テレ朝朝番では、「北朝鮮を有利にする、核戦争脅し」や「安倍政権を不利にする実効を持つ官僚の反乱論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「相変わらず、見事(もちろん、皮肉)な、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり等を露呈していた」ので「本当に呆れた」。

「本日のテレ朝朝番」では、

「パキスタン指導者のインド核攻撃考察事例まで持ち出して、

核兵器を持っている国(北朝鮮も含む)は

悪戯に刺激しない事」等を

「実質的に、推奨等していた」』。

『「今の、未だ、十分な核・ミサイル等を保持出来ていない、

北朝鮮にとって、

現状のまま時間稼ぎが出来る、

武力行使による問題解決が行われず

北朝鮮側の要求を突きつけ続けるダケに出来てしまう対話方向に事が進む事」等は、

「正に、渡りに船」になる。

「核戦争脅しで、

日本国内の世論等をその方向に向かわせたがっていた様相」の

「テレ朝朝番等の、

北朝鮮劣悪国家指導者等の犬ぶり」は

「本当に醜悪」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題を解決する気がある」なら、

「今の内」に、

「米国は、遠慮無く、

北朝鮮の核・ミサイル設備等を攻撃するべき」だ。

「現状」なら、

「北朝鮮が反撃する可能性」は、

「本当に少ない」。

「何故なら、反撃して、全面戦争になれば、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わるから」だ。

「もちろん、そんな事態を北朝鮮劣悪国家指導者等が導き出す訳も無い」。

「贅沢三昧で育って来ている現世利益への執着心の強い権力者等」に

「考えられる事」は

「保身」だ。

「それは、日韓併合の歴史からも良く分る」。

「例え、国や国民の支配権等を手放しても、

その身の保身と贅沢三昧生活等が担保される」なら

「そちらを選択する」のが

「贅沢三昧権力者等の実体」だ。

「米軍が北朝鮮の核・ミサイル施設等への部分攻撃を行う」なら、

「北朝鮮問題は、一気に解決方向に動く事になる」』。

『「逆に、現状のままの北朝鮮を放置する」なら

「其れこそ、一年以内に、

北朝鮮は、

米国本土を核攻撃出来る大陸間弾道弾を多数、実戦配備してしまう事になる」。

「そうなると、北朝鮮劣悪国家指導者等は、

不当要求を次々と出し続ける事になり、

他の国々が、北朝鮮の不当要求を拒絶する、無効化する為には、

全面核戦争を覚悟する必要がある事になる」。

「現状のまま、北朝鮮を放置する事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に、

人間世界の支配権の一部を与えてしまう事に直結している」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

人間世界の支配権の一部を得る事の、

オコボレメリットを得られる立場に居るつもりかも知れない、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は、

「情報・教育工作や、

不適応分子粛清工作や、

有益分子育成工作や

北朝鮮への資金・技術提供工作等々」に

「忙しい様相」だ』。

『「日韓内等北朝鮮外に多数の工作員や協力者等の手下を抱えている状態の

現状の北朝鮮への経済制裁では、

北朝鮮の核・ミサイル開発が止まる訳も無い」』。

『「経済制裁の前に、

北朝鮮の手下の徹底摘発が必要」だが、

「工作員や協力者等の上辺」は、

「その国内の普通の人々」だから、

「手下の摘発は困難を極める事になる」。

「北朝鮮問題を本気で解決する気がある」なら

「対話や経済制裁では無理」だ。

「大きな反撃力を持つ前の武力行使による解決」が、

「実効のある手段」になる』。

『「官僚の反乱???」

「言うまでも無く、差別の無い戦後日本の公務員界には、

多数の、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の者たちも居る」。

「異常な戦後処理により、

メディア界や、

学校教育界にも、

多数の、所謂、左翼(同上)の者たちが居て、

実権の多くを押さえ続けて来ている」。

「所謂、左翼(同上)官僚と、

所謂、左翼(同上)メディアの

コラボによる、

{大衆マインドコントロール工作}」は

「本当に醜悪」だ』。

『「そんな事を行っている暇がある」なら

「日本国内の北朝鮮等の手下工作員・協力者等を徹底摘発する事等を

頑張るべき」だ』。

『「イメージは悪でも、

日本国・多くの日本国民の為になる事が実行されていれば

大きな問題は無い」。

「イメージが善でも、

北朝鮮劣悪国家指導者等による日本乗っ取り支配等が実現してしまう方向に事が進められている」なら、

「直ちに、そんな事は止めさせるべき」だ』。

『「事の実体を考える」なら、

「誰もが判る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

未だに、加計問題化等で民進党等を利す為の政治運動、公共の電波の不当使用は何時まで続けられてしまうのだろうか・・・。

『「一獣医学部新設等を大問題化し、その経緯や詳細等を良く知ったところで、多くの日本国民に、大きなメリットもデメリットも無い」。

「しかし、民進党等野党側の者たちにとって」は

「小問題を大問題化し、悪イメージを付ける事」等の

「工作的手段」で、

「安倍政権や保守系大臣や与党等に対する大衆支持を

無理やりにでも落とす事」は

「その反動メリットを得る事が出来る{錬金術}でもある」。

「正攻法の政治・政策論争等では、

より日本国、多くの日本国民の為になる

政治や政策を訴える事が出来ない

反日国の手先的様相さえ露呈している

反対野党人脈等の

公共の電波や公共的マスコミ等まで使った

姑息な情報工作等」は

「本当に醜悪」だ』。

『「問題なのは、姑息な情報工作等を姑息な情報工作等と実体通り理解・把握出来ず」に

「テレビ・マスコミ等ご用達ゲイノウ人等で操られるのと同様」に

「民進党等側に偏向している場合が圧倒的に多い

テレビ・マスコミ等の政治論等に操られてしまっている視聴者・読者等」だ。

「テレビ・マスコミ等ご用達ゲイノウ人で操れる人々」は

「テレビ・マスコミ等ご用達政治論でも操れる」。

「多くの視聴者・読者等が操られる」なら、

「その実体」は

「まるで、ナチス・ヒトラーの様な、

テレビ・マスコミ等による大衆誘導政治」だ。

「もちろん、そんな暴挙が容認され続けているまま・・・で良い訳は無い」』。

『「大衆誘導政治の元」は

「大衆愚民化」だ。

「多くの人々が愚民状態」で

「頼る者・物・事を求めている状態」なら

「大衆誘導政治も、非常に容易になる」。

「多くの人々を愚民状態に追いやる為の特効薬」は

「二極化格差社会化」だ。

「ホンの少しの大金持ち」と、

「多くの貧困状態の庶民」という

「人間社会状態」では、

「愚民化状態を脱し易いのは、

ホンの少しの大金持ちダケに成り易くなる」。

「日本を二極化格差社会化した」のは

「テレビ・マスコミ等大推奨の小泉政権時」でもある』。

『「元々、戦後の日本社会」では、

「学校教育やテレビ・マスコミ等の情報」が

「愚民化促進情報・教育状態」だ。

「与えられているモノの外を得る為」には、

「相応の余裕やゆとりや能力等が必要になる」。

「衰退化により実効支配されてしまっている多くの貧困状態庶民」には

「その必要能力が生まれ辛くなる」。

「逆に、

衰退化支配等を行っている者等に頼りがちになり、

オコボレ頂戴わんわん化し易くなる」。

「それは、北朝鮮等の実態からも明らか」だ』。

『「旧社会党とは、北朝鮮労働党等と友好関係を持っていた政党だった」。

「旧社会党の主たる流れは、民主党や民進党等にも続いている」』。

『「民進党等と所謂、左翼(内実、親朝鮮等)系のテレビ・マスコミ等」の

「実権者人脈」は

「ほぼ同じ」だから、

「所謂、左翼(同上)系のテレビ・マスコミ等」は

「民進党等推し」だ』。

『「もちろん、日本社会全体の中では、その人脈は少数派」だ。

「少数派が多数を支配する為」には、

「二極化格差社会構造」や

「政治実権を押さえる事」や

「大衆世論等を、少数派に有利なモノにする事」等が

「好都合」になる』。

『「多数側の政治家や政権等に悪イメージを付ける事等の

工作的手段により、

実効支配力を持とうとし続けて来ている」のが、

「日本の中の、所謂、左翼(同上)の少数派の実態」だ』。

『「戦後日本の大問題」は

「所謂、左翼(同上)の少数派人脈が、

テレビ・ラジオ・公共的大マスコミ等や

学校教育等を

実効支配し続けて来てしまっているところ」だ』。

『「学校教育でも、テレビ・マスコミ等情報」でも、

「内実、

利韓国派や、利北朝鮮派等が蔓延り、

利日本派が肩身の狭い状態に追いやられ続けて来ている」』。

『「実際の日本国の人口構成とは全く違う、

歪められている状態」が

「其処に在る」。

「歪められているのは、戦後日本の情報・教育」だ』。

『「日本国内に多数居る

北朝鮮系の工作員や協力者等や、

それらの者たちが連綿と行い続けて来ている

非人道的な工作活動等の重大問題」さえも、

「ロクに告発して来ていない」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「其処に露呈している」のは

「朝鮮系の人脈による実効支配」だ』。

『「朝鮮系の人脈に実効支配されているテレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等に

操られて来ている」のが

「多くの平和ボケ日本人の実態」だ。

「もちろん、平和ボケなら、平和ボケから、直ちに、自分を解放するべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化は、急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、お亡くなりになった日野原氏まで、政治利用等していたので、本当に呆れた・・・。

『「明治生まれで、戦前から医師となれ、戦時体験を持つ、クリスチャンの故日野原氏」による「丸ごと一人レベルの、反戦・平和主義や、命を大切に!主義」は、

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)にとっての、

{有益情報ツール}の一つになる」。

何しろ、

「故日野原氏」は、

「クリスチャンらしい、

自己犠牲を厭わない

ゆるしによる平和論」や

「丸ごと一人レベルの、命を大切に!論」や

「他の人の為に!論」や

「戦後の日本国憲法を保持する事による平和論」等を、

「語られていたのだから!」』

『「現実的に考える」なら、

「ゆるしによる平和論」や

「戦後の日本国憲法保持による平和論」等の

「虚しさ」は「直に判る」』。

『「例えば、

武力や工作活動圧力等の元で、

北朝鮮劣悪国家指導者等の支配下に置かれる事」を

「ゆるす事」が

「平和に繋がり、

命を大切にする事になるのか???」

「言うまでも無く、

北朝鮮劣悪国家指導者等が

日本国憲法を順守する訳も無い」。

「武力や工作活動圧力による支配もゆるし、

戦後の日本国憲法保持に拘る」なら

「ゆるしや、

戦後の日本国憲法保持等につけ込む、

極悪独裁者等のやりたい放題に成り易くなる」。

「実際に、極悪独裁者等による支配が実現してしまうなら、

極悪独裁者側にとって不都合な者に対する、粛清や公開処刑等も行われる事になる」。

「その何処にも、平和もなければ、命が大切にされている状況も無い」』。

『「実を伴わない平和論」の「実効」は

「一時的な現実逃避の受け皿の提供に過ぎ無い」。

「理想に酔えている間ダケ、

平和気分や

平和を訴えている正義の使者気分」等を

「味わえるダケ」だ。

「そして、そんな状態の日本国民の数が多くなれば多くなる程、

日本国・日本国民支配等を目指している

極悪独裁者等やその手下の日本国内の工作員や協力者等が

喜ぶダケ」だ』。

『「平和とは、

ゆるしの先や、

理想に思える憲法等の先」等に

「在るのでは無い」。

「全ての人々が持てる平和になる精神構造の先に在る」』。

『「全ての人々が、平和になる精神構造を持てるまで」は、

「現状対策が必要になる」。

「武力圧力や工作活動圧力に対抗し、

とりあえずの平和状態を保つ事」等は、

「行わざるを得ない事」だ。

「同時に、急ぐべき」は

「情報・教育の健常進歩・健常進化」だ』。

『「平和実現の唯一無二の方法」は、

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配」から

「自己健常支配の継続」へと、

「全ての人々の精神構造を健常成長させる事」だ。

「充足があり得ない、

代償欲求(他の者・物・事の支配/他の者・物・事による被支配)の

過剰追及状態」から

「充足がある、

本来欲求(自己健常支配)の

健常追及(継続)状態」に

「狭義の自分の精神構造を

健常成長させる事が出来ている人々の集団にのみ、

現実の平和が存在出来る」』。

『「成人病を生活病と表現し治したところ」に

「故日野原氏の現実把握レベルが表れている」。

「もちろん、それは、当時の多くの人々の現実把握レベルより遥かに高いモノ」だった。

「生活病」は、

「生活習慣病」と

「更に、実体に近い表現とされ、

多くの人々が知る言葉となっている」』。

『「医師として、故日野原氏が、更に、実体に近い表現等を考えたり、

実体をより鮮明に説明しようとしたり、

・・・していた」なら、

「生活習慣を生み出している」のは

「個々の人々の判断であり、感覚であり、

判断や感覚に基づく、

その個体が選択し易い行動」なのだから、

「判断や行動指令等を出している脳の問題である事も

直に分った筈」だ』。

『「生活習慣病の実体」は

「脳の精神構造の問題に他ならない」。

「生活習慣病は、

精神構造不健常化病、もしくは、精神構造老化病とでも、表現した方」が、

「より実体に近い事になる」』。

『「故日野原氏の精神構造で{残念なところ}」は

「宗教」と

「丸ごと一人の死生観・人生観」等だ。

「何故なら、その分だけ、現実離れが生じ易くなってしまっているから」だ』。

『「例えば、

常に新たな事に興味を持てば老いない」等の旨を

「述べられていた」が、

「もちろん、それは、現実では無い」。

「常に新たな事に興味を持ち続けていても、

Aという代償欲求追及の世界の他に、

Bという代償欲求追及の世界を新たに自分に組み入れていたダケ」では、

「自らの精神構造が健常成長する事は無い」。

「そればかりか、代償欲求の過剰追及の分だけ崩壊し易くなるダケ」だ。

「つまり、

新たな事に興味を持ちつ受ける事ダケ」では、

「脳の不健常化や老化は防げない、

ばかりか、

むしろ、進み易くなってしまう事も稀では無い」のが

「現実」だ』。

『「脳の不健常化や老化を防ぐには、

精神構造を健常成長させ続ける事が必要」だ。

「誰もが、自らの精神構造を健常成長させる」なら

「世界平和の実現も夢では無くなる」』。

『「丸ごと一人の死生観や人生観を持つ」と

「自分と他人の間に過分で深過ぎる境界線が生まれる」。

「狭義の自分ダケを大金持ちや大権持ちにする事による

似非問題解決等の

発想が生まれ易くなる」。

「そんな似非問題解決発想を元に、多くの人々が行動する」なら

「人間世界から平和がどんどん遠ざかる」のは

「当然の現象」だ。

「もちろん、そんな状態の個々の人々」には

「実体や事実・現実と共に在る状態に自分を置く事で初めて得られる

落ち着きや

本当の自信等」が

「生まれる訳も無い」。

「本当の自信を持てていない人々」は、

「往々にして、

金や権力や立場や名誉や、

あの世や先祖・子孫等」に

「現実逃避したがる状態に陥る」。

「自己健常支配の代わりの他者支配等を行い易くする為に

過分な権力やお金や立場や名誉等々を追い求めたり、

丸ごと一人レベルで先祖や祖先や民族等々と自分を同一視しようとしたり、

丸ごと一人のあの世や永遠の命等を求めたり、

・・・等々する状態に陥る」。

「その様な本質的に自虐的な行動を生み出している精神構造」は、

「明らかに不健常」だ』。

『「上記は、

丸ごと一人レベルでは無く、

細胞レベルで考える」なら

「当たり前の話し」だ。

「細胞レベルの命の繋がりを考えるなら、

自分の実体は地球上の全ての生物であり、

地球上の全ての生物が広義の自分になる」。

「問題解決の為に狭義の自分ダケを過剰優遇等させる事等の

実体離れ、現実離れしている発想や行動等は抑制され易くなり、

広義の自分も狭義の自分も救う問題解決法を

自然と考え易くなる」。

「もちろん、それは、現実問題であり、

宗教も無縁」だ。

「宗教は、信じる前に、宗教とは?が問われてこそ、

その実体把握も容易になる」』。

『「公共の電波を不当使用した、

実質的、政治運動等に邁進し続けて来ている

精神構造の健常成長が極めて希薄な者たちの論や姿等」が

「多くの視聴者等の頭の中に、

知らず知らずの内に、

一方的に、焼き付けられ続けている事」の

「実害」は

「本当に、甚大」だ』。

『「要でも無い、

ばかりか、

愚民化・無害化・極悪独裁者等にとっての有益分子化

情報・教育」の

「実害」は

「本当に、甚大」だ』。

『「精神構造を健常成長させる為」には、

「実体や事実・現実把握」と

「本質探究」等が、

「必要」だ』。

『「その意味からも、

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信」と

「本質探究の為の知識」等の

「情報・教育」が

「極めて、重要」だ』。

『「未だに、

言葉狩りや、態度狩りや、小問題を大問題化させる事等々による、

実質的には、反対野党側等を有利にする為の

政治運動」や

「特定極一部の者たちに、過剰なスポットライトを当て続ける事により、

視聴者・読者等の、特定の人への依存心等を増大させ続けたり、

・・・する、

実質的、極悪事」を

「行い続けている者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「医師になれるくらい、恵まれた環境で、生まれ育った故日野原氏」が、

「その恵まれた環境や立場等を、

相応に、活かし、

相当に、ご活躍された事等」は

「想像に難く無い」。

「それは、恵まれた環境・立場等の活かし方が下手で、

国家・多くの国民に大いなる不利益をもたらしてしまった、

何処かの、鳩ボン等とは、

全く違う事」だ。

「しかし、もう、さすがに、世代交代の時・・・」だ。

「宗教も、丸ごと一人の死生観・人生観も、

実体や事実・現実や原寸大を離れ過ぎている政治運動等も、

世界平和を遠ざける」』。

『「世代交代」は、

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や学校教育等」で

「特に、必要」だ。

「何故なら、影響力が非常に大きいのだから!」

「現状の自虐的な人間世界の元」は

「自虐的な情報・教育に他ならない」』。

『「もちろん、世代交代する時には、

より、現実との整合性が高く、

より、地球生命体細胞群の存続~永続との整合性が高い方に、

世代交代しなければ意味が無い」。

「時代を逆行する愚業を行うなら、人類滅亡の時が急速に近づいて来る事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「科学の進歩は指数曲線的で、このまま行けば、もう直ぐ、ガンも根治で、老化も防げ、永遠の命も・・・等々」と常連出演者等が上機嫌だったらしいが・・・。

『「人類の精神文化側の進歩・進化に貢献すべき立場にある者等」が「科学の急激な進歩による人類の物質文明側の急激な進歩を喜んでいるダケ」とは、

「本当に、情けない」。

「所謂、文系の仕事をしている健常な者等」なら、

「科学の急激な進歩に対応出来る精神文化側の急速な進歩が無い人類の危険性」等を

「訴えていて当然」だ』。

『「そもそも、AIにしても、大元の制御ロジックこそが肝要」で

「大元の制御ロジック」の「内実」とは

「AI製作者等の精神構造に他ならない」』。

『「現状の多くの人類が抱きしめている、

比べっこによる支配権/被支配権争いという、

乳幼レベル、もしくは、獣レベルの精神構造」を

「大元の制御ロジック」として、

「AIをつくる」なら、

「例えば、

チェスや将棋や囲碁や、

比べっこ主義上の仕事の戦略や、

戦争時の戦略」等々の、

「比べっこにより勝ち負けを争う事等」が、

「得意になるのは、当然」だ。

「人類より上に立つAIをつくり、

その手の性能を指数曲線的に向上させる事」等も、

「十二分に可能」だろう。

「しかし、

もちろん、

そんなAをつくり出し続け、

そんなAIIが導く道の上等を進んでも、

人類に明るい未来は在り得ない」』。

『「肝要な事」は

「科学が指数曲線的に急速に進み出す前」に

「大元の制御ロジックの元になる

人類、もしくは、AI製作者等の

精神構造を

ちゃんと健常進歩・正常進化させておく事」だ。

「それと共」に、

「AI使用者や、

AIに判断や道等を委ねる全ての人々の精神構造の健常進歩・正常進化」も

「必要」だ』。

『「もちろん、それは、AIだけの問題では無い」。

「全ての科学技術の急激な進歩に対して必要な事」だ』。

『「核エネルギーを使用可能にして、

原爆をつくり出し、使用した精神構造そのまま」に、

「例えば、ナノテクによる細胞ロボット等を使う」なら、

「ある人脈にとって不都合な人々」を

「選択的に、殺傷する事が出来るナノテクロボット」を

「製造~使用する事態」等が、

「現実のものになってしまう」』。

『「精神構造の健常成長無き、科学・物質文明の急激な進歩・進化」は

「人類滅亡の特急券に他ならない」』。

『「現状のAIの制御ロジック」は

「大量記憶」と

「比べっこ」だ。

「それは、AI設計者・製作者等も含む、現状の多くの人々の精神構造でもある」』。

『「大量記憶」と「比べっこ」を

「急激に進化させたところ」で

「得られる結果」は

「知れている」』。

『「例えば、

比べっこ上の優劣に基づいて、

現実社会等を動かそうとする」なら、

「悪意が入り込んだ途端に、オシマイ!が急激に迫って来る事になる」』。

『「比べっこでは悪意の完全排除等が出来ない」。

「比べっこで、何が悪か?」は

「相対的、統計的、もしくは、誰かの意思の下の定義等として・・・」でしか、

「決められないから」だ』。

『「相対的悪では、多くが悪なら、悪とみなされなくなる」。

「泥棒集団の中では、泥棒は、悪では無く、お仲間になる」。

「統計でも、同様」だ。

「犯罪多発状態下では、犯罪多発が普通になる」。

「誰かの意思の下で、

誰かにとって不都合な者・物・事等は悪」と

「決められる事の恐ろしさは、誰もが分る事」だろう。

「悪を決める特権争いの元が其処に生まれ易くなる」。

「誰かの意思で、悪が定義される余地が残っている限り、

AIでも、他の科学技術製品」等でも、

「非常に危ないモノになる」』。

『「危ないモノや危ないモノの使用」等を

「常々後追いで、時代遅れとなっている、現状までの法律や社会制度等で押さえ込もうとしても、

必要十分に押さえ込む事は不可能」だ』。

『「どうすれば良いのか?」

「元の制御ロジックを、健常進歩・正常進化させる事が必要」だ。

「その為にも、全ての人類の精神構造を健常成長・正常進化させる為の

情報・教育等」が、

「非常に重要になる」』。

『「本来なら、

{その}仕事を行い、

人類の精神構造の健常進歩・正常進化の役に立つ情報配信を行っているべき

テレビ番組等」が、

「実質的、政治運動等を行っていたり、

科学技術や物質文明製品等の急激な進歩等を、

悪戯に喜んでいたり・・・等々している」のだから、

「本当に、呆れる」』。

『「立場がありながら、必要な仕事が出来ていない者たち」に

「過分な報酬・立場・権力等々を与え続ける必要は全く無い」』。

『「AIの制御ロジック」として、

「適切」なのは、

「得意な大量記憶や超急速処理等を生かしながら」、

「本質探究&適材適所」だ。

「数学的・機械的には、

最適値からのズレや、

構築度等を利用する事により、

適切なロジック設計が、可能になる」』。

『「科学レベルで判明している人類の実体やその実体の本来の目的」から

「最適を算定し、ズレを判定する」なら

「善悪等の数理的定義等も可能になる」。

「経済・社会システム等も、

最適計算により、

生み出す事が可能になる」。

「最適なところで、

最適な人々と、

不要なストレス少なく暮らせる人々の自虐性は激減する事になる」から、

「その様な人間世界状態が構築出来てこそ、

科学技術の急激な進歩・進化も、

安全に実現出来る事になる」。

「当たり前の基本」だ』。

『「当たり前の基本さえ???の連中」は

「自らの本質も???で、

本当の自信も持てていないからか、

悪戯に、狭義の自分ダケの永遠の命等を求めがちになる」。

「言うまでも無く、其れは、代償欲求の世界に他ならない」。

「元々、生物の誕生・死とは、細胞レベルの実現象」だから、

「生きている誰もが、今、この瞬間にも、誕生も、死も、体験し続けている」。

「細胞ごとの命の連続性を辿るなら、

永遠の命は、地球上の全ての細胞群として実現すれば良い事に他ならない事等も、

直に、判る」』。

『「この今時の人類としての基本中の基本さえ???で、

狭義の自分ダケに拘っている、

実質的、愚か者や、未熟者たち」が

「現実の永遠の命を危うくする行動等をとりがちになり、

実際に、とってしまって来ている者たちも多い事」は

「人間世界を現実通りに見るなら、誰もが直に分る」』。

『「余りにも、酷い、現状経済・社会システム上での、

大金持ちや大権持ち等を目指したり、憧れたりする」のは、

「悪魔に魂を売り渡した亡者等に他ならない」』。

『「自らの実体の本来の目的である存続~永続への貢献に生きる為、

適材適所や本質を探究したり、

生体維持に貢献したり、

・・・等々している」のが

「健常な人々」だ』。

『「命を大切に!」の「前」には、

「命の実態・実体把握が必要不可欠」だ。

「他人の為に生きる」の「前」には、

「他人や自分の実態・実体把握が必要不可欠」だ。

「ちゃんと実態・実体把握から始める」なら、

「地球生命体細胞群の存続~永続の為に・・・」とか、

「広義の自分(地球生命体細胞群)をより良い状態にする為に、

狭義の自分を

どうコントロールするのか?」等々、

「言葉上の美辞麗句では無い、

現実問題への対処等」が

「誰の頭の中にでも生まれて来る筈」だ』。

『「丸ごと一人の感覚」は

「丸ごと一人の死生観や人生観の為に在るのでは無い」。

「丸ごと一人レベルで他人と自分を分ける為にあるのでも無い」。

「いくら思いの上で、他人と自分を分けても、

現実の細胞レベルの命の連続性は、地球上の全ての生物に繋がっている」。

「現実の誕生・死は、細胞レベルの実現象」だ。

「丸ごと一人の感覚」は

「狭義の自分を健常にコントロールする為に在る」』。

『「公共の電波の実質的、不当使用の悪質度」は、

「どれ程のモノになるのだろうか」・・・。

「正確に出す為には、相応に進化・進歩しているAI等が必要になる」が、

「多くの視聴者にも、判別出来る大雑把な判別方等はある」。

「日本のテレビ局なら、

その番組の影響により、

どれだけ、

日本社会の状態が実際に良くなっているのか?」等だ』。

『「視聴者に、

憧れるべき好イメージの者・物・事や

敵視すべき悪イメージの者・物・事を擦り込み、

他の者・物・事に自分を投影・転嫁させて現実逃避させたり、

他の者・物・事に八つ当たり等させ憂さ晴らし等をさせたり、

しながら、

配信実権者等に都合の良い者・物・事等に

権力等を持たせようとしている事等」の、

「実効は?」

「言うまでも無く、

憧れる相手等や、

憂さ晴らしの相手等は、

テレビ等ご推奨の先で無ければならない訳も無い」。

「現実逃避や、八つ当たりの憂さ晴ら等しをしたところで、

実生活等が良くなる訳も無い」。

「残る実効」は

「テレビ等のご都合者・物・事がより強い実権等を持ち易くなる事」になる。

「実に、酷い事」だ』。

『「はっきり言えば、

科学技術の急激な進歩!等で、

悪戯に喜んでいるダケ」の

「所謂、文系側の仕事をしているつもりの者等」は、

「要らない」。

「今時の、

テレビ・マスコミ等(・・・主として、所謂、文系側で、情報の一方的大量配信の仕事をしている)の者等」なら、

「人類の精神文化の異常な遅れ」等の

「大問題を告発等」し、

「視聴者個人個人が、

精神構造を健常成長させる為に有益な情報配信が出来ていて然るべき」だ』。

『「然るべき仕事が出来ないところばかり・・・」なのは、

「異常な戦後処理を引き摺り続けているが故の人脈利権等の問題がある」。

「それは、イメージ誘導先や、政治論調等からも、明らか」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

未だに、加計や松井ナントヤラで視聴者の思いや感情等を操りたがっている極悪テレビ・マスコミ等問題・・・。

『「操る悪が悪いのか?操られるおバカが悪いのか?」は「立場や身勝手な思い等によって、人それぞれだろう」が、

「本当は、どちらも悪い」が、

「実態・実体」だ』。

『「国政上の一小問題の大問題化」も

「ゲイノウ人の私生活問題での大衆興味寄せ」も

「その実体」は

「情報配信者の悪思惑に基づく、実質的、工作活動」だ。

「その悪の実態」は、

「視聴者・読者等の考え・思いや感情等」を

「情報配信者の意図や都合の下」で、

「常に操り続ける為」の

「実質的、調教行為等」に他ならない』。

『「情報配信者側が選別・選択した情報」を

「一方的大量配信をし続ける事による、

大衆愚民化・無害化・虚勢化・去勢化工作等」が

「其処に露呈している」』。

『「それは、

健常な人間社会なら、明らかなる不当行為・違法行為等として、

厳しく禁止され、

背くなら、厳罰が与えられて然るべき事」だ。

「ナチス・ヒトラーと同様の実質的、大衆誘導行為が、まかり通り続けて来ている

戦後日本の

テレビ・ラジオ・マスコミ界」は、

「本当に、異常」だ』。

『「少し考えるなら、誰もが判る事」だ。

「小問題を大問題化して、大悪イメージを付け、

その大悪イメージにより、国政が右往左往させられてしまう事」の

「危険性や、愚かさや、異常性等が!」

「多くの人々が、特定のゲイノウ人の私生活等に強い興味を持たされる事」で、

「都合が良くなる」のは、

「視聴率や販売部数やアクセス数等を

実質的、騒動売り等の手段で

安易に上げる事が出来ている情報配信者等や、

負の話題の裏で、知名度を維持~向上させているゲイノウ人等の方」で、

「騒動情報により、頭の中や心の中を、遊ばれている人々の

実生活等には、ロクなメリットも無い、ばかりか、

無駄に、時間や頭や心を使わせられているダケである場合が多い事も!」』

『「そんな事を

毎日、

繰り返し繰り返し、

行わされ続けている事」の「実体」は、

「視聴{調教}」や、

「購読{調教}」や

「アクセス{調教}」等

「でしか無い事を!」

「何といっても、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報配信内容実体」は、

「汝、

自分の頭で考えるな!

自分の心で感じるな!

テレビ・ラジオ・マスコミ等の論を覚え、

テレビ・ラジオ・マスコミ等のイメージに従え!」状態なのだから!』

『「健常な公共的情報配信機関」なら、

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信が当たり前」だ。

「その上」で、

「視聴者・読者等の

感受性・思考力・判断力等の

向上に役立つ情報」も

「配信し続けるのが当たり前」だ』。

『「人間の精神構造を健常成長させる為」には、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実の理解・把握が必要不可欠」だ。

「丸ごと一人の死生観や人生観のまま・・・」なら

「丸ごと一人レベルの象徴的者・物・事等により、

操る事や支配・被支配関係を強いる事等が

簡単に出来てしまう」。

「その先に出現している」のが

「現状までの人間世界の

超自虐的な、人権力・武権力・金権力社会であり、

経済や権力等を優先するが故の地球温暖化・環境破壊・環境変動等であり、

丸ごと一人レベルの殺傷事件やテロ・戦争等々」だ』。

『「人間世界のベースである

個人個人の精神構造」が

「余りにも、未熟であるが故の

超自虐事態」が

「其処に露呈している」』。

『「それなのに、未だに、丸ごと一人レベルの未熟な情報で、

大衆を操り続ける事による

悪のメリットを

得続ける事等により、

過分な立場・報酬・権力等を維持し続けようと邁進している」のが

「劣悪なテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態・実体」だ。

「実に醜悪な実態・実体が其処に露呈している」』。

『「いい加減に、人類の誕生・死も、細胞レベルの現象である事が、

科学レベルで既に判明しているのだから、

その辺りから、始める事で、

丸ごと一人の死生観・人生観からの卒業を促す

情報配信でもしたらどうか!」

「宗教等は、

歴史文化遺産扱い等が適切で、

十二分」だ。

「本来のマスコミ等」なら、

「未だに、

宗教を保護し、厚遇し続けている事や、

特定極一部のゲイノウ人やスポーツ選手やミュージシャン等を偏重している事」等々の

「実害」くらい、

「実体や事実・現実通りに告発し、大衆周知する」のが

「当然」だ。

「日本の本来のマスコミ等」なら、

「日本国内の反日国人脈による工作活動や

それに協力している

悪魔に魂を売り渡している似非日本国民等を

告発しない事等」は

「本当に異常」だ。

「拉致工作を行ったり、

協力したりした者たちの

その後や今でも、

徹底取材し、

実態・実体を露呈させる事くらい、

出来ない方がオカシイ!」

「出来ないのでは無く、やらないのなら、

反日国工作員等のお仲間や協力者等という事になる」。

「そんな状態の者たち」が

「日本の公共の電波を使い続けられていたり、

日本の公共的マスコミで論や意見等を一方的に大量配信し続けられていたり、

・・・している現状」は

「本当に、異常」だ』。

『「ゲイノウ人の私生活や、

イメージ等」に、

「操られてしまっている人々の割り合いや数等」は

「現状のテレビ・マスコミ等による偏重・偏向質問上での世論調査等でも、

ある程度判る」。

「それなりに、多くの人々が、未だ、テレビ・マスコミ等の操り人形状態である実態の裏に在る」のが

「上記の、酷い、愚民化・無害化・虚勢化・去勢化{調教}」という訳だ』。

『「もちろん、そんな暴挙を放置したままで良い訳は無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

(『「当記事を記していたところ、

拉致工作員・協力者のその後等について、記していた辺りで、

上方向等々からの工作電磁波が急に強化された」。

「記している所をオンタイムで覗いている様相」も

「露呈している」。

「警察も、集団的工作活動を、そろそろ、徹底的に、一斉摘発するべき」だ』。)

|

もはや、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の活動家的様相の前川前文科事務次官を正義のヒーローの如く扱いたがっている様相の韓(北朝も含む)流テレビ等問題・・・。

『「よくよく考えてみる」なら「誰もが分る事」だ。「タカが、一獣医学部新設等」を「大問題化させようとして、大騒ぎ出来ている、現状の日本が、どれ程、平和ボケな状態か!!」

「この平和ボケ逃避状態をつくり出す事」等に、

「大いなる力を発揮している」のは、

「戦後日本の学校教育と、テレビ・マスコミ等の情報に他ならない」』。

『「安倍政権批判・非難等も、大いに結構」だが、

「その批判・非難等の元」が、

「言葉狩りや、

態度狩り」や、

「一獣医学部新設問題化や、

一学校法人設立問題や、

一国有地払い下げ問題等々の

実質的、小事」では、

「大事問題を隠蔽せしめる為の小事大騒ぎの域を出ない」』。

『「例えば、

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

非人道的工作活動に対する対策が甘い!」等の

「日本国内の重大事に対する問題点の批判・非難等」なら、

「安倍政権に対する批判・非難等が大きな力を持つべき実体がある事になる」が、

「現状の、反対野党や反対人脈のテレビ・マスコミ等による、

実質的、反対野党側等を利す為の政治運動等の為の批判・非難等」では、

「ある意味、本当に、時間の無駄」だ』。

『「実に、バカらしい、

小事の大問題化政治運動」で

「国会まで開いている」とは、

「本当に、平和ボケも、いい加減にしろ!」の

「世界」だ』。

『「官僚を辞めて、フリーとなり、制約が無くなった前川前文科省事務次官」は、

「文科省時代に、自分の意志に反する事が、通されてしまった事に対する恨み満載の様相」だが、

「それは、

元々が、学力面等で、自分が一番常連」で、

「周りの人々」に、

「あの人は優等生!」

「あの人は、特別(エリート)!」等々と、

「持ち上げ続けて来ている、

所謂、エリートにはありがちな事」だ。

「所謂、エリートが、圧倒的に、苦手な事」は

「自己否定」であり、

「自己否定に繋がる者・物・事等に対しては、

徹底的に、否定・排除等しようとする」のが、

「所謂、エリートの負の性」だ』。

『「文科省トップであった、所謂、エリート前川氏」は、

「文科行政が、前川氏の思う通りに運ぶ事こそが、正解等」と、

「強く信じ込んでいた筈」で、

「其処に、政治主導の波が来れば、

自分より、おバカな政治家等の政策等が、

エリートの自分が考え、実行させようとしている政策より良い訳が無い」等と、

「思い込んでいて、何の不思議も無い」』。

『「しかし、実権面」では、

「政治家>官僚」なので、

「政治主導以降、前川事務次官に溜まっていたであろう、

政治主導に対する、恨み等」は、

「本当に、甚大なモノとなっていた筈」だ』。

『「本質的には、日本国・日本国民の為の考えを優先するのが、

自己が否定される事を極端に嫌う優等生等の特徴」だが、

「現状の前川氏の状態」は

「日本国・日本国民の為」よりも、

「事務次官時代の鬱憤晴らし等」が

「優先されている様相」で

「その実態・実体」は

「まるで、所謂、左翼(同上)の活動家」だ』。

『「そんな前川氏を大歓迎して、

まるで、ヒーローの如く扱いたがっている」のが、

「所謂、左翼(同上)の政党や、テレビ・マスコミ等」という訳』だ。

『「実に、くらだらない、ドタバタ劇が其処に在る」。

「こんなモノに、

公共の電波や、

公共的マスコミの

貴重な時間や紙面等を割いている暇がある日本」とは、

「本当に、深刻な平和ボケ」だ』。

『「北朝鮮問題を本気で解決する気がある」なら

「日本国内の北朝鮮系の工作活動等を徹底摘発する事等」が、

「王道」になる。

「何しろ、北朝鮮の実体」は、

「極悪非道工作活動カルト宗教国家だから」だ。

「日本国内の工作活動が、摘発される事」は

「そのまま、北朝鮮劣悪国家指導者等の弱体化に直結する」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が弱体化する」なら、

「相対的に、その他の北朝鮮国民の力が増す事になる」から、

「民主化や解放政策等が実現し易くなる」。

「逆に、日本国内の北朝鮮の工作活動を摘発しない事」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の力を温存させ、

北朝鮮問題をより深刻にする事に直結している」』。

『「この重大問題に対する対策が甘過ぎるから・・・」等と、

「安倍政権を批判・非難等する」なら、

「それは、非常に合理的」だ。

「しかし、反対野党や反対テレビ・マスコミ等の論理に乗せられて、

言葉狩りや、態度狩りや、

実質的小事の大問題化等々」で

「安倍政権を批判・非難等{させられている}」なら

「本当に、深刻なおバカ」だ』。

『「自分の意思や行動等」を

「反対テレビ・マスコミ等や反対野党等に操らせる事等」は、

「相応に、愚かで、自虐的な事になる」』。

『「日本国民なら日本国民として、

テレビ・マスコミ等や学校教育等に操られず、

身の周りの実体や事実・現実・実感等を大切にしながら、

自分の意思や考え等」を

「保持し続ける事」等が、

「自虐を避ける王道にもなる」』。

『「反対野党や反対テレビ・マスコミ等の論理で多くの日本国民が操られる」なら

「利を得るのも、反対野党や、反対テレビ・マスコミ等になる」』。

『「当たり前の事」だ』。

『「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信」という

「誤解や不当誘導等を避ける大原則さえ、

ロクに守っていない、

悪劣なテレビ・マスコミ等」を

「リーダーの如く信望する」のは、

「詐欺師やカルト宗教等に騙され、操られてしまう人々と同じ状態の人々」だ』。

『「偏向・偏重テレビ・マスコミ等情報や学校教育等の嘘やインチキ等」に

「常に傾注し、それらに、決して操られず、

実体や事実・現実の原寸大を忘れずに、

偏向・偏重を正す事等が出来ていてこそ、

正常な成人状態」になる』。

『「正常な成人を育成していない、劣悪な文系情報・教育の是正」は

「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、元々、劣化どころか、反日国の手先情報工作員等的常連出演者等が、似非、政治劣化論等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「都議選での都民ファースト圧勝」や「北朝鮮のICBM発射実験成功??」等を「受けて」、「日本の中の、朝鮮系人脈が牛耳っているテレビ等の常連出演者等」は、

「上機嫌の様相」だ』。

『「元々、都議選での都民ファースト圧勝」も

「お仲間、テレビ・マスコミ等による、大衆誘導の結果」に他ならない』。

『「例えば、

安倍総理が、秋葉原で応援演説をした時」には、

「反安倍政権側の活動家連中」が、

「横断幕まで頭上に広げて、

安倍辞めろ!コールを叫んでいた」ので、

「活動家集団により応援演説妨害をされた安倍総理」が

「あんな人たちに負ける訳はいかない!」等の

「言葉も含む、

妨害を止めさせる為の反論をした」。

「上記の事実の内」から、

「あんな人たちに負ける訳にはいかない!」ダケを

「言葉狩り」し、

「偏重大宣伝をして来ている」のが、

「活動家集団のお仲間、テレビ・マスコミ等」だ』。

『「その工作目的」は、

「自民党に悪イメージを付ける事」に

「他ならない」』。

『「選挙時に、

有権者は、

悪イメージを公然化させられている政党を排除し易くなる」。

「テレビ・マスコミ等による悪イメージの公然化で、

自民党を有権者の選択から排除させる

政治工作」は、

「二段構えの工作の一段目」だ』。

『「二段目は、受け皿急造工作」に他ならない』。

『「もはや、民主党政権の流れの民進党では受け皿には成り得ない」。

「其処で、一部テレビ・マスコミ連中が急造した受け皿」が

「小池新党」だ』。

『「テレビ上がりで、

朝日新聞上がりの細川氏の下で政治家に転身した小池氏」は

「その後、多数の政党を渡り歩き、小沢氏や小泉氏の下でも、政治を学び、

先の都知事選で当選し都知事となり、

小池氏の下の政党、都民ファーストを立ち上げ、

自民党に離党届を提出している」』。

『「小池氏のお仲間、テレビ・マスコミ等」は

「都民ファースト」を

「小泉等と同様に、好イメージで大宣伝して来ている」』。

『「実際の都民ファースト」は

「その構成員のほとんどが、政治未経験者である{上}に、

民進党からの転身者が十人レベルで居る」。

「つまり、政党内の実権」は、

「小池氏や、民進党からの転身者が握り易い状態に在る」』。

『「実際の小泉元総理」は、

「日本を二極化格差社会化する事等に大いに力を発揮」した。

「その害」から、

「お仲間テレビ・マスコミ等による好イメージ扱いとは全く違い、

嫌っていたり、怒ったり、等々している、

日本国民の数もかなり多い」』。

『「テレビ・マスコミが視聴者・読者等に植え付けようとし続けているイメージ=現実では断じて無い事」は、

「絶対に、忘れるべきでは無い」』。

『「小池新党の内実問題に戻ろう」。

「旧社会党が拉致問題対応等で、

多くの日本国民からの支持を失い、

旧社会党大衆有名人たちは、社民党を立ち上げた」が、

「その時には、多くの旧社会党大衆無名人たちが、民主党に上辺の看板を変えた」』。

『「民主党政権が、

日本を細らせた反面で、

中国や韓国(北朝鮮も含む)や

日本の中の中国系・韓国系の者や企業・組織等を大いに太らせた事等により、

多くの日本国民からの支持を失った後、

民主党大衆有名人たちは民進党を立ち上げた」が、

「多くの民主党大衆無名人たちは、

民進党では選挙時に再当選等も出来ない」ので、

「別の看板を欲しがっている」』。

『「そんなところに、

一部テレビ・マスコミ新党とでも言った方が適切な、

都民ファーストがつくられ、

流れ込める者たちが、

流れ込んでいる」』。

『「東京都の流れを

国政にまで広げる事が出来れば、

国政で、

{第二の民主党}~政権奪取」等も、

「可能になるかも知れない」と

「企み、その為の政治工作等を大いに行い続けて来ている」のが、

「そのスジのテレビ・マスコミ等の実態」だ』。

『「そんな実態・実体は、既に、露呈している」が、

「小池氏等のお仲間テレビ・マスコミ等」は

「実態・実体等を情報配信せず、

都民ファーストの好イメージだけを

一方的に大量配信し続けて来ている」』。

『「劣化したテレビ・マスコミ、どころか、

政治工作機関的様相を露呈している悪テレビ・マスコミ等」が

「其処に在る」』。

『「政治劣化論を言う前」に

「テレビ・マスコミ等に操られてしまっている状態の民の問題」が

「言われなければ、お話しにならない」』。

『「民主主義社会」で、

「劣化した政治家や政権を選択している」のは、

「有権者」だ』。

『「有権者の劣化の元凶は?」等を

「探究する」なら、

「戦後日本の情報・教育の大問題」が

「露呈する」』。

『「政治無関心化による無害化学校教育」や

「学校教育やテレビ・マスコミ情報に依存する状態を育成する

有益分子化教育」の

「大問題」は

「本当に、深刻」だ』。

『「その上に、現状までの様な、

偏向・偏重テレビ・マスコミ情報等による擦り込み等が載せられている」から、

「多くの有権者が、実質的に、テレビ・マスコミ等による操り人形状態」だ』。

『「政治劣化の元凶」は、

「戦後日本の学校教育」と

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報に在る」』。

『「ここで、忘れてはいけない事」は、

「学校教育もテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報」も

「どちらも、同じ人脈の者がその実権の多くを押さえている事」だ』。

『「内実として、旧社会党~民主党~小池新党等の人脈の流れ」が

「戦後日本の多くの学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ情報等」を

「実効支配し続けて来ている」』。

『「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信」という

「公共的要素が濃い、テレビ・ラジオ・マスコミ等に在るべき大前提」が、

「全く守られていない、

ばかりか、

主として、旧社会党~の人脈の者や組織・企業等を利す情報配信等が

蔓延れ続けて来ている、

現状のテレビ・ラジオ・マスコミ界」は

「本当に、酷い」』。

『「学校教育で問題なのは、特に、文系側」だ。

「文系教育の基本中の基本」である

「精神構造の健常進歩・正常進化に有益な教育」は

「ほとんど行わず」、

「他の者・物・事の支配/他の者・物・事による被支配を争う、

乳幼レベルの精神構造に固着させる

成長を止めさせる教育等が蔓延っている」』。

『「精神構造の成長が止められている者たち」なら

「どんなに、科学的な知識等が豊富になっていても、

偏向・偏重テレビ・ラジオ・マスコミ等情報や宗教等で操る事は、容易になる」。

「逆に、精神構造の健常成長がある人々」は、

「依存や支配/被支配争い等から卒業し、

本質探究や実体把握等が当たり前になる」ので、

「偏向・偏重テレビ・ラジオ・マスコミ等情報や、

宗教等では、

操られ辛くなる」』。

『「宗教とは?」を

「探究せず」に

「宗教を信じる者たち」は

「宗教で容易に操れる」が

「宗教とは?」を

「探究する者」は、

「宗教に操られる事も無い」。

「それは、今時の成人としての重要な資質」だ』。

『「国連で、核兵器禁止条約が成立した」が

「核兵器を禁止したところで、

核兵器以上の破壊力を持つ兵器をつくり出す事は、

人類にとって、簡単な事」だ。

「既に、出来ている可能性も大」だ。

「核兵器を禁止して、核兵器以上の破壊力を持つ兵器を禁止していない」なら、

「そのおバカぶり」等は

「誰もが直に分る事だろう」』。

『「重要な事」は

「物質文明製品の一つに過ぎ無い核兵器等、特定の物質文明製品を禁止する{コント}」を

「行うのでは無く」、

「自虐的な物質文明製品を生み出す事や、

自虐的な物質文明製品等の力や圧力により不当な利権を得ようとする事等々」の

「余りにも、稚拙で未熟な精神構造状態に在る者たちの

精神構造を

健常成長させる事」だ』。

『「精神構造が健常成長出来ていない者たちには、

過分な立場・報酬・財産・権力等々を与えず、

精神構造健常成長の為の育成環境等を与える事」だ』。

『「治療が必要な者たちは、病院に入院させて治療するべき」で

「その為の治療技術等も意識的かつ積極的に開発するべき」だ』。

『「全ての人類の精神構造を健常成長させない限り、

急激な進歩・進化を実現し続けている人類の物質文明製品の自虐使用や

自虐的な物質文明製品の製造~使用により、

アッと言う間に、

人類滅亡どころか、

地球消滅等の超重大事態が

実現してしまう時代」が

「もう、直ぐ其処まで来ている(或いは、既に、来ている)」のが

「人間世界の現実」だ』。

『「今時は、

もう、既に、

テレビ・マスコミ等」で

「特定人脈を利す為の政治運動等を行っている時では、

断じて無い」』。

『「人類滅亡、或いは、地球消滅を防ぎたい」のなら、

「情報・教育の健常化・正常化」は

「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、「北朝鮮を核保有国として認めて、米朝交渉するしかないゾ~!論」等を、日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「先日、国際決議等を無視して、発射した、北朝鮮のミサイル」が、「500キロ程度の重さなら、搭載出来る等の旨」の

「米国北朝鮮研究機関の発表等」を

「引用」し、

「其処に、広島原爆の重さ等を重ね」、

「北朝鮮の核ミサイルは、実用化出来ている様なイメージ」を

「風潮」し、

「米国も、北朝鮮が核保有国である事を前提にした交渉を行わざるを得ないでしょうねぇ~」等と、

「常連出演者等が、付け足していた、その実態・実体」は、

「正に、日本の公共の電波を不当使用出来てしまっている

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の情報配信機関」だ』。

『「現実との大きな違い」は、

「重さとして、核弾頭レベルを搭載する事が出来ても、

ミサイルとして使えるか?は、全く別」で

「現状の北朝鮮には、核ミサイルとして使える技術も部材材料等も、

今のところ、未だ、足りない」。

「更に、米国が軍事オプションを行使出来ない事」を

「前提としている事」も

「大きく違う」』。

『「それらの現実から、容易に予想出来る近未来」は、

「北朝鮮が使える核ミサイルを完成させる前」に

「主として、米国による、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」が

「起こされる事」だ』。

『「日韓内の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は、

「何としても、北朝鮮解放戦争ダケは避けさせたい、

そして、その時間稼ぎの間に、

北朝鮮に使える核ミサイルを持たせたい、

そうする事で、

核保有国としての北朝鮮と米国との交渉を実現させ、

北朝鮮一派による日韓内支配工作が、

より旺盛に行える状態を構築したい、

・・・等々」だろうが、

「もちろん、そんな悪の思惑」は、

「とっくの昔に、米国要人等も重々承知」で、

「悪魔に魂を売り渡す事でも無い限り、

米国が、北朝鮮を核保有国として認める事はあり得ない」』。

『「北朝鮮を核保有国として認めざるを得なくなる前」に、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等を仕掛ける事になる」』。

『「つまり、北朝鮮が急いでいる{使える}核ミサイルの開発」の

「実効」は

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争を

より早く、呼び寄せている事以外の何モノでも無い」』。

『「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争の

主たる犠牲者」は、

「北朝鮮の軍人になる」。

「日韓が、ミサイル防衛と工作活動対策をちゃんと行うなら、

日韓内には、ほとんど被害が出ない」。

「つまり、日韓内の米国人等に対して、避難誘導等を行う必要が基本的に無い」』。

『「米国による宣戦布告」から

「ホンの少しの時間が経つダケ」で、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」は

「実際に、終わっている事になる」。

「主として、北朝鮮の軍人に甚大な被害を出しながら・・・」』。

『「戦後処理には、少々の時間がかかる」が

「現状の大問題である北朝鮮劣悪国家指導者等は、既に、亡きモノとなっている」から、

「戦後処理は、意外な程、スムーズに進む事になる」』。

『「米軍は、戦後直に、引く事で、北朝鮮解放戦争の正当性を全世界に認めさせる事が出来」、

「中国やロシアには、不戦故のメリットが与えられる事になる」』。

『「逆に、米国が北朝鮮解放戦争を躊躇した場合はどうなるのか?」

「{使える}核ミサイルを持ててしまった北朝鮮の{要求」」を

「呑むか?突き返すか?」の

「選択が、直に、突き付けられる事になる」』。

『「呑むなら、極悪非道工作活動国家北朝鮮の膨張が始まる」。

「呑まなければ、北朝鮮側からの軍事圧力(軍事行動も含む)が発生する」』。

『「次第に、韓国は、北朝鮮の支配下になり、

その波が、日本にも押し寄せる」。

「工作活動と軍事圧力による北朝鮮の日韓内支配が完了する頃、

米国内も、北朝鮮の工作により、

ボロボロ状態に陥る事になる」』。

『「そんな状態を跳ね返す為には、核戦争を覚悟する必要が生じ、

核戦争となれば、人類滅亡が決定的となる」』。

『「現状の経済過剰追及故の温暖化による人類滅亡の時までには、

未だ、少々の時間がある」が

「核戦争が起きるなら、その時点でアウト!」になる』。

『「極悪非道工作活動カルト宗教国家状態」の

「現状の北朝鮮」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等の下から解放する事」は

「人類の急務」だ。

「主として、日韓内のカルト宗教信者状態の

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等への対策も急務」だ』。

『「多くの北朝鮮国民が、カルト宗教信者状態では無い」のなら、

「斬首作戦ダケで用は足りる」が、

「多くの北朝鮮国民や、

主として、日韓内に居る、北朝鮮劣悪国家指導者の実質的、手下等が、

カルト宗教信者状態である現状」では、

「アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争以外の選択肢は無い事になる」』。

『「逆に、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、カルト宗教信者等にとっては、

北朝鮮解放戦争ダケは、絶対に、避けさせなければならない事になる」』。

『「韓国の従北大統領」が

「北朝鮮解放戦争反対!」なら、

「従北大統領が、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、カルト宗教信者である事」の

「証左になる」。

「日本の政界や、テレビ・マスコミ界等の者たちでも事情は同じ」だ』。

『「カルト宗教信者たちの戯言」は

「対話が成り立つ訳も無い、北朝鮮劣悪国家指導者等との対話」で、

「カルト宗教信者たちが、願っている事」は

「北朝鮮が核保有国として認められる事」という訳だ』。

『「北朝鮮が核保有国として認められる」なら

「断じて、対話では無い、

北朝鮮劣悪国家指導者等による{要求}を

蔓延らせる事が出来易くなってしまう」。

「内実として、そんな事を望んでいる者たち」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等で無い訳も無い」』。

『「今のまま、北朝鮮が、戦争を呼び寄せ続ける」なら、

「近々、事態は、急変する」。

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」が

「日常の延長線上で、

ある日突然、始まり、

直に、北朝鮮の負けで、終わる」』。

『「戦後、

北朝鮮劣悪国家指導者等はもちろん、

主として、日韓内に居る、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員等やその協力者等」も、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」』。

『「現状で、常連出演等してしまっている実質的、手下等」は

「大衆に覚えられている分だけより大きく、

永遠の恥辱に染まる道の上で{輝く}事になる」。

「非常に、お気の毒な事だが」・・・』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員やその協力者等への

実効のある対策」は

「本当に、急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

(『「現状のまま・・・」では、

「北朝鮮解放戦争時」に

「日本にも、少々のミサイルが飛来する事になる」だろう。

「一つは、恐らく、軽井沢上空で大爆発」し

「一つは、横須賀に向かうが、途中で撃墜され、爆発もしない」。

・・・等々』。)

|

テレ朝朝番では、多様性の無い常連出演者等が、似非民主主義論等を喧伝していたので、本当に呆れた・・・。

『「朝日・TBSと読売・フジ」や「テレビ常連出演政治解説者等とテレ朝朝番常連出演者等」で「多少、政治論調等が違う事」で

「両論併記状態や、対論状態等が成り立っている旨等」を

「喧伝していたインチキ」には

「本当に、呆れた」。

「言うまでも無く、朝日も、TBSも、読売も、フジも、

米軍の占領政策の下で再編された、

戦後の日本のマスコミに他ならない」。

「内実として、日本人保守派が徹底的に退けられた反面」で

「朝鮮系の者たちが、異常な程、重用され続けて来ている実態・実体」は、

「ずっと、変わっていない」。

「朝鮮戦争を境」に、

「韓国派(読売・フジ)と北朝鮮派(朝日・TBS)に分かれたダケ」だ。

「民主党政権人事以降は、NHKも北朝鮮派化している」。

「その何処にも、本来の日本派は無い」。

「戦後日本の学校教育界も同様」だ』。

『「日本国内には、元々からの日本国民が多数居る」。

「しかし、元々からの日本国民が主たる実権を握れていない

テレビ・ラジオ・マスコミ界や、

学校教育界」では、

「それらの界で、主たる実権を握り占めている者たちにとっての

有益分子しか、

登用されない」。

「もちろん、日本国内に、そんな有益分子等の数は少ない」ので、

「テレビ常連出演者等は、特定極一部の者たちばかりが主とされ、

毎日の様に、何処の局でも、

同様の顔で、同様の論を風潮する状態になっている」』。

『「韓国派も北朝鮮派も朝鮮派に他ならず、

朝鮮派による日本の政治論が、

如何に、偏っているのか?等」は

「その推奨政治家・政党等や、嫌っている政治家・政党等からも明らか」だ』。

『「日本本来の日本派の政治家や、日本本来の政治家が実権を握っている状態の政党等に対する批判・非難・揚げ足取り・汚し等々」や、

「朝鮮派にとって都合の良い政治家や政党等に好イメージを持たせる」、

「実質的、情報工作が蔓延っている」』。

『「小泉~!」

「民主~!」

「安倍ダメ~!」

「小池~!」

「都民ファースト~!」等々の

「情報配信内実」は、

「読売・フジ」でも

「朝日・TBS」でも

「変わらない」』。

『「更に、元秘書の政治工作かも知れない、

政治内実問題では無い、

態度狩りに過ぎ無い、

{このハゲ~!}等々に、

多大な時間枠を割いた

実質的、都議選時反自民感情煽り情報工作」も

「何処の局でも同様」だった』。

『「その何処にも、

実体や事実・現実に対する、深い探究も無ければ、

原寸大報道も無い」。

「逆に、公共の電波を悪用した、

偏向・偏重情報の一方的大量配信等による、

実質的、政治運動は在る」』。

『「ナチス・ヒトラーと同様の大衆誘導が其処に露呈している」。

「もちろん、大衆誘導は、民主主義の大敵」だ』。

『「多様性の無い、毎度同じの常連出演者等」は、

「民主主義には、多様性が必要」等と

「自分たちの実態・実体は抜きにしたインチキ論等を風潮していた」。

「実に、醜悪な実態・実体が其処に露呈している」』。

『「多様性を言う」なら

「朝鮮派ばかりを主とせずに、

日本派を主にするべき」だ。

「朝鮮派の政治論や、マスメディア論ばかり風潮させずに、

日本派の政治論や、マスメディア論もちゃんと情報配信するべき」だ』。

『「多くの日本国民にとって、政治で大切な事は、その実効に他ならない」。

「上辺の言葉や態度等は、如何にも、紳士的・優等生的」でも

「日本を細らせ、反日国や日本国内の反日国人脈・企業・組織等を太らせる政治をする」なら、

「それは、多くの日本国民が望んでいない政治」だ』。

『「マスメディアは、その公共性からも、

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信が当然」だ。

「実体や事実・現実の極一部を偏重した情報を一方的に大量配信させる事により、

視聴者・読者の中に

偏向した思考等を抱かせる」のは、

「情報工作による大衆誘導に他ならず、

極悪事として、徹底的に、排除され、行うなら、厳罰が与えられて然るべき事」だ。

「公共性も実影響も大きい、巨大機関である、マスメディア」の、

「実体や事実・現実の極一部偏重」や、

「原寸大報道を逸脱した情報配信」は、

「大きな罪」であり、

「大きな罰が与えられるべき事」に

「他ならない」』。

『「政界には選挙がある」。

「民意を反映した、政権交代という、人脈交代もある」。

「しかし、その民意が、テレビ・マスコミ等によって、大いに歪められている」なら、

「それは、民主主義上の民意では無く、

テレビ・マスコミ等大衆誘導上の民意になる」。

「ナチス・ヒトラーが行った事と同様の絶対に容認してはいけない事」が

「其処に露呈している」』。

『「戦後日本」の、

「テレビ・マスコミ等」には、

「選挙も無い」。

「人脈交代も無い」。

「自浄も???」だ。

「実体や事実・現実の極一部を偏重する事の禁止」や

「原寸大報道を逸脱した情報配信の禁止」や

「公共の電波や公共的マスコミを使った、

特定政党・政治家等を利す

実質的、偏向政治運動等の禁止」等の

「是正措置を徹底する事」くらい

「行わなければ、

戦後日本の、

テレビ・マスコミ等の暴走」は

「止まらない」・・・』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「戦争は困る北朝鮮ご用達の、米国は、今まで、北朝鮮問題で軍事オプションを使えなかったから、今後も、使えないゾ~!論」等を、常連出演者等が、日本の公共の電波上に大量配信していたが・・・。」

『「以前は、核兵器も、実用レベルのミサイルもロクに保持していなかった北朝鮮」の「軍備的成長」等は「実質的に、大讃美し続けて来ている」が、「北朝鮮による他国内の工作活動等」や

「米国の軍備的成長」等は

「無い事にしたがる」のが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下状態の、テレビ・マスコミ等」だ』。

『「米国が、民主党クリントン政権時」に、

「大した兵器を保持出来ていなかった状態の北朝鮮に対する、軍事行動」を

「韓国の大反対により、諦めた{故事}を元」に

「核ミサイルまで保持出来ている可能性大の現在の北朝鮮には、

もはや、米国が軍事行動を仕掛けられない」等と

「思い込み、信じたがり、同様の思いで、視聴者の頭の中を染めたがる」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下状態の者等」と

「相場は決まっている」』。

『「はっきり言えば、米国が北朝鮮に軍事行動を仕掛けるハードル」は、

「現在の方が、遥かに、低い」』。

『「民主党クリントン政権時」には、

「北朝鮮による韓国等に対する攻撃を十分に無効化出来る手段等を、

ほとんど持っていなかった米国」だが、

「現在では、北朝鮮に攻撃させない手段を保持出来ている」。

「北朝鮮の軍備的成長より、

米国の軍備的成長の方が早い」のだから、

「それは、極めて当然の事」だ。

「ところが、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は、

「この様な現実も、無い事にしたがる」』。

『「民主党クリントン政権時」には、

「韓国による大反対で、戦争回避となった」が、

「北朝鮮による工作活動汚染が激しい、

日韓、特に、汚染度がより激しい韓国の意向に振り回される程、

共和党トランプ政権は甘く無い」』。

『「今、問題となっている」のは、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる、北朝鮮解放戦争に対する、

国際合意と、

米国民意の同意のみ」だ』。

『「国際合意を取り付ける為に行っている事」が

「中国やロシア等」に、

「どうにかしろ!」と

「強く迫っている事」だ。

「どうにかしない」なら、

「消極的合意が出来た事になる」』。

『「国際合意上では、今、中国やロシア等に、少々の時間が与えられ、

その間に、なんとかするなら、

軍事オプションは回避する」という、

「実質的、執行猶予状態」だ。

「{執行猶予中}に、

中国やロシアがなんとかしなければ、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる、北朝鮮解放戦争が行われる事になる」』。

『「米国内の同意ハードル」は、

「不当拘束され、昏睡状態で、米国に帰還した、米国人大学生」が、

「米国の最先端医療技術でも助けられず、死亡した事」で

「かなり、下がっている」。

「其処に、米国まで届く、核ミサイル」を

「北朝鮮が保持する」という

「事実」が

「重なる」なら、

「米国が

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる、北朝鮮解放戦争を

躊躇う理由は無くなる」』。

『「逆に、北朝鮮を核兵器保有国家として認めてしまう」なら、

「元々が、極悪非道工作活動カルト宗教国家状態である北朝鮮」による、

「非人道的な工作活動が、

主として、日韓内のみならず、

米国内やEU内等でも、

旺盛に行われ始める事に直結している」。

「日韓内の北朝鮮による非人道的な工作活動の実態・実体」を

「十分に、把握している米国」が

「その様な自虐的な道を選択する訳も無い」』。

『「トランプ大統領」は

「日韓が、酷い北朝鮮に我慢しているのは、信じ難い旨、

北朝鮮問題は、中国に解決させる旨、

つぶやいている」が、

「もちろん、それらは、皮肉」だ』。

『「普通の国なら、

自国内の、北朝鮮の様な国による非人道的な工作活動等は、

ちゃんと排除するのが、当たり前でしょ!」等の旨が、

「日韓に向かって、言われ」、

「他国内で、非人道的な工作活動まで行っている北朝鮮を陰で支え続けているなら、

中国も北朝鮮と同じと見なしますよ!」等の旨が、

「中国に向かって言われている」のが

「実態・実体」だ』。

『「超おバカな、北朝鮮劣悪国家指導者等や、その手下等(日韓内も含む)」は

「北朝鮮の核大陸間弾道弾開発を急いでいる」が

「その自虐行為」は、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる、北朝鮮解放戦争の開戦を

どんどん近づけている」のが

「現実」だ』。

『「自国の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等への対策が甘い

日韓に少々の犠牲が出てしまっても、

それは、自業自得」になる』。

『「日韓の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は

「北朝鮮の核・ミサイル開発に対する、技術情報等援助や資金援助等まで行い続けて来ている」と

「共」に、

「情報工作や政財界工作や、

非人道的な、飲食物工作や電磁波工作や侵入工作等々まで行い続けて来ている」。

「健常なテレビ・マスコミ等」なら、

「自国内の北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下の工作活動等を

告発等し、

徹底排除等を訴える」のが、

「当たり前」だ。

「北朝鮮の核・ミサイル等の大宣伝等は、積極的に行い続けて来ていても、

自国内の工作活動等は、無い事に・・・」というのは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的手下、テレビ・マスコミ等になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、テレビ・マスコミ等が、

推奨している政権や首長等とは、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって、都合の良い政権・首長等に他ならない」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的手下、テレビ・マスコミ等が、

批判・非難等している政権や首長等とは、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって、都合の悪い政権・首長等に他ならない」』。

『「昨今の日本では、

安倍政権批判・非難が旺盛」だが、

「大批判・大非難されている、言葉狩りや態度狩りの結果」が

「日本国・多くの日本国民に多大な被害等をもたらしているだろうか?」

「一学校法人設立問題」や

「一国有地払い下げ問題」や

「一獣医学部新設問題化」等を、

「大問題とする事のメリットは、何処に生まれるのか?」』

『「日本を細らせ、反日国や日本の中の反日国人脈等を大いに太らせた民主党政権時の大問題」や、

「利権を集中させる事で、日本国内を二極化格差社会化させた小泉政権時の大問題」等と

「今の、安倍政権で大問題とされ、大騒ぎしている事」とは、

「全く、本質的な意味が違う」』。

『「安倍政権を批判・非難等し、

民主党政権や小泉政権等を

推奨し続けて来ている」のが、

「多くのテレビ・マスコミ等の実態・実体」だ。

「そして、今、それらのテレビ・マスコミ等は、

民主党からも、多くが流れ込んでいる、小池一派を推奨している」。

「北朝鮮の核・ミサイル等を大宣伝しながら、

北朝鮮等による日本国内の非人道的な工作活動問題を無い事にしながら、

・・・」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

より以前の記事一覧