本日、筆者の部屋の東側斜め上方向の部屋で工事があったが、その後、その方向から、強烈な工作電磁波が来る様になってしまっている・・・。

『「筆者のところは、集合住宅」だが、「本日、筆者の部屋の斜め上の部屋で、配管工事があった」。

「配管工事なので、電気機器が取り付けられたとは考え辛い」が

「何故か?その部屋の方向」から、「強力な工作電磁波が一気に来る様になった」』。

『「確実に、意図的に、工作電磁波を発する何かを付けている様相が露呈している」』。

『「都議選だが、

選挙時に、

有権者が決して選んではいけない人脈」とは、

「電磁波工作等、非人道的な工作活動等を行っていたり、協力していたり、無い事にしたり、・・・している者たちの人脈」だ。

「何故なら、其処に在る」のは、

「共存、共生、共繁栄等では無く、

非人道的な粛清工作等を仕掛けている人脈による

日本国・日本国民支配だから」だ』。

『「筆者のところでは、直に気づいた」ので、

「マタマタ、金と時間と手間がかかる対策を、

頭心体を守る為に、行わざるを得なくなってしまった」』。

『「テロ等準備罪も成立した」のだから、

「警察等は、早々に、集団的工作活動を徹底摘発するべき」だ。

「電磁波工作の場合、必ず、物が在る(仕込みソフト等にしても、工作機器にしても・・・)から、

本気で摘発し、

電磁波工作による殺傷能力等を本気で検証する」なら、

「罪の立証は、意外と簡単になる」』。

『「濃度を高める事で、実害をもたらす、悪賢い工作手段の実態」も

「筆者の様に、メモしたり、ブログ上で公開したり、している者も居る」。

「濃度を高める意図や意志等が無ければ、成立し得ない工作電磁波の濃度による実害」から

「遡る」なら、

「陰険なナチス・ヒトラーの実態・実体も良く判る事になる」』。

『「今、日本国政府や日本警察等の本気が問われている」。

「法が成立しているのに、集団的工作活動等を摘発しない・・・」では、

「絶大なる非難を免れない」』。

|

昨今の工作電磁波の実態・・・。

『「経時変化により、どんどん、疑似高周波化されて来ている、工作電磁波」が「電気機器等を混乱状態にし、人体には、電子レンジ的傷害をもたらすであろう頃」として、

「6月25日頃を予想していた、かつての、筆者」だが、

「幸いな事に、今のところ、筆者の使用している、電気機器への重大な影響」は、

「出ていない」。

「しかし、確実に、疑似高周波化して来ている工作電磁波」が

「筆者の身体等に及ぼしている実影響」は、

「どんどん、電子レンジ的になって来ている」。

「何しろ、工作電磁波が当たる所に居ると、

確実に、身体温度が上がり、

其処を避けると、

確実に、身体温度が下がる」』。

『「街中では、工作電磁波を発する何等かのモノ」が

「電線のボックス等」にも、

「どんどん、付けられ続けている」』。

『「電設業者や、

電設関連設置指令者等の中」に、

「そのスジの工作員等が要る様相が露呈している」』。

『「中身が良く分らないモノでも、

下っ端の作業員等」は、

「命令に忠実に、

ソレを、設置している」・・・』。

『「工作電磁波を発生させる電子機器等であるにも、関わらず」・・・』。

『「工作電磁波が、その被照射濃度により、その実害が違う旨」は、

「以前にも記した」。

「ターゲットへの照射濃度を上げる為に実用されている手段」の

「実態」が

「いくらか、はっきりして来た」』。

『「工作電磁波は、元々、直進性がある」。

「ターゲットの居るところで、焦点を結ぶ様に、仕込み、

それを、多方向から、当てれば、

ターゲットが浴びせられる工作電磁波の濃度」は、

「飛躍的に高くなる」。

「その様な手段が実用されている」』。

『「筆者に当て続けようとしている様相の工作電磁波」も

「その焦点が、大分、狭まって来ている」。

「以前は、

例えば、●●方向の下方から・・・、程度だった」が、

「昨今では、

●●方向の多方面から・・・、、

筆者が、良く腰かけている椅子から、約2メートル離れた壁では、二十センチ四方くらいで、電界メーターが良く触れる状態の数方向から、

筆者の顔面(目も含む)や頭や、腰部等で、焦点を結ぶ様に・・・)程度まで、

教化されている」。

「因みに、筆者の場合」は、

「部屋の中でも、胸部~腹部には、防護版をぶら下げている」ので、

「胸部・腹部は、狙われていない様相」だ』。

『「オモシロイのは、その強さ」で、

「筆者のブログ記入内容に合わせるかの如く、

強さが、変わる様相」は、

「何処の、どんな人脈の者たちが、この非人道的な工作活動等を行っているのか?」等を

「如実に、露呈させている」』。

『「日本の中の反日人脈による工作活動問題への実効のある対策」は、

「本当に、急務」だ』。

『「昨日の記事が、余程、気に入らなかったのか、

本日朝には、東南の下方向から、

強烈な工作電磁波が、

筆者の顔や頭方向に当てられる様になっていた」。

「もちろん、そんな実態は、直に、把握出来るので、

面倒も、費用等もかかっているが、

相応の対策は、直に、行った」』。

『「その後、所要で、外出していた」ので、

「ブログの記入が、この時間になっている」』。

『「つまり、

例え、筆者の様に、気づき、直に、対策を施す者でも、

確実に、ブログ記入時間を遅らせる等の邪魔は出来ている事になる」。

「対策無しの場合」なら、

「工作電磁波傷害で、ブログ等記入さえ、不可能になっている、かも知れない」・・・』。

『「ブログ等記入の場合は、コンピューター工作による邪魔も在る」。

「今年の1月8日(金正恩の誕生日だが)に、

筆者がそれまで常用していたバイオがサイバーアタックにより破壊された事」は、

「以前にも、記した」。

「ある程度は、セキュリティーを強化した設定で、

プロバイダーのセキュリティーが在っても・・・だった」』。

『「その後は、今の小さなコンピを使っている」が

「プロバイダーのセキュリティー強化の効果も絶大で、

今のところ、無事アップし続ける事が出来ている様相」だが、

「記入中の盗み見等は、未だある様相」で、

「記入途中の妨害工作等の仕掛けも、未だ、時々は、在る様相」だ。

「もっとも、盗み見の場合」は、

「近隣に居るなら、ネット経由では無く、

工作電磁波等使用の可能性が高いが」・・・』。

『「何れにしても、

日本の中の反日国人脈による工作活動等の実効のある摘発等が行われていない現状」は、

「明らかに、異常」だ。

「異常事態の裏には、理由がある」が

「異常なままで良い訳は無い」』。

『「異常な終戦処理のツケが、未だ、旺盛な戦後日本社会」が、

「正常化・健常化される」のと、

「人類滅亡」の

「どちらが早い事になるのだろうか???」』

『「現状社会・経済システム等に溺れる者等」は

「消滅~滅亡への道を突き進めば良い」・・・』。

『「人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群の長い~永い存続」は

「日本社会や人間社会・経済システム等に限らない、

本質的、正常化・健常化の上にのみ在る」』。

『「滅亡へのカウントダウン」と

「存続へのカウントダウン」の

「何れを選ぶのか?」の

「意思・意志」は

「それぞれが、明確に、発するべき」だろう』。

|

昨今、筆者を取り巻く、工作電磁波が旺盛だが・・・。

『「余程、記事内容に、痛いところ等があるのだろう」。「筆者に対する、工作電磁波による粛清工作が、かなり、旺盛になっている」』。

『「自宅内に居る時」に

「上方向の者たち」が

「筆者の居場所や、体勢等」を

「監視し、

ポイントアップ」し、

「筆者の部屋の周囲に多数設置している工作電磁波発生機・発生状態機からの

工作電磁波」を

「筆者の頭や、腰等の、人体の要所」に

「集中させて、当てる

非人道的な工作手段」は、

「相変わらず」だ』。

『「もちろん、その様な実態に気づいている筆者」は

「相応の対策をしている」から

「少なくとも、現在までは、

頭身体に大きな傷害等が出ていない」。

「それでも、今の様に、

ブログ記入中に、頭や顔に工作電磁波が当てられ続けている」と

「工作電磁波による電気的悪影響等により、

思考や、指運び等に、ある程度の妨害影響を受けてしまう」ので

「迷惑」だ』。

『「就寝時」には、

「頭と腰に、工作電磁波を集中させ、浴びせられ続けて来ている」ので、

「相応の対策をしてある」が

「対策をする」と

「工作電磁波が強化される」ので、

「対策を強化する」と

「また、工作電磁波が強化される」の

「いたちごっこ状態」だ。

「日中、リビング等の筆者が良く居る場所でも同様のいたちごっこ状態」だ。

「余分な、手間と、お金と、時間がかかる」ので

「迷惑」だが、

「頭身体に傷害が出てしまっては困る」から

「仕方無く、対策を施し、対策を強化し続けて来ている」』。

『「当初」は

「アルミ箔程度で、防げていた工作電磁波による悪影響」も、

「今や、相応の厚みがあるアルミ板とビニール等のホール側対策素材の組み合わせが必要となっている状態」で、

「アルミ拍や、アルミ板等が、

マイナスイオン発生器状態となる程度だった工作電磁波対策によって現れる現象」も

「今や、対策板等が、まるで、電気治療器の如く、若干の電気を発して来る状態」だ』。

『「確実に言える事」は

「街中や、車や、電車や、スマホ等からも、

工作電磁波が発生されている事が多々ある事」で

「工作電磁波を使った電磁波工作」は

「集団的工作である事が強く推定出来る事」だ』。

『「現状の日本国内には、

確実」に、

「一般日本国民までをもターゲットにした、

工作電磁波使用の

非人道的な集団的工作活動が在る」』。

『「そして集団的工作活動を行い続けている人脈の正体」は

「他の記事内容からも、

ある種の記事をアップするごとに強化され続けて来ている

筆者に対する電磁波工作の実態からも、

多くの人々が、容易に推定出来る筈」だ』。

『「平和・共存目的で、居るのでは無く、

侵略・支配・略奪・殺傷等目的で、一般日本社会内に居続けている集団に対する

実効のある対策」は

「急務」だ』。

|

ブログアップ妨害が続いているが・・・。

『「ログインページにアクセス困難になったり、

書き込み時に、通信妨害や変換妨害等も含む手段で、打ち込み困難にする妨害をされたり・・・」と

「悪ども」が

「当ブログをターゲットにした

言論弾圧、粛清工作」を

「行い続けている」』。

『「余程、当ブログ内容」に「困る部分がある」のだろう』。

『「以前の記事の訂正・加筆等も困難」だから

「誤解・誤記入等の訂正等」や「加筆等」も、

「状態が改善されるまでは、

ご容赦願いたい」』。

『「言論弾圧や粛清工作等を行っている者たちや組織や人脈等」とは、

「そうしなければ、不当利権の維持~増大等が行えないモノである事」を

「自ら露呈し続けている醜悪で劣悪なモノ」だ。

「それは、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべきモノ」でもある』。

|

悪ども問題・・・。

『「ブログの入口~グ記入画面上では、相変わらず、IME2012による打ち込み妨害」が

「発生している」。

「記入画面前までは、AdobeFlashPlayer」の「割り込み」も「在る」』。

『「コンピューター技術を悪用」して、

「実質的、言論弾圧、もしくは、言論粛清工作」等を

「行っている」のは、

「どんな人脈の者たちか?」等は、

「当ブログ内容からも明らか」だろう』。

『「近未来において、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる者たち」が

「其処に在る」』。

|

かきこみぼうがいがはいり、2文字以上、打ち込みやエンタ―・キー等で、いちいちIME2012がわり込む・・・。

『「劣悪者たちのやる事」は、「本当に醜悪」だ。

「何故か?先ほど、突然、書き込み可能になった」が・・・』。

|

日本でアメリカ車が売れない訳(昨日の記事の後、またまた、工作電磁波が一気に強化されたが)・・・。

『「該当記事内容」は「かなり実態を暴露している様」で

「工作電磁波の強化ぶり」や

「そのスジの者たちと強く推定される者たちによる監視(集団的ストーカー行為)」等も

「一気に、旺盛になった」。

「ロクでも無い集団が日本国内に居続けていて、

戦後産まれの一般日本人個人でさえも、

工作ターゲットにし続けられている事」は

「本当に異常」だ』。

『「実は、

日本国内の反日人脈による工作活動」は

「日本での米国車販売不振にも直結している」』。

『「何十年か前の米国車」には

「日本の道路事情や多くのカーユーザーの使用状態や要望等」との

「大いなる不一致点が少なからず在った」から

「日本国内で米国車が売れないのも当然だった」。

「大きさや燃費や値段や(上辺の)性能や使い勝手等々」が、

「明らかに、当時の日本の多くのカーユーザーとはズレていた」のが

「その当時までの米国車の実態」だった。

「ところが、昨今では、事情が全く違う」』。

『「昨今の米国車の内実」は、

「明らかに、

日本の多くのカーユーザーを納得させる、

どころか、

感心させられる面まで少なからず有る

魅力のあるモノ」だ。

「例えば、

価格面では、同クラスのドイツ車等より明らかにお得感が強く、

コンパクトカーの実燃費でも結構優秀な車がある」。

「運転実感や乗り心地等」では

「多くの国産車よりマシな車が多い(と聞く・・・、筆者は残念ながら多数の米国車には乗れていない・・・)」。

「それなのに、売れていない」。

「何故か?」』

『「米国車も、

反米工作・日米分断工作等の道具にしている

反日人脈の工作活動があるから」だ』。

『「国産車に乗っていても、工作を仕掛けられ続けて来ている筆者の実感」では

「とても、米国車には乗れない」。

「何をされるか分らない恐さは、国産車以上」だ。

「何故なら、日本国内で工作活動を行っている反日人脈の者たちの元締め」は

「反日である前に、反米だから」だ』。

『「その辺りの事情があるから」だろう、

「日本国内の米国車の営業」は、

「明らかに、異常な程、マイナー」だ』。

『「オマケに、フォードは撤退までしてしまった」。

「せっかく、

日本国内の反米・反日工作が無い状態なら、

上手く宣伝すれば、

日本でも大いに売れそうなフィエスタ等の

使い勝手の良いコンパクトカーまで持っているのに・・・」』。

『「トランプ大統領が本気で日本国内で多数の米国車を売りたい」のなら、

「日本の中の反米・反日工作活動を徹底撲滅する事から始める必要がある」。

「元締めを撲滅する事で、

日本国内の工作活動も撲滅せしめる方法」なら

「米国が得意とするところの筈」だ』。

『「徹底した平和主義者なのに、そのスジの被工作活動VIP待遇の筆者」は、

「日本政府・与党や警察等が、日本国内の集団的工作活動を撲滅出来ない」のなら、

「米国による元締め撲殺によってでも、

工作活動自体を撲滅してもらいたい」と

「強く、感じ、思う事が多々ある」。

「昨今の集団的工作活動の強化により、

その様に、強く、感じ、思う回数」は

「確実に増えている」』。

『「背後に反米・反日国家がある工作集団に対し、

個人、個人レベルでは、行える事が限られてしまう」。

「背後に反米・反日国家がある集団的工作活動に対する対策」を

「国家が行わず、私刑も禁止」とは

「国家による虐待に等しい」が

「倒すべきは、

虐待国家の前に

悪工作側である事は、

全日本国民が決して忘れてはいけない事」だ』。

|

昨今では、工作電磁波が、益々、疑似高周波化されている様だが・・・。

『「工作電磁波ソフト」や「工作電磁波機器」が「仕込まれている場所・物」が「どんどん増やされている」。

「ソフトは、例えば、スマホ等、アプリに仕込まれ、

そのアプリが起動されていない時」でも、

「自動的に、

或いは、工作員指令や、ターゲットスマホ・携帯等の位置情報等から、トリガー起動の形」で

「働く様にされている場合が多い」』。

『「工作電磁波機器」は、

「例えば、

街中の電線関連や、

多くの人々が使う建物内の電灯やスピーカー等関連」に

「仕込まれている場合が多い」』。

『「つまり、何処かの誰かの依頼の下」で、

「工作電磁波ソフトが仕込まれたアプリが、

勝手に、多くの人々のスマホ等にダウンロードされていたり、

設備業者等が、どんどん工作電磁波機器を取り付け回っている様相」だ』。

『「人体にも実害のある工作電磁波」だが、

「電気機器にも、実害を生じさせる」』。

『「例えば、筆者の車にも、工作電磁波ソフトが仕込まれている様相」だが、

「特定疑似周波数の時」には

「バッテリー上がりが頻発」した。

「その後、より疑似高周波化した後は、バッテリー上がりは起きていない」が

「どんどん疑似高周波化が進むと、ある日突然、電気系統に過電流が流れてしまう等可能性」が

「かなり高い」と「推定出来る」』。

『「少し前のバッテリー上がり頻発」は

「疑似周波数と車の電気系統開放部等とが電流流失共振・共鳴状態関係にあったから」と

「強く推定出来る」が、

「共振・共鳴状態関係では無く、

過電流流失が必然となるくらいにまで疑似高周波化が進む」なら、

「そうなってしまう」のも「必然」になる』。

『「もちろん、筆者は、メーカーに車の電気系統が変である旨訴えた」が、

「何故か、現場担当の販売店本社実権者側が、調査拒否状態」だ。

「メーカー側も、

何故か、機器を使った科学レベルの調査をあまり行いたがらず、

筆者の気のせいとして、処理したい様相」だ。

「裏に、暗黙の強い意思・意志等を感じざるを得ない事態」が

「車の世界で起こっている」。

「拉致工作等、北朝鮮等による工作活動は無い事に・・・」と

「同様の雰囲気が濃厚に漂っている」』。

『「車の場合は、アース容量が大きい」ので、

「滅多な事では炎上等しない」かも知れないが、

「このまま疑似高周波化が進むなら、

過電流による電子回路破壊等の事態」が

「起こってしまう可能性」は

「かなり高い」と「推定出来る」』。

『「家電や電線等の場合なら、炎上も大いにあり得る」。

「つまり、工作電磁波仕込みは、時限発火装置みたいなモノにもなっている様相」だ』。

『「ある日突然、日本の中の至るところで、火災が多発」し

「過電流による機器破壊」や

「電線等が燃える事等」で、

「電気を使うインフラの多くが一気にストップ状態となる事態等」が

「推定出来る」』。

『「ある日突然が何時か?」は

「重要な事」だ』。

『「仕込み人脈が筆者等の推定通り」なら、

「3・1がらみ等じゃないの・・・」と

「強く推定出来る」』。

『「現状では、

知らずに、工作電磁波を浴びせられ続けている、多くの人々の人体」に、

「疲れやイライラや痛みや、場合によっては、眠気や気を失う状態等をもたらしたり、

電離現象により

脳細胞等の破壊をもたらしたり・・・等々」させている

「{ダケ(ここでは、敢えて、この表現を使う)}」の

「工作電磁波」なので、

「日本の現行法・現行の摘発体制では、摘発困難」な

「電磁波工作」だが、

「放置し続ける」なら

「大規模テロに結び付く要素まで濃厚に内在させている様相」だ』。

『「集団的工作活動対策、

特に、工作電磁波対策」は

「急務」だ』。

『「この記事をアップした後、窓辺に洗濯物を干しに行った(部屋干し)ら、

東南方向から、強烈な工作電磁波を当てられた」。

「光をとる為に、窓までは、防御板で塞げないところを悪用」して、

「短時間しか当てられないのなら、強烈なモノを・・・等」の

「悪の意思・意志等が濃厚に感じられた」』。

『「そんな悪意に満ちた者たちが、日本社会の中に、集団的に、うじゃうじゃいる、異常事態」は

「即刻にでも、是正されるのが当然」だ。

「政府・与党等の本気」が

「激烈に望まれている」』。

|

本日は、1月{18日}のせいか(?)工作員たちによる当方に向けている工作電磁波がやけに旺盛だが・・・。

『「離れているところの隙間からでも、強い工作電磁波を照射すれば、相応の実効があるかもしれない・・・等々」と

「懸命に、当方の対策の隙間を探し、其処から、工作電磁波を当てようとしている様」は、

「本当に哀れ」だ。

「迷惑な事だが、

もちろん、離れた場所の隙間にも、対策用のモノを直ぐに置いた」から、

「今も、マイナスイオン等が大量に出る様になっているダケ」で、

「実効は出ない」』。

『「裸の王様たち」が、

「愚かな、日本乗っ取り支配や不適応分子粛清等の工作活動等を止めるのは、

何時だろうか?」』

『「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる名や姿や悪の実績等々」が

「大きくなればなる程、

未来永劫、

より大きな恥辱が待っているダケなのに」・・・』。

『「工作員たちも、その親玉たちも、ご愁傷様」・・・』。

|

1月8日夜、記事記入中に、ウィンドウズアップデートを悪用した攻撃を受けた・・・。

『「金正恩の誕生日のせいか?」「余程、記事内容が気に入らなかったからか?」

「かなりの破壊度だったので、復帰まで、少々時間を要してしまった」。

「該当記事内容等は、今後、執拗にアップし続ける事にする」。

「ここでも、それなりに、記す事にした」』。

『「日本国内には、新大久保の様な相応の大きさを持つ韓国(北朝鮮も含む)人街が在る」。

「しかし韓国(北朝鮮も含む)国内には、同様の規模以上の日本人街は無い」。

「もちろん、この様な事態は、異常な戦後処理を引きずり続けているが故」だ』。

『「異常な戦後処理ゆえ」の

「日韓併合時からの日本国内残留韓国(北朝鮮も含む)人」や

「戦争状態が収束しても何故か帰らない朝鮮戦争難民(???)」等により、

「戦後の日本国内には、多数の韓国(北朝鮮も含む)人がいる」。

「帰化した人々も数多い」』。

『「それらの全ての人々」が、

「平和・共存目的で、日本国内に居て、

工作活動等を行ったり、

工作活動等に協力したり、

していない」のなら、

「基本的に、問題は無い」。

「しかし、実態・実体が全く違う事」は

「日本全国各地からの拉致」や

「電磁波工作・飲食物工作・侵入工作・情報教育工作・政財界工作等々、

日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な手法を使った

数多くの集団的工作活動等」の

「存在等からも明らか」だ』。

『「拉致はもちろん」、

「北朝鮮の瀬戸際外交」も、

「韓国のダダ外交」も、

「日本国内の多数の協力者や集団的工作活動等抜きには成立し得ない事」は

「少し考えれば、誰でも判る事」だ』。

『「例えば、韓国が慰安婦像で騒ぐ事」等に対し、

「日本国内のほとんど全ての人が

元々からの日本国民で、

韓国側の不当な要求等に対し、

絶大なる嫌悪感や拒絶感等を

普通に抱けている状態」なら、

「多くの日本国民による反論やそれに基づく政治等が主流になる」から、

「韓国側は、下手に騒げば騒ぐ程、実損を招く事になる」。

「ところが、現状では、日本国内で韓国側の応援をする人々が多数いる」。

「上辺では非難・批判等しながら、

内実では、友好関係が大切だから、少しは、韓国側に寄り添って問題を解決・・・」等の

「内実、利韓論が、日本のテレビ・マスコミ・学校教育等で、蔓延っている裏に在る」のが、

「集団的情報・教育工作の意思・意志」だ』。

『「もちろん、その様な事は、日本国内に多数の韓国(北朝鮮も含む)系の人々が居続けているから、

実現出来てしまっている事」だ。

「だから、逆の事態」は、

「韓国(北朝鮮も含む)内では、全く起こっていない」』。

『「韓国のダダ外交」も

「北朝鮮の瀬戸際外交」も

「戦後のそれぞれの国の中の本来の国民と

まるで、侵略~乗っ取り支配等が目的であるかの如く動いている本来の国民では無い人々」の

「割合」が

「日本と韓国(北朝鮮も含む)で、不当に甚大であるが故」に

「実行出来てしまっている、実質、悪事」だ』。

『「もちろん、こんな悪権力者たちに都合の良い、

本当の平和友好関係を阻害している

異常状態」は

「即刻にでも、解消されるべき」だ』。

『「はっきり言えば、

日韓併合時に朝鮮半島内に渡っていた日本人の多く」は、

「金と仕事と労働力等々を持って、荒れ果てていた朝鮮半島内の近代化整備を

私財までつぎ込んで頑張っていた人々」だ。

「それらの善意の人々の裏」で

「当時の朝鮮半島内からは、

多くの韓国(北朝鮮も含む)人たちが、

既に、近代化整備がある程度進んでいた日本本土内に別天地での良い生活等を求めて、

自主的に渡来した」』。

『「戦後朝鮮半島内の日本人のほぼ全てが、

朝鮮半島内に、資産・財産・立場等を残した上で、

強制的に帰還させられた実態」からすれば、

「日韓基本条約で全てチャラにしないのなら」、

「日本国内に居る韓国(北朝鮮も含む)系の全ての人々」を

「帰化しているなら、帰化を無効化し、

強制的に、朝鮮半島内に帰還させて」こそ、

「イーブン(お互い様)」になる』。

『「そうすれば、その後」は、

「ダダ外交」も

「瀬戸際外交」も

「行っても、韓国(北朝鮮も含む)側の自虐になるダケ」になる』。

『「その方が、韓国(北朝鮮も含む)側の

工作活動から健常成長への切替え欲動」も

「高まり易くなる」から、

「荒療治ではあっても、

将来的に、

お互いの為になる事は確実」だろう』。

・・・・・・・。

『「さて、筆者がブログ記入中」に、

「しばしば、オンタイムで攻撃をしかけ続けて来ている工作員やその親玉たち」は、

「上記の内容のどの辺りが、余程、気に入らなかったのだろうか?」

「全て、基本的に、筆者が記すまでも無く、

戦後日本社会の中にある

多くの人々が実感している現実」と

「その現実故の現象」だ』。

『「韓国(北朝鮮も含む)人差別や排除はダメ」だが、

「戦後日本国内の集団的工作活動の排除」は

「行わない事がダメ」だ。

「健常なテレビ・マスコミ等なら、その様な論を積極配信している筈」だが』。

|

より以前の記事一覧