セクハラ???発言程度で都議を執拗に責めるマスゴミは朝日新聞バッシングが酷いと嘯いている・・・。

『「国益・国民益を大きく損ねた実質大罪」への「責め」は「その問題による被害が補償されるまで、長く、きつく続くのが当然!」だ。

「健全なマスコミ」なら「人寄せパンダ的な小さい話題で、視聴者・読者等の興味を誘導し、大問題を実質黙殺はしない」。

「マスコミでは無く、反日人脈の情報工作機関(ふつうの国なら罪に問われるのが当たり前だが・・・)」なら

「人寄せパンダ話題で欺き、大問題を黙殺・・・」等が「当然の対応になる」』。

『「マスゴミが黙殺している朝日新聞の問題」を「朝日新聞自身は扱っている」と

「朝日新聞は良心的・・・」等と「思わせられてしまう方々も少なく無い」だろう。

「其処も、狙いの一つ」なのだ』。

|

バーチャル詐欺で億単位の集金・・・。

『「コンピューター上のバーチャル社会の売り」で「億単位の集金」が「可能になってしまった裏」には、

「元々、多くの人々が、

あの世というバーチャルの世界でも

決して少なく無いお金を

平然と投じてしまって来ている実態」が「ある」のだ』。

『「バーチャル詐欺で問題になっているところ」は、

「実際にバーチャルを十分に作っていなかった」から、「詐欺」として「摘発」なのだろうが、

「多くのあの世商売」では、

「あの世のバーチャル的思考も、

墓石や宗教像や宗教品等の物品も、

相応に整えている」から、

「詐欺にはならない」様相だ』。

『「人の誕生・死が細胞ごとである事が、既に、科学的に判明している現在」、

「丸ごと一人のあの世に基づいた商売」は、

「現実逃避の有名人や映画やアニメ等々の商売」と「同様」、

「その実体は、

大衆芸術的商売の一つに過ぎ無い」のである』。

『「実態無き、詐欺商売の摘発は当然」だし、

「大衆芸術的商売の一つに過ぎ無い商売の税制優遇等の廃止も当然である・・・」と

「思っているのは、筆者たちだけでは無い筈」だ。

「政界も何時まで経っても、宗教団体等を集票マシン化している醜態を露呈していない」で、

「ちゃんと現代流に進化するべき」である。

「宗教票を投じている有権者も、

何時まで経っても、実態・実体の無い考え・思いによる納得に引き摺られていないで、

事実・現実を元に候補者の実態・実体を確かめて、

現在望まれている事実・現実との整合性が高い候補者を選ぶべき」である』。

『「人類を食料難から解放したのは、

宗教では無い。

食料生産技術や運搬技術等の現実的向上である」。

同様に、

「自らが暮らしている社会をより良くする」のは、

「考え・思いによる納得に過ぎ無い宗教では在り得ない」。

「実体・実態を伴った現実の変化」である』。

『「宗教依存」は「宗教戦争さえ起こす」が、

「脱宗教の現実主義が全世界に蔓延すれば、

現実として、

この地球上の全ての人は、同じ、地球生命体細胞群の一塊なのだから、

最初から、世界は一つであり、

同じ地球生命体細胞群の一塊同士に、科学的な正当性のある大きな格差など在り得ないから、

最初から、世界は平和」なのである』。

『「左翼は、在り得ない未来方向を向いた現実逃避」だし、

「右翼は、在り得ない過去方向を向いた現実逃避」である。

「現実主義は、左翼でも、右翼でも無い」。

「時間が過去から未来へと流れている現実通りに、

現実との整合性を高め、

人類を始めとする地球生命体細胞群のより快適な存続~永続をもたらす為の現実への道」である』。

『「詐欺商売やあの世商売に大枚を投じられる人」は、

「是非とも現実主義にそのお金の向かう先を変え、

人類を始めとする地球生命体細胞群の存続に貢献して頂きたい」と

「切に願っている」』。

|

ウィキリークス問題・・・。

『「現状権力者たち」は、「内部告発」で「大慌て」だが、「その内容の多く」は、「多くの一般人が、たぶん、裏では、そんな事が起こっているでしょ・・・」等々と「思っている物事」だ。

つまり、「多くのウィキリークス情報」は、「多くの一般人が思っていた事」の「裏付け情報」なのである。

「一般人の立場」なら、

「通常の現状権力者たちのオコボレ頂戴わんわん報道等」では、「得られ辛い実態の報道の一つ」なのだから、

「ウィキリークス自体」を「問題視する必要は全く無い」』。

『ところが、「現状権力者たち」は違う。

「現状権力者たちの実体がバレる事」は、「現状権力者同士の、上辺の誤魔化し付き合い」に「大きな障害」と「なり得る」。

そこで、「悪いのは、内部告発」であり、「自分たちでは無い」とでも「言いたげ」な「大騒ぎぶり」である。

「実際」は、「そんな大騒ぎの必要なども無い」のだが・・・。

何故なら、

「多くの現状権力者たち」は、

「他の現状権力者たちの本音」を、

「ウィキリークス=内部告発」より「遥かに問題となる手法等」で「調べ、得ている」からだ。

「ウィキリークス」を「問題視」して、

「フェアプレープレーヤーを演じて」いても、

「裏」では、「あらゆる手段を用いて、自分たちが必要だと思った情報は、収集している」のが、「現状権力者たちの実態」である。

「ウィキリークス情報」で「右往左往してしまうくらいの現状権力者」なら、

「その資質が問われて当然」だろう』。

『「現状権力者たちのオコボレ頂戴わんわんマスコミ等の論調」に「操られ」、

「ウィキリークス」等を「問題視」してしまう事は、

「不当な情報統制にお墨付きを与えてしまう事」に通じている。

「一般人の立場」なら、「不当な情報統制に繋がる物事」は、「絶対に容認しない様にするべき」である。

「ウィキリークス」には、「大きな問題は無い」。

「ネット上の、相応に有益な情報提供サイトの一つ」だ。

「オコボレ頂戴わんわんマスコミ等」は、「恥を知るべきである」』。

|

日本の中の北朝鮮人脈問題・・・。

『「北朝鮮権力者たちが、意外な程大金持ちな裏」には、「日本国内にいるそのスジの人々からの支援」や、「一端、北朝鮮権力者マネーに化けたお金で支配されている日本国内の企業等」の「問題」もある。

「北朝鮮軍部が、意外な程技術持ちである裏」には、「日本国内にいるそのスジの人々からの情報・技術・部品等々の提供」の「問題」もある。

「旧社会党」が、「拉致問題で、日本側の立場に立った処理をしようとせず、まるで、北朝鮮権力者たちの御用聞きの様な対応を示した事」は、有名な話しだ。

「旧社会党の支持母体の一つである日教組等の教育」により、「多くの一般日本人」が「平和ボケ・愚民化・去勢化された」のも、皆様良くご存知の通りだ。

そして、「今の民主党政権で実権を握っている」のは、

「仙谷官房長官や輿石氏等」のように、「旧社会党の面々」と、

「大金持ちであるがゆえに、鳩山」、

「多くの旧社会党の面々と大変仲が良い、北朝鮮や中国共産党とも近いと言われている、政治経験が豊富な小沢」なのである。

「日本の民主党政権誕生と、北朝鮮権力者たちの不当増長は、無関係では無い」。

「北朝鮮権力者の不当増長」の「裏」には、「日本国内にいるそのスジの人脈の支援」もあるのだ。

この「日本国内の他国人脈の工作等の問題を抑える為に必要な法整備や情報・教育等」さえ「十分では無い」のが、「日本国の現状」である。

「情報・教育は、正常化」し、「スパイ工作活動防止法」くらい「直ちに成立させ」、「一般日本国民の安全上必要な体制を直ちに整えるべき」だ。

「人脈も???、政権担当能力も???、日本の為の政治より、韓国(朝鮮)の為の政治という・・・実態の民主党政権は、一刻も早く終わらせるべき」である。

「日本国内で、多々の工作活動等を行っている他国人脈」・・・。

「平和的で有効的で健康的な工作」なら「未だマシ」だが、

「北朝鮮現状権力者や中国共産党等」の「意向等に沿った」、

「不健康な工作活動」も「少なく無い」のが、「日本社会の実状」だ。

その上、現状では、「余程の事が起こらない限り、国は、知らんプリ・・・」なのである』。

『「北朝鮮が核兵器を保持している現状」で、「その核を無効にする手段」は、

「北の核放棄」か、

「日韓の核武装」しか無い。

「北の核放棄が実質的に困難」である以上、

「日韓は、米軍核の共同管理ぐらい直ちに行うべき」である』。

|

「丸ごと一人の死生観」と「闇にもぐってしまう性犯罪」の深い関係・・・。

『「現状の日本」では、「性犯罪の多く」が「表に露呈しない」。「それは、何故か?」

「丸ごと一人の死生観を抱いている人」の「感覚」では、

「性犯罪等で人が傷つけられてしまった場合」、

「その人、丸ごと一人が傷モノになってしまった」様な「感じ」を「得てしまいがち・・・」だ。

もちろん、言うまでも無く、「それは、大きな誤り」である』。

『「現実」として、「人の誕生・死」は、「細胞ごとに起こっている」。

だから、言うまでも無く、「性犯罪」でも、「傷害犯罪」でも、

「被害者は、細胞ごとの新陳代謝」で、「相応の快復」を行っている。

「実態により近い、細胞ごとの死生観」が「主流になれば」、

「性犯罪」でも、

「被害者も、社会全体」としても、

「傷害犯罪と同様」と「感じる人」が「主流になっている筈」だ』。

『「傷害犯罪の被害者」となってしまって、「警察等に訴えない人は、稀」だろう。

同様に、「性犯罪」でも、「警察等に訴えない人」は、「稀になる」』。

『「傷害犯罪の被害者」となってしまい、「怪我してしまった人」を、

「傷モノ扱いする様な愚かな人」は、「どれだけいるだろうか?」

「その被害者」が、「例え、プロのスポーツ選手」の様に、

「身体が重要な仕事を行っている人」でも、

「その様な愚か者」は、「圧倒的な少数派」だろう』。

『「精神・心理面」では、「どうか?」

「丸ごと一人」を「抱きしめている人々」は、

「自分が理解出来るから、恥ずかしいとも、いけないとも思っていない物事」は、

「丸ごとの理解」を示し、

「性の様に、自分の中で、未消化な要素があるが故に、何処と無く恥ずかしく思い、何処と無く、オープンにするのは、いけない事と思い込んでいる物事」は、

「丸ごとの否定」をしがちになり易い』。

『「その様な現実離れした概念」がもたらしている「自らの未熟な悪態」から、

「自分を解放する」のが、

「現実把握」だ。

「細胞ごとに誕生・死を繰り返している人間の実態」を「ちゃんと現実把握する」なら、

「自分の未熟な、心や思いの問題」を「乗り越えて」、

「性犯罪」と「傷害犯罪」の「実体的同様性」が「優先される」筈である。

「傷害犯罪の多く」が「訴え」られ、

「性犯罪の多く」が「闇にもぐらせられている現状」は、「異常」である。

「生きている人間」は、「細胞ごとに新陳代謝している」からこそ「存続出来ている生物」なのだ。

「性犯罪」でも、「傷害犯罪」でも、

多くの場合「身体的怪我は治る」のである。

そして、「犯罪行為で怪我をさせられた事」は、「遠慮無く訴えるべき」である』。

『「精神的怪我」は、「どうだろうか?」

「精神とは、実態的には、脳や心臓の記憶細胞や、神経細胞の働きによって活動・認知」され、

「よく活動する精神状態に関連する神経細胞」が「より強化」され、「より活動・認知し易くなる」、

「人体細胞の生理作用」である。

「怪我をした時」、

「怪我が治る事もしくは、怪我の無い状態」に「興味を持ち」、

「怪我が治った後」は、「その怪我自体は、忘れるくらいに、その怪我自体には無関心になる事」、

そして、「新たな怪我をしない様に、対策をし、普通に用心する事」が、

「怪我の治りや、その人のその後の人生にプラスになる」事を考えれば判る様に、

「負の体験等の反復学習は避け」、

「怪我を治し」、

「新たな同様の事件・事故を防ぐ為にも、

無用心だった場合なら、普通に用心し、

犯罪行為自体は、

訴え、

犯罪者には相応の処罰を求め、

法の不備があれば、是正を求める」等の

「前向きの対策」が「有効」である。

「人間、誰しも、心に傷を負わされてしまう」と、

「防衛反応が、自己の特別性を呼び起こし」、

「自分を特別な立場に置く負の体験」の「反復学習」を行いがちになり易い。

そして、「そんな状態」を「周囲に認めさせたくなり」、

「病床利得を養いたがってしまいがち・・・」にもなる。

「過去の負の体験に、過剰な程に縛り付けられてしまう後ろ向きの問題処理」を行ってしまうと、「その様な道にはまり込み易い」のだ。

「過去の負の体験」は、

「怪我を治す為に必要な実態把握」や、

「犯人を捕まえ罰する為等に必要な実態把握」等を、

「ある意味、ドライに、事務的に行う」に留め、

「精神・心理の問題」では、「後ろ向きの処理では無く、前向きの処理をする事が重要」である』。

『「性犯罪撲滅」の為にも、

「多くの人々」の、「丸ごと一人の死生観」から、「細胞ごとの死生観」への「正常進化」と、

「色々な事件・事故等に対する実体・実態把握情報・教育」の「普及」は、「重要」だ。

「性犯罪被害者たち」を、「タダ単に、視聴率アップの為の話題提供」程度で、扱っている様な、「稚拙なテレビ番組」等は、「早々に駆逐されるべき」である。

「今時のテレビ番組」なら、少なくとも、「細胞ごとの誕生・死という人体の現実」を「広報」し、

「性犯罪被害者たち」は、「怪我をさせられてしまった人であっても、傷モノでは無い」旨くらい「広報するべき」である』。

『「性犯罪被害」も「傷害被害」と同様に

「遠慮無く訴えるべきである」。

「稚拙で、未熟な世間の目があるとしても」、

「出来が悪いのは、稚拙で未熟な世間の目や、

その様な状態を放置している事に手を貸している情報・教育等の方」である。

「何事でも、出来の悪い方に合わせてしまっては、ロクな結果が得られない」。

「未熟な現状日本社会」でも、

「性犯罪を傷害犯罪と同様に思い、遠慮なく訴える、健康的な人々」の「応援団」は、

「少なく無い筈」だ』。

|

事業仕分け「スーパー堤防」問題・・・。

『「昔から、江戸っ子は、宵越しの金は持たない」。「その本意」は、「お金は、回ってこそ生きる」である。

少なくとも、「江戸時代の日本人」は、「お金を回さない事の害」について、「それなりに実感していた」のかも知れない。

ところが、「戦後、バブル以降」となると、「話しが変わってくる」。

「大金を保持する事の価値」が「変に認められてしまった」。

その様な「大金保持の価値が偏重されている状態」は「欧米社会には既に在った」が、

「バブル以前の日本」では、

例えば、

「大企業の社長」でも、「年収は、程々」で、

「中小企業」でも、「会社にはお金がタンマリ有って、設備投資も思いのまま・・・」でも、

「社長の年収は程々・・・」という所が「多数在った(そちらの方が主流だった)」。

少なくとも、日本では、「お金を実体経済内で回さない事の害」を「深刻に考えていた人々が多数いた」のかも知れない』。

『「スーパー堤防」は、「そんなバブル時代」に「お金を回し続ける事を主たる発想として、考案された、その当時の官僚の知恵の産物」でもある。

「永遠にお金が増え続けるような幻想さえ抱けていたバブル時代」ならでは・・・という部分も多分にあるが、

「実際に、スーパー堤防化された所と、されていない所とを比べれば、

「前者は、河の水等さえ綺麗なら、水辺の良質な住宅地等」であるのに比べ、

「後者は、屈強で十分な堤防が在っても、万一決壊したら・・・という、防災面での不安を抱えた住宅地等」なのだ。

つまり、「実効が無い政策でも無い」のである。

「昨今の様に、経済的に困窮している状態」だと、「費用対効果の負の側面ばかりが、叩かれる」が、

「筆者としては、あえて、

お金を実体経済内で回す知恵」を賞賛しておきたい。

「何故なら、現状の世界的不況」は、「お金の実体経済離れがもたらしている」からだ』。

『「何事でも向かうべき方向を間違えると得られる結論も悲惨な事になる」。

「不況の元に手を貸している限り、好況には成り得ないのである」』。

『「もちろん、一時的な対症療法としての対策」は「必需」だ。

「現状の経済状況」なら、「スーパー堤防の廃止も当然」だろう。

しかし、「対症療法の対策」を「大賞賛」して、

その「大宣伝をマスコミ等が行う事」で、

「多くの一般市民が大局を見失う様な事態」は、

「非常に危険」である。

「まともなマスコミ」なら、「お金を実体経済内で回す事の大切さ」も「合わせて訴えるべき」である』。

|

「日本国の民主主義の主権者日本国民」の「敵は?」・・・。

『「親朝鮮現状権力者や親中国共産党等の人脈の言い分」では、「日本国民の敵」は、「米国権力者人脈」である。

何しろ、「国防は米国頼り・・・・」というのが「日本の実状」だから、

「米国と日本を切り離せば」、

「日本に、中国共産党や朝鮮現状権力者の意向を反映させ易くなる」。

そこで、多くの「情報工作員」たちは、

「日本国民の皆さん!朝鮮現状権力者の言う事を聞きましょう。・・・」とか、

「中国共産党に頼りましょう。・・・」等と言う代わりとして、

「日本国民の敵は、米国権力者人脈ですよ~!」的情報をばら撒いている』。

『「多くの一般日本人の中」には、潜在的に、「先の大戦時の米国による数多くの日本人虐殺や原爆投下に対する反感がある」から、

「その日本人の潜在的反感を、呼び起こし、悪用する」事で、

「朝鮮現状権力者や、中国共産党を有利に・・・」というのが「それらの情報工作策略の実態」だ。

少し前までは、「親アジアキャンペーン」を行い、

「中国共産党の問題が露呈すれば」、

「韓流ブームを主流」にし、

「竹島問題や、外国人参政権を求め、日本乗っ取りの策略を未だに継続している疑いが濃厚となる韓国現状権力者の問題が露呈」すれば、

「反米国権力者・・・」なのだ。

もちろん、言うまでも無く、「自前で中国にも朝鮮にも対応出来る」「核もしくは核以上の破壊力を持つ兵器も含む自主防衛」が出来るまでは、

日本は、基本的に、「親米国権力者の立場」を維持するべきである。

「反日情報・教育などほとんど流さず、

むしろ親日情報・教育で満ち溢れている米国」の「権力者と親しい立場」を「放棄する事」は、

「反日情報・教育を行い続けて来た近隣アジアの国々の権力者の意向の下」に「一般日本人を置く道」に他ならない』。

『元々が、「反日教育を行って来た様な国々の権力者の下に一般日本国民を置こうとする」様な「無理のある物事の無理強い」なのだから、

「不当な工作活動などは、上手く行く訳も無い」のだが、

「それらの他国権力者人脈」から

「お金やライバル蹴落とし等の応援」や「不健康な工作活動の犠牲にならない安全な立場」等々を

「与えられているせいか・・・」

未だに、「日本国内の不健康な他国人脈による工作活動」は、「かなり盛ん」だ』。

『問題は、

「それらの不健康な工作活動が在る事等」が、

「一般市民が得る情報では隠蔽」され、

「現行法・現体制では、十分な取締りが困難」であるのに、

「十分な法の是正も、体制整備も、早急に行おうとしていない事」である』。

『現状では、「情報無きままの自主防衛」を「無言の内に強いられている」のが、

「多くの一般日本国民の実状」なのだ。

「憲法で基本的人権を謳っている国家」なら、

ちゃんと「国民の基本的人権」の一つである

「他国人脈の不健康な工作活動に脅かされない健康で安全な一般市民生活」が

「確保されていて当然」だと思うのだが、

「現状の日本社会は、未だ未だ・・・その面では、開発途上国の様なモノ」である』。

『「対情報工作」としては、

「その情報が何処を?誰を?どの様な人脈を?等々を、利するのか?」等の

「問いかけを常に行い」ながら、「情報を見聞き」すれば、

「鵜呑みにする事で操られてしまう危険性」が「かなり減る」。

「対飲食物工作」は、

「不味いものは、もったいなくても食べないで捨てる事。

二度と同じロット等のモノは買わない。

管理の悪い店は避ける事。

外食店でも、人に良く注意して、同様に、不味かったり、食後調子が悪くなったりした事がある店・人の所へは行かない事」等々

の「対策」で、「かなり危険性は減る」筈だ。

「対電磁波工作」は、「妙に疲れたり、妙にフラフラ感が出たり、身体の一部に痛みや、内部火傷と似ている症状が出た場合」は、

「先ず、異常な電磁波の有無を観測する事」である。

「電磁波メーター」等が無くても、「電磁波照射場所と自分の間にアルミ版等を置き、アルミ版がマイナスイオン発生器化する様な時は要注意」だ。

例えば、「自室等」で「電磁波照射が確認されてしまったら」、

「電磁波照射可能方位全て、多くの場合、レーダー等で覗き見しながら、ターゲットを追いかけて照射し続けているので、六方位全て、を、直進電磁波を遮れるように数ミリ程度のアルミ版・光が必要な方位は、電磁波遮断に十分な厚さを持つ水槽等を配置した中で暮らす」等の手段で「実効のある防衛」が出来る。

「犯人たちが摘発」され、「覗き見用レーダー&電磁波照射装置」が押さえられ、「同様の工作活動の全面禁止が可能になる法整備&取り締まり体制が作られる」まで、

「自主防衛になってしまう」のだ』・・・。

・・・・・・・。

『皆様もご用心・・・』。

|

「押尾槍玉ヤク事件裁判員付き裁判」問題・・・。

『「有名人押尾」は、「象徴的槍玉状態」だが、「この手の事件は、他にも、結構在ると容易に推定出来る」』・・・。

『「宗教レベルの現行法上」では、「保護責任者遺棄致死」という

「誰が悪いのか?問題」が問われているが、

「同様の事件・事故等の再発を防止する為」に「一番の問題となる事」は、

「何故、女性が、死に至ってしまったのか?」だ。

「本質を追求する」なら、大部分の物事は、「誰が?」の問題より、「何が?」の問題の方が重要である。

「弁護側の言うように、女性が、既に致死量のMDMAを服用してしまっていた」のなら、

「致死量のヤクを服用させてしまった者」こそ、「保護責任云々では無く、殺人犯もしくは、傷害致死犯」だろう。

「致死量のヤクを服用してしまう事態」が「起きてしまう可能性」としては、

「ヤク自体がいい加減で、見かけ上や、言い伝え上の薬効がある物質量と、実際の薬効がある物質量が、著しく違っている場合」、

「服用者の意思で、何時もよりも更に強い薬効が欲しくて、致死量のヤクでも服用してしまっている場合」、

「服用させた者の意思で、何時もよりも更に強い薬効が欲しくて、致死量のヤクまでもを服用させてしまった場合」、

等々が、考えられるが、

「元々のヤクがいい加減だった場合」は、「犯人は、ヤクの製造者」であり、

「今回の場合はその可能性が非常に低いと推定されるが、自らヤクを服用した場合は、亡くなってしまった女性の無意識の現状脱出欲動の問題」であり、

「ヤクを服用させてしまった場合は、押尾の無意識の現状脱出欲動の問題」となる』。

『「象徴的に押尾を責め、スケープゴードにした」ところで、「同様の新たな事件・事故等」の「本当の防止」には繋がらない。

「いい加減なヤク問題は、いい加減なヤク問題として」、

「現状脱出欲動問題」は、「現状脱出欲動問題として、実体/実態把握する事が重要」なのだ』。

『「押尾の思いの中」では、「ヤクの服用が露呈する事>女性の命」だったのだろうが、

「元々は、ヤクの服用を欲した事」が「元凶」である。

「ヤクの服用を欲する欲動が何故生まれていたのか?」を「検証する」なら、

「同様の新たな事件・事故等の防止」にも、「大きく役立つ」』。

『「宗教的裁判」で、「他人を裁いたつもりになって、自分たちは、正義ぶって」いても、

「同様の新たな事件・事故等の防止が十分に出来ない正義」など、

「誇れる事は無い」。「むしろ、恥ずかしくなる」様な類の物事だ。

「象徴を見せしめ的に裁き、例え厳罰にしても、それは、単なる自己満足の類」である。

「元々、同様の犯罪行為に手を染めない可能性が高い普通の状態の人々に対する抑止効果」を基準に、

「象徴の見せしめや厳罰等の手段」で、

「現状脱出欲動が渦巻いている状態の人々に対して、抑止効果を望む事」は、

「著しく不合理」である』。

『何事でも、「源流対策」が「重要」』なのだ。

『「押尾や亡くなってしまった女性の中に渦巻いていた現状脱出欲動は、何故生まれてしまったのか?」くらいは、多くの人々が、それぞれ、自分なりに考えてみるべきだろう』。

(若干のヒント等が必要な方は、他の記事をご参照下さい。

面倒な方の為に、一つだけ記すなら、「生物の基本欲動である自己確認欲動の問題」なのだ。)

|

中国船、尖閣諸島領海侵犯衝突事件問題・・・。

『「民主党代表選」の「結果も出た」ので、「この手の記事」も「解禁」する(代表選中だと、小沢の応援材料にもなり得てしまうから、あえて封印していたのだ)』。

『「菅総理」による「対韓自虐土下座談話」の「悪の効果」が、ドンドン出て来てしまっている。

「ロシアの北方領土に対する対応」に続き、

今度は、「中国船による尖閣諸島領海侵犯衝突事件」だ。

「共産党政権下の中国」の、

「上辺は民間船による領海侵犯衝突事件」は、

「上辺は民間船、しかし、実体は、共産党の特命を受けた様子見」である「可能性も大」である』。

『「外交メッセージ」として、

「総理」による「自虐土下座談話」は、

「どうぞ、突き入って下さい・・・と言っているのと同じ」なのだから、

「ロシア」や「中国」の「対応」は、「ある意味、当然」なのだ』。

『「日教組等の自虐・平和ボケ教育の優等生上がりである人々が多いテレビ・マスコミ等」では、

「中国船の領海侵犯衝突事件の原因」さえ「???の様子」で、

「テレビ視聴者の中には、尖閣諸島を日・中・台で、仲良く三等分利用・・・」などという、

「歴史も、国際常識も、外交も???」という人までいる始末だ』・・・。

『「言うまでも無く、反日教育を行っている国々」が、

「反日教育の論理を維持したまま」

「日本と仲良くする」とは、

「日本国・日本人を自分たちの下に置いて支配する事」であり、

「何の縛りも無い公平・平等原則の仲良く」では無い。

「忘れてはならない事」は、

「それらの反日教育国は、近代化に遅れを取り、

結果、領土管理に対する遅れも取っていたから、

尖閣諸島にしても、竹島にしても、日本の領土になっている」というのが、

「歴史上の事実」であり「国際常識」である。

「歴史上の事実」も「国際常識」も「無視」した「自虐・平和ボケ教育/情報」の「悪の成果」が、

「菅総理による対韓自虐土下座談話」であり、

「現状のテレビ・マスコミ人や、視聴者のボケぶり」なのだ』。

『「本当に、日本の病気は重篤」である。

「重篤な病気状態」では、「元気が出る訳も無い」。

「元気な日本」の為には、「先ず、病気を治す事」だ』。

|

8月15日も、今年は、テレビ・マスコミの戦争記事等が異常繁殖の訳・・・。

今年は、テレビ・マスコミ等による戦争記事がやたらに多い。その裏にあるのは、もちろん、「日韓併合100年」であり、『テレビ・マスコミ人脈の問題』である。

「日韓併合の記念日(?)」は、8月29日だったと思うし、

世界的には、ポツダム宣言受諾の9月2日が「終戦記念日」だそうだから、

3月の「東京大空襲」の頃からはじまっている「戦争記事等の異常繁殖」は、

8月6日の「広島原爆投下」、8月9日の「長崎原爆投下」と、

8月15日の「玉音放送日」周辺を一つのピークに、

9月2日前後までは続きそう・・・な気配だ。

問題は、その論調である。

例えば、戦争記事等の異常繁殖の元となっている「日韓併合」問題にしても、

ちゃんと、日韓併合を「二国間の正式な合意契約」であり、

日韓併合の『実態は、植民地支配などではなく、「日本の資産・人材を用いた韓国内の急速な近代化整備」』であり、

日韓併合を歓迎していた朝鮮人も少なからずいた事も踏まえた上で、

韓国内の急速な近代化整備は歓迎だが、日本文化の流入に対しては、嫌悪感を抱いていた朝鮮人の「心の問題

(例えて言うなら、日本に米国等の外資が流入し、外資企業で働く日本人が、英語やアメリカ文化に嫌悪感を抱くような心の問題と、

マクドナルドなどの米国文化施設の如く、至る所に、日本文化施設である神社等が建てられた事に対する心の問題等が在る。

実際は、多くの日本人が外資企業や外資企業相手に働く時は、その文化に擦り寄り、外国語を覚えたりするように、

当時の多くの朝鮮人は、『より進んでいて自分たちにメリットをもたらす物事を得る為』に、日本への嫌悪感などの邪魔になる心理は抱いていなかった。

そればかりか、進んだ文化の一つの象徴でもあった神道等を積極的に取り入れ、

北朝鮮へと続く、反抗勢力との戦いでは、「天皇陛下万歳!」と叫びながら命がけで戦っていた朝鮮人まで少なからず居たのだ。

それが、『当時の「現実」』である。)」や、

最後まで日本による近代化に兵器を用いた反抗を行っていた人脈と北朝鮮との関係などを、

『現実通りに紹介する』のなら、問題無い。

しかし、現状では、「日本による植民地支配」という『嘘』を強調して紹介しているところが多いのが、「日本のテレビ・マスコミ等の実状」で、

『その様な事態と、テレビ・マスコミ人脈の問題は、表裏一体』なのだ。

戦前・戦中から、一貫して日本のテレビ・マスコミ等は、朝鮮系の人脈により牛耳られているのである。

上記の様な『ベースの現実』を把握すると、

悪戯な「玉砕戦法」や「終戦・敗戦処理の延期」や、「朝鮮人の徴集がかなり遅くまで行われたかった事」等の理由、等々の訳もよく判る。

『戦前から、現在まで、日本のマスコミが行い続けている物事の本質は、「朝鮮系の人々を有利にする工作活動」』である。

その為に、戦争中は、「終戦時期を遅らせる大キャンペーン」を行う事で、

数多くの一般日本人男性を勝ち目の無い戦場に送り込み、玉砕戦法で意図的に命を失わせ、

米軍による都市部への大空襲や原爆投下等により、本土にいた多くの一般日本人の命を失わせると共に、多くの空き地をつくり出し、

その上で、戦後は、「朝鮮系の人々が有利になるように、情報・教育をコントロールし続ける事」で、

『日韓併合=朝鮮側による日本の乗っ取り工作の開始』という『悪の人脈の悪の思惑の実現』の為の『悪の援助工作を行い続けて来ている』のだ。

そして、日韓併合を一つの一里塚と位置付け、

朝鮮系の人脈による日本の乗っ取りを完了させて行く「新たな100年」の為のベースとして、ベースの援助と成り得る情報・教育の一方的な大量配信を行っているのである。

『そんな悪どもの情報に引き摺られている「日本の政党」』の多くも、

「本当に日本の為になる声明」の発表さえ出来ずにいる。

「負けた戦争」や、「戦争の被害」等々のみを『過剰な程に引き摺り続けていても、

「日本にメリットは生まれない」』。

日本人なら、

「何故、負ける戦争を行って、もしくは、行わされて、しまったのか?」

「何故、悪戯に命を失わせる玉砕戦法だったのか?」

「何故、終戦・敗戦処理が余りにも遅かったのか?」

「戦争の被害の解消の為には、何が必要か?」

等々を考えるべきである。

情報産業の「リーダー的『立場』」を得ているテレビ・マスコミなら尚更である。

「負ける戦争に突入した裏」には、『戦前のマスコミによる「異常な富国強兵風の大宣伝」と、「それに反する平和民主派への異常弾圧」』が在った。

その結果、平和民主派のリーダー的存在の人々の「過激派による暗殺」事件まで起こっている。

「玉砕戦法の無理強い」と、「異常な程遅れた終戦・敗戦処理」の裏にも、『戦中マスコミによる「一般日本人男性を殺す為の大宣伝」』が在る。

「戦争被害処理問題」では、実質的に、『本当の被害処理を行わず、「被害を実態以上に増大」させ、「増大させた被害を永延と引き摺る為」の情報工作』が、戦後のマスコミによって行われ続けている。

「本当の被害処理」とは、「被害者・遺族等を戦争問題に縛り付ける事」では無い。

『被害者・遺族等を戦争問題から解放する事』である。

『その為には、

「歴史上の現実通りの情報の広報」と、

「それに基づいた被害補償や再発防止策等々の現実的な処理」と、

必要なら「死生観の現実化」等々が、

行われるのが当然』だ。

『「嘘を広報」し、

「被害者感情のみを煽り」、

「死生観の現実化の手助けもせず」、

「被害者・遺族を何時までも戦争問題に縛りつけ」ながら、

「他国や朝鮮系の人々の利権増大を図っている」ような所は、

まともなテレビ・マスコミでは無い』。

『「日本衰退工作」もしくは、「日本乗っ取り工作」を行っている「工作組織」』である。

|

より以前の記事一覧