田原総一朗が進言したという「安倍総理の政治生命をかけた冒険」とは・・・。

『「民主党政権の成立」にも「大いに力を発揮」した「テレビ界、常連出演、政治コメンテーター等」の「田原総一朗氏」だが、

「安保反対運動を行っていた

当時の多くの

田原氏も含む学生たち」が

「安保反対や安保改正が日本の為になるのか?否か?さえも

???のまま

反対運動を行っていた事実」も

「正直に告白した実績も持っている」。

「報道等によると、その田原氏が、安倍総理の下に招かれ、

安倍総理に

政治生命をかけた冒険をする事」等を

「進言した」らしい。

「そして、安倍総理も、政治生命をかけた冒険に前向き・・・」というのだ』。

『「それでは、安倍総理の政治生命をかけた冒険」とは、

「いったい、どんな事だろうか?」

「解散総選挙」や、

「野党等との連立」等々では「無い」旨、

「田原氏自ら公言していたとの事」だから、

「推定される事」は「限られて来る」』。

『「テレ朝等の論調」では、

「安倍総理による訪朝」が

「{推奨宣伝}されていた」。

「他国内での工作活動や、

核・ミサイルの開発等々に

邁進し続ける事により、

自ら孤立を招いている北朝鮮」に

「救いの手を差し伸べる事に直結している日本国総理の訪朝」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の希望・要望等にも沿う事になる」。

「もちろん、訪朝したダケで、

実質的に、北朝鮮を利したダケ」なら、

「その時点で、安倍総理の政治生命は終わり・・・」だ。

「訪朝する」なら、

「最低でも、

核・ミサイル開発と

主として日韓内等他国内での北朝鮮の工作活動等を止めさせ、

全ての拉致被害者を一緒に連れ帰って来る」くらいの

「明らかに、日本国・日本国民の為になる実績」が

「表れる必要がある」』。

『「明らかに、日本国・日本国民の為になる実績を担保する為」には、

「訪朝前に、

北朝鮮による日本国内の工作活動等を徹底摘発しておく事」等が

「途轍も無く有効になる」。

「何故なら、それは、スパイ・工作活動国家である北朝鮮の本質の摘発になるから」だ』。

『「北朝鮮の、時代遅れの、核・ミサイル等の見せ球」の

「実効」は

「北朝鮮の孤立化をより強固にする事等」で

「北朝鮮にとっても、本当に自虐的」だが、

「北朝鮮の本質である、主として、日韓等、他国内での、北朝鮮によるスパイ・工作活動等」の

「実効」は

「孤立化している北朝鮮でも潤わせる事が出来てしまう程、甚大」だ』。

『「主として、日韓等他国内での、北朝鮮によるスパイ・工作活動等」が

「生きている限り、

北朝鮮問題の解決」は、

「非常に、困難なまま・・・」だ』。

『「北朝鮮による、主として日韓内等他国内でのスパイ・工作活動等を殺すか?」

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等により、

多くの北朝鮮国民(主として、軍人)を殺すか?」

「斬首作戦により、北朝鮮劣悪国家指導者等の全てを殺すか?」の

「選択を実行しない限り、

北朝鮮問題は解決出来ず、

現状のまま、

悪戯に、時が重ねられ、

結果として、

北朝鮮劣悪国家指導者の下の核・ミサイル等が増え続け、

北朝鮮劣悪国家指導者等の不当要求が通せ易くなってしまう事になる」』。

『「安倍総理が、

政治生命をかけて、

日本国内の北朝鮮によるスパイ・工作活動等を徹底摘発し、

その上で、

訪朝して、

金正恩等に、

核・ミサイルの放棄と、

拉致被害者の即時母国帰国の実現等を迫り、

それらが実行されたなら、

資金援助や平和条約の締結等を実行する約束をする」なら、

「北朝鮮側の対応次第」で、

「北朝鮮問題の解決も実現可能になる」。

「本質である他国内でのスパイ・工作活動という牙を折られた北朝鮮が選択出来る道」は

「実質的に、限られている」。

「北朝鮮が、全面戦争での自滅を選択しない限り、

北朝鮮問題は解決方向に、動く事になる」』。

『「その様な方向に事を進められる」なら

「安倍政権の支持率も一気に上がり」、

「後には、

正に、

ノーベル平和賞もの」だ』。

『「逆に、日本国内での北朝鮮のスパイ・工作活動等を徹底摘発せず、

悪戯な訪朝をする」なら、

「安倍総理が大衆から得る評価」は

「北朝鮮劣悪国家指導者の手下的様相を露呈し続けているテレビ・マスコミ等と同様」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下」等となり、

「そんな安倍氏なら、日本国の政治家としての政治生命も終わりになる」のが

「当然になる」』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」は

「時代遅れの北朝鮮の核・ミサイルの脅威等を大宣伝」したがり、

「北朝鮮劣悪国家指導者等との対話」や

「日本国総理等の訪朝ダケ」等を「強く望み」

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等の摘発・告発等」は

「強く、避けたがる」。

「逆から見れば、

そんな実態度」で、

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は、

「直に判る」。

「それは、

政治家でも、

マスコミ人でも、

ゲイノウ人でも、

学者や教師や教授等々でも、

一般人でも、

皆、同じ」だ。

「日本の中の北朝鮮工作員・協力者等の摘発・告発等に抗っている者たち」の

「正体」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等に他ならない」。

「工作員や協力者等の{犯罪者}側の人権を言い訳」に

「工作被害者である一般日本国民の人権を阻害している者たち」の

「正体」は

「{犯罪者}のお仲間に他ならない」』。

『「田原総一朗氏の進言内容の実態は不明」だが、

「田原氏が、健常な日本国民なら、上記内容と同様の事を言っていた筈」だ。

「安倍総理が、日本国・日本国民の総理大臣」なら、

「先ずは、

日本の中の北朝鮮工作員・協力者等の徹底摘発を行うべき」だ。

「その流れの先」に、

「拉致被害者の解放~帰国」も、

「北朝鮮問題の解決」も

「在るのだから!」』

『「田原氏による安倍総理への進言」が

「ロシアとの関係をより強くする

北方領土問題の

経済優先解決判断等」なら、

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の人々や政党・組織等も大歓迎」だろうが、

「その評価は分かれる事になる」。

「ロシアとの関係をより強くする事」が

「北朝鮮問題の解決に直結する実効を現す」なら

「米国等からのある程度の反発はあっても、

多くの日本国民から、相応に高い評価が得られる事になる」。

「ロシアとの関係を強くしたダケ」で、

「北朝鮮問題の解決にも結び付かず・・・、

其処に絡んだ経済人等が儲け易くなるダケ・・・」なら、

「米国からの反発も、

多くの日本国民からのダメ出しも、

出る事になる」』。

『「昨日(31日)、テレ朝昼番に出演した田原氏の表情等からは、

ロシア関連の進言の可能性が大きそうな様相だったが」・・・』。

『「何れにしても、そう遠く無い時期」に

「安倍総理が政治生命をかけた冒険を行うのか?否か?」や

「田原氏の進言内容等」は

「はっきりする筈」だ』。

『「安倍総理」には、

「是非とも、日本国・多くの日本国民にとって良い判断をして頂きたい」。

「田原氏の進言がどんな内容でも、

日本国内の北朝鮮工作員・協力者等の摘発が、

急務である現実は変わらない」』。

|

蓮舫民進党代表の辞任と、稲田防衛大臣の辞任・・・。

『「人気者(・・・人寄せパンダ)の筈の者の下に人が集まらず、党員がゾロゾロと小池氏等の下へ・・・」では、

「党内からの反発も山ほど・・・で、代表辞任も、当然」になる。

「もっとも、民進党の人気の無さ」の「元凶」は

「民主党政権時等の実績」や

「与党に対する批判・反対等は得意」でも

「与党より良い、日本国・多くの日本国民の為になる政治・政策等の欠如」」に

「ある」のだから、

「いくら民進党員等が、

御輿の上に担ぎ出した、

人気者の筈の者を責めたところ」で、

「何の解決にもならない」のだが・・・』。

『「本質的な問題解決を行おうとせず、

或いは、

人脈・支持母体等故に、出来ず」、

「未だに、

代表選等で、

大衆に

民進党に対する興味等を持たせよう・・・としているところ」にも

「既に、終わっている感」が

「濃厚に漂っている」・・・』。

『「民進党は、解党」し、

「労組が主の労働党」と

「その他も支持母体ごとの小政党」に

「したらどうか」・・・』。

『「支持母体を誤魔化しながら、

イメージで有権者を惹き付け、票を得ようとする

策略等」は

「今時の人間社会に馴染まない」』。

『「実体が有権者に分かり易い状態で得られる

本来あるべき支持」には、

「相応の力があって然るべき」だが、

「イメージ等による釣りの下の支持」に

「力を持たせる事による数政治等」は

「もう、時代遅れ」だ』。

『「日本社会の実態・実体を健常反映した

健常な政治が行われる事」を

「望んでいる日本国民・有権者は数多い」』。

『「健常反映上での少数派」なら

「少数派として政治等に臨むべき」だ。

「イメージ等を悪用して、

少数が多数を支配する不健常な工作政治等を企み実行する事」は、

「日本社会を歪める事に他ならない」』。

『「日本社会を歪める事で不当メリット等を得続けようとしている

実質的、悪者たち」は、

「人間としての基本である、

自己健常支配から、

やり直すべき」だ』。

『「政治家や、メディア等の仕事をする事で、

人の上や前に立とうとする」なら、

「自己健常支配の後にするべき」だ』。

『「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の野党・メディア・公務員(官僚・自衛官も含む)等」により、

「実質的、小問題で、

無理やり

防衛大臣を降ろされた様相」なのが、

「稲田氏」だ』。

『「稲田防衛大臣に防衛政治上の重大な失策等があっただろうか・・・」。

「陸自日報が一時、実質的に隠蔽されていた事の実害は?」

「所謂、左翼(親朝鮮等)の者たち等にとって」は、

「言葉狩りの元が、実質的に、隠蔽されていた事等」は

「大問題」だろうが、

「日本国・多くの日本国民にとっての実問題」は、

「言葉狩りの元の一時、実質的、隠蔽等では無く、

言葉狩り等で、

乱される国政の方」になる』。

『「都議選時の、直に取り消した、不適切な応援演説の言葉」も

「大問題化すべき事だろうか?」

「応援演説の流れ上、つい、出してしまった様相」の

「不適切な言葉」を

「取り消さないのなら、問題」だが、

「取り消している以上、取り消したのが、稲田氏の意思になる」』。

『「言葉を間違わない、売国政治家」と

「言葉は若干いい加減な時もある、日本国・多くの日本国民の為に行動しようとする政治家」の

「どちらが、良い政治家なのか?」等は、

「日本のメディア上でも、問われて然るべき事」だ』。

『「言葉狩りや態度狩りや小事等の実質的、個人レベルの小問題」で、

「大臣交代等が頻発させられている戦後日本の政治」は

「本当に異常」だ』。

『「異常な政治の元」は

「所謂、左翼(同上)のメディア圧力や教育等」で、

「所謂、左翼(同上)の者たちにとって」は

「日本国・多くの日本国民の為になる政治・政策等」より

「所謂、右翼の政治家を降ろす事等」が

「重要」なのだろう』。

『「その結果、

所謂、左翼(同上)の政治家等への、

悪戯な、追い風や好イメージ等が

日本社会の中でまかり通り、

所謂、右翼の政治家等には、

不当な、冷風が当てられ続けて来ている」。

「右でも左でも、

日本国・多くの日本国民の為になる政治家や政治・政策等の選択」が

「重要なのだが!」』

『「内実では無く、

イメージ等により、

事態を変化させ続けて来てしまっている

メディア等の劣悪度はかなりのモノになる」が

「日教組の教師等による学校教育内容」や

「メディア」等へ

「依存させられている人々」にとって、

「依存先を無くす事」は

「かなり困難な事」になってしまっている様相だ。

「酒や異性や宗教やギャンブルやお金や権力や薬物等々の

依存者」と

「同様の精神構造」が

「其処に露呈している」・・・』。

『「他の者・物・事依存」から

「自分を解放する為に必要な事」は

「実体や事実・現実と自分を共にある状態に置く事で、落ち着く事」だ。

「他の者・物・事に依存して、

自立状態に近い状態を得ている幻想に陥っていているダケ」では、

「依存している者・物・事の喪失と共に、

似非自立状態も崩れ去る事になる」。

「それを避けようとして、依存先を維持しようとする・・・」と、

「例えば、

依存先が、偏向・偏重情報・教育等状態となれば、

依存先が導くままに、

偏向・偏重方向に、操られ続けている状態に陥らされていしまう事になる」』。

『「メディアや学校教育等に頼らないで済む状態を持つ事」は

「本当に重要」だ。

「メディアや学校教育等からは、

実体情報や事実・現実情報を

原寸大通りに、

得れば良い」』。

『「実体や事実・現実と原寸大通りに付き合える自分の状態を得る」なら

「人は、落ち着け、自立し易くなる」。

「それは、

例えば、

親・子・親戚・友人等、親しい、近しい、人の、死」を

「認められなかった時」と

「実体や事実・現実通り、原寸大で、認められた時」の

「自分の状態を比較する」なら

「誰もが分る事」だ』。

『「政治問題や社会問題」でも

「実体や事実・現実を原寸大で理解・把握出来る状態」に

「自分を置いた上」で

「考え、判断等する事」が

「重要」だ。

「メディアや学校教育等に自分を操られせる事無く」』。

|

都議選、「小池好ましい」&「自民党悪」の「イメージ」を多くの有権者が持たされてしまっている様だが、「小池の何処が好ましく、自民党の何処が悪なのか?」をちゃんと理解・把握出来ているのだろうか???・・・。

『「テレビ・マスコミ等の、実態・実体、イメージによる大衆誘導」は「本当に酷い」。

「誰にでも、好ましい面もあれば、悪い面もある」。

「重要な事は、その実体」だ。

「アノ人のこの面は、こういう実体だから、好ましい」。

「アノ人のこの面は、こういう実体だから、悪い」。

というのが、

「適切な評価表現等」だ』。

『「其処で、{こういう実体だから}の部分を、希薄にしたり、他から持って来たり、・・・等々する」と

「アノ人の、好ましい、もしくは、悪い、イメージだけ」が

「独り歩きし易くなる」。

「もちろん、そんな重大部分を希薄にした、伝達情報等の価値は低い」』。

『「本来なら、価値が低い伝達情報等であっても、

例えば、

公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等や、

公共的なマスコミ等」が、

「言い続ける、書き続ける」と

「多くの視聴者・読者等」は、

「それが、価値が低い伝達情報等とは、思えなくなって来る」。

「逆に、其れこそが、覚えるべき、今の情報等と、勘違いし易くなって来る」』。

『「公共の電波を使ったり、

公共的マスコミ等を使ったりする」なら、

「イメージで、大衆を操る事が可能になる」』。

『「その手法」は

「ナチス・ヒトラー」と

「同様」だ』。

『「戦後の日本」では、

「陰険なナチス・ヒトラー的」な

「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「日本国内の手下等を使って、

ナチス・ヒトラー等と同じ手法で、

多くの日本国民を操る事等が、

出来続けてしまって来ている」』。

『「米軍の占領政策時」には、

「旧日本軍系の者たちが徹底的に冷遇された裏」で

「当時日本国内に居た朝鮮人等が、棚ぼた式に重用された」。

「その流れの延長線」で

「戦後日本の政財界や情報・教育界の要所」には、

「多くの朝鮮人が入り込めた」。

「希望等により、実質的には、隠密時に、日本国籍を与えられた者たちも数多い」』。

『「朝鮮戦争時に、日本の中の朝鮮系の者たちも、南北に分かれた」。

「朝日新聞が、急激に、左傾化した裏」にも、

「朝鮮戦争による、日本の中の朝鮮系の者たちの南北分裂がある」』。

『「異常な戦後処理の実態・実体」や、

「韓国による、竹島の不当占拠」や

「北朝鮮による、拉致」等々は、

「長い間、実質的、黙殺状態にあった」が、

「もちろん、それも、朝鮮系の者たちが、

戦後日本の情報・教育界を牛耳れて来ているから」だ。

「日本国・日本国民に自虐を強いる情報・教育が、旺盛だった」のも、

「同じ理由による」』。

『「テレビ上がりで、

朝日新聞上がりの細川氏の下で政治家に転身した小池現都知事は、

小沢氏の下でも政治を学んだ」。

「そして、自民党に離党届を提出している」。

「小池都知事の人脈的実態・実体」は

「北朝鮮系等と、強く推定出来る」。

「朝日新聞も、小沢氏も、

北朝鮮との繋がりが言われている」』。

『「朝日新聞や北朝鮮等にとって、

小池都知事は、好ましい者」だろう。

「何しろ、人脈的に、近しい様相なのだから」・・・』。

『「反対に、自民党系等の対立候補等」は

「悪い者」だろう。

「何しろ、人脈的に、遠い様相なのだから」・・・』。

『「好ましい」と

「悪い」の

「差」を

「つくっている」のは、

「本質的に、人脈」で、

「先に結論ありき」の

「好・悪論の為」に

「使える道具的情報を、アチコチから集めて、

風潮している」のが、

「多くのテレビ・マスコミ等の実態・実体」と

「強く推定出来る」』。

『「韓国系のテレビ・マスコミ等」は、

「小池都知事に、ネガティブに成り易く、

韓国系と言われている、石原元都知事等に、ポジティブになり易い」。

「北朝鮮系」は

「その逆」だ。

「問題なのは、本来の日本系は何処???」という事だ』。

『「上記」は、

「根っからの日本人で、東京産まれ、東京育ち、現東京外暮しの筆者」の

「実感」だが、

「同様の実感をお持ちの方々も、数多い筈」だ。

「何しろ、此処は日本国なのだから!」』

『「選挙も無い、人脈交代も無い、自浄も???」の、

「戦後日本の情報・教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は、

「本当に、急務」だ』。

『「正常化・健常化が???の情報界等に操られて、

選挙が歪められ続けていてはいけない」』。

『「都議選時」には、

「多くの有権者」が

「北朝流・韓流テレビ・マスコミ等に操られ、

自虐的な選択をさせられてしまわずに、

本来の健常な選択が行えて、

悔いの無い投票が出来る事」等を

「強く、願っている」』。

|

都議選だが、多くのテレビ・マスコミ等による、自民党ネガティブキャンペーンに毒されてしまっている有権者は、どれ程いるのだろうか?・・・。

『「韓流・北朝流テレビ・マスコミ等による、自民党に対するネガティブキャンペーン」は「本当に、熾烈」だ。

「それだけ、韓流・北朝流人脈にとって」は、

「自民党、特に、安倍政権や稲田氏等、所謂、保守派」が

「都合の悪いモノ」なのだろう』。

『「選挙時に、有権者が選択している実体」は、

「その政党の実権者や首長等の人脈に他ならない」。

「この重大ポイントに、大衆の興味を傾注させない為」の

「実質的、情報工作」が

「有権者の選択しているモノの実体を言わず」、

「有権者に選択させたい、そのスジの実権者等にとって、都合の良い、候補者や政党等に対する、好イメージ」の

「一方的かつ、大量な、積極配信」と、

「その対立候補者・政党等に対する、ネガティブイメージ」の

「一方的かつ、大量な、情報配信」だ』。

『「その様な、実質的、悪事が可能になっている裏」には、

「異常な戦後処理が在る」』。

『「占領軍」が、

「旧日本軍系や日本の所謂、保守派を徹底的に冷遇した上で、

所謂、左翼や、朝鮮系の者等を重用した事による、

アンバランス状態」は、

「戦後の日本社会を大きく歪めて来ている」』。

『「象徴的な事」が、

「朝鮮系の優遇により、

戦後の日本国内で、

相応の利権を得た朝鮮系の人々」が

「戦後、日本と分割された朝鮮半島に戻らなくなった事」だ。

「その後、多くの日本国民との共存・共栄の道を選択した者たちなら、

未だ、話しは平和的範囲で収まる」が、

「朝鮮系の中には、

確実に、

日本国・日本国民を乗っ取り支配等する事こそが、

正義」等と、

「勘違いし続けさせられて来ている者たちも居る」。

「その様な者たちによる、日本国内での悪の工作活動等」が

「戦後の日本社会や、多くの日本国民の実生活等」を

「大いに歪めて来ている」。

「日本全国各地からの多数の日本国民の拉致工作」は

「その氷山の一角に過ぎ無い」』。

『「占領軍による利権分配により、

日本国内の、

政財界や、

情報・教育界等で、

大きな利権を、

其れこそ、棚ぼた式に得た、

朝鮮系の者等」は、

「その利権の維持や、

利権の増大等に、

忙しい」』。

『「その結果の一つ」が、

「日本国や、多くの日本国民に、自虐を強いて来ている、

日本自虐情報・教育」だ』。

『「例えば、単独では、国の存続さえ危うくなっていた、当時の韓国」が、

「日清・日露戦争の勝者となっていた当時の日本国との対等合併等による、

存続を強く希望し、

結果として、

当時の国力相応の、

日韓併合となった、

二国間の国家契約」についても、

「実質的に、日本の敗戦に付け込んだ火事場泥棒による、

戦後の韓国(北朝鮮も含む)立ち上げを正当化する為」の

「日本による、植民地支配論」に

「すり替えて来ている」。

「この{植民地支配詐欺}の悪影響が、未だ、米国内でも、重篤だから、

未だに、従軍高報酬売春婦(当時は、売春は、合法の仕事)像までもが、

米国内でも建てられてしまっている」。

「上記の様な実態・実体をちゃんと広報等していない、

日本国内のテレビ・マスコミや学校教育等」とは、

「正に、異常な戦後処理の影響の真っただ中に、未だ、在り続けている情報・教育等」に他ならない』。

『「そんな情報・教育等」が

「都議選を睨んで、

アンチ自民キャンペーンを

積極的に行い続けられている」のが、

「戦後日本社会の寒過ぎる実態・実体」だ。

「何しろ、選挙により、民意を反映させる事が出来る政界とは、全く違い、

実権者人脈の下に、

次世代が、繰り返し、造成され続けて来ている」のが、

「戦後日本の情報・教育界」だ。

「元が、朝鮮系等なら、朝鮮系等のまま・・・」というのが、

「戦後日本の情報・教育界の実態・実体に他ならない」』。

『「テレビ・マスコミ等ご推奨だった民主党政権が出来た時、

どうなったのか?」

「総じて、日本が大いに細らせられた反面で、

中国共産党支配下の中国や、

韓国(北朝鮮も含む)が、

大いに太った」。

「それが、日本の中に、韓国(北朝鮮も含む)系の政権をつくり出す事の実効」だ』。

『「もちろん、そんな事態」は、

「多くの日本国民が望む事では無かった」から、

「選挙のある政界」では、

「政権交代が起きた」。

「そればかりでは無く、

負の実績をつくった民主党への支持は、

お仲間、テレビ・マスコミ等が、どんなに推しても、向上しなかった」から、

「今や、民主党は、民進党へと、看板を変えた」。

「それでも支持は、当然、伸びない」。

「もちろん、そんな事は、旧民主党等の人脈の者たちも重々承知」で、

「現民進党の実体」は、

「旧社会党崩壊後の社民党と同じ」で。

「旧社会党の人脈の者等の多くが、民主党に表看板ダケ変えたのと同様」に、

「今では、小池新党である、都民ファーストとして、とりあえずの、実質的、大衆騙し」を

「行っている」。

「都民ファーストが大勝出来たなら、

国政へも、応用・・・」等というのが、

「そのスジの者等の戦略」だ』。

『「韓国(北朝鮮も含む)系のテレビ・マスコミ等」が

「ネガティブキャンペーンを仕掛けている自民党」と、

「実質的に、正義イメージで風潮している民進党等と、

実質的に、応援している都民ファースト等」という

「実態」からも、

「上記の様な実体」は、

「テレビ・マスコミ等に操られず、

自分の頭で考えるなら、

誰もが、

良く判る筈」だ』。

『「ネガティブキャンペーンの悪質なところ」は、

「実体等を、ロクに考えない、考えられない、有権者」は、

「ネガティブキャンペーンを仕掛けられている政党や政治家等を避けがちにさせられ易く、

その結果として、

ネガティブキャンペーンの対局にある政党や政治家等に、

貴重な、一票を投じ易くなってしまう事」だ』。

『「公共の電波や、公共的マスコミ等を悪用した、

悪劣な、

実質的、大衆誘導や、政治運動等」が

「其処に露呈している」が、

「未だに、その様な、悪態」を

「放置し続けている、放置させ続ける事を強いられている」のが、

「異常な戦後日本社会の寒過ぎる実態・実体」だ』。

『「もちろん、そんな異常事態の是正は、急務」だ』。

『「一応は、

民主主義社会なのだから、

健常な民意を持つ、持てる、日本国民の数が増えれば、増える程、

この様な異常事態の是正も容易になる」』。

『「都議選時にも、

多くの有権者が、

テレビ・マスコミ等の操り人形状態では無い事を、

突き付られている」なら、

「日本社会の異常事態の是正」にも

「相応の期待が持てる事になる」』。

|

東京都議選が公示されたが・・・。

『「市場移転問題への対応策」を「見る」なら「誰もが、直に、その政党等の正体が判る」。

「小池新党である、都民ファースト」と「民進党」等は、

「豊洲&築地、両方を・・・」だ。

「共産党」等は

「築地一本」だ。

「自民や維新」等は

「豊洲一本」だ。

「公明党」は

「都民ファーストと連携している」が

「基本的には、豊洲を生かす」だ』。

『「都民ファーストと民進党等の市場移転問題対応が、実質的に、同じである事」は、

「単なる偶然では無い」。

「都民ファースト(第一)」の「実体」は、

「民進党等に近い」』。

『「選挙も無く、結果として、人脈交代等も無い

戦後日本の多くのテレビ・マスコミ等」では、

「旧社会党や朝鮮系等の人脈の者等」が

「実権を握り占めて来ている」。

「戦後日本の多くのテレビ・マスコミ等が実質的に推奨して来た政党等」は、

「北朝鮮等とも馴染みが深い、旧社会党」であり、

「日本新党」であり、

「民主党」であり、

「民進党」であり、

「都民ファースト」だ。

「そして、その目的」は、

「非自民政権の樹立」に他ならない』。

『「現東京都知事の小池氏」は、

「テレビ上がり」であり、

「朝日新聞上がりの細川氏の下で、政治家に転身」した。

「細川氏を代表とした政党は、日本新党」だった。

「日本新党の躍進により、非自民政権が誕生した」が、

「その実効」は、

「日本社会の破壊等であり、

実質的に利した人脈は、

朝鮮系等」だった。

「日本新党の躍進による非自民政権の中では、

あの、朝鮮系とも言われている、小沢氏も大いに実権を奮っていた」』。

『「小池現都知事」は

「朝日新聞上がりの細川氏の下の後、

小沢氏の下でも、

政治を学んでいる」』。

『「朝鮮系の者等の実権割合が高い戦後日本の多くのテレビ・マスコミ等と小沢氏等による非自民政権の樹立」は

「日本新党等の連立政権ダケでは終わらなかった」。

「民主党政権成立時」にも、

「戦後日本の多くのテレビ・マスコミ等と小沢氏等」が

「強く絡んでいる」』。

『「日本新党等の連立政権」も、

「民主党政権」も、

「そのどちらも」が、

「東京都での圧勝から大きな流れが生まれている」』。

『「都民ファースト」で

「三度目の非自民政権を!」の

「流れ」を

「何としても、つくり出そうとしている様相」なのが、

「現状の多くのテレビ・マスコミ等の実態・実体」だ』。

『「故に、

露骨なまでに、

執拗に、

配信している、

実質的、偏重・偏向情報配信内容」が

「自民一強ダメ!」

「自民二回生国会議員は酷いゾ~!

・・・だから、自民以外を支持した方が良いゾ~!情報」等々だ』。

『「もちろん、配信されている情報内実には、本当に、酷い事も含まれている」。

「しかし、その多くは、政治の本質とは別の、個人の資質等の問題」だ』。

『「与党議員等の個人の資質の問題」で

「野党側に投票する事」の

「実体」は

「野党側の政治を選択する事に他ならない」が、

「多くのテレビ・マスコミ等」は

「この重大事実」を

「伝えていない」』。

『「問題議員等の資質を責める目的」で

「野党側の政治を選択する事の自虐性」は、

「民主党政権成立時等に、多くの日本国民が重々味わっている筈」だ』。

『「同じ過ちを犯す事」が、

「多くの東京都民や、

多くの日本国民にとって、

どれ程、不幸な事になるのか?」等は、

「都民有権者なら、重々考えるべき事」だ』。

『「民主党政権を成立させてしまった者たち」で

「その責任をちゃんと取れた、取った、人々」は、

「いったい、どれ程、居るのだろうか???」』

『「都民有権者には、

同様の間違いを犯す事」等は、

「実質的に、もう、許されていない」』。

『「逆に、日本国・多くの日本国民等を、酷い状態に追いやりたい」のなら、

「政治の実体では無く、

選挙も無い、

人脈交代も無い、

戦後日本の多くのテレビ・マスコミ等が、

偏重・偏向等した取材内実等を元に、

一方的に、大量配信している、

個人の資質等の悪イメージ等」が

「誘う投票先」に

「貴重な一票を投じれば良い事になる」』。

『「果たして、

未だに、

自虐的な、都民有権者は、どの程度居るのだろうか???」』

|

小池版「最低でも県外!」都議選集票目的の「築地・豊洲両方生かします」宣言・・・。

『「旧社会党等~民主党等の二の舞」の様相の「民進党等~&小池チルドレン等による、小池新党」が「都議選時に、多くの票を得る為」には、「人寄せ政策等が要る」。

「其処で、急遽仕立てられた様相の、張子の虎政策」が、

「市場移転問題」で、

「築地も豊洲も両方とも生かします!宣言」だ。

「既存の案以外の案を提示する事による、人の興味寄せ効果が有る」、

「豊洲派の票も築地派の票も得る為」の、

「両方生かします!宣言等」の「上辺の謳い文句」は、

「如何にも、テレビ上がりの政治家らしく、

大衆が受け入れ易い様に仕立てられている」。

「しかし、

小池都知事の「両方生かします!宣言」に、

「民主党鳩山元総理」による、

「最低でも県外!」と

「同様の臭い」等を

「感じている人々」も、

「かない多い」と思う』。

『「普通に考える」なら、

「ほとんど準備が整っている豊洲に移転して、

築地を売り、

豊洲市場に小池都知事お得意の、

経費削減策や、

収入増大策を

施す」のが、

「市場移転問題の適切な解答」だ』。

『「ところが、

築地に拘っている小池都知事や、

その裏の実権者等」が、

「何としても、築地!」を

「強いている様相」が

「露呈している」』。

『「象徴的」なのが、

「築地ブランド」だ。

「東京生まれ東京育ちの筆者等の感覚」では、

「築地から連想する」のは、

「築地本願寺」であり、

「国立ガンセンター」であり、

「朝日新聞社本社ビル」等だ。

「其処には、食を盛り立てる要素は無く」、

「むしろ、食を害する感さえ在る」。

「故」に、

「中央卸売市場」は

「築地と区別するべく、

汐留」と

「ずっと、思って来ていた」』。

『「そもそも、

食のブランドとして、

地名を出す」なら、

「食材由来である方が、しっくり来る」。

「例えば、江戸前の海産物が美味しいから、江戸前ブランド等なら、

しっくり来る」。

「中央卸売市場とは、云わば、デパートの様なモノ」で

「地名をブランド名にする事自体馴染まないモノ」だ』。

『「中央卸売市場の品集め力が高く、品櫃管理も良い」なら、

「それは、あるデパートが仕入れも良く、商品展示や接客等も良い事と同様の事」で、

「存在地由来では無く、

店舗由来の

中央卸売市場ブランドとでも言うべき事」だ。

「しかし、それでは、築地に拘っている者等の都合に沿わない事になる」。

「築地に拘っている者等の都合に沿う」のが、

「築地ブランド」という「言葉」だ』。

『「中央卸売市場に受けの良いニックネーム等を付けて、

ブランド扱い等していた」なら、

「場所が、豊洲に移っても、

ブランド自体はそのまま継続し、

生きる事になる」。

「よいデパートが場所を移っても良いデパートであるのと同じ事」だ』。

『「築地という場所に拘っている者等のみ」が

「大衆を地名に拘らせる為に、築地!を大宣伝して来た」』。

『「食の地名ブランド」として、

「江戸前が復活出来る日」は

「そう遠く無いかも知れない」が、

「江戸前ブランドを散々破壊した」のは、

「工業化や経済成長に基づく、

工場排水や生活排水やゴミ等々だった」』。

『「食のブランドとして、

築地ブランドを強いられても、

しっくり来る」のは、

「築地本願寺や、

ガンセンターや、

朝日新聞等」と

「明確な境界線が敷ける人々」か、

「築地の実態を知らない人々」だろう』。

『「朝日新聞等から考える」なら、

「市場が無ければ、陰の場所感が強過ぎて・・・」等なのかも知れないが、

「多くの都民にとって」は

「良い市場が在るなら、場所はどちらでも・・・」だ。

「下手な理想像を、

無理やり、実現させようとする事等により、

政策の実行が遅れたり、

都民負担等が増える事等を

嫌う人々も多い」』。

『「鳩山元総理による、最低でも県外!」から「生まれた事」は、

「基地移転の停滞」と

「沖縄の対立・混乱」等だった。

「そんな状態を歓迎している」のは、

「反日国の劣悪国家指導者等」や

「日本の中のその手下等くらい・・・」だろう』。

『「小池都知事による、両方生かします!」が

「どんな事態を生む事になるのか?」は

「想像に難く無い」』。

『「日本国民分断工作」は

「反日国であり、工作活動国家であるところ等」の

「得意技」だ』。

『「小泉・竹中等が邁進した、

二極化格差社会化」も

「実質的には、日本国民分断化工作」に他ならない』。

『「分断され、弱体化された方」に

「反日国人脈の者等が、優しく、すり寄り、有益分子化する事態」等は

「枚挙に暇が無い」』。

『「ちゃぶ台返し政治」は、

「本来なら、不要な、分断・対立等を生む」』。

『「ちゃぶ台返し政治が旺盛な韓国等」が

「健常成長等出来辛くなっている」のは、

「ある意味、当然の現象」だ。

「その裏」では、

「現状までのままの体制なら、

決して、ちゃぶ台返しの無い状態」の

「北朝鮮」が

「着々と、軍備を強化し、

主として、日韓内での、工作活動等を

強化・増大させ続けて来ている」』。

『「ちゃぶ台返し政治」や、

「分断政治」等の「裏」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「市場移転問題」は、

「普通に考えれば、

誰もが判る、

適切な方法」で

「解決されるべき」だ』。

『「多くの有権者」が、

「最低でも県外!」同様の

「両方生かします!」等に

「騙されない事」が

「肝要になる」』。

|

小池都知事や朝日等は、どうしても、築地を東京都のモノにさせ続けたい様相だが、その裏には、何がある?・・・。

『「多くの方々も、何となく、違和感等を抱いている筈」だ。「小池都知事等」が、「豊洲移転&築地売却」では無く、「豊洲移転&築地も東京都が保有し続ける案」まで「{出させ}」て、「築地東京都保有に拘るのは何故?」

「小池都知事と同様」に、

「強く、築地に拘っている」のは、

「築地に本社ビルが在る、朝日等」だ。

「小池都知事や朝日等の人脈実権者等の裏」に、

「築地東京都保有に拘る理由が潜んでいる」と

「強く、推定出来る」』。

『「民間に貸し出して、食のテーマパークをつくる案まで出て来ているところから、推定する」と、

「朝日本社の近く、東南方向」に、

「東京都保有の、

食関連施設等」を

「どうしても、存在させたい

風水的要求等」が

「感じられる」。

「朝鮮系の権力者等は、風水に拘る場合が多い」から、

「その辺りに、{築地拘り}の源泉があるのかも知れない」』。

『「風水等、宗教的理由では無く、

現実的な、現世利益保持の為」と

「考える」なら、

「築地を民間に売り、

身勝手な開発等をされると困る事態等」が

「推定される事になる」』。

『「例えば、

出て来ては困る、

大量の・・・かも知れない、

日本人の遺体・遺骨等が、

埋められている可能性等」が

「浮上して来る」』。

『「終戦直後の、

一部、朝鮮人等による

武力使用の大乱行時等の実態・実体」等が

「埋められている可能性等が浮上して来る」・・・』。

『「果たして、現実は?」』

『「はっきりしている事」は、

「普通に考える」なら

「豊洲に移転して、

豊洲維持費削減策や、

豊洲利益増大策等を足し、

築地跡地は、民間に売却し、

築地で、事業等を行う民間企業等からの税収アップ等により、

都も潤う様にする」のが、

「市場移転問題の適切な解決法になる」』。

『「適切な解決法を避ける裏」には、

「何らかの思惑等がある場合が多い」』。

『「明らかに、普通では無い、

築地東京都保持拘り」なのに、

「本日のテレ朝朝番」等では、

「豊洲も使用し、

築地を食のテーマパーク化する案」を

「まるで、それまでの案より、遥かに良い、理想の解決策であるかの如きイメージ」で

「風潮していた」。

「曰く、

イチゴ派対大福派の対立を解消する

イチゴ大福!」等の旨。

「小池都知事の横文字前フリの宣伝も

忘れないところ」が

「{お仲間}を感じさせる」』。

『「小池都知事と朝日等の一部テレビ・マスコミ界」の

「濃い繋がり」からも、

「露呈して来る事」は

「都議会小池新党の実体」も

「社会~民主~民進同様のスジの政党である事」だ』。

『「旧社会党とは違いますよ~!{仮面}」の

「民主党」が

「政権を取った時、どんな政治をしたのか?」等を

「思い出す・知る」なら、

「そのスジの者等と、朝鮮等との強い繋がり」は

「誰もが判る事になる」』。

『「拉致問題対応でも、

日本の拉致被害者家族<朝鮮総連、その裏に居る、北朝鮮劣悪国家指導者等」というのが、

「旧社会党の実態」だった』。

『「その人脈が、築地東京都保有に拘っている」・・・』。

『「東京都で、そちらの方向を向いた政治を旺盛にさせたい」のなら、

「小池新党等が躍進する事等が合理的になる」と

「強く、推定出来る」』。

『「それは、

民主党政権時の再来等を

東京都で望む」なら、

「小池新党が躍進する事が合理的になる」と

「言い換える事も出来る」・・・』。

『「市場移転問題」で

「小池都現知事や朝日等一部テレビ・マスコミ等が、

何故、築地東京都保有に拘るのか?」等の

「理由がはっきりする」なら、

「小池都知事や

小池都知事実権下の小池新党や

朝日等一部テレビ・マスコミ等」の

「正体」も

「よりはっきりする事になる」』。

『「テロ等準備罪」でも

「法案審議より、問責決議案」で、

「実質的、審議拒否」というのが、

「民進党等、一部野党の実態」だ』。

『「野党側が、実質的、審議拒否」なら、

「共謀罪時代から、散々、議論されて来ている、テロ等準備罪」を、

「早々に、採決する」のが

「当然になる」』。

『「もちろん、反対野党議員」では、

「選挙時に当選し辛くなる」。

「民進党等のまま・・・なら、当選が困難な都議会議員・議員候補等」が

「率先して、小池新党等に入り込みたがり、

小池都知事側も、政治経験のある者を歓迎している状態」が、

「露呈している事」は、

「旧社会党議員の多くが、民主党員に転身した事態」と

「同様の事態」だ』。

『「極少数の、知名度が高く、もはや、旧社会党を抜けるにも抜けられない者たち」が、

「社民党となり、如何にも、旧社会党は社民党になりました~!等を{演じていた}」が、

「内実としては、多くが、民主党員に・・・」だった』。

『「同様の事態」が

「今、

{小池新党という枠}で

起こされようとしている」・・・』。

『「都議選が近い」が、

「果たして、東京都有権者の都議選時の判断は?」』

『「テロ等準備罪は、早々に成立させ、

早々に、実効のある運用をするべき」だ。

「日本国内の北朝鮮系等による非人道的な集団的工作活動等の撲滅」は、

「本当に、急務」だ』。

『「市場移転問題」は、

「豊洲に移転し、

その後の維持費削減策や利益増大策を足し、

築地は売却し、

民間使用による税収アップで、

都も潤う様にする、

当たり前の解決法」が

「明らかに、適切」だ。

「小池現都知事や、朝日等一部テレビマスコミ等が、

何故、築地東京都保有に拘っているのか?」を

「探究し、内実を告発等する」のも、

「本来のマスコミ人等の仕事の一つ」だろう』。

『「都議選時」には、

「戦後日本の

テレビ・ラジオや、

公共的マスコミ等」が

「宣伝しているイメージ等」に

「操られない、有権者の自主的かつ健常な判断」が

「強く求められている」』。

|

自民党から離党、民進党等からの転身者等も少なからずいる、都民ファーストの代表となった事で、益々、正体を露呈した、小池都知事・・・。

『「元々、テレビ上がりで、朝日新聞上がりの細川氏の下で政治家に転身し、数々の政党を渡り歩いて来ている・・・、小池現都知事・・・」だから、

「その正体は、既に、露呈していた様なモノだった」。

「しかし、先の都知事選」では、

「お仲間、テレビ・マスコミ等」が、

「自民党の保守系政治家、小池氏等のイメージ」で

「実質的、大衆誘導した」から、

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の鳥越氏等との対立エネルギー票分まで入り、

当選した」』。

『「その後の、

お仲間、テレビ・マスコミ等による

{小池劇場}」により、

「小池都知事の知名度は益々上がった」。

「しかし、小池都知事が、行った政治」は、

「ちゃぶ台返し・・・の、知名度アップ狙い・・・」等では、

「都政の混乱も必然」で、

「都民ファーストでは無く、

小池ファーストとまで、

言われる始末」だ』。

『「もはや、

お仲間では無いテレビ・マスコミ等ばかりか、

お仲間テレビ・マスコミ等」でも、

「全面的、賛美等を、

行い辛い状態になっている」』。

『「ちゃぶ台返しの結果」も

「実質的には、小池都知事側全敗状態・・・」では、

「もはや、

小池都知事が起こした、

ちゃぶ台返し{騒動}の悪さばかり・・・」が

「印象に残る事になる」』。

『「小池氏や朝日等側の必勝戦略」は

「小池塾~地域政党都民ファーストの立ち上げ~」による

「民主党~民進党の次の巨大国政野党による政権奪取だった様相」だった。

「しかし、内実が露呈する」なら、

「必勝戦略も早々に破綻する事になる」のは、

「民進党と名前を変えても、

主たるメンバーが旧民主党等では、

有権者の多くが支持しない事になる」のと

「同じ事」だ』。

『「都民ファーストには、

民進党等上がりも、

少なからずいる状態」では、

「もはや、其処に漂っているのは、

旧社会党や、

旧民主党や、

その裏、もしくは、お友達等の、北朝鮮等と

似たような臭い・・・ですらある」・・・』。

『「同様の人脈に属している者等が多い、

朝日系等」では、

「市場移転問題で、

未だに、

豊洲より築地!等を主張する常連出演者等が居る」が、

「築地派に属している」のが

「共産党や自由党等」となれば、

「小池都知事も、築地の方が良い!等とは、

もはや、言い辛い状態」だろう』。

『「それでも、築地!と言う」なら

「更に、正体がバレバレ・・・となる様相となる」が・・・』。

『「東京都の有権者」は

「人脈的に、仮面、旧社会党・旧民主党・朝日系等の都知事」を

「自民党員で、保守系・・・等」と、

「思い込まされて、

選択させられてしまった様相」だが、

「民主党政権を選択させられてしまった時」と

「同様の{是正民意立ち上がり}j状態」が

「既に、露呈し始めている」』。

『「民主党政権も、小池都知事」も

「その政治・政策実体等が明らかになればなる程、

多くの有権者の支持が離れる事となっている・・・」のは、

「その政治・政策実体等が、

多くの日本の有権者とは合わないから」だ』。

『「旧社会党や旧民主党政権等には、

朝鮮系の精神文化の臭いが濃厚に漂っている」が

「同様の臭い」が

「小池都政にもある」』。

『「何れにしても、

実体が実体通り、

有権者等に認知される」なら、

「有権者の自虐的判断等も抑制される事になる」のだから、

「小池氏の自民党離党」は

「ある意味、良い事」だ』。

『「小池都知事」は、

「市場移転先判断」を

「早急に出すべき」だ。

「決められない都知事、

決めようとしても、無理やり・・・で、

結果、全敗状態となり、

残るのは騒動の害くらい・・・となる

迷惑都知事」等と

「言われない為」にも、

「市場移転騒動を収める為」にも、

「市場移転先判断」を、

「早く出すべき」だ』。

『「策略・戦略政治等」には

「朝鮮等の精神文化の臭い」が

「濃厚に漂っている」。

「多くの日本国民・東京都民が望む事」は

「策略・戦略政治では無く、

実として、

多くの日本国民・東京都民の為になる政治・政策等」だ』。

|

テロ等準備罪の参院審議に、無理やり、加計問題を持ち込んで、審議妨害~時間切れ不成立化を謀っている劣悪野党等問題・・・。

『「法案の内容を真摯に議論し、より良い法にしようとする」のでは無く、「法案とは全く別の{意図的に作り出されている様相の問題}」を

「無理やり、

法案審議の場で持ち出して、

実質的、法案内容審議拒否、もしくは、審議妨害等を行っている野党」では、

「多くの有権者からの支持が得られる訳も無い」。

「それなのに、何故?その様な行動を起こしている野党・議員等が居るのか?」』

『「日本の有権者の方向を向かず、

例えば、

北朝鮮劣悪国家指導者等の方向を向いていたりする・・・」なら

「日本の政党・国会議員等として、劣悪状態を露呈しているモノ等」の

「実態」も

「合理的になる」。

「共謀罪や、テロ等準備罪等もと、大いなる関係がある、

戦後日本社会の{毒チリ}の氷山の一角」が、

「其処に、露呈している」』。

『「法案審議上」では、

「上辺が、環境団体や自然保護団体等でも、

内実が、犯罪目的集団等なら、

テロ等準備罪が適用される旨」という

「当たり前の事」が

「大臣により、答えられていた」。

「ところが、この当たり前の事に対し、

対象とされる集団をもっと厳格に決めるべき旨等を

{要求}している」のが

「実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」だ。

「上辺さえ、民主主義人民共和国なら、

内実が、極悪非道の独裁カルト宗教国状態であっても、

問題無しという事等」と

「同じ、極悪、もしくは、極劣、精神文化の臭い」が

「其処に充満している」』。

『「上辺さえ、元官僚、ましてや、前次官」なら

「内実が、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)活動家状態」でも

「その{私人}の言う事等には、

大きな価値や信頼性等があるという事等」にも、

「同じ、極悪、もしくは、極劣、精神文化の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「普通に考える」なら

「優等生次官が、

所謂、左翼(同上)活動家状態に、

急変した裏」にこそ、

「今の{私人}としての発言内容を

生み出す元が在る事になる」』。

『「例えば、

出会い系バー通いで、

ハニートラップに落とされ、

弱みを握られているが故の

急変」等と、

「感じている方々も多い筈」だ。

「弱みを握っている方が、

所謂、左翼(同上)なら、

左翼活動家状態が当然になる」』。

『「所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等や、

所謂、左翼(同上)政党・議員等」が、

「左翼活動家状態に急変した元官僚の{私人}」を

「最大限利用する事」等により、

「非人道的な工作活動等まで行い続けて来ている、

所謂、左翼(同上)工作員等にとって、

非情に都合が悪い、

テロ等準備罪の成立」を

「何としても、阻止しよう・・・」と

「悪足掻きしている」のも

「ある意味、当然の現象になる」』。

『「所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等」が

「金正恩等や、

北朝鮮のミサイルや核や、

北朝鮮現体制との対話」等を

「日本の中で、大宣伝し続けて来ている事の裏」には、

「所謂、左翼(同上)人脈」と、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の人脈」の

「近さ」が

「露呈」している』。

『「前記事にも記した通り、

戦後日本国内には、

大量の北朝鮮系も含む朝鮮人が居残った」。

「金正恩の母」は

「在日二世」だ。

「旧社会党は、{何故か?}戦後に突然、急に巨大化した」。

「北朝鮮労働党と、旧社会党等は、友党関係を結んでいた」』。

『「拉致問題での旧社会党の、

{拉致被害者の相談を、朝鮮総連に報告に行った対応}は

有名な話し」だ。

「もちろん、旧社会党とは、所謂、左翼(同上)政党」だ』。

『「学校教師等にも、旧社会党系の者は多い」。

「例えば、日教組とは、旧社会党の支持母体の一つ」だ。

「テレビ・マスコミ界等でも、、

旧社会党系の人脈の者が、

大きな実権を握っているところ」が

「少なからずある」。

「朝日系や毎日系からその手の臭いを濃厚に感じている方々も多い筈」だ』。

『「政界」では、

「旧社会党の流れ」は、

「民主党~民進党にも続いている」』。

『「そして、その所謂、左翼(同上)人脈の者たち」が

「何としても、無理やりにでも、テロ等準備罪の成立を阻止しよう・・・」と

「今、懸命に、悪足掻きしている」。

「成立して、

運用されると、

余程、

困る事があるのだろう」』。

『「例えば、

日本国内で、非人道的な工作活動等を行っていたり、協力していたり・・・、

北朝鮮等に、迂回手段等を用いて、情報・技術・資金等々を提供していたり・・・」、

等々・・・』。

『「電磁波工作や、飲食物工作や、侵入工作等々、

戦後日本国内で行われ続けてしまって来ている、

非人道的な工作活動等」や、

「北朝鮮が大急ぎで開発~j配備し続けている、核・ミサイル等から推定する」なら、

「その究極の目的」が

「金正恩等も含む、所謂、左翼(同上)人脈による

日本国・日本国民支配等であっても、

何の不思議も無い」・・・』。

『「所謂、左翼(同上)の中には、仮面保守も居る」。

「小沢氏や、小池都知事等は、その代表例」だろう。

「中国共産党に大量の議員等を連れて、表敬訪問に行った、

民主党政権時には、剛腕幹事長として、権力の多くを幹事長室に集中させよう・・・としていた、

所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等上では、

保守系政治家とされていた、

小沢氏」も、

「朝日新聞上がりの細川氏の下で、政治家に転身した、テレビ上がりの者」で、

「非自民の日本新党や小沢氏の下の自由党等々、数々の政党を渡り歩き、

現状では、自民党籍を持ちながらも、

都政では、小池新党を立ち上げ、

都議会自民党より、大きな勢力にしようとしている

実質、非自民政治家で

所謂、左翼、テレビ・マスコミ等が、大応援している者」なのに、

「所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等上では、

保守系とされている小池現都知事」も、

「普通に、

見るなら、

所謂、左翼(同上)系の者に他ならない」』。

『「所謂、左翼(同上)側」に

「本質的正当性等が有る」のなら、

「言論上の訴えや、説得等で、十二分に、支持を伸ばせる筈」だ。

しかし、

「元々の人脈構成」が、

「北朝鮮劣悪国家指導者等、所謂、反日国系も含む・・・では、

日本国・日本国民の為になる政治・政策等を

正攻法で訴える訳にも行かなくなる」。

「真に、日本国・日本国民の為になる事を行うなら、

北朝鮮劣悪国家指導者等の利を損ねる事にもなるから」だ。

「出来る事は、

セイゼイ、

上辺で、優等生や正義等のイメージを持たせながら、

内実では、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す事になる事」を、

「大衆に、呑ませる事等」になる』。

『「もちろん、

日本の大衆も、もちろん、おバカばかり・・・では無い」から、

「健常な状態なら、

そんな酷い手段には、

操られない人々が

多数出る」。

「其処で、必要になる」のが

「工作活動という訳」だ』。

『「電磁波工作や、

飲食物工作や、

侵入工作や、

自虐情報・教育工作等々により」、

「半病人化させられたり、

弱体化させられたり、

判断力・思考力等を衰えさせられたり、混乱させられたりされる」なら、

「健常状態を失い」、

「上辺では、優等生ぶり、正義ぶっている、

所謂、左翼(同上)の政治家・政党やテレビ・マスコミ等の

論等」に

「依存させられ易くなってしまう」。

「陰険な工作活動」により、

「所謂、左翼(同上)の者等は、

多くの日本国民に、

所謂、左翼(同上)にとって、都合の良い論や状態等」を、

「呑ませ易くなる」』。

『「この陰険で、非人道的な、

戦後日本社会に蔓延り続けてしまっている

{毒チリ}を

晴らす為の

有効な道具にもなる」のが

「テロ等準備罪」だ。

「工作活動等に手を染めている、

所謂、左翼(同上)人脈の者等では無い」のなら、

「反対する方が異常」になる』。

『「法案審議は、法案審議で、粛々と、進めるべき」だ。

「野党等」が、

「どうしても、加計問題等で騒ぎたい」のなら、

「法案審議~議決等の後、

別枠で騒いだりする事が、

未だ、適切になる」』。

|

テロ等準備罪潰しの為の政治工作、朝日・民進・前川「怪文書メモ」問題の裏・・・。

『「日本国内に居る、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等」は「テロ等準備罪の成立を、何としても、阻止しなければならない立場に居る」。

「事前準備も要る、拉致工作や拉致工作への協力等を行ってしまった者たち」は

「その後」も、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下」で

「工作活動等を行わされ続けて来ている」。

「現在でも、

事前準備等が必要な

工作活動等を行ったり、

それに協力したり、

させられ続けている」』。

『「事前逮捕を可能にする法律の成立」は

「その様な者たちの摘発~公然化にも直結している」』。

『「日本国内で、

工作活動等を行ったり、

それに協力したり、し続けて来ている者たちにとって」、

「テロ等準備罪の成立」は、

「今までの、不当平穏(もちろん、上辺ダケだが・・・)生活等の終焉」を

「意味する」』。

『「昨今の世界情勢からも、

政策論争等の正攻法」では、

「事前逮捕を可能にする法整備を潰す事は困難」だ。

「政治工作等の裏手段による潰し等しか、

道は無い事になる」』。

『「重大法案故に、

中途半端な政治工作では、

潰せない」が

「例えば、

政権のトップを失墜させる事等が出来る」なら、

「政権崩壊に合わせて、重大法案を潰す事も可能になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」は、

「政権のトップを失墜させる政治工作等のノウハウを既に持っている」。

「劣悪な独裁体制等維持の為」に、

「情報・技術・経済等が狭く絞られ、

その結果、

多くの北朝鮮国民に犠牲を強いる

かなり酷い無理をしても、

時代遅れの軍備しか持てていない劣等国家状態の北朝鮮」は、

「当初から、

北朝鮮国民支配の為にも、

工作活動に活路を求め続けて来ている」。

「その結果、

工作活動ダケは、

ある意味、超一流状態」だ』。

『「実際」に、

「韓国」では、

「従北マスコミ等」と、

「大統領の側近友人等の問題」を

「悪用」して、

「朴大統領を失墜させる事に成功」し、

「従北大統領を誕生させた」・・・』。

『「今、日本国内で行われている政治工作」も

「基本的に、韓国内と同様」だ』。

『「安倍総理の友人等を利用して、

安倍政権を崩壊させる工作」が

「行われて来ている」』。

『「問題を起こす者に、

無理やり、総理と強い関係を持たせようとしたやり方」が

「{森友学園籠池問題工作}」だ。

「元々からの総理の友人に

無理やり問題化出来る事をつくらせるやり方」が

「{加計学園獣医学部新設問題工作}」だ』。

『「どちらも、

実体としては」、

「一学校法人問題」や、

「一国有地等払い下げ問題」等

「でしかない」が、

「従北テレビ・マスコミ・政党等」が、

「無理やり、重大問題化する」と「共」に

「政権トップとの密接な関係性等」を

「執拗に訴え続ける事」等で

「政権転覆工作の道具」として、

「最大限、活用しようとしている」』。

『「其処に在る」のは、

「実体や事実・現実を原寸大通りに報じる健常な報道等でも無ければ、

健常な政治・政策論争等を行う健常な政党等でも無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等の為の、

政権転覆工作」だ』。

『「工作の大枠部分ダケ」では、

「安倍政権転覆に不十分」と

「悟った従北連中」が

「無理やり、持ち出している」のが

「加計学園獣医学部新設関連の{怪文書メモ}」だ』。

『「同様の内容がメモ等される事態等が存在した事等は否定出来ないものの」、

「メモ内容自体が正当か?否か?」も、

「出所」さえも、

「はっきりしていない

{怪文書メモ}」が

「重大問題であるかの如きイメージ」を

「付加された上」で、

「朝日新聞の一面」等で、

「大々的に報じられた」』。

『「更に、{歌舞伎町出会いバー通い}元文科省次官」が、

「メモは本物論」を

「付加している」』。

『「歌舞伎町出会いバー等、所謂、近風俗・風俗産業界」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等が、結構、沢山居る」。

「下ネタ弱み掴み」は

「工作活動の基本中の基本だから」だ』。

『「出会いバーで出会い、その後、何をするか?」は

「誰もが、想像に難く無い筈」だ。

「元文科省次官が、下ネタ弱み」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等に押さえられている可能性」は

「絶大」になる』。

『「怪文書メモ」には、

「事実・現実通りの内容も在れば、

事実・現実とは違う、勝手に、書き加えられたり、脚色等されている内容も在る」と

「強く、推定出来る」。

「出所や記入者等をはっきりさせた上」で、

「何処が、事実・現実通り」で

「何処が、勝手に書き加えられたり、脚色等されている内容なのか?」等が、

「はっきりするまで」は

「怪文書メモは、怪文書メモに過ぎ無い」』。

『「戦後の日本社会」では、

「例え、

大新聞社でも、

大テレビ局等でも、

大物教授等でも、

大物政治家等でも、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等である場合」が、

「かなり在る」』。

『「怪文書メモ」に

「過分な力を与えようとする情報工作」等に

「操られるとロクな事は無い」』。

『「情報工作による大衆誘導の実害」は

「多くの日本国民が、

かつての、

自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」等で

「重々、知っている筈」だ』。

『「その後、政権交代はあった」が、

「テレビ・マスコミ等には、選挙等による人脈交代等も無い」。

「かつて、~民主!!!等」で

「騒ぎ、大衆を操っでいた人脈等」が

「今、森友!~加計!!!」等で、

「騒いでいる」』。

『「そして、

其処には、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭い」が

「濃厚に漂い続けて来ている」』。

『「はっきりしている事」は、

「一学校法人問題等で、

国政を滞らせたり、

大マスコミ等が大騒ぎ等し、

大衆興味があらぬ方向に誘導等されたり、

していても、

ロクな事は何も無い」が、

「テロ等準備罪を成立させ、

活用し、

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員等やその協力者等を

徹底的に摘発する」なら、

「戦後日本国内」に

「広く、薄く、漂わせられ続けて来ている

毒」が

「かなり晴れる事」だ』。

『「朝日・TBS・文春・民進党等々、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭いが濃厚なモノたち」の

「最後の悪足掻き」が

「今、懸命に行われている」・・・』。

|

より以前の記事一覧