乗り継いで、

三菱アイに乗っていた筆者」だが、

「燃費・環境性能等を考え」て

「軽のアイにした事」は

「失敗」だった』。

『「価格自体が全然違うので、ある程度は予想出来たが、

車で出来が全然違った」。

「アイも後輪駆動なので、運転の楽しさは、相応に在った」が

「高速道路では、怖くて、使えない」。

「例えて言うなら、

320でメーター上200キロ超え連続走行をするのは、

恐怖感を伴わ無いが、

アイでメーター上140~150程度で連続走行しようとすると、

多大な恐怖感に襲われる」。

「その位、車としての出来が違った」』。

『「車の電子回路の{空}に

{悪魔の輪唱ソフト}が仕込まれ、

常に、車のリード線等から、工作電磁波が出っぱなし状態のアイ」の

「電気的状態がオカシイ」と

「三菱に相談したところ、

本社側では、調査すると言いながらも、

ディーラーが拒否」という

「異常な対応」により

「車自体も、益々嫌」になり、

「軽故か?エアコン故か?{夏の燃費の結構な悪化}も気に入らない事」からも

「アイは手放す事にした」』。

『「其処で、近隣のディーラーを回って、適当な車を探していた訳」だが、

「近隣には、国産ディーラーしか無い」ので

「上記のような乗り比べとなった訳」だ』。

『「運転が一番し易かった」のは「デミオ」だった。

「上記の車の中で、長距離移動がメインの使用状態なら、迷う事無く、デミオを選ぶ」。

「サスの出来も、イスの出来も、一番良かった」。

「残念なところは、ディーラー担当者の言うその地域の実用燃費が、

筆者の感覚では、十分に良く無かった事」だ。

「飛び道具無しの1.3ガソリン車としては、好実燃費」だが

「この際、実用燃費では、リッター20程度以上を・・・」と

「考えていた筆者には、少し、物足りない」。

「ディーゼルの場合は、筆者の希望にも適う程度の実用燃費が得られる様」だが

「常に、頭の重さを感じる運転感覚と、

静かとは言えども、ディーゼルである事が明らかに分るエンジンの音」が

「1.3ガソリン車の実用燃費並みに、引っかかった」。

「ディーゼルは価格も、少々、高い」ので

「1.3の燃費が、少々、値段が高くなっても、もっと良ければ・・・の{願い}が生まれ、

複雑な気分になった」。

「スイフトは、試乗出来たのが、スポーツタイプだった」。

「コントロール性は良く、速さを競うなら、上記の中では一番と思えた」が

「基本的にFFなので、コントロール性が良くても、筆者の好みには合わなかった」。

「また、ディーラー担当者の言うその地域での実用燃費も十分に高く無いレベルだった」ので、

「コントロールが基本的に楽しく無いなら、環境性能で・・・」等と

「考えていた筆者の選択肢からは、外れた」。

「ノートEパワー」は

「サルーン的な乗り心地も、基本的に電気自動車の走り味も、オモシロかった」が

「ディーラー対応が、三菱と同様の様相だった」ので

「早々に候補から外れた」。

「少し、大き目なところも、筆者の使用実態との整合性が今一つ・・・」。

「ディーラー担当者の言うその地域での実用燃費は、

高速道路の場合・・・を除き、驚く程、良く、

基本的に、電気自動車の走りは、

電池が弱らない限り、

{エンジンよりモーターの方が快適}と

多くの人々が言う事が、

良く判る感じ」だった。

「トヨタアクア」は

「良く売れているのが、良く解る出来だった」。

「FFとしては、前後重量バランスも適切な様相」で

「しかも、低重心感のある乗り心地」は

「ある種の納得感を生じさせた」。

「リアサスが、少々、動きが新しく無い様相」で

「基本設計の古さを感じさせた」が

「FFで、曲がる楽しみは諦め」、

「熟成の進んだ車が基本は変わらなくても全体的には結構良くなる事」を

「E36で重々知っている筆者にとっては、

微妙に、許容範囲だった」。

(「サスの面では、デミオの方がずっと良く感じられた」だけに、

「ガソリンデミオの実用燃費が、もう少し、良ければ・・・の感は、なかなか抜けなかった」。)

「ディーラー担当者の言うその地域での実用燃費」は

「ハイブリッドだけにノートEパワー並みに良かった」』。

『「結局、

曲がる楽しみを諦めた筆者」は、

「環境性能をかなり優先」して、

「筆者の使用実態では、

ディーゼルよりCO2の排出が少なくて済む事になる

ハイブリッド車を選択した」』。

『「トヨタ担当者の営業努力もあり、

かなり、安く、

結構な装備を付けたアクアを手に入れられた」』。

『「実用してみて、判った事」は

「ハイブリッドで無ければ絶対に無理・・・」の

「好燃費」だ。

「未だ、電池も新しセイもあるのかも知れない」が、

「筆者の使用実態」では、

「車載の燃費計で、

満タン返し時に、

リッター当り平均31キロ少々、

ガソリンスタンドのガソリンメーター割りで、リッター当り平均28キロ少々」と、

「リッター当り13.5キロ程度まで落ちる夏場を除き、

リッター14~15キロだった、軽のアイの約2倍」だ。

「つまり、ガソリン代は、約半分」。

「自動車税の差は、ガソリン代の安さで、十分におつりが来る」。

「ハイブリットでは無ければ、絶対無理・・・」と思えるのは、

「筆者の使用実態では、

エンジンは止まっているけど、モーターで走っている時間が

結構あるから」だ。

「特に驚いた」のは

「隣の隣の市までの往復移動」で

「車載の燃費計では、

行き、リッター当り35キロ少々、

帰り、リッター当り40キロ少々」なんて事が、

「繰り返し有った」。

「自動車のメーターは、ユーザーを喜ばせる為に、法違反にならない程度に、盛ってある事」を

「知っている筆者」は

「車のメーターの数字はそのまま信じない」から

「満タン返しで実測」した。

「ガソリンスタンドがケチメーター等を使用していない限り、

約1割程、盛ってある様相」が

「露呈した」が、

「それでも、往復とも、リッター30キロ超えの好燃費になる」。

「アイドリングストップ時等を除き

基本的に、常にエンジンを回している車では、

絶対に無理・・・」と

「強く、思える実用燃費」を

「実体験する」と

「今後、

実用車としては、

純エンジン車(ガソリン・ディーゼル共)を買う気にはなれなくなる・・・」』。

『「マツダに行った時」には

「ロードスターのその地域での実用燃費も聞いてみた」が

「アイと同じレベル」だった。

「後輪駆動車を趣味用と割り切って、二台保有出来れば良いのだが、

昨今の環境状勢を考えると、それも、どうも・・・」と

「強く思える」・・・。

「電気自動車は、

電池が、急速充電時間が数分程度、しかも、冷やす必要無し、と、

本当に、進化しなければ、

実用としては、困難」だ。

「原発使用が大いに控えられている日本の現状で、

電気自動車使用適性が有る」のは、

「太陽光等自然エネルギー発電メイン使用が可能な状態にある

極一部の人々くらい・・・」になる。

「多くの人々にとって、

環境性能を主に考えた上での、

現状での現実的な選択は、ハイブリッドになる」。

「環境性能の良い、ハイブリッドコンパクトカー」にも

「運転を楽しめる後輪駆動が在れば良いのだが」・・・』。

|

工作電磁波と水漏れ問題・・・。

『「筆者の部屋の上方向からも工作電磁波が当てられ続けて来ている事等」は「以前から記している」。

「先日、上の家の水漏れがあり、

筆者の家の洗面所とバスルームとトイレ等の部分」が、

「かなり、水浸しになってしまった」』。

『「何年か前にも、同部分からの水漏れがあったばかり・・・」なので、

「その時の修理が酷かったのか?」

「或いは、工作電磁波には、電離作用があるので、そのセイで、水道管が壊れたのか?」』

『「後処理に関わった者たちの中にも工作員等が居るのか(?)

後処理が、酷かった」』。

『「通常」なら、

「被害者宅である筆者の家の被害をそれ以上拡大しない為」に

「水漏れ宅の元栓を閉め、

その事による水漏れ宅住人の負担は、その家の持ち主等が負う」のが

「普通」だが、

「当初は元栓も閉めず、

水漏れ宅の住人の生活を優先する後処理が行われた」から、

「筆者宅の被害は、より大きくなった」』。

『「もちろん、

筆者側は、

早急な対処を建物(筆者のところは、集合住宅)の管理会社等に望み、

その結果、

その家の管理を受け持っている地元有名不動産御者と

その連れの水道業者」が、

「当初の修理をする事になった」』。

『「これで、当面の水漏れは、止まり、一安心・・・等」と

「考えていた」が

「一向に水漏れが止まらない」。

「その旨、建物管理会社に伝えたところ、

何と!

修理業者の者が、

本日中の修理は出来ないし、

時間が来たから・・・と、

帰ってしまった」と言う。

「仮止め処置もせず(水道業者なら出来ない訳も無い)、

元栓も閉めず、

筆者の家への報告もメモ連絡も電話等も無く、

水漏れを放置したまま、

水道業者が帰ってしまった」のだと言う』。

『「仕方が無いので、

水漏れ宅の所有者等に、

別の修理業者を頼んで、

とにかく、水漏れを通めてくれ」の旨

「伝えた」ら、

「そうしてみる旨返答があった」』。

『「少しすると、

何と!

幾つかの水道業者に頼んだが、

不動産屋(地元有名だからか?)が入っているところは受け負えない旨

返答があった」。

「余程の不健常な圧力等がかかっているのだろう」と「容易に推定出来る」。

「地元政治家等は、この辺りの、不健常さも是正するべき」だ』。

『「とにかく水漏れを止めてもらはなければお話しにならない旨伝えた後、

所有者等が元栓を止めた」。

「その後、水漏れは減少した」』。

『「次の日、不動産会社付きの水道業者が来て、修理を行っている」が

「水漏れが無い部分まで、床板を剥がして、何か行っている様相」だ』。

『「工作電磁波発生ポイントの増設か?」等と

「思っていた」ら、

「その通りの様で、今までとは違う、工作電磁波発生状況が出現した」』。

『「異常な処理をする業者等」も

「上の住人等共々、工作員等である可能性が高い」と

「推定出来る」』。

『「地元有名不動産会社」は

「管理もしっかりしている優良企業等」と

「思っていた」が

「修理もロクにしない(出来ないのなら、その仕事を行う者としてアウトだろう)、

被害を広げない為の善処もしない、

工作員等の様相まで露呈している

付き業者等をかかえている様では・・・」』。

『「水道業者は、市等の指定業者でなければダメな筈」だが、

「上記の様な実態を露呈している業者が市指定では、

他にも、筆者宅と同様な実被害等が出る可能性大」だろう。

「上の家の所有者等には、

その旨、市等に言っておいた方が良いのでは・・・等の旨、

お伝えしておいた」』。

『「日本政府も、警察等」も

「いい加減に、集団的工作活動を徹底摘発するべき」だ』。

|

本日の明け方は、筆者の寝床の下方向からの工作電磁波が異常に強かったが・・・。

『「対策をしてある」ので「まるで、ウォーターベッドならぬ電子・ホールベッドの上で、寝かされていた様な状態だった上に、工作電磁波の強さ故に、刺激も強く、目が覚めてしまった」。

「工作電磁波を使った、殺傷粛清が、対策故に、安眠妨害で済んだ訳だ」。

「背中~首~頭全面に、電気治療器を強くして当てられている様な感があった」ので、

「真下方向だけでは無く、東北方面斜め下や、南西~西方面斜め下や、北西方面斜め下等、

多方向からの工作電磁波を集中させる事」で

「筆者の工作電磁波被爆度を上げようとした」のだろう』。

『「筆者の生活環境」では、

「工作電磁波対策用のアルミ板やビニールやテープ等を得る為」には、

「車でホームセンター等に行き購入するのが一番早い」』。

『「工作員等」は、

「車の工作も行っている」。

「車での事故狙いの粛清工作や、車での移動を困難にする為」だろう』。

『「筆者等担当(?)の工作員等」は、

「筆者の車にも工作電磁波発生ソフト等を仕込み、

其れこそ、毎明け方(の様だ)

リード線の角度等を調整して、

運転手の頭や顔や首や胸や足等、

人間身体の車の運転時に重要になる部分に、

工作電磁波が当たる様にし続けて来ている」。

「運転前に、

毎度毎度、

リード線等の角度を確認し、

実害が出ない様にずらしてから、運転を始めるのは、

本当に、余分な手間」だが、

「工作電磁波が身体の重要部分に当てられ続け、

車の運転に支障が出るのより、

遥かにマシ」だから、

「本日も、余分な手間をかけて、実害が出ない様にした上で、

車で買い物に行って来た」』。

『「筆者の今の車」は、

「鍵が甘く、セキュリティーも緩い」。

「以前、ディーラーでセキュリティーアップの相談をしたら、乗り気では無く、

カー用品等ショップ等でどうぞ・・・等の対応」だった。

「工作電磁波が発生していて、電気的に変だから、

メーカーに電気系統の異常を、調査し、元凶への対策を望んだ」が

「ディーラーが拒否」で

「メーカーもディーラー経由では無いと拒否」という

「あり得ない対応」だった。

「それらの旨は、以前にも記した」』。

『「そんなところには、

工作員等の親玉等が、

かなり深く入り込んでいる可能性大」だろう。

「買い替え時には別のメーカーにする」』。

『「現状では、

近場レベルなら、

乗る前の余分な手間で、何とか問題無く乗れる」から、

「近場の他メーカーのディーラーを彼方此方回って試乗を繰り返した」ら、

「工作電磁波の発生が仕込まれている試乗車もあった旨」も

「以前にも記した」』。

『「営業マンにその旨告げ、対応を迫ったら、

対応が、普通にまともな対応を示したところと、

筆者の気のせいや感じ方のせいにし、

無い事にしたがったところがあった」。

「もちろん、無い事にしたがっていたところでは、車は買わない」』。

『「試乗車の工作電磁波の原因」は

「ディーラーに車を見に行った工作員等や、ディーラーの中の工作員等が、

試乗車に工作電磁波発生ソフトを仕込んだ事」と

「強く、推定出来る」。

「普通のメーカー等なら、実質的には、重大な商妨害行為等」だから、

「警察等への告発等が当然な筈」だ。

「当たり前の事を行わないディーラー等」は、

「工作員等人脈のお仲間等が牛耳っている」と

「強く推定出来る」』。

『「本来なら発生していない工作電磁波故の事故等を防止する為」にも、

「車の工作電磁波対策は急務」だ』。

『「ディーラー等を彼方此方回りながら、

他人の車に侵入工作を仕掛けながら、

工作電磁波ソフト等を仕込み続けている、

工作員等を摘発~逮捕~厳罰に処す事等」が

「強く望まれている」』。

『「警察が、例えば、筆者の車を見張る」なら

「工作員の逮捕は、結構、容易な筈」だ。

「何しろ、毎明け方(の様だ・・・)の様に、

勝手に、鍵を開け、

運転席周囲や、

時には、エンジンルーム内までも、

リード線の折れや角度等を変えているのだから」・・・。

「工作電磁波発生ソフトの更新(?)等を行っている事もある様だ」』。

『「もちろん、そんな事を頻繁に行い続ける事が出来ている」のは、

「近隣に住んでいるから」だろう。

「筆者の部屋の中の筆者に向かって、工作電磁波を執拗に当て続けようとしている者たち」も

「もちろん、近隣に居る事になる」』。

『「警察が、ある程度、本気で、例えば、筆者の周囲を当たる」なら、

「侵入・電磁波(だけとは限らない)工作員の摘発」は、

「困難では無い」。

「其処から、辿るなら、工作組織の摘発も困難では無い筈」だ。

「何しろ、工作員の上には、監視員が居る」。

「もちろん、監視員も近隣に居る」。

「工作員や監視員の人脈を洗う」なら、

「それらと無縁な人々以外の数多くが、摘発対象となり、

更に、その上には、

工作指令部が露呈する事になる」』。

『「組織的犯罪」が

「組織が大きいが故に摘発されない」のなら、

「本当に、深刻な事」だ。

「濃度のロジック」で

「考える」なら、

「誰もが分る事がある」』。

『「濃度ロジックの粛清工作等により、日本国内の日本人濃度を低くし続け、

日本国内の●●人濃度を高め続ける」なら

「何年もかければ、合法的に、●●人が、日本を合法的に乗っ取り支配出来る事になる」。

「日本全体で、●●人の濃度を高める為には、相応に、長い時間が必要になる」が

「先ずは、例えば、政界やテレビ・マスコミ界・芸能界等、総人口はそれ程多く無いところで、

●●人濃度を高めると共に、

●●人が実権を握り占め続けるダケ」なら、

「日本側が無防備なら、其れこそ、数十年レベルで可能」だろう。

「平和共存とは程遠い、陰険な侵略行為」が

「其処に露呈している」』。

『「テロ等準備罪も施行された」のだから、

「日本人粛清工作等を行い続けて来ている集団は、

遠慮無く、

徹底摘発して頂きたい」と

「強く願っている」』。

|

昨今、街中の電線の長細いカバーケースに何等かのモノを取り付けている様相の工事が行われていたが、そんな電線の下を通ったら、弱めの工作電磁波の類が出ていた・・・。

『「本日も、工作電磁波対策の為、お金も手間もかけさせられ、時間も削がれた」ので、

「ブログ記入も今頃になってしまっている」』。

『「何の工事か???」だった

「電設業者等による電線カバーケース部への工事」が

「筆者の周囲でも、行われ続けていた」が、

「工事を施した範囲の電線から」は

「工作電磁波の類を発生させる事が出来る様」だ』。

『「昨日、街中に出ると、何か変な感じがした」ので、

「試しに、電車で、移動した」ら

「電車の中まで、変な感じ・・・だった」が、

「二駅ほど移動する」と

「変な感じが消失」した。

「別の市内に入ったところから、切り替わっている様相」だ』。

『「徒歩では、駅前から、離れて行くと、変な感じが、消失した」。

「変な感じは、電線の下で強くなる」。

「ここで、思い当たる」のが、

「タイトルの事態」だ』。

『「昨今、筆者の住んでいるところの周辺」では、

「電設業者等が、電線のカバーケース部に何らかのモノを付けている様な工事」が

「行われ続けて来ている」。

「その様な工事を目撃したところの電線から、

工作電磁波の類と推定される

変な感じをもたらす、

恐らくは、電子・ホール波が、出ている様相」だ。

「電気的に、オンオフ可能だろうから、常に出ているとは限らないが」』。

『「現状では、それ程、強くは無い」ので、

「いきなり、人が倒れたり・・・等の事態は、起き辛いかも知れない」が

「人体を取り巻く、電子・ホール環境が、変わっているからか、、

何となく、身体が重く、動かし辛い状態等を実感する」。

「脳にも影響がある様」で

「イライラや不安感等が生じ易くなる様」だ』。

『「恐らくは、市内の電線関連の工事を担当している業者の中」に

「工作員等が居て、

昨今の電力自由化等で必要になっているのかも知れない

電力会社関連の工事を行う時」に

「工作電磁波の類を発生させる事が出来るモノまで

付けている」と

「推定出来る状態が露呈している」』。

『「目的は、何か?」

「ターゲットへの工作電磁波被爆濃度を上げさせる為」だろう』。

『「筆者の場合は、部屋は工作電磁波対策をし続けている」ので、

「工作員覗きの下で、ポイントアップされながら、

近隣工作員や、

近隣仕込み等による、

強い、工作電磁波の照射に見舞われ続けている状態だが、

対策が相応に利いている様で、

部屋に戻ると、むしろ、楽になる」。

「つまり、現状では、

部屋の中での被爆度<工作電磁波の類発生電線下での被爆度状態」だ。

「工作電磁波対策をしていない状態なら、

部屋の中にも、周囲の電線からの工作電磁波の類の影響が来てしまう事になるので、

工作電磁波被爆濃度が、飛躍的に、高くなってしまう事になる」』。

『「以前、日本人41歳寿命説等が言われていた時」には、

「飲食物工作や大気工作や侵入工作等々で、

多くの日本人を早死にさせる計画があったらしい」が、

「その実態」は

「例えば、飲食物工作の場合」は、

「公害・大気汚染ベースの上」で、

「当時の、未だ、人間の身体に優しく無い、農薬・化学肥料等や食品添加物等々を多めに加えさせる事の上に、

工作員が侵入工作で、

ターゲットの飲食する物・飲食に使う物に

弱毒物や有害物等を仕込み続ける手段だったそうだ」。

「つまり、農業や、食品製造業等のお偉いさんに、工作員に指令を出す者た居た事になる」。

「もちろん、多くの日本人」は

「農薬等は洗い流して使い、食品添加物が多い物は、食品本来の味がせず不味いので、避けた」し

「公害・大気汚染状態も急速に改善された」ので、

「寿命が縮む事も無かった」。

「そればかりか、医療技術等の進歩で、寿命は大いに延びた」。

「しかし、侵入工作までされた人々には、相応に多い犠牲者が出たらしい」。

「ここで、多くの日本国民が知るべき重要な事」は、

「戦後の日本社会には、

日本人早死に化まで企んで来ている工作集団等が居続けている事」と

「その対策が不十分過ぎる事」だ』。

『「だから、

実際に、

日本全国各地から多数の日本国民を拉致する事まで

実現してしまっている」』。

『「そして、そんな連中が、昨今熱心に行い続けている事の一つ」は、

「電磁波工作」だ。

「工作濃度で、ターゲットを早死に化させようとする悪のロジック」は

「以前から、全く同じ」だ。

「濃度でターゲットを早死に等させた場合、

今までの、日本の法や摘発体制では、摘発し、罪を問い、罰を与える事が

不可能に近かったから、

悪どもは、其処をつく工作手段を構築し、実行し続けて来ている」と

「強く、推定出来る」』。

『「しかし、今は、テロ等準備罪が在る」。

「工作電磁波濃度により、ターゲットを早死に化させようとしている悪の集団」の

「事前摘発は、十分に可能」だ。

「何しろ、電磁波工作には、仕込みが要る」し、

「実際に、既に、かなりのところに仕込まれている」。

「準備は、既に在る」。

「目的を立証する為」には、

「工作電磁波の悪の実効を検証すれば良いダケ」だ。

「ある程度以上、濃度が高い工作電磁波が当てられ続けた生体に対する影響を実証する事」は

「それ程、困難な事では無い」。

「濃度が高い状態をつくり出している実態」には、

「悪意が露呈している」から、

「総合する」なら、

「摘発後、罪に問い、罰を与える事は、十分に可能になる」』。

『「日本国政府・警察等は、

電磁波工作を徹底調査し、

出来る限り早く、摘発するべき」だ』。

『「戦後日本国内に居続けている悪意のある集団の徹底摘発~撲滅」は

「日本社会の実環境を劇的に改善させる特効薬になる」。

「それは、北朝鮮問題の解決にも直結している可能性大」の

「重大事」だ』。

『「日本の総理大臣や日本の政権」なら、

「この重大事を見逃す訳も無い」』。

『「近々、戦後の日本社会を黒く重く覆い尽くして来ている酷い雲が、

取り除かれる事」を

「強く、期待している」』。

|

相変わらず、筆者の部屋や車等では、工作電磁波が酷い・・・。

『「相応の時間とお金と手間をかけて、対策をし続けている」ので

「重大な悪の実効は出ない」が

「もちろん、工作電磁波の無い、快適な環境とは程遠い」。

「対策故に、日光も遮断状態で、昼でも電灯をつける必要がある」。

「順次必要になった対策を積み重ねて来ている」ので

「部屋の中は、対策板が乱雑に増えて来ている状態」だ。

「快適なインテリア環境等とは、ほど遠い」』。

『「対策の為に、

費やさざるを得なくなっている時間もお金も手間も、

筆者の人生を大きく阻害している」。

「それでも、対策を行い続けている」のは、

「重篤な健康被害や生命被害等が起きるよりマシだから」だ』。

『「工作が集団的工作である事」は

「以前にも記した」。

「テロ等準備罪も施行されている」のだから、

「即刻にでも、摘発して頂きたいものだが、

元から全て摘発されない限り、

一般日本国民も含むそのスジの人脈の者たちにとっての不適応分子の{粛清工作}」は

「その方法が変わるだけになってしまう可能性大」なので、

「粛々と耐え続けている」』。

『「戦後日本社会」で、

「そのスジの人脈から勝手に、

不適応分子扱いされ、

集団的粛清工作の被害を被らされ続け来ている、

筆者等にとっての

夜明けの日は、

何時だろうか・・・」。

「近づいて来ている気配はあるのだが」・・・』。

『「集団的粛清工作ストーカーたち」は

「筆者等、粛清工作被害者の周囲から、徹底排除されるべき」だ。

「祖国・母国・親国等々に、強制送還・強制送致し、日本国への再入国は永遠に禁止する」のも

「合理的手段だと思うが」・・・。

「その位の罰が与えられて然るべき工作実態があるのだから!」』

|

工作電磁波の近況・・・。

『「一定回数やその電子回路のオン・オフ信号等により積算され続ける、元は複数和音のイオン・ホールパルス波の輪唱ソフト(バックグランド)、もしくは、電子回路」が

「仕込まれた」

「電子回路使用製品」は、

「その製品の電流の流れや、アース側」に

「常に、イオン・ホール振動が発生させられている状態にされてしまう」。

「イオン・ホール振動が在るリード線やアース側金属板等」からは、

「交流電流が電線の外側からでも感知出来るのと同様」に、

「常に、イオン・ホールがリード線や金属板等の外に飛び出して来る状態になる」。

「リード線を凸型にすると、凸型の先から、イオン・ホールがより飛び出し易くなる」』。

『「元々、音波の様な縦波状態である、イオン・ホールパルス波は、

直進性を持つ」から、

「リード線を凸型にした先をターゲットに合わせる」なら

「ターゲットに大量にイオン・ホールパルス波を当てる事が出来てしまう」』。

『「イオン・ホールパルス波は、

イオン・ホールパルス波が当たった電子・ホールに同様のパルス振動を与え、

電子・ホールを飛び出し易くする効果も持っている」。

「ある電子機器でイオン・ホールパルス波が発生させられ、

その電子機器のリード線凸部の先に、別の電子機器が在る」と

「その先に在った電子機器からもイオン・ホールが飛び出して来る」。

「もし、その先に在るのが、イオンホールパルス波を発生させられている電子機器なら、

その電子機器内のイオン・ホールパルス振動のエネルギーは

累進的に増やされ、

実害のあるレベルのイオン・ホールパルス波が発生させられてしまう場合も稀では無い」』。

『「例えば、車同士の場合」では、

「イオン・ホールパルス波発生を仕込まれている車」に

「発生しているイオン・ホールパルス波がその車の外方向に向かっている車が近づく」と

「急激に、実害レベルのイオン・ホールパルス波が、発生する事態等が生じる」。

「実害レベルのイオン・ホールパルス波の先に、

運転者の頭や心臓等が在った場合、

通常なら発生していない運転ミスや運転不可能状態等が生じる事もある」』。

『「不特定多数狙いの交通事故増大工作、

もしくは、

上辺は交通事故による不適応分子粛清工作」等の、

「悪の集団的工作活動の実態・実体」が

「其処にある」』。

『「悪の集団等が、不適応分子と勝手に決めたターゲットの車」に

「イオン・ホールパルス波発生ソフトを仕込む事」は

「意外な程、簡単らしい」。

「何しろ、昨今の多くの車には、

その車の状態を診断する為の

コネクターソケット等が付いている」。

「ナビやオーディオやETC等々の電子機器が付いている場合も多い」。

「元々が、家や車への侵入工作等も行い続けて来ている集団にとって、

セキュリティーの甘い車に忍び込む事は難しい事では無い」。

「車に侵入出来たなら、

後は、

車自体も含む電子機器のバックグランドソフト書き込み・実行可能場所に、

イオン・ホールパルス波発生ソフト等を書き込んでしまうダケ」だ』。

『「イオン・ホールパルス波発生ソフトを仕込まれた車」は、

「外見からは、全く、判らない」。

「何も盗まれたり、物理的に壊されたり等々していない」のだから、

「当然」だ。

「しかし、イオン・ホールパルス波発生ソフトが仕込まれた車」は、

「確実に、乗り辛く、運転し辛くなる」。

「イオン・ホールは人体の制御信号としても使われている」。

「其処に、

本来なら、無い、

不要で、邪魔で、不快な、

イオン・ホールパルス波が、

当てられ続けてしまう」と

「運転がし辛くなったり、

本来なら発生していない

疲れや凝りや不安等が、

発生させられてしまったり・・・等々する」のは、

「当然の現象」だ。

「脳や目や心臓等々、

重要部分に

直進性のあるイオン・ホールパルス波が集中させられる様に

リード線曲げ調整工作等が行われる」なら、

「益々、その実害度が高くなる」。

「更に、そんな状態のターゲットの車の前・後(左・右)等に、

他のイオン・ホールパルス波を外に向かって発している車が、

近づき続ける」なら、

「益々、実害度が高くなる」。

「特に、トラックの場合は、電圧も高く、電気容量も大きいので、実害が更に大きくなる」』。

『「イオン・ホールパルス波を外に向かって発生させながら走っている車」は、

「昨今、数多くなり続けて来ている」。

「悪意のある集団による侵入工作等により、

どんどん仕込まれ続けている様相が、

露呈している」』。

『「筆者の車にも、

たぶん、元々から、

イオン・ホールパルス波発生ソフト等が仕込まれていて、

その後、

侵入リード線曲げ運転者集中狙い工作等が行われ続けて来ている事等」は、

「以前にも、記した」。

「気づいて、対策をし続けて来ている筆者の場合は、

今の車の、

運転は決して快適では無い」が、

「事故等の深刻な実害は出ていない」。

「しかし、遠出に使う気にはなれない」ので、

「遠出が阻害されている実害は出ている」。

「車の問題なので、メーカーに調査依頼した事」や

「調査依頼はメーカー直では受けず、

ディーラーを通してでなければダメな旨」や

「ディーラー側の拒否等については、

以前にも記した」』。

『「車への侵入や仕込みも、

内実としては、

集団的工作活動問題」なので、

「警察等が本気を出して、徹底摘発するべき問題」だ』。

『「テロ等準備罪が成立・施行した」のだから、、

「車関連の実害のある集団的工作活動問題として、

イオン・ホールパルス波発生ソフト等仕込み工作等」を

「徹底摘発するべき」だ。

「もちろん、其の先には、同様の手段による、家や店や病院や街設備等々の工作活動の摘発」も

「自動的に付いてくる事になる」。

「何しろ、行っているのは、同じ人脈の者たちなのだから!」』

『「日本の中の悪の大集団が徹底摘発される日は、何時?」』

|

昨今の筆者の周りの集団的電磁波工作の実態・・・。

『「上の部屋の者たち」が「筆者の居場所や体勢を電磁波技術を悪用して覗き、執拗に、追いかけ回しながら、

ポイントアップし続けると共に、

工作電磁波自体も照射し続けている時間割り合いが異常に高い事」等は、

「以前のフィリピン人たちの時と同じ」で、

「それらの者たちに、繋がりがある事」は

「既に、以前にも、記した」』。

『「昨今では、工作電磁波がより疑似高周波化し、そのエネルギー量が増えている」からか、

「筆者のところにも、より強い工作電磁波がやって来る様になってしまっている」。

「相応の対策が必要なので、仕方無く、時間とお金と手間をかけて、更なる対策強化を行い続けて来ている」が、

「その様相は、工作電磁波を執拗に当て続けようとし続けている者たちにも良く判る」からか、

「昨今では、より強い電磁波によるより早い悪の実効を目指している様相」だ。

「筆者の居場所を、覗き、付け回す、執拗さも増している」。

「既に、現状では、対策のある筆者の部屋」は、

「マイナスイオン満載レベルを遥かに超え、

まるで、電気治療室状態」だが、

「対策無き場合、同レベルの工作電磁波を執拗に当て続けられるなら・・・」を

「検証する」なら、

「工作電磁波の悪質性も良く判る事になる」』。

『「上の部屋の者たち」は

「筆者の居場所や体勢をポイントアップする為と、

同時に、筆者に強い工作電磁波を当てる為」に

「相応の大きさのある工作電磁波機器を保持している様相」だ。

「もちろん、工作道具だから、上辺は、如何にも工作機器とはなっていないだろうが、

逃げ場所や放棄場所を潰した上で、一斉摘発をかけるなら、

確実に{物}を押さえる事が可能になる」』。

『「筆者の部屋には、周囲の建物からも、強い工作電磁波が当てられ、それの一部は、筆者側の対策により、反射等している」から、

「工作電磁波を観測出来る機器で、観測する」なら、

「筆者の部屋を取り巻く、工作電磁波の実態等は、

結構、判り易い筈」だ。

「単なる偶然で、これ程強い工作電磁波が、一個人の部屋~部屋の中に居る者に集中させられる可能性は、

ほとんど皆無」だから、

「ターゲットに浴びせる工作電磁波の濃度を高める事による

悪の実効狙いの実態(=意図的な悪意)」等を

「判明させる事も十分に可能な筈」だ』。

『「テロ等準備罪も発効したことだし、

そろそろ、本格的な摘発を行って頂きたい」等と

「強く願っている」』。

『「電磁波工作が、集団的工作活動である事」は、

「筆者が外出した時の

街中に在る工作電磁波発生場所や、

工作電磁波が発生する様に仕掛けられている筆者の車や、

車運転中の他の工作電磁波を発している車」等々からも、

「明らか」だ。

「東京でも在った」から、

「かなり大きな集団的工作活動が仕掛けられている事」は、

「間違い無い」』。

『「何処のどんな人脈の者たちが行っているのか?」も、

「ある程度、強い推定が可能な状態になっている」。

「他の記事にも、何度か記した」が、

「筆者の実感」では、

「拉致工作にも手を染めた可能性大の

北朝鮮系の人脈の者たち等が、

世代交代をしながら、

執拗な電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々を続けている感」が

「非常に強い」。

「そして、それらと友好関係のある人脈の者たちも、

電磁波工作等々に手を染めている」』。

『「先日、何軒かの車のディーラーを訪れ、いくつかの車に試乗させてもらった」が

「試乗車の中にも、工作電磁波を発生している車が在った」。

「恐らくは、スマホ等と同様の、ソフトによる仕込み」だろう。

「不思議な事に、工作電磁波を発生していた試乗車は、

何処の場合でも、

軽の装備の少ないグレードだった」。

「普通車(筆者が試乗したのは、皆、コンパクトクラスだが・・・)の場合は、

工作電磁波らしい電磁波を感じた試乗車は、

筆者の少ない体験上、今のところ、未だ、無い」。

「まさか、何処かの思惑で、出来る限り、普通車を選択させるべく、

工作電磁波ソフトを仕込み・・・なんて事は、無いだろうが」・・・。

「可能性が高く思えるのは、

ディーラーで試乗車も見ていた者の中に、

車嫌いの反日工作員等も居て、

車に悪イメージを付ける為に・・・、

或いは、試乗時に事故を誘発させる為に・・・等」だろう・・・』。

『「何れにしても、そんなところにまで、

電磁波工作の悪害は、

既に、入り込んでいる」。

「徹底摘発が、強く望まれる」』。

『「車メーカーやディーラー等」は

「実効のある工作電磁波対策を急ぐべき」だ。

「ソフト面では、工作電磁波ソフト等の不正書き込みを徹底的に封じ込める事が必要」になる。

「工作電磁波発生ソフトを仕込まれてしまった車から、

速やかに、工作電磁波発生ソフトを削除し、

二度と書き込まれない様にする技術・体制等の整備も急務」だ。

「工作電磁波は、交流波・パルス波と当たる」と

「より強い害を発し易くなる」。

「本来なら無い、余分なパルス波状態等を発生させる手段」として、

「点火プラグの信号を、ある一つ気筒の一本のリード線ダケを長めにし、折り返す事で、

電気をホンの少し、滞留させる手段が在る」。

「筆者の車にも、{その手}が仕込まれていた」ので、

「リード線の長さをそろえたら、

その部分からの工作電磁波の悪害が、かなり、軽減された」』。

『「ソフト面では、筆者の車のメーカーの場合は、

ディーラー側が、対処拒否状態である上に、

例え、一回削除してもらったところで、

また仕込まれれば同じで、

筆者の今の車は鍵も弱く、

侵入工作も容易だから、

そのまま・・・」だ。

「もちろん、それでは、乗り辛い」から、

「物理面で、工作電磁波対策を施して乗っている」が、

「度々、出先でも、侵入工作で、リード線の位置や角度を変える工作員まで付き纏っている」から、

「本当に、呆れる」。

「乗る前に、毎度、毎度、リード線の位置や角度を確認し、工作電磁波が車の運転に支障の無い方向に発する様にしてから、運転を始める」のは、

「面倒だが、やらないで運転して、運転し辛い状態になるより、遥かにマシ」なので、

「仕方無く、行い続けている」。

「この辺りの事情は、部屋の場合と同様」だ』。

『「集団的ストーカー的様相まで露呈している」のが

「電磁波工作や飲食物工作等を行っている連中」だ』。

『「確実に言える事」は

「日本国内には、筆者の様な、一般日本国民に対しても、

執拗に、

今までの法律や摘発体制等では、摘発・処罰等困難な

非人道的な集団的工作活動を仕掛け続けている者たちが居る事」だ。

「この組織犯罪の徹底摘発」は

「本当に、急務」だ』。

|

集団的電磁波工作が益々強化されているが・・・。

『「選挙がらみか?否か?」「北朝鮮解放戦争がらみか?否か?」等は「良く判らない」が、

「筆者を取り巻いている、集団的電磁波工作が、益々強化されている」。

「部屋の東側斜め上方向から、配管工事の後、筆者等に向かって、急に、強い、工作電磁波が来る様になった事」は、

「以前にも、記した、その後、一応の対策を施した」が、

「対策の穴の位置に、ずらしながら、工作電磁波を、何としても、筆者等に当てようとし続けている様相」だ。

「もちろん、対策の穴も、次々に、塞ぐ対策をしている」ので、

「工作電磁波の実効は出ない」が』。

『「東側斜め上方向や、東側隣室方向からの工作電磁波に対しては、

直に、対策を施す事や、対策の穴を塞ぐ対策までする事」を

「分った様相の、工作電磁波を何としても、筆者等に当て続けようとしている者等」は、

「今度は、東南~南下方向からの工作電磁波を一気に強める策に出て来た」。

「以前から、強い工作電磁波を発していた隣の建物方向から」だ。

「複数の企業等が入っている小さなビルの様な建物」で、

「事務所等の借り手も、入れ替わったりしている様相」だから、

「現在の借り手か、管理者等と、工作電磁波には、強い繋がりがある事が推定出来る」。

「それは、筆者の集合住宅の東側方向の二件でも、言える事だろう」』。

『「強さの違いはあるものの、基本的に同じ、経時変化する複数和音的な縦波ドット波工作電磁波」だから、

「同じ目的を持つ、複数の者たちによる、

筆者等に対する、工作電磁波照射」という

「集団的工作活動の実態・実体」が

「露呈している事になる」』。

『「更に、言うなら、筆者が、車で外出した時」にも、

「かなりの高確率で、強い、工作電磁波を発している車が、

筆者の車の前後や横方向に出現し続けている」。

「工作電磁波の強さ」は、

「車の電気の強さによる様」で

「トラック等、24V車の場合の方が、

遥かに、強い、工作電磁波に見舞われる」。

「ドイツ車等もバッテリーが大きいからか、

例えば、ワーゲン等でも、強い工作電磁波を発している車も在った」。

「車のメーカーには、余り、違いは無い様」だが、

「工作員等の好み故か(?)仕込み人脈の都合故か(?)」は

「不明」だが、

「スバル車と、三菱車と、古い日産車」に、

「強い工作電磁波を発する車が多い実態が少なくとも、筆者の実体験上は、在る」。

「軽自動車等の場合は、バッテリーが小さいせいか、それ程強い工作電磁波を発する車は無い様」だ』。

『「それでも、運転している車自体が、工作電磁波を発している」なら、

「距離の二乗でより強い工作電磁波照射状態に追い込まれてしまう事になる」から、

「相応の実害が出る」。

「筆者の車も軽で、その様な状態に在る」から、

「メーカー(三菱)に、電気系統が異常である旨告げ、調査依頼を、何度も出した」が、

「メーカーでは、相応に、調査を受けようとした」のに、

「ディーラーが拒否」で、

「調査は行われなかった」。

「工作関連の問題では、やる気が無いところとは、

工作実行者側である可能性が高く、

そんなところと、連綿と付き合ってもロクな事は無い」ので、

「筆者の車の場合は、適当に、対策をした」。

「結果、近隣での買い物程度なら、問題無く、実用出来るレベルにはなった」が、

「工作電磁波は、自車分と他車分が重なると、変化・強化等して、より強い、悪影響等が出易くなる」ので、

「前後や横方向等に、頻繁に、強い工作電磁波を発する車が在ると、

とても、普通に乗れる状態にはならない」。

「よって、中~長距離では、使わない事にしている」』。

『「近々、車は、三菱以外に、買い替える予定」だ』。

『「当然、車で出ている時に遭遇している、工作電磁波を発する、筆者の前後や横方向に、執拗に出現する数多い車の運転手たち」が

「筆者の部屋の近隣に居る者たちと同じとは考えられない」。

「トラック等の場合、他府県のナンバーである場合も多いから、工作実行集団の構成員の数」は

「相応に多い事が、強く推定出来る」』。

『「強い工作電磁波を照射されると、

其れこそ、意識を失い、気絶しそうになる事さえ、ある」。

「昨今、高速道路も含む、色々なところでの、運転者の運転が???故の事故の中」には、

「相当な確率で、工作電磁波の悪影響による事故が含まれている筈」だ。

「車に、

不快感

(工作電磁波を当てられると、対策無しなら、不快感や不安感やイライラ、ドキドキ等の心身体症状が出易い。

酷い場合は、思考障害や、心不全等が起こされてしまっても、何の不思議も無い。

何しろ、ドットやパルス的な実質、電気的信号でもあるのが、工作電磁波の実体だ・・・。

人体制御への悪影響があっても、何の不思議も無い。)や、

危険感(運転が???の他車の事故等は、危険感を抱かせ易い)等、

悪イメージを抱かせる為」の

「反車工作&車使用人民粛清工作」等を

「行いたがるのは?」からも、

「工作を行っている者等の人脈」が

「浮上して来る」。

「そして、工作実行者の数からも、

人脈の正体が浮上して来る」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の臭い」が

「濃厚に漂っている」のが、

「現状の日本国内に、蔓延っている、

電磁波工作の実態・実体」だ。

「極悪非道工作活動カルト宗教国家状態の北朝鮮でも、

血統や民族等を理由に、

親北朝鮮や北朝鮮とのお友達等という

日本の中の人脈の者等」が

「非人道的な電磁波工作等を行い続けている実態・実体」が

「浮上している」』。

『「テロ等準備罪も通った」のだから、

「警察等は、日本の中の集団的工作活動等を、

徹底的に摘発するべき」だ。

「電磁波工作がどんどん強化され続ける」なら、

「其れこそ、何百万人~何千万人もの日本人が粛清(殺傷)されてしまっても、

何の不思議も無い」』。

『「電離作用もある工作電磁波により、脳細胞が破壊され続ける」なら、

「アルツハイマー等の発祥率も高くなる」。

「臓器や免疫関連組織等が破壊され続ける」なら、

「発ガン率等も高くなる」。

「その悪の実効」は、

「弱毒物や有害物等を、少しずつ、継続的に、接種せしめる

飲食物工作の悪の実効を

遥かに、凌ぐ」。

「昨今の、アルツハイマーや、発ガン率の増加の裏」には、

「電磁波工作もある」。

「前記した様に、交通事故の裏にもある」』。

『「電磁波工作には、工作電磁波を発生させる物が要る」。

「もちろん、基本的に工作だから、

見て直ぐに判る機器等を使っている場合は、

基本的には、少ない」。

「筆者の部屋の周囲等では、事情は違うと推定出来るが」・・・。

「見かけは、普通のパソコン・スマホ・家電機器・設備機器等々電気機器等」で、

「ソフトによる仕込み」や

「電気機器等の少々の改悪」+「ソフトによる仕込み」等の「手段が旺盛な様相」だ。

「その上で、工作電磁波を発生させる、実質的、送信アンテナを設定している様相」だ。

「例えば、電線を曲げるダケでも、実質的に、送信アンテナ化出来てしまう」のが

「工作電磁波の実態」だ。

「直進性のある工作電磁波」だから、

「曲げられた電線に導かれる方向に向かって発生する」が、

「その発生角度等は、工作電磁波の疑似周波数等によって、変わる」。

「疑似周波数等を変える事で、微妙な調整が出来ている様相なのが、工作電磁波の実態」で、

「微妙な調整は、スマホやパソコン等でのコントロールが可能な様相」だ』。

『「ターゲットの居場所や体勢等が見えていたり、盗み見していたり、する場合」には、

「ターゲットの当てたい部分に合わせて、調整している様相が露呈している」』。

『「昨今では、至る所に、次々と、工作電磁波を発生させる仕込み等がされている」。

「その様相」は、

「北朝鮮が核・ミサイルの開発を急いでいる様相」と

「見事な程、シンクロしている」』。

『「何れにしても、集団的電磁波工作の摘発」は

「本当に、急務」だ』。

|

本日、筆者の部屋の東側斜め上方向の部屋で工事があったが、その後、その方向から、強烈な工作電磁波が来る様になってしまっている・・・。

『「筆者のところは、集合住宅」だが、「本日、筆者の部屋の斜め上の部屋で、配管工事があった」。

「配管工事なので、電気機器が取り付けられたとは考え辛い」が

「何故か?その部屋の方向」から、「強力な工作電磁波が一気に来る様になった」』。

『「確実に、意図的に、工作電磁波を発する何かを付けている様相が露呈している」』。

『「都議選だが、

選挙時に、

有権者が決して選んではいけない人脈」とは、

「電磁波工作等、非人道的な工作活動等を行っていたり、協力していたり、無い事にしたり、・・・している者たちの人脈」だ。

「何故なら、其処に在る」のは、

「共存、共生、共繁栄等では無く、

非人道的な粛清工作等を仕掛けている人脈による

日本国・日本国民支配だから」だ』。

『「筆者のところでは、直に気づいた」ので、

「マタマタ、金と時間と手間がかかる対策を、

頭心体を守る為に、行わざるを得なくなってしまった」』。

『「テロ等準備罪も成立した」のだから、

「警察等は、早々に、集団的工作活動を徹底摘発するべき」だ。

「電磁波工作の場合、必ず、物が在る(仕込みソフト等にしても、工作機器にしても・・・)から、

本気で摘発し、

電磁波工作による殺傷能力等を本気で検証する」なら、

「罪の立証は、意外と簡単になる」』。

『「濃度を高める事で、実害をもたらす、悪賢い工作手段の実態」も

「筆者の様に、メモしたり、ブログ上で公開したり、している者も居る」。

「濃度を高める意図や意志等が無ければ、成立し得ない工作電磁波の濃度による実害」から

「遡る」なら、

「陰険なナチス・ヒトラーの実態・実体も良く判る事になる」』。

『「今、日本国政府や日本警察等の本気が問われている」。

「法が成立しているのに、集団的工作活動等を摘発しない・・・」では、

「絶大なる非難を免れない」』。

|

昨今の工作電磁波の実態・・・。

『「経時変化により、どんどん、疑似高周波化されて来ている、工作電磁波」が「電気機器等を混乱状態にし、人体には、電子レンジ的傷害をもたらすであろう頃」として、

「6月25日頃を予想していた、かつての、筆者」だが、

「幸いな事に、今のところ、筆者の使用している、電気機器への重大な影響」は、

「出ていない」。

「しかし、確実に、疑似高周波化して来ている工作電磁波」が

「筆者の身体等に及ぼしている実影響」は、

「どんどん、電子レンジ的になって来ている」。

「何しろ、工作電磁波が当たる所に居ると、

確実に、身体温度が上がり、

其処を避けると、

確実に、身体温度が下がる」』。

『「街中では、工作電磁波を発する何等かのモノ」が

「電線のボックス等」にも、

「どんどん、付けられ続けている」』。

『「電設業者や、

電設関連設置指令者等の中」に、

「そのスジの工作員等が要る様相が露呈している」』。

『「中身が良く分らないモノでも、

下っ端の作業員等」は、

「命令に忠実に、

ソレを、設置している」・・・』。

『「工作電磁波を発生させる電子機器等であるにも、関わらず」・・・』。

『「工作電磁波が、その被照射濃度により、その実害が違う旨」は、

「以前にも記した」。

「ターゲットへの照射濃度を上げる為に実用されている手段」の

「実態」が

「いくらか、はっきりして来た」』。

『「工作電磁波は、元々、直進性がある」。

「ターゲットの居るところで、焦点を結ぶ様に、仕込み、

それを、多方向から、当てれば、

ターゲットが浴びせられる工作電磁波の濃度」は、

「飛躍的に高くなる」。

「その様な手段が実用されている」』。

『「筆者に当て続けようとしている様相の工作電磁波」も

「その焦点が、大分、狭まって来ている」。

「以前は、

例えば、●●方向の下方から・・・、程度だった」が、

「昨今では、

●●方向の多方面から・・・、、

筆者が、良く腰かけている椅子から、約2メートル離れた壁では、二十センチ四方くらいで、電界メーターが良く触れる状態の数方向から、

筆者の顔面(目も含む)や頭や、腰部等で、焦点を結ぶ様に・・・)程度まで、

教化されている」。

「因みに、筆者の場合」は、

「部屋の中でも、胸部~腹部には、防護版をぶら下げている」ので、

「胸部・腹部は、狙われていない様相」だ』。

『「オモシロイのは、その強さ」で、

「筆者のブログ記入内容に合わせるかの如く、

強さが、変わる様相」は、

「何処の、どんな人脈の者たちが、この非人道的な工作活動等を行っているのか?」等を

「如実に、露呈させている」』。

『「日本の中の反日人脈による工作活動問題への実効のある対策」は、

「本当に、急務」だ』。

『「昨日の記事が、余程、気に入らなかったのか、

本日朝には、東南の下方向から、

強烈な工作電磁波が、

筆者の顔や頭方向に当てられる様になっていた」。

「もちろん、そんな実態は、直に、把握出来るので、

面倒も、費用等もかかっているが、

相応の対策は、直に、行った」』。

『「その後、所要で、外出していた」ので、

「ブログの記入が、この時間になっている」』。

『「つまり、

例え、筆者の様に、気づき、直に、対策を施す者でも、

確実に、ブログ記入時間を遅らせる等の邪魔は出来ている事になる」。

「対策無しの場合」なら、

「工作電磁波傷害で、ブログ等記入さえ、不可能になっている、かも知れない」・・・』。

『「ブログ等記入の場合は、コンピューター工作による邪魔も在る」。

「今年の1月8日(金正恩の誕生日だが)に、

筆者がそれまで常用していたバイオがサイバーアタックにより破壊された事」は、

「以前にも、記した」。

「ある程度は、セキュリティーを強化した設定で、

プロバイダーのセキュリティーが在っても・・・だった」』。

『「その後は、今の小さなコンピを使っている」が

「プロバイダーのセキュリティー強化の効果も絶大で、

今のところ、無事アップし続ける事が出来ている様相」だが、

「記入中の盗み見等は、未だある様相」で、

「記入途中の妨害工作等の仕掛けも、未だ、時々は、在る様相」だ。

「もっとも、盗み見の場合」は、

「近隣に居るなら、ネット経由では無く、

工作電磁波等使用の可能性が高いが」・・・』。

『「何れにしても、

日本の中の反日国人脈による工作活動等の実効のある摘発等が行われていない現状」は、

「明らかに、異常」だ。

「異常事態の裏には、理由がある」が

「異常なままで良い訳は無い」』。

『「異常な終戦処理のツケが、未だ、旺盛な戦後日本社会」が、

「正常化・健常化される」のと、

「人類滅亡」の

「どちらが早い事になるのだろうか???」』

『「現状社会・経済システム等に溺れる者等」は

「消滅~滅亡への道を突き進めば良い」・・・』。

『「人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群の長い~永い存続」は

「日本社会や人間社会・経済システム等に限らない、

本質的、正常化・健常化の上にのみ在る」』。

『「滅亡へのカウントダウン」と

「存続へのカウントダウン」の

「何れを選ぶのか?」の

「意思・意志」は

「それぞれが、明確に、発するべき」だろう』。

|

より以前の記事一覧