国連総会、トランプ大統領&安倍総理、北朝鮮大非難演説を受けて、顔色が優れない、日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等・・・。

『「国連での米大統領と日本の総理の国際社会への公式な訴え」により、「もはや、核実験もミサイル発射も出来ない状態に追いやられた北朝鮮」。

「口先ダケの反論」は「未だ、旺盛」だが、

「既に、詰んだ事」は

「超おバカで自虐的な北朝鮮劣悪国家指導者等の頭の中」でも

「さすがに、理解せざるを得ない状態」だろう』。

『「米国が同盟国の安全を徹底する」なら

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮壊滅作戦」しか

「軍事行動の選択肢が無くなる」のは

「当然の話し」だ。

「実際」は

「核・ミサイル施設等へのピンポイント攻撃」でも

「斬首作戦の実行」でも

「北朝鮮側は、反撃出来ない」と

「強く推定出来る」が

「万一の反撃まで無くす」なら

「北朝鮮壊滅作戦」が

「一番合理的になる」』。

『「今までの、散々の、乱行・無礼等を詫び、核放棄を宣言」し

「交渉のテーブルに着かせてください!」と

「米韓日等にお願いする」しか、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が生き延びられる道は無い」が、

「さて、どうする?北朝鮮劣悪国家指導者等!」』

『「今後も、国際社会による北朝鮮への圧力」は

「時が経てば経つ程、どんどん強められて行く事になる」。

「もう既に、その兆候は出ている」が、

「インチキやズルで対応出来るレベルでは

どんどん無くなって行く事になる」。

「どんなに、数十年遅れの核ミサイル等の開発を急いでも無駄」だ。

「北朝鮮が{使える}核ミサイルを持つ頃には、日米韓等先進諸国側」は

「{使える}新世代ミサイル防衛網を持つ事になる」。

「軍事技術の進歩・進化の速度」は

「北朝鮮より圧倒的に先進諸国側の方が早い」から

「クリントン政権時には、一度実戦争となれば、ソウルは火の海」だったが、

「今では、

日米韓側は非難不要で、

アッと言う間に北朝鮮を壊滅する事までもが、

可能となっている」。

「もちろん、今では、北朝鮮が、ソウルを火の海になど出来る訳も無い」。

「核・ミサイル等の開発や、

多連装ロケット砲等の時代遅れの軍備の増設配備等や、

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を、

懸命に行っている暇やお金等があった」なら

「金日成が約束した通り、その当時から、ちゃんと核放棄」し

「平和・解放・国際社会との共存・共栄路線を歩めば良かった」のが

「北朝鮮の現実」だ。

「今となっては、かなり遅過ぎる」が

「今からでも、核放棄し、平和・解放に邁進し、国際社会との共存・共栄路線を歩もうとする」なら

「未だ、救われようがある」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の現実」だ』。

『「トランプ大統領」も

「安倍総理」も

「拉致について、述べていた」が、

「絶対に忘れるべきでは無い事」は

「例えば、拉致された横田めぐみさんが、北朝鮮で日本語を教えた何人もの工作員」が、

「日本国内に入り込み、

日本社会に溶け込み、

数々の工作活動等を行い続けて来ている事」と

「日本政府・警察等が、日本国内の北朝鮮等の工作活動等に対し、

十分な実効のある対策を取れて来ていない事」だ。

「北朝鮮が拉致被害者を帰さない大きな理由」は

「例えば、横田めぐみさんを帰す」と

「横田めぐみさんが日本語を教えた工作員の顔や体形等がバレ、

日本国内に居る工作員が露呈し、

日本国内で行い続けて来ている工作活動等もバレてしまう事になる」が

「未だ、日本政府や警察等が、

北朝鮮等の工作活動等を十分に露呈させ、摘発等出来ていない現状」では、

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって生きている重要な駒である

日本国内の工作活動等を

手放したく無いから」だ。

「逆から言えば、日本国内の北朝鮮等による工作活動等を徹底摘発する」なら

「拉致被害者の帰還もより容易になる」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「この重大事実を、声高に訴え、

持っている情報網等を十二分に活かし、

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等の摘発にも貢献する」のが

「当たり前」だ。

「しかし、

内実として、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員等の様相を露呈し続けて来ている

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」では、

「未だに、

この後に及んでも、

北朝鮮劣悪国家指導者等が、{使える}核ミサイル等を持ち、

米国等に要求を突きつける事等が、

可能であるかの如き論調」を

「日本の公共の電波上や、公共的マスコミ上」に

「撒き散らし続けたがっている」。

「そんな連中の顔」は、

「今回のトランプ大統領と安倍総理の国連演説を受けて、曇っていた」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等と同様に、諦めや、往生際の悪い者たち」は

「解散総選挙で、親北朝鮮派が沢山当選すれば、日本の政治も牛耳れる・・・等」と

「未だに、情報工作による政界の親北朝鮮化等に熱心」だ』。

『「もちろん、多くの日本国民は、

例えば、民主党政権等の再来等は、

望まない」から

「投票行動を誤る事は無い」だろうが、

「新たな受け皿等には、弱い」。

「しかし、

新たな受け皿の実体が、

親北朝鮮等で無い事を確かめる事抜き」に

「新たな受け皿に悪戯な力を与える事」は

「非常に自虐的な事になり易い」から

「十二分にご用心!!」』

『「反自民や、反安倍政権」は

「大いに結構」だが、

「だからと言って、親北朝鮮派に大いなる力を与えてしまう事」は

「あまりにも、愚か」だ。

「この事は、選挙時には、絶対に、忘れてはいけない」』。

『「何れにしても、北朝鮮問題」は

「近い内に、相応の決着を見る事になる」』。

『「今後、超おバカな北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「愚か過ぎる挑発や軍事行動等に出る」なら

「北朝鮮壊滅作戦が実行される可能性は、極めて大きい」。

「壊滅後の北朝鮮には、中国共産党が納得出来る政権が出来る事になる」』。

『「日本政府・警察等が行うべき」は

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等の

徹底摘発」だ。

「そちらが、早ければ、北朝鮮劣悪国家指導者等のギブアップも早くなり、

北朝鮮壊滅作戦の実行が無くなる可能性もある」』。

『「何れにしても、

戦後日本のテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等には、

「かなり、異常なところが少なからずある」。

「その裏にも、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等」が

「ゾロゾロ居る・・・」と

「強く、推定出来る」。

「拉致被害者等に、日本語や日本社会文化等を学んだ、北朝鮮の工作員の数」は

「かなりの数の筈」だ。

「異常な戦後処理による利権取得等により、戦後日本に居残り続けている在日朝鮮人等の多く」を

「北朝鮮にとっての有益分子等とする事」により

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、日本国内で使える工作員・協力者等」を

「其れこそ、数十万人レベルで得ている事になる」。

「数十万人レベルの北朝鮮劣悪国家指導者等の手下・協力者等」が

「日本国内で、どんな工作等を行い続けて来ているのか?」は

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、意識的かつ積極的に明らかにして来ていて当然」だ。

「ところが、そんな実態も無い」。

「政治家も、警察等も、ロクに実効を上げられて来ていない」。

「拉致までされ、拉致が明らかになっても!」だ。

「この日本の重大問題の解決」は

「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含む正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等が、北朝鮮の目的は朝鮮半島統一ダケ等と、「母親が在日朝鮮人だった金正恩を黙殺したインチキ論」等を、日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「母親が在日朝鮮人だった金正恩」を「正当化する為」には「北朝鮮劣悪国家指導者等による日本支配が必需になる」。

「だから、実際に、北朝鮮劣悪国家指導者等は、

日本の中の手下や協力者等を駆使して、

日本乗っ取り支配工作活動等に邁進し続けて来ている」。

「日本を乗っ取り支配する為」には

「多くの日本国民を北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子にする事」と

「有益分子化に適さない不適応分子日本国民を出来る限り粛清する事」と

「日本国内の(北)朝鮮血統の人口割り合いを高める事」等々が

「有効になる」。

「情報・教育工作により、多くの日本国民を有益分子化する」なら、

「政界の多数派を、内実、北朝鮮にとっての有益分子にする事も可能になる」。

「多くの日本国民を少子高齢化状態に追いやる」と「共」に、

「日本の中の(北)朝鮮血統の者たちの子沢山化が行い易い政治」を

「行う」なら

「日本国内の人脈人数割り合いを大きく変える事が出来る事になる」。

「日本に自虐を強いる反面で、朝鮮系等の者たちを過剰優遇する情報・教育・政策」や

「利権を集中させる事で、一般日本国民の少子高齢化を誘う政策」等々の

「悪の実効」は、

「多くの方々が重々ご存じの通り」だ。

「朝鮮系と言われている小泉氏の政権」等で、

「利権を集中させた上」で

「北朝鮮のお友達、旧社会党の者たちが多くの実権を握り占めている民主党政権」等で、

「悪戯な円高容認政策等々により、

日本を大いに細らせる反面で

中・韓(北朝も含む)等を大いに太らせた事」等により、

「日本国内の実態は、かなり変わってしまった」。

「日本の悪い変化に比例する様に、

北朝鮮の核・ミサイル等の開発と、

他国内での工作活動等」は

「益々、旺盛になった」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が日本の支配を望んでいない」なら、

「日本国民を拉致する必要も無い」し、

「例え、拉致した日本国民を全員帰しても、基本的に、何の問題も無い事になる」。

「ところが、実際」は

「日本の乗っ取り支配を画策して来ている」から

「日本全国各地から多くの日本国民を拉致」し

「拉致した日本国民」に、

「北朝鮮の工作員等がその地域の日本国民として完全に溶け込める様にする為等の教育等を行わせ」、

「よく教育された工作員を数多く日本国内に送り込み、

日本国内で、日本乗っ取り支配の為の工作活動を行わせ続けて来ている」から

「拉致被害者を帰す事

=拉致被害者が教育し日本に送り込まれている者がバレる事

=北朝鮮の工作活動の実態がバレる事となっている」。

「今も尚、日本乗っ取り支配工作等を旺盛に行い続けている結果、

日本乗っ取り支配工作員等を教育した拉致被害者等は帰せない」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ』。

『「日本のテレビ・マスコミ人等」なら

「上記の様な実態・実体」は

「重々知っていて当然」で

「知っていて黙殺し続けて来ている」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」と

「相場は決まっている」』。

『「韓国の乗っ取り支配」だけでは無く、

「日本の乗っ取り支配」も

「企んでいる」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ。

「朝鮮半島と日本を支配する事」により

「全世界支配の足場を作りたがっている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ。

「陰険なナチス・ヒトラー」は

「今までに、既に、何百万人~もの人々を、

工作濃度による粛清」で

「殺傷等し続けて来ている」。

「その裏で、工作濃度が低くされている北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子たち」は

「日韓社会内で、より良い立場や利権等が得られ易くなって来ている」。

「その巨大悪事」を

「未来永劫正当化し続ける為」には

「更なる膨大な粛清犠牲者の下」で

「全世界を支配する事」が

「必需になる」。

「陰険なナチス・ヒトラーの暴走を止める」なら、

「陰険なナチス・ヒトラーが{使える}核ミサイルを持つ前」だ。

「陰険なナチス・ヒトラーの摘発・逮捕・抹殺等が、

早ければ、早い程、

工作活動犠牲者の数も抑えられる」』。

『「日本の公共の電波上」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等を

蔓延らせ続ける必要は全く無い」。

「陰険なナチス・ヒトラーの手下等、

近未来において、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき者たち」に

「相応しい」のは

「テレビ常連出演等やそれに伴う利権等では、断じて無い」。

「テレビ常連出演等、過分な立場等から、早々に排除すべき者たち」は

「過分な立場等から、早々に排除するべき」だ』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なのに

「北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下で行われ続けている

日本国内の工作活動等やその協力等の重大問題」を

「告発して来ていない」のは

「明らかに異常」だ。

「其処には、北朝鮮劣悪国家指導者等の有益分子の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「工作活動濃度による粛清等」の「陰険な手段」により、

「既に、何百万人~もの人々を粛清してしまって来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等との

普通の対話・協議等など、

成り立つ訳も無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等との

普通の対話・協議等を

成り立たせる為」には

「北朝鮮劣悪国家指導者等の牙を折る事が必需」だ。

「核・ミサイル開発等を放棄させる」のも

「牙を折る一つの手段」だが

「北朝鮮の本丸」である

「主として、日韓内等、他国内での陰険な工作活動等を徹底摘発する方が

遥かに、実効が高い筈」だ。

「それなのに、日本国内の北朝鮮等による陰険な工作活動等を徹底摘発させようとして来ていない

テレビ・ラジオ・マスコミ等や、

政府・警察等」は

「明らかに変」だ。

「政府・与党等」は

「ようやく、テロ等準備罪を成立」させ、

「集団的工作活動の摘発を可能にした」。

「北朝鮮の手下的、テレビ・マスコミ等」は

「テロ等準備罪にも反対!」だった。

「警察等の体制が整っている」なら

「例えば、電磁波工作の徹底摘発等は、既に、可能な筈」だ。

「後は、実権者の決断次第」だろう』。

『「情報・教育工作等の摘発」は

「かなり困難」だろうが、

「電磁波工作等との人脈的繋がりから、

情報工作員の内の何名かは、

炙り出す事が可能になる」。

「情報・教育工作の場合」は

「配信されている情報や行われている教育等の実体」から

「実質的には、既に、バレバレ状態」でもあるので、

「情報・教育の受け手がしっかりしていれば、

情報・教育工作員等の実態」は

「誰にでも判る事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報・教育工作員・協力者等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与えない事、既に、有しているなら、剥奪する事等」が

「重要になる」』。

『「陰険なナチス・ヒトラー問題」は

「早々に、片付けなければ、

人類の未来は非常に短くなってしまう」。

「ある日、突然、地球が消滅する瞬間」等も

「どんどん近づいて来ている」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、相変わらず、「劣悪な、北朝鮮問題論や地球環境問題論」等を日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「地球環境問題」も「現状人間社会問題の一つである北朝鮮問題」も「テレビ・ラジオ・マスコミ等劣悪情報問題」も、「その基本的元凶は同じ」だ。

「今更、言うまでも無く、元凶」は

「現状の多くの人類の精神構造」であり、

「その集大成である人間社会の精神文化」に他ならない。

「本来の今時の文系の仕事」なら、

「この基本元凶を告発し、実効のある対策等を訴えられていて当然」だが、

「劣悪な現状文系学校教育上の優等生等」は

「現状優等生利権に縋り付いたまま、

自分たちの下に利権を集中させる事等」を

「是」として

「仕事のつもりで、実質的破壊行為を続けて来ている」。

「その結果」として、

「現状の酷い人類世界状態」は

「改善の兆しさえ現せていない」。

「地球環境問題」や「北朝鮮問題も含む人間社会問題」等々で、

「正義ぶり、自己正当化を謀り続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等や政治家等々、所謂、文系の者たち」という

「醜悪な実態」には

「もう、うんざり・・・」という「方々も多い筈」だ』。

『「何故、現状の多くの人類の精神構造が劣悪なのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「急激な進歩・進化を実現出来ている人類の物質文明の裏に在る」のは

「科学レベルで判明している実体や事実・現実の

意識的かつ積極的奈実用」が「在る」が

「旧態依然とした、もはや、劣悪レベルの精神文化を引き摺り続けている現状の多くの人類」には

「自らの精神構造に対して、科学レベルで判明している実体や事実・現実の

意識的かつ積極的な実用が無い」。

「進歩・進化に必要な事を怠り続けて来ている」から

「精神構造の進歩・進化を実現出来ていない」。

「当然の現象」が「其処に露呈している」』。

『「多くの人々の精神文化の集合体」である

「人類の精神文化」の

「歴史的変化を見る」なら、

「古の時代」は

「力~武力による比べっこ支配権/被支配権争いの時代」が

「長く続いていた」。

「古の時代」には

「人類が科学レベルで判明させる事が出来ていた物質文明関連の実体や事実・現実も希薄だった」ので、

「分らない事が多かった当時の人類」が

「考え・思いの世界に救いを求めた事」にも

「相応の合理性が有る事になる」。

「考え・思いの世界」とは

「丸ごと一人の死生観・人生観の世界」でもあり、

「宗教の世界」でもある。

「考え・思いに頼る為」には

「相応の工夫も必要となる」ので、

「多くの宗教では、信じる事(=その考え・思いに身を委ねる、人生を預ける事)が求められている」。

「周囲の人々が皆、同じ宗教を信じている」となれば、

「それは、頼る(・・・自分の人生や自分が分らない事等を委ねる等々)に十分な状態ともなり得る事になる」。

「もちろん、古の人類の中」にも、

「そんな状態に納得出来ていない人々も少なからず居た」。

「その結果、科学レベルの検証法等が、どんどん生み出される事になった」。

「科学レベルで、判明させる事が出来た実体や事実・現実の実用」は

「先ず、人類の物質文明面で積極的に取り入れられた」。

「より強力な武器やより便利な住居等も含む生活関連品が生み出され続け、

進歩・進化させられ続けて来た」。

「人間社会の精神文化」は

「力・武力による比べっこ支配権/被支配権争いのままだった」ので、

「古の時代~の人類の歴史」は、

「戦争の歴史となった」』。

『「科学レベルで判明した、実体や事実・現実の実用」による

「物質文明の進歩・進化」は

「産業革命以降、急激なモノになった」。

「それでも、人間世界の精神文化」は

「以前のまま・・・」だった。

「力・武力による比べっこ支配権/被支配権争い」は

「物質文明の急激な進歩・進化により、苛烈を極め」、

「先の大戦末期には、核兵器まで実用化され、使われてしまった」。

「さすがに、多くの人類」は

「もう、戦争はダメ!

大戦争は絶対にダメ!!」等と

「考え・思う様になった」。

「旧態依然とした多くの人類の精神構造」が

「選択」した

「戦争はダメ!以降の人間社会の精神文化」が

「経済による比べっこ支配権/被支配権争い」という訳だ。

「本来なら、産業革命時」に

「人間の精神構造や人類の精神文化側」でも

「科学レベルで判明した実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」により

「物質文明相応の、急激な進歩・進化を実現させるべきだった」のだが、

「多くの人々が覚え込まされていた当時の精神構造や、旧来からの宗教利権等が、

その大いなる邪魔をした」ので

「超自虐的な人類同士の大戦争により、膨大な犠牲を出してしまった」のが

「人類の惨劇の実態・実体」だ』。

『「さて、上記の様な、今時の、文系の情報・教育等なら、

有るのが当然の精神構造・精神文化論」等を

「踏まえた上」で

「地球環境問題」や

「北朝鮮問題」等を

「考える」なら

「どうなるだろうか?」』

『「地球環境問題の生みの親」は

「言うまでも無く、経済による比べっこ支配権/被支配権争い」という

「~現状の人間社会の精神文化」だ。

「何しろ、現状の人間社会の法や経済システム」では、

「地球環境の保全等はとにかく、

出来る限り早く、多く、

他の者や企業・組織や国等より早く、多く、

自分たちの下に、

現状経済システム上の利権を集める事が出来れば{成功}!等」と

「{されている}」。

「オマケに、{成功}者・企業・組織・国等が優遇される様になっている」。

「そんな人間社会・経済システム上で、多くの人類が頑張り、{成功}を目指す」なら

「生まれるべくして生まれる結果の一つ」は

「地球環境問題」になる。

「生まれるべくして生まれる結果」は

「当然、他にも在る」。

「格差」は「その代表例」だ。

「基が、比べっこであり、{成功}とされた者等がより優位になる社会・経済システム」なので、

「時を重ねれば、重ねる程、格差状態が生まれ、それが、どんどん過激になる」のは

「必然以外の何モノでも無い」。

「もちろん、こんな超自虐的な人間社会・経済システム等」は

「改善するのが当然」だが、

「旧来からの既得権益に縋り付き続けている

現状文系教育等優等生や

現状人間社会優位者等々」は

「自らが現状故に保持出来ている利権等を優先して、

本来の人類の大仕事を

無い事にしたがり続けて来ている」。

「結果として、環境問題も、どんどん深刻化し続けて来ている」。

「例え、現状優等生等」が、

「世界的規制等で、正義ぶり、お茶を濁しても、

現状人間社会・経済システム等の根本的改善抜き・・・では、

インチキをする者・企業・組織・国等は後を絶たず、

問題が解決出来る訳も無い」。

「人類滅亡の日」は

「刻々と迫って来ている」』。

『「大戦後、多くの国々の精神文化」が

「武力による比べっこ支配権/被支配権争い」から

「経済による比べっこ支配権/被支配権争い」へと

「若干の進歩を成し遂げている現状」なのに、

「未だに、武力による比べっこ支配権/被支配権争い」に

「活路を見出そう」と

「悪足掻きし続けて来ている」のが

「劣悪国家指導者の下の北朝鮮」だ。

「その{カルト宗教}国家ぶり」は

「半端では無い」。

「北朝鮮カルト宗教」の

「考え・思いによる納得、もしくは、信じ込んでいる事」とは、

「核武装国家として、米国も含む世界的認知が得られた上」で、

「米国と平和協定を締結」すれば、

「朝鮮半島内から、米軍を徹底させる事が出来」、

「その先には、北朝鮮主導による朝鮮半島統一が待っている」であり、

「更に、その先には、

北朝鮮主導による朝鮮半島&日本の統一が待っている」だ。

「日本の事は、無い事にされがち・・・」だが、

「金正恩の母親が在日朝鮮人であった事」や

「現状でも盛んに行われてしまっている

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の日本国内での工作活動やその協力等の実在」からも、

「絶対に忘れるべきでは無い重大要素」だ。

「在日朝鮮人の子が統一北朝鮮の王である事を正当化する為」には、

「北朝鮮による日本支配が必需になる」』。

『「あきれ果てる程、遅れている北朝鮮の精神文化」を

「現状普通レベルにまで進歩させる事抜き」に

「北朝鮮との対話は成り立ち得ない」。

「無理やりにでも、北朝鮮の精神文化を進歩させる為」に

「現状国際社会等が行える事」は

「圧力」だが、

「中途半端な圧力を与えれば、与える程、団結力が増してしまう・・・」のが

「{カルト宗教国家}の実態」だ。

「圧力による解決を目指す」なら、

「団結力を壊すレベルにまで、圧力を加え続ける事」が

「肝要になる」』。

『「その場合の懸念材料」は

「{カルト宗教国家}の暴発」だろう。

「しかし、過剰な心配は不要」だ』。

『「米韓等の武力行使による北朝鮮問題の解決は不可能」等と

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は

「嘯き続けている」が

「実際は、武力行使により北朝鮮問題を解決する場合」は

「米韓日には、ほとんど犠牲が出ない事になる」。

「その反面で、北朝鮮の犠牲は膨大になる」。

「徹底した圧力により、北朝鮮が暴発した場合」も

「事態は、同様」だ。

「軍事力の面」でも

「北朝鮮と米韓等の際は、膨大」なのが

「現実」だ』。

『「自覚のある者」は

「実体や事実・現実の把握も行い易い」が

「自覚無き者」にとっては、

「実体や事実・現実よりも、その者が持つ考え・思いに成り易い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の場合」は

「自覚無き者である実態を露呈し続けて来ている」。

「例えば、対話・協議の上での合意を反故にし続けて来た実績」も

「他国内で化学兵器まで使用した暗殺テロ等々を行った事実」も

「本当に恥を知らない、現実を直視出来ていない、

劣悪な自覚無き状態」を

「露呈している」』。

『「北朝鮮問題」は

「徹底した圧力」や

「軍事攻撃」や

「北朝鮮の本丸である他国内での北朝鮮等による工作活動等を徹底摘発する」等の

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、自らの牙と考え・思えているモノ」を

「折る事」により、

「初めて、解決方向に動く事になる」』。

『「地球環境問題」にしても、

「北朝鮮問題等、人間社会問題」にしても、

「多くの人類の精神構造」と

「その集大成である人間社会の精神文化」の

「問題」だ。

「多くの人類の精神構造」が

「比べっこ」から

「本質探究&適材適所快適」へと

「正常進化」し

「それに連れ、人間社会の精神文化」も

「本質探究&適材適所快適人間社会」へと

「正常進化する」なら

「解決可能になる事」だ』。

『「それなのに、

未だに、

旧態依然とした劣悪な情報配信をし続けているテレビ等」は

「本当に、悪質」だ。

「公共の電波が泣いている!!!」』

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番等では、「度重なる制裁強化で後が無い、北朝鮮劣悪国家指導者等の最後の望みの綱、日韓内等の手下等を使って、ご用達情報を日本の公共の電波上に大々的に配信」等していたが・・・。

『「制裁は無駄」とは「北朝鮮劣悪国家指導者等の言い分」で「実行されている制裁」には、「それなりの実効が付いている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等は実行されている制裁が強化される度」に

「立場が狭くなっている」。

「どんどん狭くなって来ている立場にも関わらず、

北朝鮮劣悪国家指導者等が、

ミサイル発射等の暴挙を行った」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等に残されている僅かな立場である

北朝鮮国内での立場を

何としても維持する為」だ。

「しかし、国際社会側を出来る限り怒らせない様に、

今回のミサイル発射も、

かなり慎重に行われた」。

「予告無し」の「無礼ぶり」は

「北朝鮮国内での虚勢を優先したから」だが、

「米韓側が、監視継続中のミサイルの発射だった」ので、

「実質的には、予告済みに殉じる効果が有った」。

「実質的」には

「今回の

米韓側が、監視を継続出来ている

液体燃料ミサイルの

出来る限り日本領土の上空を通らないコースでの

発射」は

「迷惑行為だが、脅威では無い」。

「トランプ大統領が米国の脅威では無い旨、公言した」のも

「当然の話し」だ』。

『「脅威では無いミサイル発射だが、迷惑行為には違い無い」。

「何しろ、北朝鮮製のミサイル」だ。

「発射後、壊れてしまう可能性もかなりある」。

「実際に、同型とされているミサイルは、

前回の発射で、途中で分離し、

グアム相当の距離まで届かなかった」。

「前回の発射は、明らかに失敗だった」から

「もう一度行った」のが「実態」と「強く推定出来る」。

「途中で壊れる事」は

「途中で、ミサイル部品が降って来る事でもある」。

「ミサイルのコース下の国民に、

上空をミサイルが通る事や、

万一、落下部品等が在っても、

重大な被害が生じない様に、

身の安全を図る必要がある事等を

知らせる必要が生じる」。

「ミサイル部品が線路上等に落ち、列車が動いたまま・・・だった」なら

「脱線事故等が起きてしまう可能性もある」。

「ミサイル発射後は、ミサイルのコース下の鉄道等を止める安全措置が必要になる」。

「何れも、北朝鮮のミサイル発射により生じる多大な迷惑」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が保身の為に行っている迷惑行為」なのだから、

「北朝鮮劣悪国家指導者等」に

「補償請求するべき」等と「思う」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「今更、言うまでも無く、

北朝鮮の核・ミサイル等」とは、

「先進諸国の数十年遅れレベルの兵器に過ぎ無い」。

「米軍との膨大な差」は

「もはや、言うまでも無い事」だが、

「今回の北朝鮮ミサイル発射」と

「同時」に

「韓国もミサイル発射を行う事が出来ていたり、

韓国が持つ精密誘導スティルス巡行ミサイルの実射訓練を{公開}したり、

・・・した事」からも、

「韓国との差も膨大である事」は

「もはや、誰の頭の中でも明らか」だろう。

「北朝鮮の武器で、ソウルを火の海に出来た」のは

「過去」で

「現状では、北朝鮮が先制攻撃しようとした途端に、

北朝鮮の時代遅れの武器のほとんど全てが壊滅させられる」のが

「現実」だ。

「未だに、時代遅れの北朝鮮の軍備」を

「過大評価して、脅威を煽っている」のは、

「実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員等」になる』。

『「北朝鮮に残されている、

{使える}

実効が多少でもある武器」は

「口先」と

「主として、日韓内等、他国内の工作員・協力者等」だ。

「北朝鮮の口先宣伝」を

「主として、日韓内等、他国内の工作員・協力者等」が

「より実効が高くなる様に、脚色等し、大々的に、大きくし、広める事等」により、

「主として、日韓等、他国の世論や国民感情等を

北朝鮮に都合の良いモノに変える策略」が

「今も、旺盛に行われている」』。

『「牙が折られるまでは、普通の対話・協議等が成り立ち得ない」のが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実体」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の牙が折られない様に

情報工作等を行い続けて来ている」のが

「主として、日韓内等、他国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員・協力者等」になる。

「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達の論」は、

「既に、明らか」だ』。

『「戦争は避けたいでしょ!」

「戦争を避けたい」のなら

「北朝鮮の核・ミサイル等」を「{認め}」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の{脅威}に屈し」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等との対話・協議をしなさい!」

「その内実」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の言い分を呑みなさい!」

で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の言い分」とは

「先ずは、

朝鮮半島内から米軍は撤退」し、

「朝鮮半島内を北朝鮮主導で統一させなさい!」

「その内実」は

「朝鮮半島内の支配権を北朝鮮劣悪国家指導者等によこしなさい!」

「次に、

日本国内から米軍は撤退」し

「日本国内も北朝鮮劣悪国家指導者等に支配させなさい!」だ。

「金正恩の母親が、在日朝鮮人であった事を正当化する為」には

「北朝鮮劣悪国家指導者等による日本支配が必要になる事等」を

「日韓内の北朝鮮等による工作活動等同様、

無い事にしてはいけない」。

・・・「挙句の果て」は

「全世界を、北朝鮮劣悪国家指導者等に支配させなさい!」

になる。

「劣悪な独裁者が自己を正当化する為」には、

「全世界の支配が必需」だ。

「劣悪な独裁政権が追及する事」は

「ナチス・ヒトラーでも、陰険なナチス・ヒトラーでも、同じ事になる」』。

『「そんな言い分に賛同し、力を与えようとする」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下・協力者等」と

「相場は決まっている」』。

『「今回のミサイル発射」で

「国連制裁は、また少し、強化される事になる」。

「そして、国連制裁の強化を理由」に

「北朝鮮は、更なる、迷惑行為等を行う事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、自ら牙を折り、

普通の対話・協議等を行おうとしない限り」、

「北朝鮮が先にしても、米韓等による限定攻撃等にしても、

軍事行動に至る臨界点」は

「直其処」だ』。

『「全面軍事衝突」になれば、

「膨大な実力差により、

アッと言う間に、北朝鮮の負け」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は、

「基本的に、終わる」。

「北朝鮮側の被害は膨大になる」が

「米韓等側の被害はほとんど出ない」。

「日米韓側に居て、北朝鮮との戦争を恐れる、恐れさせる」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等」と

「相場は決まっている」』。

『「北朝鮮が負ける戦争に突っ込む可能性は、非常に少ない」。

「何しろ、強欲なのが、劣悪国家指導者等の特徴」だ。

「最終的な保身の為」なら、

「国家・国民を売る事になる」。

「テレ朝朝番の常連出演者等は、戦前の日本を持ち出して、

北朝鮮も同様に・・・等と

戯言を公共の電波上で公言していた」が、

「言うまでも無く、戦前の日本が太平洋戦争に突入した当時」は

「世界中が、武力による比べっこ支配権争いの真っ只中だった時」だ。

「当時の日本は、世界の流れの中で、戦争に突入した」のが

「実態」だ。

「今の世界の流れ」は

「基本的に、不戦」で

「経済による比べっこ支配権争い」だ。

「つまり、世界の流れに背かない限り、

北朝鮮劣悪国家指導者等が戦争を選択する訳も無く、

世界の流れに背いて、戦争を選択する」なら、

「世界の流れから外れた北朝鮮ダケ」が

「アッと言う間に葬られる事になるダケ」だ』。

『「哀れなのは、カルト宗教信者状態に追いやられている

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下・協力者等と、

北朝鮮国民等」になる』。

『「日本の公共の電波上」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下・協力者等を蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

北朝鮮劣悪国家指導者等救済の為、安倍総理等を利用して、六か国協議を再び行わせようとしている様相の田原氏を出演させていたテレ朝昼番・・・。

『「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等との協議等を行わせようとしている」とは「さすが、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)」だ。

「ゲスは何処に居ても、どこまで行っても、ゲスのまま・・・」である様に、

「所謂、左翼(同上)も、何処に居ても、何処まで行っても、所謂、左翼(同上)のまま・・・」という「実態」が

「露呈」していた』。

『「北朝鮮の核・ミサイル技術の裏には、ロシアからの技術・情報等の提供が在る」とは、

「もっともな話し」だが、

「裏を返すと、北朝鮮には、自力で、核・ミサイル等を開発出来る十分な力量が無い事になる」。

「北朝鮮には、

ロシア等による技術指導の下のコピー生産等は出来ても、

北朝鮮だけで完結させる事等が出来る、天才ミサイル技術者等など居ない実態」が

「露呈させられた訳だ」。

「ロシアや中国共産党等の支援無き北朝鮮」では

「核・ミサイル等の開発はもちろん、北朝鮮の存続さえ危うい事」は

「もはや、誰の頭の中でも明らか」だろう』。

『「そんな状態の北朝鮮の劣悪国家指導者等との

ロシア・中国共産党支配下の中国も含む六カ国協議」を

「実現させる事」の「実効」と

「ロシア・中国共産党支配下の中国に、北朝鮮の支援を止めさせる為の協議を行う事」の

「実効」を

「比べる」なら、

「今更、六カ国協議を言う者たちの実体」は

「直ちに、明らかになる」』。

『「六カ国協議」の「再実現」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の延命には役立っても、

北朝鮮問題の解決には役立たない」。

「ロシアや中国共産党支配下の中国に北朝鮮への支援を止めさせる事」の「実現」は

「劣悪国家指導者の下での北朝鮮の存続を急速に危うくする事の直結」し

「その結果、北朝鮮問題の解決にも役立つ事になる」』。

『「幸いな事に、中国共産党支配下の中国」の

「昨今の北朝鮮離れ」は

「顕著」だ。

「特に、北朝鮮が水爆実験まで行った後」は

「更に、顕著になっている」』。

『「問題となる」のは、

「ミサイル技術や水爆技術まで支援してしまっているロシア」だが、

「元々、旧ソ連とは、旧東側圏のボス国」で

「西側諸国から見れば、問題だらけ・・・の国」だった。

「東西冷戦は、西側の勝ちで終わり、旧ソ連はロシアとなり、一応は民主化されている」が

「未だ、旧ソ連時代の負の精神文化を捨てきれていない」。

「短絡的、底の浅い、判断等を基」に

「ロシアが、世界の多くの国々とは乖離した判断を示し、

世界情勢等に負の影響を与えてしまう事等」は

「未だ、多々ある」。

「ロシアとの協議」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等との協議よりは現実的」だが、

「即効のある協議等は、かなり、困難」だろう』。

『「現実的に考える」なら

「北朝鮮問題を解決する方法」は

「二通りしか無い」。

「一つは、米韓等による限定攻撃で、北朝鮮の牙を折る事」だ。

「北朝鮮に反撃は出来ない(反撃すれば、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケだ。)から

牙を折られた北朝鮮が、

初めて、

普通の協議等可能な状態になる可能性が生まれる事になる」。

「もう一つは、北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下で行われ続けて来ている

主として、日韓等、他国内での工作活動等を徹底摘発する事」だ。

「陰険なナチス・ヒトラーの本丸が暴かれ、徹底摘発される」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等の一番大きな牙が折られる事になる」。

「その後、北朝鮮劣悪国家指導者等が、

初めて、普通の協議可能な状態になる可能性が生まれる事になる」。

「工作活動の徹底摘発の場合」は

「北朝鮮による軍事反撃が無い可能性が

限定攻撃の実行時よりも

遥かに大きい」。

「どちらの場合も、非常に少ない可能性だが、

より軍事反撃の可能性が少ない方を選択する」のが

「賢明な判断になる」』。

『「それなのに、

北朝鮮が拉致を認めて以降15年も経っている」のに、

「日本政府も警察等も、

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を徹底摘発していない」。

「拉致=拉致工作問題に他ならない」のだから、

「拉致工作実行者・協力者等を徹底的に洗い、その後も、徹底検証し、摘発すべきは摘発する」のが、

「{普通の国}の対応」だ。

「日本の対応は、明らかに異常」だ。

「韓国も、同様」だ。

「日韓の北朝鮮等による自国内工作活動等に対する異常な対応の裏に在る」のも、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の政界工作・情報/教育工作等」と

「強く推定出来る」。

「その辺りの臭いを強烈に放ち続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等」では、

「工作活動の摘発」という「重大事」を

「黙殺し続けて来ている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動が継続出来ている事

=一般日本国民も含む多くの人々が陰険な、濃度で粛清等までする工作活動の犠牲者になり続けている事」だ。

「工作活動の継続を黙殺し続けて来ている政権や警察やテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「実体」とは、

「陰険なナチス・ヒトラーを容認し続けて来ている政権・警察・テレビ・ラジオ・マスコミ等になる」』。

『「今、日本のマスコミ人等」が

「安倍総理や日本政府等に訴えるべき」は

「訪朝」や

「六か国協議」等々

「実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等を手助けする事」では

「断じて無い」。

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下の工作活動等を徹底摘発する事」だ。

「拉致問題が解決出来ていない」のは、

「国交が無いからでは断じて無い」。

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等が未だ継続~拡大等出来ているからだ」。

「元々、拉致の目的が、北朝鮮の工作員を日本に溶け込ませる為に・・・等だった」のだから、

「日本に溶け込んでいる北朝鮮の工作員を徹底摘発してしまえば、

拉致の目的自体消失」し、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が拉致被害者を帰すハードルも一気に下がる事になる」。

「国交は、

全ての拉致被害者の帰還が実現し、

北朝鮮による日本国内の工作活動が無くなり、

北朝鮮が核等を放棄した後に結ぶべき事」だ。

「先に国交論」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の為の論に他ならない」。

「日本の中でそんな事を言う」のは、

「余程のおバカ」か

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下やその協力者等」と

「相場は決まっている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」に

「日本の公共の電波上」で

「大々的に語らせ続けて来ているテレビ・ラジオ等」は

「明らかに、異常」だ。

「その辺り」には、

「日本に溶け込んでいる北朝鮮の工作員やその協力者等」が

「少なからず居て、

結構な実権を掌握出来てしまっている、

可能性絶大」になる。

「テレビ・ラジオ界に限らず、

公共的マスコミ界でも、

学校教育界でも、

事態は同様」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、韓国を持ち出して「朝鮮人目線の北朝鮮問題の考え方」等を多くの視聴者に覚え込ませ、同様に考える様にさせる「大衆マインドコントロール」等を行っていた様相だったが・・・。

『「学校教師等に調教されているまま・・・の人々」にとって「テレビ常連出演者やコメンテーター等」は「教師同様の存在となっている」。

「教師の言う事を良く覚えた者」が

「優等生としてもてはやされた実態」を

「覚えている者たち」にとって

「{テレビ教師}の下で優等生になる事」等は

「抵抗の無い事になってしまっている」。

「結果として、テレビによる大衆誘導や大衆マインドコントロール等」が

「可能」となり、

「実際に、行われてしまって来ている」から

「例えば、民主党政権等の成立」という

「内実としては、多くの日本国民にとって負の影響をもたらす事態等」までもが、

「実現出来て来てしてしまっている」』。

『「韓国を持ち出して、

朝鮮人目線で、

北朝鮮問題を考えさせる様に、

多くの視聴者を導く事」の「実効」は

「朝鮮人を有利にする事」であり、

「朝鮮人である北朝鮮劣悪国家指導者等も有利にする事」に

「他ならない」』。

『「言うまでも無く、北朝鮮問題」は

「民族分断故の問題等」として

「民族目線で考えさせられてはいけない問題」だ。

「北朝鮮問題の本質」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の劣悪な精神文化の問題に他ならない」。

「世界中、何処の国の人々でも、どんな人種の人々でも、どんな民族の人々でも、

問われるべきは、

その精神文化」だ。

「何処の国でも、どの人種でも、どの民族でも、

健常な精神文化を基に、

自分を健常にコントロールし続けている健常な人々も居れば、

劣悪な精神文化を基に、

盗みや、脅しや、殺傷等を行う事で、不当利権等を貪り続けようとしている不健常な人々も居る」。

「同じ民族だから統一出来る」は

「ファンタジー」で

「健常な精神文化を保有している分断された二国家なら、

分断の解消も可能になる」が

「現実」だ。

「盗み・殺傷等を続けて来ている極悪人」と

「普通の健常な人々」が

「一緒に暮らせる訳も無い」。

「一緒に暮らす前」には

「極悪人がその罪を悔い、償い、

二度と罪を犯さない状態にまで

健常進化出来た後になる」。

「北朝鮮問題」とは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の劣悪な精神文化の問題」だから、

「北朝鮮問題を解決する為」には

「北朝鮮劣悪国家指導者等の劣悪な精神文化を更生させる事が合理的になる」。

「劣悪な精神文化そのままに、同じ民族だから・・・等々と統一をする」なら

「辛うじて、普通の精神文化状態も保持出来ている韓国が、

劣悪な精神文化に毒され、

劣悪化する事になるダケ」だ。

「水も人心も人間の精神文化も、

高い所から低い所へと流れ易く、

流れを逆にする為のノウハウ等は、未だ、希薄な状態の人々が圧倒的に多い」。

「そんな人類の現状」で、

「極悪人と一緒になる事は、極悪人の仲間になる事に他ならない」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の精神文化の改善」こそが、

「北朝鮮問題を平和的に解決する鍵になる」が

「現状では、精神文化問題が訴えられていない」。

「何故か?」

「韓国等にも、精神文化問題を、声を大にして、訴えられない実態が在るから」だ』。

『「元々、実体として、

日韓併合という二国間の国家契約により、辛うじて国の存続が保てた朝鮮半島内」は

「その後、日本による急速な近代化整備等により、大いに、状態が改善された」。

「衛星・文化・教育・経済等の水準が飛躍的に向上したので、

朝鮮人の人口も急増出来た」。

「つまり、日韓併合の実体」は

「日本による侵略~略奪植民地支配では無く、

日本による朝鮮半島内救済だった」のが

「現実」だ。

「ところが、日本の敗戦につけこんで、

戦後の韓国・北朝鮮は、

火事場泥棒的に

朝鮮半島内の支配権を得て、

国を始めてしまった」。

「米ソ主導による分断統治」とは

「ファンタジー」で

「実際は、朝鮮人権力者等が米ソに取り入り、

米ソを利用して、

朝鮮半島内を支配する事を画策した結果」だった。

「元々が、支配権火事場泥棒略奪~朝鮮半島内支配」という

「悪の思惑を強く持った者たちによる策動だった」ので

「必然的に、支援者(米ソ)別の支配権争いが起きてしまった」。

「北朝鮮側が先に攻め入った」とされているが、

「実際は、どちらも、朝鮮半島内完全支配を目指していた者たちだった」から

「どちらから攻め入っても何の不思議も無い状態」だった。

「米ソが代理戦争を始めたのでは無く、

朝鮮人悪権力者等が

朝鮮人悪権力者同士で

支配権争いを始めた」のが

「朝鮮戦争の実体」だ』。

『「朝鮮戦争の実態」は

「武力の優位・劣位通りに動いた」。

「当初は、

ソ連製の武器を大量に保有出来ていた北朝鮮が圧倒的に有利(つまり、朝鮮半島に進駐していた米軍は少なかった)」だったが、

「連合軍を組み、援軍をどんどん朝鮮半島に送り込んだ後は、

米側が圧倒的に有利になった」。

「中国国境付近にまで、米軍側が侵攻した後、

中国共産党軍が参戦した事」で

「力は拮抗」し、

「それ以上の大戦争を嫌った双方の合意」により、

「南北が38度線で分れる事による休戦協定が結ばれた」』。

『「政権公害のある韓国側」には

「若干は劣悪度が低い政権が誕生する事もあった」が

「政権交代の無い北朝鮮側」は

「朝鮮戦争休戦のまま、現在に至っている」。

「しかし、元々は、何れもが、敗戦火事場泥棒の先での朝鮮半島支配権争い」で、

「その根本的劣悪度が改善される様相は全く無い」。

「劣悪なままの自己正当化の為」に、

「{使える}核ミサイルの保有や、

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)に邁進し続けて来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態・実体」だ。

「韓国側も、

政権交代はあるものの、

元々が、敗戦火事場泥棒なので、

反日無罪という異常さ」だ。

「日韓基本条約で、全て、リセットすれば、未だ、良かった」のだが、

「その後の駄々ぶりは、

{反省無き、敗戦火事場泥棒}ぶりを

如実に露呈させ続けて来ている」。

「朝鮮半島内の劣悪国家指導者等の劣悪な精神文化が変わる様相も全く無い」』。

『「精神文化の改善による平和解決が非常に困難である現実」を

「直視する」なら、

「北朝鮮問題解決の方法」が

「徹底した国際的圧力等による、北朝鮮劣悪国家指導者等の{屈服}」か

「軍事オプションの行使」しか「無い事」は

「誰もが直に解る」』。

『「軍事オプションの行使」で

「日韓に多大な犠牲が出る!」等と

「脅す」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等になる」。

「実際」は

「限定攻撃をしたところで、北朝鮮に反撃は出来ない」。

「現時点で、反撃すれば、北朝鮮がアッと言う間に負ける北朝鮮解放戦争になるダケだから」だ。

「強欲な北朝鮮劣悪国家指導者等が、自ら命を差し出す道を直ちに選ぶとは考えられない」ので、

「限定攻撃の後、飴を与えれば、大人しく従う事になる」。

「もし、万一の反撃を本気で心配する」なら

「最初から、アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争を行うしか無くなる」。

「その場合は、

最初から北朝鮮による反撃能力が徹底的に削がれる」ので、

「日韓内等の被害は、ほとんど出ない事になる」。

「その反面で、北朝鮮内では、軍人を中心に膨大な犠牲者が出る事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が、自主的に、{屈服}する道」が

「一番、平和」だが、

「劣悪国家指導者等は、劣悪であるが故に、自主的{屈服}も出来ない」だろう。

「軍事オプション行使の時間」が

「着々と近づいて来ている」のが

「北朝鮮問題の実態」だ』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が訴えるべき事」は

「日本の中の北朝鮮等による工作活動等を徹底摘発する事」だ。

「他国内での工作活動という北朝鮮の本丸」が

「徹底摘発される」なら

「如何に、劣悪国家指導者等と言えども、{屈服}が合理的である事等」を

「理解し易くなる」。

「北朝鮮問題の平和解決の為」にも

「日本国内の北朝鮮等による工作活動の徹底摘発」は

「意識的かつ積極的に行うべき事」だ。

「行うべき事を行わない」のなら、

「軍事オプションによる解決も止む無し」になる』。

『「日本のテレビ等として、明らかに、異常な、

朝鮮側に偏向した情報配信等をし続けて来ている

多くの民放キー局等」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等がゾロゾロ・・・」だろう。

「もちろん、そんな状態を放置したまま・・・で良い訳は無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

北朝鮮問題の今後はどうなるのか?・・・。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の様相を露呈しているテレビ出演者(常連の者たちも多い)」は

「対話解決」を「訴えている」が、

「対話解決が成り立つ為」には

「北朝鮮劣悪国家指導者等が通常の対話を出来る状態に{急進化}する必要がある」。

「劣悪国家指導者等は劣悪であるが故に数々の問題を生み出し続けて来ている」のが

「実態」だ。

「普通に考える」なら

「劣悪国家指導者等が{急進化}出来る可能性」は

「皆無に近い」。

「どんなに圧力を加えても、

ズルをして

劣悪な意志を貫徹しようとする、

それが、劣悪国家指導者等の実態」だ。

「当面」は

「日米韓を始めとする世界的な圧力に屈した事を演じながら、

ミサイル発射や核実験等を上辺では抑制」しても、

「本丸である、主として、日韓内等、他国内での工作活動」は、

「更に、旺盛に続ける道」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等は選択する事になる」。

「陰険なナチス・ヒトラーによる犠牲者」が

「増え続ける事になる」』。

『「北朝鮮問題を解決する鍵は、在日(北)朝鮮人等の方々」の旨まで

「テレビ上で発言した者までいる」が、

「その者の見通し」では

「今後、2カ月程度で、北朝鮮問題は大きく動く事になる」そうだ。

「内実は、どう動くのか?」こそが

「問題」だが、

「内実」は「はっきりとは、言われていない」。

「田原総一郎氏が安倍総理に提言」した、

「政治生命をかけた冒険」とは

「訪朝だった」と言うが、

「安倍総理訪朝等による話し合い解決???」が

「目標」なのだろう。

「もちろん、そんな事をしている間」にも、

「主として、日韓内等、他国内での北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動」は

「どんどん増大化されながら、続けられてしまう」から

「上辺の話し合い解決???」の

「本当の目的」は

「工作活動の成果待ち」と

「強く推定出来る」。

「今年中に、日韓内で、北朝鮮による工作活動の悪の成果が出る」なら

「20{18}年は、1月8日生まれの金正恩の年に出来る」等というのが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等や

主として、日韓内等、他国内で北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下の工作活動を行ったり、手伝ったりしている、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」の

「本音」と

「強く推定出来る」。

「はっきり言える事」は

「日本国内で、工作活動に手を染めている者たち等」は

「北朝鮮問題解決のキーパーソン等には成り得ない事」だ。

「工作活動を行っている者や手伝っている者等」は

「徹底摘発する事」で

「陰険なナチス・ヒトラーによる犠牲者」等は

「初めて、減る~無くなる、事になる」。

「日本戦府等が選択すべき道」は

「北朝鮮の工作員等を利用して、自虐的な対話を実現する事等では断じて無い」。

「日本国内の北朝鮮等の工作員やその協力者等を徹底摘発する事」だ』。

『「北朝鮮問題の今後」は

「ほぼ、決まっている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が{急進化}しない限り、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるか、

北朝鮮の反撃無き、斬首作戦や限定攻撃等により、

北朝鮮劣悪国家指導者等が排除されるか」だ。

「その後、日韓内に多数居る、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下や協力者等」の

「摘発等も続く事になる」。

「補償請求の雨嵐等」により、

「工作員や協力者等」は、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる」と「共」に、

「現状では、不当に所持出来ている、資産・財産等のほぼ全てを失う事になる」。

「逆に、工作活動被害者は、本来の人生や社会生活等の快復が相応に容易になる」』。

『「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下や協力者等を続けている者等」は、

「早々に、足を洗っておく事」を

「強く、お奨めしておく」』。

『「昨今、至る所に、仕込まれ続けている工作電磁波」の

「経時変化ぶり」からは、

「あと二ヵ月」もすれば、

「電子レンジ的状態になる」か

「電子機器・電気機器に重大な障害を与えて、多くの電子機器・電気機器等を壊す状態になる」事等が

「推定出来る」。

「昨今特に多くなって来ている」のは

「車(バス・トラック等大型が多い)への仕込み」と

「電線カバーケース内等への仕込み」だ。

「車への仕込み」は

「元々の電気容量の少ない、軽や小型車等の場合、

運転手等を連続的かつ集中的に狙い続ける事を徹底しても、

気付かれれば、効果も削がれ

工作実効が出ない事等」から

「電気容量の多い大型車を優先して、仕込んでいる様相」だ。

「大型トラックや大型バス等の場合、その車の運転手等に工作電磁波を集中させず、

周囲に来る車に工作電磁波を当てる手段」でも、

「相応の効果が出ている実態等」を

「工作を仕込んでいる側は、把握している」と

「強く、推定出来る」。

「昨今、度々、ニュース等にもなっている」、

「過労状態と認定処理等されているバス・トラック等の運転手」や

「燃えてしまうバス等」の「裏」にも

「工作電磁波の仕込みがある」と

「強く、推定出来る」。

「より細分化され、疑似高周波化する方向に、経時変化し続けている、

悪魔の輪唱ソフトに誘われて回路内から発生させられ続ける、

イオン・ホールドット縦波の

工作電磁波」が

「人間の身体に当たり続ける」と

「疲れや、イライラや、不安や、判断の邪魔等々」が

「生み出され続け、時と共に、深刻化する」。

「工作電磁波が、電子機器や電気機器に仕込まれる」と

「ドット・パルス波の経時変化による共振破壊等により、

その電子機器や電気機器の脆弱部分が壊される事で、

使用不能状態や発火等の事態が発生する事がある」。

「電磁波工作への実効のある対処」は

「本当に急務」だ』。

『「2018年を陰険なナチス・ヒトラーの年にする事」は、

「絶対に、してはいけない事」だ。

「陰険なナチス・ヒトラー自体の排除もしくは、

その本丸である工作活動への実効のある対処」は

「本当に、急務」だ』。

『「陰険なナチス・ヒトラーへの対処を誤り、放置し続けて来た事のツケ」を

「払う事を恐れてはいけない」。

「今、そのツケを払わない事」は

「近未来において、膨大なツケを抱え込む事に直結している」。

「日韓国民の多くが、

北朝鮮解放戦争を覚悟している実態を突き付ける時、

北朝鮮劣悪国家指導者等が

{急進化}出来る実効が生まれ、

北朝鮮劣悪国家指導者等に最後のチャンスが与えられる事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の実体」は「ちゃんと知っておくべき」だ。

「北朝鮮の実権」は

「担がれている金に有るのでは無い」。

「担いでいる国家元首たちに有る」。

「だから、実際」に、

「金日成」が

「核放棄を約束」すれば、

「早々に、粛清」、

「金正日」が

「拉致を認めれば、

早々に、粛清」だ。

「今、担がれている金正恩」も

「担ぎ易いから、担いでいるダケ」で

「行わせている事」も

「中国共産党寄りの重鎮の粛清」や

「金正男の暗殺」等々、

「国家元首たちの実権割り合いをより高くする為の

人命無視の極悪事等」だ。

「そして、そんな国家元首等が、連綿と続けて来ている」のが

「主として、日韓内等、他国内での工作活動」だ。

「工作活動の目的」は、

「先ずは、日韓を、自分たちの血統民族人脈により、乗っ取り支配する事、

その後は、全世界を、自分たちの血統民族人脈により、完全支配する事」に他ならない。

「不健常なカルト宗教教祖等」に

「過分な力や配慮等を与える必要は全く無い」。

「今までの、極悪事ダケでも、即刻、死刑処理でも、仕方の無いレベル」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等や、その手下・協力者等」に

「過分な配慮は一切不要」だ。

「出来る限り早く、排除等する事」こそが、

「陰険なナチス・ヒトラーによる犠牲者を減らす事に直結している」』。

『「日本国内の工作活動の徹底摘発を訴えない

テレビ・ラジオ・マスコミ等は、

本当に、異常」だ。

「其処に露呈している」のは、

「見事なまでの、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり・・・」等になる』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、日本の公共の電波を使って、「日本死ね!」や「民進党」等の大宣伝を行い、石破氏が生出演して「日米核シェアリング論」等を喧伝していたが・・・。

『「日本死ね!」や「民進党」等を「多くの視聴者の頭の中」に「強く焼き付けたい」様相の「テレ朝朝番等」では、

「北朝鮮劣悪国家指導者等との対話解決を訴える事」や

「今、大々的に取り上げる、日本の核武装論」等の

「実質的に、

北朝鮮が

核・ミサイル等の開発と

主として、日韓内等、他国内での工作活動に費やせる

更なる時間」を

「北朝鮮に与える事」を

「多くの視聴者の頭の中」で

「容認させてしまう悪の実効も持つ」、

「実質的、情報工作~大衆誘導等」にも

「熱心」な様相だ』。

『「北朝鮮労働党のお友達、旧社会党の人脈の者たち」が

「結構な実権を保有している民進党等」が

「日本の国政上で相応の力を持つ事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっても都合の良い事」と

「強く推定出来る」。

「其処で、民進党等の大宣伝を続けて来ている」のが

「テレ朝等、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)のテレビ・マスコミ等の実態・実体」だ。

「そんな、所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等の本音」は

「日本(人)死ね!」や

「朝鮮(民族等)マンセー!!!」等なのだろう』。

『「日本の公共の電波を使えていながら、

上記の様な感も持ててしまう

情報配信を続けている」のは、

「明らかに、異常」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

情報工作等の臭い」が

「濃厚に充満している」』。

『「石破氏」の

「日本も平時の内に、防衛核等について真剣に論議すべき」という

「訴え」は

「至極まとも」だ。

「そのまともな訴え」を

「平時の間」は

「存分に無視し続け」、

「北朝鮮問題の深刻化により準戦時化してしまっている今、

大々的に取り上げている」のは、

「至極異常」だ。

『「ポスト安倍の一人と言われている石破氏にとって」は

「至極まともな訴えの至極異常な取り上げ」でも

「知名度を更に高める事が出来る有益なチャンスになる」が

「その実効」が、

「北朝鮮劣悪国家指導者等に更なる時間を与えるを容認する風潮の助けにもなってしまう事等」は

「国政政治家として絶対に忘れてはいけない事」だ。

「時間のかかる、日米核シェアリング等による防衛論等」は

「北朝鮮問題が片付いた後、平時に行うべき事」になる。

「今」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等に、更なる時間を与える事を断じて容認せず、

徹底した圧力等により、

通常の対話に北朝鮮劣悪国家指導者等が応じざるを得なくなる状態をつくり出そうとする事」が

「日本の国政政治家が意識的かつ積極的に行うべき事」になる。

「日米核シェアリング等による日本の防衛等を訴えている時間がある」なら

「日本国内の北朝鮮等による工作活動(非人道的なモノも多い)を徹底摘発する事」等を

「大々的に訴えるべき」だ。

「それは、テレビ・マスコミ等でも同じ」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「劣悪であるが故」に

「通常の対話が出来ない」。

「この現実を直視する」なら

「どんなに圧力を加えても、通常の対話が実現する事が無い事」は

「少し感がるなら、誰もが判る」。

「対話を行い合意が出来ても、その合意を一方的に勝手に反故にし続けて来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ。

「そして、その劣悪な精神文化は朝鮮半島に長く宿り続けて来ている」。

「壊すべき」は

「その劣悪な精神文化」だが、

「関連諸国は、北朝鮮の精神文化を正常進化させる事等にも、不熱心」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、

その劣悪な精神文化を維持し続ける為」に

「{使える}核ミサイルの一刻も早い保有に拘っている」。

「関連諸国が北朝鮮劣悪国家指導者等の精神文化の正常進化に不熱心」なのは、

「関連諸国の実権者たちの

北朝鮮劣悪国家指導者等よりは、いくらかはマシだが、未だ、未だ・・・の精神文化」を

「正常進化させる事等に、未だ、不熱心だから」だ。

「裸の王様状態」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等」も、

「関連諸国の実権者等」も「同じ」で

「自らの精神文化が裸同然である事から現実逃避し続ける為」に

「他の者・物・事等からのお墨付きを得る事等に邁進し続けているその実態」は

「正に、迷い子であり、亡者状態・・・」だ。

「コレでは、

人類の自虐事態がなかなか終息せず、

世界平和さえも未だ実現出来ていない」のも

「余りにも当然の現象」だ』。

『「カルト宗教信者・教祖状態に陥ってしまっている者たち」の

「快復」は

「かなり、困難」だが、

「通常の迷い子状態」なら

「実体や事実・現実と共にある状態に自分を置くように自分を健常コントロールする事」で

「脱する事が出来る」。

「関連諸国の実権者の多く」は

「通常の迷い子状態」だから

「一刻も早く、その実務を行うべき」だ。

「カルト宗教信者・教祖状態の北朝鮮」は

「先ず、隔離」し、

「他の国々への悪影響を防止する事が肝要になる」。

「この隔離対象」には

「主として、日韓内等、他国内に居る北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等も

含めなければ、

実効が無くなる」。

「この意味からも、主として、日韓内等、他国内に居る北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等の徹底摘発」は

「意識的かつ積極的に、行うべき事になる」。

「カルト宗教信者・教祖」に

「{使える}核ミサイル等を持たせてはいけない」。

「{使える}核ミサイル等を保有出来てしまう」と

「全世界をそのカルト宗教化しようとする」のが

「カルト宗教信者・教祖等」だ。

「他国内での工作活動の実行を可能なままにしておいてはいけない」。

「そんな事を放置する」なら

「カルト宗教信者の数が、徐々に増やされてしまう」。

「多くの人々はカルト宗教等には、毒されない」が、

「子沢山戦略等により、カルト宗教信者人脈の数が増され続けて来ている」のが

「日韓等の寒過ぎる実態」だ。

「産まれながらに、カルト宗教信者の家・・・」では、

「一般市民化へのハードルがかなり高くなる」。

「何しろ、

精神文化や精神構造等については、

ロクに、教えも、情報配信もしていない・・・」のが

「現状のほとんど全ての国々の寒過ぎる実態」だ。

「そんな状態で、カルト宗教信者の家に産まれてしまったら・・・、

同様の状態の者たちを増やそうとするダケ・・・で、

普通の人々が一緒にならなければ、

同様の者たちがくっつき、意図的に、子沢山・・・、

そんな状態を放置し続け、

カルト宗教信者がどんどん増え続けられるなら、

民主主義選挙等により、

カルト宗教政党が与党化し、

政権奪取も可能になる・・・、

何世代かけても、

他の者・物・事の完全支配等を実現せしめようとし続けて来ている、

カルト宗教信者等を放置し続ける事による、

恐ろしい現実が其処に在る」』。

『「現状の北朝鮮問題」では

「先ず、北朝鮮劣悪国家指導者等の牙を折るべき」だ。

「先ずは、

石油禁輸等の最後のチャンスにより、

北朝鮮劣悪国家指導者等が自ら牙を折か?否か?を

試すべき」だろうが、

「それでも、北朝鮮劣悪国家指導者等が自ら牙を折らない」のなら、

「それ以上の時間は絶対に与えるべきでは無い」。

「最後のチャンスを与えても、

北朝鮮劣悪国家指導者等が自ら牙を折らないのなら、

即、軍事オプションを実行するべき」だ。

「限定攻撃をしても、今なら、北朝鮮に全面戦争が出来ない」。

「全面戦争になれば、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わるから」だ。

「核・ミサイル関連施設への限定攻撃」や

「完全な斬首作戦の実行」は

「非常に合理的になる」。

「米韓軍等が、

万一の反撃に対応すべく、

必要な軍備を待機させたまま、

必要最小限の軍事オプションを実行する事」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の牙」は

「否応無しに、確実に、折られる事になる」』。

『「牙の折られた北朝鮮劣悪国家指導者等が出来る事は限られている」。

「通常の対話が成り立たない」のなら

「拘束~隔離等すれば良いダケ」だ。

「何しろ、今までに、散々の悪事を積み重ねて来ている北朝鮮劣悪国家指導者等」だ。

「いきなり収監等でも、何の不合理も無い」』。

『「陰険なナチス・ヒトラーを放置し続ける事」は

「工作活動犠牲者の数を増やし続ける事に直結している」。

「今までに、既に、

少なく見積もっても、

主として、日韓内で、数百万人~の人々が

北朝鮮等による工作活動等の犠牲になってしまって来ている」。

「飲食物工作や電磁波工作等の濃度により、

徐々に、

勝手に不適応分子と決めつけた人間(日本人=不適応分子の様相も露呈している)を

死や病苦等に追い込む

陰険なナチス・ヒトラー」は

「ターゲットの監視(工作電磁波による場合も多い)や

情報等盗みや

工作濃度を高める為に

侵入工作等も行い続けて来ている」。

「日本では、戦後しばらく、鍵にならない鍵ばかり・・・だった」が

「その裏にある」のも

「侵入工作への不当配慮」だ。

「敗戦につけ込んだ火事場泥棒等」は

「南北朝鮮の対立~分断により、北側が陰険なナチスヒトラー化」した。

「陰険なナチス・ヒトラー」は、

「火事場泥棒等だけでは満足出来ず、

その後も、

日韓内で、

不適応分子粛清工作や

有益分子化工作等を行いながら、

政財界工作や情報・教育工作等々も続け、

当面は、日韓内の完全支配を目指し続けて来ている」。

「余りにも、工作員・協力者等の数が多いから・・・」と

「工作活動を徹底摘発して来ていない戦後の日韓政府・警察等にも

そんな状態を容認し続けて来た日韓国民にも、

今の北朝鮮問題の、

責任の一端がある」。

「軍事オプションの実行以外の手段が無くなってしまい、

少々の犠牲が出ざるを得なくなってしまっても、

ある意味、それは、今までのツケ」になる。

「ツケをこれ以上大きくしない為」にも

「北朝鮮に対する徹底圧力の一環として」に

「工作活動の徹底摘発」を

「意識的、かつ積極的に行うべき」だ』。

『「未だに、

日本国内の北朝鮮等による工作活動の徹底摘発等を訴えず、

実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等がより有利になる論等を配信し続けている

テレビ・マスコミ・政治家等」は

「本当に異常」だ。

「其処に漂っている」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等の濃厚な臭い」になる』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「情報・教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

極悪非道北朝鮮劣悪国家指導者等との対話解決を平和解決と言う、極悪非道北朝鮮劣悪国家指導者等のお仲間、もしくは、手下たち・・・。

『「極悪非道劣悪国家指導者等」が「出来る事」は「対話では無い」。「一方的な要求」等だ。

「何故」なら、

「対話」とは、

「その問題の、実体や事実・現実」を

「双方が原寸大通りに認めた上」で

「成り立つ事」に

「他ならないから」だ。

「スイスやスウェーデンが仲介役に名乗り出ている」が

「極悪非道北朝鮮劣悪国家指導者等」との

「対話・協議等は成り立ち得ない」から

「無駄」だ。

「得られる結果」は

「北朝鮮に、

更なる、

核・ミサイル等開発と

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)の

時間を与える事になるダケ」だ。

「では、北朝鮮問題はどうすれば良いのか?」』

『「現況では、

米韓等が核・ミサイル施設等に対する限定攻撃を行っても、

北朝鮮は反撃出来ない」。

「未だ、北朝鮮は、

{使える}核ミサイルを保有していない」ので

「反撃するなら、アッと言う間に北朝鮮が負ける北朝鮮解放戦争になるダケだから」だ。

「限定攻撃により、牙を折られた後」、

「初めて、

北朝鮮劣悪国家指導者等は、

存続の為の現実的対話・協議等を行える状態になる」。

「元々が、強欲な北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「負ける事が決まっている戦争になる反撃を行う可能性は極めて低い」。

「実戦争にならない限り、口先では、言いたい放題の北朝鮮」だが、

「実戦争になれば、アッと言う間に負け」だから

「限定攻撃後は、黙るしか無くなる」。

「其処に向かって、対話・協議等を持ち出せば、

初めて、現実的な話しが可能になる」』。

『「北朝鮮に更なる時間を与える事」は

「北朝鮮問題解決のチャンスを遠ざける事」と

「北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下で

主として日韓等、他国内で行われ続けている

工作活動(非人道的なモノも多い)犠牲者を増やし続ける事」に

「直結している」。

「陰険なナチス・ヒトラー」に

「更なる時間を与える事」は

「人類滅亡に直結していると言っても過言では無い」』。

『「スイスやスウェーデン」に、

「ナチス・ヒトラーと連合軍の仲介が出来ただろうか???」

「聞く耳を持っていない独裁者等に対して、仲介を言っても無駄」だ。

「スイスやスウェーデンは、北朝鮮の実体を良く知った上で、事に割り込もうとするべき」だ。

「現況が露呈させている事」は

「スイスやスウェーデンに働き可能な立場に在る人々に対して、

北朝鮮の工作が働き、

北朝鮮劣悪国家指導者等に、更なる時間をもたらす状態が

つくり出されようとしている様相」だ。

「北朝鮮の核・ミサイル等の脅威とは、

北朝鮮が核・ミサイル等を使えてこそ発生する」が

「現況では、北朝鮮は{使える}核ミサイルを保有出来ていない」。

「{使える}核ミサイルとは、全面戦争になっても、勝てる可能性が生まれるレベルの核ミサイル」に他ならない。

「全面戦争になれば、アッと言う間に負けるから、全面戦争は出来ない程度の核ミサイル」は

「{使えない}核ミサイル」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等でも、上記程度の事は重々承知」だから、

「今、北朝鮮は、一刻も早く、{使える}核ミサイルを保有してしまおう・・・と必死になっている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等に時間を与え続ける」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、

数百の核ミサイル(大陸間弾道弾も含む)を持つまで、

核ミサイルをつくり続ける事になる」。

「極悪非道劣悪国家指導者等にそんな事を行わせる」なら

「対応している先進諸国等の自虐度は呆れ果てる程酷い事になる」』。

『「反撃を行えない内」に

「限定攻撃で、核・ミサイル関連施設を破壊する」か

「確実な斬首作戦を実行する」か

「北朝鮮劣悪国家指導者等の本丸である他国内での工作活動を徹底摘発する」か

しなければ、

「北朝鮮問題は、取り返しのつかない状態に陥る事になる」。

「陰険なナチス・ヒトラーによる何世代もの時間をかけた全世界支配」を

「容認するつもりが無い」のなら、

「北朝鮮問題への

早急な

実効のある対処」が

「必需」だ。

「今までは、余りにも、スローだった」から

「後手後手に回り、その分、北朝鮮劣悪国家指導者等が有利になってしまって来ている」。

「これからは、意識的かつ積極的に、先手!先手!!で行くべき」だ』。

『「上記の様な状態」は

「既に、明らか」だ。

「それなのに、未だに、日本の公共の電波上等」では

「実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の為の情報工作が旺盛」だ。

「日本のテレビ・マスコミ等」なら

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等の

徹底摘発等を

訴えていて当然」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で情報工作等を行っている訳では無い」のなら、

「日本国内の北朝鮮等の工作の徹底摘発等」を

「訴えられない訳も無い」。

「逆から言うなら、北朝鮮の情報工作員等なんじゃないの!」という「者たち」が

「日本の公共の電波上で蔓延れている」。

「こんな状態の是正が急務である事は言うまでも無い事だ」』。

『「在日朝鮮人や朝鮮系日本国民の人々」にも、

「日本人同様、

良い人々も居れば、

悪い人々も居る」。

「在日外国人差別はダメ!等と訴えて、

全ての在日外国人等に

ある種の免罪符を与える」のは

「明らかに、間違っている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を行っていたり、協力していたり、する悪者たち」は

「在日朝鮮人であろうが、朝鮮系日本国民であろうが、

在日外国人であろうが、外国系日本国民であろうが、

日本人であろうが、

皆、ちゃんと摘発するべきだ」。

「悪者の摘発」こそが

「悪者で無い者への不当差別を無くす王道になる」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

未だに、日本の公共の電波を使って、北朝鮮劣悪国家指導者等を優位にする情報配信を続けている、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等問題・・・。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等との対話」が「成り立ち得ない事」は「ずっと前から明らか」だった。

「米国側の温情対応」も

「今回の6回目の核実験」で

「完全に破断した」。

「それでは、

対話による外交的解決以外」の

「解決法は?」

「圧力を強める・・・」とは

「ファンタジー」で

「圧力を強め続けている間ダケ、

北朝鮮劣悪国家指導者等に

核・ミサイル開発や他国内での工作活動等を

より強固に行い続ける時間を与えるだけ」になる。

「北朝鮮問題がより深刻になる事はあっても、

決して、解決しない」のが

「圧力を強め続け、

北朝鮮劣悪国家指導者等に更なる時間を与える道」だ』。

『「北朝鮮問題の解決法」は

「以前から、決まっている」。

「反撃がある事を前提にした、限定的軍事行使」と

「他国内での北朝鮮等による工作活動の徹底摘発」だ』。

『「核・ミサイル等の軍備に救いを見出そうとしている北朝鮮劣悪国家指導者等」にとって、

「{使える}核ミサイル保有前の軍事攻撃」は

「致命傷になる」。

「全面戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わるから」だ。

「核・ミサイル関連施設に対する限定的軍事攻撃を行う」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、

今までの路線を諦めざるを得なくなり、

ようやく、普通の話しが出来得る状態に成り得る事になる」。

「対話の為には、圧力では無理で、軍事力行使が必要」なのが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態・実体」だ』。

『「主として、日韓内等、北朝鮮劣悪国家等の命令・指令の下の他国内での工作活動を徹底摘発する事」も

「実効が大きい」。

「何故なら、他国内での工作活動こそが、

北朝鮮の本丸だから」だ。

「工作活動の徹底摘発で、本丸の牙を折られた北朝鮮」なら、

「例え、

{使える}核ミサイルを保有させたところで、

脅威等では無くなる」。

「北朝鮮が、先進諸国の数十年遅れの軍備を持っていても、

北朝鮮等による他国内の工作活動自体が摘発済みで、

他国内での工作活動を行い続ける為の軍事圧力として使えない」なら、

「数十年遅れの軍備は数十年遅れの軍備でしか無い」。

「主として、日韓は、日韓内の北朝鮮等による工作活動を徹底摘発するべき」だ』。

『「軍事力行使」と

「工作活動の徹底摘発」の

「どちらに、即効性があるのか?」は

「言うまでも無い事」だろう。

「圧倒的に、軍事力行使の方が即効性が有る」』。

『「北朝鮮が、核・ミサイル等の開発を急げば急ぐ程、

即効性の有る対応が必然となる」から、

「軍事力行使の可能性がどんどん高くなっている」のが

「現状」だ』。

『「上記の様な実状」は

「既に、明らか」だ。

「それなのに、未だに、日本の公共の電波上」でも、

「北朝鮮劣悪国家指導者等に、

{使える}核ミサイルを持たせる事を是とする様な論等」までもが、

「蔓延れている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、情報工作員等」を

「日本の公共の電波上に出演させ、

北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達の論等を

日本の公共の電波上にばら撒き、

多くの視聴者等に

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い考え・思い等を持たせる

実質的、マインドコントロール等」を

「積極的に行っている様相」だ。

「そんな事を行う」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作機関等」と

「相場は決まっている」。

「その辺り」にも、

「日本の中の北朝鮮等による工作活動の実が露呈している」』。

『「もちろん、こんな状態を放置したまま・・・で良い訳が無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」を

「日本の公共の電波上で蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「普通の日本のテレビ・マスコミ等」なら

「北朝鮮が核・ミサイル実験等、余りにも、愚かな事を行い続ける」と

「米韓軍等が軍事力を行使せざるを得なくなる」から

「北朝鮮は、直ちに、核・ミサイル実験等を凍結するべきだ」等の

「当たり前の正常論が主で、当然」だ。

「圧力をかけても、北朝鮮は、米軍が軍事力行使をしない等と見切っている・・・」等の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の立場に立った論」を

「日本の公共の電波上にばら撒き続ける事の実効」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に、米軍による軍事力行使は無い旨の安心感を与え、

北朝鮮劣悪国家指導者等による、核・ミサイル実験等のハードルを下げさせている事等に

他ならない」。

「日本の公共の電波を使って、北朝鮮劣悪国家指導者等を応援してどうする!!」』

『「限定攻撃」で

「万一反撃があった場合」に

「アッと言う間に北朝鮮の負けになる北朝鮮解放戦争が出来る様にしておく準備」は

「既に、出来ている」。

「何しろ、軍備も情報も、圧倒的に、米国>北朝鮮」だ。

「日韓の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等が、

少々、協力等したところで、

この力関係が変わる事は無い」。

「核脅しや戦争脅し等で、

日韓の世論を操り、

米韓等による軍事力行使を何としても止めさせようとしている

実質的、情報工作」に

「米国が屈する訳も無い」。

「極悪非道な劣悪独裁者等が{使える}核ミサイルを持つ前」に

「どんなに犠牲があっても、必要な事は行う」のが

「米国の精神文化」だ』。

『「人を騙すのも能力」で

「盗んでも、強盗しても、取った者勝ち、

どんなに卑劣な手段を使っても、他者に勝って、他者を支配してしまえば、勝ちで、

勝ったなら、その後は、やりたい放題・・・」という

「劣悪な精神構造」を、

「濃厚に内在させている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等」だ。

「劣悪な精神構造」に

「内実として、賛同している」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」だ』。

『「排除すべき」は

「劣悪な精神構造」である事は

「言うまでも無い」。

「その意味では、

北朝鮮劣悪国家指導者等も、その手下等も、

・・・同じ」だ』。

『「人間世界で、劣悪な精神構造に力を持たせ続ける」なら

「人類滅亡の日が急速に迫って来る」のは

「当然の現象」だ』。

『「米韓軍等は、直ちに、北朝鮮の核・ミサイル施設等に対する限定攻撃を行うべき」だ。

「今なら、未だ、間に合う

(北朝鮮の反撃による犠牲が出る可能性も低く、

例え、反撃されても、犠牲は最小限に押さえる事が可能)」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等が{使える}核ミサイルを保有してしまった後」では

「その対処には、膨大な犠牲の覚悟が必要になる」。

「{使える}核ミサイル」とは

「多弾頭化した水爆大陸間弾道弾等」で

「万一の撃ち落とし失敗時には、膨大な犠牲が出てしまう事になる」』。

『「制裁では、北朝鮮劣悪国家指導者等の暴走は止まらない」。

「何故なら、

北朝鮮には既に、相応の備蓄があり、

北朝鮮劣悪国家指導者等は、

今は、{使える}核ミサイルの保有しか眼中に無いから」だ。

「制裁強化を訴えて、

軍事オプションは無いゾ~!」等と

「北朝鮮劣悪国家指導者等にエールを送っている

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は

「早々に、日本の公共の電波上から、排除するべき」だ』。

『「在韓米国人等が、未だ、避難していないから、軍事オプションは無いゾ~!」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等にエールを送っている

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」も

「早々に、日本の公共の電波上から、排除するべき」だ。

「言うまでも無く、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争が実行された場合」は

「北朝鮮内では、軍人を主に膨大な犠牲者が出るが、

韓国内にも、

日本国内にも、

被害はほとんど出ない」。

「今のところ、

米軍等の衛星の数が足りないから、

北朝鮮軍備のオンタイム把握は出来ていない」が

「無人機や電波監視等により、

北朝鮮軍備の準オンタイム把握が出来ている」ので、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」は

「其れこそ、何時でも行えるのが実態」だ』。

『「先ず行うべき」は、

「核・ミサイル施設等に対する限定攻撃」だ。

「今なら、北朝鮮側は反撃出来ない」。

「万一、反撃すれば、

その時点で、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」だ』。

『「北朝鮮の言う、電磁パルス攻撃」とは

「ファンタジー」&「工作指令」だ。

「宇宙空間で核ミサイル等を爆発させる事による電磁パルス」で、

「地上の電子機器に実影響を与える為」には、

「かなりの条件が必要になる」。

「米露も、本気で研究開発等していない」のは、

「宇宙空間核ミサイル爆発による電磁パルス攻撃が、

無駄に近い、ファンタジーだから」だ。

「工作指令の方」は

「内実がある」。

「昨今、日本国内では、至る所で、

工作電磁波を発生させる事が出来る様にする為の電子機器の工作整備等」が

「行われ続けて来ている」。

「工作電磁波の実体」は

「電子機器や電気機器のバックグランドで働き続ける

複数和音の無限輪唱ソフト」で

「輪唱が繰り返される度に、疑似高周波化する」。

「電子・ホールが在る、電線や導体内等で、このバックグランドソフトが働き続ける」と

「その電線や導体内の電子・ホールが、

複数和音の無限輪唱により同様の状態で、

飛び出し易いところから、出て来てしまう」。

「その電子機器や電気機器等の、

電気の強さに、

出て来てしまう電子・ホール縦波の強さも比例する」。

「スマホでも、

パソコンでも、

車でも、

家電でも、

設備電気機器でも、

電線でも、

・・・等々、・・・等々、

バックグラウンドソフトを仕込める機器なら、

仕込めてしまうのが工作電磁波」で

「外への発生場所」は、

「オープンソケット部や、

マイク部等々」や、

「リード線や電線を凸に曲げるなら、凸部分から出て来る様に出来ている事が判っている」。

「元々、縦波の要素が濃い、パルス波」なので、

「コンクリートの壁等でも通り抜け、

覗き(盗撮等)にも使えている事が判っている」。

「電離作用があり、人体にも有害」なので、

「粛清工作兵器等としても使えている事が判っている」。

「その電磁波工作の仕込み」が

「かなり出来て来ている」から

「工作員は、電磁波工作をもっと頑張れ!」の

「工作指令として、言った可能性大」だ』。

『「日本政府も警察等」も

「日本国内の電磁波工作を徹底的に摘発するべき」だ。

「テロ等準備罪もあり、

ブツ(ソフトも含む)の仕込みもあるのだから、

本気で摘発するなら、

十分に摘発出来る事になる」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

より以前の記事一覧