サンデーモーニングでは、「{天動説}常連出演者等ご用達のノーベル平和賞論」等を公共の電波を使って一方的に大量配信等する事により、常連出演者等自らの{天動説}利権を維持~増大しようとしていた様相等だったので、本当に酷い・・・。

『「ノーベル平和賞が与えられた、性暴力等の告発~大衆周知」とは「天動説~地動説への移行で例える」なら

「天動説では太陽や惑星等々と地球との関係等を

多くの人々が理解・把握する事が困難だ!

だから、天動説を止めろ!」等と

「訴えた事等に相当するレベルの事」であり

「天動説に代わる地動説を提唱等する事により、

人類の物質文明や精神文化の進歩・進化に

多大な実貢献をもたらした事」等とは

「全くレベルの違う事に他ならない」。

「現状の所謂、文系のノーベル賞」の「実体」は

「{天動説}状態の選考委員等の者たち等が、

自らの{天動説状態利権}を維持させながら、

その利権維持の為に差し障りの無い物事等を行った者に

賞を与えている状態に他ならない」から

「例えば、

核廃絶を訴えた者が賞を貰っても、

実際の核兵器は廃絶されず、

むしろ増産されていたりする」のが

「現実となっている」』。

『「ある意味、当たり前の事」だが

「米国オバマ大統領等が核廃絶を訴え、

戦略的忍耐で北朝鮮金政権等を実質的に放置・容認等し続けていても、

核兵器による自己防衛抜きではその立場も危うくなってしまう

散々の極悪事を積み重ねて来ている独裁政権の者たち等が

核・ミサイル等の開発~製造~配備等を放棄する訳も無く、

戦略的忍耐期間中にも

北朝鮮金政権等の核・ミサイル等の問題は

より深刻化した」のが

「現実」だ。

「所謂、理系側のノーベル賞の多くが

その実効を認められた後に与えられている後付け賞であるが故に

賞自体の価値は

今頃になって・・・等々と感じる人々は少なく無いにせよ、

世界中の多くの人々も認め易くなっている事に対し、

所謂、文系側のノーベル賞の実効の無さ{重大問題}は

意識的かつ積極的に解消努力されるべき事である事」等は

「もはや、疑いの余地も無い」』。

『「本来なら、実効の無さ{重大問題}を告発等しているべき

テレビ等で

基本的には、自由に発言出来る、常連出演者等」が

「自らの{天動説}利権の維持~増大の為には合理的になる

{天動説}状態の所謂、文系のノーベル賞等に対する悪戯な賛美等を

公共の電波を使って対象配信する事等により公然化し続けさせよう・・・等としている様」は

「本当に、劣悪で醜悪になる」』。

『「では、性暴力等は何故無くならないのか?」

「言うまでも無く、

精神構造が

自己健常支配の継続より

他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配を

過剰に追い求め易くなっている

代償欲求過剰追及状態」で

「人間社会の精神文化が比べっこ主義状態だから」に他ならない。

「比べっこ主義上」では

「比べっこして勝てば勝ち!」なので

「例えば、

武力を用いた命がけの比べっこで敵という同じ人類を大量殺傷したり

性暴力等により本来の人生を狂わせたり、

・・・等々する事が{出来る}強い者等になる事」が

「成功等と勘違い・思い違い等も出来てしまう」が

「本質を探究する」なら

「人類が人類を殺傷したり、酷い目に合わせて本来の人生を損なわせたりする事」は

「自虐でしか無い」。

「自虐を行う者」が「勝者である訳も無く」

「自虐を行った者の実体は永遠の敗者になる事」は

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って検証する」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る事になる」』。

『「多くの人類の精神構造や人間社会の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させる事が出来た暁に在る」のが

「世界平和であり、性暴力の廃絶であり、核兵器等自虐兵器の廃絶等々」だから

「多くの人類の精神構造や人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる事への実効をもたらした者・物・事等」こそ

「大いに賞賛等したりして、大いに公然化等する事」が

「より良い実効をもたらす事にも直結している事になる」。

「逆に、多くの人類の精神構造や人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化等を阻害している者・物・事等」は

「批判・非難等され、

その悪影響が大きい等の場合には

罪や罰が与えられて然るべき事になる」』。

『「現状の多くの{天動説}常連出演者等によるご用達論等の公然化」や

「理系側とのバランス上出したくなるから無理やりにでも出している様相でもある

所謂ノーベル賞等々」の

「実体」は

「その、実、悪影響の大きさ等を考える」なら

「罪と罰レベルでも何の不思議も無い事になる」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「所謂、理系側」では

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用する事」により

「例えば、論を構築」し

「その論を科学レベルで検証」し

「良い実効が得られると判った物事等」を

「実用化等し来ている」。

「所謂、文系側でも、同様の作業をすれば良いダケ」だ』。

『「生きている人の意識」は

「狭義の自分を中心に

丸ごと一人レベルで

捉えたがり

それを他の者・物・事等にも反映させたがる」が

「生きている人の実態」は

「無意識レベルで

今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している

数十兆の細胞群である事」は

「既に、科学レベルで判明している」。

「意識ダケに拘る」と

「例えば、

太陽や月や惑星等の観察からは、天動説が導き出され易い」のと

「同様」に

「他人との関係も、人間社会体制等の構築も、天動説状態に成り易い」。

「人々が互いを、

圧倒的に

丸ごと一人レベルだけで

意識レベルだけで

観察等し合った結果

構築されて来ている

古の時代から現状までの

人間関係や人間社会体制等の

未熟で不十分過ぎる実体が

其処に在る」。

「圧倒的に意識部分ダケ、に基づいている事」は

「実際はかなり大きい無意識部分の実在を否定している状態にもなる」ので

「必然的に現実離れが生じる」。

「人間関係にしても、人間社会体制等にしても、

現実離れしている構築故に

本来なら、不要で、過剰な、ストレス等の生みの親にもなっている」が

「生み出されたストレス等を解消する為の方法等」も

「圧倒的に、意識レベルだけで。考えられ、構築され、実用されて来ている」のが

「現状までの人類の実態」だ。

「しかし、其処では、実効が問われている」から

「現状までに構築されているストレス解消法等には

少なく無い割り合いで

無意識を扱う要素が含まれている」。

「実効が???の内にノーベル賞等とは違う

実の要求に基づいた実態が其処にも在る」。

「所謂、文系側のノーベル賞等にも実が求められて然るべきである事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「圧倒的に、意識レベルだけの都合に良く沿う」のが

「比べっこ」で

「科学レベルで判明している実体や事実・現実や

それに基づいた有益な物質文明製品等が

乏しかった時代の

人類同士の比べっこが武力まで用いた命がけの比べっこに成り易かった」のは

「ある意味、当然の現象でもある」。

「強いストレスの解消欲求」は

「より強lく、

確かに、

感じたりり、思えたり、する

比べっこの実践と結果を

追い求めさせる事にも直結している」が、

「人間同士、人間集団同士の、命がけの比べっこ等」は

「その代償欲求(とは認識出来ていない場合がほとんど全てだろうが・・・)の

過剰追及に対する

回答に成り得る」等と

「多くの、圧倒的に意識レベルだけ状態の人々」に

「容易に、考え・思わせ、納得等させる事が出来てしまう事でもある」。

「戦争や性暴力」等々の

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配代償欲求の過剰追及状態」の

「生みの親」は

「圧倒的に意識レベルだけで考え・思い・感じがる状態から

無意識レベルまで取り入れて考え・思い・感じたりする状態への

精神構造の健常成長の不足や阻害等になる」が

「不足や阻害をもたらしている実体」は

「圧倒的に意識レベルだけに固執している、させている、情報・教育等であり

その上での利権に固執している者たち等になる」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」では、

「いい加減に、{天動説}状態の常連出演者・常筆等ばかりを重用する事」等は

「止めるべき、止めさせられるべき」だ。

「学校教育や教師等の是正も急務になる」。

「人類の、

所謂、文系側の、

やるべき、

やらなければならない仕事」は

「本当に大きく、多く、残っている」。

「多くの人々の精神構造状態と人間社会の精神文化」を

「{天動説}状態から{地動説}状態に

健常進歩・正常進化させる事」でのみ

「世界平和も、性暴力の廃絶も、核兵器等自虐兵器の廃絶等々も、

実現可能になる」が

「現実」だ。

「人類誰もが広義の自分やその本来の目的等を

必要十分に認識し続ける事が出来る状態になった時

ようやく、

継続~永続をも可能にする

新たな人間世界の扉が

本格的に開く事になる」が

「新たな人間世界の扉が少ししか開けない、開かない、場合」には

「新たな人間世界に行けない、数多くの犠牲者」が

「出てしまう事になる」。

「この重大事に対する個々の選択は本当に重要になっている」し

「全ての人類」が

「この重大な個々の選択が行える状態や環境等を得る事」の

「重要性は極めて大きい事になる」』。

『「{天動説}利権等の維持~増大等、

狭義の自分の自虐的でしか無い私利私欲に翻弄され

自分の実体の行うべき仕事を疎かにしている

悪魔に魂を売り渡した者たち等の

近未来の居場所」は

「永遠の恥辱に染まる道の上と決まっている」のだから

「個々の自浄が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」。

「特に、影響力が大きい大量配信等が出来る立場の者たち等の

自浄が急務である事等」は

「金銭・財産・立場・権力等々の余裕が大きい事等の状態からも、

もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「他の番組では、テレビ常連出演者の一人が

スパイに優しい国・・・等々と

スパイにも付きモノの工作活動や工作活動犠牲者等を無視した

北朝鮮金政権等には都合が良い平和ボケ論等を

公共の電波上で喧伝していた」が

「もちろん、言うまでも無く、

スパイに優しい犠牲者が多数出続ける国ではお話しにならない」のだから

「スパイに優しくなる前に、十二分なスパイ・工作活動対策等が出来ている事こそが

極めて重要になる」。

「平和ボケ等不健常情報の公然化」は

「スパイ側を利す」から

「北朝鮮金政権等々による実効支配の臭いさえ濃厚」な

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等々」では

「有益分子化扱い」され、

「常連出演化等による有名人化」や

「工作員報酬に当たるのかも知れない出演料等の報酬等」も

「得られ易くなるのかも知れない」が、

「健常情報の公然化等々はスパイ・工作活動対策の一つにも成る」のだから、

「十二分な自省の下、公共の電波上等で発言する内容等を是正・改善等する事」は

「本当に、重要な責務になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「中国共産党支配下のハーウェイ要人逮捕問題対応」等から露呈する日本のテレビ界の中国共産党支配下の者たち等問題&反対野党のお仲間テレビも大推奨の小泉ジュニアも訴えた政権交代・・・。

『「独裁者・独裁政権等と成り立ち得る関係」は「友等の横の関係では無い」。

「独裁者・独裁政権等の被支配民であるお仲間とお仲間以外」になる。

「中国共産党支配下の中国」でも「金政権独裁支配の北朝鮮」でも

「国家・国民はもちろん、企業・組織等や土地・財産等々も、独裁支配権内の全て」が

「独裁者・独裁政権の支配下のモノになっている」。

「国家・国民より独裁者・独裁政権等の方が圧倒的に上」というのが

「所謂、旧社会・共産圏のやり方」で

「社会・共産主義思想等はその実体を誤魔化す為の道具でしか無い」のが

「実体」だ。

「現状で露呈させられているハーウェイ問題への対応」で

「日本の中でも、

実質的に、中国共産党の支配下の民か?否か?」が

「良く判明させられている」。

「ハーウェイの開発技術者のほとんど」は

「普通の善良で優秀な

金で雇われている

技術者」だが

「ハーウェイの技術者の中には

中国共産党の意向・命令・指令等を

製品内等に反映させる技術者も居る」のが

「中国共産党支配下の企業の実態」になる。

「この基本実態」は

「ハーウェイだけに限らず、中国共産党支配下の全ての企業の共通実態」になる。

「中国共産党支配下の中国国民だけ」で

「中国企業を中国共産党の支配から解放する事」は

「困難」と「強く推定出来る」。

「北朝鮮国民だけで金政権からの解放を勝ち取る事が困難である事」と

「同様の事態が其処に在る」。

「全世界の多くの人々による圧力により

中国企業を中国共産党支配から解放する事」は

「実行可能な一手段に成り得る」。

「中国共産党が中国企業支配を完全に放棄するか

中国が民主化する」まで

「中国企業の製品を買わない事」は

「現状の多くの国々の人々が実行可能な手段」だ。

「その様な解放圧力等により

中国共産党が}内需に特化するなら

それは、中国経済のやせ細りに直結する」。

「自国の経済をやせ細られる政権」は

「何処の国でも政権交代させられ易くなる」が

「政権交代可能度と情報の自由度には密接な関係がある」。

「21世紀の今日でも、

未だに、情報統制を必死に頑張っている」のは

「独裁者・独裁政権の支配下の者たち等」で

「その実態は日本国内でも変わらない」が

「情報の自由度がある程度以上高く保たれている自由・民主主義圏の日本」では

「情報統制状態の再来はもう、在り得無い事態になっている」。

「ネットの普及に伴い、

中国共産党支配下の中国でも、

金政権支配下の北朝鮮でも、

情報統制状態がより崩れ易く成って来ている」。

「その中で、

例えば、

ハーウェイ製のスマホは、

アップル製等々のスマホより

情報統制し易いスマホにされている等の実態が露呈する」なら

「中国共産党支配下である事を好まない中国国民がどの様な態度を示す様になるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事になる」。

「内需も崩壊して行く実態」が「其処に露呈している」』。

『「もはや、負け組が決まっている実態」が

「続々と露呈し続けて来ている独裁者・独裁政権等の支配民等」だが

「日本の中でも、それらの者たちの

{恐らくは、最後の、

既に、勝ち目が既に無くなっている、

悪足掻き}が

露呈して来ている」。

「野党集合論と政権交代論」だ。

「朝鮮系とも言われている

反対野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等が大推奨の

小泉ジュニア」も

「野党集合や政権交代等を

喧伝していた」が

「それは、朝鮮系大集合の訴えにしか聞こえなかった人々の数」も

「結構、多い筈」だ。

「かつて、民主党政権等により、

日本を細らせ、

その反面で、中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等を大いに太らせた

実績を持つ者たち等」が

「どんなに再集合等しても、

多くの日本の有権者からの支持が得られる訳も無い」。

「それでも、尚、。その旨を喧伝せざるを得なかった様相」からは

「独裁者・独裁政権等からの命令・指令の臭い等」が

「濃厚に漂って来る」。

「普通のまともな政権交代の訴え」なら

「日本の現状では、

政権交代の前に、

政権交代を可能にする健常野党の構築が必要だ!

それは、かつての人脈とは別の人脈の者たちで構築してこそ可能になる」等々から

「始まり」、

「健常野党が与党等より

より日本国・多くの日本国民の為になる

実行可能な政治・政策等を訴え、

それを多くの有権者が支持した暁には、

健常な政権交代が実現出来る」。

「政権交代するなら、政権交代前より、

日本国・日本社会がより良く成らなければ意味が無い」。

「・・・等々」の

「訴えが在って然るべき」になる。

「然るべき内容が無い訴えの裏」には

「往々にして、独裁者・独裁政権等の命令・指令等の臭いが漂っている」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ界等」での

「ハーウェイ贔屓」や

「人脈そのままの野党集合論」や

「悪戯な政権交代論」等々の

「異常な多さ、大きさ」からも

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等々」が

「どの様な人脈の者たち等に実効支配されているのか?」が

「良く判る」。

「選挙も無いから、政権交代にあたる実権者人脈の交代も無い事」等の

「実害」が

「其処に露呈している」。

「実際の日本社会の民意とは離れている事」を

「公共の電波や公共的マスコミ等を悪用した

実質的、マインドコントロールや大衆誘導等により

実現させよう・・・等とし続けて来ている様」は

「本当に、酷く、劣悪になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、未だに「米・中の覇権争い」とか「日本が生き延びるには科学技術しかない」等とか、常連出演者等が公共の電波を使って喧伝していたが・・・。

『「毛沢東」の「農村から攻め、都市を落す戦術」とは

「先ず、支配し易い弱い者等から支配下に置く事で支配している者等の数を増やし

支配している者等の数の大きさを武器に

それより数の小さな者等を支配しようとする

他の者・物・事の支配と他の者・物・事による被支配の精神文化に基づいた

人権や自由・民主主義精神文化が既に在る現状人間世界では、

既に、終わっている

古臭い戦術に他ならない」が

「その辺りの指摘さえ出来ていない」のが

「日本が生き残り続けるには雅楽技術しか無い」等と

「精神文化側の仕事をしているクセに

人間社会の精神文化の進歩・進化の方向性等々」さえも

「十分に理解・把握等していない様相」の

「テレビ常連出演者等」だったりしているのだから

「今時のテレビ番組の内実として」は

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「常連出演者等のキャラを立たせたりする事」等により

「上辺を若干コメディー寄りにする事」で

「多くの視聴者等の{関門}を

知らず知らずの内に

通り越させ

常連出演者等の論等に対する

共感を誘おうとしている様」は

「マインドコントロールや大衆誘導等の常套手段に他ならない」。

「優等生仮面

紳士仮面

オモシロ仮面

カワイイ仮面

美女・美男等ルックス仮面

善い人仮面

ワザと悪い人を演じる事で反対側等を良く思わせるゾ仮面

・・・等々

視聴者の{関門}を通り抜ける為の仮面は

多々在る」が

「以前は、優等生・紳士仮面等が主流で、

学校教師的に自論等を喧伝する事により

多くの視聴者等をその自論等に同調させようとする手段を

主として使っていた様相の

テレ朝の変質ぶりの裏に在る」のは

「真の意味での情報の自由化に近い事態をもたらしている

ネットの普及等の効果もあり、

日本国民としての本来の自論等を取り戻せる様になった

視聴者等の数の増加」等と

「強く推定出来る」。

「其処に露呈している精神構造の実態」は

「より強い集団がより弱い集団を支配してその集団の数を増やす事で

他の者・物・事等支配力を増そうとする

毛沢東戦術とは全く違う

個々の人々が持つ本来の思い・感等を

自由自在に伝える事が出来る様になった事が

健常利用された事による

個々の人々の自己健常支配の為により都合が良い状態を求めている事の

具現化」に他ならない。

「独裁者・独裁政権等による支配しか知らず、

支配/被支配の精神構造の中で生きさせられている人々等」なら

「他者支配の極致でもある独裁支配体制でも覇権が取れるなら良い」等と

「自分の実体にとって自虐的になる事」でも

「容認出来てしまうかも知れない」が

「今時の多くの自由・民主主義圏の人々」なら

「覇権等の他の者・物・事支配に依存した状態」は

「何れは、解消されるべき事」で

「適材適所化と高効率化による

広義の自分や狭義の自分も含む人類の共通利益の向上」と

「自己健常支配の継続をより容易にする環境等の構築」等こそが

「他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配より

遥かに重要である事」等を

「重々、感じたり、認識していたり、する筈」だ。

「中国共産党が世界の覇権を握ってしまった後の人間世界の次」は

「考え出し辛い」が

「自己健常支配の継続がより容易に成って行く人間世界の次」は

「容易に考え出せる」。

「この現実」からも

「人類の精神文化を健常進歩・正常進化させ続ける事の重要性」は

「世界中の何処の誰でも、本当に深刻に認識しておくべき事になる」』。

『「科学技術(物質文明)の急速な進歩・進化がある」のに

「個々の人類の精神構造と人間社会の精神文化の進歩・進化が不十分なまま」では

「人類が早々に滅亡してしまう事」は

「少し、冷静に考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る」。

「比べっこによる支配・被支配争いの精神文化のまま

武器も含む物質文明製品が急激に進歩・進化する」なら

「経済覇権等が上手く行かなくなれば、何れは、戦争になってしまう」。

「高度に発達してしまっている武器の一部でも使われた支配権争いの比べっこ戦争となれば、

使用される武器が制限され続ける事も困難になり

終極的には、

被支配に甘んじる事が出来得ない

独裁政権等の側が無理やりにでも勝利を得る為に

超自虐的な武器さえも使用してしまう可能性が非常に高い事になる」。

「その様な事態を防ぐためには、

独裁政権側では無い方」が

「予め、独裁政権側の超自虐的武器等を徹底破壊等しておく必要がある」が

「他国・他国民支配の為だけでは無く、自国・自国民支配の為にも

超自虐的な武器が必要になっている独裁政権側は

容易に超自虐的な武器を手放したり、破壊させたりしない、

ばかりか、むしろ、強化・増大し続けようとする」のは

「現状の独裁政権国の実態等からも良く解る」。

「この様な事態を打開する為に必要になっている」のが

「多くの人々の精神構造と人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化」で

「その為に有益な情報配信等を行うべき立場に在る」のが

「自由・民主主義圏の

テレビ・ラジオ・マスコミ等や

論文等で世に問うべき大学教授等々」だ。

「それなのに、未だに、それらの仕事の立場に在る多くの人々が{天動説」状態」で

「旧態依然とした利権集め等々に邁進している状態では」・・・。

「本当に、酷く、劣悪で、情けない」』。

『「ノーベル賞」等々の「賞」とは

「目上の権力者等が目下の権力者等にとって都合の良い働き等をした者たち等」に

「与えるモノ」に他ならない。

「其処に在るのも、支配/被支配の精神構造」だ。

「人類に対する功績」等を

「世界中で喜び、分かち合いたい」なら

「是非とも、世界平和実現後に、もっと、楽な形で行って頂きたい」等と

「思ったり、感じたりしている」のは

「筆者だけでは無い筈」だ。

「現状経済システム上」で

「自由に使える大きなお金等が得られ続けて来ている」なら

「その活かし方」は

「色々ある」のだから

「何時までも、旧態依然とした{賞セレモニー}等を続ける

伝統文化遺産の保護だけでは無く、

もっと、実効の高い手段等も検討されて然るべき」だろう。

「ノーベル賞を日本人が取るか?否か?」を

「気にしている様相」なのが

「日頃は、民族・国籍等の差別はダメ!等の旨」を

「優等生ぶって喧伝していたりする

常連出演者等」とは

「お笑い」で

「人類誰もの広義の自分の一部である人類の行く末等を真摯に考える」なら

「そんな事を気にしている暇があるなら

どうしたら世界平和が実現出来るのか?等々でも

視聴者共々、真摯に考えるべき」だ。

「何処の誰が賞を貰おうが貰わなかろうが

世界平和の実現無き

科学技術が急激に進歩・進化し続ける人間世界の行き着く先」は

「自己健常支配が不十分な人間は

自己承認欲求の充足も不十分になる当たり前の実現象」や

「自己承認欲求の充足が不十分になると多くの人々が自虐行動等を起こし易くなる

当たり前の実現象」から考えても、

「他の者・物・事支配に偏向している独裁者・独裁政権等が

自己健常支配を逸脱し易くなる当たり前の実現象」や

「自己承認欲求が不足している独裁者・独裁政権等が

益々、他の者・物・事等によるお墨付き等を強要しがちになる

当たり前の実現象」や

「其れに対する多くの自由・民主主義圏等の人々等による当然の反発」等を考えても、

「超自虐的なモノとなってしまう」のだから

「世界平和実現の為の有益な{処方箋}と言える

個々の人類の精神構造と

人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化の問題」等を

「未だに、十分に論じたりしていない事」は

「本当に、酷く、劣悪になる」』。

『「中国共産党の支配下民になる気など当然全く無い筆者」も

「中国共産党支配下の中国スマホは使わない」が

「其れは、中国人が嫌いという事とは全く違う」。

「中国共産党による支配が嫌い」で

「自己健常支配の継続に生きている人々」なら

「世界中の何処の誰でも、最低限、嫌いでは無い」。

「中国は健常商売の為にも、一刻も早く民主化するべき」だ。

「個人情報の扱いが比較的良いアップル製品を壊して

中国共産党が個人情報を吸い上げやすいダケでは無く、

その情報に基づいて、場合によっては不適応分子の粛清等も行い易くなる

中国スマホを中国製だから・・・等と

賛美等している様・・・」では

「傍から見ていると、

他の者・物・事(中国共産党等も含む)の支配下で生きている

中国共産党の宣伝員等か・・・等としか思えない」。

「この様な懸念を払拭する為」にも

「中国も、出来るだけ早く、民主化するべき」だ』。

『「何れにしても、

戦後日本のテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「言葉狩り~難癖づけ、反対野党」等を、お仲間テレビ・マスコミ等が宣伝しても、恥の上塗りでしか無いから・・・と・・・。

『「昨今では、上辺では、如何にも、与野党双方を公平に扱っているフリをしているテレビ番組等も

増えて来ている」が

「内実では、未だに、イメージによる実質的、大衆誘導旺盛状態の様相」だ。

「心底から態度を改めない、あきらめない連中の裏に何がある?」』

『「筆者の周囲の電磁波工作等も未だ旺盛」だ。

「例えば、

相変わらず、

筆者の車にも、

夜中~夜明け等に、

電磁波工作員が

工作電磁波を運転手(主として、筆者)に当てる仕込み」を

「行い続けている」。

「筆者の場合」は

「相応の対策をしてある」が

「工作電磁波対策の為の防御板等の位置や

工作電磁波発生のアンテナとして使われているリード線等の位置や形等が

意図的に変えられていたりする」ばかりか

「工作電磁波自体の{調整}も行われ続けて来ている」。

「{悪魔の輪唱}の回数が重なる度により疑似高周波化し続けて来ている

工作電磁波の特性」に

「疑似高周波化以外の特性が加わっている事が察知される時」には

「必ず、その原因となっている工作が在る」。

「もちろん、早々に防御板を増やす、リード線等の位置や形を変える等々の対策をする」ので

「実効は出ない」が

「諦めの悪い連中の工作」は

「その指令・命令元が無くなるまで、

人を変えて・・・でも、

手段を変えて・・・でも、

行われ続けられてしまう事」が

「容易に推定出来る」。

「何人かの下っ端工作員等の面等は既に割れている」が

「そんな者たちが摘発されたところで工作自体が終わる訳も無い様相」だ。

「元からの解決」が

「激烈に求められている」』。

『「事態」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による情報配信内容等」や

「学校教育内容等」でも

「同様」と

「強く推定出来る」。

「日本社会に大きく圧し掛かり続けている悪影響」の

「元凶」は

「他の者・物・事支配が必需の者や組織や政権や国等と

強く推定出来る」が

「例えば、北朝鮮金政権問題や中国共産党問題等」が

「解決された後になれば、

その悪影響の大部分も消失する事になる」と

「強く、推定出来る」。

「逆から言う」なら

「現状で日本社会の中に居る、それらの他の者・物・事支配が必需な者や政権等の

実質的、手下等が、

日本社会の中で不健常な工作活動等を行い続けて来ている可能性が極めて大きい実態」が

「既に、露呈している」という事になる』。

『「真に日本国・多くの日本国員の為になる事を行おうとせず、

日本国・多くの日本国民に対して、嫌がらせや邪魔や、粛清工作等まで行い、

有益分子化工作等により

多くの日本国民を都合良く操ろうとし続けて来ている悪者集団の実態」は

「既に、露呈させられている様なモノ」だ。

「多くの日本国民を不健常な工作活動等から守る

政府・与党・警察等」の「本気」が

「激烈に問われている」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報」や

「学校教育の多く」が

「その悪集団を不当に利す内容に成ってしまって来ている実態」が

「示唆している事」は

「戦後日本の情報・教育界が悪集団に乗っ取られてしまっているまま・・・」等という

「酷く、劣悪で、恐ろしい事」でもある。

「選挙がある政界」では

「日本国・多くの日本国民を利さず、

反対に、中国共産党支配下の中国や

反日情報・教育が旺盛な韓国(北朝鮮も含む)を利した政権等」は

「当然の如く、政権を失い、

政権を担当していた党の議員等も少数化し、

党自体も名称変更~分裂・・・等々と成って来ている」。

「多くの日本国民の民意が反映された実態が其処に在る」が

「情報・教育界には

公共の電波を使っていたり、公共レベルの大マスコミだったり、

税金で学費が賄われていたりするのに、

選挙も無い」から

「民意反映が圧倒的に不足している」。

「その裏で、

不健常な工作活動等さえ十分に告発しない

工作員のオトモダチやお仲間なんじゃないの・・・」等と

「強く推定されても仕方の無い者たち」が

「連綿と戦後日本の情報・教育界」を

「実質的に牛耳って来ている」。

「テレビ界で象徴的」なのが

「何処の局でも

特定極一部の

同様の顔・同様の論ばかり・・・」が

「主流扱い」という

「異常さ」だ。

「取り上げられているニュース等も,

異常な程,

同じ」で

「解説者や、

解説内容等も,

同様・・・」では

「とても、自由・民主主義圏の情報配信内容とは思えない」。

「むしろ、中く゚共産党支配下の中国に近いんじゃないの・・・等の感が拭い切れない」のが

「戦後日本のテレビ界の実態」だ。

「そして、

実質的には、反対野党等を利す、政治運動等や

実質的、大衆誘導等までもが

得意中の得意だった」のだから

「未だに、同じ人脈の者たちが同様の事を行い続ける事が出来ている事自体」が

「本当に、酷く、劣悪な事になる」』。

『「この酷い状態を維持し続ける為」に

「粛清工作等まで行い続けて来ている」なら

「その実態」は

「表立った粛清を行わず、工作粛清に特化しえいる北朝鮮の様」ですらある。

「戦後日本の情報教育界」に

「北朝鮮金政権等のオトモダチ政党人脈の者たちが多い」のも

「単なる偶然では無い筈」だ。

「不健常な粛清工作」は

「直ちに徹底摘発されるべき」だが

「政府・与党・警察等々に

不当な圧力をかけ続けて来ている{工作}もある」と

「強く、推定出来る」』。

『「悪は元から絶たなければダメ!」なのだろう』。

『「悪が元から絶たれる時」は

「刻々と近づいて来ている」。

「それは、

支配欲の本来欲求と

その代償欲求に過ぎ無い他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配」の

「力関係が本来欲求重視に移行せざるを得なくなっている

人間世界の実態からも明らか」だ。

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配の代償欲求追及

比べっこ人間社会を続ける限り、

地球環境問題や格差問題等々の解決は不可能で

世界平和の実現も出来得ない」。

「世界平和無き、代償欲求追及比べっこ人間世界の行き着く先」は

「物質文明側ダケを急激に進歩・進化させた結果得られる

高度に進歩・進化した物質文明製品を自虐使用した

人類滅亡に直結するサバイバル戦争になる」。

「自己健常支配の継続を疎かにし、

その代わりの

他の者・物・事等支配や

他の者・物・事等による被支配を

過剰追及している

自虐人間集団が行き着く先」が

「既に、其処に露呈している」。

「他の者・物・事支配/被支配」や

「比べっこ」から

「卒業」して

「自己健常支配」と

「本質・快適探究に生きる人間が増えれば増える程、

人間世界の自虐度は下がり、

世界平和も近づき、

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の

長い存続~永続が実現可能になって行く」。

「その為に有益になる仕事をしているべき情報・教育界の者たち等」が

「未だに、実質的に、悪工作員等を利し続けている様・・・では」・・・。

「近未来において、

永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき実態が其処に在る」。

「他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配」を

「過剰追及している状態」の

「自己健常支配の継続から程遠い状態の人間たち」は

「即刻にでも、自らを正すべき」だ。

「正さないなら、

人類滅亡、

どころか、

地球消滅さえも、実現してしまう事になってしまう可能性大だから」だ。

「プチビックバン爆弾(破壊装置)の威力」は

「地球消滅など簡単なレベル」で

「下手をすると銀河系レベルで大破壊が起きてしまう事になる可能性大」でもある。

「悪に勝ちも先も無い事は既に決まっている」。

「悪人間集団は、独裁者や独裁政権等から一刻も早く離れるべき」だ。

「何故なら、近々、独裁者や独裁政権等は罰せられる事になるから」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「女性脳コミュニケーションパターン」等をダシに多くの視聴者の「共感」を求めている様相のテレ朝朝番でも「危険運転が適用されるか?否か?裁判問題」等のお手盛り論等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「ある罪」を「感情で裁く、裁かせる」のも「間違っている」のは「もはや、言うまでも無い事になる」。

「法適用を拡大解釈等を封じて厳格にし過ぎる」と

「悪が利されてしまう」のが

「実体や事実・現実との整合性」が「未だ、未だ、不十分な現行法の実態」だ。

「該当事件に対して」も

「感情で裁かず、現行法の上辺に過剰に縛りつけられず」に

「実体や事実・現実通りに原寸大で裁く事」が

「強く、望まれている」が

「多くのテレビ常連出演者等の論の実体」は

「感情まかせ・・・」であったり

「現行法至上主義状態」であったり

・・・等々と

「特定の思想信条や

特定の政党等々を利す為の政治運動」等々であったり

の様相なのだから

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「そして、それら常連出演者等の論等に対して

多くの視聴者の共感を得ようとしている様」は

「実態として、実質的、大衆誘導の実践になる」のだから

「極めて、悪質でもある」。

「こんな状態の是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「該当事件でもそう」だが

「現状人間社会で起きてしまっている、起こされてしまっている、多くの事件・事故等の

本質的、元凶」は

「自己健常制御状態の崩壊」だ。

「該当事件の被告にしても、

自己健常制御状態が崩壊していなかったなら

該当事件等などを

起こしている訳も無い」。

「つまり、法でも本質的に先ず、問われているべき」は

「自己健常制御の義務等になる」が

「戦後日本社会」では

「その根本」の

「自己健常制御を教えたり、

自己健常制御等々の理解・把握の役に立つ情報を十分に配信・提供等して来ていたり、

して来ていない」のだから

「言葉を教えられていない人間が言語によるコミュニケーションが困難な様」に

「互いに???状態」で

「根本抜きの法体系等のままの上」で

「その上辺をかき混ぜる事等により

何とか、誤魔化し続けようとして来ている様相」だ。

「そんな中で生まれて来ている」のが

「事件・事故等の実体から離れた

主として、被害者等の感情任せの

厳罰主義」等で

「ある事件・事故等に対して厳罰主義化する」と

「他の事件・事故等を裁く法律等とのバランスが崩れる」から

「また別の事件・事故等でも厳罰化を!」等々の

「負のスパイラル現象」が

「起きて来ている」のが

「お寒い現状の実体になる」。

「この負のスパイラル現象の延長線上」で

「あらゆる者・物・事等が法で厳格に縛られている

息苦し過ぎる人間社会化してしまう事を避けたい」のなら

「早々に、法等も、根本から構築し直した方が良い事になる」が

「現状までを{良く覚えた}事等利権上で仕事(利権集め)等を行っている様相」の

「現状の多くの法学者等」は

「本当に実効がある改善策等を提案等さえも出来ていない」のだから

「この実現象」からも

「現状の所謂、文系側の仕事???をしている者たち等」の

「遅れぶり等」が

「良く判る」。

「このまま、益々、

所謂、理系側との進歩・進化の速度のギャップが広がってしまう事」は

「人類滅亡に直結している」のだから

「いい加減に多くの所謂、文系側の者たち等も目を覚まし

{天動説}状態から{地動説}状態へと

先ず、自らを進歩・進化させるべき」だ』。

『「該当事件」でも

「自己健常制御状態の崩壊の責任」は

「当然、被告当人にも在る」が

「その前に、自己健常制御情報・教育の欠落状態が在る」。

「つまり、現状までに、

学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等々での情報配信等を行い続けて来ている多くの者たちにも

応分の責任が在る事になる」。

「例えば、テレビ・ラジオ・マスコミ等々の者たち」が

「自らの罪を自覚し、真摯に反省し、必要な改善措置等を行って来ている」なら

「多くの視聴者・読者等が

自己健常制御を継続させる事等の重要性を知る事が出来ている事になる」から

「場合によっては、該当事件も起きずに済んでいる可能性も決して小さく無い」。

「この様な事態の本質」を

「理解・把握する」なら

「未だに、必要な改善措置等を行っていないテレビ・ラジオ・マスコミ等の

酷く、劣悪な実態」も

「良く解る筈」だ。

「多くの視聴者・読者等を

実質的に、操る、或いは、マインドコントロールする、

内実、特定政党等の為の政治運動等」を

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って

連綿と続けている事等により

過分な立場・報酬・権力等々を得続けている」なら

「近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在となる事」等には

「相応の必然性が在る事になる」。

「是正は本当に急務」だ』。

『「該当事件を実体通りに原寸大で裁く」なら

「自己健常制御状態を崩壊させていた被告」の

「罪が起因」となり

「高速道路上に被告が運転していた車を停止させる事等により

被害者家族の車も停止せざるを得ない状態をつくり出す

危険運転を行った事に対する罪」が

「在り」、

「停止させた後に、

被害者家族を脅し、降りる事等を強要した被告の罪が在り」、

「被害者家族等がその場から離れる事を阻害し続けた

被告による監禁等の罪が在る」上に、

「事故等の場合にもあり得る

高速道路上の停止車等を見落して

追突してしまった

後続トラックの運転手の過失が在る」。

「被害ご両親の直接の死因」は

「トラックの追突による事になる」ので

「追突してしまったトラック運転手の過失も問われて当然になる」が

「その様な事態を招いた罪が被告にある事になる」。

「どんなに該当被告を厳罰に処しても、

何度もトラブルや交通違反等を起こして来ていた該当被告の特殊性等も

多くの人々が知らされているので

同様の新たな事件・事故等の激減に直結する訳も無い」が

「自己健常制御情報・教育の実践」は

「同様の新たな、ばかりか、他の多くの、事件・事故等の防止にも直結している」。

「被害者感情に同調して、必要なら、被害者を慰める事等も重要」だが

「その重要実務は、

被告に厳罰与えれば充足されるモノでは無く、

同様の新たな事件・事故等の激減に直結してこそ

充足され易くなるモノになる」。

「何度もトラブルや交通違反等を起こして来ていた被告の特殊性等も

考慮するなら

相応の厳罰が妥当になる」が

「自己健常制御を十分に教えられも知る事も出来て来ていなかった被告」の

「現状人間社会等が与えてしまって来ている不利益性」等も

「十分に考慮されるべき事になる」上に

「被告によらず、再犯等を防ぐ為にも、

収監等された人々へも自己健常制御を正しく教え・伝える事の重要性」が

「強く認識され、実効のある改善策が施されるべき事になる」。

「世間一般の人々にとっても自己健常制御情報・教育は極めて重要になる」のだから

「テレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々」の

「{地動説}化」は

「意識的かつ積極的に行うべき重要実務になる」』。

『「自己健常制御が公然化する、される」と

「自己健常制御の代わりに、

他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配を追及し続けている

不健常状態の者たちの実体も明らかになる事になる」が

「その様な実体が明らかになって困る」のは

「例えば、独裁支配者や独裁支配者の命令・指令の下で生きている者たち等になる」くらいで

「ほとんどの通常市民は困らず、

むしろ、その様な不健常な支配や

その下のスパイ・工作活動等から

解放され易くなる事になる」。

「現行法ダケ厳格解釈使用」では

「現行法の穴等を悪用して、

スパイ・工作活動等を行っている悪等が不健常な利権等を得易くなってしまう」が

「根本に自己健常制御が在る法体系等」なら

「スパイ・工作活動等不健常な事を行う事自体が直接罪となり、

その悪影響や結果等に相応の罪と罰を与える事も可能になる」から

「現行法の穴等を悪用しても無駄になる」。

「多くの法学者等が

人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って

法整備等しようとして来ていない」のは

「本当にどうかしている」。

「猛省」と

「即刻の改善の実践」等が

「非常に強く望まれている」。

「社会的認知や合意形成も非常に重要になる」。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事???の酷さ」は

「今更、言うまでも無い事」だろうが

「既に、散々、受け取って来ている過分な立場・報酬・権力等々を鑑みて」も

「実権者たちの責任は非常に重い事になる」。

「政治・政策・法改正等として、

実人間社会内で大きな実権が与えられて反映される前」には

「多くの人々の理解・把握や精神構造の健常進歩・正常進化が在る事が望ましい」のだから

「テレビ・ラジオ・マスコミ界の実権者たち等」も

「猛省」し

「早々に実効のある改善策を実践するべき」だ』。

『「自分の実体さえ???では自己健常制御も???で当たり前になる」から

「先ずは、科学レベルで判明している自分の実体把握情報・教育から始める事」が

「合理的になる」。

「参考になる事」は

「以前の記事の中にある程度の数在る筈」だから

「そちらをご参照下さい」』。

『「何処の国のどんな人でも人類は人類」だから

「訪ねて、会ってみたりする」なら

「同じ・・・」等と「認識出来易い」が

「同再支配下の人類」と

「自己健常支配状態の人類」では

「全く違う」。

「自由・民主主義圏の国の人々の方」が

「自己健常支配状態を構築し易い」のは

「多くの人々が既に、実感している事」だろう。

「誰かが、

丸ごと一人の殺傷等、酷い事を行ったなら、

酷い事を行った者には強い実権等を持たせず、

罪や罰を与える」のが

「自由・民主主義圏の常識」で

「独裁者・独裁政党等のお墨付きさえ在れば、

丸ごと一人の殺傷等の酷い事も可とされてしまう」のが

「独裁支配権の常識」だ。

「酷い事を行っても政権交代さえも無い独裁支配権の国々等」が

「盗聴等を行う事や、核兵器等を持つ事等の危険性」が

「其処にも露呈している事になる」が

「米国による盗聴等も

中国共産党や北朝鮮等による盗聴等も

同列に扱いたがる」のが

「北朝鮮金政権等のオトモダチ等が実権を握っているテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「其処に露呈している」のは

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等の実態になる」。

「その様な実態等に{共感}等を抱く事」が

「どれだけ自虐的で危険な事等になるのか」等は

「もはや、言うまでも無い事」になる。

「独裁者等の支配下の人間」でも

「自由・民主主義圏の人間」でも

「自己健常支配を失い、他の者の支配下で生きさせられている」なら

「本当の自分の人生は其処には無い」のだから

「支配/被支配から狭義の自分を解放」し

「自己健常支配に生きる事」は

「国籍や人種等々を問わず、今時の人類の責務になる」』。

『「何れにしても、

戦後日本のテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、高千穂の大量殺害・自殺事件を受けて、常連出演者や実力???の心理学者等が「同様の新たな事件・事故等の再発防止効果が極めて薄い論」等を公共の電波を使って一方的に大量配信していたが・・・。

『「その、情報を一方的に大量配信出来る公共の電波」の「無駄遣いぶり」は「本当に酷く、劣悪になる」。

「現状人間社会の中で起こされてしまい続けて来ている事件・事故等の多く」が

「現状脱出欲動の暴発故である事」は

「少なくとも、心理学者等なら十二分に理解・把握出来ていて当然」で

「現状脱出欲動の暴発を防ぐ為に有益になる情報配信を行う事」こそが

「同様の新たな事件・事故等の再発を防ぐ為に有益になる」のだから

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使う」なら

「その様な情報配信内容に成っていて然るべき」だが

「現状は、余りにも、酷く、劣悪過ぎる」から

「同様の新たな事件・事故等が起こり続けている酷い状態に

顕著な改善傾向が出て来ていない」。

「酷く、劣悪レベル」の「仕事???」しか

「出来ていない

常連出演者等」の

「報酬・出演料等や有名人利権増大効果等」が

「酷く、劣悪なら、相応に整合性が取れている事になる」が

「現状では、高報酬・高出演料・高い有名人利権増大効果付き等々である場合が

ほとんど」だから

「その整合性の無さ」も

「実人間社会を悪化させる少なく無い実効を持っている事になる」。

「こんな酷く、劣悪な状態の是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「該当事件に限らず、

現状脱出欲動は

何故?暴発して、させられて、しまっているのか?」

「現状脱出欲動を膨らませ続けている原因が在り、

現状脱出欲動の暴発を抑える、抑えさせる要素が少ないから」だ。

「そもそも、自己健常支配の継続に成功している状態の人間」なら

「現状脱出欲動が膨大に膨らむ事も無い」。

「現状脱出欲動を暴発させてしまった者たちの実態として

自己健常支配状態の崩壊、もしくは、喪失等が在る事」は

「少なくとも、心理学者等ならその事件・事故等の実態を知るなら、

誰にでも解る事であって然るべき」だ。

「では、何故、自己健常支配状態の崩壊、もしくは、喪失等が在るのか?」

「人間は世界中の何処の誰でも、

教え無き物事をいきなり出来る様には成り辛い」。

「戦後日本の情報・教育に自己健常支配の教えがどれだけ在るのか?」は

「検証するまでも無く、

戦後日本社会で生きて来ている多くの人々の実感・実体験通り」に

「自己健常支配の教えは、ほとんど無い」。

「では、人間は、自己健常支配を知らないとどの様な状態に陥り易くなるのか?」

「自己健常支配」とは「充足の在る本来欲求」だが

「自己健常支配を知らずに生活を送る」と

「必然的に、本来欲求の充足不足が起き、

本来欲求の充足不足は

往々にして、代償欲求の追及欲求を生み出す」。

「自己健常支配の代償欲求と成り得る」のが

「他の者・物・事支配と他の者・物・事による被支配」だ。

「自己健常支配を知らず、故に、疎かにし続けて来ている者たちの多く」は

「他の者・物・事支配」や

「他の者・物・事による被支配」に

「自己を置き易い」が

「もちろん、代償欲求では本来欲求が充足される訳も無く

代償欲求という自分の実体にとっては虚欲求になる欲求自体の充足も在り得ない」。

「ある代償欲求の追及に成功しても、自己生体自体の欲求は充足され無い」から

「代償欲求の追及は時と共に過剰に成り易くなる」。

「実例で言うなら、どんなに自分の下にお金や名誉や権力等を集められても、

更なるお金や名誉や権力等を欲しがる状態に在る」のが

「代償欲求追及状態の人間の実態」で

「その様な{病気}状態の者等が多大な権力を持つ」と

「例えば、独裁体制の国や企業等が出来上がってしまう」。

「独裁体制下に置かれた人間たちの多く」は

「仕方無く、他の者・物・事による被支配という代償欲求の追及上で生活させられる事になる」が

「もちろん、

独裁支配側も被支配側も、

自己健常支配状態から大きく逸脱している状態に陥っている状態に在る」のが

「現実」だ。

「自己健常支配を継続しているなら、

自己承認欲求の本来欲求を充足させる事も容易になる」が

「自己健常支配状態を逸脱している状態の者たち」は

「自己承認欲求の本来欲求の充足も困難な状態に陥り易い」。

「自己承認欲求の本来欲求の充足が困難な状態の者たちの多く」は

「その代償欲求を追及し易くなる」。

「自分で自分を心底から承認出来ない代わり」に

「他の者・物・事によるお墨付きを求めたり、

お墨付きのある他の者・物・事を認める事で

自分も認められている{仲間}に入り込もうとしたり、

・・・等々」の

「状態として現れる自己承認欲求の代償欲求の追及」もまた

「自己健常支配欲求の代償欲求の場合と同様」に

「充足が在り得無い」から

「代償欲求の追及は時と共に過剰に成り易い」』。

『「自己健常支配の継続」や

「自己承認欲求の健常充足」や

「代償欲求過剰追及の危険性」等々さえ

「ロクに教えられていない、ロクに情報が得られていない、

戦後日本の多くの人々」は

「経済による比べっこ支配/被支配権争い」という

「集団的代償欲求追及状態の社会に適合させられるべく

有益分子化情報・教育を浴びせられている状態下に在る」が

「もちろん、そんな自分の実体や自分の実体の本来の目的との整合性が悪い状態への

適合強い状態」は

「多大なストレスを生む」。

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が悪い者・物・事等を強いられる事」は

「自己自体を否定された感等を必然的に生み出させ、

それはもちろん多大なストレス等として

無意識内に内在させられていたり、

意識上に顔を出したりする」』。

『「多くの人間」は

「ストレス状態から脱出したがる」が

「多様な代償欲求追及欲求やストレス等が重なり合い

悪の共振状態を生み出してしまう」と

「時に、それは、現状脱出欲動の暴発として大爆発する事になる」』。

『「現状人間社会の多くの事件・事故の裏」では

「それぞれの事件・事故等に直接関わった個々の人間の精神構造状態の問題が蠢ている」が

「同時に、その様な個々の人間の精神構造状態を生み出す事に大きく関わっている

現状人間社会の精神文化状態の問題が大きく蠢いている」。

「個々の人間の精神構造」と

「人間社会の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させる事」こそが

「この現状人類の重大問題を解決する為の王道になる」が

「その王道を黙殺・隠蔽等し続ける事により

現状利権等を貪り続けようとしているのが

本質的に、酷く、劣悪な者たち等の実体」だ。

「本質的に、酷く、劣悪な者たち等が

近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」のは

「ある意味、当然の現象になる」』。

『「自分の居所を探し続けている人間は強い」等とは

「昨日のテレ朝ドラマの{決め台詞}だった」が

「未だに、そんな酷く、劣悪レベルの{決め台詞}等を喧伝した殺人ドラマ等」を

「連綿と続けている様・・・」では、

「本当に、情けない」。

「人間も動物も産まれながらに自分の居場所を与えられている」が

「その居場所をより快適な状態にしようとする」のが

「健常状態の生物の行う事」で

「ムシの良い、別天地を追い求めている事」等を

「居場所さがし等と言葉上ダケで美化等する」のも

「ズルい人間の行う事」だ。

「ズルの公然化」とは

「ズルにとって都合の良い事に他ならず、

ズルを蔓延らせるなら人間社会や国」は、

「直ぐに、病み、衰え、死を迎えてしまう事」は

「例えば、近隣の半島の実歴史等からも明らかな事」だ。

「産まれながらの居場所を快適にするのは大変だから、

手伝って欲しいや、

援助して欲しい」は

「健常な域」だが

「その必要性や必然性等がロクに無い」のに

「別天地等を求める」のは

「明らかに、ズルく、悪い」。

「ズルく悪い人間たち」は

「例え、別天地に行く、来る事等が出来ても

ズルく、悪い事を行い易い」のは

「戦後日本社会の実状からも良く判る」。

「例えば、北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等」を

「徹底的に摘発する」なら

「その実態は世界中の何処の誰にでも良く判る事になる」。

「徹底的に摘発等しなくても、北朝鮮金政権等が終わり、その実態が検証される」なら

「何れ、表に出る事になる者・物・事等が其処に在る」が

「その辺りの重大問題さえも、ロクに告発等せず、黙殺し、せしめ、

場合によっては、スパイ・工作活動等を手伝っているんじゃないの・・・というのが

戦後日本の情報・教育界や政界等の一部の者たちの実態」だ。

「選挙のある政界では、一部は当然の如く少数派化している様相」だが

「選挙の無い情報・教育界では、未だ、旧態以前とした状態のまま・・・の様相」で

「日本社会がナカナカすっきりしない元凶」を

「その辺りに感じている人々の数もかなり多い筈」だ。

「電子レーザー技術でも悪用している様相」の

「工作電磁波問題」を

「未だに、摘発等出来ていない政府・警察等も問題」だ。

「先日も、

所用の帰りにバイパスをドライブ中の筆者の車に対しても

足立ナンバーの足して18になる日産バン車や、

大宮ナンバーの足して25になるトヨタ普通ミニバン等から

工作電磁波(電子レーザーか?)が執拗に当てられ続けた

(バイパスは二車線在ったので

工作電磁波を察知出来る筆者の車は

車の居場所を何度も変えたが、

その二車は執拗に筆者の車の前後に位置取って来ていた)」が

「当てられ続けるとイライラさせられたり、眠気が誘われたり、

酷い場合には、心不全・呼吸不全等々の状態や気絶しそうになる状態さえ誘われる

工作電磁波」が

「原因の事故や煽り運転等の数」も

「決して少なく無い筈」だ。

「そして、その辺りにも漂っている」のが

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等の臭いになる」。

「素人、個人レベルの筆者でも感知出来るレベルの工作活動等が実在している」のに

「テレビ・ラジオ・マスコミ等で仕事をしている者たち等」が

「工作活動等を感知出来ない訳はあり得無い」。

「現行法では、電磁波工作等を摘発する事は困難かも知れない」が

「政府・警察等も法整備や体制の改正・整備等も含めて、

一般日本国民を本気で守る状態の構築を急ぐべき」だ』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「明治政府(=日本政府)が悪いゾ~!{政治運動}のイノベーション論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、イノベーション問題についても、現状の元凶」は

「戦後日本の情報・教育」であり

「断じて、明治政府等では無い」。

「だから、実際」に

「戦後日本の情報・教育等による悪影響が希薄な世代の経営者等」は

「例えば、

ソニーにしても、

ホンダにしても、

立派にイノベーション実現状態」だ。

「戦後日本の楽興教育上の優等生等を

学歴担保等と

偏重する状態に陥ってから」の

「劣化」は

「本当に酷い」が

「自らの非を認める事を苦手に{調教}されている

戦後日本の学校教育上の優等生等」は

「その反動形成として

自己承認の代償欲求を過剰追及している{病気}状態に陥り易く

往々にして、

優等生自体を認める{イエスマン優等生}を欲しがる」から

「負のスパイラル構造が働いてしまい、

時と共に、どんどん、更に、更に、酷く成ってしまって来ている」のが

「実体」だ。

「もちろん、テレビ・ラジオ・マスコミ界等の例外では無い」から

「実際」に

「例えば、

いじめや殺傷等々を{教える}情報配信は得意」でも

「いじめ欲動や」殺傷欲動等を消失させて行くのに有益な情報配信」等は

「未だ、十分に行えていない」。

「その結果」として

「実人間社会内」では

「同様の新たな事件・事故等々が

繰り返し、繰り返し、

起こされ続けて来ている」が

「その様な酷い状態」は

「その様な酷い状態等をダシに

優等生ぶり、正義ぶる事等が得意」な

「テレビ・ラジオ常連出演者やマスコミ常筆等」の

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等を利用した

自己承認欲求の代償欲求の過剰追及には

都合の良い状態でもある」から

「自分の非を認めない{優等生}代償欲求過剰追及者たち」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ界等での実権を保持し続けている限り

是正され辛い事になる」。

「実際」に

「是正されていない」から

「現状の様なイノベーション無し状態が続いている」が

「視聴者・読者等の本能」は

「良質な精神文化製品を求め続けている」ので

「結果として現れている実態」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ離れ」等となり

「スポンサーまで離れがちになれば

経営はもちろん、常連出演者や常筆や実権者幹部等々の懐も寒くなって来ていて困る」のも

「金の額=自分の価値」と

「自己承認欲求の代償欲求を過剰追及している状態の者たち」の

「酷く、劣悪で醜い常態」だ。

「個々の人類の精神構造と

人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化への実効が余りにも少な過ぎる

劣悪な精神文化側の仕事をしている劣悪状態の者たちが

得てしまっている過分な立場・報酬・権力等」も「含む」

「酷く、劣悪な配信情報(=精神文化製品)の

実人間社会に対する実害」は

「本当に膨大」だ。

「何れ、その責任はキチンと取らざるを得なくなる」のだから

「一刻も早い是正が必需である事」は

「今更、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本の学校教育やラジオ・マスコミ・テレビ情報等の精神文化の基軸」は

「二度と日本からの戦争が起こされない様にする為」の

「虚勢化」であり、

「朝鮮等によるズルまで入っている戦後処理を無条件に認め続けさせる為」の

「有益分子化」だ。

「その基軸」を

「多くの生徒・視聴者・読者等に受け入れさせる為」の

「上辺」は

「如何にも、紳士的優等生的、オモシロく、優しく、・・・等々」で、

「基軸に忠実なれば、大枚さえも付いて来るゾ~!幻影までをも

多くの生徒・視聴者・読者等に擦り込む為」に

「拝金教情報・教育もセットで付けられている」。

「その何処にも、自己健常制御に役立つ情報等は無い」から

「必然的に、多くの生徒・視聴者・読者等」は

「本質的に弱体化」し

「ストレス状態に追いやられる」。

「縋る者・物・事を追い求めやすい状態に{調教}された生徒・視聴者・読者等」は

「それらを支配・コントロールする事で私腹を肥やしたりしている本質的悪ども」が

「与える者・物・事」と

「それらを存分に買う事が容易に出来る大金を追い求める{亡者}状態の

{病気}にさせられている」。

「この重篤な精神{病}を治療しよう、させよう、ともせず、

多くの人々を{病気}状態に塩漬けにする事による

自己承認の代償欲求の過剰追及という実質的、大悪事を

行い続けて来ている」のが

「現状の多くの常連出演者や常筆等の実体」だ。

「その罪」は

「其れこそ、果てしなく、限りなく、深い」が

「自覚無き裸の王様たちの多く」は

「得られている過分な報酬・立場・権力等の{ヤク}」で

「自分を誤魔化し続ける事には熱心」でも

「自己の非を認めて是正する事等には

極めて、不熱心」だ』。

『「近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になるモノ」が

「其処に在る」』。

『「テレ朝昼番」では

「常連出演者等」が

「今時の若い人々は仕事で個性が発揮出来る事を望む旨」等

「恥じらいも無く、喧伝していた」が

「本来の仕事」とは

「自らの実体やその実体の本来の目的の為に有益な事」であり

「其れこそ、滅私奉公であってこそ、その様な実態が実現出来易い事」なのは

「仕事」とは

「本質的に

本来欲求の充足の利便性を図る事だから」に

「他ならない」。

「個性は私生活で楽しめば良い事に他ならない」のは

「個性を発揮し、

他の者・物・事等からお墨付き等を貰う

代償欲求の追及」は

「遊び程度であってこそ健常な域に成る事だから」に

「他ならない」。

「仕事と遊び」や

「本来欲求と代償欲求」の

「区別さえつけられない大バカ者等」を

「育成し続けて来ている」のが

「戦後日本の情報・教育」で

「そんなモノの上にイノベーションが無くなる」のは

「極めて当然の現象」なのだから

「そんなモノ」を

「例えば、学歴担保等と偏重し続けていても、

負のスパイラル上の時が重ねられてしまうダケに成り易い」のは

「極めて当たり前の現象に他ならない」。

「所謂、理系の方は、相応に科学レベルの実体が伴っている」ので

「学歴担保もアリかも知れない」が

「戦後日本の、所謂、文系の学歴担保は無しが妥当になる」。

「実際は、

現実離れも多く、偏向・偏重が酷い、

戦後日本の所謂、文系学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報」に

「違和感や疑問感等さえ抱ず、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や教師等の言う事等々を

素直に覚え込んでしまう程、

鈍い者たち」が

「優秀と思える」なら

「その時点で、終わっている」のが「現実」で

「それは、

現状の情報・教育界等で

優等生等として相応の立場・報酬・権力等を保持出来ている者たち」でも

「同じ事になる」』。

『「もはや、お仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等がどんなに応援していても

反対野党等の支持率は

そう上がらない」のも

「当然の現象」で

「与党より良い

より日本国・多くの日本国民の為になる

実行可能な

政治・政策等を提案等せず、

与党案には反対!で

実質的には、政治・政策実行を遅らせているダケ」では

「{邪魔}で国会議員等の立場や報酬等は高過ぎるでしょ!」等と

「感じたり、思ったりする有権者の数が多くなる」のは

「当然過ぎる現象でもある」。

「それを反対野党のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「良いイメージ付け等で応援」していても、

「与党に悪いイメージを付けて

反対野党を応援」していても、

「{邪魔}のお仲間が公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って

大衆誘導しようとしているダケ」等にしか

「多くの視聴者・読者等に

感じたり、思ったりされ辛い」のも

「極めて、当然の現象になる」』。

『「戦後日本の情報・教育等との親和性が高い

反対野党や

そのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校・教師等々」にも

「イノベーションが必需になっている」のが

「現実」だ』。

『「自らのイノベーション問題」は

「黙殺」したまま

「他のイノベーション問題」等で

「優等生ぶり、正義ぶる・・・」とは

「本当に、酷く、劣悪になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「自動車産業問題ご都合自論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、自動車産業問題等も現状人間社会・経済システム上の問題になる」。

「現状までの比べっこ人間世界上の問題」を

「内包している」のは

「極めて当たり前の現象になる」。

「この手の問題を解決する為に必要な事」が

「多くの人類の個々の精神構造」と

「人間社会の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させる事である事」は

「既に、当ブログでも、何回も記している」。

「この源流対策抜き」の

「上辺論の実体」が

「多くの場合、

例えば、

常連出演者等自らの利権維持~増大等の為」の

「ご用達、ご都合、お手盛り論等である事」も

「ご用達、ご都合、お手盛り論等で

多くの視聴者を実質的にマインドコントロールし続ける事等により、

例えば、常連出演者等の利権維持~増大等が可能に成り易くなる事」等も

「以前から、何度も指摘して来ている」。

「それなのに、未だに、旧態依然としたご用達、ご都合、お手盛り論等」を

「平然と公共の電波上にばら撒き続けている

常連出演者等の厚顔無恥ぶり」は

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「その悪影響が甚大である事」等も

「以前から、何度も、指摘して来ている」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「反対野党等のご都合論等をさも正義の論であるかの如く風潮し続けて来ている」のも

「反対野党のお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等の特徴」だ。

「反対野党等に出来るだけ良いイメージを持たせる事」と

「現与党・政府等に出来るだけ悪いイメージを付ける事」等による

「公共の電波や公共的マスコミを悪用している

実質的、政治運動等の酷さ」は

「もはや、多くの視聴者・読者等が飽き飽きするレベル」で

「その実効」も

「反対野党等への投票行動には結びつかず、

むしろ、反対野党等の政治実仕事等の能力の無さ」を

「益々、印象付けるダケ・・・等」では

「おバカな自虐劇」に

「公共の電波や公共的マスコミ等まで使っている事等」の

「悪質性が際立つばかり・・・」で

「益々、テレビ・ラジオ・マスコミ等の信頼等は無くなって行く」のだから

「現状の反対野党のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ界の実権者の裸の王様連中も

いい加減に、自らが裸の王様でしか無い事くらい気づくべき」だが

「根本的資質」が

「自己健常支配の代わりに他の者・物・事支配等を過剰追及している

実質的、{病気}の状態」では

「先ず、治すべきはその{病気}となる」が

「{病気}の自覚から現実逃避し続ける為の{ヤク}になっている

過分な立場・報酬・権力等が無くされるまで」は

「{ヤク}」漬け状態のまま・・・に成り易い」のは

「例えば、覚せい剤中毒者等と同様の話しになる」。

「戦後日本の所謂、文系学校教育上の多くの優等生の実態」が

「{病気}や{ヤク}漬け状態である事」は

「単なる偶然等では無い」。

「自己の実体把握や自己健常支配等を疎かにし過ぎてている学校教育等故」の

「極めて、当たり前の実悪現象」で、

「その優等生等が情報界で蔓延っている状態」では

「情報・教育共々が、{病気}や{ヤク}漬けの者たち等に都合の良い

本質的には、悪質なモノとなってしまい易い事」も

「極めて当たり前の現象になる」。

「この悪現象の負のスパイラルを是正する事」は

「現状の多くの人類の重大責務」だが

「本質的に劣悪レベルで{天動説}状態の情報・教育等に

染め上げられてしまっている人々の多く」は

「未だ、自らの{天動説}宗教(考え・思いレベルの納得)に

縋り付き続けた上での利権追及に忙しい」のだから

「本当に自虐的」だ。

「{天動説}宗教(同上)状態の者たち等に都合の良い

比べっこ人間社会・経済システム等を

連綿と続けて来た結果」が

「戦争の歴史であり、

戦争を避けて、経済戦争としたら、

環境破壊や格差問題が生まれ大きく育って来ている」のが

「実体」だ。

「グローバル化で経済世界大戦をするのが良い」等と

「未だに、本気で考え・思えている」のは

「比べっこ{宗教}の信者」等と

「相場は決まっている」。

「自己健常支配による本来欲求の充足」を

「多くの人類が実現し易くする為」には

「比べっこ」より

「本質・快適探究」の

「方」が

「遥かに適合性が高い」。

「比べっこでは格差・差別等も必需になる」が

「本質・快適探究」なら

「本質的善悪の探究とそれに基づいた正当差別等は必要になる」が

「本質的善悪差別以外の不当な差別」や

「不要なストレスを多くの人々に無理やり持たせる

考え・思いによる納得ベースレベルの比べっこ等」は

「基本的に不要になる」。

「不当な差別や比べっこ等」は

「個々の人類の精神構造の健常成長を促したり、

免疫を養ったりする為」に

「あくまでも遊びレベル」が「適切になる」。

「逆に、

人類誰もの自分の実体や自分の実体の本来の目的から整合性を取った

本質的善悪に基づく正当差別」は

「徹底的に厳しく行われるべき事になる」。

「急激に進歩・進化し続けて来ている人類の物質文明製品等の

自虐使用を防ぎ続ける為に必要な実務」が

「其処に在る」』。

『「昨今の車は個性が無い」とは

「古の車のいい加減さ等を個性等に置き換えて無理やり賛美している者たちの

考え・思いによる納得論」で

「実際の車の多様性」は

「総体的には、時と共により増している」。

「むしろ問題となっている」のは

「経済至上主義、もうけ至上主義等故の歪み」で

「例えば、コンパクトカーや軽自動車のほとんど」が

「儲け易いFFベースとされている事」等も

「その歪み故の悪現象の一つ」だ。

「ドライバーにとって快適な車」と

「同乗者にとって快適な車」は

「必ずしも一致しない」が

「その辺り」の

「選択自由多様性」も

「古の時代より今の方がある」。

「内実もよりしっかりしている」が

「問題」は

「経済至上主義等故に、多くの車が大型化しているところ」だ。

「道や駐車場等の大型化より前に車ダケが大型化しても

高い大きな使い辛い車になってしまう」ので

「その反動形成的に、狭い道や駐車場等でも使いやすい軽自動車」が

「日本では売れている」。

「経済二極化」で

「税金等も安い軽自動車を選択せざるを得ない人々」や

「自動車保有も無理で自転車等保有に切り替えざるを得なくなった人々」等々が

「増えてしまった経済システム上の重大問題の

自動車保有に対する実悪影響」も

「在る」。

「近々、自動運転やライドシェア」も「流行って来る」が

「それも進歩・進化上の必然性である

構築度を高める為に必要となる多様性の一環」で

「自動運転では無い車」や

「個人所有の車が無くなる事には直結し得無い」。

「経済世界戦争状態による悪害」は

「単純化・単一化・大規模同様化等を招き易い事」だが

「元々、

道路事情も燃料事情も使用事情も所有事情等々

国々で大きく違う自動車自体」は

「単純化・単一化・大規模同様化等が困難な物」だ。

「今後も自動車の時代が続く限り、

自動車等々に代わって重力制御移動等が主流になるまで

自動車自体の多様性は膨らんで行く事になる」。

「かつての日本車の排ガスが綺麗」とは

「ジャーナリスト等としてはあり得ない発言」で

「実際は、かつての日本車の排ガス」は

「世界的には技術的に無理」等と

「言われていた当時としては厳しい排ガス規制」を

「マスコミ圧力等により政治家が先走って決めてしまった」ので

「多くの日本車メーカーは、

排ガス測定時等には規制内容に沿うレベルの排ガスしか排出しない車」を

「大急ぎでつくった」。

「実質的には、粗製乱造した訳」だ。

「その結果、排ガス測定時等以外では、規制内容外の汚い排ガス排出」で

「実際の日本の空気も、それ程、綺麗では無かった」。

「ディーゼル主流で酸性雨の当時のヨーロッパよりはマシだった」かも知れないが

「米国サンフランシスコの大気の方が東京の大気より綺麗に感じた」のが

「当時の筆者の実感」だった。

「技術が追いついた後、

ようやく、

全ての日本車メーカーの排ガスも相応に綺麗になった」が

「それは、昨今の事でしか無い」。

「上辺の{無理やり}測定時等規制だけ」では

「法違反にならない罪は罪では無い」とばかりに

「ズルをする悪も出てしまう」のが

「比べっこ人間社会の現実」で

「{無理では無い、

やれば出来る規制}をつくり

まもらないと徹底して罰する」のが

「本質・快適探究人間社会の実態」だ。

「上辺優等生テレビ・マスコミ等」の

「実効」が

「排ガス上辺規制」と「同様」に

「ズルや悪を生み出し易くなる事」等は

「ある意味、極めて、当然の現象」なのだから

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では「{天動説}状態の常連出演者等」がインスタアップドリフト問題等をダシに「自己承認欲求・・・」等と、自ら等の問題抜きに、優等生ぶり、、正義ぶっていたが・・・。

『「自己承認欲求」には「本来欲求」と「代償欲求の追及」が「在る」。

「インスタアップドリフト{おバカ}」も

「超高報酬集めゴーン」も

「テレビ出演し続け常連出演者等」も

「自己承認欲求の代償欲求を過剰追及している状態」の

「自己健常制御状態から逸脱しているある意味、病気状態の者たち」に

「他ならない」が

「現行法上で現状までに明らかに違法」と「認定されている」のは

「上記の中」では

「インスタアップドリフト{おバカ}だけ」になるから

「現状まででは現行法上違法扱いされていないテレビ常連出演者等」が

「違法状態の者等の問題をダシ」に

「優等生ぶり、正義ぶったりする事等により、

過分な利権等を自らの下の収集したがる」のは

「戦時中の敵兵等大量殺傷将校等と同様」だ。

「戦争状態であったが故」に

「敵とした同じ人類」を

「大量殺傷等する事」が

「優れた仕事等とされていた」のと「同様」に

「{天動説}状態の人々が溢れている現状人間社会故」に

「テレビ常連出演等の実質的、悪事」が

「まかり通り続けている」のは

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「自己承認欲求にスポットライトを当てる」なら

「充足のある、本来欲求」と

「充足が無い、代償欲求の(過剰)追及」の

「区別等の説明を付ける」が

「自己承認欲求という言葉や上辺等ダケ」を

「独り歩きさせる事」等により、

「多くの視聴者等の理解・把握や考え・思い」等を

「ゾンビ状態に陥れない為」に

「必要」だが

「多くの視聴者等の理解・把握や考え・思い」等を

「ゾンビ状態に塩漬けさせる事」等により

「常連出演利権等の本質的には不健常な利権を抱きしめ続けていたい様相」の

「{天動説}状態の常連出演者等」は

「肝心要の必要情報を封印し続けて来ている」から

「多くの視聴者等の精神構造の健常進歩・正常進化等も大いに阻害され続け、

その結果として、人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化も遅々として進まない」。

「人類の健常進歩・正常進化を大いに阻害している非常に大きな罪」が

「其処に露呈している」』。

『「自己承認欲求の本来欲求を充足させ続ける事」は

「個々の狭義の自分個体にとって非常に重要な実務に他ならない」。

「自己承認欲求の本来欲求を充足させ続ける為」に「有効な事」は

「自己健常制御の継続等になる」。

「自己健常制御実現の為」には

「自分の実体把握を深め続ける実務が欠かせない」。

「自分の実体把握が疎かな状態」では

「その時、自らが行っている事等が、本当に自己健常制御になっているのか?否か?等さえも

必要十分に理解・把握出来得ない事になる」。

「その様な未熟な状態」で

「自己健常制御を行えているつもりになる事」等程、

「ある意味、恐ろしい事は無い」。

「例えて言う」なら、

「既に収拾状態に達していた大戦末期に

原爆を使用する事が正しい等」と

「短絡的に判断出来てしまったのと同様」の

「酷い、劣悪さ等」が

「其処に露呈している事になる」。

「史実実被害等から学ぶ」なら

「自分の実体把握を疎かにし続ける事」は

「絶対に避けるべき事になる」』。

『「自分の実体把握」は

「あくまでも、科学レベルで判明している実体や事実・現実によるべき事」だ。

「何故なら、科学レベルで判明している実体や事実・現実」なら

「他の自分個体との共有も可能になるから」だ。

「考え・思いレベルの納得等に基づく自分の実体把握」では

「考え・思いが同じ人々としか共有も出来ず、

それが事実・現実なのか?も???のままに成り易い」。

「例えば、丸ごと一人の死生観・人生観等に基づいた霊やあの世等の存在を含めた

自分の実体把握等が其れにあたる」。

「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実」は

「人間も含む生物の誕生・死は、細胞レベルの実現象である事」だ。

「生きている人は誰でも、

今、この瞬間にも、

細胞レベルでの誕生・死を繰り返しながら存続している」のが

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」で

「其の実体や事実・現実」は、

「古の人々が考え・思い、納得していた

丸ごと一人レベルの誕生・死」が

「実態離れしている事」等も

「明らかに示している」。

「今、この瞬間にも、

細胞レベルで死んでいる自分のある細胞に対して、

霊やあの世が必要と

考え・思い続けられる人々」は

「どれだけいるのだろうか???」

「細胞個体」では「脳神経細胞ネットワーク等も当然構築出来る訳も無い」。

「人の考え・思いや意識等」が

「脳神経細胞ネットワークに宿っている事」も

「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実」だ。

「だから実際に、

病気やケガ等により、

脳神経細胞ネットワークが損傷したりする」と

「記憶や、感覚や、意識等が無くなったりする事や、人格等さえもが変わる事も在る」。

「細胞個体にはDNA等は在る」が

「DNA自体は、直接、考え・思い等を発現出来得無い{人体の設計図}」だ。

「細胞個体に、丸ごと一人の霊やあの世等は明らかに不適合」で

「ある人体の{設計図}と適合性が高い」のは

「データ保存や其れに基づく構築等の世界になる」が

「同じDNAを持った別個体をつくっても、

その個体の経験等により具現化される

意識や考え・思い等が変わる事」は

「環境を異にして育った一卵性双生児等の実例からも明らか」だ。

「同様の脳神経細胞ネットワークというハードが同じ」でも

「環境等、其処に入れられるソフトが違えば、

違う意識や考え・思い等が育成される事」は

「ある意味、極めて、当然の現象でもある」。

「其れは、

現状で{天動説}状態の人々」が

「自らの{天動説}状態のソフト」を

「{地動説}状態にアップデートする」なら

「自ら、実体感等出来る事でもある」。

「生きている人間(生物)なら、

世界中の何処の誰でも、

今、この瞬間にも、

死自体を実体験している」のが

「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実」だ。

「死自体は今、この瞬間にも、実体験し続け済み状態」なのだから

「死自体を恐れる」のは

「明らかに、現実離れしている事になる」。

「しかし、

丸ごと一人レベルの誕生・死ダケに執着している{天動説}状態」なら

「死自体を非常に恐れる事さえも出来てしまう状態に容易に陥れてしまう」。

「では、古の人間も含め、多くの人類を、丸ごと一人に縛りつけたのは何だろうか?」

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」は

「人(動物)の意識」は

「丸ごと一人(一個体)レベルで捉えたがり、考え・思いたがる事」等だ。

「動物個体の意識は丸ごと一個体レベルで捉えたがる事」の

「延長線」で

「意識ダケ偏重」の

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観等が構築された」のが

「現実」になる。

「他の動物とは違い、脳が高度に発達した人類」は

「丸ごと一個体レベルだけでは無く、

より実体や事実・現実に近い

細胞レベルの理解・把握も出来る様になった」。

「それは、意識レベルだけを偏重していたなら不可能な事だった」が

「科学レベル」で

「色々な者・物・事等の理解・把握を実現可能にする技術」を

「手に入れ続けて来た人類」は

「科学レベルの理解・把握を元」に

「意識レベルだけ」の

「{天動説}状態」から

「抜け出し、{地動説}状態」に

「歩みを進める事が出来て来ている」。

「{地動説}状態の人間にとって」は、

「例えば、死自体は恐怖の対象では無い」。

「死自体の恐怖が無くなる分だけ、どう生きるべきか?」が

「益々、重要に成って来る」。

「もちろん、{地動説}レベルでどう生きるべきか?」が

「重要になる」から

「例えば、

考え・思い等による納得レベルの善悪感等から、

科学レベルの善悪感等への健常進歩・正常進化の必要性に迫られる事になる」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」として、

「生きている人類個体なら、

世界中の何処の誰でも、

今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら、存続している

数十兆の細胞群である事」は

「既に、明白」だ。

「其れでは、何の為に生きているのか?」

「其処で、自らは、細胞群であるのだから、

細胞群としての命の連続性を検証する」なら

「世界中の何処の誰の細胞の命の連続性」も

「地球上の全ての生物に繋がっている事」が

「判る事になる」。

「地球の全ての生物との命の連続性」から

「判明する事」は

「巨大な生命体の実態」だ。

「世界中の何処の誰でも、地球生命体細胞群の中の数十兆の細胞群」というのが

「人類誰もの基本的実体」になる。

「では、地球生命体細胞群の根本的目的は何か?」

「それが存続である事」は

「疑いの余地が無い」。

「地球生命体細胞群は、

自らの構築度を上げ続ける事により、

現宇宙の全ての生物も含む物質の崩壊に抗い

存続し続けて来ている」。

「地球生命体細胞群」は

「広義の自分」と「捉えても良い事になる」。

「狭義の自分」が「その中の数十兆の細胞群」だ。

「広義の自分の根本的目的が広義の自分の存続」と

「理解・把握する」なら

「其処から導き出される

科学レベルの善悪の判断も可能になる」。

「広義の自分の存続に対して貢献する事が善」で

「広義の自分の存続の邪魔をする事が悪」になる。

「地球生命体細胞群が地球外での存続も強く要求している事」は

「地球と共に、或いは、太陽系と共に、地球生命体細胞群がオシマイで良いなら、

存続が根本的目的には成り得ない事になる事からも明らか」だ。

「そして、

実際に、

地球生命体細胞群は、

その宇宙への進出を実現可能にする人類を生み出している」。

「存続が目的であるが故の実現象と捉える」と

「合理的になる状態が其処に在る」。

「宇宙進出さえも可能にする科学技術等を手に入れて来ている人類」は

「その科学技術等を自虐使用しない様にする為」の

「精神構造・精神文化を身に付ける必要性が迫られている」。

「物質文明側の進歩・進化に合わせた精神文化側の進歩・進化の必要性」が

「其処に露呈している事になる」。

「考え・思いによる納得レベルの死生観・人生観等から

科学レベルの死生観・人生観へと

多くの人類の精神構造を健常進歩・正常進化させる事」や

「科学レベルの善悪等も、その入り口になる」。

「物質文明側の急速な進歩・進化を実現し続けて来ている

今時の人類が

意識的かつ積極的に行うべき重要実務が其処に在る」』。

『「それなのに、未だに、

テレビ常連出演者等が{天動説}状態で常連出演も平気・・・では・・・」。

「自己健常制御の継続が当たり前」なら

「必然的に、常連出演という偏重事態による実害の問題」等は

「無視出来得ない重大事になる」が

「現状までもコウだったのだから・・・

現行法では合法なのだから・・・等々」と

「自分を誤魔化し、

自己承認欲求の本来欲求を充足させる事よりも、

その代償欲求の追及に当たる、

有名人利権や高報酬・お金等々を使って

他の者・物・事等に自分を認めさせる事等に

熱心な様相・・・」では

「益々、悪影響が大きくなる」のだから

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「ゴーン容疑者等々」の

「大量集金が必要な理由さえも問えない

酷く、劣悪なマスコミ人等と同様」に

「酷く、劣悪な者・物・事等を公然化し、象徴的に使う事」で

「自らの酷く、劣悪な小利権等の維持~増大等を図り続けよう・・・等としている

余りにも、健常進歩・正常進化から程遠い

病的な精神構造」を

「{治療}する事」は

「多くの{天動説}状態の人々」が

「今、迫られている重大な実務」になる』。

『「本来なら、{治療}や健常進歩・正常進化等の役に立つ情報配信等を行っているべき

テレビ・マスコミ等」が

「まるで戦時中のイケイケ!どんどん!!の様な酷く、自虐的な状態」では

「本当に、どうしようもない」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「反対野党の多くの場合の反対の理由」は

「解らないからヤダー!!!故の反対!」の様相だが、

「それをさも正義であるかの如き良イメージで風潮し続けて来ている

反対野党等のお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教師・教授等々」もまた

「{天動説}状態であるが故に、解らない事が山ほど・・・の様相」だ。

「それでも、立場等が在るから、自分は正しい等と思い込みたがっている様相」は

「天体の地動説が生まれている時代の宗教関係者等と同様」で

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になってしまう

裸の王様たち等は

本当に、お気の毒・・・」だ。

「その実害も考えるなら、

一刻も早い、是正が必要である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等がグローバル化問題をダシに「資質を問わない人間として扱い論」等を喧伝していたが・・・。

『「台湾の国民投票」でも「明らかな事」は「人間としての資質や民度等を十分に向上させる事抜き」の

「多数決や民主主義等の恐ろしさ等」になる。

「グローバル化で他国に流入して行く人々」や

「それを生み出している人々」や

「流入して来る人々を受け入れたがる人々」等々の

「人間としての資質や民度等」も

「問題にされ、十二分に考えられるべき」で

「その辺りの考慮抜きの経済論等」では

「実際の人間社会や経済システム等の改善には直結し辛い」のは

「人間社会・経済システム等の精神文化の前」に

「それを是とする個々の人々の精神構造が在るからに他ならない」。

「それは、

その時代の多くの個々の人々の精神構造」が

「武力による命がけの比べっこを是としていた

人類の戦争の歴史」の「教訓」からも

「明らかな事」だ。

「先人の命がけの教訓を生かせていない

今時のテレビ常連出演者等の資質」は

「明らかな劣悪レベル」等と「言われても仕方無い事になる」』。

『「精神文化面から認識する」なら

「戦争のグローバル化が世界大戦」で

「経済戦争のグローバル化」が

「現状の所謂、グローバル化」になる。

「当時の多くの人々精神構造が戦争で勝つ事に是を出していた事の

終極の結果」が

「世界大戦だった様」に

「その後の多くの人々の精神構造が経済比べっこで勝つ事に是を出している」から

「その流れの上で、現状の経済世界大戦状態である経済グローバル化が

具現化している」のが

「実体」だ。

「経済グローバル化の問題」を

「多くの人々の精神構造をそのままに解決しようとしても、

解決出来得ない事」は

「少し考えるなら、世界中の何処の誰にでも解る事になる」が

「現状までの多くの人々」は

「自分の外の問題は、良く理解・把握したがる」が

「自らの問題は、ロクの理解・把握等しようとしていない{天動説}状態」なので

「この程度の{少し考えるなら、世界中の何処の誰にでも解る事}さえ

???状態というのが実態」で

「自らの???状態を誤魔化し続ける為」に

「外の問題ダケを優等生ぶり、正義ぶり、批判・非難等する事等による

利権等まで創造し、それを維持~増大させよう・・・等とまでしたがる者たちまで

少なからず出続けて来ている」のは

「天体の天動説時代の宗教団体等やその信者等の実態」等と

「同様の現状に他ならない」。

「精神構造の進歩・進化を怠り続けて来ている人類」は

「自ら、広義の自分を破壊し続ける超自虐状態に陥っている」が

「物質文明側を進歩・進化させ続ける事には異常なまでに熱心」だから

「現状のまま進む」なら

「高度に発達した人類の物質文明製品を使う事による超自虐事態」が

「起こり続け、その終極に人類滅亡が在る事」は

「少し考えるなら、世界中の何処の誰にでも解る事になる」』。

『「個々の人類の精神構造を健常進歩・正常進化させる事」は

「グローバル化問題を解決する為ダケでは無く、

人類滅亡を避ける為にも

非常に重要な

個々の人類の実務」なのに

「未だに、その為に有益になる情報配信さえも出来ず、

{天動説}状態で優等生ぶり、正義ぶり続ける事等により、

過分な出演料等を自らの下に招き込み続けよう・・・等としている様相」の

「テレビ常連出演者等」は

「本当に、酷く、醜悪になる」。

「実体としては、今時に必要な情報配信さえ十分に出来ていない

酷く、劣悪な者たち等やその論等」を

「常連出演等させる事」で

「公然化し続ける事の実害」は

「膨大になる」。

「地球環境・人口問題等々がどうしようも無くなる前に、

人類滅亡を避ける為」には

「相応に急速な多くの人々の精神構造の健常進歩・正常進化が必要になる」が

「其れを遅滞させている事」は

「近未来において、多くの犠牲者を出す事に直結している」のだから

「その罪は限りなく深い事になる」。

「現行法や現行の摘発体制で摘発されなければ罪では無い事には

断じて成り得ない」。

「被害を増大させた事に対する代償」は

「例えば、永遠の恥辱に染まる道の上での名の大きさが大きくされる事等になる」。

「其処には、名誉・名声等も財産・資産等も無い」。

「在るのは、迷惑を被った人々からの避難の嵐等になる」。

「物質文明側で例える」なら

「例えば、

沈没する大きな客船を作っているのと同様」なのが

「今時なのに、未だに、{天動説}レベルの論等を

公共の電波上や公共的マスコミ上等々で

大喧伝している者たちの実体」だ。

「そのまま航海に出て、

多くの人々が死傷してしまった時の責任が問われない等と

考え・思えているなら、

本当に、どうしようも無い程の劣悪者になる」から

「即刻にでも常連出演者等の要職から降ろすべき」だ。

「自らの含む個々の人間の資質や民度等さえも問わない、

酷い{天動説}状態から

一刻も早く、{地動説}状態に

自らを健常進歩・正常進化させる事」等を

「多くのテレビ常連出演者等に、非常に強く要求する事」等は

「多くの視聴者等の役割になる」。

「視聴者自らも{天動説}状態から{地動説}状態に

自らを健常進歩・正常進化させる事」が

「非常に重要になる」』。

『「2025年大阪万博が決まった」が

「現状人間社会・経済システム上での経済効果等ダケを目的にしている様」では

「本当に、自虐的になってしまう」から

「せっかくの万博チャンスを活かす為」にも

「個々の人類の精神構造と人間社会の精神文化の

{天動説}状態から{地動説}状態への健常進歩・正常進化」に

「直結する実務」を

「大いに行い、どんどん新たで真に有益な精神文化製品を生み出すべき」だ。

「既に、{地動説}状態であるが故に、

急速な進歩・進化を実現出来ている物質文明製品」に「依存」した

「2025大阪万博」では

「人類滅亡の時をより早くする負の実効を持つ事になってしまう」が

「急速な進歩・進化を実現し続けて来ている物質文明製品」を

「安全・快適に使用し続ける為に必要になる

個々の人類の精神構造の健常進歩・正常進化に直結している精神文化製品が

十二分に付いている2025大阪万博」なら

「人類滅亡を避けるばかりか、新世代への軟着陸の役にも立つ

非常に有意義な万博に出来る事になる」』。

『「以上なまでに高額な{世界基準}の役員報酬問題」も

「公道を走る車の馬力が例えば、1000馬力もあっても、使い切れないのと同様」で

「実用目的なら、実際に使うに十分な範囲である事こそが適切である事」は

「少し考えれば、世界中の何処の誰にでも分る」。

「それでは、何故、使い切れない大馬力を欲しがるのか?」

「それが、

比べっこの為であり、

虚栄心等の為であり、

代償欲求過剰追及の為である事」は

「{天動説}状態では無い人々」なら

「少し考えるなら、世界樹の何処の誰にでも解る事になる」。

「解らない」のは

「裸の王様と同様の状態」の

「{天動説}状態の人々になる」。

「現状人間社会・経済システム上で特定個人の下に集められる過剰な大金等の

実害の分」が

「非難されるべき人々になる」。

「自己承認欲求の本来欲求の充足も困難にする悪業」は

「{地動説}状態なら、やる気にならない悪業で、

行ってしまっているなら、

直ちにでも是正したくなる悪業」だが

「{天動説}状態の人々」は

「現行の比べっこに都合が良い自虐的な人間社会・経済システム上」で

「違法では無く、摘発等もされないから{免罪符}」に

「縋り付きながら、自らの天動説状態を維持し、

その醜態を

無理やりにでも他人にも認めさせ続けるべく

過剰な大金等を自らの下に置き続ける悪業に熱心に成り続けている様相」だ。

「この様な酷い、悪現象」も

「多くの人々の精神構造が{地動説}状態に健常進歩・正常進化する」なら

「必然的に消失して行く事になる」』。

『「未だに、天動説状態の者たちを常連出演等させ続けているテレビ・ラジオ等」は

「本当に、酷い」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

より以前の記事一覧