昨今、筆者の周りの電磁波工作もより積極的に強化され続けているが・・・。

『「北朝鮮金政権等が余程、困窮しているからか?」

「中国共産党等の悪の策略上困るからか?」

「日本の中のソレら等の手下の様相の工作員等やその協力者等による

工作活動強化が続いている様相」だ。

「どちらにしても、大元の超おバカ度&超自虐度の高さ」は

「本当に呆れるくらい」で

「今時、言論上等で正当性や優位性等を伝える事が出来得ない手法を

用いて

都合の悪い者等を不適応分子等として粛清等すれば

自らが正当になれるとでも本気で思い込んでいる」なら

「その頭の出来の悪さは相当なモノになる」』。

『「例えば、筆者が記そうが記さなかろうが、

不当な悪の工作活動に過ぎ無い電磁波工作等々の実存」は

「変わらない」。

「ネット技術等を悪用して個人情報等を押さえ、

不適応分子とj判断される者等は

電磁波工作等々の粛清工作手段で排除すれば

独裁政権等による他国(日本も含む)支配~世界支配も可能」等と

「悪巧みを考え、それを実践している実態」は

「自己健常支配の継続を怠り続けている酷く、劣悪で、愚劣な人間以外の何者でも無い」。

「盗んだ技術等を悪転用して電磁波工作粛清技術等をつくりあげたところで

酷く、劣悪で、愚劣な人間としての実体が変わる訳も無く、

恥の上塗りをしているダケ」で

「例えば、電磁波粛清工作等にしてもある程度以上過激になるなら、

既に察知している

自由・民主主義圏の者たち等が放置する訳も無い」。

「手下化しているテレビ・ラジオ・マスコミ等々や政治家・政党等が

いくら誤魔化し続けようとしても

無駄」で

「徹底摘発の時」は

「着々と迫って来ている」。

「それは、

工作活動等の徹底摘発の時では無く、

元を撲滅する時になっている可能性も大」だ。

「自己健常支配を疎かにし

その代わりに

他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配の過剰追及状態に陥った段階」で

「その者が大人なら、既に、人間として自分に負けている」。

「自分に負けている者たち等」が

「その実体から逃げ続ける為に他の者・物・事支配や

他の者・物・事による被支配等を

更に、過剰に追及したところで

根本的敗者は根本的敗者でしか無く、

それは、どんなに他の者・物・事等を支配しても

都合の悪い人間を殺しまでしても

何も変わらない」。

「自己健常支配には自己承認欲求の充足も付いている」が

「他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配の過剰追及に付いている」のは

「大人の場合なら、意識の有無を問わず、自己嫌悪と恥等になる」。

「子どもの時」は

「親等による被支配の中で自己を健常に育てる事も

自己承認欲求の充足に繋がる」が

「永遠の子ども状態の様な実態を露呈している大人に付いて来る」のは

「意識の有無を問わない、自己嫌悪と恥等になる」。

「永遠の子ども状態の者たちに、例えば、核兵器等の保持が許容されて良い訳も無い」。

「工作活動は戦争を呼ばないと思い込みたいのが永遠の子どもたちかも知れない」が

「悪の実効が有る程度以上大きくなる工作活動はその元を撲滅する戦争の原因に

十二分に成り得るのが大人の世界」だ。

「もちろん、言うまでも無く、精神構造がより健常進歩・正常進化している方が

より破壊力の大きな兵器等もつくり出せるばかりか、より確度の高い防御法等も構築出来る」ので

「戦争の結果は戦う前から既に決まっている」。

「愚か者たち」は

「即刻、工作活動等を止め、自らを大人の精神構造に健常進歩・正常進化させる実務を

意識的かつ積極的に行うべき」だ。

「やんわりとした工作活動対策で済まなくなれば、

時は既に熟した事になる」。

「ネット悪用による個人情報等略奪等と

電磁波工作等々の工作手段による

他の者・物・事支配を企んでいる

独裁政権等の未来」は

「既に、短いモノになっている」。

「その辺りの反動形成として、

例えば、筆者の周りでも、{最後の足掻き}が繰り広げられている様相」だ』。

『「殺人は他者支配には成り得ない」。

「それは、例えば、人類の戦争の歴史を振り返るなら、

誰もが解る事」だ。

「そして、どんな独裁者等にもその個体の死が在る」。

「人類が存続するなら最終的に残る」のは

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配の精神文化では無い」。

「自己健常支配が主の精神文化に成る」。

「残らない精神文化を選択している自虐者、もしくは、愚か者等々」が

「自己嫌悪や恥から逃げる為に選択しがちになる」のが

「他の多くの者・物・事も巻き込んだ{自殺}等」だが

「愚か者たち」には

「全人類を抹消する兵器等を生み出す力も無い」。

「科学技術も個々の人類の精神構造が生み出しているのだから、

それは、当然の現象になる」。

「この重要な現実に気づいている」なら

「精神構造や精神文化の進歩・進化を行わない方が異常、もしくは、おバカになる」。

「精神構造や精神文化の進歩・進化を行わない者たち等とは

永遠の負け組を選択している者たち等でもある」。

「永遠の負け組としての道を自国民に強い続ける様な

自虐的、もしくは、愚劣な国家指導者等を

頂き続ける必要は全く無い」』。

『「中国や北朝鮮等も米国レベルの進んだ科学技術等を

盗むのでは無く、

自前で構築出来る国家体質に成るべき」だ。

「盗みによる科学技術等の進歩・進化は盗む元が無くなればオシマイになる」が

「自前は消滅しない」。

「米国レベルの科学技術の進歩・進化の為には、

独裁体制からの脱却~民主化等の

精神文化の進歩・進化が非常に有効になる」のだから

「それらの国の方々等は、

独裁体制を維持し続けようとしている者たち等から

一刻も早く、強い実権等を取り去るべき」だ。

「不健常な工作活動等に邁進している暇が有る」なら

「真に行うべき重要実務が其処に在る」』。

|

この前の「お知らせ」記事も、まだまだ解像度が低い、概念簡易理解を容易にする為のモノだったので・・・。

『「この前の時空関連記事」も「迫力不足かも知れない」ので「もう少し、解像度の高い実態が在る事」が

「判る様」に

「少々、追記する事にした」』。

『「先ずは、時間エネルギーについて」。

「三次元立方時空」で

「T(時間)とS(空間)」が

「分離した事によって時間の進行も始まった」が

「その時点で発生している

相対的に極大になり得ている

所謂、インフレーションと所謂、ビッグバンを繋ぐ

時間エネルギー」とは

「T(時間)とS(空間)の分離を解消し

平衡状態(つまり、時間が動かない0=真空状態)に

復帰する為に

放出し続けているエネルギーになる」。

「つまり、

T(時間)とS(空間)の分離状態が解消され

平衡0真空状態になるまで

時間は動き続ける事になる」。

「現宇宙の結末」は

「平衡化によるT・S再結合」で

「再び0真空状態への復帰となる」。

「それまでは時間は進行・・・つまり、T・S再結合の為の時間エネルギーの放出が続き

T・S再結合後は時間が止まり

時間が止まったが故に

大きさも重さもエネルギーも、全てが何も無いのと同じ状態になる

真真空状態になる事になる」。

「かつての唯物論的物理学(S要素だけを偏重し時間をスケールとして扱っている物理学)」では、

「宇宙モデル」として

「球体の膨張~収縮モデル」や

「永遠膨張モデル」等々が

「在った」が

「時空の分離と時間エネルギー」という「実体から導き出される宇宙モデル」は

「上記の一つになる」。

「T・S分離解消平衡化の為に放出されている時間エネルギー」は

「現時空の至るところに存在している」ので

「相対的に時空量が増える」と

「内在時間エネルギーも増える事になり

時間エネルギーは

物質化した星等々(簡略的には、Sの三乗状態として捉えれば理解し易いと思う)や

時間を引っ張る空間(簡略的には、T×S×S状態として捉えれば理解し易いと思う)

=時遅粒、或いは、所謂、暗黒物質や

光等(簡略的には、T×T×S状態として捉えれば理解し易いと思う)にも

影響を与える」から

「相対的にエネルギー量が多くなる遠くの星等々」は

「より早く遠ざけられる」のも

「当然の現象になる」』。

『「多くの人々は既にお気づきの様」に

「簡略化した理解を容易にする為の記述」では

「例えば、素粒子等の実態も描け無い」。

「実際の実態」は

「光にしても、素粒子にしても、時遅粒にしても」、』

「tの三乗状態」と「t×t×s状態」と「t×s×s状態」と「sの三乗状態」の

「大雑把に分けるなら4種の時空点」が

「光・素粒子・時遅粒等々のその状態を具現化する為に必要分が集合した

複合物状態」で

「時間エネルギーに運ばれ続けている=周囲の時空点が替えられ続けている状態のモノになっている」。

「どの様な集合状態」が

「例えば、特定周波数の紫外線の光となるのか?」等々を

「検証して行く」なら

「例えば、個別の素粒子等の実態も表現出来る事になる」。

「そして、それぞれの光や素粒子や時遅粒等々」が

「接している集合していない時空点」が

「時間の進行と共に次々と入れ替わる実態を通じ」て

「基底エネルギーより多いエネルギー(光)」や

「時間からの遅れ(素粒子・時遅粒)」等々を

「周囲に伝達しているのか?」を

「検証する」なら

「所謂、重力等々の力の伝達も良く解析出来る事になる」。

「例えば、近接時空点の位置に同様の素粒子が在るなら

それらは、他の周囲の個々の時空点からより大きく遅れさせられる事になる」ので

「大きく遅れさせられた素粒子同士の間には相対的に強い力が働く事になる」。

「比較的離れているモノ同志の間の影響」が

「波動として捉えられ易い」のも「当然の現象になる」。

「時空方程式の概念」は

「簡略版で、ある程度は理解されていると思う」が

「{使える}時空方程式」は

「それぞれの実態に沿った時空点・時空点集合を使ったモノ」だ。

「特定時空の三次元点群」が

「時間の進行と共にどの様に変化するのか?」を

「計算」したり

「その時空の{強度}等」を

「計算」したり「出来る」のが

「{使える}時空方程式」の「実態」だが

「もちろん、此処では、具体的には記さない」』。

『「多くの方々がお気づきの様」に

「所謂、大統一理論」も

「S(空間)要素偏重&時間をスケールとしてでは無く、

t(時間)要素とs(空間)要素から積み上げれば可能になっている」』。

『「重量制御も時空破壊兵器も絵空事では無い」』。

『「人類は、いい加減に自虐を止める為」にも

「個々の人類の精神構造と人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化」に

「本気で取り組むべき」だ』。

|

明日は「サンデーモーニングでは・・・」が記せそうも無いので・・・。

『「本日は、少し、趣向を変えて、以前にも記した{時空論}等のもう少し、解像度の高いモノ」を「記す事にした」』。

『「現世界、宇宙、の実在している基本中の基本」は

「空間(SPACE)」と

「時間(TIME)」になる。

「ここで、想定出来得る極めの大元」は

「S(空間)=T(時間)=0」で

「それは、0次元点宇宙になる」。

「0点なので、大きさも、幅も、エネルギーも、無い上」に

「時間の変化(=動き)も無い」。

「時間の変化が無い事」とは

「実質的に、あらゆるモノの意味を無にする」。

「例え、エネルギーが在ったとしても、大きさや質量等々が在ったとしても、

変化が許容されていない世界では、全く実意味を持たなくなる」。

「その様な状態」を「真真空」と「表現しても良い」だろう。

「真真空0次元点宇宙」は

「何処にでも存在可能」だ』。

『「S=T=0の0次元点宇宙」において

「S(空間)とT(時間)の分離が起こるとどうなるのか?」

「Sと同一では無くなったTの関係」は

「S×T=0で表す事が出来る」。

「長さが0の線分宇宙」だ。

「現れる実態」は

「{=0}」なので「0次元点宇宙と同じ」だが

「内実としてはS(空間)とT(時間)の分離という大きな変化=相転移」が

「在る」。

「長さが0の線分宇宙」は「一次元宇宙になる」』。

『「更に、S(空間)とT(時間)の分離が進むとどうなるのか?」

「更なる分離」が「生み出す世界」を「数学的に表現する」なら

「Sの二乗×Tの二乗=0・・・つまり、二次元平面宇宙になる」。

「ここで、数学のセンスが在る人々は直ちに気づく筈」だ。

「その実態」は

「S×S×T×T=0」になるが

「幅0の制限故に{=0}が成り立ち続けている」ので

「現れるその実態」は「0次元点宇宙や1次元線分宇宙と変わり無い」』。

『「二次元平面宇宙」での

「{時空}相当ペア」は

「S×S」と「S×T」と「T×S」と「T×T」の「四種類になる」。

「この中で、S×TとT×Sが0になる事」は

「一次元線分宇宙からも明らか」だが

「S×S」と「T×T」には

「0に成らないで済む余地が出て来ている事になる」。

「それでも二次元平面宇宙には幅の0縛りが在る」から

「実態としてはS×SもT×Tも0に成らざるを得ない」』。

『「二次元平面0宇宙の内実」である

「S×S」と「T×S」と「S×T」と「T×T」の「{時空}相当ペア点」が

「0縛りから逸脱する」と

「三次元化する事になる」』。

『「数学的に表する」なら

「Sの3乗×Tの3乗=0へ収束を目指す点群への相転移」になる。

「Sの3乗×Tの3乗の内実」は

「S×S×S×T×T×T」だが

「三次元化する事で{時空}相当ペア点は{時空}相当トリオ点化せざるを得なくなる」。

つまり、

「S×S×S」と

「S×S×T」と

「S×T×T」と

「T×T×T」になる。

「この中で、S×T=0の要素が担保出来ているモノ」は

「中の2列ダケ」で

「上下の2列は、その関係が担保出来ていない」。

「三次元化した段階」で

「S×S×S」点と

「T×T×T」点は

「平面0縛りからも解放され、その分離を体現出来る状態になる事になる」。

『「Sの三乗点」と「Tの三乗」点の「分離」が「実現した時」、

「Tの三乗点」は

「Sの三乗点やS×S×T点やS×T×T点を置いてきぼりにして一気に動いた」。

「時間が動いた瞬間」で

「それが、所謂、インフレーション」になる』。

『「Tの三乗点との分離」と「時間の動き」により

「置いてきぼりにされたSの三乗点とS×S×T点とS×T×T点」は

「分離前の状態に復帰すべくその差を一気に埋めようとした」。

「所謂、ビッグバン」だ』。

『「時間が動き始めた事により、

大きさも

エネルギーも

意味を持つ様になる」。

「T三乗点の分離」による「インフレーション」を

「埋める為に起きたビッグバンのエネルギー」は

「既に、

唯物物理学(S要素ダケを偏重し時間をスケールとして扱っている物理学)的に

計算されている」』。

『「0が0では無くなる

T三乗点と

S三乗点やS×S×T点やS×T×T点の

分離による所謂、インフレーションの相転移」は

「相対的」には

「極大のエネルギーを生み出せる事になる」。

「極大差を埋め戻そうとする所謂、ビッグバンの相転移のエネルギーも極大になる」』。

『「実態として」は、

「動き始めた時間に空間が置いて行かれた」から

「S(空間要素)が含まれている点」は

「相対的に集合させられた事になる」。

「T×T×T点」は「時間点を数学的に表した式」だ。

「S×T×T点」は

「時間平面に運ばれる空間ズレ(ピーク)点になる」。

「S×T×T点」は「時間平面が動く速さと共に進行する」ので

「質量は生まれない」が

「ズレ(分離)の分だけ、エネルギーを保有する事になる」。

「あるSのズレ(分離)分」は「ピーク化」し

「時間の進行がもたらす周囲の点群とのズレにより振動させられ続ける」。

「時間と共に在る状態に平衡化する為に必要になる

あるSピークが保有しているエネルギ―が大きい程

振動数が多くなる」。

「例えば、

光も、波長が短い程振動数が多くなり、保有エネルギーも大きくなる」が

「時間平面上を進行時間と同じ速度で移動している為

質量は0になる」』。

『「S×S×T」とは

「所謂、暗黒物質を表した式」で

「空間平面が時間軸と共に運ばれようとしているが、

平面を軸で運び続ける事の困難さ故に、

質量を生じている状態になる」。

「質量を生じているが時間軸上では時間の進行と共に動き続けようとしている」ので

「直接観測等は非常に困難になる」。

「物質化している空間点群・・・つまり、物質文明製品機器等」による

「時間の進行を空間の平面重りが遅くしている様な状態の直接観測」は

「物質化している空間・・・つまり、Sの三乗点群状態」や

「光等、時間に乗っかっているエネルギー・・・つまり、S×T×T点群」の

「直接観測より困難になる」』。

『「S×S×S点」は

「所謂、物質化して、時間から遅れ、質量を持っている状態の空間点になる」。

「時間からのズレ(分離)故に

周囲の他の点群に{転がし続けられている}」ので

「イメージ的には球体的に捉え易い」が

「その実態」は

「周囲に在る点が次々と入れ替わっている状態になる」。

「時間からのズレ(分離)の多さが遅れとなり

遅れの平面集合・立方集合がM(質量)となる」。

「時間から遅れて

物質化した質量を持つ空間点群の持つ

{空間→時間還元}エネルギー(E)」は

「E(エネルギー)=P(時間立方平面からの乖離量)×T(時間)の二乗

=空間要素がある点が時間立方平面点化する為に必要になる放出エネルギー量

となる」。

「逆に、時間立方平面点からの遅れを具現化する為に必要なエネルギーを

それぞれの形体を具現化出来る様に与えれば、

光(S×T×T)も

暗黒物質(S×S×T)も

物質(S三乗)も

意図的にも、つくり出す事が出来る」。

「唯物論的物理学(同項前例と同じ)では、

E=mc2と質量を生じている事を前提にmを使い、

時間立方平面からのズレ(乖離量)Pを使わず、

T(時間)をc(光速度)に代理させて表現する」ので

「光等は別扱いにしている」のが

「慣例となっている様だが」・・・。

「因みに唯物論的物理学で言う、所謂、ダークエナジー」とは

「先行している時間点と空間点のズレ(分離)分」で

「時間エネルギーとでも表するべき実態の事になる」』。

『「T=S=0、0次元点宇宙」や

「一次元線分宇宙」や

「二次元平面宇宙」や

「T三乗点」や「S×T×T点」や「S×S×T点」や「S三乗点」が

「何処にでも存在出来る」のと「同様」に

「T(時間)点とS(空間)点のズレ(分離)」は

「全宇宙に広がり続けている」のが

「現宇宙の実態になる」』。

『「T=S=0の0次元点宇宙から現宇宙が誕生した実態に思いが至る」なら

「{其れ}を可能にする(具体的な方法は敢えて記さない)なら、

地球消滅はもちろん、全宇宙のリセットさえも可能になる事」は

「全人類が少なくとも、頭の片隅には留めておくべき事になる」。

「生物原理による宇宙リセットの実態」は

「現宇宙の破壊→消滅化と新宇宙の創造になる」が

「其処に生物要素が入り込み易くなる」のは

「当然の現象になる」』。

『「時間進行に乗せられている三次元時空点群を数学的に扱う時空方程式

(その実態は0敢えて記さない)を利用して

特定空間の時空強度等を計算する」なら

「時空エネルギーの実用化も可能になる」。

「平和利用するなら、重力制御により宇宙への本格進出が可能になり、

自虐悪用するなら、

時空破壊兵器(爆弾という表現でも良いけど、爆弾レベルでは無いのだが)の実用も

可能になる」。

「全ての人類は、

精神構造や精神文化の健常進歩・正常進化を怠り続けている場合では無いのだが」』。

『「T(時間)とS(空間)のズレ故に生じ、存続し続けている事が可能になっている

現宇宙の物質」は

「基本的に物理崩壊をしている」が

「その物理崩壊のエネルギーや光等のエネルギーを利用して構築度を上げる事により

物理崩壊以外の動きを生み出し続けて来ているのが生物になる」。

「生物とは、現宇宙の光等のエネルギーや物理崩壊のエネルギーを利用する事により、

物理崩壊以外の動きを生み出し続けている物質になる」。

「生物群の根本的目的がその存続である事は疑いの余地が無い」。

「そうでは無い」のなら「とっくの昔に絶滅していても、何の不思議も無い」ばかりか

「しぶとく、構築度を上げ続け、存続を図り続けて来ている実態とも整合性が取れない」。

「生物群が構築度を上げ続けている事の目的」が、

「現宇宙を急速に物理崩壊させる事」等なら、

「それは、非常に自虐的で効率も悪い事」だ。

「現宇宙に生物が存在せず、物理崩壊しているダケ」なら

「物理崩壊の認識も無い」から「時間も気にならない筈」だ。

「放置すれば、物理崩壊して、

認識無き膨大な時間を必要としても

平衡状態に帰する可能性が極大な現宇宙」を

「生物を生み出し、生物に、認識させる事に意味が生まれるとする」なら

「宇宙再生が可能な間」に

「宇宙の再生を生物に行わせる事」等が

「合理的になる」。

「放置すれば崩壊し平衡状態→0に帰するモノ」を

「認識させる事の意味」は

「再生可能な内の再生」等であってこそ「整合性が取れ易くなる」。

「物理崩壊自体が目的」なら

「物理崩壊され辛い構築度の高い状態を目指して、進歩・進化を続けている生物等」を

「構築する必要は全く無い事になる」。

「逆に、構築度を上げ、存続し続ける事により、

物理崩壊の果てにある完全消滅等をさけさせたい」のなら、

「物理崩壊に抗う生物等」を「誕生させる事」は

「非常に合理的な事になる」』。

『「地球生命体細胞群の人類としての役割」は

「誰もが決して忘れてはいけない事になる」』。

|

相変わらず、少なくとも、筆者の周囲では、電磁波工作等が旺盛だが・・・。

『「音響兵器の電子・ホール版」とでも言うべき「電子・ホールを悪用した経時変化のある複数和音輪唱」は

「指向性があり」、

「工作電磁波を発生させるアンテナとして悪用されているリード線等の曲率と

工作電磁波の共振点等を

工作電磁波自体や携帯電話電波等を悪用した干渉波等により調整する事で

ターゲットに当てる様に調整出来」、

「ハードでもソフトでも仕込む事が出来てしまう」。

「ターゲットの居場所や体勢等は、

覗き工作電磁波やサーモグラフィー等を悪用して

他の家や部屋や車等の中からでも把握可能」だから

「集団工作員が替わる替わるターゲットに工作電磁波を当て続ける様にし続けたり、

ターゲットの家の近くに居る集団工作員の内の者たち等が

ターゲットが家に居る時は執拗に狙い続けたりする事」で

「ターゲットを工作電磁波漬けにする事が出来ている」。

「工作電磁波の悪の実効」は

「細胞レベルでの人体へのダメージ」や

「生体電気信号の妨害・不順化」等々で

「具体的」には、

「短期的」には

「脳細胞・神経細胞等破壊」や

「コリ、痛み」等の「生体ダメージ」や

「イライラや不安等々の神経症状」等として「現れる」。

「長期的悪影響」は

「ガン化」であり、

「成長・正常代謝等阻害」であり、

「早期衰退化」であり、

「アルツハイマーやパーキンソン病等々の発病」等にもなる。

「非人道的な集団工作活動」等を

「未だに、告発等しようともしていないテレビ・ラジオ・マスコミ等も本当にどうかしている」し

「スパイ・工作活動に対し実効のある法・体制整備等を行わない政府・与党等もどうかしている」し

「その辺りを追及しない野党等もどうかしている」。

「現行の周波数依存状態の電波法等」や

「因果関係が明らかに出来ないと摘発さえも出来ない殺傷関連法等」の

「脆弱性に付け込んだ悪の集団工作活動等」を

「蔓延らせ続ける限り、

一般市民まで含む

集団工作活動により殺傷された日本国内の人々の数が増え続けてしまうのに!」』

『「数十万人規模」と「推定される工作員等とその協力者等」による

「数十年に渡る集団工作活動等による被害者の数」は

「どんなに少なく見積もっても何百万人レベル」になる。

「それは、太平洋戦争時の日本国民の犠牲者数と言われている約310万人よりも多い」と

「強く、推定出来る」。

「戦争が非難されるのは当然」だが

「戦争並みの犠牲者を出して来ている集団工作活動が

黙殺・放置・容認され続けて来ているのは、

圧倒的に異常で、

当然な訳も無い」』。

『「集団工作活動等の根っ子、或いは、指令元等」は

「北朝鮮金政権等と強く推定出来る」。

「北朝鮮金政権等が拉致被害者を帰さない、帰せない」のも

「集団工作活動を止めるつもりが無いから」と

「強く推定出来る」。

「集団工作活動等の目的」は

「日本乗っ取り支配」で

「それは、

在日の母を持つ金正恩独裁政権等を未来永劫正当化し続ける為」には

「北朝鮮金政権等による日韓の乗っ取り支配が必需になるから」だ。

「集団工作活動等を告発・摘発等させない為の押さえの道具」が

「核・ミサイル等」だから

「北朝鮮金政権等にとって核放棄とは

集団工作活動等を放棄しない限り出来ない話しに他ならない」。

「逆から言う」なら

「核・ミサイル等を放棄しようともせず、むしろ増産している北朝鮮金政権等の現状」は

「日韓の乗っ取り支配に邁進している現状」でもあり

「だから、実際に、日本国内の集団工作活動等も未だに、旺盛というのが実状」と

「強く推定出来る」』。

『「それでも、米朝首脳会談時に一年以内の核放棄を約束した」のが

「北朝鮮金政権等の実態」だから

「北朝鮮金政権等は、

米国トランプ政権まで敵に回す=支配下に置かなければならない状態」を

「自らつくり出してしまった事になる」。

「米国乗っ取り支配の為の策」は

「大量の核・ミサイル等を保持してしまう事」と

「米国国内での北朝鮮金政権等の実質的、手下等による工作活動等」で

「スパイ・工作活動等が得意な者たち等が行う事」は

「日韓国内等と同様」と

「強く推定出来る」。

「政権を転覆させる為のスパイ・工作活動等は得意技」で

「韓国では、それなりに、成功してしまった」から

「従北大統領政権が出来てしまっている」。

「米国もトランプ降ろし成功で、従北政権化出来てしまう」なら

「大量の核・ミサイル等保持等や

それが使用されてしまう戦争を避ける事等を理由」に

「北朝鮮金政権等による

日韓の乗っ取り支配を容認する米国政権等と出来る可能性がある」等と

「見込んでいる」のが

「北朝鮮金政権等の実状」と

「強く推定出来る」』。

『「北朝鮮金政権等が米朝首脳会談で約束した一年以内の核放棄を実現させない事等」が

「はっきりした」なら

「即、米国は

軍事力を使ってでも北朝鮮金政権等が持つ核・ミサイル等を無効化するべき」だ。

「日韓等はその悪影響を覚悟する必要がある」が

「その悪影響」は

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下の集団工作活動等が

連綿と続けられてしまう事による悪影響や犠牲や

北朝鮮金政権等による日韓乗っ取り支配が実現してしまう事等」より

「遥かに小さい」から

「覚悟した方が、覚悟しないより、遥かにマシになる」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「上記の様な実態を告発し、伝える事等により、

日韓の覚悟を誘い

日韓の覚悟等を北朝鮮金政権等に見せつける事等により

北朝鮮金政権等の核・ミサイル・工作活動等放棄を

強く誘うべきだが、

未だに、北朝鮮金政権等の手下の様相さえ露呈している

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等まである」のだから

「本当に呆れる」。

「根本人間論からしても、

自己健常支配の代わりに

他の者・物・事支配を追及している者たち等」とは

「未熟、或いは、自虐的な者たちに他ならず、

未熟、或いは、自虐的な者たち等が重用される人間社会が

まともなモノになる訳も無い事」等は

「明白」だから

「自己健常支配の継続を怠っている様相がアリアリ」の

「北朝鮮金政権等やその手下等」は

「早々に態度を是正するべき」だ。

「自分に負けている者たち等が

核・ミサイル・工作活動等の悪劣な手段まで大々的に使う事等」で

「いくら、他の者・物・事等を支配出来てしまっても、

自らに負けている現実が変わる訳も無い」。

「其処に露呈している」のは

「更なる恥の上塗り」で

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき存在」になる』。

『「北朝鮮金政権等が一年以内に核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しない」なら

「米国による軍事力行使」こそが

「正道」になる』。

『「日韓国民等なら、正道が実行される事に対する覚悟等は保持しておくべき」だろう。

「何故なら、北朝鮮金政権等の側には、未だ、是正の動きさえも、見えないのだから!」』

|

アクア約1年だが・・・。

『「筆者の使用状態」では「750~850キロ程度走った後の満タン返し」で

「冬季21~22キロ/リッター、

猛暑時22~23キロ/リッター、

好気候時28~29キロ/リッター、

年平均25キロ/リッター前後」の

「実用燃費」や

「コンパクトカーサイズ故の取り回しの良さ」等は

「それなりに満足」だが

「高速に乗る」と

「平均燃費計の数値がどんどん落ちる

(それでも、好気候時なら25キロ/リッター~程度は行くが・・・)」し

「筆者の感覚では、タイヤもブレーキも三桁常用には頼りない(サイズアップしたのを選ぶと取り回しが悪くなる)」ので

「時間がある」なら

「直に、高速は降りたくなる点」や

「運転姿勢が捻じ曲げられる(ペダルのオフセット故)点」や

「FF故に曲がり時にアクセルオンでは基本的に膨らむ・・・」で、

「後輪駆動の様にアクセルオンで基本的に締まるところから流れるところへの移行等の状態が意図的に作れない」ので、

「コントロール性が高く無い点(結果、峠超え等は積極的に避けたくなる)」や

「やわらかいサスと反応の良い軽いパワステ故」に

「路面状況次第では、ステアリングをしっかり握ったまま」だと

「車体の揺れがステアリングを持つ腕から伝わり車の動きに還元されてしまう」ので

「意図的に緩く握り、手のひらで揺れを逃がしてやらなければならない点」や

「リア(特に、サスと天井周り)が安普請な点」や

「純正のセキュリティーが余り当てにならない点

(筆者の周りの工作員等には、既に、コピーキーでも出回ている実態が

購入後何ヵ月かした後、一カ月点検のしばらく後、には露呈)」等々の

「不満(FFコンパクトカー故かも知れないが)はある」。

「それでも、ヒタスラ実用と環境性能を考えて

ほとんどの軽より燃費が良いアクアにした」のは

「間違っていなかった」と「思えている」。

「低重心で基本的に揺れが少なく

モーター駆動割り合いも平均すれば半分以上で

基本的に静か」なので

「筆者の家の猫にとって」は、

「BMW320(E36)時(乗り心地やコントロール性や取り回し等々はかなり良かったが燃費が後期型の時でもハイオクで10キロ/リッター前後で・・・)よりも、

三菱の軽Iの時(燃費は13.5~16キロ/リッターだった。

後輪駆動故の良さは有ったので、コーナリングや峠超え等も背高は問題だったがそれなりに・・・)よりも、

好評の様」だ。

「アクア同様に燃費も良い

ドライビングポジションも捩じられない

コントロール性も使い勝手も良い

セキュリティーや安全装備もバッチリ」の

「国産コンパクトFRが在ると良い」のだが

「未だ、その様な車は無い」。

「天下のトヨタや走りに拘るマツダ等なら作れそう・・・」だが

「売れない」もしくは「儲からない」等々と、

「勘違い、思い違い等しているのだろうか」・・・。

「効率の良い発電用エンジン等をフロントに積み、

シリーズハイブリッドにして、

或いは、燃料電池車でも良いけど、

リアをモーターで駆動する様にすれば良いダケ」だから

「何れは、何処かのメーカーから出て来るパターンの一つだと思っている」が・・・。

「重量バランスが良ければ、

乗り心地とコントロール性を両立させて良くする事」等も

「より容易になる」。

「直進はFFが良いが曲がりはFRが良い

安定感なら四駆が良い」から

「高級バージョンなら四駆にして直進と曲がりでFF~FRを連続的に変化させ

安定が必要な時は四輪それぞれを必要に応じて使う様に

最適適応させ続ける様にすれば良い」。

「安価バージョンに前輪駆動版と後輪駆動版を用意すれば良い」が

「重量バランスが悪くなる前輪駆動版を選ぶユーザーは何れマイナーになる筈」だから

「前輪駆動版の場合は、後ろにエンジン等にすれば良い事になる」。

「何れにしても、操舵も駆動も前」には「相応の無理がある」。

「今後もユーザー感覚やユーザーの要求はより高度を求めて行く事になる」から

「重量バランスが悪い、

コントロール性やコントロール感が悪い、等々、

根本的資質が悪い車」を

「つくり易い、儲け易いから・・・等々と、

連綿と作り続けているダケ」では

「先細りする事になる」』。

『「厳冬期のアクア」は

「エンジンをモナカ状に包み

車室内の断熱性を

窓部は二重ガラス状態にするなどして飛躍的に上げたくなる」。

「車室の魔法瓶化とでも言うべきか」・・・。

「車室内の断熱は猛暑時にも効く」から

「極端気象の昨今、断熱性能の飛躍的向上」は

「至上命題であっても何の不思議も無い」』。

『「来年辺りに登場する筈の次期アクア」は

「後輪駆動版が出る事は無いだろう」が

「益々燃費が良くなっている筈」だし

「厳冬期や猛暑時の燃費ダウン割り合いが大幅に低くなっている事」も

「大いに期待したい」。

「コンパクトな外寸等はそのまま」に

「運転姿勢の健常化」や

「リア周りの安普請の是正」も

「大いに期待したい」。

「安全装備も益々充実している事だろう」。

「純正セキュリティー」も

「マスターキー等が在るのか?

コピーキーが比較的簡単に作られてしまうのか?」等は

「不明」だが

「今時、工作員等が勝手に車内をいじったり出来ないレベルのセキュリティーは必需」だから

「素人ドロボー等対策レベルでは無い本格的に使えるモノも用意しておくべき」だ。

「例え、360度監視モニターを付けて常時録画していても

工作員等が車内に入りその結果をキャンセル等出来てしまう」なら

「セキュリティーとしての役割を果たしていない事になる」。

「その様な事態まで想定した{本当に使えるセキュリティー}である事」が

「非常に重要になる」』。

|

米朝会談で核放棄合意でも、相変わらず筆者の周囲の工作等は旺盛なまま・・・。

『「最近の電磁波工作の流行り」は「設備電力やエアコン室外機」等々「より大電力を使う物の悪用」だ。

「筆者の周囲」では

「筆者の住むマンションの電源室や

貯水タンク付随ポンプモーター機器や

近隣の商業施設等の

業務用エアコン室外機や

電源設備等々」の

「方向」から

「筆者の居る場所や寝床に向かって強い工作電磁波が発生させる工作」が

「どんどん蓄積されて来ている」。

「一つの設備等を悪用して発生させている工作電磁波ダケ」では

「筆者の行っている対策により実効が出ない」となれば

「更に、別の設備機器や電源設備等を悪用して工作電磁波を発生させ重ねる事」で

「何としても、悪の実効を出させようとしている様」は

「本当に、劣悪で醜悪」だ。

「もちろん、その様な実態」を

「実際に行っている者等共々、既に、把握済み」の

「筆者」は

「新たな工作電磁波が加われば、相応に対策を強化し続けて来ている」から

「当然、悪の実効が出る事は無い」。

「対策には、相応の金と手間と時間がかかる」ので

「迷惑」だが

「恥知らずの劣悪状態の者たち等」が

「自首するか、態度を是正するか、等々するまで、

気長に、必要になる対策は続けて行くダケ」だ。

「下っ端工作員・協力者等をいきなり曝しても元の巨悪は困らない」から

「把握してある情報等は、今は、表向きは封印&必要なところに通知で留めてある」。

「先の無い巨悪に下っ端工作員・協力者等が従わなくなる時、

巨悪は容易に崩れ去る」。

「そして、巨悪が崩れ去る時」は

「下っ端離れによってでも、外圧によってでも、それ程遠く無い」。

「何時までも先の無い巨悪に従い続ける者たち等は

近々、超自虐状態に落とされる事になる」から

「下っ端工作員・協力者等」は

「早々に、巨悪離れをしておいた方が身の為になる」』。

|

今日は18日だからか、筆者の周囲にいる工作員や協力者等が筆者に当て続けて来ている工作電磁波工作も普段より熱心な様相だが・・・。

『「上方向からの工作電磁波だけでは無く、東~東南方向等からの工作電磁波も合わせて

筆者の要るところに集中させている様相」だが

「既に、対策済みなので、その分、マイナスイオン等が強く発生している」。

「無駄な事を行い続けている者たち」の

「正体」は

「既に、バレバレ」だ。

「一般日本人に対してまでも、執拗な実質的、粛清工作等を行い続けて来ている、

しかも、31がらみや、13がらみや、18がらみの時等には、より熱心になる

何人もの、つまり、集団」の

「正体」は

「そのメンバーの何人かがバレた段階」で

「既に、バレバレ」だ。

「工作活動等無縁の日本との平和友好関係を望んでいる者たちでは無い、

一般日本人までターゲットにした非人道的な工作活動等まで行い

日本の乗っ取り支配等が必要な人脈」とは

「今更、言うまでも無く、北朝鮮金政権等の手下・協力者等人脈になる」。

「国籍が日本であっても無くても、

民族的に日本人であっても朝鮮人等であっても、

行っている事」が

「非人道的な工作等」では

「責められて然るべき実態が其処に在る事になる」。

「恥の上塗りを行い続ける事等」により、

「其れこそ、お里にお帰り!!贔屓の場所にお行き!!!等の

集団圧力でも受けたい様相ですらある

その実態」は

「自殺願望で自殺の出来ない者等が無差別殺傷事件等を起こす事で死刑を得る実態」の

「相似形」で

「心理学的には、精神構造が同様であるが故の相似形現象の露呈等になる」。

「自己健常制御の継続を怠り、

独裁者等に自分を操らせ、非人道的な工作活動等を行い続けている

超自虐的で恥ずかしい実態の裏に在る」のは

「未熟で自虐的な精神構造」という

「実態が其処に露呈している」』。

『「既に、バレバレなのに、未だに、バレていないつもりで

工作活動等を行い続けている

裸の王様状態の者たち」が

「現状のまま、愚かで自虐的な事を行い続ける」なら

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」のは

「確実」だが

「現状の様な事を続けている」なら

「その前に、集団圧力等により、

日本から出て行け!!状態になる可能性も

かなり強く成って来ている」。

「日本に住み続けたいのなら、愚かで自虐的な事はいい加減に止めるべき」だが』。

『「はっきり言えば、北朝鮮金政権は既に詰んでいる」。

「現状で米国トランプ政権が異常なまでに優しい」のは

「もはや、詰んでいる者たちへの最後の施しに他ならない」。

「北朝鮮金政権等が素直に自首し

核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を完全放棄する」なら

「小さな生き目が出て来る」が

「自首しない場合」は

「生き目無し」というのが

「北朝鮮金政権等の現実」だ。

「米国トランプ政権等の異常なまでの優しさ」を

「北朝鮮金政権等が詰んでいないばかりか、米国にまで勝てた!」等と

「大勘違い出来る」のは

「裸の王様状態の北朝鮮金政権等の手下・協力者等くらい」だ。

「今時の人類」なら

「実体や事実・現実を、見ない、見れない、劣悪状態」等は

「いい加減に脱するべき」だが』。

『「温暖化・極端気象等の裏に在る」のも

「多くの人類の精神構造や人間社会の精神文化」だが

「温暖化の元にも{なれない}超時代遅れの精神構造や精神文化」の

「大迷惑」を

「片付ける事」は

「温暖化対策より遥かに容易」で

「近々、北朝鮮金政権等側にせよ、反北朝鮮金政権等側にせよ、

人類が行う事になる、行わざるを得ない、実務に他ならない」。

「大迷惑を片付けた後」には

「温暖化・極端気象等に対する重大な片付け実務が待っている」のは

「多くの人類が実感している通り」だ』。

『「金や権力等々に現実逃避し実質的、妄想等に溺れていても、

上記の様な現実は避けられない」。

「大迷惑」や

「温暖化・極端気象等」の

「片付け」で

「軟着陸状態を得る為」にも

「多くの人類の精神構造や人間社会の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させる為に有益な情報・教育等」は

「極めて重要」になる。

「今時、情報・教育界の仕事等を行っている」のに

「この重大な実務を怠り続けている者たち」は

「本当にどうかしている」。

「必要な仕事を行っていない、行えていない、者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「天動説状態の情報・教育界」を

「地動説状態に是正する実務」は

「本当に急務」だ』。

|

昨今、筆者の寝床に当てられている下方向からの非常に強い工作電磁波が寝床の中心線に沿うレーザーライン的に変更されたが・・・。

『「筆者の居る共同住宅の電源設備等悪用と推定される下方向からの非常に強い工作電磁波」の

「状態が変わった」。

「まるで、筆者が寝ている時」に、

「脳~延髄~背骨~腰椎部を縦に切るレーザーメスの様な状態になっている」。

「工作電磁波が直線的に発生する様に、

工作電磁波発生に悪用しているリード線等の状態を変化させた事等」が

「推定される」』。

『「もちろん、相応の対策を施し続けて来ている筆者には、身体上の実害は出ない」が

「相応の対策には、相応に時間も手間も費用もかかる」』。

『「日韓のセクハラやパワハラ等を正義ぶって追及等している

多くの日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等のパワハラより遥かに酷い工作活動等」を

「実質的に、全く取り上げていない」。

「見事(もちろん、皮肉)なまでの

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」等が「露呈」している。

「日本を韓国同様に従北政権化させる為の情報工作~大衆誘導等には

くれぐれもご用心!」

「商業コマーシャル等では無い、社会・政治面等」で、

「事の実体を探究せず、させず、

イメージで大衆を操っている

テレビ・ラジオ・マスコミ等による情報配信」は

「明らかに、工作的」だ。

「其処の裏に、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等が在る」なら

「実際の情報工作」が

「大々的に、戦後の日本社会で行われ続けている

重大問題に他ならない」。

「重大問題を内包している可能性が排除出来ていない

イメージによる操り状態」が

「未だに、まかり通っている事」は

「個人レベルのセクハラ・不倫等の問題より遥かに深刻な問題」だ。

「小事で大騒ぎして、大事を無い事にさせる悪の策略」は

「何処かの劣悪状態国・劣悪状態集団等のお家芸」でもある』。

『「イメージで操られずに、事の実体を見極める習慣を身に付ける事」は

「自己防衛にも大いに役立つ」。

「劣悪状態国・劣悪状態集団等から

自らや、自らが属している国等を守る為」にも

「事の実体を見極める習慣を身に付ける事に役立つ

情報・教育等」が

「積極的に行われる事が望ましい」。

「それは、健常人間社会を構築する為に必要な事」だ。

「健常人間社会を構築する為に必要な事」を

「黙殺・圧殺等し続ける事」により

「イメージによる大衆誘導等を蔓延らせ続けよう・・・」等としているのは

「実質的、悪情報・教育機関等になる」』。

『「必要情報・教育等の圧殺」は

「戦後日本のメディア界や学校教育界等による

重大なパワハラ」でもある。

「自らのパワハラを自浄出来ていないメディア・学校教育等」に

「本質的正当性が在る訳も無い」。

「戦後日本のメディアや学校教育等からは、

その者・物・事の実体や事実・現実部分だけを取り上げ、

その者・物・事についての論や判断等は

実体や事実・現実に基づいて

個々の人々が自ら構築し行う事」が

「非常に重要」だ。

「戦後日本のメディアや学校教育等の論を

鵜呑みにして、

オウム返しするダケの人間になる事」は

「知らず知らずの内に、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下にさせられている道かも知れないのだから!」』

|

無事帰還しましたので、ブログ復活です・・・。

『「現状日本社会」には

「大多数の善人・常人が居る」。

「圧倒的少数派の悪人等も居る」。

「善人・常人の多く」は

「戦後日本の情報・教育等により

日本の中の悪人等の存在を

積極的に把握し対処等しようとはしていない」から

「その様な人々だけなら、

どの職業にも居るスパイ・工作員等が

スパイ・工作活動等を行う事も容易になってしまっている」。

「所謂、平和ボケ状態」だ。

「善人・常人の中にも、

現時点では少数派だが

身近に居る悪人等の存在を積極的に把握・対処等しようとしている人々も居る」。

「その様な人々の居る割合いは職業によってかなり違う」。

「かなり、その様な人々の密度の高い職業もある」が

「特定の極少数の職業を除き、

多数派は、

悪人等の存在を積極的に把握し対処等しようとはしていない人々が多数派の

企業・組織等だ」。

「結果、多くの場合で、

悪人等の存在を積極的に把握し対処等しようとしている善人・常人の対策の穴を突いた

小さなスパイ・工作活動等の積み重ねが可能になってしまっている」』。

『「一つ一つは小さなスパイ・工作活動等でも

集団で何十年にも渡って行い続けて来ている場合

その悪の実効はかなりのモノになってしまう」』。

『「筆者の事情で訪れた場所でも、

事態は同様だった」。

「多くの職業人は善人・常人の悪者等を積極的には把握し対処等しようとしていない人々で、

小さな穴はところどころに多数在り、

その穴を突こうとしていた悪人等も居た様相で、

少数派だが確実に悪者等を把握し対処等しようとしている人々が居た」。

「動ける状態の人間なら、

悪者等が小さな穴を突こうとする事を封じる手立ても打つ事等が

可能になる」。

「動けない状態では、

悪者等の存在を積極的に把握し対処する善人・常人に頼るしかない」。

「多くの善人・常人が悪人等の存在を積極的に把握し対処する様になる必要性」が

「ここに露呈している」』。

『「職業人は、その職業についてはプロの場合が多い」。

「相当に高い能力を持っている方々も稀では無い」。

「しかし、その職業以外の分野では、どうか?」』

『「集団工作活動を行っている悪者等の側は、

数多くの職業のプロが居て、プロの技術を悪用して

小さめのスパイ・工作活動等を行い続けている」』。

『「化学技術のプロが飲食物工作の素を作成し、集団で利用したり、

電子技術のプロが工作電磁波等を発明???し、集団で仕込み続け、

それを工作員や協力者等がコントロール(オン・オフ・強さ・絞り・方向等)していたり、

情報・教育のプロが、

情報・教育で小さな

(・・・小さく無く思わせられてしまう場合も多いが、

実体としては、

情報・教育等を行う者が

勝手に変えられる程、小さなモノ)

捻じ曲げ等を積み重ね続ける事で本筋を捻じ曲げていたり、

・・・等々」。

「侵入スパイ・工作等の場合は、

ほぼプロ程度以上で無ければ、直にバレそう・・・で

工作集団の中の比較的少数派かも知れないとも思えてしまう」が、

「侵入工作が出来る状態の者を

少々の訓練(子どもに行わせる遊び程度)で量産している可能性も非常に大きい」。

「侵入工作の基の鍵はその道のプロが用意で、

工作電磁波覗きにより留守や電子機器の在りかや形・オン/オフ等を把握し、

防犯カメラ等を避ければ、バレる確率は激減するので、

少々の訓練をされた者程度でも侵入スパイ・工作等も可能で

少数派では無い可能性も大きい」』。

『「重篤な病気やケガや

寝たきり介護状態等になってしまうと

動けない状態になってしまう」。

「動けない状態で例えば、工作電磁波を当て続けられる」なら

「凝りや痛みが発生したり、

どんどん衰弱したり、

痙攣や

心不全等が発生させられたり、

長時間同部位に当てられ続けるとガン等が発生させられたり、

・・・する可能性絶大」だ。

「健常状態でも、

凝りや痛みが発生したり、

思考力・言語力等が不順状態になったり、

芽のピントが合い辛くなったり、

白内障に追い込まれたり、

集中力が阻害されたり、

イライラさせられたり、

疲れ易くなったり、

・・・等々する」のが

「通常(?)の出力の工作電磁波の悪の実効」だ。

「集中し、エネルギーが高くなっている工作電磁波の場合」は

「脳細胞や眼の網膜等、細胞群の極一部がいきなり破壊されたり、

毛細血管等が破壊されたり(脳や心臓等や肺等なら、その実害はかなりのモノになる場合も少なく無い)、

・・・等々、

直に、身体部位の部分破壊に繋がる場合もある」。

「大電力が利用出来得しまうなら、身体部位の部分破壊程度では無く、

いきなり殺人も可能になる」のが

「工作電磁波の実体」だ。

「至るところに工作電磁波発生装置・ソフト等を仕込み、

街中を工作電磁波で薄く包み、

ターゲットには絞った強い工作電磁波を当てる」なら

「好き勝手に、粛清工作が出来てしまう」。

「既に、その様な実態が露呈している様相なのに、

告発すべきテレビ・ラジオ・マスコミ等は、

かつての竹島問題や拉致問題の如く黙殺状態」だ。

「そればかりか、

北朝鮮のオトモダチ人脈の臭いも濃い、

反対野党

共々、

北朝鮮に厳しい安倍政権を降ろす為に

小事を大事化して大騒ぎしている状態」だ。

「陰険なナチス・ほとらーによる、

ガス室でのユダヤ人大量殺害に匹敵する

工作電磁波での日本人大量殺害を防止する為にも、

工作電磁波対策は本当に急務!」なのに』。

『「集団工作活動の無い日本社会」なら

「どれ程、晴れ晴れとするのか!」を

「筆者等は思いっきり味わってみたい」。

「多くの日本国民が実感する」のも

「晴れ晴れ感等になる」と思う。

「現状では、多くの日本国民が、日本社会の中の工作員集団等も含む悪人等を

積極的に把握し対処等しようとしていない」ので

「現状が当然等と勘違い出来てしまっている状態の人々も多いかも知れないが

現状の日本社会は

明らかに、

集団工作活動汚染で

どんより・・・」だ』。

『「もちろん、言うまでも無く、汚染解消の日は、早い方が良い」。

「米・日・韓等が道を誤らなければ、

汚染解消の日は近い」ので

「何としても、日本の道を誤らせよう・・・とし続けている」のが

「日本の中で集団工作を行い続けて来ている者たちの実態」だ。

「小さな問題を大問題化する事で

大きな問題の選択を誤らせる集団工作等には

くれぐれもご用心!!」』。

|

個人的事情により一週間程、ブログ記入をお休みします・・・。

『「工作活動等により殺害等されない限り、必ず、一週間程で復活させます」。

「復活しない場合や、記入内容等がオカシク変わった場合等々の時」は

「工作活動等の可能性が絶大です」。

「万一の時は、徹底調査・捜査等、強く願います」』。

|

より以前の記事一覧