テロ等準備罪潰しの為の政治工作、朝日・民進・前川「怪文書メモ」問題の裏・・・。

『「日本国内に居る、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等」は「テロ等準備罪の成立を、何としても、阻止しなければならない立場に居る」。

「事前準備も要る、拉致工作や拉致工作への協力等を行ってしまった者たち」は

「その後」も、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下」で

「工作活動等を行わされ続けて来ている」。

「現在でも、

事前準備等が必要な

工作活動等を行ったり、

それに協力したり、

させられ続けている」』。

『「事前逮捕を可能にする法律の成立」は

「その様な者たちの摘発~公然化にも直結している」』。

『「日本国内で、

工作活動等を行ったり、

それに協力したり、し続けて来ている者たちにとって」、

「テロ等準備罪の成立」は、

「今までの、不当平穏(もちろん、上辺ダケだが・・・)生活等の終焉」を

「意味する」』。

『「昨今の世界情勢からも、

政策論争等の正攻法」では、

「事前逮捕を可能にする法整備を潰す事は困難」だ。

「政治工作等の裏手段による潰し等しか、

道は無い事になる」』。

『「重大法案故に、

中途半端な政治工作では、

潰せない」が

「例えば、

政権のトップを失墜させる事等が出来る」なら、

「政権崩壊に合わせて、重大法案を潰す事も可能になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」は、

「政権のトップを失墜させる政治工作等のノウハウを既に持っている」。

「劣悪な独裁体制等維持の為」に、

「情報・技術・経済等が狭く絞られ、

その結果、

多くの北朝鮮国民に犠牲を強いる

かなり酷い無理をしても、

時代遅れの軍備しか持てていない劣等国家状態の北朝鮮」は、

「当初から、

北朝鮮国民支配の為にも、

工作活動に活路を求め続けて来ている」。

「その結果、

工作活動ダケは、

ある意味、超一流状態」だ』。

『「実際」に、

「韓国」では、

「従北マスコミ等」と、

「大統領の側近友人等の問題」を

「悪用」して、

「朴大統領を失墜させる事に成功」し、

「従北大統領を誕生させた」・・・』。

『「今、日本国内で行われている政治工作」も

「基本的に、韓国内と同様」だ』。

『「安倍総理の友人等を利用して、

安倍政権を崩壊させる工作」が

「行われて来ている」』。

『「問題を起こす者に、

無理やり、総理と強い関係を持たせようとしたやり方」が

「{森友学園籠池問題工作}」だ。

「元々からの総理の友人に

無理やり問題化出来る事をつくらせるやり方」が

「{加計学園獣医学部新設問題工作}」だ』。

『「どちらも、

実体としては」、

「一学校法人問題」や、

「一国有地等払い下げ問題」等

「でしかない」が、

「従北テレビ・マスコミ・政党等」が、

「無理やり、重大問題化する」と「共」に

「政権トップとの密接な関係性等」を

「執拗に訴え続ける事」等で

「政権転覆工作の道具」として、

「最大限、活用しようとしている」』。

『「其処に在る」のは、

「実体や事実・現実を原寸大通りに報じる健常な報道等でも無ければ、

健常な政治・政策論争等を行う健常な政党等でも無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等の為の、

政権転覆工作」だ』。

『「工作の大枠部分ダケ」では、

「安倍政権転覆に不十分」と

「悟った従北連中」が

「無理やり、持ち出している」のが

「加計学園獣医学部新設関連の{怪文書メモ}」だ』。

『「同様の内容がメモ等される事態等が存在した事等は否定出来ないものの」、

「メモ内容自体が正当か?否か?」も、

「出所」さえも、

「はっきりしていない

{怪文書メモ}」が

「重大問題であるかの如きイメージ」を

「付加された上」で、

「朝日新聞の一面」等で、

「大々的に報じられた」』。

『「更に、{歌舞伎町出会いバー通い}元文科省次官」が、

「メモは本物論」を

「付加している」』。

『「歌舞伎町出会いバー等、所謂、近風俗・風俗産業界」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等が、結構、沢山居る」。

「下ネタ弱み掴み」は

「工作活動の基本中の基本だから」だ』。

『「出会いバーで出会い、その後、何をするか?」は

「誰もが、想像に難く無い筈」だ。

「元文科省次官が、下ネタ弱み」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等に押さえられている可能性」は

「絶大」になる』。

『「怪文書メモ」には、

「事実・現実通りの内容も在れば、

事実・現実とは違う、勝手に、書き加えられたり、脚色等されている内容も在る」と

「強く、推定出来る」。

「出所や記入者等をはっきりさせた上」で、

「何処が、事実・現実通り」で

「何処が、勝手に書き加えられたり、脚色等されている内容なのか?」等が、

「はっきりするまで」は

「怪文書メモは、怪文書メモに過ぎ無い」』。

『「戦後の日本社会」では、

「例え、

大新聞社でも、

大テレビ局等でも、

大物教授等でも、

大物政治家等でも、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等である場合」が、

「かなり在る」』。

『「怪文書メモ」に

「過分な力を与えようとする情報工作」等に

「操られるとロクな事は無い」』。

『「情報工作による大衆誘導の実害」は

「多くの日本国民が、

かつての、

自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」等で

「重々、知っている筈」だ』。

『「その後、政権交代はあった」が、

「テレビ・マスコミ等には、選挙等による人脈交代等も無い」。

「かつて、~民主!!!等」で

「騒ぎ、大衆を操っでいた人脈等」が

「今、森友!~加計!!!」等で、

「騒いでいる」』。

『「そして、

其処には、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭い」が

「濃厚に漂い続けて来ている」』。

『「はっきりしている事」は、

「一学校法人問題等で、

国政を滞らせたり、

大マスコミ等が大騒ぎ等し、

大衆興味があらぬ方向に誘導等されたり、

していても、

ロクな事は何も無い」が、

「テロ等準備罪を成立させ、

活用し、

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員等やその協力者等を

徹底的に摘発する」なら、

「戦後日本国内」に

「広く、薄く、漂わせられ続けて来ている

毒」が

「かなり晴れる事」だ』。

『「朝日・TBS・文春・民進党等々、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭いが濃厚なモノたち」の

「最後の悪足掻き」が

「今、懸命に行われている」・・・』。

|

「永田メール」ならぬ「朝日怪文書」的様相等を露呈している「加計学園獣医学部設立関連メモ」問題・・・。

『「テレビ等」では「メモの出所」は「辞めさせられた元官僚等」と「官邸サイドは、既に、特定・・・等」と「喧伝している」。

「しかし、それは、出所では無く、出所{スジ}の筈」だ』。

『「辞めさせられた元官僚等のメモ」なら、

「書いたのも、その元官僚等」となるから、

「日時や、その場に居た者等の、重要情報」は、

「かなり、詳しく、出て来ていて当然」になる。

「その上で、元官僚等の、恨み節脚色等が加えられている状態のメモ」等と

「成っている」のが

「普通」だろう』。

『「ところが、当初の怪文書メモ」には

「日時も、出席者等も、無かった」。

「次に出て来た、怪文書メモ」には

「日時や、出席者等が乗っていた」が、

「出席したとされている議員等」は

「メモの内容のままの実態等を否定している」』。

『「元官僚等」が、

「出所は自分では無い」等と

「メモを読んだ人々に、思い込ませる為等」の「工作メリット」と

「メモを読んだ人々に、本当にメモ通りの事が有った等と、思い込ませる事」による「工作メリット」を

「比べる」なら

「圧倒的に、下記の工作メリットの方が大きい」。

「今時なら、どうせ、出所等は、直に、バレる」のだから、

「元官僚等が、もし、本当に、該当怪文書メモ等を、朝日等に提供しながら、

自らの保身等を図る」なら

「多大な工作メリットによる、見返りを得る方」が

「遥かに、合理的になる」』。

『「上記の様な状態が示唆している事」は、

「官邸サイドが、既に、掴んでいる」のは

「出所スジ」であって

「出所」では「無い事」だ』。

『「それでは、何故?テレビ等」では

「出所スジ」を

「出所」と

「喧伝しているのか?」』

『「実質的、怪文書である、該当メモ」を

「仕立てあげる為の基情報を得られる立場に居た者等」は

「少し、調べるなら、直に判る」。

「辞めさせられた官僚も、その一人」になる。

「辞めさせられた官僚以外に、該当者は居ないだろうか?」

「もちろん、居る」』。

『「例えば、

盗聴・盗撮・スパイ行為等を行っている者等」なら、

「該当メモ程度の怪文書メモの作成は、十分に可能」だ』。

『「元来、盗聴・盗撮・スパイ行為等」とは、

「かなり無理をしている行為」だ。

「完璧な情報を吸い上げる事等には、かなりの危険が伴う」。

「事が露呈しない範囲で、

断片的な情報を吸い上げ、

それを基に、怪文書メモ等を仕立てるレベル」なら

「危険度は、かなり低くなる」』。

『「該当怪文書メモ」からは、

「その程度」の

「臭い」が

「濃厚に漂って来る」・・・』。

『「はっきりしている事」は

「情報提供を得た、朝日新聞等は、情報提供者等を知っている事」だ。

「日頃から、

裏取りを、

少なくとも、上辺では、

大いに、誇って来ている者たち」が

「裏取り抜きで、

新聞の一面に大々的に記事を載せるとは

考え辛い」から、

「普通に考える」なら

「朝日新聞は、情報提供者を知っている事になる」』。

『「ここで、もし、朝日新聞」が、

「十分な裏取りも行わず、

政権転覆工作や、

法整備邪魔工作や、

反対政治運動等上」で

「都合が良いから・・・等の理由」で

「該当、怪文書メモ等」を

「十分な裏取りも行わず、

新聞の一面上等に、

大々的に、載せた」なら、

「其れこそ、第二の永田メール」で

「朝日怪文書メモ問題」等となる事になる』。

『「偽メールで追い詰められた永田議員は、自殺してしまった」が、

「今回の怪文書メモ問題」の「実態・実体」が、

「もし、

偽メール問題」と

「同様」で、

「朝日怪文書メモ問題」等の

「状態」なら、

「朝日新聞の近未来は・・・」』。

『「該当官僚」なり

「朝日新聞」なり、

「どちらにしても、

知り得ているなら、

早々に、

情報の出所等」を

「大衆に、告知するべき」だ』。

『「情報の出所等を大衆周知出来ない場合」は

「情報の出所等」が、

「工作員や協力者等による、盗聴・盗撮・スパイ行為等から・・・」である

「可能性が大きくなる」。

「更に、情報発信等の目的」も、

「政権転覆工作や

法整備の邪魔や

反対政治運動」等の

「為」である

「可能性が大きくなる」』。

『「今時、

政権転覆工作や

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員等が大いに困る法整備等の邪魔や

反日政治運動等を行っている

テレビ・マスコミ等」を

「有り難く等思えている一般日本国民」は

「どれ程居るのだろうか???」』

『「政党・政治家等にしても、

テレビ・マスコミ等にしても、

多くの日本国民にとって、

有り難く無い存在」を

「大きく残し続ける必要は全く無い」』。

『「有り難く無い政党等」は、

「免疫を養う為」や、

「スパイス的役割りの為」に、

「極少々」で

「十分」だ。

「有権者による選挙時の民意等」で、

「その様な状態を実現する事」が

「可能」になっている』。

『「ところが、

有り難く無いテレビ・マスコミ等」には、

「選挙も無い」。

「テレビ・マスコミ等の偏向・偏重論等に、

過剰な実権を持たせない様」に

「多くの日本国民が、自らの民度を高める事」や、

「特定極一部の者たちや論等ばかり・・・が、

何処の局でも主」等の、

「異常状態」を

「是正させる事」や、

「実質的、情報工作等を徹底排除する・させる等」の

「実効のある対策が急務」だ』。

『「戦後日本国内」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下やその協力者等による

非人道的な工作活動等」さえ

「満足に、告発等出来ていない

テレビ・マスコミ等」などは、

「早々に、お払い箱に放り込むべき」だ。

「その替わり」に、

「多くの一般日本国民の安全・安心等を守る為に有益な情報配信等が出来る

テレビ・マスコミ等」の

「新規参入等を促進するべき」だ』。

|

安倍総理「2020年新憲法施行」問題・・・。

『「言うまでも無く、現行日本国憲法は、完全無欠の完成品では無い」。「そればかりか、むしろ、矛盾だらけ・・・」だ』。

『「象徴的なのが9条」で

「問題の解決手段としての戦争を否定しているばかりでは無く、

軍の保持も否定している」が

「実質、軍である自衛隊」を

「保有している」のが、

「実際の日本国」だ』。

『「自衛権は有る」という

「解釈改憲上」で、

「自衛隊は合法化されている」が

「そんな誤魔化しが通用する」のは

「日本国内くらい・・・」だ。

「実際は、

他国から見れば、

自衛隊は、

軍隊以外の何モノでも無い」』。

『「言葉と実体との整合性上からは、

明らかな異常状態を露呈し続けている」のが

「現行の日本国憲法」だが、

「元々が、

人類の実体やその実体の本来の目的から整合性をちゃんと取っている憲法でも無い」ので、

「言葉と実体との整合性を高めるダケ」では

「日本国・日本国民等が持てている実利も損なわれてしまう事になる」』。

『「言葉=実体」化の

「前」には、

「言葉自体が実体に沿っている必要が在る」』。

『「もちろん、人類の実体やその実体の本来の目的からちゃんと整合性を取って法整備等する」なら

「それは、日本国憲法に留まらず、全人類が共有出来る代物になる」が、

「現状の多くの人類」が、

「その様な精神文化製品」を

「つくり出し、

実用する為」には、

「その前」に、

「多くの人類の精神構造の健常成長」が

「必需」だ』。

『「言葉と実体の整合性が高い法整備」は、

「もう少し、先の話しになる」』。

『「現行日本国憲法」は、

「明治憲法を基」に、

「占領軍等」が、

「その当時考え出せていた理想等を加えて、

練り直し、

基本的に英語で作られたモノ」だ』。

『「だから、英文で読む」と

「特に、序文等は、結構、自然に感じる」』。

『「日本語が苦手だったり、嫌いだったり、等する、方々」が

「現行憲法に拘りたがる」のは、

「ある意味、当然の現象でもある」が

「その様な方々の、お里やルーツ等の臭い」も、

「同時に感じられてしまう」のが

「現実」だろう』。

『「現行憲法の改正」なら、

「ある程度は、言葉と実体に乖離が有りながらも、

多くの日本国民が納得出来るレベルにまで、

その乖離幅を縮小する事」が

「適切」になる』。

『「乖離幅で、実利を担保しながら、

言葉尻や言葉上の揚げ足取り等を行い辛くするレベルの

改正」が

「適切になる」』。

『「この面から考える」と

「安倍総理が、提示した、9条加憲案」は、

「適切な範囲に入っている」と「言える」』。

『「多くの日本国民」に

「9条に対し、

腫物で、

触るべからず的対応をし続けさせる事」の「実効」で

「主として、反日国や反日国人脈等の

利権維持~増大等を

担保させようとし続けて来ている者たち」の

「実体等」は

「既に、多くの日本国民にとって、周知の事実」だろう』。

『「多くの日本国民」が、

「具体的改憲」を

「実感を持って、考え易い」のは

「余りにも、言葉と実体の乖離が激しい、

9条」になる』。

『「はっきり言えば、

どんなに、9条を掲げ続けていたところで、

主として、北朝鮮等による日本侵略~日本乗っ取り支配行為等」は、

「防げない」』。

『「だから、実際」に、

「戦後の日本国内」では、

「多数の一般市民まで含む日本国民」が、

「主として、北朝鮮等による

スパイ・工作活動等」の

「被害を受けさせられ続けて来ている」』。

『「軍事力で反撃しない平和ボケ国家相手」なら、

「例え、十分な軍備等を保持していない国々でも、

スパイ・工作活動等がやりたい放題出来てしまう」』。

『「そして、

戦後の日本国内」に、

「多数の手下に出来る人材を抱える事が出来てしまった

十分な軍備等を保持出来ていない

劣悪体制国家の劣悪国家指導者等」は

「実際」に、

「多数の日本国内のそのスジの人材等を手下化」し、

「拉致を含む、非人道的な工作活動やスパイ行為等を行わせ続けながら」、

「劣悪国家指導者等の利権維持~増大等を謀って来ている」』。

『「北朝鮮の後を追う様な動き」を

「中国共産党支配下の中国が行って来ている事等」も

「多くの日本国民は、少なくとも、心の片隅には、留めておくべき」だ』。

『「9条という、軍事力で反撃しない平和ボケ国家化宣言」が

「主として、北朝鮮等のスパイ・工作活動等の呼び水となった事」は

「否定できない現実」だ』。

『「もちろん、現行9条故のメリットも在る」。

「専守防衛用軍備しか保持出来ていない自衛隊」は

「攻撃戦争に参加出来ない」。

「大戦後の米国等による戦争に引っ張り出される事の抑止効果」は

「絶大」だった』。

『「多くの一般市民まで含む日本国民」を

「主として、北朝鮮等のスパイ・工作活動等の生贄に差し出し続けながら、

主として、自衛隊員等を、

米国主導等の戦争に参加させない事で、

守り続けて来ている」のが

「戦後日本の実体」だ』。

『「その様な普通の国では無い状態」が

「良かったのか?」は

「昨今の北朝鮮情勢等からも、

誰もが分る事」だ』。

『「普通の国」の様に、

「国防軍を持ち、

反撃戦争も否定せず、

他国によるスパイ・工作活動等は、徹底排除出来る

等々の状態」と、

「普通では無い戦後日本国」の様に、

「専守防衛の自衛隊のみ持ち、

反撃戦争は出来ず、

他国によるスパイ・工作活動等は、やりたい放題

等々の状態」の

「どちらが、日本国・日本国民を守る事になるのか?」は、

「少し考えるなら、誰もが分る事」だ』。

『「戦後の先進国の様に、

核兵器を含む、数多くの先進兵器を保有出来てしまっている国々同士が

本気で戦争を行う事」は

「人類滅亡に直結している」。

「その結果として、現状の人間世界」には、

「既に、先進国同士が、国レベルの本気の戦争を行う事等に対する抑止効果」は

「十二分に在る」』。

『「国レベルでの戦争を行ってしまえば、

直に負けてしまう国々」は、

「反撃力の無い他国内でのスパイ・工作活動等」を

「積極的に行い易い」。

「スパイ・工作活動等」とは

「貧者の実戦争」に他ならない』。

『「ここで、

スパイ・工作活動等を行い続けるなら、

反撃戦争を行うゾ!」等と

「宣言出来ている国々」と

「反撃戦争は行えません・・・」等と

「宣言してしまっている国」の

「大きな差が出る事になる」』。

『「スパイ・工作活動等に伴う、実利も大きい、

先進国である日本」が

「反撃戦争抜き」で

「劣悪国家指導者等の指令・命令の下」の

「スパイ・工作活動等を排除する事」は

「結構困難」なのが「現実」だ』。

『「そればかりでは無く、

{憲法}9条の平和主義」は

「スパイ・工作活動等を防止する法整備等にも、影響を与えている」のが

「現実」だから、

「実際に、戦後の日本」には

「事前摘発を可能にする法や体制さえ、未だ、無い」』。

『「ようやく、法整備が行われる方向に動いている」が

「護憲派の多く」は、

「事前摘発法整備反対派」でもある。

「裏に、漂っている」のは、

「日本国一般市民等の雰囲気では無く」、

「反日国劣悪国家指導者等の臭い・・・だったりしている」が』。

『「平和ボケ国家日本」では、

「多くの日本国民」が、

「飲食物工作や、

電磁波工作等々により、

ガン等の重大病に、{されてしまって来ている}」。

「もちろん、因果関係の立証は、かなり困難」だが、

「飲食物工作や電磁波工作等々を徹底排除した後と比べる」なら、

「誰もが直に分る事となる」』。

『「戦後日本の工作活動被害による死亡者数」は

「かなり、少なく見積もっても、2~300万人以上~レベルになる」』。

『「ガン・脳卒中・心臓病等々の重大病死亡者数の中の

工作活動によると推定される割合等ダケから考え」ても、

「年間で、数万人以上は、確実」だ』。

『「終戦後20年程は、

工作活動も、未だ、小規模であった」が、

「その後の約50年間、

被害者数を増やしながら、

年間、数万人以上等になる」のだから、

「延べ、2~300万人以上が工作活動による犠牲者数」となる』。

『「戦争による被害は、短期に集中する」が

「工作活動による被害は、長期」だ』。

『「戦後日本国内の、

主として、北朝鮮等による、工作活動により、

早死に等させらりたり、

本来の人生を大きく壊されたりした人々の数」を

「考える」なら

「戦争ダケを大悪者扱いしている事の愚かさ等」に

「誰もが気づく筈」だ』。

『「2~300万人以上もの一般日本国民を含む人々が、

{殺されて}いて、

実効のある

防御も、

反撃もしない」のは

「明らかに、

異常」だ』。

『「安倍総理による、2020年に改憲」は、

「2020年である必要も無く、

出来るなら、もっと、早期の方が良いとは思う」が

「東京五輪とも重なる年」の「提示」は

「分り易い」』。

『「実質、改憲時期の先延ばし論」には、

「本当に、呆れた」。

「隠れ護憲派等の正体」が

「露呈している」』。

『「改憲を考える」なら、

「テレビ・マスコミ等ご用達の者たちの意見や論等ばかりを参考等にするのでは無く」、

「戦後日本の実社会の実状を良く吟味等」し、

「実感等しながら、

一日本国民である自分に素直に、

考えるべき」だ』。

『「日本国憲法上で保護されるべき人権」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の下で工作活動等を行い続けて来ている者等の為にあるのでは無い」。

「極悪非道な工作活動等を行い続けて来ている者たち」から

「分不相応な日本国内での人権を剥奪する」と「共」に

「多くの本来の日本国民の人権」が

「しっかりと守られる法整備等をする事」が

「日本国として必要な事」だ』。

|

益々、「騒動つくり工作」&「騒動と安倍自民党政権を結び付ける事による大衆の反安倍自民党政権感情等煽り工作」の臭いが濃厚になって来ている森友学園問題だが・・・。

『「森友学園が購入した土地」には、「何と!学校が成立しなかった場合には、元値で買い戻す契約まで付いている」という「報道まで出て来ている」。

「その辺り」には、

「騒動を起こし、騒動と安倍総理や自民党等を無理やり繋げ、

騒動により、一定の反安倍感情や反自民党感情等を大衆の中に仕込む事が出来た後」には、

「騒動を仕掛けた側は、大きな損害を被らずに、スルッと抜け出す仕込み等」の

「臭い」が「漂っている」』。

『「上辺が保守の森本学園が騒動を起こす事」は

「大衆が保守に対して悪いイメージを持ち易くなる事」にも

「繋がっている」。

「それは、

所謂、左翼(その内実は、親朝鮮・親中国共産党等)と同じ人脈による

{出来の悪い右翼}の前例」からも

「明らか」だ』。

『「森本学園、言うまでも無く、学校」だ。

「戦後日本の学校教育界では、所謂、左翼(同上)が蔓延り続けている」。

「学校教育界で蔓延っている人脈にとって、

学校の設立等で騒動を起こす事を考え出す事」等は、

「簡単な事」だろう』。

『「所謂、左翼(同上)系の学校設立等で騒動を起こしてしまえば、自爆行為になる」が

「内実としては、お仲間の、{出来の悪い右翼}を演じている者たち」が

「保守系の学校をつくる上で、

大問題や騒動を起こす」なら

「保守や保守系の政党等に、悪いイメージを付ける事も可能になる」』。

『「無理やりにでも、総理大臣とも繋げてしまえば、

保守系とされている安倍自民党政権に大打撃を与える事も可能になる」等と

「所謂、左翼(同上)人脈の悪策略者たち」が

「実行計画を考え」、

「お仲間、官僚・公務員等にも協力させて、

実行に移した」のが

「森友学園問題の実態・実体」かも知れない』。

『「一旦、騒動化出来た」なら

「お仲間、左翼(同上)テレビ・ラジオ・マスコミ等が、

頼まなくても、大騒ぎする事等」も、

「折り込み済み」で・・・』。

『「森友学園側からの執拗な

自民党議員や安倍総理や安倍総理夫人に対する

働きかけ」も

「余りに、早い、行政側の対応」も、

「ワザワザ問題をどんどんつくり出しているかの如き、森本学園の対応」も、

「お仲間、テレビ・マスコミ等による{森友学園大騒動}の大宣伝」も、

「まるで、騒動が起き、学校の設立が無くなる事まで見越しているかの如き、

元値買い取りまで付けた契約」も、

「上記の様に考える」なら

「非常に合理的になる」』。

『「工作活動国家北朝鮮等の臭い」や

「それと同様の臭いが漂っている問題」が、

「戦後日本社会の中で、連綿と起こり続けて来ている」。

「言うまでも無く、それは、とんでもない異常事態」だ。

「正常化・健常化が急務である事」も

「言うまでも無い事」だ』。

『「こんな実態が在る」のに

「テロ等準備罪等にも、未だ、反対!もしくは、骨抜き化!等」というのが

「所謂、左翼(同上)人脈の実態」だ』。

『「正攻法の政策論争等を十分に行えず、

{悪戯な反対政党}化したり、

場合によっては、工作活動まで行っているかも知れない(例えば、鴻池事務所メモは、どうやって手に入れたのか???)者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「もっとも、議員は、選挙で落とせるから未だマシ」だ。

「問題」なのは、

「{公共}の電波上や{公共}のマスコミ上で、蔓延り続けて来ているが故に、

{かなり大きな実利権を保有出来ている}のに、

選挙さえも無い者たち」だ』。

『「高級公務員等もそれに近い」が

「公務員の場合は、選挙で選ばれた政治家による更迭等の措置も可能だから、

未だ、少々はマシ」だ。

「公務員の場合」は、

「有権者がテレビ・マスコミ誘導等により、

選択を誤らせられ、

例えば、独裁者的首長等を選んでしまう」と

「不当更迭の雨嵐等となってしまう危険性も大きい」』。

『「健常な選挙の為にも、民度アップの為」にも

「テレビ・ラジオ・公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

森友学園問題、「出来の悪い右翼」と同様の臭いが濃厚に漂っている・・・。

『「同じ人脈の者たち」が「出来の悪い右翼」と「優等生的左翼」を「それぞれ演じる事」で「大衆を騙し」、

「優等生的左翼政党に思える政党等」を

「有利にする工作」が

「戦後の日本社会の中で蔓延り続けていた」。

「其処に、優等生的左翼を演じている者たちと同じ人脈のテレビ・マスコミ等」が

「例えば、自民悪い!自民ダメ!等のプロパガンダ情報」を

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上」で

「一方的に大量配信する工作」を

「重ねた時、

多くの人々が、実質的に、それらの情報に誘導されてしまい、

例えば、民主党政権が出来た」』。

『「しかし、

出来上がった政権が行った事等」は

「自民党等の政権より優等生的左翼を演じている人脈等の政権の方が良い筈等と信じて投票した

多くの、実質的に、工作に踊らされた人々」の

「マインドコントロール等を解くのに十二分だった」から

「優等生的左翼を演じている人脈等の政権は短命に終わった」』。

『「今や、優等生的左翼政党では、大衆支持の取得も困難な状態」だ』。

『「其処で、その人脈の者たち」は

「今度は、改革保守を演じる者をその象徴として担ぎ出し、

象徴の下に大衆支持を集める工作に動いている様相」だ。

「もちろん、その目的」は

「政権交代により、自分たちの人脈が日本の政権を取る事」になる』。

『「日本の国政界の現況」は、

「安倍自民党政権一強状態」だ。

「その人脈の者たちにとっての目下の課題」は

「何とかして、安倍自民党一強状態を崩す事」になる』。

『「政策論争等の正攻法」では

「その人脈に勝ち目は無い」。

「何故なら、元から行おうとしている政治等自体、

多くの日本国・日本国民をより良い状態やより優位な状態にしようとする事では無く、

日本国内の渡来反日他国系の者たちや

反日他国等をより良い状態やより優位な状態にする事等だから」だと

「強く、推定出来る」』。

『「超格差社会状態である、

テレビ・ラジオ・マスコミ・映画界等での、

渡来系の者たちの偏重・重用実態」は

「既に、多くの日本国民の知るところ」だろう。

「日本社会全体をその様な状態にしたい様相」なのが

「そのスジの人脈の者たちの様相」だ』。

『「報道情報内容等」から、

「森友学園から」は、

「まるで、出来の悪い右翼の様な臭い」が

「濃厚に漂って来ている」。

「例えば、今時なのに、旧来の道徳や教育勅語」。

「今時なのに、おむつ不使用強制(?)」等々・・・。

「まるで、問題をワザワザつくり出している様相ですらある」』。

『「そんな内実の幼稚園や小学校等」に

「安倍総理の名前を使わせてくれ!」等と「要望」し

「断られる」と

「森総理を想起させる森友学園」・・・。

「更に、安倍総理夫人を名誉学長等に」・・・。

「其処には、

何としてでも、

安倍総理と

問題化し易い内実を持っている、或いは、持たせている、学校法人等を結び付けさせたい様相」が

「露呈している」』。

『「学校設立地問題」も「同じ流れの上にある」。

「おそらくは、お仲間、官僚等からの情報や協力等に基づいた、

問題化し易い取得、

問題化し易い使用等を

意図的にしている様相ですらある」』。

『「そして、

それらを、

お仲間(つまり、同じ人脈)の

テレビ・マスコミ等」が

「大問題として大宣伝する」と「共」に

「お仲間政党の者等が、国会で、追及し、正義ぶる」。

・・・「そんな工作の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「マスコミや国会議員としての本来の仕事は???」でも

「政権奪取~日本支配等為なら

工作活動等の手段まで使う程

猛熱心」・・・。

「そんな人脈の者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「むしろ、祖国・母国等にお帰り頂いた方が、適切」等と

「感じる日本国民も決して少なく無い筈」だ』。

『「建造物ちゃぶ台返し粗探し」等より

「日本国民の実生活や実日本社会の向上」の方が

「遥かに重要」だ』。

『「日本の政治や法整備・社会整備等」を、

「言葉狩り」や

「いちゃもん付け」等々の

「要でもない手段」まで使って、

「停滞」させたり、

「日本国・多くの日本国民の足を引っ張る様な者・物・事を仕込んだりする」のは

「反日国等の手先の工作員や工作機関」と

「相場は決まっている」』。

『「日本のマスコミ等」なら

「日本の中で蔓延り続けている反日人脈の工作活動等を告発・摘発等して当たり前」だ。

「日本の政治家等」なら

「本当に日本国・多くの日本国民の為になる政治や法整備や社会整備等を行うのが当たり前」だ。

「もし、進められている政治や法整備や社会整備等に問題がある」なら

「その本質をちゃんと暴き出し、説明し、理解・把握を促し、合意の下で、是正する・させる、

国会等での論議等こそ」が

「本道」だ』。

『「実を見失わせ、失わせる事にも直結」している、

「潔癖症煽り」や

「言葉狩り」や

「いちゃもん付け」等々の

「邪道」を

「邁進している者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等は不似合い」だ』。

『「幸いな事」に

「国会議員等の政治家には選挙がある」』。

『「選挙時には、有権者の賢明な判断が重要になる」が、

「賢明な判断を見失わせ、

自虐的な判断等を行わせる為」の

「マインドコントロール等に邁進している」のが

「邪道テレビ・邪道ラジオ・邪道マスコミ等」の

「実態・実体」だが

「恐るべき事に、

こちらには、選挙等による排除や入れ替え等が無い」。

「全ての有権者が絶対に忘れてはいけない重大ポイントが其処に在る」』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ」や

「公共的マスコミ等」に対しては、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実の実用の厳守」や、

「偏向・偏重情報配信の禁止」や、

「実人口割合に沿った人脈に偏りが無い状態等」が

「強いられる特別法等があって然るべき」だ』。

『「例えば、ニュース・ニュースショー等」でも

「実体や事実・現実に沿った原寸大情報配信が強いられて然るべき」だ。

「微罪レベルの犯罪を問題とする」なら

「その犯罪行為を別枠で取り上げ、

特定の犯罪者等だけにスポットライトを当てる事無く、

例えば、微罪を減らす事で、大罪も抑制する状態を

つくりだそう等とするなら良い」。

「現状の多くのテレビ等」では

「象徴的悪者」の「宣伝」を

「行う」と「共」に

「常連出演者等」が

「正義ぶる」。

「その先」には

「正義ぶる常連出演者等が、実質、支持・推奨等している政党や政治家等」こそが

「正義だ!等」と

「視聴者の頭の中で、勘違いさせる、実質的、マインドコントロールが付いている」。

「実質的には、政治運動としても悪用されている、偏向・偏重情報扱い」等は

「禁止するのが当然」だ。

「逆に、大罪は、国籍・人種・民族・血統等問わず、

全て、実体や事実・現実通り原寸大に、

もれなく大衆周知させるべき」だ。

「多くの日本国民を平和ボケ状態にさせ続けたい」のなら

「大罪の不告知」等が

「有効になる」。

「平和ボケ状態」とは

「情報・教育等で、騙し、操り易い状態でもある」。

「多くの日本国民」を

「本当の日本社会の実態・実体から現実逃避させる

情報・工作活動」等を

「行わせ続けていて良い訳は無い」。

「日本国内に多数居る拉致工作員や協力者のその後等」の

「重大情報」が

「黙殺されたまま」では、

「多くの日本国民が、真綿で首を絞められる手法等により、粛清されてしまっても、

何の不思議も無い」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

千代田区長選問題・・・。

『「多くのそのスジのテレビ・マスコミ等」では「内実、旧社会党(北朝鮮のお友達)等系人脈と自民党等人脈の争い」を

「小池都知事と自民党の争い」等と

「風潮している」』。

『「今更、言うまでも無く、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界」での

「旧社会党系等人脈の実権取得割合等」は、

「未だに、かなり高い」。

「異常な戦後処理の悪影響」が

「人事権掌握代々話等と化け、未だに、残っているから」だ』。

『「そのスジの多くのテレビ・マスコミ等」が

「実質的に偏向・偏重推奨して来ている政党や政治家等」の

「上辺の名等は変わって来ている」が

「内在している実権者人脈等」は

「ほぼ同じ」だ』。

『「上辺は、大筋では、旧社会党~旧民主党~民進党~」だが、

「もちろん、その大筋の代表的政党名等では、多くの有権者を引っ張り切れない」。

「古くは、異常な戦後処理等を肌で感じていた一般日本国民が少なからずいた」し、

「旧社会党とは、所謂、左翼に偏向させられた学校の先生政党みたいに捉えられていた面も少なからずあった」。

「多くの実業者たち」は

「旧社会・共産圏とも繋がりが濃い、当時の、所謂、左翼政党」には、

「相応の抵抗感も感じていた」』。

『「多くの有権者の支持が得られなければ、政権奪取も出来ない」ので、

「多くの有権者を、ある意味では、欺く為の工夫」が

「以前から、仕込まれ続けて来ている」』。

『「元々は、学校教育とテレビ・ラジオ・マスコミ等情報を実質的情報統制下に置いた上」での

「実質的、大衆マインドコントロール等の手法がメイン」だった。

「つまり、マインドコントロール下で、良い政党や政治家等と思い込ませる事」を

「投票行動に繋げる手法」だった』。

『「情報・教育界を実質的に押さえられている人脈故の手法」だった』。

『「しかし、そんな状態は、ネットの普及によって破られる事になる」』。

『「其処で、別の道の策が露呈して来る」』。

『「北朝鮮問題等で旧社会党が多くの有権者から大問題視され、

実質的に、解党に追い込まれた時」、

「如何にも、旧社会党本流を継いだかの如くふるまっていたのは社民党」だった。

「しかし、社民党は、旧社会党問題についての大衆興味寄せの為」の、

「見せ球、少数政党に過ぎなかった」。

「多くの当時の社会党系の者たちは、旧民主党等に{仮面を変えていた}」。

「自民党の中にも、内実としては、旧社会党系の者たちが潜り込まされて来ている」』。

『「その後、旧社会党系の者たちが実権を握って来ているテレビ・マスコミ等」による

「自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」の

「実質的大衆誘導が行われ、

旧民主党政権が出来た」』。

『「ところが、旧民主党政権が行った事」は

「如何にも、所謂、左翼政党のやる事」で、

「内実として、日本を細らせた反面で中・韓(北朝も含む)を太らせた等の

多くの日本国民にとっては、余りにも、酷い政治だった」ので、

「旧民主党政権は、かなり粘ったものの、比較的短期で終焉している」』。

『「もちろん、その後、多くの有権者は、旧民主党を支持する訳も無い」から、

「多くの旧民主党系の者たち」は

「民進党へと{仮面を変えた}」』。

『「しかし、もはや、仮面を変えた事は、多くの有権者も認識出来る事となっている」。

「その上に、政治実態が旧民主党野党時代同様の

如何にも、所謂、左翼的な、反対政党等である事も加われば、

もはや、多くの有権者が民進党を支持しない」のは、

「極めて、当然の現象」だ』。

『「旧社会党系の者たち」は

「其処で、最後の隠し玉を炸裂させた」。

「自民党内に前々から仕込んであった人気を持たせた政治家を担ぎ出し、

先ず、都知事の座を得られる様」に

「そのスジのテレビ・マスコミ等」が

「巧妙な応援」をした』。

『「結果、誕生したのが小池都知事」という訳だ』。

『「政治家小池氏」とは、

「テレビ上がりの政治家」だ。

「朝日新聞上がりの細川氏の下で政治家となり、

その後も、

小沢氏等の下で政治を学んだお方」だ。

「上辺は、如何にも、保守、

しかし、その内実は・・・」という辺りも、

「小沢氏等と良く似ている

(小沢氏が、旧民主党政権時等に行った事等を思い出して欲しい。

中国共産党への表敬訪問や強権幹事長等、

その内実は、保守では無く、所謂、左翼だ。)」』。

『「小池氏が、都知事就任後に行っている事」も

「まるで反対野党が行う様な、

実では無い、潔癖症論理に基づいた

ちゃぶ台返し政治」だ』。

『「それでも、未だに、

お仲間テレビ・マスコミ等」が、

「徹底して、好イメージ情報を大量配信し続けている事等により、

それなりに、人気がもっている」。

「逆に、お仲間、テレビ・マスコミ等」は、

「都議会自民党等」には、

「かつての自民ダメ!等と同様、

悪イメージを付けた情報配信等を行っている場合も少なく無い」』。

『「内実では無く、上辺のイメージ等で操られている人々」が

「小池都知事や小池都知事の政治等を支持している様相」が

「露呈している」』。

『「言うまでも無く、五輪でも、豊洲でも、

多くの日本国民が取るべきは実」であり、

「理想論や潔癖症論理等に基づいた虚では無い」』。

『「イメージで操られている人々」による「小池人気」に「乗じて」、

「小池都知事と自民党の争い」という「選挙争いロジック」を

「有権者に擦り込む事で、

内実、旧社会党(北朝鮮のお友達)系人脈の勢力を増させたい様相」なのが

「そのスジのテレビ・マスコミ等」だ』。

『「千代田区の有権者」が

「内実を知る」なら

「果たして、どれ程の人々が、小池都知事が応援している候補に投票するのだろうか???」』

|

小池都知事の予算案&メリー・ハリー問題・・・。

『「集団で大人しく平和的に暮す、羊(メリー)・・・日本人の象徴(?)」を「減らす方のキャラ」とし、

「同類同士でもトゲをぶつけ合ってしまう場合もある、ハリ(H・・・韓)ネズミ(MOUSE、M=アルファベット13番目

・・・アルファベットには31番目が無いから、

3・1好きの連中は、31の代わりに13、M等を良く使う

・・・3・1戦士の象徴(?)」を

「増やす方のキャラ」とした「辺りから」も、

「上記の様にも読めてしまうキャラを使って、

自らの予算案を大宣伝している小池都知事」や

「小池都知事を担いでいる者たちの中」に

「どの様な願いや意志等があるのか?」等が

「容易に推定出来る」・・・』。

『「実際の予算案」でも、

「小池都知事による、ちゃぶ台返し、騒動自分売り等」で

「その後処理が大変」な

「五輪・豊洲関連」は

「その多くが先送り・・・」だ。

「その上で、保育士給与補助や私学授業料補助等の教育関連予算」等は

「増額」と

「教育界に多い、旧社会党系の者たちが、大喜びしそうな内容」となっている』。

『「旧社会党とは、内実、北朝鮮のお友達・・・」だった。

「その辺りを考慮する」と

「電線地中化事業」とは、

「そのスジの人脈による要望である可能性も浮上する」。

「電線に通っている大電流を悪用した工作電磁波」を、

「地中から、多くの日本人に照射する、大規模テロ等の準備の臭い」が

「濃厚に漂っている」・・・』。

『「それが違う等と言う」のなら、

「既に、実在している電磁波工作等の問題」を

「公レベルでちゃんと告発」し

「その対策として必要な法整備・体制整備等を積極的に行い」、

「誰もが分る様に、徹底摘発等するべき」だ』。

『「LED電球」とは

「部屋の中の太陽」で

「1.8がらみの増額」は

「まるで、

1月8日が誕生日の将軍様

(そのスジの連中の間では、真の太陽らしい)

からの施しの象徴的」だ。

「その辺りに感応した人々」が、

「こぞって、奪い合う様に、補助等を貪る様な事になり、

本当に補助等が必要な人々でも羊のように遠慮がちの人々には、

補助等のメリットが行き辛い状態となる」のだろう』。

『「1381(イザ、灰)にしてやる!日本の子ども!!」等の

「悪の意気込みの臭いさえ伝わって来る様相の、

小池都知事の予算案」だが、

「そのスジのテレビ・マスコミ等」では

「大絶賛状態」だ』。

『「そればかりか、都議選準備の様相さえ、大紹介等」し、

「実質的に、小池都知事側の大応援をしている」のだから、

「その偏向・偏重ぶりは、本当に、酷い」』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等や

公共的マスコミ等」が

「特定勢力偏向・偏重状態」では、

「それに毒された人々による実害」が

「日本社会に蔓延してしまう事になる」』。

『「戦後の日本社会の異常・不健常部分の多く」は

「公共レベルのテレビ・ラジオ・マスコミ等による特定勢力偏向・偏重情報等」と

「日本に自虐を強いる反面で中・韓(北朝も含む)等を不当に利し続けて来ている

日本国の教育として、明らかに、異常な学校教育等」が

「その元凶」だ』。

『「酷い情報・教育等に不当に守られた状態」で

「日本乗っ取り支配等を目的とする、悪の工作活動等が連綿と続けられている」のが

「戦後日本の異常な実態」だ』。

『「もちろん、そんな状態」は、

「意識的かつ積極的に、

即刻にでも是正すべきである事」は

「言うまでも無い」』。

『「その為にも、多くの日本人」は、

「異常な情報・教育等の操り人形状態から自分を解放する事等」により、

「本来の自分を取り戻すべき」だ』。

|

「都議会公明党が自民との連立解消&小池都知事擦り寄り」で韓(北朝も含む)流人脈大集合による東京都乗っ取り支配策略に邁進か(?)・・・。

『「そのスジの人脈の者たちの話し」では「2020年東京五輪までにそのスジの人脈による東京乗っ取り支配を完成させるつもり」との事だ。

「五輪マークは、そのチェッカーフラッグ」なのだそうだ』。

『「そのスジの連中のお仲間の、テレビ・マスコミ等の連中」は、

「そのスジの者たちの知名度を積極的に上げる」と「共」に

「そのスジの者たちや、そのスジの者たちが行っている事等」には、

「好イメージを付けて情報配信している」。

「逆に、そのスジの者たちにとって都合の悪い者たちや、

そのスジの者たちにとって都合の悪い物事等」には、

「悪イメージを付けて情報配信している」』。

『「昨今の多くのテレビ・マスコミ等情報の主たる論調」や

「その論調から、視聴者・読者等が受けるイメージ」は、

「小池都知事=正義の使者」であり、

「都議会自民党=旧来から蔓延っている悪」であり、

「小池都知事の行う事=良い事」であり、

「都議会自民党等が行う事=悪い事」等々だ』。

『「そして、その情報配信に在る内実」は、

「具体的な政策内容等の検証~より良い政策等の探求等では無い」。

「主として、好イメージvs悪イメージの比べっこ」だ。

「視聴者・読者等に、好イメージvs悪イメージの比べっこを行わせる事」で

「視聴者・読者等の支持先等をそのスジの連中にとって都合の良い者・物・事に誘導する

醜悪な大衆誘導の手口が其処に在る」』。

『「五輪会場問題」では「小池都知事が全敗」だ。

「問題とされた三つ全ての会場」が、

「予定通り、国際的約束をしてあった所に、建てられる事になる」。

「それでも、

復興五輪アピールや、

費用削減の功績等」を

「声高に訴えたがっている」のが、

「現状のそのスジのテレビ・マスコミ等の様相」だが、

「会場地選定問題」と

「復興五輪アピール」や「費用削減問題」は、

「全く別の問題」だ』。

『「復興五輪アピール」は

「復興五輪アピールとして積極的に行えば良い」。

「既に決められている会場移転などという

実質的には、実現、超困難~不可能な手段では無い、

被災地の方々にも五輪メリットを配る実現可能な具体的な策」を

「積極的に考えだし、実行するべき」だ。

「策を公募等する事で、復興五輪を訴えても良いと思う」』。

『「費用削減」は、

「会場は予定通りのまま」でも、

「十二分に可能なばかりか、

IOCからも要望が出ている事」で

「行わないのは、あり得ない事」だ。

「会場地選定問題でちゃぶ台返し{パーフォーマンス}をし、大騒ぎさせる必要など全く無かった」のが

「実態・実体」だ』。

『「会場地選定問題大騒ぎの内実」は、

「多くの一般都民や一般日本国民にとっては、

実質的に、無駄な騒ぎであり、

大いなる時間とお金の実損」だ。

「しかし、小池都知事にとって」は、

「知名度を更に、高め、大衆興味を小池都知事に引き付ける実効がある」。

「その上で、お仲間テレビ・マスコミ等が、小池都知事に好イメージを付ける情報配信をし続ける」なら、

「小池都知事の下に世間の支持を集める事も可能になる」。

「世間の支持がある程度集められている有名人化されている知事の下」に

「新たな政治勢力を作り出す事等も容易になる」』。

『「其処に在るのは、テレビ・マスコミ等を悪用した実質的、策略」だ。

「客観的に見る」なら

「大非難が適切な状態が其処に在る」』。

『「会場地選定問題と復興五輪訴えや費用削減問題を無理やり一緒に扱う事」で、

「小池都知事の功績を{捏造}しようとしている」のが、

「そのスジのテレビ・マスコミ等の実態」だ』。

『「テレビ・芸能界とも馴染みが深い創価学会が支持母体である公明党」が、

「自民党との連立を解消」し、

「小池都知事側に付く」のは、

「元々、人脈面でも近いのだから、ある意味、当然の流れ」だ。

「但し、公明党の場合は、与党に拘る面も強い」ので、

「小池都知事一派へと鞍替えする以上、

小池都知事一派が与党となる事を

強烈に望む筈」だ』。

『「同様の与党欲」は、

「民進党等多くの野党にもある」。

「自民党を野党に蹴落す政権を作る為」に、

「小池都知事&公明党&民進党等多くの野党等」が

「結集する事」は

「大いにあり得る」』。

『「その公明党や民進党等多くの野党等の与党欲」と

「小池都知事やそのお仲間のテレビ・マスコミ等、

そのスジの人脈(その内実は、韓・北朝系色が濃い)の

願望」は「一致している」。

「反自民」であり

「反日本人血統

(陸続きの地の文化では、地より血であり、

その様な文化が染みついている人々は、

島国の日本国民となっていても

地や実体や事実・現実等より血統等を優先したがる傾向が強い)

の臭いが濃い様相」だ』。

『「与党欲の次に控えている欲」は、

「政権を取ったなら、そのスジの人脈にとって都合の良い政治・政策等を行う事等」と

「強く推定出来る」』。

『「其処で浮上する」のは、

「小池都知事の仮面色的様相の保守色では無い」。

「韓・北朝色が濃い、そのスジの人脈色」の「政治・政策等」だ』。

『「日本の国政」は

「大統領制の様に強い権力が特定の者に集中されていない」が、

「都政や地方政治では、知事の権限がかなり強い」。

「韓国の大統領制」や

「北朝鮮の独裁政治」で

「行われている事」からも、

「そのスジの人脈の者たちが好む政治・政策等の実態・実体」は

「既に、明らか」だ。

「権力を持った人脈による他人脈支配の構図が其処に在る」』。

『「そのスジの人脈にとっての他人脈が一般日本人」なら、

「そのスジの人脈は一般日本人支配の為の政治・政策等を行う可能性絶大」になる。

「そして、

東京乗っ取り支配の先に在る」のが、

「日本乗っ取り支配」になる』。

『「上記の様な可能性の臭いが濃厚に漂っている」のが、

「多くのテレビ・マスコミ等や、

小池都知事や、

民進党等多くの野党や、

公明党等」の

「実態」だ。

「一般日本人なら、

用心し、

イメージで操られない等、実効のある対処等をするべき

実態・実体が其処に在る」』。

|

IR法案で「ギャンブル依存症」を問題にした民進党・蓮舫等は、当然、パチンコ等も大問題と考えているのでしょうねぇ・・・。

『「タイトルの様で無ければ、民進党・蓮舫等」は「ダブルスタンダード論を言っているダケ」だ。

「そんな論に説得力が有る訳も無い」から、

「支持率も上がらない」のは

「当然の現象」だ』。

『「パチンコ等のギャンブル依存症問題」は

「ずっと前から在る」。

「それなのに、今、正義ぶってギャンブル依存症問題」を、

「IR法案反対の為に持ち出している民進党や

その主流のその前である旧民主党や

民主党の主流のその前である旧社会党」の

「国会議員たち」は、

「パチンコ等のギャンブル依存症の問題」を

「声高に訴えた事等」が

「実質的に、無かった」。

「そればかりか、

旧社会党時には、

逆に、パチンコ業界からの献金が発覚し、問題とされたぐらい」だった』。

『「その{成果}もあって、

未だに、ギャンブル等の依存症問題」は、

「日本社会に深く根を張ったまま・・・」だ』。

『「そんな流れの上に在る民進党やその代表の蓮舫等」が、

「過去に対する大いなる反省」から、

「パチンコ等を全廃を訴える」と「共」に、

「IR法案に反対している」なら

「未だ、分かる」。

「しかし、現状で、民進党等が、ギャンブル依存症問題等をダシ」に、

「強く反対している」のは

「IR法案ダケ」だ』。

『「仮に、韓国の様に、パチンコを全廃した」としても、

「ギャンブル等依存症の問題は解消し得ない」。

「依存症問題」は、

「臭いモノ排除手法では解決し得ない事だから」だ。

「臭いモノとは距離を置きながら付き合う事が出来る精神構造の健常成長を実現する事」こそが、

「依存症問題等解決の鍵に他ならない」。

「その為に実効の有る情報・教育の積極的配信こそが重要」だ』。

『「パチンコ等を存在可能にしている事と同様」に、

「カジノも含む総合型リゾート施設を存在可能にする事」は、

「それだけ日本社会の中を多様化する事」でもある。

「健全な多様化」なら「社会構築度を上げ、社会を豊かにする」。

「現状では、経済・社会システム自体が不健全」なので、

「現状の中で多様化を実現しようとする」と

「今回の様なグロテスクな事態も露呈し易くなる」。

「しかし、それは、あくまでも、現状の不健全な経済・社会システム故の現象」だ。

「現状の不健全な経済・社会システムの是正」は

「もちろん、急務」だが、

「その間にも時は進む」ので、

「現状の中でより多様性を高め、社会構築度を上げて行く事等」は、

「現状の不健全な経済・社会システムを使っている限り、

ある意味、仕方の無い事でもある」』。

『「ギャンブル上での儲けの源泉は、負けた人の金」だが、

「現状のインチキ経済・社会システム上で大儲け出来ている人々の源泉」は、

「経済比べっこ支配権争い上の

負け組から」の

「実質的、集金や低賃金高負荷労働等」だ。

「ギャンブルだけを悪者扱いし、

現状のインチキ経済・社会システムの是正に言及しない、

偽善者たち、もしくは、足りない人々等」は、

「劣悪」だ』。

『「ギャンブル産業」には、

「余剰資金を金融投資会に回させず、実体経済内に還流させる{効果}もある」。

「大金持ちの余剰資金をカジノ等で、実体経済内に還流させる{効果}等を十分に引き出す」なら、

「格差是正の役にも立てられる」のだから、

「悪戯な悪モノ扱いで正義ぶっている偽善者たちや足りない人々等」も、

「少しは、狭義の自分の頭を良く使って考えるべき」だ』。

『「依存症問題は、

ギャンブルだけに特化させず、

宗教・金・有名人・買い物・親・子・兄弟姉妹・酒・タバコ・ヤク・現状社会・権力等々、

他の依存症も含めて、

多くの人々の精神構造の健常成長を誘う情報・教育の今時化等により

解決すれば良い」』。

『「今時の政治家、しかも、国会議員」なのに、

「上記程度の事さえ言えない様では、本当に情けない」』。

『「反対野党」では、

「日本の政治を前に進める事の邪魔になるダケ」だ。

「そんな事態を歓迎する」のは、

「多くの日本国民では断じて無い」。

「反日国や反日国人脈の者たちくらい・・・」だろう』。

『「多くの日本国民」は、

「反対野党等による、

強行採決等、言葉・イメージ等による実質的、大衆操り工作等」に、

「ウンザリ・・・している」。

「ネガティブ言葉/イメージ」による「大衆操り工作」は

「判り易過ぎるから・・・」と、

「昨今では、小池都知事の様に、ポジティブ言葉/イメージによる大衆操りに依存したい様相」なのが、

「テレビ・マスコミ等の業界でも蔓延っている、そのスジの連中の実態・実体」だが、

「そんな実態・実体も、既に、バレバレ・・・」だから、

「小池都知事等も、早くも、旗色が悪くなっている」』。

『「真に日本国・日本国民の為になる政治が出来ない政治家等」や、

「真に日本国・日本国民の為になる論や批判等が出来ないコメンテーターや解説者等」など、

「要らない」。

「重要な立場や高い報酬や権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「多くの日本国民」が

「その様な実感を着々と意識し始めている」』。

|

「健康ゴールド免許」という不健康な発想問題・・・。

『「医療費削減を目的とした策」とは「主体が国家財政等で国民では無い」から「不健常になり易い」。

「健康ゴールド免許などと言う、不健康な発想が生まれている」のも、

「主軸を国民では無く、経済に置いているが故」の

「悪現象」だ』。

『「主軸を国民に置いて、医療費削減問題を考える」なら、

「健常な解決策が直ぐに生まれる」。

「格差是正」と、

「情報・教育の健常化・正常化」こそが、

「医療費削減に直結する事」は、

「少し考えれば、誰でも分かる事」だ』。

『「そもそも、

健康自体も満足に理解・把握出来ていない様相の者たち」が、

「内実としては、健康ダシの差別レッテルにしかならない、健康ゴールド免許」を

「提案している事自体、バカげている」』。

『「昨今、

蔓延ってしまっている、

現代版エロ・グロ・ナンセンス」の

「一つ」が

「此処でも露呈している」』。

『「健康ゴールド免許」とは

「内実、グロテスクで、

内実、ナンセンスな

モノ」に他ならない』。

『「健康には、身体的健康も、精神的健康もある」。

「例えば、精神構造の成長が不十分な身体的成人たち」は、

「例え、身体面が健康でも、健康とは言えない」』。

『「しかし、医療費削減目的ベース」なら、

「そんな内実、不健康な者たちでも、

医療費を使わないのなら、

大歓迎出来てしまう」』。

『「もちろん、状態把握によるお墨付きまで省く」と、

「いくら上辺で正義ぶっても、

多くの人々に内実が直ぐにバレる」から、

「健康診断の受診」が

「ゴールド免許取得権に直結する様に設定している様」だ』。

『「現状の多くの健康診断では、

身体状態の極一部が調べられるダケで、

精神構造の成長等は不問」だから、

「実際の健康状態は、言うまでも無く、正確に把握出来得ない」。

「つまり、お墨付き自体が、かなりいい加減なインチキレベル」なのだ』。

『「それでも、

例えば、

三大成人病等に対する早期発見~早期治療にも役立っている面もある健康診断だから、

医療費全体レベルでの削減効果を狙う」なら、

「いい加減なインチキレベルのお墨付きに基づいた差別という飴」を「与える事」でも、

「ある程度の効果がある筈」と、

「不健康な発想を巡らせた上」での

「健康ゴールド免許提案」なのだろう』。

『「飴と鞭」とは

「他者支配の為」に、

「支配者側が使いたがる道具」だ』。

『「健康ゴールド免許を提唱している者たち」には、

「濃厚な支配者気取りの雰囲気も漂っている」』。

『「その当たりの自覚さえ持てていないレベルの精神構造の成長状態」なら、

「国会議員等の職は不適格だと強く思う」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「健常な国会議員等」なら、

「健康ゴールド免許などの不健康な提唱はせず」に、

「格差是正」と、

「情報・教育の健常化・正常化」に

「邁進するべき」だ』。

『「医療費の削減ダケでは無く、

少子高齢化の是正にも、

健康寿命を上げる事にも、

犯罪等抑止にも、

・・・等々にも、

直結している」のが、

「格差是正」と

「情報・教育の正常化・健常化」だ』。

『「この王道を外して、

姑息な獣道上を国民に歩ませようとしている

支配者気取りの政治家等」など、

「もはや、要らない」。

「今時の人類世界」は、

「急速な健常化・正常化抜き」なら、

「それ程遠くない将来の破綻が決定的なのだから!」』

|

より以前の記事一覧