サンデーモーニングでは、常連出演者等が建築物等の補修等の重要性を優等生ぶり、正義ぶり、を訴え、憲法の{補修}には反対!の様相だったが・・・。

『「自民党総裁選では実質的に、石破氏を応援の様相」だが「所謂、左翼テレビ等が応援」では

「石破氏が勝つと民主党政権時みたいに・・・」の

「可能性を強く感じる人々の数もかなり多い筈」だ。

「実際の支持人脈等のバックグランドがその様相・・・」では

「石破氏が、

いくら、憲法改正問題等々で世論迎合側に居る事等を主張等していて」も

「どうもねぇ・・・等の感はぬぐい切れない」・・・。

「何れにしても、公共の電波を使った実質的、政治運動」は

「何時も酷い」。

「他の問題で優等生ぶり、正義ぶっている常連出演者等」の

「重要な目的」は

「有名人利権の増大」と

「主扱いの常連出演者等や番組制作~放映実権者等と同様の思想信条・政治志向等を

多くの視聴者に抱かせる

実質的、マインドコントロールによる大衆誘導」等と

「強く推定されても仕方の無い実態」が

「露呈し続けて来ている」』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の無責任体質」は

「戦前から同様」だ。

「戦前~戦中」は

「軍部イケイケ!ドンドン!!」等を

「散々、煽っていた」のが

「多くのラジオ・マスコミ等」だった。

「戦後になる」と

「そんなラジオ・マスコミ等自らの責任は何処へやら、

旧日本軍等の無責任体質ぶりや

戦争の酷さ等を

優等生ぶり、正義ぶり、喧伝し続けて来ている」。

「戦前にこそ重要だった反戦!」を

「戦前に喧伝せず、日本からの戦争がほぼ確実に無くなった戦後に喧伝」し

「戦前~戦中のラジオ・マスコミ等の無責任体質ぶり等を自省・自浄せず、

無かった事にしながら、

まるで社会・共産主義圏の政権の如き運営を連綿と続けて来ている」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の酷過ぎる実態」だ。

「無責任体質が是正されている」なら

「例えば、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実質的、大応援により誕生した民主党政権による

日本国・多くの日本国民に対する悪政の共同責任を取り

多くの当時、民主党を積極的に応戦させた実権者等が退場していて当たり前」になる。

「選挙のある政界では、実権者交代が行われている」のに

「ある意味では政界より公共度が高いのに、

選挙の無いテレビ・ラジオ・マスコミ界では人脈交代が行われない

異常性・脆弱性等の問題も素直に直視」し

「民意を反映して実権者人脈の交代が可能になるシステム等の

構築~提案~実用等の処置」も

「行われていて当たり前」になる。

「自省・自浄さえも行わず、

既に、終わっている過去を持ち出し、

旧陸軍等の無責任体質を喧伝し、優等生ぶり、正義ぶったり、しているその実態」は

「本当に醜悪」だ。

「昨日の夜」には、

「NHKがノモンハン事件問題や特高警察問題のご用達番組の再放送を行っていた」が

「自省・自浄無きNHKの言い分」には

「明らかに欠けているところがあり、

実質的には、

所謂、左翼や朝鮮等を利す政治運動番組の内実も含んでいる状態になっていた」。

「所謂、左翼や朝鮮等を利す内容を含みながら、

所謂、保守や日本を利す内容は排除状態だった」のだから

「其処には、明らかな意図が感じ取れる」。

「特高の赤狩りにしても、

日本の共産党は旧ソ連の絶大なる支援の下で出来たのだから

日本内で、

当時、対立関係にあったソ連から強い影響を与えられる事等を

避ける為」の

「合理的策だった面もある」。

「その運用を特高の一部が変に行った事は重大問題」だが

「赤狩り自体は当時、国を守る為に必要と考えられていた事に他ならない」。

「戦後の日本国内では、北朝鮮金政権等の実質的、手下組織やその協力者等が

日本を北朝鮮金政権等が乗っ取り支配する為の都合に沿うスパイ・工作活動等を

連綿と続けて来ている」。

「拉致{工作}はその氷山の一角」だ。

「自省し、自浄し、責任を取る体質に成れている、テレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「今の日本に必要な法・体制整備を積極的に訴える」と「共」に、

「旧特高警察の負の面を再現させない為の策等を付け加えさせる論」等でも

「配信していて当然」だ。

「旧特高丸ごとダメ論等を風潮」し、

「実質的には、戦後の日本に必要な

スパイ・工作活動等防止の為の法・体制整備」等を

「丸ごと、悪扱いする、させる事」等により、

「日本の中の

例えば、北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作員やその協力者等を利し、

多くの日本国民・日本企業等の

スパイ・工作活動等被害を

黙殺・放置・拡大等させ続けている」。

「その実態」は

「北朝鮮金政権等の手下、情報工作員等そのままの様相ですらある」。

「特高が朝鮮半島内で死刑を連発した」のは

「武力を使って反政府運動等まで行っていた者たちや、

その共同正犯等に対してが主だった筈

(もちろん、命の扱いが現在より遥かに軽い当時だから、

治安の為の見せしめ等の意図も容認されていたかも知れないが)」だが

「その辺りの実状は黙殺して、まるで朝鮮人差別であるかの如き論調だったのも、酷い」。

「日韓併合の実態は欧米列強の植民地支配とは全く違う

二国を一国化する同化政策だった」。

「日本人の精神文化として、自らが暮らすところを暮らしやすい良いところにしたい!」という

「{本能}」がある」が

「日韓併合当時、朝鮮半島に渡った日本人も

朝鮮半島内を暮らしやすい良いところにしようと頑張った」のが

「実態」で

「支配~略奪等を頑張ったのでは断じて無い」。

「支配~略奪等の為なら、

朝鮮人の文化・教育水準等は意図的に上げない方が合理的になる」が

「実際は、日韓併合以降朝鮮半島内の多くの朝鮮人の文化・教育・衛生水準等」は

「飛躍的に上げられた」から

「朝鮮人の人口も増え、

朝鮮人の経済も日韓併合前より遥かに豊かになった」。

「読み・書き・そろばんの出来ない、色の無い(多くの場合汚れた)着物を着ていた

多くの朝鮮人」が

「読み・書き・そろばんの出来る、色の着いた着物を着る

日韓併合後の日本国籍朝鮮人となった」のが

「現実」だ。

「日本の敗戦につけ込んで、不当支配~火事場泥棒的略奪等を行った」のが

「戦後の朝鮮人悪権力者等」で

「その精神構造の実態」は

「日韓併合前に、自国民を衰退化させる事で支配し続けて来ていた

朝鮮人悪権力者たち」と

「同様」だから

「戦後の朝鮮半島内」は、

「現状の様な状態(民主化していない北朝鮮がより顕著だが)になっている」のが

「現実」だ。

「日本にも、その悪影響

(特に、北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作員等やその協力者等によるモノが酷い)が

未だに多々在る」が

「自省・自浄無き戦後の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「その実態さえ、十分に告発等して来ていない」ばかりか

「まるで、北朝鮮金政権等の手下、情報工作機関的様相まで露呈している場合も

少なく無い」のだから

「本当に、酷い」』。

『「建設は花・補修は涙」とは

「精神文化の問題に他ならない」のに

「人々の精神構造や人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化を言わない」のだから

「この手の問題の解決法等が見えて来る訳も無い」。

「現状の多くの人々の精神構造と人間社会の精神文化のまま事を進める」なら

「まるで恐竜が地球上に大いに蔓延り、

本能任せ(精神構造任せ)に、多くの植物を食い荒らし

最後は隕石の衝突で絶滅した」のと

「同様の事態」に

「人類が陥る」事になる。

「既に、人類は、地球上に大いに蔓延っている」し

「人間社会の主流精神文化任せに、大いに自然界を食い荒らしている」。

「隕石の衝突の現代版」である

「巨大人工衛星の落下」でも起きるなら、

「人類の滅亡」が

「現実のモノとなってしまう事になる」。

「恐竜滅亡以降、哺乳類が地球上の長となった様」に

「人類滅亡後に残り、台頭する事になる」のは

「滅亡しない、させない精神構造を持つ者たちになる」。

「当たり前の事」だ。

「逆から言う」なら

「滅亡しない、させない精神構造を身に付ける、身に付けさせる事」こそが

「今の人類に一番必要な事」だ。

「その為の情報・教育を行うべき」なのに

「旧態依然とした精神文化の中で現状利権を貪り続けている

まるで恐竜の様な者たち」は

「自らが現状故に持てている大きな力に酔い

自省も自浄もしようとしていない様相」なのだから

「本当に、呆れる」。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき存在が其処に在る」。

「何故なら、

{恐竜}がその力に酔いしれていればいる程、

人類滅亡(現状人間世界終結)時の

犠牲が大きくなってしまうから」だ。

「多大なる犠牲をもたらした者たち等」が

「大いに批判・非難等されるところに置かれる」のは

「同様の新たな惨事等を招かない為にも、極めて、当然の事になる」』。

『「何れにしても、

自省・自浄無きテレビ・ラジオ・マスコミ等では、

本当に、仕方無い」。

「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

戦争関連・お盆関連はそろそろ終わりの様だが・・・。

『「人の意識」は「丸ごと一人レベルで考え・思い・感じ・捉えたがる」が

「生きている人の実体」は

「細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している約60兆とも言われている細胞群」だ。

「狭義の自分」だ。

「細胞群の命の連続性は地球上の全ての生物にまで繋がる」から

「一人の人」とは「地球生命体細胞群の一部でもある」。

「広義の自分」だ。

「人類が古から、死と言う現象」を

「実態通りに、細胞レベルの現象であると捉えていた」なら

「丸ごと一人の死生観・人生観等」は

「生まれなかったかも知れないし、

生まれてもその価値や力等の大きさは、非常に小さなモノになっていた筈」だ。

「何故なら、それは現実離れしたモノだから」だ。

「ところが、実際の人類の歴史」では

「死という現象」は

「実態通りに捉えられる様になる遥か前」に

「丸ごと一人レベルで認知され公然化された」。

「人の意識」は

「丸ごと一人レベルで考え・思い・感じ・捉えたがり、

本当の実体が認知出来る様になる為には

必要十分な性能を持つ物質文明製品等が必要になる場合が多い」から

「例えば、天体や宇宙の認識」も「天動説が先だった」。

「必要な性能を持つ物質文明製品等が乏しかった古の時代」に

「丸ごと一人レベルで考え・思い・感じ・捉えたがる人の意識上」で

「構築された精神文化製品等」は

「数多い」。

「丸ごと一人の死生観・人生観」も

「宗教」も

「天動説」も

「それらの実例に他ならない」』。

『「天体や宇宙等を実体通りに認知する為」に

「有用な物質文明製品(望遠鏡等)」は

「比較的早く生み出された」。

「それらを使って確かめた実態」を

「より合理的に認知する為」には

「天動説より地動説の方が合理的である事」も

「認知される事となった」ので

「多くの現代人」の

「天体や宇宙に対する認識」は

「地動説となっている」。

「その後も天体や宇宙を実体通りに認知する為に必要な物質文明製品」は

「どんどん進歩・進化し続けている」し

「その実用も積極的に行われ続けて来ている」。

「天体・宇宙等の認識」では、

「精神文化製品である説」の

「健常進歩・正常進化が実現出来ている」し

「その大衆周知にも成功している」』。

『「誕生・死を実体通りに認知する為に必要な物質文明製品」は

「既に、出来ている」し

「その実用も行われている」から

「生物の誕生・死が細胞レベルの現象である事」は

「既に、科学レベルで判明している」。

「本来なら、

天体や宇宙の認識が天動説から地動説へと

より実体通りを理解・把握し易い精神文化製品に進歩・進化したのと同様」に

「誕生・死の認識」や

「死生観・人生観」等の

「精神文化製品」も

「丸ごと一人レベルダケから細胞レベルも併用する様に

地動説化されていて当然になる」。

「それなのに、未だに、地動説化されていないのは何故か?」』

『「理由の一つ」は

「天体や宇宙等」は

「自分の外」だから

「認知し易く、認識も変え易い」が

「誕生・死等」は

「自分の内」で

「認知し辛く、認識も変え辛い事」だ。

「しかし、自分の外でも内でも現実は変わらない」から

「自分の内の認識等」を

「現実との整合性を高める様に進歩・進化させられない事」は

「現実との乖離を自らの内に保持し続ける自虐状態を得ている事」でもある。

「もちろん、そんな自虐状態を得続けている自分に対して自己承認が出来易い訳も無い」から

「自らの内から、自己承認欲求が上がって来れば、

他の者・物・事等に投影・転嫁等した自己承認欲求の代償欲求化させ易くなり、

実際にその様な状態に陥ってしまっている人々は数多い」。

「本来欲求の充足に繋がらない代償欲求の追及」は

「時と共に過剰に成り易く」、

「現状人間社会の中の問題の多く」は

「代償欲求の過剰追及が原因でもある」から

「多くの人々の本来欲求充足の為」にも

「誕生・死等の認識の地動説化は意識的かつ積極的に行うべき事になる」』。

『「別の理由」は

「地動説化を阻害している情報・教育」だ。

「人々の内を天動説レベル状態から進歩・進化させない事による

悪の現状メリットを得続ける為」には

「合理的になる地動説化を阻害する情報・教育」だが

「それは、例えば、戦争の歴史を繰り返させる情報・教育でもある」のだから

「悪の現状メリットを追求し続けている悪者や

その手先等」からは

「早々に、重要な立場・権力等や過分な報酬等を取り上げる、取り上げさせるべき」だ。

「悪者どもはある意味、巧妙」で

「地動説化を阻害する情報・教育の多く」は

「麻薬や覚せい剤的に仕立てられている」から

「それらのヤクに毒され続けると中毒患者化されてしまう場合も少なく無い」。

「自らの外はどんどん成長させる事が出来る様になっても、

自らの内は健常成長させなくて良いですよ~!乳幼レベルのままでいなさ~い!

その方が操り、使い易いから。

その為に必要な現実逃避ヤクや天動説認識増強ヤクなら

大量につくり、安く売り続けるから買いなさ~い!

・・・という悪者たち」は

「未だ、数多い」。

「もちろん、言うまでも無く、こんな酷い状態の是正は急務」だ』。

『「丸ごと一人レベルダケの死生観・人生観ドラマ等が在っても良い」が

「それは、もはや、主であってはいけない時代」は

「既に来ている」。

「地動説レベルの死生観・人生観ドラマ等が主であるべき時代」が

「既に来ている」。

「自らの精神構造を地動説レベルにまで健常成長・正常進化させている人間」なら

「少々の表現力が有れば、何処の誰にでもホン等は書ける筈」だ。

「それを映像化する事」等は

「既に、十分なノウハウ等があるので、比較的簡単になる」。

「それなのに、

未だに、

霊{商売}・あの世{商売}・遺骨{商売}等々の利権維持の為か?

丸ごと一人レベルの死生観・人生観ダケのドラマ等{ばかり}なのだから

本当に酷い」。

「筆者は、

歴史遺産等としての神社仏閣等テーマパーク等を

古の人々の生活や精神構造等に思いを至らせながら、

のんびり散歩しながら、

見たりするのは好き」だが

「古の時代のままの、霊やあの世や骨等の認識等を

反復学習等させられる事等」は

「本当に嫌」だ。

「自虐を強いてどうする!の世界だから」だ。

「公共の電波まで使って、そればかり・・・」となれば

「もはや、それは、大罪レベルの事」と

「強く、感じている」』。

『「精神構造・精神文化の進歩・進化から定める」なら

「小説・ドラマ・映画等やその原作等」は

「簡単に構築出来る」。

「例えば、

他者支配から自己健常支配への支配欲の健常化・正常化を基本軸として

上辺を付ければ、其れこそ、何本でも、構築出来る事になる」。

「それは、勧善懲悪や血統家族主義等々を軸として構築している作業と同じ事」だ。

「つまり、精神構造や精神文化の進歩・進化を軸に出来るか?ダケ」が

「実質的に、問われている事になる」。

「ドラマ・小説・映画等々の作家等」は

「仕事を失いたく無い、或いは、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれたく無い」なら

「先ずは、自らの精神構造を健常進歩・正常進化させ、

精神構造・精神文化の進歩・進化に貢献する作品を

どんどんつくるべき」だ。

「比べっこ精神文化から本質・快適探究精神文化への進歩・進化を軸にした

戦争~経済戦争から世界平和への壮大な人間世界の変化を描く大作」でも

「つくってみたらどうか!」

「何れにしても、現状の所謂、文系の情報・教育界は酷過ぎる」。

「天動説レベルばかりが主なのだから、本当に酷い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

戦後73年を平和と言われてもねぇ・・・。

『「先の大戦後日本は戦争からは抜け出せている」が「経済戦争真っ只中」で「スパイ・工作活動天国状態」なのだから

「断じて平和では無い」。

「先の大戦時の日本国民の犠牲者の数は約310万人とも言われている」が

「戦後の数十年に渡る何十万人レベルの集団工作活動による犠牲者の数」も

「少なく見積もっても何百万人レベル」と「強く推定出来る」。

「武力戦争」は

「直接人間を判り易く殺傷する」。

「集団工作活動」は

「集団工作により滅多な事では判明しない様に、

例え、判明しても集団の大きさ故に滅多な事では露呈されない様に、

人間を殺傷等し続けて来ている」。

「更に、経済戦争」は

「間接的に人を殺傷する」。

「武力戦争が無いダケ」で

「平和」とは

「集団工作活動を行っている者たち等にとって都合の良い論」に

「他ならない」』。

『「では、どうすれば、人間世界は平和になるのか?」

「それは、何故?戦争が起こされたのか?」を

「当時の人々の精神構造や当時の人間社会の精神文化」等から

「紐解き、少し考える」なら

「世界中の何処の誰にでも分る」』。

『「人類が二度も世界大戦を繰り返した当時」の

「多くの人々の精神構造」は

「丸ごと一人の死生観・人生観」で

「血統家族主義や人種・民族・国家主義」であり

「家族や将来の家族に結び付くかも知れない好きな人等を守り、自己存続等も図る為等の目的」で、

「他国・他人種・他民族等との比べっこ支配権/被支配権争いを行う事を是としていた状態」だった。

「その様な当時の多くの人々の精神構造」が

「集団化する事」で

「つくり出された当時の人間社会の主流最先端精神文化」は

「帝国主義&植民地支配等による利権取得」だった。

「それを実現させる為の手段」が

「急速な進歩・進化した物質文明製品の一つである

より進んだ武器を使う事により

{敵}を手懐ける

武力侵略や武力戦争等」だった。

「帝国主義や帝国主義を支える植民地拡大に走っていた欧米列強」は

「中国大陸や極東地域にも迫って来た」。

「当時清だった中国は欧米列強に食い荒らされ、

当時の韓国は単独では国の存続さえ危うい状態に陥っていた」。

「極東地域では、日本のみ」が

「急速な近代化を成し遂げ、

欧米列強同様の当時の主流最先端精神文化である帝国主義&植民地取得へと動けた」。

「しかし、元々、帝国主義も植民地支配も知らない日本国」は

「富国強兵はそれなりに忠実に真似出来ていた」が

「大日本帝国と植民地支配は言葉ダケが先走る日本流の状態」だった。

「富国強兵の実効」は

「日清・日露戦争で直に現れた」。

「タダでさえ、欧米列強に食い荒らされていた清(中国)」は

「更に、混沌とした状態に陥った」。

「単独では国の存続さえ危うかった当時の韓国」は

「日本との対等合併を望んだ」が

「最終的には、国力相応の日韓併合」となり、

「国自体の滅亡は防げた」。

「清も当時の韓国」も

「当時の人間社会の主流最先端精神文化への対応が十分に出来ない

ある意味では、劣悪な状態だった」のだから

「無垢の被害者では断じて無い」。

「それは、何故、主流最先端精神文化に対応出来なかったのか?」を

「紐解くと直にはっきりする」。

「自国民の多くを衰退化させる事により多くの自国民より上に立つ事による支配」という

「劣悪な支配精神文化の賜物」が

「当時の主流最先端精神文化への対応不全」だ。

「欧米列強の帝国主義&植民地支配」は

「第一次世界大戦ダケでは終わらなかった」。

「第一次世界大戦の勝者も敗者」も

「その精神文化を大きく変える事が無かったから」だ。

「後追いで、必死に欧米列強を真似ていた状態の当時の日本」は

「当時の人間世界の主流最先端精神文化が変わっていない、

日本も変えようともしていないが故」に

「不器用に欧米列強同様の道をより大きく進もうとした」。

「結果、日米衝突に至り、太平洋戦争に突入した」。

「ヨーロッパではドイツが第一次世界大戦敗戦から急激に息を吹き返し

非常に強い勢力となり他国侵略等も始めていた」ので

「第二次世界大戦となった」。

「大戦初期に、急激に、旧日本軍は欧米列強の植民地だったアジアの地域」から

「欧米列強を駆逐した」が

「戦争が続いたので日本の植民地には出来なかった」。

「日米の圧倒的な資源等の差」は

「戦争が長引けば長引く程、戦果にも直結した」。

「日・独・伊三国同盟」と「連合軍」の「世界大戦」は

「最終的には原爆の実用までもたらし、大戦の犠牲が膨大だった」ので

「人間社会から帝国主義や植民地支配等を基本的に締め出し、

新たな主流最先端精神文化への転換を誘う実効も現した」。

「武力戦争精神文化から経済戦争精神文化への進歩」だ。

「戦時中はお互いに殺し合いながら、戦後の日米は仲良くなれた」のは

「日米の多くの人々」が、

「同じく、当時の主流最先端精神文化上で競い合った精神構造上の同類だから」だ。

「戦後の経済戦争で日本が勝者側に位置出来て来ている」のも

「その精神構造故でもある」。

「日本の敗戦を良い事」に

「戦後の韓国(北朝鮮も含む)人等の集団」は

「火事場泥棒的に朝鮮半島内を自国とし

戦後の日本国内でも略奪等を行った」。

「主流最先端精神文化上で正々堂々と競い合う事を是とする精神文化」と

「火事場泥棒を是とする精神文化」が

「仲良くなれる訳も無い」から

「戦後の日韓(北朝も含む)は仲が悪い」。

「火事場泥棒を永遠に正当化し続ける為」に

「日本乗っ取り支配工作(非人道的なモノも多い)等を行い続けている集団まで在るとなれば、尚更」だ。

「日本の精神文化」には、

「水に流し、その後は平和共存・未来志向等というのがある」が

「火事場泥棒を是とする精神文化の者たち」に

「それが十分に理解出来るのか?」の「結果」は

「想像に難く無い」。

「戦後火事場泥棒を水に流してその後は未来志向に!」と

「日韓基本条約まで締結」しても

「その後のゴネぶり等」が

「枚挙に暇が無い」のが

「韓国」で

「北朝鮮金政権等に至って」は

「未だに、日本国内で、日本乗っ取りの為の集団工作等も行わせ続けて来ている状態」だ。

「精神構造・精神文化を健常進歩・正常進化させる事抜き」に

「日韓(北朝も含む)の真の友好関係等は成り立ち得ない」。

「戦争の撲滅」も

「世界平和の実現」も

「話しは全く同様」だ』。

『「集団工作の酷さ」は

「集団で一般日本国民まで含む個人までターゲットにしているところ」だ。

「例えば、侵入工作」では

「ターゲットの家に侵入工作を行い続ける為に必要な鍵(合鍵)」を

「鍵等のプロの工作員が準備」し

「侵入工作員に渡している」。

「侵入工作実行に際して」は

「ターゲット監視工作員がターゲットの家が確実に留守である間」を

「侵入工作員に伝えている」。

「ターゲットが出かけたり、近くまで戻って来る」と「伝えている」から

「その間は、侵入工作員は安心して侵入工作が行える事になる」。

「侵入工作で行う事も非人道的」だ。

「例えば、

油や醤油や酒や飲料等々、ターゲットが常用する物に弱毒物や有害物を仕込んだり、

ターゲットの個人情報や仕事情報等を吸い上げたり、

ターゲットの部屋の状態を工作電磁波が通り易くしたり、

・・・等々」。

「吸い上げた情報等は情報分析工作員等が解析し、

ターゲットの行動パターンを割り出したりする事で

出先での飲食物・電磁波等工作員との遭遇確率を上げたり」する。

「心理的に弱らせたり、身体的に弱らせたり、する事」により

「ターゲットに本来の実力を発揮させられない様にする」と

「共」に

「弱体化・病気化・早死に化」等を「目論んでいる」。

「ターゲットが怪我や病気になれば、

医療工作員であるそのスジの医師や看護師等々が

更なる、工作を仕掛ける」。

「仕事・商売等の邪魔・潰し工作も旺盛」だ。

「政財界にも、情報・教育界にも、工作員が居る」。

「工作活動を露呈させない為の圧力」として

「核・ミサイル等の脅しや金や弱み握りや権力保持等や

黙殺せしめ続ける情報・教育等を強い続ける事等は

大いに有効だから」だ。

「集団工作の結果、

ターゲットとされている日本人」は

「出世率も低くなり、

反対に、出世出来れば、その反面で

結婚・子造り・子育て等が困難にされ、

弱体化・減少等させられ続けて来ている」。

「工作活動無縁なばかりか、応援工作等まである

そのスジの者たち」は

「出世し易く、有名人化し易く、稼ぎ易く、子沢山化し易く」なっている。

「上辺では、北朝鮮金政権等の手下やオトモダチ等の見分けは困難」だが

「日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令等による工作活動等を

実質的に、放置・容認・黙殺等させ続けようとする内実」は

「共通」だ。

「それは、

摘発され、厳罰が与えられる状態になる」なら

「摘発される側になる」のだから

「当然の現象になる」』。

『「何れにしても、

集団工作まで蔓延っている経済戦争社会である

戦後日本社会を平和と言う」のは

「変」だ。

「変な事を公然化し続けようとしているテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「変になる」』。

『「天皇陛下のお言葉上の平和」と

「世間一般の平和」とは「全く、実が違う」。

「天皇陛下のお言葉上の平和」は

「実際に平和だ!という事では無く、

平和であって欲しい・・・」だ。

「それを、実際の平和であるかの如く脚色して風潮する」のは

「本当に、酷い」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」や

「学校教育等」なら

「実際の戦後日本社会の実態を告発等する」と「共」に

「平和を得る為に必要な

多くの人類の精神構造と人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化に有益な

情報・教育等を行うべき」だ。

「武力戦争精子文化から経済戦争精神文化に進歩しても

地球環境を支配植民地の如く食い荒らしている状態を是認・黙認等し続けている」のでは

「本当に、仕方無い」。

「比べっこ故に必要となってしまっている

実施的、自虐を排除する為」にも

「多くの人類の精神構造」と

「人間社会の精神文化」を

「比べっこレベルから本質・快適探究レベルに

健常進歩・正常進化させる実務」は

「今、生きてる、全ての人類の重要実務」だ。

「この重要実務上で、大きな力を発揮しているべき存在である

情報・教育界の者たち等」が

「現状の様に、比べっこ賛美状態ばかり・・・では、

本当にお話しにならない」。

「必要な仕事が出来ない者たち等」は

「情報・教育界の要職等の立場・報酬・権力等」を

「必要な仕事が出来る者たちに譲るべき」だ』。

『「世界平和さえも実現出来ていない」のは

「多くの人類が自分の実体やその実体の本来の目的さえ???状態」で

「現状に縋っている亡者状態だから」だ。

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い

自己健常制御を継続している人類がほとんど」なら

「世界平和が当たり前になる」ばかりか

「地球環境問題の解決も容易になる」。

「逆に、既に、科学レベルで判明している人類誰もの自分の実体や

自分の実体の本来の目的等を

黙殺せしめ続ける情報・教育等を続ける」なら

「恐竜が絶滅したのと同様に、人類滅亡が必然」になる』。

『「相変わらず、筆者の周囲の電磁波工作・飲食物工作・侵入工作等も酷い」。

「鍵のプロ工作員が家や車のコピーキーをつくり

侵入工作員等に渡しているところ」や

「ネット工作員(北朝鮮等他国内に居る者も少なく無いかも知れないが・・・)」等くらい

「早急に徹底摘発し、被害者数の多さ故の厳罰等を与えるべき」だ。

「工作活動等を実質的に黙殺せしめて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等も本当に酷い」』。

『「戦後日本」の

「れレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

ずっと旧社会党系人脈が与党状態の戦後日本のテレビ・ラジオ・芸能界等と学校教育界等問題・・・。

『「政界には選挙がある」から「今や、旧社会党系の国会議員等は少数派」になっている。

「ところが、テレビ・ラジオ・マスコミ・芸能界等や学校教育界等」には

「選挙も無い」から

「例え、

公共の電波を使っていても、

公共的大規模になっていても、

公立の学校教育等でも

与党的に実権を握り占めている人脈」は

「変わっていない」。

「採用人事権等も持っている」から

「世代交代しても、

公共的モノなら在って当然の民意反映等は何処へやら、

同様の人脈の者たちの割り合いが一定以上とされ

旧社会党系人脈の与党状態は変わらない」。

「その実態」は

「例えて言う」なら、

「旧社会党系人脈の者たちも大きな実権を保持していた民主党政権が

選挙も無く、

連綿と続けられている様なモノ」だ。

「実害」は

「以下の通り等々になっている」』。

『「戦後日本の学校教育」は

「先生の言う事や教科書や参考書の内容を覚えよ!状態」だ。

「授業」は

「実質的に、教科書や参考書等の内容を先生が脚色して行っている」から

「教師の思惑等も生徒に覚えさせる事が可能になっている」。

「もちろん、

所謂、理系の分野」では、

「教師の思惑等が天動説的思惑等なら

教科書や参考書等の内容と大きな齟齬がある事が直にバレる事になる」ので

「授業内実と思惑が強くリンクしている事は少ない」。

「しかし、

所謂、文系の分野」では

「教科書や参考書等の内容も考え・思いによる納得レベルが多い」ので

「教師の思惑等」を

「授業内容内に強く織り込んで覚えさせる事も可能になってしまっている」。

「戦後長い間、ネットが普及する前まで」は

「日本に自虐を強いる反面で中・韓(北朝も含む)を不当に利す思惑等」が

「平然と織り込まれ続けて来ていた」。

「現状では、

先生等上の立場の者の言う事には忠実に従う者仲間状態に成りなさい等、

有名人や大権を持つ者等で操るのに都合の良い精神構造を育成する思惑等」が

「主になっている」。

「比べっこレベルの精子構造を維持させ、

自己健常支配の継続による支配欲の本来欲求の健常充足は教えず、

その代わりに必然的に生まれ続ける支配欲の代償欲求」を

「上の者には従順に!・・・つまり、被支配される様に、

下の者は上の者の都合に沿う様に支配!・・・つまり、上の者の都合に沿う他者不健常支配が出来る様な

状態」に

「組み立てさせる{教育}」が

「史実や文学等々をダシ」に

「行われている」。

「その様な{教育}で育った者たちを操る」のが

「実質的には、

テレビ・ラジオ・マスコミ界がつくり出している

有名人等の役割」だ。

「その操りの目的」が

「旧社会党系人脈の者たちが強い実権を持つ政権の樹立であった事」は

「実質的に、テレビ・ラジオ・マスコミ等の多大な支援よりつくり出された

民主党政権」という「実態」からも

「既に、明らか」だ』。

『「問題」は「何故そんな事をし続けているのか?」になる。

「民主党政権時には、日本が細らせられた反面で、中・韓・北朝等が大いに太った」。

「旧社会党等と北朝鮮労働党はオトモダチ」だ。

「米軍の占領政策」では

「日本の保守派の教師等を徹底排除した裏」で

「所謂、左翼や朝鮮系の者たちを重用」した。

「在日の母を持つ北朝鮮金独裁政権がその正当性を担保し続ける為には

日韓の支配が必需になる」。

「戦後の日本社会は、

スパイ・工作活動対策が圧倒的に不十分な状態が

続いて来ている」が

「この重大問題」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等も学校教育でも、

ちゃんと取り上げられず、

むしろ、黙殺強い状態」だ。

「拉致までされ、オウム事件まで起こされているのに!!!」だ。

「・・・浮かび上がって来ている」のは

「北朝鮮金政権等の為の

北朝鮮金政権等のオトモダチ、もしくは、手下等による

日本乗っ取り支配等の思惑等になる」』。

『「比べっこレベルの精神構造状態を維持し続ける事等を

学校教育等やテレビ・ラジオ・マスコミ等により

教え込まれ続けている」のが

「現状の多くの視聴者・読者等の実態」だが

「テレビ・ラジオ・芸能界等が提供する比べっこの素」も

「同じ人脈が提供しているのが実態」だから

「与えられる者・物・事の中」で

「いくら一生懸命、比べっこしても、

出て来る結果は

その人脈の都合に沿う様になる」。

「毎日、何処の局でも同様の顔、同様の論が主流扱い」という

「テレビ界の異常性」も

「その人脈の都合を強い続ける為の悪現象」と

「強く推定出来る」。

「何処の局」でも、

「ゲイノウ人や血統家族主義や敵VS仲間概念や比べっこ等々を

反復学習させるのに好都合なドラマ等」は

「得意技」だ。

「最近では、NHKでもゲイノウ人を重用状態」だ。

「日テレやフジでは、与えるゲイノウ人や店・ファッション等々を覚えなさい!情報が主で

政治・社会・ニュース等はサブ的」になっている。

「TBSや朝日等では、与える政治・社会・ニュース等情報を覚えなさい!が主で

ゲイノウ人や店・ファッション等々を覚えなさい!はサブ的」になっている。

「若干の主・サブの違いはあっても、

配信情報内実は同様」だから

「何処の局でも、同様の者、同様の論、同様のニュース等が主扱い」で

「視聴者等がその中でいくら比べっこしても

得られる結果は同じ様になってしまう」のは

「極めて当たり前の現象」になる。

「テレビ・ラジオ界等」の

「情報内容や出演者等々の内実のある多様性の担保」は

「極めて重要」だ。

「多様性が明らかに不十分な現状は即刻にでも是正する、させられるべき」だ』。

『「学校教育」では

「精神構造をちゃんと健常成長させる事が出来る様にする事」こそが

「極めて重要」だ。

「例えば、

同じ史実を基にしても、

合戦等の勝者・敗者やその時代の覇者等を

覚えさせる{教育}」では

「精神構造の健常成長が促される訳も無い」が

「当時の人々は、何故、合戦を行ったのか?」や

「何故?覇権等を求めたのか?」等を

「探究する」なら

「必然的に、

当時の人々の精神構造や当時の人間社会の精神文化の実態等を

探究する事になる」。

「物質文明の進歩・進化と共に、合戦や覇権の内実も変わっている実態」と

「精神構造・精神文化の進歩・進化の遅さ等の実態」を

「理解・把握する」なら

「必然的に、

精神構造や精神文化を急速に健常進歩・正常進化させなければならない

今生きている人々が持たされている重大な仕事等」にも

「思いが至る人々が多数出る事になる」。

「比べっこ」と

「自己健常支配の代わりに

他の者・物・事等の支配や

他の者・物・事等による被支配を

過剰追及し続ける」

「乳幼レベルの精神構造」から

「成人レベルの本質・快適等探究の精神構造」に

「精神構造を健常成長させる為に有益な教育」は

「何故、行われないのか!」

「其処に露呈している」のも

「支配/被支配の構造に基づいた悪の思惑等に他ならない」』。

『「もう、いい加減に、米軍の占領政策の負」は

「解消する、させるべき」だ。

「特に、情報・教育界の負」は

「早々に解消する、させるべき」だ。

「解消させる為に必要な事」は

「現状で情報・教育等の仕事を行っている者たちの資質・能力等の向上か?」

「人脈の入れ替えか?」

「何れにしても、急務である事は変わりが無い」。

「選挙も無いから・・・」と

「旧態依然とした情報・教育等を行い続け、

実質的に、北朝鮮金政権等を利している者たち等」に

「何時までも、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

スパイだ!と日本国民を拘束した北朝鮮金政権&日本の中の北朝鮮スパイ・工作員等を十分に摘発さえしていない戦後日本の歴代政権・・・。

『「北朝鮮金政権等との対話・会談・交渉・合意等々が無駄な事」は「核放棄合意した米朝首脳会談」の

「裏」で

「核・ミサイル等を増産している北朝鮮金政権等の現状から」も

「良く判る」。

「それなのに、日本のテレビ等」では

「日朝首脳会談や北朝鮮との対話」等を

「喧伝している」。

「現状の北朝鮮金政権等との対話・会談・交渉・合意等々は無駄」だから

「北朝鮮金政権等の状態」を

「対話・会談・交渉・合意等々が無駄に成らない状態にする為」に

「圧力をかけたり、米軍の限定攻撃等が行われたり、等々する事」等を

「先に喧伝等した後」に

「日朝首脳会談や北朝鮮との対話」等を

「訴える」なら

「北朝鮮金政権等を不当に利す事は無い」が

「必要な前段抜き」で

「日朝首脳会談や北朝鮮との対話等ダケ」を

「日本の公共の電波まで使って喧伝等する事」の

「実態」は

「北朝鮮金政権等を不当に利す事になる」。

「それは、少し考えるなら、誰もが分る実態」だ』。

『「偽善者たち」や

「確信犯の北朝鮮金政権等の手下等」が

「日本の公共の電波を使った情報の一方的大量配信を牛耳り続けられていて良い訳は無い」。

「偽善者たち」とは

「例えば、

比べっこによる支配権/被支配権争いの精神構造・精神文化を基に

比べっこ故に必要になる多大な格差も容認し、

使い続けるならどんどん格差が広がるシステムである

現状の人間社会・経済システム上で自らの下に利権を貪り集め続けていながら、

裕翔政ぶり、正義ぶり、格差是正を訴えている者たち等」や

「武力比べっこ故に必然的に生み出された核兵器等」を

「武力比べっこや武力を後ろ盾にした経済比べっこ等をそのまま」に

「優等生ぶり、正義ぶり、批判・非難・否定等々している者たち等」で

「そんな偽善者たち等」が

「自らの利権(有名人利権・過分な立場・報酬等々)や

優等生・正義仮面等々を維持し続ける為」に

「必要になっている」のが

「大衆愚民化情報・教育等」というのが

「本当に、酷く、醜悪な、実態」だ。

「まともな情報・教育等」なら

「例えば、

歴史から学べ!等と言いながら、

学ぶ内実を言わず、

史実等だけを覚えさせるのでは無く、

歴史から学ぶべきは、

先ず、

その時代の多くの人々の精神構造と

その時代の主流最先端精神文化で、

人々の精神構造と人間社会の精神文化の進歩・進化の方向性等を

学び取りなさい等々となっている筈」だ。

「例えて言う」なら

「新陳代謝」という

「上辺の言葉ダケ」を

「読み書き等出来る様に覚えさせ」て

「生物の誕生・死の実態が細胞ごとの実現象である

新陳代謝の内実」を

「学ばせない」のが

「大衆愚民化情報・教育の実態」だ。

「愚民化され本来の能力を大きく削がれている人々」とは

「自分の実体さえ???状態であるが故に

他の者・物・事への依存傾向が強い

操り易い人々でもある」。

「格差をつくり、金と権力等々で容易に操れる状態の人々を溢れさせている裏」で

「血統利権等々で産まれながらに過分な金や権力等々を保持出来てしまっている者たち等」は

「その利権維持の為の{工作}に忙しい」。

「大衆の中に不満は渦巻き、

大権や大不当利権等々を保持出来ている者たちの中に

それらを維持~増大させる事で現実逃避し続ける

悪魔に魂を売り渡した欲動が

渦巻いている」。

「結果、人間世界は平和に成り得ず、

最後にモノを言うのは武力」となれば

「核兵器等はもちろん、それ以上の破壊力を持つ兵器や

破壊力を意図的に小さくした使える核兵器等々の

開発~保持欲動等」も

「止まる訳も無い」。

「多くの人類の精神構造や人間世界の精神文化」を

「乳幼レベルの比べっこ」から

「成人レベルの本質&快適探究」に

「健常進歩・正常進化させる」なら

「世界平和が当たり前」で

「核兵器等は自虐にしかならない」のに!!

「健常な情報・教育等を行わず、行えず、

現状利権等を貪り続けている

悪魔に魂を売り渡している状態の者たち等」は

「その劣悪さ故に、

要職等から早々に退くべき」だ。

「過去の劣悪な仕事に対する補償等も行うべき」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実等を

意識的かつ積極的に実用しているが故に

急速な進歩・進化を実現し続けて来ている

所謂、理系の分野の多くの仕事」には

「応分の価値がある」から「応分の報酬が相応しい」が

「現状の情報・教育等々、所謂、文系の分野の多くの仕事」は

「余りにも、劣悪過ぎる」から

「相応しいのは、報酬等では無く、罪や罰や罰金等になる」と

「強く感じている」のは

「筆者たちだけでは無い」』。

『「所謂、文系の分野の仕事の進歩・進化が余りにも遅過ぎる」から

「例えば、産業革命以降の戦争も大きな犠牲を伴う様になってしまった」。

「産業革命時に合わせて、精神文化革命も起こっている」なら

「急速な進歩・進化を実現した物質文明製品等の自虐使用等も大幅に抑えられていた筈」だ。

「原爆まで実用されても尚、未だに、

精神構造・精神文化を

急速に健常進歩・正常進化させようとしない者たち」は

「本当にどうかしている」。

「其処に露呈している」のは

「劣(愚か)や悪(劣を元に利権を貪る)」だ。

「劣悪者たち等に相応しい」のは

「永遠の恥辱に染まる道の上」等であり、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「劣悪者たち等を蔓延らせる」と

「北朝鮮金政権等劣悪なモノを利す様な事さえ」も

「平然と行い続けてしまう」。

「日本の中の北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作員やその協力者等」は

「徹底摘発する、させるべき」だ。

「北朝鮮の政権を健常化させる近道は其処に在る」。

「現状の北朝鮮金政権等を利す事の実害」は

「多大になる」のだから

「是正は急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、本日も日本の公共の電波を使って「実質的に北朝鮮金政権等を利す政治運動」等を行っていたので本当に酷い・・・。

『「お亡くなりになっても政治運動に利用されている翁長氏」が「主張されていた」のは

「沖縄にこれ以上米軍基地はつくらせない!」等だった。

「しかし、沖縄に新たな米軍基地をつくらせない事の実態」は

「{世界一危険な}普天間基地の継続使用」になる。

「翁長氏の主張を生み出させた源泉の一つ」は

「民主党鳩山政権時」の「最低でも県外!」で

「最低でも県外!{カルト宗教}に毒されてしまった」のは

「翁長氏だけでは無かった」。

「最低でも県外!が何故{カルト宗教}か?」と言えば

「それが理想論であり現実論では無いから」で

「米軍のオペレーション上」や

「昨今の極東情勢」等により

「現実としては無理な理想論は理想論でしかなかった」から

「言い出しっぺの鳩山氏自身」も

「後には、勉強すればする程・・・等」と

「自身の弁を取り下げて是正した」から

「{世界一危険な}普天間基地機能の一部」を

「辺野古に移すプロジェクト」も

「その後、再進行する事になり、現状に至っている」。

「それなのに、その後も、最低でも県外!{カルト宗教}漬けの人々」は

「本当に哀れ」だ。

「現実論としては成り立たない理想像に執着させられる事の実効」は

「{世界一危険な}普天間基地継続使用となっている」から

「理想像に執着する事等により、

{世界一危険}を温存させてしまう自虐行為を行ってしまっている」のが

「実態」になる。

「そんな自虐を煽り続けている」のが

「北朝鮮金政権等の実質的、手下の様相を露呈し続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「本来」なら

「{世界一}危険な」普天間基地機能の一部を辺野古に移設する事」と

「沖縄米軍基地の縮小」が

「行われている現状実態通り」に

「伝わる情報配信をすべき、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「反自民党政権や反米感情を煽る事等には都合が良い

{辺野古に新たな米軍基地}ダケを強調する

{辺野古移設}等の言い回しを常用する

実質的、情報操作等を行う事」等により

「最低でも県外{カルト宗教}信者状態に多くの人々が陥る事」等を

「煽っている」のだから

「本当に酷い」。

「{カルト宗教}煽りや、

反対野党や北朝鮮金政権等を利す政治運動」等を

「行っているのでは無い、

実態や事実・現実を原寸大で伝える

健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「辺野古移設」と「言わず」に

「普天間基地機能一部辺野古移設&沖縄米軍基地縮小」等の「表現」を

「常用すべき」だ。

「沖縄知事選の有権者」は

「{カルト宗教}等煽り、テレビ・ラジオ・マスコミ等々に操られた

自虐行動を起こさない、起こさせられない様に、

ご用心!!」』

『「自民党総裁選」でも

「見極めるべき」は

「安倍氏と石破氏のどちらが北朝鮮金政権等にとって都合が良いか?」になる。

「戦後の日本に襲い掛かり続けて来ている北朝鮮金政権等の重大問題」は

「昨今、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等により

無理やりにでも重大問題化させられ様とし続けて来ている

森友・加計等の実質的、小問題」より

「遥かに深刻な今、絶対に抜きにしてはいけない事だから」だ。

「元々の人脈や未までの発言内容等々」から

「既に、明らかな事」は

「北朝鮮金政権等にとって」は

「安倍氏より石破氏の方が都合が良い事」だ。

「金(金丸)・竹(竹下)・小(小沢)政権」とは

「北朝鮮金政権等と仲の良かった政権」で

「後に、金丸氏の金庫からは北朝鮮製の金の延べ棒がゾロゾロ・・・という事態」等は

「多くの人々が既に、知っている事」だろう。

「石破氏と小沢氏が、自民党を離れ、行動を共にしていた事もある事等」も

「多くの人々が既に、知っている事」だろう。

「逆に、安倍政権が北朝鮮金政権等に厳しい事」等も

「多くの人々が既に、良く知っている事」だろう。

「北朝鮮金政権等の重大問題が片付くまで」は

「北朝鮮金政権等に対して厳しい政権の方が合理的である事」等も

「もはや、多くの人々の常識」だろう。

「何しろ、北朝鮮金政権等に対する太陽政策」は

「独裁者等にとって、好都合」で

「ゆとりを与えられた独裁政権が行った事」は

「より確実に独裁を継続させる為」に

「核・ミサイル・大量破壊兵器等や

他国内での工作活動等」の

「増強だった」のだから!

「ところが、常連出演者等」は

「石破氏側」を

「保守本流」等と

「イメージ賛美宣伝」等していた。

「安倍氏側」が

「日本の保守である事等は既に明白」なので

「常連出演者等の言う保守本流」とは

「北朝鮮金政権等にとっての保守の意味に思えた」のは

「筆者たちだけでは無い筈だが」。

「実質的、少数派」を

「本流等々」と

「如何にも多数の如く喧伝する事」等が

「そのスジの者たちの得意技である事」等も

「既に、多くの人々が重々承知の事と思うが」』。

『「米国トランプ政権」の「イラン対策」で

「世界」は

「二分化されて行く様相」でもある。

「ロシア・中国共産党支配下の中国・北朝鮮・イラン」等と

「欧米諸国や日本」等々の

「二分化」は

「近々、何れ終わりの日を迎えざるを得なくなる現状人間社会・経済システム等」が

「崩壊する時」の

「居場所にも直結している」。

「世界中の何処の誰が考えても、

悪者役を引き受けざるを得なくなる」のが

「ロシア・中国共産党支配下の中国・北朝鮮・イラン等である事」は

「疑いの余地が無い」。

「中国共産党支配下の中国」は

「民主化度や公正度等々が高まれば、

必然的に、ロシア・北朝鮮・イラン等から離れて行く事になる」が

「しがらみが強いロシアと余りにも酷い北朝鮮とイラン等の連携状態」は

「簡単には崩れない」。

「それら悪者役を相手」に、

「欧米側は正義役を行いながら、現状人間社会・経済システム等を崩壊させて行く事になる」。

「日本に求められている」のは

「現状人間社会・経済システム等崩壊後の次世代構築役等と既になっている」。

「それなのに、

未だに、

旧態依然とした

反対野党等や北朝鮮金政権等の為の

実質的、政治運動等を行い続けている劣悪状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等々が多い」のだから

「本当に呆れる」』。

『「核兵器禁止条約で核兵器が無くなる訳も無い」。

「核兵器を廃絶させる為」には

「無法者や無法国家等々には通用する訳も無い法等で縛るのでは無く、

ほとんどの人々の精神構造や

人間世界の精神文化を

健常進歩・正常進化させる事」等が

「必需」だ。

「法等を生み出している精神構造や精神文化自体」を

「健常進歩・正常進化させない限り、上辺の法等の実効は薄くなる」。

「精神構造や精神文化自体が健常進歩・正常進化している」なら

「上辺の法等に関わらず、相応に大きな健常進歩・正常進化実効が生まれる」。

「当たり前の事」だ。

「核兵器」とは

「武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争い」が

「人間世界の主流最先端精神文化であった時代」に

「必然的に生み出された物」であり、

「その実用により、

武力による~が

武力を後ろ盾にした経済による~に

若干、進歩させた{功績}」のある物」であり、

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」という

「現状人間世界の主流最先端精神文化上でも大いに有用な物」でもある。

「人々の精神構造や人間世界の精神文化」が

「比べっこレベルである限り、核兵器の有用性は無くならない」が

「多くの人々の精神構造や人間世界の精神文化」が

「比べっこレベルから本質・快適探究レベルに健常進歩・正常進化する」なら

「核兵器」は

「自虐性の高い物」であり、

「有用な物では無くなる」。

「ここで、極めて重要になる事」は

「上辺を法等で縛り、人々の考え・思い等を拘束等する事では断じて無い」。

「有用と出来ている精神構造や精神文化自体」を

「健常進歩・正常進化させる事に他ならない」。

「つまり、

武力を後ろ盾にした比べっこ支配権/被支配権争いを行いながら

或いは、その利権等を貪りながら、

優等生ぶり、正義ぶり、

核兵器廃絶法等を訴えても、

偽善等にしか成り得ない」。

「本気で核兵器を廃絶させたい」のなら

「人々の精神構造や人間世界の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させる事」等に

「力を加えていて当たり前になる」』。

『「毎日、何処の局でも、同様の顔、同様の論ばかりが主流・・・」という

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等や学校教育界等」は

「本当に異常」だ。

「特に、朝鮮半島内が南北に分断された後」は

「北朝鮮金政権等を実質的に、利す論や者等が主流になっている場合も多い」。

「本当に、異常」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「本当に、急務」だ』。

|

国連事務総長も原爆記念碑に献花だが・・・。

『「各国首脳や政府・与党等の重要な役割」は「現状人間社会・経済システム上」で

「自国と多くの自国民の利権等を確保する、させる事等」により

「自国と多くの自国民の状態を良い状態にし続ける事」だ。

「それと共に、人類の未来を見据えて、

人類の長い~永い未来実現の為に必要になる物事等」との

「整合性を損ねない様に政治や法を健常進歩・正常進化させ続ける事」だ。

「現状上の実務割り合いが高い」のが

「政治家等」になる。

「有権者が政治家・政党等を選ぶ場合」は

「理想像等よりも

現状対応力等を

重視して選んだ方がより合理的になる」。

「逆に、多くの有権者が理想像等側の政治家や政党等を選んでしまう」と

「現状対応力が削がれ、実質的には、多くの国民・市民等が不利益を被る事になってしまう」のが

「現実」だ。

それは、

「最低でも県外!」「政権交代!」等の

「理想」が

「多くの有権者に良しとされ、

民主党政権を成立させられてしまった時」の

「多くの日本国民の実感からも良く判る事」だ。

「理想は実現出来る担保があってこそ現実論になる」。

「政権交代をすれば必ず、その前の政権より良くなる訳では無いから

政権交代させるなら、より良い政権への政権交代で無ければ自虐になる」。

「当たり前の事」だ』。

『「多くの国々の政治家や与党等の仕事」は

「現状対応を軸とした実務」だが

「国連や各国の情報・教育等の重要な仕事」は

「あるべき理想像を明確に提示し

人類の長い存続~永続を実現可能にして行く事に力を加える事でもある」。

「まるで、政治家や政党の如く、

現状に軸足を置いた利権論等に

実現可能か?否か?も???状態の理想像を被せ、

正義ぶり、優等生ぶり、喧伝等していても、

必要な仕事が出来ている事には成り得ない」。

「当たり前の事」だ』。

『「国連事務総長の来日を受けて、インタビュー等までしたテレビ司会者等も居た」が

「元の仕事が十分に出来ていない状態だからか、

インタビュー内容も必要実に乏しいモノに終始していた」ので

「またまた、時間やエネルギーの無駄を重ねたダケの様相だった」。

「その様子を公共の電波上等で

実質的に公然化して見せつけられている多くの視聴者の中」では

「先が見えない国連事務総長とテレビ司会者等の話し」に

「うんざり、失望」等し「諦め感等が増大させられたり」、

「現状人間社会上の所謂、文系の仕事の要職にある者たちの

余りの低能力ぶり等」に

「怒りや呆れの感が生まれて来たり」、

「・・・等々していた事」だろう。

「せめて、

国連なのだから、

人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取った

地球生命体細胞群の存続~永続との整合性の高い

今、行うべき実務等を行うべき・・・」とか

「その実務内容の一つ」は

「多くの人類の精神構造を健常進歩・正常進化させる事」や

「人間社会の精神文化を健常進歩・正常進化させる事」であり

「その実現法」は

「物質文明側同様に、精神文化側でも、科学レベルで判明している実体や事実・現実等を

意識的かつ積極的に実用して

より性能の良い精神文化製品をつくり出す事だ・・・」等々

「くらい」は

「上辺の表現方法を工夫して、伝えるべきだった」が』。

『「米国トランプ政権が現状に軸足を置いて、自国・自国民優先政策を行っている」のは

「政治家・与党故の当たり前」だ。

「それを悪戯に批判・非難等して、正義ぶり、優等生ぶっていても、

人間世界が良くなる訳も無い」。

「政治家や政党の仕事とは違う、

よりあるべき未来を見据えて引き込む方向に力を加える

重大な仕事」を

「疎か」に

「悪戯な、実質的、政治運動等を行い続けていて、

過分な立場・報酬・権力等まで得続けている者たち」は

「本当に醜悪」だ。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者たちが其処に居る」』。

『「現状の所謂、文系の仕事を行っている者たち等」は

「天動説状態」だから

「今時に必要十分な仕事が出来ない状態に陥り易い」。

「天動説状態」とは

「考え・思いによる納得レベル、宗教レベル」に

「軸足を置いて、

与えられて来る仕事を処理している状態」だ。

「しかも、現状の人類自滅器とでも形容すべき劣悪レベルの精神文化製品である

現状人間社会・経済システム上で

自らの下に利権等を集める事等を目的としていたりする場合が多い」のだから

「本当に、呆れる」。

「天動説状態故の自信喪失や不安定状態」を

「他の者・物・事等との比べっこ上や比べっこ勝ちで得られる利権等で

誤魔化し続けようとし続けている

余りにも、稚拙で迷惑な実態が其処に露呈している」。

「悪魔に魂を売り渡して、比べっこによる支配権/被支配権争いに没頭」し、

「実質的には、

人類も含む地球生命体細胞群の健常存続の邪魔をし続けていたり、

健常状態を破壊し続けていたり、する者たち等」に

「相応しい」のは

「自慰源泉等として無駄遣いされる過分な立場・報酬・権力等では断じて無い」。

「今時の人類なのに、

自らの精神構造状態を

天動説状態から地動説状態にまで健常成長させる事さえも出来ていない」なら

「過分な立場・報酬・権力等を得る前」に

「精神構造を健常成長させる学校や、治療する病院等に行くべき」だ。

「そんな状態の者たち等を重用している者たち等」が

「天動説状態」だから

「この悪魔の負の連鎖」は

「ナカナカ断ち切れていない」が

「既に、個人レベルのブログにでさえ、

当ブログの内容等が公開出来る昨今」だから

「未来がどちらに在るのか?」は

「もはや、言うまでも無い事になる」。

「天動説状態の要人等は、

自らや態度等を是正するならお早目に!」』

『「米国ポンぺオ国務長官」は

「米朝会談等の核放棄合意を受けて」、

「北朝鮮金政権等に、核兵器の6割~を早々に放棄する事を要求し続ける

当たり前の行動に出ている」が

「核放棄する気など全く無い様相の北朝鮮金独裁政権等」は

「独裁者等より下であるべき」としか

「米国も含む他国等を見ていない」。

「独裁者に言う事」とは

「何処の誰からでも、無礼な聞く必要が無い話しに過ぎない」が

「独裁者が言った事」は

「何処の誰でも聞かなければならない」状態で

「そんな極悪非道状態を通し続ける為の重要な道具」が

「核兵器」だ。

「通常兵器ではとても敵わない相手」でも

「大量の核兵器やそれを搭載するミサイル等を保持してしまう」なら

「独裁者に言われる事は無視出来、

独裁者の言う事は通し続けられる」等と

「本気で思い込んでいる」のが

「北朝鮮金政権等の実態」だ。

「米朝首脳会談による核放棄合意後」も

「北朝鮮は核・ミサイル等を増産し続けている」。

「元のパイを非常に大きくしてしまう」なら

「数発~数十発程度の核・ミサイル等を他国に持ち出させたところで

痛くも痒くも無い」ばかりか

「増産分だけ発言力や地位等も上げ易くなる」と

「本気で思い込んでいる」のが

「北朝鮮金政権等の実態」だ。

「核・ミサイル等の後ろ盾の裏」で

「主として、日韓内等他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「益々拡大~強化等し続ける」なら

「先ずは、日韓の乗っ取り支配が実現出来る」から

「北朝鮮が制裁を受け続けていても問題無い」等と

「本気で思い込んでいるのが北朝鮮金政権等の実態」だ。

「実際に、筆者の周りの工作活動等も、未だに、どんどん拡大~強化され続けている」。

「本日は、

昨今の工作電磁波や飲食物工作等の強化だけでは無く、

セキュリティーソフト妨害工作が加えられていた」から

「セキュリティーソフトをダウンロードし直してからのブログ記入等となっている」。

「平和主義者の一般日本国民個人にまで粛清工作等を仕掛け続けている」のが

「北朝鮮金政権等の実態」だ。

「筆者の場合は、工作に気づき、必要な対策を行い続けて来ている」から

「時間・金・手間等々がかけさせられている大迷惑状態で済んでいる」が

「対策無し」なら

「早々に、粛清工作の犠牲者の一人で、とっくの昔に、死亡していた筈」だ。

「戦後日本国内で数十万人~の工作員・協力者等が数十年にも渡って行い続けて来ている

陰険で非人道的な粛清工作の犠牲者数」は

「どんなに少なく見積もっても、数百万人~になる」。

「多くの日本国民が粛清工作等により、

早死ににされたり、

不健康にされたり、

子造り子育て等もままならない状態に追いやられたり、等々している裏」で

「北朝鮮金政権等の手下や協力者等は、

出世し易くなっていたり、

子沢山だったり、等々している」のだから、

「本当に、酷い」。

「極悪独裁政権等が行い続けて来ている事」は

「本当に酷い」。

「政府・与党・警察等々も、実効のある法整備や体制整備を急ぎ、即、実用するべき」だが

「日本国内の政治・情報・教育等工作員・協力者等による邪魔」や

「北朝鮮金政権等による核・ミサイル等の脅し」等により

「その実行が大いに阻害され続けている状態」と

「強く推定出来る」。

「米国は、早々に、北朝鮮の核・ミサイル等に対し、限定攻撃を行うべき」だ。

「核・ミサイル等の重要な脅し道具等が在る限り、

在日の母を持つ北朝鮮金独裁政権等が

核放棄する訳も無い」し

「日韓の乗っ取り支配等を諦める訳も無い」。

「朝鮮半島悪権力者等」にとって

「詐欺」は「得意技」だ。

「それは、歴史が明らかに、示している」。

「会談もその合意も無駄」だ。

「実効がある事」は、

「悪権力者等にとって重要な物等自体を無くす事以外に無い」。

「軍事的被害を最小限に留める為」には

「出来る限り早い総攻撃が理想になる」が

「国際社会の是認等もあった方が理想的になる」。

「現状対策論で言う」なら

「現状人間世界の主要国の国家指導者等との攻撃容認合意程度が在れば十分」だ。

「北朝鮮金政権等の状態を現状のまま放置する」なら

「人類の近未来は、正に、地獄絵図状態になってしまう可能性絶大」だ。

「放置・容認等はあり得ない」』。

『「北朝鮮の核はイランにも行く事になる」。

「大量の核がイランに行かない内」に

「北朝鮮金政権等が持つ核・ミサイル等を撲滅する事」は

「非常に重要」だ』。

『「●暴界の朝鮮系の人々の割合い」は

「一般日本社会より遥かに高い」。

「●暴等が

北朝鮮金政権等から依頼を受けて、

工作活動等を行っている場合」も

「決して、少なく無い筈」だ。

「朝鮮系等贔屓のテレビ・ラジオ・マスコミ等」と

「●暴等との繋がりの濃さ」は

「想像に難く無い」。

「その辺りの事情からか、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の多く」は

「日本国内の北朝鮮金政権等によるスパイ・工作活動等を

十分に告発しようとさえしていない状態が続いている」。

「それは、本当に、酷い事」だ。

「スパイ・工作活動等を行っている悪者たち」は

「何処の国のどんな民族や人種の人々でも、

徹底摘発され、相応の罪と罰が与えられるべき」だが、

「スパイ・工作活動等犯罪行為・迷惑行為等無縁の人々に対する

人種・民族等を基にした

差別は絶対にダメ」だ。

「その逆」の

「人種・血統・思想信条等を基にした逆差別等」も

「絶対にダメにされるべき」だ。

「戦後日本のテレビ・ゲイノウ界等」では

「明らかに、

朝鮮系の者たちや、

ゲイノウ人血統の者たちや、

所謂、左翼の思想信条を持つ者たち等が

重用され続けて来ている実態が露呈している」。

「極少数の者たちばかり・・・が局を渡り歩いて常連出演状態という異常さ」だ。

「アマチュアボクシングの奈良判定レベルより遥かに酷い異常さ」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

偽善レベルの核兵器廃絶論等を正義ぶり、優等生ぶり、喧伝し続けている者たち等問題・・・。

『「今更、言うまでも無く、核兵器」とは「命がけの武力による比べっこ支配権/被支配権争い」である

「戦争上」で「つくり出された物の一つ」だ。

「その破壊力の大きさ」は

「先の大戦末期に、核兵器が実用されてしまった事により、

世界中で、しっかりと認知された」。

「先の大戦以降、人類は世界大戦レベルの戦争」を

「核兵器が在るが故に避け続けて来ている面もある」。

「命がけの武力による比べっこ支配権/被支配権争い」という

「先の大戦時までの人間世界の主流最先端精神文化」は

「大戦後、武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」へと

「進歩」した。

「人間世界の主流最先端精神文化を進歩させた事」により

「世界大戦レベルの戦争は避け続けられて来ている」のが

「現状の人類の実態」だが

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」という

「現状人間世界の主流最先端精神文化」が

「人類同士の世界大戦レベルの戦争は避けさせていても、

人類が無節操に自然界を食い荒らす事による

人類と自然界との世界大戦レベルの戦争」を

「引き起こしている」。

「人類の主流最先端精神文化」を

「比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと正常進化」させ

「比べっこによるお墨付きを求める

代償欲求の過剰追及がもたらす

自虐性から抜け出させる事」が

「今、激烈に求められている」のが

「人類の現実」だが

「比べっこ主義者等」は

「現状の人間社会でどんなに大きな立場・権力等々を保持出来ていても、

この重大な現実から現実逃避し続けようとしている状態」なのだから

「非常にお寒い状態」で

「本当に、呆れる」』。

『「偽善レベルの核兵器廃絶論等」を「喧伝している者たち等」も

「その一例」で

「その様な者たちの一部にノーベル平和賞等を与えて{自慰}している者たち」も

「同様」だ。

「現実論に成っていない核兵器廃絶論等をどんなに喧伝し、

多くの人々に無理強い等し続けていても、

核兵器が無くなる事はあり得ない」。

「核兵器廃絶論が現実として力を持つ為」には

「人間世界の精神文化の現実との整合性から改める必要がある事」等は

「ちゃんと現実を踏まえて考える」なら

「世界中の何処の誰にでも何れは解る事」になる』。

『「人間世界の主流最先端精神文化」が

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いである以上、

強大なる武力の一つである核兵器を保有したがる国や人々等々が無くなる訳も無い」。

「更に、物質文明側の世界が急速に進歩・進化し続けているので

核兵器製造に必要な設備・資源・技術等々も手に入り易くなっている」から

「核兵器を製造~保有するハードルもどんどん下がって来ている」。

「自力では、豊かな国さえもつくり出せて来ていない劣悪な独裁国家等」でも

「スパイ・工作活動等により核兵器製造技術・資金等を得てしまえば、

核兵器の製造~保有等も可能になっている程、

そのハードルは低くなっている」から

「例えば、北朝鮮等でも何発もの核ミサイル等を保有出来てしまっている」のが

「現実人間世界の寒過ぎる実状」だ』。

『「核兵器を廃絶させる為に必要な事」は

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」という

「現状の人間世界の主流最先端精神文化」を

「本質・快適探究レベルの精神文化」に

「健常進歩・正常進化させる事」が

「必要十分条件」になる。

「本質・快適探究」なら

「核兵器等の人類が人類や自然環境等を大殺傷・大破壊出来てしまう

大量破壊兵器等」は

「自虐にしかならない」。

「命がけの武力による比べっこ支配権/被支配権争い」や

「武力武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」等の

「代償欲求過剰追及型の精神文化上」では

「核兵器は有用な道具の一つ」だが

「本質・快適探究レベル」の

「本来欲求健常充足型の精神文化上」では

「核兵器等は、自虐にしかならない」。

「個々の人類の精神構造」と

「人間世界の精神文化」を

「代償欲求過剰追及型の・・・つまり、不健常状態」の「精神構造・精神文化」から

「本来欲求健常充足型の・・・つまり、健常状態」の「精神構造・精神文化」に

「健常進歩・正常進化させる事」により

「初めて、核兵器廃絶論等も現実レベルに達する事になる」。

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」という「精神文化」の

「{メリット}を享受し続けていながら、核兵器廃絶等ダケ」を

「正義ぶり、優等生ぶり、喧伝等する偽善」の

「劣悪さや、醜悪ぶり、等々」は

「もはや、明らか」だ。

「自らの精神構造の健常進歩・正常進化を怠りながら

現状に依存し、

上辺ダケ正義ぶっていても、

その実態」は

「近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置くのに相応しい者等」になる。

「本気で核兵器を廃絶させたい」なら

「個々の人類の精神構造」や

「人間世界の主流最先端精神文化」を

「健常進歩・正常進化させる事に力を加えていて当たり前」だ。

「現状利権に溺れる者たちのゴマを擦ったり、

現状利権に溺れる者たちに都合の良いスケープゴード等をつくり出したりする事等」により

「現状利権のオコボレを頂戴していても・・・」、

「その実態」は

「悪魔に魂を売り渡した者等」になる』。

『「昨今の地球環境等の急変等からも

人類の精神構造や人間世界の精神文化の進歩・進化に残されている時間」は

「もはや、短い事」は

「既に、明らか」だ。

「それなのに、未だに、お戯れ状態」とは

「本当に情けない」』。

『「今時の人類」なのに

「上記内容(上辺の表現はもっと、差し障りの無いモノの方が良いと思うが・・・)程度の

情報配信さえも行えていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等々を与え続けていても、

人類滅亡の日が急速に迫って来る様になってしまうダケ・・・」だ。

「資質・能力等が不十分な者たち等」は

「必要な資質・能力等を持っている者たち等」に

「重要な立場等を譲る、譲らせられるべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、相変わらず、もはや、今時としては、劣悪レベルの経済論や水道法論等々を常連出演者等が日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「現状のテレビ界の最大のおもてなし、もしくは、忖度等」は「特定極一部の者たちを常連出演等重用」し

「内容の割りには明らかに過分な出演料等」を

「常連出演者等や常連出演者等が所属している芸能事務所等に

配っているところ」だ。

「違う!」等というなら

「常に、テレビ出演者等が受け取っている報酬等を公開」し

「それが応分か?否か?」等を

「視聴者アンケート等取り続ける事」により、

「民意のお墨付き」でも「得るべき」だ。

「現状」は

「民意のお墨付きも無い

特定極一部の者たちの重用や

それに伴う過分な報酬」等だけが

「暗黙の内に公然化され続けている状態」で

「それは、明らかに不健常」だ。

「不健常の公然化による実害」は

「多大」になる。

「その実害の責任」は

「当然、現状のテレビ界の状態等を

つくり出し、

その上で過分な報酬・権力等を抱きしめている者たちに有る事になる」』。

『「本日は所用で前半部分が見れなかったサンデーモーニング」だが

「毎年8月のこの時期には、

北朝鮮金政権等にとって都合の良い原爆論や戦争論等々」を

「公共の電波上に撒き散らし続けて来ていたりしていた」から

「本日も同様」だろう。

「今時の原爆論や戦争論等」なら

「当時の多くの人々の精神構造や

当時の人間社会の精神文化」から

「何故?当時の人々は

武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争いである戦争」を

「行ってしまったのか?」

「行う事を是としてしまっていたのか?」や

「当時の人間社会の最先端精神文化であった

侵略~植民地支配等による自国利益の増大化」が

「どの様な精神構造を持っていた人々の民意の集大成によって

つくり出されてしまっていたのか?」等々を

「論じる事」等により

「人類の精神構造の問題」や

「人間世界の精神文化の問題」の

「本質に迫り」、

「人類の精神構造や人間社会の精神文化の進歩・進化の方向性等に

多くの視聴者等の考え・思いを至らせる事により

実際に、二度と戦争等の自虐精神文化や原爆等の超自虐精神文化製品等々を

生み出さない状態の人々と人間社会の構築に対しての実効が有る

情報配信内容に成っていて当然」だが。

「能力・資質等が欠如していたり、

確信犯の北朝鮮金政権等の手下等がつくっていたり、

する」と

「北朝鮮金政権等にとって都合の良い原爆論や戦争論等々」が

「日本の公共の電波上にばら撒かれる事になっていたりする」から

「その是正」が「急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「今時としては、劣悪レベルの情報配信内容」に

「過分な報酬・立場・権力等々は相応しく無い事になる」が

「果たして、常連出演者等や番組製作実権者等々の報酬・立場・権力等々の

実際の大きさは?」

「公共の電波を使っている」のだから

「政治家同様に、報酬等々の内実も公開されて然るべき」と「強く、思う」が。

「多くの人々の民意によるお墨付き等が得られるレベルの仕事内実が有る」なら

「公開しても困らない筈」だが』。

『「経済論や水道法論等も酷かった」。

「現状経済システム自体が健常では無い」のに

「日本の日銀等による経済政策等ダケを不健常扱いする事」の

「実効」は

「反対野党や反日国等を利す事に他ならない」。

「今時の経済論」なら

「現状経済システムの自虐性等を告発出来てて当然」だ。

「それは、人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性を検証する」なら

「世界中の何処の誰でも告発出来る事」でもある。

「今までの経済システム等」とは

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的」等の

「根本的現実さえもロクに分っていなかったが故に、

自分をどの様にコントロールし続けたら良いのか?等々さえも???状態の人々が

頼る者・物・事を強く求める上で

つくり出されている精神文化製品に過ぎ無い」から

「当然の如く、現実との整合性が悪く、

精神文化製品としての性能も悪い」。

「性能の悪い精神文化製品を軸に人間社会等を動かす」なら

「至るところで自虐事態が生じ易くなる」のは

「ある意味、当然の現象」だ。

「健常な頭や感覚等が有る」なら

「ここで、性能の悪い精神文化製品を性能の良い精神文化製品に

進歩・進化させようとする」のが

「当たり前」で

「性能の悪い精神文化製品上で狭義の自分の下に集金する事等に邁進したり、

邁進する事等を推奨したり、する」のは

「自己制御の悪い確信犯の悪人間」か

「人間としての基本的性能が悪い状態の人間」等になる。

「人間としての基本性能が悪い状態の人間を量産する事」で

「自己制御の悪い確信犯の悪人間等を利させ続けている」のが

「現状の性能の悪い精神文化製品状態の情報・教育等という訳」だ。

「全ては、

所謂、理系側の様に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事で

製品の性能を上げようとし続けず、

古からの、考え・思いレベル、宗教レベルに執着し続ける、し続けさせる事で

安直な仕事???状態を誘いながら

不当になる過分な立場・権力・報酬等々ダケを貪りたがり続けている

現状の所謂、文系の仕事を行っている者たちの

劣悪で醜悪な仕事???の{賜物(もちろん、皮肉)}」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取る」なら

「地球生命体細胞群の中の

約60兆とも言われている細胞群の人類として構築された一個体である

世界中の何処の誰もが同じ、狭義の自分」が

「健常に生活し、育ち、老いる為に必要な経済」は

「保障されていて当たり前になる」。

「その上で、人類誰もの自分の実体の本来の目的であるその存続~永続に対する

実貢献度に応じた上乗せ報酬等がある」なら

「実正当な報酬が上乗せされるダケ」だから

「報酬をめぐる人間同士の醜い争い等々も無くなる事になる」。

「経済的圧力等により必要な仕事を特定極一部の者等に強いる悪業」も

「是正されて当たり前」で

「人類を含む地球生命体細胞群にとって必要な仕事」は

「その仕事を行う能力・資質等の有る者たちが手分けして行うのが当たり前の事になる」。

「現状の様に、

経済的圧力等により余り人が行いたがらない仕事を経済的困窮者等に押し付ける反面で

人事実権等を握っている者たち等の都合に沿う者等ばかり・・・を

例えば、テレビ常連出演等で重用し、過分な報酬を集中して与えたりする

悪態」も

「早々に是正される事が当たり前になる」。

「水利権や水道法等の問題も基本的には同じ話し」だ』。

『「現状の水道法等の改定」は

「現行の人間社会・経済システム上」で

「出来る限り、上手く延命する、させる為の改定」に「他ならない」。

「その様な現状対応を行い続ける裏」では

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性を高める為に必要な

個々の人間の精神構造や

人間社会の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させる為に有益な情報・教育等が行われていて然るべき」なのに

「戦後日本の情報・教育の多くは、

反対野党や反日国等の都合に沿う・・・状態なのだから、

本当に呆れる」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」になる』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

核・ミサイル開発を続けている北朝鮮金政権&戦争等を当時のまま繰り返し復習させる番組の配信に熱心な今、一番戦争が困る北朝鮮金政権等の都合に沿う情報配信を続けている日本のテレビ・・・。

『「北朝鮮金政権等との対話・合意等が無駄な事」は「既に、過去の対話・合意等が示している」。

「米朝会談時の核放棄合意」も

「口先等ダケである実態」は

「既に、露呈して久しい」。

「それでも、未だに、対話・交渉等を続けている米国トランプ政権等」は

「何れは、限定攻撃や戦争等に移行するしか無くなる事も重々承知の上」で

「現状では北朝鮮金政権等に対し、異常なまでの甘い対応を行っている」。

「米国トランプ政権の核放棄するまで制裁解除はしない等の要所を押さえた上での

以上なまでに甘い

北朝鮮金政権への対応にも関わらず、

北朝鮮金政権等が核・ミサイル等の開発や他国内での工作活動等を行い続ける」なら

「北朝鮮金政権等の極悪度は国際社会内でより高く認知され易くなる」。

「北朝鮮金政権等は中国共産党やロシア等を抱き込む事により

国際社会が持つ極悪イメージを和らげさせようと必死」だが

「中国共産党にしてもロシアにしても

米国トランプ政権と北朝鮮金政権のどちらを最終的に選ぶのか?の選択」で

「北朝鮮金政権等を選ぶ訳も無い」。

「核放棄前に朝鮮戦争の終結宣言や米国による体制保証等を欲しがっている北朝鮮金政権等」だが

「終結宣言しても強い裏切り等があるなら直に開戦宣言が出来る

朝鮮戦争の終結宣言はあっても、

核放棄前の体制保証はあり得ない」。

「散々、国際的合意を反故にし続けて来ているばかりか、

極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等が

今、取るべき態度」は

「本気の自首等以外にあり得ない」。

「それは、至極当たり前の事」だが

「至極当たり前の事に徹底的に叛いて無理やり政権を立ち上げ

恐怖政治や粛清や他国内での工作活動等々により無理やり政権を維持して来ているのが

北朝鮮金政権等の実態」だ。

「自首前の極悪犯とは通常の話しが成り立たない場合が多い」のと

「全く同様の事態」が

「北朝鮮金政権等の合意反故」で

「先の米朝会談での合意」も

「反故にするのが当たり前の状態なのが北朝鮮金政権等の実態」だ。

「そんな北朝鮮金政権等の都合の良い口先等に乗って

下手な支援等をしている中国共産党支配下の中国等」の

「国際的地位等はどんどん下降して行く事になる」から

「米中貿易戦争の早い終結と北朝鮮金政権等に対する支援等の打ち切り」の

「タイミングを見計らっている」のが

「現状の中国習政権の実態」だ。

「米国トランプ大統領が呼びかけた二度目の米朝会談」に

「北朝鮮金政権等が応じても、応じなくても、

北朝鮮金政権等が自首しない限り

結果は同じになる」。

「北朝鮮金政権等が自首しないなら、

北朝鮮金政権等の先は非常に短い事になる」』。

『「上記の様な実態」は

「既に、明らか」なのに

「未だに、北朝鮮金政権等の都合に沿う情報配信等を行い続けている

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が多い」。

「学校教育等でも同様」だ。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等の

北朝鮮金政権等汚染度はかなり高い」。

「その様な実態」は

「朝鮮系の者たちや所謂、左翼を重用した米軍の占領政策時~南北分断時から

今でも、在り続けている」から

「例えば、日本全国から多数の日本国民を拉致した拉致工作でさえも

しばらくの間は

多くの日本人男性が勝ち目の無い戦場に強制徴収されて送り込まれていた戦時中の

当時の日本国民であった朝鮮人の軍事施設等々への強制連行等と

バーターにされ無い事、黙殺、黙認状態」が

「情報・教育上で実質的に強いられていたり」、

「日本国内のスパイ・工作活動等対策が異常なまでに甘いままだったり」

「等々・・・している異常状態」が

「戦後の日本社会では数多く露呈し続けて来ている」。

「異常状態に対する対策を行わない、行わせない状態も続いている」から

「例えば、

未だに、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や学校教育等々では

北朝鮮金政権等の都合に沿う情報・教育等が主流なまま・・・」だ』。

『「未だに、毎年、この時期になる」と

「原爆被害」や

「戦争被害」等々ばかりが

「公共の電波上や公共的マスコミ上で大々的に配信され続けている」。

「本来」なら

「当時の人々の精神構造の問題」や

「当時の人間世界の精神文化の問題」を「掘り下げる事」等により

「何故、戦争になったのか?」や

「戦争を二度と起こさない為には何が必要なのか?」等々が

「探究されているべきなのに!」

「日本からの戦争が絶対と言って良い程無くなっている

スパイ・工作活動天国状態の戦後の日本」に

「実際に必要な事」は

「反戦!では無く、反スパイ・工作活動!!である事」は

「自明の事実なのに!!!」

「北朝鮮金政権等の手下等では無い

必要な資質・能力等が有る者たち等」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事を行っている」なら

「今、情報配信されていて当然の情報内容」が

「其処に在る」』。

『「もちろん、言うまでも無く、北朝鮮金政権等の手下等」や

「資質・能力等が不十分な者たち等」を

「何時までも、重用」し、

「重要な立場を与え続けたり、

過分な報酬・権力等を与え続けたり、する必要は全く無い」。

「選挙のある政界」では

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等が持つ力」は

「もはや、圧倒的に小さく是正されている」が

「選挙も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等」では

「未だに、北朝鮮金政権等の実質的、手下等が旺盛な状態が露呈し続けている」。

「是正が急務である事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

より以前の記事一覧