財務事務次官セクハラ?問題、「テレ朝上司・幹部等によるパワハラ」等の可能性もあるのに「実態解明を訴えず、セクハラ決め打ち情報配信を続けている」テレビ等の異常性・・・。

『「例えば、テレ朝上司・幹部等が、該当女性社員」に「女を武器にしてでも、財務省事務次官からスクープネタを取って来い!

それが無理なら、

セクハラ等として訴えられる言葉や態度等を取り、弱みを握れ!」等の

「命令・指令等を与えられていた」としても、

「今回の財務省事務次官セクハラ?問題と同じ事態」が

「出来てしまう」。

「その様な場合」なら

「テレ朝女性社員に対する

テレ朝上司・幹部等からのパワハラ」等が

「問題にされて然るべき」だ。

「テレ朝女性社員」が

「テレ朝では無く、新潮にリークした事との整合性も取れる事になる」。

「テレ朝女性社員のリークを受けて新潮が

テレ朝のパワハラでは無く、

財務省事務次官のセクハラとして

大々的に扱った裏」には

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界に根深く巣食っている

実権者人脈の問題があるのかも知れない」。

「つまり、上辺は違っても、

テレ朝も新潮も、その他のテレビ・ラジオ・マスコミ等のほとんど」も

「同じ実権者人脈の下に在り、

その人脈の利権維持~増大等の為の判断が

一番力を持ち易い不健常な状態」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界の利権維持~増大等の為」なら

「政治家はもちろん、財務事務次官でも

困窮状態に追い込むべく

ほとんど全てのテレビ・ラジオ・マスコミ等で

セクハラ決め打ち情報配信を行う

実質的、パワハラを公然と行い続ける」

・・・「そんな実態が露呈している様相でもある」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界のほとんど」と

「同じ実権者人脈と強く推定される

反対野党等、女性議員等が

♯Me Tooのプラカードを上げて

テレ朝女性社員がカミングアウトしない、させない旨等

訴えていた」のも

「本当に、変」だ。

「♯Me Too」とは

「セクハラ被害にも押しつぶされずに、

勇気を持ってカミングアウトする手段も含めて、

セクハラ実態を積極的に告発する事で

セクハラ事態を撲滅する事に力を加える

ネット上の有効な器」でもある。

「本来の♯Me Too」には、

「セクハラ実態等の実態解明を抜きに、

セクハライメージだけで、事を処理する、させようとする様な

姑息なモノは無い」。

「♯Me Too プラカード」を

「掲げていた該当女性議員等」が

「自らが受けたセクハラを告発等している」なら

「未だ、話しは分る」が

「該当女性議員がセクハラを受けた実態等は

報道等されていない」。

「該当女性議員等が訴えていた」のは

「セクハラ被害を受けたとされているテレ朝女性社員の

匿名性等の保護」等だった。

「そして、

実態解明が未だ不十分な状態のこの問題を

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や反対野党等が

強く主張している

セクハラ決め打ち!で

終始させようとしている様相等」だった。

「明らかに変な状態」が「露呈」していた』。

『「日本の国政を大いに乱している一因となっているばかりでは無く、

ここまで、多くの日本国民を騒がせてしまっている

財務省事務次官セクハラ?問題」で

「財務省事務次官」は

「仕事にならない状態をつくり出してしまう一因をつくってしまった責任を取って、

潔く、辞任」した。

「その上で、裁判等での実態解明を訴えている」。

「テレ朝女性社員」は

「テレ朝やほとんどのテレビ・ラジオ・マスコミ等に圧殺されている状態の様」で

「当事者であるのに、

大衆に向かった発言権等さえ

満足に持てていない、持つ事が許されていない様相」だ。

「其処から漂って来る」のは

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等」の

「強大な圧力等であり、

其れが、現状では、該当女性社員に対して、

実質的には、強大なるパワハラ等として

襲い掛かっている様相」だ。

「♯Me Tooの流れを大きく阻害している様相」の

「現状のほとんどのテレビ・ラジオ・マスコミ等の

この問題に対する情報配信内容」は

「明らかに変」だ。

「第一に優先すべき」は

「事の実態解明である事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「事の実態解明等を疎かに、

セクハラ決め打ち!で

実質的には、反現政権政治運動等を行い続けている者たち等」に

「日本の公共の電波を使わせ続けたり、

日本の公共的マスコミ上で大々的に自論等を公表させ続けたり、

過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「公共の電波を使っていたり、

公共的大マスコミとして情報を一方的に大量配信等していたり、

公共的教育上で、未熟であって当然の生徒等に教えられていたり、

するのに、

選挙も無いが故に人脈交代も無い

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や

学校教育界等の

重大問題の是正は急務」だ。

「実権者人脈の問題が濃い事」は

「偏重・偏向花盛りの事態扱いぶりや

その論調等」が

「選挙のある国政等ではマイナー勢力となっている反対野党等や

北朝鮮等との

親和性が高く」、

「所謂、保守政権・保守政治家等への拒絶性が高い」

事等からも

「良く判る事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が優等生ぶって「{お手盛り}セクハラ論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「言葉狩り等が得意な者たち」は「言葉狩りセクハラ化」も「得意な様相」だ。

「もちろん、実際のセクハラ」とは

「言葉そのものに在るのでは無い」。

「その時に至る状況やその時の状況等まで含めた上で

実セクハラ被害の有無が検証された後

セクハラの有無も判明する」。

「今回の財務省事務次官セクハラ?問題」の

「多くの報道情報配信現状」は

「財務省や事務次官等に悪イメージを付け

テレ朝社員に被害者イメージを付けるレベル」で

「終始している」。

「実体・実態・本質等の探究無き

悪イメージ・被害者イメージによる大衆誘導の実態」が

「其処に露呈している」』。

『「テレ朝がセクハラ告発を今頃になって行っているのは何故か?」

「政治状況的」には、

「今、財務省関連で、

更なる問題を積み重ねられる」なら

「財務大臣辞任要求等がし易くなる」。

「この辺りの実態」からも

「今回の{言葉狩りセクハラ大騒動化}」の

「実体」は

「ある程度推定出来る」』。

『「本当のセクハラ」なら

「セクハラがあった時点で、大騒ぎすれば良い」。

「何しろ、民放キー局」なのだから、

「大騒ぎ化は簡単」だ。

「更なるセクハラ被害を防止する為」にも

「直後の大騒ぎこそが適切になる」。

「それなのに、そうしてない」ばかりか、

「まるで、待て命令でも下されたのかの如き状態」が

「露呈している」』。

『「テレ朝幹部等による待て命令等」を

「誤魔化す為の策」が

「同じ、戦後日本のメディアのお仲間、新潮への女性社員からのリーク」と

「考える」なら

「相応に、合理的になる」。

「テレ朝が今頃、告発・・・」では

「多くの視聴者等の思いの中」で

「仕込みや、工作や、政治運動等の臭い」等も

「出て来易くなる」が

「女性社員が個人的に他メディアにリーク」なら

「それらの臭い等も出て来辛くなる」。

「その分、テレ朝自体が責められ易くなる」が

「それは、

テレ朝が、

他メディアにリークした女性社員を

処分しない為の

いい口実にもなる」』。

『「テレ朝の女性社員は約一年半前から財務事務次官と一対一の酒席を持てていた」との事だが、

「その直後から{隠し}録音が始まっていた事」等は

「11月の録音在り」等から

「容易に推定出来る」。

「身を守る為」なら

「隠し録音より

告発であり、

一対一では行かない事等」が

「より有効になる」。

「パワハラ的に、一対一で誘いに応じ続けなければダメ!等と執拗に迫られていた等」の

「事態があった」なら

「その旨の告発もあって然るべき」だ』。

『「テレ朝の女性社員」が

「どの様な手段」で、

「財務事務次官との一対一の酒席を持てる様になったのか?」や

「その一対一の酒席が継続的に行われる様になったのか?」は

「今回問題化されている言葉等がセクハラに当たるのか?否か?」を

「判断する為に非常に重要な要素になる」。

「財務事務次官側が、パワハラ的に執拗に誘った」なら

「今回問題化されている言葉等も、セクハラに該当する可能性が非常に高くなる」。

「テレ朝社員側が色気等を醸し出して誘い続けていたなら

その流れの上で、

財務次官側が

口説く為に

色々な言葉を投げかけた様な実態の可能性が高くなる」。

「その差は甚大」だから

「状況面での実態解明」に

「テレ朝等も動くべき」だが、

「テレ朝等から、財務事務次官側が執拗に誘った等の旨の情報は出て来ていない」。

「その反面、財務事務次官や財務省に

実質的に、{悪イメージを付ける情報配信}等が

積極的に、行われている」』。

『「実態解明により多くの視聴者等が

実体や事実・現実等を理解・把握出来、

納得等出来る情報配信」では「無く」、

「多くの視聴者等に

財務事務次官や財務省に対する悪イメージ等を抱かせる

情報配信を行っている実態」が

「露呈している」。

「そして、その裏」には

「財務大臣辞任圧力の増大化等が付いている」』。

『「これだけ世間を大騒ぎさせている財務事務次官セクハラ?問題」なのだから

「Me Too!!」の「流れが出て来ている昨今」、

「テレ朝女性社員等にも

事の実態を大衆に説明する責任がある」と思う。

「そもぞも、

財務事務次官の立場の者が

セクハラと取られても仕方の無い言葉を

取材に来ている者相手に、

そんなに、簡単に口にするだろうか?」

「取材なので録音しています」等の

「一言があったなら、絶対に口にしていない事は明らか」だ。

「テレ朝女性社員が身を守る為」なら

「その一言で十二分だった筈」だが

「実際に行ったのは、録音している旨の通達では無く、

隠し録音」だった』。

『「弱みを握って、脅す事等を悪の商売にしている者たち等」は

「隠し録画や隠し録音等が非常に得意」だが

「その辺りと同様の臭いさえ漂って来てしまう」。

「その様な印象を拭い去る為」にも

「本当にセクハラがあった」なら

「テレ朝女性社員は堂々と表に出て

実際の実態を

その前後関係も含めて

事実・現実通りに公表するべき」だ。

「財務事務次官側」は

「裁判上で明らかにするつもり・・・」かも知れないが

「今、多くの日本国民を大騒ぎさせている事」が

「政治運動の為では無く、

セクハラ極滅の為等」なら

「今、堂々と公表する事等こそが、

Me Too!!の流れを強くする事にも直結する

メディアの人間としての重大な責務の筈」だ』。

『「現状で、実態解明が不十分なまま

財務大臣辞任しろ!の

反対野党等の為の政治運動を行っている者たち」は

「明らかに、変」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の臭いさえ漂って来る」・・・』。

『「財務省事務次官セクハラ?問題」も

「どう処理する事」が

「日本国・多くの日本国民の為になるのか?」は

「忘れてはいけない重大ポイント」だ。

「もちろん、セクハラの撲滅や、Me Too!!の流れの増大」は

「日本国・多くの日本国民の為になる」。

「実態解明も疎かに、

部分偏重や悪イメージ等の大喧伝により、

多くの日本国民等に、

財務事務次官や財務省を悪者扱いし、

財務大臣の任命責任を追及等する

考え・思い等」を

「今、持たせて喜ぶ」のは

「何処の国のどんな人々になるのか?」

「北朝鮮のオトモダチも多い、

反対野党等やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等や

北朝鮮金政権やその手下等々」なら

「出来る限り早い日本の政変」で

「日本も従北政権化する事」等こそが

「喉から手が出るくらい渇望している事!」なのかも知れないが・・・』。

『「セクハラ被害者」でも、

「性暴力等の被害者」と

「酒席上の特定極一部の言葉をセクハラと訴えている被害者」では

「その実体が全く違う」。

「性暴力の被害者等」なら、

「訴え出る事等に対し、

Me Too!!の流れが出て来ている昨今でも、

かなり高いハードルを感じるのも当然・・・とも思える」が

「酒席上の特定極一部の言葉をセクハラと訴えている被害者」なら

「既に、訴えている」のだから

「その訴えを広げる事に

そんなに高いハードルを感じる必要性も無い筈・・・と思える」。

「今回の財務事務次官セクハラ?問題」で

「自ら被害者と訴えているテレ朝女性社員の場合」は、

「既に、{隠し}録音をした内容を週刊誌等に訴えている」のだから

「政治運動等や情報工作等による大衆誘導等目的では無く、

セクハラ撲滅目的等」なら

「堂々と大衆の前に訴え出られて当然・・・」でもある』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

財務省事務次官セクハラ?問題の実体は、「テレ朝女性社員によるセクハラトラップ取材」か?「財務省事務次官によるセクハラ」か?「両者コラボの安倍政権転覆工作」か?・・・。

『「一年半も前から、一対一取材をしていたというテレ朝女性記者」は「その直後から隠しどり録音も行っている」。

「財務事務次官との一対一の酒の席」に

「招かれる状態」が

「どの様にしてつくられたのか?」から

「検証しないと、この問題の本質も分らない事になる」が

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「セクハラ決め打ち状態」だ。

「現状では、

少なくとも、タイトルの3事態くらいは想定した

検証が必需なのに!」』

『「韓国で従北政権化工作が成功」し

「日本の従北政権化工作がより旺盛になって来ている昨今」、

「従北政権とは程遠い、

北朝鮮に厳しい

日本の安倍政権と

米国トランプ政権を

過剰なまでに、一方的に批判・非難等し続けて来ている」のが

「日本の中の従北テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「{差別の無い}官僚・公務員の世界」にも

「従北人脈の者たちは、少なからず居る」。

「そして、そのどちらにも、東大卒等、所謂、高学歴者等も居る」』。

『「昨今、日本社会の中で大騒ぎ化されている

実質的、小問題の裏」には

「従北政権化工作の臭いが濃厚に漂っている場合が多い」』。

『「今回の財務省事務次官問題」でも

「反対野党やそのお仲間マスコミ等」は

「事の実体解明等より、

安倍政権の批判・非難等に忙しい様相」を「露呈」している』。

『「テレ朝女性社員」は

「未だ、名乗り出て来ない」が

「本当にセクハラなら、

Me Too!!の流れが出て来ている昨今、

その流れを増大させる為にも

堂々と出て来るべき」だ。

「メディアの者が、言葉上のセクハラレベルで沈黙」を

「公然化する事」は

「セクハラを行う側にパワーを与えてしまう事に直結している」。

「逆に、言葉上のセクハラレベルでも堂々と告発されてしまう事等」が

「公然化する」なら

「それは、セクハラに対する大きな抑止力になる」。

「メディアの者なら、取るべき態度は明らか」だ。

「出て来ない状態」では

「セクハラトラップ取材等の可能性が強く言われても

ある意味、仕方無い事になる」』。

『「現状までに出て来ている実態」から

「事務次官が一対一で

何度も

酒席に誘いたくなっていた者であった事」は

「疑いの余地が無い」。

「更に、約一年半の{お付き合い}で

昨年の11月の録音があるとの事なので、

{隠し}録音が、

かなり早期から行われていた事も明らか」だ。

「録音付き{通常}取材なら、

財務事務次官ともあろうお方が

絶対に口にしないであろう言葉の数々」も

「客観的に見るなら{口説いている}」で

「思わせぶりな素振り等が、前後も含めて全く無い事等が

判明しない限り

直ちに{セクハラ!}とは言い難い」。

「何しろ、一対一の酒席」だ』。

『「忘れてはいけない可能性」は

「両者コラボによる日本の従北政権化工作の一端」等の

「事態」だ。

「日本人のほぼ全てが帰還した朝鮮半島内とは違い、

北朝鮮系の者も少なからず居る」のが

「戦後日本社会の実態なのだから!」』

『「その時の社会や政治等の大きな流れも含む、状況等を黙殺し、

言葉の部分ダケ等を偏重して

事の実体を歪めて伝える悪癖」は

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「直ちに直すべき悪癖」だ』。

『「財務省事務次官問題で、

セクハラ決め打ち報道等を続けている

テレビ等」では

「北朝鮮の核保有を異常なまでに高く評価していたりする」。

「更に、今後の極東情勢として、

中・北朝・韓等の反日コラボの成立等を言い、

それを睨んで、

それらの国々との親和性の高い日本の政治等を訴えていたり・・・等々している」。

「お仲間である反対野党等を少しでも利そうとしている

視聴者等マインドコントロールの実態が露呈している」。

「もちろん、公共の電波や公共的マスコミ等を使って

実質的、大衆誘導等を行う事は、

厳しく取り締まるべき事」だ。

「ラジオ等悪用のナチス・ヒトラーの二の舞を絶対に許さない為にも!」』

『「商業コマーシャル等ならイメージによる大衆誘導等も

視聴者も重々承知で、

ある意味、仕方無い事」だが

「公共的大媒体が、

政治・社会等の面で

イメージによる大衆誘導等」は

「絶対にダメ!!」だ。

「学校教育が未だ未熟な戦後日本社会」で

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による

政治・社会等の面での

イメージによる大衆誘導が許容される事」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズム状態の日本社会にする事等を

可能にしてしまう

悪魔の罠の道に他ならない」』。

『「財務省事務次官問題」でも

「少なくとも、タイトルの三事態くらいは、

列挙した上で、

本質探究情報配信等を行うべき」なのが

「公共的媒体」だ。

「逆に、個人レベル・個人個人等」は、

「それぞれ自由・勝手であるべき」だ。

「偏向・偏重等の無い、

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信を

素に

個人個人が個々の自由・勝手な判断等をする事等を

可能にする人間社会であってこそ、

民主主義等も成り立ち得る」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズム」と

「民主主義」は

「全く別モノ」だ』。

『「2020年までに北朝鮮の核・ミサイルを無くす

北朝鮮問題の解決法」とは

「リビア方式に他ならない」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等がリビア方式を承諾しない」なら

「体制転換策が実行される事になる」。

「この都に及んで、核を持ったから北朝鮮の勝ち!等のイメージを喧伝している者等」は

「本当にどうかしている」。

「散々の極悪事を積み重ねた段階で北朝鮮の負けは決まっている」。

「その上、国際社会の意向を無視して、核・ミサイル等まで保持する事で

逃げ延びようとし続けて来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だが

「それも、もう、オシマイ!」というのが「実体」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等は既に詰み、

今は、敗戦処理に忙しい」のが

「現実」で

「敗戦処理を誤ると、北朝鮮劣悪国家指導者等も逮捕・排除・駆除等される」のが

「現実」だ。

「その後に在る」のは、

「反日国コラボ状態の極東地域では無い」。

「旧社会・共産圏的精神文化から

自由・民主的精神文化に以降して行く極東地域」だ。

「この後に及んで、

未だに、

旧社会・共産圏や、反日コラボ等との親和性を言う、

時代遅れの所謂、左翼(内実、親朝鮮等)は

本当にどうかしている」。

「公共の電波上で、そんな者等を公然化する事により、

同様の時代遅れの考え・思い等を抱きしめ易くなる

視聴者等を育成等させよう・・・等としていても

本当に、仕方無い」。

「今時のテレビ等による配信情報内容」は

「今時が要求しているレベルに十分に達しているべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、財務省事務次官問題で、「ネットの匿名性を大批判等している常連出演者等」が「ハニートラップ等を仕掛けた金の手下、工作員等かも知れない、女性記者の{匿名権}維持を訴えていたり」等していたので本当に呆れた・・・。

『「財務省事務次官問題の実体」は「未だ、不明」だ。「仮に、セクハラだったとしても、{三―ツツウ!!}の流れが出て来ている昨今」、

「{三―ツウ!!}の流れを正義ぶって後押し等する論調を喧伝し来ているメディア等」が

「記者?の匿名{権}の維持」を

「喧伝している事」は

「明らかに変」だ。

「明らかに変な者・物・事の裏には、相応の本質が在る場合が多い」』。

『「日頃から、実態解明等を正義ぶって訴えて来ているメディア等」なら

「{セクハラされた!}等と騒いでいる女性記者」も

「その時に女性記者が録音したと主張している音源の全て」も

「公開する」のが

「当然になる」。

「日本の行政文書等では全面公開(日本丸裸化策略)を強く主張」し

「そんな主張をする、メディア自らはスティルス状態を維持」では

「其処に露呈している」のは

「日本国・多くの日本国民にとっての公益性では無く」、

「例えば、

日本の乗っ取り支配工作等を行い続けている

反日国独裁政権等にとっての

利便性等になる」。

「その様なメディアの不健常状態を是正する事」等は

「日本の公益に直結している」』。

『「今回の財務省事務次官セクハラ?問題」も

「現状」では、

「他の多くの大問題化されている実質的、小問題同様、

メディア側が一方的に持ち出して来ている

偏向・偏重、極一部情報ダケ」が

「基」の「大騒ぎ」だ。

「事の実体」は

「セクハラなのか?ハニートラップなのか?羽目を外した飲み会等なのか?」も

「未だ、不明」というのが

「現状」だが

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「メディア(新潮)が出した

実質的、偏向・偏重、極一部情報を基」に

「最初から、

財務省事務次官セクハラ決め打ち」や

「それをダシにした

悪イメージ付け誘導等による

反安倍政権感増大的論調」で

「視聴者・読者等の頭の中を埋め尽くす為」の

「情報の一方的大量配信」等を

「行い続けている様相」だ』。

『「其処に在る」のは、

「本質や実体や事実・現実を解明し、大衆周知等する

健常なメディア等では断じて無い」。

「日本の現状の政治や

北朝鮮に厳しい安倍政権等に対し、

悪いイメージを付ける事」等により、

「日本も韓国同様に、従北政権したい様相が強く露呈している

実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作機関」等になる』。

『「その様な実体を露呈している現状の日本のメディア」が

「仕掛けた、ハニートラップや

情報工作等の可能性もかなりある」のが

「今回の財務省事務次官セクハラ?問題」だ。

「先ずは、実態解明が極めて重要である事」は

「言うまでも無い事になる」』。

『「財務省側は、{お役所的に}実態解明に動いている」。

「メディア側はどうか?」

「19日に発売される新潮」で

「取材内実」が、

「セクハラされたと言うなら、該当記者の{三―ツゥ!!}も含めて、

前後関係と共に、

全面公開等される」なら

「実態解明に動いていると言える様になる」』。

『「全容が良く判らない内から、悪イメージ・被害者イメージ等だけで

事の実態を決めつけて

其れを基に、他の判断をする事」は

「非常に危険」だ。

「実質的には、

メディアが日本全国を大騒ぎさせている問題」により、

「多くの日本国民を危険状態に陥れない為」にも

「メディア自らが

意識的、かつ積極的に、

全容解明に動く事」は

「極めて公益性が高い事になる」』。

『「それなのに、未だに、多くのテレビ等」では

「実態解明さえロクに行っていないメディア等が正義ぶり、紳士ぶり、優等生ぶり、

該当事務次官や現政権等に悪イメージを付る事等」により、

「実質的に、視聴者・読者等を騙している」。

「上記の様な情報配信実態」では

「多くの視聴者・読者等が

先ず、メディア側は、正しい等と思い込み易くなり、

先に正しいと思い込まされているメディアの論に忠実になり易くなる」。

「戦後日本の学校教育」等では、

「最初に見た動物を親と思う動物を育成する様な教育内実になっているから」だ』。

『「戦後日本の情報・教育の大問題」は

「根深い」から

「酷い状態から一刻も早く、多くの日本国民を解放する為」にも、

「その是正は急務」だ』。

『「官僚や政権等は実質的に、強い権力を持つ」。

「直接、法等を決められ、政治等も出来るから」だ。

「しかし、政権の裏には民意が在る」し

「基本的に、官僚より、民意により選ばれた国会議員等の方が上」で

「政権も、その国会議員等が選ぶモノ」だ。

「代理制民主主義の実態が其処にある」が

「民主主義であるが故に

民度が問われている事」は、

「決して、忘れてはいけない」。

「メディアには選挙が無いから、基本的に、人脈交代等も無い」。

「戦後日本のメディア界の多くは、実質的に、同じ人脈のまま・・・」だ。

「戦後日本の学校教育界も、同様」だ。

「米軍による占領政策により、所謂、日本の保守系の者たちが徹底排斥された」のが

「戦後日本の情報・教育界の始まり」だ。

「所謂、日本の保守系を排斥する代わりに、其処に入れられた」のが

「所謂、左翼と朝鮮系の者たち」だった。

「所謂、左翼と朝鮮系の者たちは、同じ器の中で仲を深めた」。

「朝鮮半島が南北に分断された頃」から

「朝日新聞等の論調も一気に変わった」。

「それまでは、所謂、保守系だった朝日新聞等が

圧倒的、左翼系になった」。

「つまり、北朝鮮や中国共産党や旧ソ連に親和性が高い系になった訳」だ。

「東西イデオロギー対立が続いていた冷戦終結時まで」は

「所謂、左翼にも、相応の必要性があった」。

「万一、自由・資本主義系が負けた場合の{保険}としての意味合い」だ。

「東西冷戦終結後、要らなくなった{保険}」だ。

「それでも、人脈交代が実質的に、無い、多くの情報・教育界」では

「未だに、所謂、左翼」が

「自らの保身等の為」に

「多くの日本国民に所謂、左翼の思想等を持たせよう・・・」等と

「必死の様相」だ。

「まるで、地動説の方が遥かに合理的である事が判明した後の

天動説派の様に」・・・』。

『「そんな状態の現状の所謂、左翼」は

「進歩的でも革新的でも無い」。

「むしろ、北朝鮮や中国共産党等同様の遅れた実体を露呈している」。

「論理上の整合性で勝ち目が無くなった者たちが往々にして陥る罠」は

「論理でダメなら、力で!」だ。

「北朝鮮の核・ミサイル・工作活動等武装等と同様」の

「多くのメディアによる

実質的、同一論調、同じ、者・物・事等強い」という

「力技により、

旧態依然とした利権等を保持したがっている」のが

「現状の、もはや、左翼とは言えない、時代遅れの守旧派の者たちの実態」だ。

「時代遅れ同志馬が合うのか?元々からのオトモダチだからか、

北朝鮮や中国共産党等とも親和性が高い」のが

「現状の日本の所謂、左翼の実態」だ』。

『「もちろん、今時の多くの日本国民」は

「そんな守旧派の論や考え・思い等で

自らを

縛ったり、

染め上げたり・・・等する

必要は全く無い」』。

『「北朝鮮金政権の実態・実体」は

「非道な極悪事んを積み重ねて来ている劣悪・極悪政権」だ。

「核を持ったから・・・等の理由で、劣悪・極悪政権を黙認する事」は

「人類に大きな危機をもたらす事に直結している」。

「所謂、左翼の様相の常連出演者等」は

「他国への内政干渉等は絶対ダメ!」等の

「旧態依然とした論を喧伝していた」が

「物質文明製品の急速な進歩・進化等の現実をちゃんと考慮する」なら

「物質文明の急速な進歩・進化等に必要最低限ついてこれていない精神文化状態の

他国等へは、内政干渉して、是正しなければダメ!!」というのが

「現状人間世界の現実」だ。

「何故なら、そうしなければ、劣悪過ぎる精神文化の下で、

急速に進歩・進化し続けている物質文明製品が

悪用されてしまう可能性が非常に大きくなってしまうから」だ。

「この様な当たり前の事さえ???の様相」なのが

「未だに、左翼」の

「実態」だ』。

『「何事においても、

実体や事実・現実の解明」は

「極めて、重要」だ。

「何故なら、実体把握や事実・現実把握」は

「民主主義の基本中の基本である民度も高めるから」だ。

「何処かの誰かの論や考え・思い等をオウムの様に繰り返すダケ」では

「その何処に、本来の自分が在るのか?」

「乳幼児レベルなら、それもアリだろう」が、

「実体や事実・現実を把握して、自らの感等で味わい、

自らの頭で考え出した論や考え・思い等が発現等出来てこそ

成人レベル」になる。

「乳幼児レベル」を

「メディア等が操る政治・社会等」とは

「メディアファシズム状態」で

「民主主義状態では無い」。

「民主主義とは、成人レベルの民意の集大成等によって、実現出来るモノ」だ』。

『「未だに、公共の電波や公共的マスコミ等を使って、

実質的、政治運動等を行っている者たち等」は

「本当にどうかしている」。

「イメージで視聴者・読者等を操り続けたい様相」は

「正に、悪魔に魂を売り渡した者たちの実態」等だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「公僕?」と公共の電波を使っている、政治・社会問題等では公僕的であるべき、テレビ常連出演者等が、自浄に言及しないまま、官僚・政治家ばかりを責めて正義ぶっていたが・・・。

『「日本を韓国同様の手段で従北政権化したい者たちやそれらの者たちに操られてしまった者たち等」が

「国会前に集まった事」を

「大宣伝している」のは

「反対野党のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」というのが

「実体」と「強く推定出来る」。

「反対野党やそのお仲間テレビ・マスコミ等」では

「北朝鮮のオトモダチが大いに蔓延っている」。

「北朝鮮のオトモダチと同様の思い等で

多くの日本国民の頭の中を染め上げたい者たち等による

配信情報内実」は

「上辺」は「優等生的、正義的、紳士的等である場合が多い」が

「内実」は

「日本国・多くの日本国民に自虐を誘い、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す、

情報工作~大衆誘導等である場合が多い」。

「多くの日本国民」は

「北朝鮮のオトモダチ等に自らを操らせない様に

十二分にご用心!!」

「公共の電波を使っていたり、公共的大規模な情報配信等を行っている」のに

「公僕的役割りは何処へやら、

反日他国極悪国家指導者等を利し続けて来ている

戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の大問題」は

「現状で、それらのテレビ・ラジオ・マスコミ等が

公共的立場等を実質的に、悪用」して

「何としても大問題化させようとしている

森友・加計・財務省文書・今治備忘録等々の

国政上の実質的、小問題より

遥かに重大で深刻な問題に他ならない」』。

『「世襲」は

「政治家の専売特許では無い」。

「テレビ・芸能界等の世襲ぶりは、かなりのモノ」だ。

「その上、テレビ常連出演者等を決めている者たち」の

「人脈世襲もかなりのモノ」だから

「選挙も無いが故に人脈交代も無い戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「実質的には、未だに、北朝鮮のオトモダチ、旧社会党系の論調が主流」だ。

「政界には選挙がある」から

「今や、旧社会党系の人脈は少数派になっている」。

「民意反映のある政界」と

「民意反映は何処へやら・・・の戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「どちらに根本的な正当性が在る可能性が大きいのか?」は

「言うまでも無い事」だが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」に

「実質的に、マインドコントロールされている状態の人々の場合」は

「実質的、マインドコントロールの主を正当と信じたがる場合が多い」。

「実質的、カルト宗教状態が其処に在る」。

「実質的、カルト宗教の一つの極致は北朝鮮を見れば明らか」だから

「{信者}は一刻も早く、実質的、カルト宗教から自分を解放し、

本来の自分を取り戻すべき」だ』。

『「はっきり言えば、

森友・加計・財務省文書・今治備忘録等の国政上の実質的、小問題」は

「北朝鮮問題への対応等の国政上の実質的、大問題」を

「ちゃんと日本国・多くの日本国民にとって良い方向に片付けた後」で

「処理等すれば良い」。

「主従逆転をさせたい」のは

「北朝鮮問題への対応等を

日本国・多くの日本国民にとって良い方向に片付けたく無く、

むしろ、北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い方向に片付けさせたい者たち等」と

「強く推定出来る」』。

『「多くの日本国民」は

「森友・加計・財務省文書・今治備忘録等を大問題化して考える前」に

「北朝鮮問題への対応等の本当の大問題を考えるべき」だ。

「その上で、北朝鮮に厳しい安倍政権を今、無理やりにでも降ろそう等と

政治運動等する事の実質等を

理解・把握等するべき」だ。

「ちゃんと公僕的になっているテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「国政上の問題で主従逆転扱いはあり得ない」。

「主従逆転扱いして、実質的には、反対野党やそのオトモダチ、北朝鮮等を

利す世論等を

日本社会の中に

無理やりにでもつくり出そう・・・等としている」のは

「実質的には、

反対野党やそのオトモダチ、北朝鮮等の手下、情報工作機関等になる」』。

『「日本の公共の電波や公共的マスコミ等や学校教育等」が

「情報工作機関的に使われ続けているまま・・・で良い訳は無い」。

「是正は急務」だ』。

『「今治備忘録」は

「誰が?どんな目的で記したのか?」という

「根本の解明が重要」だ。

「記した側は、言った通りに記すとは限らず、

会わないまま、言わない事でも記せる事等も

決して、忘れるべきでは無い」。

「現状で露呈している事」は

「今治が備忘録を利用して、誘致が実現する様に、一生懸命彼方此方回った様相」だ。

「つまり、加計学園獣医学部新設について、今治が、かなり、積極的であった事実」だ。

「加計や今治が、かなり積極的だった事」を

「加計とお友達である安倍総理の政権の問題」に

「拡大化する策動」は

「如何にも、所謂、左翼(内実、親朝鮮)等の政治運動・・・」だが。

「財務省事務次官のセクハラか?女性記者によるハニートラップか?」は

「事の実態がはっきりするまで判らない事」だが

「事の実態がはっきりしない内」から

「セクハラ決め打ちで、視聴者・読者等の頭の中を染め上げようとしている」のが

「実質的、反現政府政治運動等を行い続けている

テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に厳しいトランプ政権や安倍政権が大嫌い」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等に優しい韓国従北政権等が大好きな様相」だが

「既に、散々の極悪人を積み重ねて来ている北朝鮮の金政権」を

「そんなにまで庇うのは何故か?」

「極悪人がオトモダチなら、自首を薦める。

自首しないなら、逮捕が容易になる様にする。

逮捕も不可能なら、オトモダチでは無い、多くの善良市民等を優先して、

極悪人の駆除・排除等も容認する」。

「それが、健常な人間の当たり前」だ。

「不健常状態に陥っている状態の者たちの実体」は

「極悪人の手下等に他ならない」。

「極悪人の手下等なら、極悪人同様、逮捕等が適切な対応になる」。

「どんなに数が多くても、適切な対応を怠ってはいけない」。

「適切な対応を怠れば怠る程、極悪人人脈の数は増えてしまうから」だ』。

『「核・ミサイル・戦争等の脅し」等で

「工作活動や工作活動犠牲を黙殺させられてはいけない」。

「日本国内では、今も、工作活動がどんどん拡大化され続けている、ばかりか、

工作活動犠牲者も増え続けている」。

「昨今、親の介護関連や、自らの検診関連等で、

いくつもの病院を訪れる機会があった筆者の知る限り、

病院内にも、電磁波工作の仕込みが在り、それが実用されている様相」だ。

「筆者の居るところや、訪れた場所等の少なく無いところ」で

「電線にも電磁波工作の仕込みが行われていて、

現状では、弱く実用されていた」。

「強く使われる」なら

「その地域を実質的に、電子レンジの中に入れる事等」により、

「大量殺傷等が可能になる可能性も大きい」。

「電線に流れている電気容量はかなり大きいから」だ。

「北朝鮮等との繋がりの濃い、

電設業者等が至るところに、

電磁波工作の仕込みを行っている可能性大」だ。

「ソフトでも、ハードでも、工作電磁波発生{装置}は仕込められる様相」だ。

(「音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき、

経時変化によりエネルギー密度を増させている様相の、

工作電磁波の実体等は、以前の記事をご参照ください」。)

「電磁波工作対策は、急務」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「米中対立や自衛隊日報問題等をダシに、北朝鮮に厳しい安倍政権を貶める公共の電波を使った政治運動」等を行っていた様相だったが・・・。

『「本質探究は疎かに、保守政権批判・非難等は旺盛に、行い続けて来ている」のが

「現状の多くのテレビ等の常連出演者の実態」だ。

「本質探究が疎か」だから

「例えば、現状の米中経済プチ戦争状態についても、ロクな事が言えていない」。

「トランプ大統領は批判しながら大物扱い」し

「習主席は批判もせずに大物扱い」し

「日本の安倍総理は貶し」て

「大物の意向に従う状態の民」を「前提」に

「この様な問題を論じて」も

「その実体」は

「多くの視聴者に

イメージで

習寄りを誘い

反トランプ感等や

反安倍政権感情等を想起させる、

実施的、政治運動等にしかなっていない」。

「民主主義の根幹である民の資質の向上に役立つ論」を

「言わず、言えず、

実施的に、資質向上が困難な情報等の圧力で

民を進歩・進化不十分状態に追い込み、

特定の大物の下で

都合良く操り易くする、

劣悪で醜悪な情報配信等」は

「即刻にでも是正する、させられるべき事」だ』。

『「現状までの人間社会・経済システム」では、

「先ずは、武力が重用」され、

「武力比べっこによる支配が流行った」。

「経済面でも比べっこだから、

狭い範囲では、必然的に、行き詰る」。

「経済領域拡大の為」にも、

「先ずは、武力が重用された」。

「武力を基にした支配権争いだった」ので

「必然的に戦争が起きた」。

「経済領域拡大化の流れ」は

「植民地争いにまで至り、

戦争の規模もそれに応じて大きくなった」。

「先の大戦後、

戦争による実害にヘキヘキした後」は、

「経済のみよる比べっこ支配権争い等が主軸になった」。

「経済領域を広げる為に、自由貿易化が流行った」が

「ある程度以上に、広がりきった自由貿易化の後も

国・企業・個人等の利益を増大させ続けようとしても

実体経済内では困難」だ。

「其処で、金融投資界での金転がしによる利益増大が流行る様になった」。

「金余り(金融投資界)の貧困だらけ(実体経済界)」が

「現状人間社会・経済の実態」だが、

「そんな酷い状態の中」でも、

「現状人間社会・経済システム等を是正する大きな流れは

未だ出て来ていない、

ばかりか、

現状人間社会・経済システム等の上で

自らの利権増大等に奔走している状態の

民度の低い人々が溢れている」。

「結果、地球環境問題も格差・貧困等の問題」も

「解決の目途さえ立っていない」。

「そんな中」で、

「米国では

現実主義者のトランプ大統領が誕生した」。

「共産党独裁体制で経済開放政策を採っている中国では

より、大きな者に頼ろうとしているかの如く、

習主席の強大化が行われ続けている」。

「両者とも求めているのは、自ら・自国・自国民の利権増大」だ。

「環境重視&自由貿易のまま・・・では、両者の希望は叶わない」。

「現実主義者のトランプ大統領は、

現状の人間社会・経済システムのままの環境問題解決は不可能である現実を直視しながら

現状の人間社会・経済システム上で米国・米国国民・トランプ大統領自身等の

利権増大を可能とするべく

環境規制枠等を緩め、

自由貿易度を下げる政策を採り始めている」。

「その流れに、刺激を与えられた習主席」は

「刺激に即応して、米国に対する同レベルの対応処置を採った」。

「両者とも、現状人間社会・経済システムを本格的に是正しようとしていない」から

「経済による比べっこ支配権争いである

本格的な貿易戦争に

向かってしまっている様相ですらある」。

「もちろん、その裏には、北朝鮮問題等の

現状国際社会問題上での

主導権争いも在る様相」だが、

「何れにしても、比べっこによる支配権争い」だから

「結果は、想像に難く無い」。

「現実主義者のトランプ大統領は

実利の得られる範囲での決着を目指し、

習主席がそれに追従せざるを得なくなった時点」で

「一休み」だ』。

『「まともな日本のテレビ等」なら

「上記程度の実体把握情報を優等生的に情報配信した上で

現状人間社会・経済システム等の是正に繋がる

民度を高める事にも繋がる

個々の人類の精神構造の健常進歩・正常進化と

人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化の役に立つ

情報配信が出来ていて当然」だ。

「未だに、●●をダシに、

常連出演者等が

優等生ぶり、正義ぶり、

実質的には、

北朝鮮に厳しい安倍政権・与党等に悪イメージを付け、

反対野党等を利す、

政治運動等を行い続けている現状」は

「明らかに不健常」だ』。

『「小事を大事化し大騒ぎする事等が得意」な

「反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「防衛省のイラク日報が直に出て来なかったダケ」で

「文民統制が破綻している!」等と

「大騒ぎする」が

「イラク日報等を出せ!と要求していた者たち等が

何の為にそれを使ったのか?」

と言えば、

「実質的に、言葉狩りの為だった」のだから、

「言葉狩り等による国政上の本来不要な大騒ぎ等の為の仕事」が

「遅かった事で大騒ぎしている」のが

「実体」になる。

「もちろん、そんな状態は、既に、多くの日本国民にバレバレだから、

選挙のある政界では、反対野党等は、圧倒的マイナー」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界には選挙が無い」から

「反対野党のお仲間が、未だ、蔓延れている」。

「それは、戦後日本の重大な問題の一つに他ならない」が

「反対野党のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等自らが

この戦後日本の重大問題の一つを告発したり、

自ら是正したり、等々しようとしている様相」は

「未だ、実質的に無い状態」だ。

「本日も、{公共の電波を使った政治運動}が旺盛に行われ続けている」』。

(『「精神文化・精神構造の進歩・進化等や

テレビ・ラジオ・マスコミ界等の是正法等」は

「以前の記事に、何度が記している」ので

「そちらをご参照ください」』。)

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番等では、常連出演者等が「自殺幇助が判明した保守系評論家の自殺をダシに、丸ごと一人の死生観とを喧伝」等していたが・・・。

『「自分の命は自分のモノ」等の「考え・思いの実体」は「狭義の自分を構成している生きている細胞群の命全て」は、

「狭義の自分のその時の意識のモノ」だ。

「自殺・殺人等、丸ごと一人レベルだけ」という

「現実離れした把握・考え・思い等に基づいて、

特定の意識ダケの下の殺傷行為等」を

「行ってしまう{不健常状態}」は

「何故、引き起こされるのか?」

「生きているなら、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返している細胞群」を

「一気に大量に殺す事」で

「意識自体も殺す自虐行為」の

「素」は

「丸ごと一人レベルだけの人生観・死生観等」と

「自己支配欲の代償欲求過剰追及行為」に

「他ならない」』。

『「基本的に、自滅死が無いガン細胞等」なら

「死こそ自らを楽(健常状態)にする方法になる」が

「健常細胞には、自滅死が付きモノだ」。

「放っておけば、ワザワザ、殺したり、自殺したり、させたり、等しなくても死ぬ」のが

「健常細胞の実態」だ。

「自滅死により新たに生まれて来ている新しい健常細胞に好適な場所を提供する事」で

「より効率良く、物理崩壊に抗い、

生体維持を可能にしている」のが

「人類も含む生命体細胞群の実態・実体」だ』。

『「意識上に自殺・殺人等のガン細胞的考え・思い・意志等が生まれる」のは

「以下の精神構造による」。

「そもそも、

人類から殺欲動(殺{人}欲動では無い)は

排除出来得ない」。

「人類なら、

何処の誰でも、

存続し続ける為には、

他の生物(動植物共生物だ)を殺して食する必要がある」。

「人類の殺欲動」とは

「自己保存の為に必要な本来欲動」だから

「殺欲動自体を否定する事は自虐的になる」。

「では、何故、殺欲動が殺人欲動に化けてしまうのか?」

「其処で大きな悪い働きをしているのが、

丸ごと一人の死生観や人生観等ダケの偏重」と

「自己健常支配の不足故の本来欲求不充足」による

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配という

支配欲の代償欲求」の「過剰増大」だ』。

『「人類の意識」は、

「丸ごと一人レベルで認識・理解・把握等したがる」。

「それは、自己健常支配の為に非常に好都合」だ。

「しかし、丸ごと一人レベルでの認識・理解・把握等」が

「自己健常支配の代償欲求である

他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配上」で

「使われる」と

「天動説の世界を周囲に無理強いする不健常状態に陥り易くなる」。

「その様な精神構造状態の人間で構成された人間社会」では

「必然的に、自己健常支配の不足とその代償欲求過剰追及による

現実離れが生じ、

多大なストレスを内包する状態になる」。

「古の人々」は

「他の動物等に比べて遥かに高度な人類の意識」を

「保持していた」が

「誕生・死という現象が細胞レベルの現象である事等」を

「理解・把握出来ていなかった」。

「歴史を作家登れば遡る程、

物質文明製品も乏しく、

精神文化面でも、

人間世界のストレスも多大であった事」等が

「良く分る」』。

『「古の時代」では、

「丸ごと一人レベルで認識・理解・把握等したがる人類の意識ダケ」を

「素」に

「全ての人間生活上の問題等に対処せざるを得なかった」。

「丸ごと一人レベルでの認識・理解・把握等を素」に

「死や人間社会等の現象を納得する為」に

「高度に考え・思い等を積み重ねて出来上がった」のが

「丸ごと一人の死生観・人生観」だ。

「現実としては、現実離れが激しい状態での思考体系構築だった」ので

「何か、変・・・。何か、足りない・・・。等々の感をぬぐい切れない人々も多数いた」。

「其処で、その様な感を持つ人々にも納得をさせる為に考え出された」のが

「宗教」だ。

「個人レベルの死生観・人生観等では無く、

ある宗教で集団レベルの{縛り}を構築する事で、

より多くの人々の納得を誘う

高度な考え・思い上の工夫が行われた訳」だ。

「多くの宗教では、

考え・思うレベルより強い、

信じるレベル」が

「求められている」が

「それは、集団の縛りを強くする事による納得度の向上等の為」には、

「合理的」になる。

「その時の考え・思い等の現実離れ」を

「是正するエネルギーを削ぐ事にもなってしまっている場合も多い」が・・・』。

『「丸ごと一人の死生観・人生観や宗教等」を

「どんなに強く信じていても

現実の誕生・死は、

細胞レベルの実現象」だ。

「生きている人なら何処の誰でも、

今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している」。

「この人の誕生・死の現実」から

「素直に導き出される考え・思い」は

「殺さなくても自滅死し続けている健常細胞を一気にまとめて殺す等の

丸ごと一人レベルの殺人・自殺等」は

「バカげている」、

「殺すべき」は、

「その様な現実離れした考え・思い、

つまり、

脳細胞内の神経細胞ネットワークの精神構造だ!」等になる。

「その様な精神構造を構築している脳神経細胞群を殺す必要は無い」。

「脳神経細胞群は殺さず、より現実に近い理解・把握の方を常用する様にすれば良い」。

「より現実との整合性が高い精神構造が

現実離れした精神構造の価値を大きく削ぎ

現実離れした精神構造の常用が無くなれば、

殺すべき考え・思い等は殺されている事になる」。

「殺欲動を是認し、殺人欲動を殺す為に有用な情報・教育等」は

「今時なら、其れこそ、小中学生レベルでも十分に解る」。

「有用な情報・教育の実行が極めて重要」だ』。

『「殺傷事件やテロ・工作活動・戦争等々の生みの親の片方」は

「丸ごと一人レベルの死生観・人生観・宗教等」だ。

「もう一方」は

「自己健常支配欲の代償欲求の過剰追及」だ』。

『「狭義の自分を狭義の自分自らが健常支配し続けている限り、

時の流れと共に必然的に生まれて来る支配欲」は

「健常に充足され続ける」。

「丸ごと一人レベルの意識」は

「狭義の自分を健常支配し続ける為には大いに有用だ」。

「ところが、

自己健常支配を怠ったり、疎かにしたり、する」と

「充足されない支配欲」が

「必然的に、新たな行動を要求する」。

「ここで、自己健常支配に向かえれば良い」のだが、

「丸ごと一人レベルだけ・・・等の、現実離れした考え・思い・死生観・人生観・宗教等」に

「狭義の自分を丸ごと一人レベルで操らせてしまっている人々」は

「往々にして、

自己健常支配には向かわず、

他の者・物・事の支配や、

他の者・物・事による被支配」という

「代償欲求の追及に奔走する」。

「本来欲求の充足を怠ったり、疎かにしたり、した事の

自覚無きまま、

その代償欲求の追及に奔走しがちになる」。

「本来欲求とは違い、代償欲求では自己本来充足が無い」から

「代償欲求の追及行為は、時と共に、益々増大化し易い」。

「更に、依存の精神構造が構築され易くなる」』。

『「代償欲求の追及には、自己を本来充足させる実体は無い」が

「代償欲求の追及でも、本来充足した納得感等を欲しがる」のが

「自覚無き人々の常だ」。

「その様な状態の人々にとって都合の良い方法となる」のが

「比べっこ」だ。

「代償欲求の追及に奔走」し、

「他の人間より、お金持ちになったから、自分は認められるべきだ」、

「他の人間より、強くなったから、自分は認められるべきだ」、

「他の人間より、偉くなったから、自分は認められるべきだ」、

・・・等々の「考え・思い等による納得に縋っている迷い子たち」が

「現状人間世界には、山ほどいる」。

「現状の人間社会・経済システム等」とは

「自覚無き人々の代償欲求追及ゲーム」に「都合良く考え出され、高度に構築されている」。

「云わば、天動説レベルの人間社会・経済システム等だ」。

「もちろん、そんな性能の悪い、現実離れの激しい、精神文化製品に執着し続ける」なら

「自覚無き人々が自覚を持てる様に進歩・進化する事等も阻害される」から

「人類滅亡が急速に迫って来る」。

「至極当たり前の事」だ』。

『「自己健常支配の継続により

支配欲の本来欲求を充足し続ける」なら

「自己承認欲求の充足も容易になる」。

「自己健常支配の肝」は

「自らの実体やその実体の本来の目的に叛く本質的に悪い事はしない事」だ。

「人間誰でも、本質的に悪い事を過剰に行ってしまっていると

狭義の自分による狭義の自分の自己承認が困難になる」。

「現実をありのまま受け入れるなら、本質的に悪い事を過剰に行ってしまっている大悪人になってしまう」ので

「狭義の自分自身では自己承認が困難になる」。

「そんな状態の人々にとって好都合なのが比べっこによる代償欲求追及の世界」だ。

「比べっこにより、他の者・物・事からお墨付きを得る事で

自己承認の代わりに、

充足の無い代償欲求を充足させようとし続ける

ゲームに没頭し続ける事」で

「連綿と現実逃避し続ける」なら

「まるで、ヤク中毒者状態・・・で、人生を終える事も可能になる」。

「もちろん、その実体」は

「本来の自分(狭義・広義双方とも)に叛いた悪人生以外の何モノでも無いのだが」』。

『「古の人々」は

「得られていた

科学レベルで判明させる事が出来ていた

実体や事実・現実が余りにも乏しかった」から

「本質的には、悪人生状態でも仕方無い状態だった」。

「しかし、今時の人々」は

「筆者の様な個人のレベルでも

この様な記事を当ブログに記せている通り

人類が科学レベルで判明させる事が出来ている実体や事実・現実は

ある程度以上十分に在る」。

「せっかく在る貴重な精神文化上でも利用出来る財産」を

「黙殺し続け、天動説の精神文化のまま生きる事」は

「悪人生具現化の特急券を得る事でもある」。

「地動説レベルの精神文化上で生きられる様に

狭義の自分の精神構造を健常進歩・正常進化させ続ける」なら

「自己承認欲求を充足させ続ける事もどんどん容易になって来る」』。

『「天動説レベルの精神構造のままの人生」と

「地動説レベルの精神構造に健常進歩・正常進化させる人生」の

「どちらを選択するのか?」は

「それぞれの個体の意識の自由」だが

「その集大成」で

「人類滅亡か?」

「人類も含む地球生命体細胞群の存続~永続か?」が

「決まって来る」。

「個々の選択の責任は大きい」』。

『「代償欲求の追及に奔走・・・で、自己健常支配を疎かにし続けている」なら

「自己承認欲求の充足も困難になる」。

「其処で出て来る」のが

「他の者・物・事に自分を認めさせようとする代償欲求の追及行為」等になる。

「もちろん、

どんなに多くの他の者・物・事に自分を認めさせる事を無理強いして実現等出来たところで、

自己承認欲求の本来欲求が充足される訳も無い」。

「金持ちの者を認める者たち」は

「自分も金持ちになりたがっていて、金権を認めているダケ」であり

「金持ちの者等に

自分を投影・転嫁し

同一視しているダケ」だ。

「強い者を認める者たち」は

「自分も強い者になりたがっていて、強さによる支配を認めているダケ」であり

「強い者に

自分を投影・転嫁し

同一視しているダケ」だ。

「偉い者を認める者たち」は

「自分も偉い者になりたがっていて、偉さによる支配を認めているダケ」であり

「偉い者に

自分を投影・転嫁し

同一視しているダケ」だ。

「自己健常支配を怠り、

代償欲求の追及に奔走したり、

ヤク的なその成果等で自分を酔わせ続けようとしたり、

他の者・物・事等に自分を投影・転嫁し同一視等する事により

現実逃避等し続けたり・・・等々している人々が溢れる、

急激に進歩・進化し続けている物質文明製品溢れる、

病的な精神構造の人間社会」では

「重大な問題が山ほど起きない訳が無い」。

「当たり前の事」だ』。

『「金権依存者は、

どんなにお金持ちになっても満足せず、更なるお金を集め続け、

人間社会のバランスを益々悪くする」。

「強さ依存者は

どんなに強い破壊力を持つ兵器等を保持出来ても満足せず、更なる強いモノを求め続け、

人間社会のバランスを益々悪くする」。

「偉さ等依存者は、

どんなに高い名誉や立場等を得ても満足せず、更なる名誉や立場等を求め続け、

人間社会のバランスを益々悪くする」。

「自己健常支配を怠っている者たちの超自虐劇」は

「何時まで続けられてしまうのだろうか?!」』

『「生きている細胞群の内、殺すべきモノがある」なら

「それは、ガン細胞」だ。

「ガン細胞を放置する事でその生体個体健常細胞群を全体死に至らせてしまう自虐」は

「意識的、かつ、積極的に避けるべき事」だ。

「人間社会の中で、

ガン細胞的実体を露呈し続けている者・物・事を

放置・容認等し続ける自虐」も

「意識的、かつ積極的に避けるべき事」だ。

「自覚のある、

自己健常支配を行える人々」なら

「その今時の人類に激烈に求められている重大な仕事」が

「行えない訳も無い」。

「個々の人類の精神構造の健常進歩・正常進化」を「基」にした

「人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化」への「貢献」は

「今時の人類が激烈に求められている最重要な仕事」だ』。

『「それなのに、未だに、ガン細胞的状態の常連出演者や常筆等を重用し、

ガン細胞を育成する様な論等を喧伝させている・・・」のが

「出来の悪過ぎるテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「例えば、旧態依然とした死生観・人生観等ダケを喧伝していてどうする?」

「その実効は現状へのお墨付き等であり、

進歩・進化の阻害になるのに!」

「劣悪レベル、醜悪レベルの事しか出来ていない者たちに、

過分な立場・報酬・権力等を与え続け、

場合によっては、有名人利権等まで与え続けていてどうする?!」

「こんな酷過ぎる状態」は

「人類の健常存続の為にも、

是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、乗船出演者等が「ユーチューブ本社襲撃事件と台湾火鍋かけ事件をダシに、実質的、ネット批判・非難」等を行っていた様相だったが・・・。

『「酷い事等は、何を言われても気にしない」旨を「常連出演者は言っていた」が「何をして酷いとするのか?抜き」の

「この手の論」の「本質」は

「お手盛り自己正当化等」である場合が多い。

「お手盛り自己正当化論等」とは

「天動説の世界」であり

「丸ごと一人の人生観・死生観の世界」等だ。

「そんなモノで自分を騙し続けようとしたところで

現実は変わらない」。

「今時の人間世界に求められているレベルの論等さえロクに言えないのに

実質的、厚顔無恥状態で、テレビ常連出演等し続け、

決して少なく無い報酬等を得続けている者」というのが

「現状の多くのテレビ常連出演者等の現実」だ』。

『「この現実」は

「常連出演者等という特定の極一部の者を過剰に良く覚え込まされる事により

自覚の有無は問わず

自分の一部にしてしまっている事」により

「自己否定が困難な事と同じレベルで

常連出演者否定も困難に{されてしまっている}

実質的、マインドコントロール被害者状態では無い」、

「実質的には、

テレビ側が身勝手に常連出演等させている

特定極一部の者等に

過剰な傾注はせず、

配信情報内実等を

理解・把握し、

考える事が出来る

健常状態の視聴者等」なら

「誰でも分る」』。

『「ユーチューバ―によるユーチューブ本社襲撃自殺事件の本質」は

「該当ユーチューバ―がユーチューブにより削除されたと主張していた中身が分らない」と

「判らない」。

「アクセス数激減現象に対する八つ当たりの可能性もある」し

「言論封殺等に対する反抗の可能性もある」。

「常連出演者等」は

「公序良俗に反する記事等の削除は当然」等の旨や

「削除しきれない酷い事等を言われても気にしない」等の旨

「喧伝」していたが

「公序良俗の中身を言わなかった」。

「其処」には、

「ネットは公序良俗に反する記事でいっぱい・・・で{危険}だけど

テレビ・ラジオ・マスコミ等は

公序良俗に反する情報配信は、予め排除しているから{安全}の

{イメージ}で

多くの視聴者の頭の中を染め上げたい

テレビ等の

実質的、マインドコントロールによる悪願望等」が

「露呈」している』。

『「公序良俗」等の「概念」は

「個人個人違う」。

「其処で、現状までの人間社会では、

国等の区分に応じて、法でそれを縛っている」。

「だから実際に、例えば、日本と北朝鮮では公序良俗が大きく違う」。

「ここで、多くの人々が気づくべき」は

「公序良俗」等の

「如何にも有難みのある言葉等」に

「騙されてはいけない事」だ。

「何をして、公序良俗とするのか?こそが肝要になる」』。

『「戦後日本の現行法」では

「縛りも相応に緩い」。

「言論の自由も表現の自由も在る」。

「言論や表現ダケ」なら

「公序良俗に背かない様に思えてしまうかも知れない」が

「其処に、善意・悪意の判断が加わる」。

「善意の下の言論・表現等は公序良俗に背かず」、

「悪意のある言論・表現等は公序良俗に背く」と

「判断される場合も多い」が

「善意・悪意も現状では基本的に個人個人別状態」だから

「判断の正誤等も

実は、結構いい加減なモノに過ぎ無い状態」なのが

「現実」だ。

「結構いい加減な判断に付きモノ」なのが

「不平・不満」等だ。

「不平・不満等が解消出来ない現状人間社会の状態をそのままにする」なら

「都合の悪い事は気にしない・・・」等の

「実質的には、

現状を固定化する事に力を加える

身勝手で未熟な論等」に

「縋り付き易くなる」。

「身勝手で未熟な論等に縋り付いている状態のままを

多くの視聴者等に認めさせる事による

自己承認欲求の代償欲求の追及行為等を露呈していた」のが

「該当、常連出演者等だった」訳だ』。

『「上記の様に本質を探究して行く」なら

「必然的に、問題の要も判って来る」。

「善・悪がいい加減だから、

その上に構築されている概念等も

いい加減なモノになっている構造」が

「露呈している」のだから

「善・悪を定めれば良い事」等に

「多くの人々が気づく筈」だ。

「それでは、善・悪をどの様に定めれば良いのか?」

「考え・思いレベルで定め続けようとする」なら

「天動説、或いは、丸ごと一人レベル時代の繰り返し」で

「今時求められているレベルには達していない事になる」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用」して

「善・悪を定めれば良い」』。

『「科学レベルで判明している生きている一人の人間の実体」は

「地球生命体細胞群の中の約60兆とも言われている

今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している

一個体」だ。

「狭義の自分が約60兆とも言われている細胞群の一個体」なら

「広義の自分が地球生命体細胞群になる事」は

「細胞の命の連続性を認知する」なら

「誰もが解る」。

「狭義・広義の自分の本来の目的は何か?」

「根本的目的が存続である事」は

「生体としての構築度を上げながら

物理崩壊に抗って来ている

地球生命体細胞群の歴史が実証している」。

「広義・狭義の自分、広義・狭義の自分の根本的目的」との

「整合性が取れる事」を「善」、

「整合性が取れない事」を「悪」と

「定める」なら

「全人類共通の善・悪となる」。

「誰もの根本的目的との整合性の上に在る概念」だから

「自虐状態等では無い者なら不満も生じない事になる」。

「自虐状態等の者なら先ず、自虐状態等を直す・治す事が善」であり、

「直さない・治さない事は悪」になる』。

『「上記の基本」から

「法整備等する」なら

「基本的に全人類が不満を抱かないで済む法体系等が出来上がる」。

「後は、それぞれの地域特性や現状人間社会の状態等を加味して、

基本は変えず、微調整をすれば

それぞれの国や地域等との整合性が高い法整備が出来る事になる」。

「今時、求められている法整備等とは、上記の様な内実を持つモノ」だ。

「そして、その様に整備された法」なら

「構築内実自体に現実の威厳等が在る」から

「現状の法の様に、上辺の言葉等で威厳等を付ける必要も無くなる」』。

『「今時の人間世界」では

「物質文明側同様」に

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して

製品をつくり出す事」が

「精神文化側にも強く求められている」。

「人間社会・経済システムも

法も、

人類の精神文化製品に他ならない」。

「物質文明製品は科学レベル実用で急速に進歩・進化し続けている」のに

「精神文化製品は考え・思いレベルで旧態依然としたまま・・・」なら

「急速に進歩・進化し続けている物質文明製品が

旧態依然とした精神文化や個々の人々の精神構造により自虐使用される事により

人類滅亡が必然になる」。

「現状では、環境問題でも、

殺傷事件やテロ・工作活動・戦争等々でも

人間社会・経済システム等」でも

「旧態依然状態」だ。

「意識的かつ積極的な現状打破による

人類の精神文化側の健常進歩・正常進化が

強く求められている」』。

『「上記の様な本質が在る現状人間世界」で

「未だに、旧態依然とした情報配信等を続けたり、

特定極一部の{未熟者}等を有名人化等したり、

・・・等々し続けている」のが

「劣悪なテレビ・ラジオ・マスコミ等の実体」だ。

「改善が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「台湾火鍋かけ事件等を追いかけ、

それをダシにネットに悪イメージ等を付けようとしている様相を露呈している暇がある」なら

「今時の人間世界に求められている精神文化側の本来の仕事を行うべき」だ。

「行えないなら、能力不足は明らか」だし

「行えるのに、行わないなら、悪状態」になる』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

公共の電波を使って「反対野党や北朝鮮等の為に、北朝鮮に厳しい安倍政権・与党等を悪イメージで染め上げようとする、政治工作、大衆誘導」等を行い続けているテレ朝昼番等・・・。

『「北朝鮮のオトモダチ、反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」が「言葉狩り等をする素になる省庁文書等」を

「執拗に出せ!」と

「迫る」のは

「日本の為の政治・政策論争等では勝ち目が無いから」と

「強く推定出来る」。

「行政上の●●文書等はある筈だから出せ!」と

「国会上で要求すれば、

行政側は情報公開法等に基づいて出す事になる」が

「もちろん、相応の手間と時間がかかる」。

「文書を出させる目的」が

「日本国・多くの日本国民等の公益」なら

「行政側も手間も時間も惜しまない状態に成り易い」が

「文書を出させる目的」が

「政府・与党等に悪イメージを付ける為の言葉狩りの素等が欲しいから」等々なら

「やる気が出ない状態に陥り易くなるのも当然になる」。

「適当に探して、無い」と「報告」したり、

「徹底的に探すが、他の仕事を犠牲にし続ける訳にも行かないから、

とても、時間がかかる」等の

「事態が発生し易くなる」。

「文書等が出てくれば、

言葉狩り」で、

「文書等が出て来なかったり、出て来る時が遅かったりするなら、

その事自体」で

「政府・与党等に絶大なる悪イメージを付けよう・・・」等と

「して来ている」のが

「反対野党等やそのお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「もちろん、政府・与党等に悪イメージ等を付けて正義ぶっていても、

反対野党やそのお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等が

本当に日本の為になる正義の組織・情報配信機関等とは限らない」。

「見事なまでの北朝鮮金政権等に対する寛容性等」からも

「日本の為より北朝鮮金政権等の為」の

「臭い」を

「強く感じている有権者・視聴者・読者等も数多い」。

「だから、実際に、選挙のある政界では、反対野党等は、圧倒的少数派」だ。

「民意で、圧倒的少数派になっている反対野党等」を

「少しでも利そうと、反対野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等が

昨今、良く使い続けている{大衆誘導の暗示の言葉}」は

「一強はダメ!」だ。

「事あるごとに、

一強状態であるが故に行政も官邸ダケ見ている、

一強状態であるが故に日本の政治が上手く機能出来ていない、

・・・等々」と

「民意を少しでも、反対野党側に落とし込むべく

民意による結果を

実質的に、是認せず

無理やりにでも否定させたがる内実の

情報配信等を続けている」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界には選挙が無いから

人脈交代も無い事」による

「余りにも、醜く、酷い、実態」が

「其処に露呈している」』。

『「冷静に考えるなら、誰もが判る事」だ。

「反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「提出された文書等から

言葉狩り等をして

国政上の大問題等々と大騒ぎする事」で

「日本国や多くの日本国民の生活等が良くなるのか???」

「報告文書等」は

「内実が分れば良い」。

「表現上で戦闘等の言葉を使うか?別の言葉にするのか?の問題」は

「記入者の表現上の問題」だ。

「実態が分る」なら、

「表現は、戦争でも、戦闘でも、自衛の為の武力行使等でも、大きな齟齬は無い」。

「至極当たり前の事だが、

自衛隊が派遣された場所の

他力的な環境は

常に一定とは限らない」。

「紛争等が起こっていようがいまいが、

イラクはイラクだ」。

「自衛隊の実態は、専守防衛軍」だが

「それを軍隊と言おうが、自衛隊と言おうが、内実は変わらない」。

「表現を縛る」なら

「例えば、戦争なら戦争の厳密な定義から始めなければ意味が無い」。

「国家間の近代兵器を用いた武力争いのみを戦争とする」とすれば、

「小規模な衝突も戦争になる」から

「規模の大きさの定義も要る事になる」。

「そんな事にどんなに手間と時間を使っても、

戦争自体が防げる訳も無いし、

起こってしまった戦争が止められる訳も無い」。

「起こってしまった戦争の被害に変化が出る訳も無い」。

「言葉では無く、

死者数・負傷者数・被害建造物・農地等広さ・乗り物数等々の被害実態等の実と

戦死者遺族や戦傷者や戦争被害者等の実感等の実」が

「戦争実態を明らかにする」。

「表現上を問題にする机上の空論に貴重な時間を費やしている暇がある」なら

「戦争の元である人間社会の精神文化や個々の人類の精神構造の問題に

スポットライトを当て、

精神文化と精神構造を健常進歩・正常進化させる事に有益な事」を

「意識的かつ積極的に行うべきだ」が

「オトモダチ、北朝鮮等の為に、北朝鮮に融和的な日本の政権にしたがっている様相」の

「反対野党等やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」には

「上記の様な、より進歩的・革新的な提案等さえも出来ていない」。

「現政権や与党等より良い政治・政策等をロクに訴えられない野党等やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「現政権与党等を批判・非難等する事」を

「仕事にし続けていたい様相」だが

「今時なのに、そんな劣悪レベルの事を行い続けている者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「森友関連の異常に詳しい財務省文書の場合」は

「保守政治家や保守政治家夫人がらみの一保守系小学校設立・一国有地払い下げ事案だった」ので

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)官僚・公務員等が

日本の保守を貶める為の具として仕込んだ様相でもある」。

「元文科省事務次官前川氏の乱」等と

「同様」に

「所謂、左翼(同上)官僚・公務員等による政治工作の様相」だ。

「今時、バレるのが分っているのに、

ワザワザ書き換え・削除等を行ったりした辺りからも、

工作の臭いは濃厚に漂って来る」。

「しかも、バラしたのが、

南北朝鮮分断頃以降からバリバリの所謂、左翼(同上)の実態を露呈し続けて来ている

朝日新聞」だ。

「財務省内部と朝日新聞等の裏パイプ等の存在が大いに疑われる」が

「その辺りを追及しようとしている様相のマスコミ等は表立って出て来ていない」。

「官僚・公務員等の工作等を防ぐ為にはどうすれば良いのか?」や

「日本国内の北朝鮮等による工作等を撲滅する為にはどうすれば良いのか?」等も

「真剣に議論され、十分な対策が講じられるべき事」だが

「その辺りを喧伝するテレビ・ラジオ・マスコミ等は皆無状態」だ。

「実質的に、同じ人脈の者たちばかり・・・が

公共の電波も公共的マスコミ等も

実質的に独占出来続けている事の

実害」が

「其処に露呈している」』。

『「反対野党等への政権交代は無理」と

「悟っている様相」の

「そのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「自民党の中の親北派等への政権交代を目論んでいる様相」だ。

「ご推奨」は

「実質的に、北朝鮮も利す、日本の反原発運動にも熱心な小泉元総理の子、

反対野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等が世襲でも大問題視しなかった

小泉ジュニアの意向(未だ、当人が総理候補として出る事は困難だから)」や、、

「北朝鮮製の金の延べ棒が三本も金庫から出て来たという、

故金丸氏と似た臭いが漂って来る

岸田政調会長」や

「反対野党のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等が度々重用し続けて来ている野田聖子氏」や

「憲法改正問題でもスジを通したがるところ等の精神構造が

何処と無く、小沢氏にも似ている様相の

石破氏」等々の様相だ』。

『「実を取る」なら

「文面上のスジより、改正後の世論や実運用上の問題等」というのが

「北朝鮮人脈等の日本国民まで少なからず居る戦後日本の政治の常道」だが

「日本攻略をより容易にする」なら

「情報・教育で、上辺やイメージ等で操り易い人間を育成」し、

「政治や法や行政等では、

上辺からはっきり縛ったり、

何でも公開等させたり、

・・・等々する事」が

「合理的になる」。

「上辺」では「朝鮮民主主義人民共和国」でも

「内実」は「金政権独裁恐怖政治状態の北朝鮮」と

「同様の状態を具現化させない為」には

「上辺では無く

内実や本質等を重んじる人々の慣習等」が

「重要になる」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」により

「本質や快適を探究する

今時の成人として健常な精神構造」を

「育成する情報・教育等」は

「本当に重要」だが

「戦後の日本社会では、

この重要な情報・教育が大きく阻害され続けて来ている」。

「その代わりに在り続けている」のが

「上辺に拘り、教えられた者・物・事等を良く覚え、自分ではあまり考えない

操り易い人間を育成する情報・教育だ」。

「小問題の大問題化等で

北朝鮮のオトモダチ、反対野党等を利す考え・思い等を

知らず知らずの内に抱けてしまっている人々等」は

「戦後日本の学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等情報の犠牲者」だ。

「日本を北朝鮮の様な状態にしたくない」なら

「情報・教育の正常化・健常化が必需になる」。

「一番の元凶」は

「選挙も無い」から

「ずっと同じ人脈の者たちが情報・教育界の実権を握り占められている事」であり

「それが、所謂、左翼(親朝鮮等)人脈である場合が異常な程多い事」だ。

「民意により実権者を変えさせる為に、

必要な法・体制等の整備をする事」や

「偏向・偏重情報配信によりイメージで視聴者・読者等を操れない様にする為に、

政治・社会問題等の面では特に厳しく、

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信の徹底義務等を課す事」や

「対論・各論併記状態の義務」や

「公共の電波上や公共的マスコミ上で自論を配信する者の

過剰な常連出演・常筆等の禁止」等々が

「合理的になる」。

「現状の様に、

何処の民放でも、

NHKでも、

紙面等でも、

同じコメンテーター等が出ていたり、

取り上げられていたり、

筆を振るっていたり等

出来ている状態」は

「明らかに異常」だ。

「其処に露呈している」のは

「出演依頼者・執筆者・執筆依頼者等」が

「特定極一部の者たちを有名人化し、

有名人化した者に

ご都合論等を語らせたり、書かせたりする事」で

「有名人と自分を同一視している心理を

自覚の有無に関わらず、保有させられてしまっている

多くの視聴者・読者等」を

「操り続ける{悪魔の策略}」だ。

「良心的な情報配信」なら

「出演者や執筆者への視聴者・読者等の不要な同一視を防ぐ為」にも

「出演者や執筆者の有名人化は避け、

論の内実に視聴者・読者等の興味が行く様にする」。

「誰かを覚えて、論内実は誰かのコピー」では

「民主主義社会の民として成人化していない状態」だが

「論内実を実体把握して自分で考え・思い、自論を構築する」なら

「自らの頭も育つ上に、

民主主義社会の民としての成人状態にも至る様に成り易くなる」。

「自己を成人化出来た後で、論を情報配信等した他者を見る」なら

「同一視では無い、自分から見たその人の実態や実体が見えて来る」。

「それは、自分を他人に操らせず、

自らの人生を生きる為」にも、

「とても重要な事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「北朝鮮劣悪国家指導者等の延命外交」を支援している日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等・・・。

『「金正恩の核等放棄が本気か?否か?」は「既に、はっきりしている」。

「それは、金正恩の公言等からも良く判る」。

「リビアとは違い、既に、ある程度の核兵器等を保持出来てしまっている

極悪非道工作活動国家の北朝鮮なら、

最初の核放棄を拒否しても米国等は攻撃も出来ない筈だから

段階的核放棄を{要求}すると共に

既に保持出来てしまっている、今も、今後も作り続ける、核兵器等を

出来るダケ高く売り続ける事等で資金を得、

上辺の平和・友好イメージで時間を稼ぎ

その裏で

主として、日韓内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

急速に強化し続けながら行い続ける事により

日韓乗っ取り支配を実現させよう・・・としている実体が露呈している」。

「既に、叔父や兄や多くの北朝鮮国民の粛清まで行って来ている

在日の母を持つが故に日本の乗っ取り支配までもが必需になっている

金正恩の実態」は

「世界中の何処の誰がどうかんがえても、極悪人になる」。

「それなのに、金正恩の事を

他の国の国家指導者等と同様に扱い続けたり、

才知に溢れる秀でた国家指導者等として扱い続けていたり・・・する」のが

「日本の中の金正恩等の実質的、手下等」だ』。

『「極悪人のお友達なら、極悪人に自首を薦める」が

「極悪人の手下なら、極悪人を賛美・是認等する」のが

「当然になる」。

「極悪人が自首しないなら強制的に逮捕する」であり

「逮捕も出来ないなら、

極悪人による人間社会への実害を排除する為に、

極悪人は排除・駆除等する」が

「人間社会の常道」だ。

「人間社会の常道を逸脱させたい極悪人の手下等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ければ

利を得てしまうのは極悪人になる」』。

『「在日の母を持たない金正日」は

「日朝会談を行う事も出来、

一部拉致被害者を帰す事も出来た」。

「米との核放棄合意等の平和・開放仮面路線への転換も試みられた」。

「しかし、金正日が試そうとした平和・開放仮面路線」は

「他国支配・他者支配が必需の独裁政権の北朝鮮劣悪国家指導者等の中で否定され、

北朝鮮が積み重ねて来ていた極悪事の実績と米国の政権交代により

悪の枢軸と名指しされてしまった事により

直に破綻」した。

「金正日は、平和解放開放路線試行~失敗の責任から、

その後、早々に粛清されてしまった様相」だ。

「金正日の後を継いだ在日の母を持つ金正恩」が

「急激な軍備増強(核も含む)に走り続けて来ている裏」には

「平和開放仮面路線の失敗が在る」。

「金正恩が最初から全く勝ち目の無いチキンレースを

米国との間で行い続けて来たり

いよいよ命の危険を悟らざるを得なくなった昨今、

大慌てで、大々的な{延命外交}に走り回っていたりしている」のも

「北朝鮮劣悪国家指導者等自らの身から出た錆」だが

「ほぼ全身が錆と化した北朝鮮劣悪国家指導者等が

近々崩壊する」のは

「当然の現象になる」。

「そもそも、金正日時代の平和開放仮面路線」にしても

「本気で開放政策を行うつもりなど全く無く、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い部分ダケをホンの少し開けるダケ」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の言う平和」とは

「北朝鮮劣悪国家指導者等による他国・他者支配状態の事以外の何モノでも無い」。

「だから、

実際に、

核放棄合意の裏では、

核放棄作業では無く、更なる核開発が行われていた」から

「悪の枢軸」に

「直ぐ呼応」して

「合意違反の核実験」が「行われた」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の政治・政策等の基軸」は

「ずっと同じ」だ。

「上辺で脅し、騙し、

工作活動(他国内も含む)で北朝鮮劣悪国家指導者等の都合・要望・希望等を

無理やりでも通し続けようとする」。

「体制維持の為」には

「数多くの北朝鮮国民の粛清も

身内の粛清も厭わない、ばかりか、

核武装にも、

偽札・覚せい剤等の製造~使用・販売等にも、

ネット技術悪用資金稼ぎや

サイバースパイ・テロ等にも、

他国内(何処でも)テロにも、

超積極的」だ。

「そんな体制を認める為」に

「世界が頑張る必要は全く無い」。

「政権交代があった方が、多くの北朝鮮国民にとっても非常に有益である事」は

「誰でも分る」。

「核武装しているから・・・等と、

北朝鮮劣悪国家指導者等普通の国家指導者論、或いは、賛美論等を言い、

北朝鮮政権交代必需論等を言わない」のは

「北朝鮮の核武装に屈したチキンや

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が自首するつもりがある」なら

「早々に自首した方が自首による減刑メリットも大きくなる」。

「逃げ回れば、逃げ回る程、罪も大きくなる」のが

「今も、主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

旺盛に、強化させながら、行わせ続けている

北朝鮮劣悪国家指導者等の実態だから」だ。

「延命を本気で考えている」なら

「{延命外交}に走り回るより、即座にでも自首した方が良い」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の現実」だ。

「逃げ回り続けようとしている極悪人との会談は無駄」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が逃げ回り続けようとしている限り、

結果は、既に、判っている」。

「南北会談」では

「韓国従北政権が

北朝鮮劣悪国家指導者等の延命を支援する為に

多くの北朝鮮国民や

日韓内の北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下の工作活動等被害者に

更なる犠牲を強い続ける状態をつくり出そうとする」。

「米朝会談」では、

「米国が要求する{リビア方式の核放棄}」に対し

「北朝鮮は

金正日時代同様に、

口先ダケの核放棄宣言等を言い、

段階的核放棄と

その度の見返りを要求する」。

「盗人猛々しい、劣悪国家指導者等に米国側は話しても無駄」を

「否応無しに悟る」。

「対話解決が出来得ない北朝鮮核・ミサイル・工作活動等問題に対し

実解決を実現する政策を取る米国」は

「限定攻撃、或いは、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等の

実解決策を採る事になる」。

「それに備えて、核戦力を増強し続ける悪足掻きを未だに続けている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等」だから

「米軍による先制攻撃等は早い方が良い事になる」。

「北朝鮮の核・ミサイル施設等を限定攻撃する事」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の牙を折る」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題健常解決への道が開けて来る」。

「限定攻撃を行っても、北朝鮮は反撃出来ない可能性が非常に大きい」。

「反撃するなら、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争に成るダケだから」だ。

「牙を折られ自首せざるを得なくなれば、極悪人でも自首する可能性が大きくなる」。

「つまり、北朝鮮劣悪国家指導者等の延命も

北朝鮮劣悪国家指導者等からの北朝鮮の解放も

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等の廃絶も

実現可能になる」。

「実のある北朝鮮劣悪国家指導者等問題の解決」が

「其処に在る」』。

『「それなのに、未だに、金正恩等の外交は極めて巧み・・・等々」と

「実態としては、極悪人である北朝鮮劣悪国家指導者等を賛美宣伝等し、

極悪人のままの極悪人の延命と

極悪人による極悪政策等の継続等を支援等している」のが

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「上辺でどんなに優等生ぶり、正義ぶり、紳士ぶっていたり・・・等々していても

実体としては劣悪過ぎる実態が其処に露呈している」』。

『「上記の様な実態・実体」は

「筆者が記そうが記さなかろうが、現実として在る実態・実体」だ。

「現実をちゃんと直視している人々」なら

「誰もが認知・実感等出来ている事」だ。

「其れを、イメージ等により捻じ曲げ、

大衆誘導を行う事で

多くの視聴者・読者等を

現実逃避状態に陥れ、

その裏で

北朝鮮劣悪国家指導者等を利させる世論等を育成させよう・・・等とし続けて来ている」。

「余りにも、出来の悪い、もしくは、確信犯の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」の

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」が

「其処に露呈している」』。

『「戦争が悲惨で、工作活動が悲惨で無いという嘘イメージ」は

「戦争の悲惨さを大喧伝し、

工作活動の悲惨さを黙殺し続ける

情報・教育等により

容易につくり出せてしまう」。

「現実」は、

「戦争も酷いし、工作活動も酷い」だ。

「そして、戦後日本社会は工作活動天国状態」だ。

「集団工作活動の数十年にも渡る継続により

その犠牲者数は

少なく見積もっても、何百万人レベルになる」。

「陰険なナチス・ヒトラー」が

「自首しない」なら

「武力によってでも、逮捕・排除・駆除等する事」が

「正道」になる。

「陰険なナチス・ヒトラー」に

「米国本土まで標的に出来る核ミサイル等による武装等」まで

「実現させてしまう事」の

「デメリットは極大」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題の実のある解決」が

「大きな犠牲を伴わすに可能な時間」は

「残り少ない」。

「極悪人に過分な時間・資金・立場等々を与え続ける必要は全く無い」。

「早急な、

極悪人の自首もしくは、

逮捕・排除・駆除等」が

「今、全世界に求められている」』。

『「それなのに、未だに、極悪人の実質的、手下状態の情報配信を続けている

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が在る」。

「本当に異常」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

より以前の記事一覧